★阿修羅♪ > 医療崩壊8 > 173.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
オミクロン変異考察 (荒川央) 
http://www.asyura2.com/21/iryo8/msg/173.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2021 年 12 月 31 日 00:42:23: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

「オミクロン変異考察 」 (荒川央 2021/12/27)
https://note.com/hiroshi_arakawa/n/n71264252529a

新型コロナウィルス-オミクロン株 (SARS-CoV-2 Omicron variant、系統B.1.1.529) は2021年11月24日に南アフリカから世界保健機関 (WHO) に初めて報告されました。オミクロン変異株は多数の変異をスパイクタンパク上に持ち、しかも変異の多くは他の変異株には見られない新規のものです。この変異の多さのために、武漢型をベースとした現行のコロナワクチンによる免疫を回避する懸念にも繋がっています。

検出されるそれぞれのウィルスは変異し続けるウィルスのスナップショットの様なもので、それを固定できるのがクローニングです。生物学において「株」とは培養によって維持される同一系統の微生物などです。通常は単離してクローニングしたものを株と呼びます。本当は単離されていなければオミクロン「株」とも呼べませんが、ここでは便宜的に「変異株」と呼ぶ事にします。

このオミクロンは本当に自然に発生した変異株なのか?興味がありましたので、私自身で遺伝子配列を解析してみました。結果、これが突然変異と自然淘汰による通常のウィルス進化でできたとするにはあまりに不自然であり、私はオミクロンは人工的に作成されたウィルスではないかと強く疑うに至りました。その根拠について書いていこうと思います。

(以下略)

------(引用ここまで)---------------------------------

専門的で素人には理解しにくい内容ですが、興味のある方は
ぜひ元記事を読んでください。

世界を恐怖に陥れワクチン接種を進めるため、人工的につくられたオミクロン株を
バラ撒いた可能性は十分にあると思います。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2021年12月31日 13:16:10 : ql0e9KevKY : bUVqWFUwaXNWaGs=[119] 報告
【オミクロンの起源の謎】ボツワナで最初にオミクロンに感染していた外国人の外交官?はどこから来たのか?
https://note.com/active_cpi/n/nbc93e5c51553

ボツワナに入国した正体不明の謎の外国人4人からオミクロン株が見つかったのですが、不思議なことに南アフリカは、ボツワナ起源説の打ち消しに躍起となっています。https://www.voanews.com/a/to-reveal-or-not-to-reveal-omicron-origins-botswana-s-dilemma/6339516.html

オミクロン: オミクロン変異種が検出された4人は全員、完全にワクチン接種済とボツワナ政府が発表)
(National Life 2021/11/26)
https://nationalfile.com/omicron-four-people-with-new-covid-variant-were-fully-vaccinated-botswana-government-reports/
http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/770.html

ボツワナの大統領によれば、オミクロンの感染が確認された4人の患者は、いずれも初期のファウチ・インフルエンザのワクチンを接種していたという。
オミクロンは中国風邪の中でも最も「変異が激しい」とされており、スパイクタンパクに32の変異、全体では50の変異があるとされています。
オミクロンは未だ、ワクチン未接種者からは検出されていないと云う事です。
https://ameblo.jp/horehore-oo7/entry-12713271920.html

オミクロン株、日本国内初確認 ナミビア人外交官、検疫で―厚労省
https://www.jiji.com/sp/article?k=2021113000860&g=soc


オミクロンの最大の謎は、ボツワナで最初に見つかった感染者である4人の外国人の国籍が明らかにされていない点です。
ワザと持ち込んだ可能性やその国で変異株が蔓延している可能性があるのに、なぜ、ボツワナ政府も南ア政府もWHOも謎の外国人の国籍を明かさないのでしょうか?

また、謎の外国人がボツワナに持ち込み、最初にボツワナで見つかったのに、WHOがオミクロンを南アの変異株としている点も変です。

WHO、南アの変異株を「懸念すべき」に 名称は「オミクロン株」.
http://totalnewsjp.com/2021/11/27/who-4/


ただの風邪なのに、大騒ぎしてブースター接種をさせようとしている点も変です。
(オミクロンはブースター接種や子どもへの接種の理由に使われている可能性が高いと思います)

南ア医師会会長 オミクロン株 今のところ軽症
https://www.bitchute.com/video/VDemdmqMIIh0/

2. AN[2200] gmCCbQ 2021年12月31日 19:25:42 : 7MnTY0kXGk : WnV6NThHb3NRa0E=[338] 報告
>私はオミクロンは人工的に作成されたウィルスではないかと強く疑うに至りました

 ただの風邪を作ってバラ播くとは……よほど親切な人がいるものですね^^

>本当は単離されていなければオミクロン「株」とも呼べません

 それを真面目に解析するとは……荒川央さんって方も超親切ですね^^

3. 2022年1月01日 18:05:08 : ES1VCkpArc : Y2g3aHBWaUFMWDY=[2] 報告
>>AN さん

荒川央さんは、免疫学者で分子生物学に造詣が深い研究者のように見えます。私は、荒川さんの言っていることを信じます。

親切かどうかの問題ではなく、研究者としては、ごく自然な興味や動機から解析したものと、私は充分に理解できます。

ANさんのこれまでのコメントを見るとある程度医学知識がありそうに見えますので、「親切」と揶揄したり、荒川さんの意見に異論があれば、医学的観点から反論されたらどうでしょうか?

4. AN[2203] gmCCbQ 2022年1月03日 22:27:57 : 7MnTY0kXGk : WnV6NThHb3NRa0E=[341] 報告
>>3. さん

 名の通った「学者・研究者」でも、トンデモなことを主張している人が居ることはとても残念なことです。 というか、そんなのばっかし。 かなりマトモである、新潟大学名誉教授・岡田正彦氏でさえ、イベルメクチンは効かんと云ってます^^;
http://okada-masahiko.sakura.ne.jp/#PQ4

 で、3.さんが「荒川央さんを信じる」と表明した以上、小生としてはどーすることも出来ないわけですが、「医学的観点から反論」したらどうかと挑戦(笑)されましたので、遅まきながら荒川央氏がトンデモであることを論じます。


 まず先に念の為、荒川央氏の「コロナワクチン」は危険であるとの主張には全く異議は無く、賛同しております。
 問題は、
@『通常は単離してクローニングしたものを株と呼びます。本当は単離されていなければオミクロン「株」とも呼べません』
と、
A『オミクロンは人工的に作成されたウィルスではないかと強く疑う』
の2点です。

 まずは、@から。
 「お天道様はお見通し」氏が1月1日に投稿した、
《ないのはコロナだけじゃない12/23 ポリオ、エボラ》殆ど全てのウイルスが分離できていない+細菌の一部も感染実証なし⬅感染症そのものが詐欺である可能性=現代医学は虚像
http://www.asyura2.com/21/iryo8/msg/183.html
はお読みになったでしょうか?
 荒川央氏の『単離されていなければ「株」ではない」という主張は、「分離・純粋化されていない”病原体”は架空であり実在しない」という主張と同一です。

 逆に問いたい、「分離・純粋化された病原体」って何がありますか?

 小生が思い着くのは、寄生虫くらいですね、あれは学校の保健室に標本がありましたから。
 「お天道様はお見通し」氏は『病原体が「あるかもしれない」のは黄熱病だけ』と書いていますが、野口英世の伝記を読んだ人なら知っているかもですが、黄熱病の”ウイルス”も言葉通りの意味では”単離”なんかされていません。
 つまり、”ウイルスの存在”はよほど特殊なケースでない限り、傍証でしか証明できない性質のものです。 それは実験系の研究者なら誰しも理解しているはず。 (荒川氏は京大・理・生物物理学講座出身だそうなので、理論系なんでは?)


 次にAの『オミクロンは人工的に作成されたウィルスではないか』。
 荒川氏が行なったは、『「EPI_ISL_6640916」という株の塩基シークエンスを祖先型のそれと比較解析する』という手法で、塩基の変異をアミノ酸の置換が起きるケース(Nonsynonymous変異)と起きないケース(Silent変異)に分け、オミクロン株ではN変異が30もあるのに、S変異はたった1つしかないことから、2点を異常(ゆえに人工物)であるとしています。
 まずS変異がたった1つしかない……これはたしかに異常です。通常の塩基変異ではウイルス蛋白の構造そのものに影響を与えないS変異株は生き残り、致命的であるかも知れないN変異株は死滅する可能性が高いからです。
 しかしRNAウイルスの場合には、蛋白構造だけではなく、RNAの構造が安定であるかどうかが問題になりますので、S変異であってもウイルスには致命的であることが有り得ます。
 ですから、他の株種も同じように比較解析して、オミクロン株だけがユニークであることを証明する必要があります。

 2点目、オミクロン株は、N変異が30、その他に欠失が3つ、挿入が1つという多数の変異を持つ。 それは突然全ての変異が同時に起きるようなものではなく、何回かの変異の積み重ねによって為される……と通常考えられています。 突然そのようなものが出現するのは不自然、ゆえに人工物ではないか?
 しかし実際にCOVID-19の系統樹(https://nextstrain.org/ncov/gisaid/global?m=div)を見ると、決して全ての中間株種のシークエンスが明らかにされているわけではなく、”大きな変化=警戒が必要な変異”があったときには多くの中間株種は不明なままになっています。 つまり「ミッシングリンク」が多数あります。

 COVID-19のPCR検査及びシークエンス検査には、原則的に”患者さん”が必要で、一見健康そうな人を検体にはしません。
 つまりオミクロン株の”先祖”が、よりもっと病原性が少ないものであったならば、それらは検査されることなく、静かに感染し、進化し続けた、と小生は考えています。

5. 2022年1月04日 14:43:34 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[953] 報告
>>4

かみ砕いた説明でわかりやすいですね。

ただ生物物理って実験がメインでは?
生物物理で理論系ってタンパク質の構造計算とか、
生物群の消長の計算とかやってる人もいるにはいるけど少ないような。

6. 2022年1月07日 16:14:34 : ES1VCkpArc : Y2g3aHBWaUFMWDY=[4] 報告
>>ANさん

>荒川央氏の『単離されていなければ「株」ではない」という主張は、「分離・純粋化されていない”病原体”は架空であり実在しない」という主張と同一です。

という議論は論理の飛躍ですね。荒川氏は、存在を前提として、その由来を議論している訳ですから、実在しないなどと言っている訳ではなく、単に生物学的定義の話を紹介しただけにすぎません。

荒川氏は、これまで遺伝子解析の論文をprestigious journals に沢山発表されてきた立派な現役の実験研究者です。Pubmed で調べれば、簡単に情報が得られます。

ANさんが、大学教員として過去に遺伝子解析の論文をどの程度発表されたのかは不明ですので、何ともいえませんが、少なくとも、上記の議論は反論として十分な説得力を持っているようには思えません。

蛇足ですが、岡田名誉教授もとんでもない研究者ではなく、地に足の着いた研究者です。ただ、一流かどうかは評価の分かれるところですが。また、京大生物物理の実験部門が殆どで、実験部門でも、同時に理論的取り扱いをおこなった論文を発表することは当然あるでしょう。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊8掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊8掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊8掲示板  
次へ