★阿修羅♪ > 国際30 > 187.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
ミャンマーの軍事クーデターの背景には米国の対中国戦争(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/187.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 2 月 01 日 16:04:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ミャンマーの軍事クーデターの背景には米国の対中国戦争
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202102010002/
2021.02.01 櫻井ジャーナル


 ミャンマーで2月1日に軍がクーデターを実行、アウンサン・スーチーを含む政府の要人を拘束したと伝えられいる。ユーラシア大陸東部の責任者としてカート・キャンベルをジョー・バイデン米大統領が選んだ結果が現れたのかもしれない。

 長い間軍事政権が続いたミャンマーでスーチーは軟禁されていた。その彼女が解放されたのは2010年11月。これ以降、「民主化」されることになるのだが、その背後ではアメリカの私的権力による対中国戦争があった。

 中国が進めている一帯一路(BRI/帯路構想)はロシアの大ユーラシア・パートナーシップと合体し、アメリカが仕掛けている「貿易戦争」に対抗しようとしてきた。交易で地域(世界)の安定を図ろうというのだ。COVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)の騒動で中露の計画はブレーキがかけられたが、進んではいる。

 一帯一路(BRI/帯路構想)のうち「海のシルクロード」は東シナ海から南シナ海にかけての海域からマラッカ海峡を通過、インド洋、アラビア海を経由してアフリカやヨーロッパへつながっている。この海路を断ち切るためにアメリカは太平洋軍を2018年5月にインド・太平洋軍へ作り替え、東シナ海や南シナ海でアメリカ軍が中国に対して軍事的な圧力を加えている。先島諸島で自衛隊の活動が活発になっているのもそのためだ。

 この海域を押さえられると、輸送に支障が生じる。中東から石油を運ぶことも困難になる事態が想定でき、マラッカ海峡を通過しないルートを中国は建設している。そのひとつがミャンマー北部のガスのパイプライン建設。中国は銅山開発も進め、北部カチン州のイラワジ川上流では「ミッソン・ダム」を建設していた。そうした動きを妨害するため、アメリカ政府はミャンマー政府と話をつけ、アウンサン・スーチーを前面に出してきたのだ。

 ​​スーチーが実権を握った後、ミャンマーの仏教徒はヤカイン州に住んでいるイスラム教徒のロヒンギャを襲撃し、多くの人を虐殺した。襲撃グループのリーダーは「ビルマのビン・ラディン」とも呼ばれているアシン・ウィラトゥで、そのウィラトゥに率いられていたグループは「民主化運動」の活動家というタグが付けられている。この虐殺をスーチーは黙認していたが、アメリカ政府や西側の有力メディアは静かだった。

 ロヒンギャの一部はバングラデシュなどへ逃れたが、その穴を埋めるかのようにして、中東でアメリカなどのジハード傭兵として戦ってきたワッハーブ派の戦闘集団が入り込んだとも伝えられている。

 アメリカはユーラシア大陸の東部地域でもワッハーブ派を使おうとしている。2017年5月にはフィリピン南部にあるミンダナオ島のマラウィ市をダーイッシュ系だというマウテ・グループやアブ・サヤフが制圧した。インドネシアではワッハーブ派へ改宗させる工作が数十年にわたって続けられ、中国西部の新疆ウイグル自治区へも戦闘員が潜り込んでいると言われている。

 ある時期から西側はスーチーを声高に批判するようになるが、これは彼女が自立の道を歩み始め、中国へ接近したからである。アメリカの私的権力にとってスーチーは「裏切り者」になった。今回のクーデターで彼女たちを脅し、再び手先にするつもりかもしれない。状況によっては中東と同じように、ワッハーブ派を使って東アジアから東南アジアにかけての地域を廃墟にしようとする可能性もある。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[115873] kNSCqYLU 2021年2月01日 16:05:02 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[14649] 報告

2. 2021年2月01日 17:15:43 : tZLL0Er4Kk : Z1FxVG1oTkp2a3c=[203] 報告
■ミャンマー不正選挙!

 ドミニオンって単語

 探してんだけど・・・?

 ・・・ムサシか?


3. 赤かぶ[115898] kNSCqYLU 2021年2月01日 18:04:30 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[14674] 報告

4. 2021年2月01日 19:00:46 : OknyoRTvyQ : dmlpLmg5bTI2bkE=[489] 報告
民主化の 名の下励む 弾圧に
5. ぢっとみる[1773] gsCCwYLGgt2C6Q 2021年2月01日 20:29:55 : LLC16YRhF6 : ZGEwWi9qMFkwMms=[1187] 報告
どっちが、どう介入したとか、
こんどは、こっちが…とか……
のハナシで食っていってる人もいる……

でも、とにかく、
ミャンマーでも、どこでも、
できるだけ、
多くの人達が助かるように。

6. 2021年2月01日 21:12:37 : YDg90W6Zev : dFhnbGJraUVvQXc=[3] 報告
世界の多くの人は、民主化ときくと正義、自由で公正な社会を連想するように洗脳教育されている模様です
英米に抵抗する勢力は独裁と呼ばれ悪と報道される
日本人のように従順に従っていれば、とりあえずは平和でいられる
マスクでトラブルがせいぜい
7. 2021年2月02日 10:32:24 : FmQk4q2rLQ : TjNTcnZ2czQ0a1U=[1] 報告
櫻井氏が久しぶりにまともな記事を書いたね。笑

しかし軍側とスーチー側、どちらも中国に取り込まれていたから今一つ謎だ。
少なくとも軍がアメリカ側、スーチーが中国側と考えるのは間違いだ。

それより下手をするとロヒンギャ問題で疲れ果てたスーチー氏が中国承認の下で軍とクーデターの演技をした可能性もある。
あまり自信がないが。

8. 2021年2月02日 10:41:33 : JjuEclpY12 : Z1QwMm1PVERxSGs=[1] 報告
ディープステイトからすると、まつろわね政権は、すべて転覆の対象になる。

昨年、タイ王国で、国王や軍事政権に対するデモが起きた。

多分、背後で糸を引いていたのは、ディープステイトの代理人である米国だ。

今回のミャンマーのクーデターは、そのタイ王国の政治危機を共有する、ミャンマー独立派である軍部によって、引き起こされた。

多分、大国は、あまり関与していない気がする。

戦前に、日本のスパイたちは、当時のビルマで、猛烈な謀略活動を行い、一応の成果を得たけれど、直ぐ、元の木阿弥になった。

9. 2021年2月03日 01:38:29 : ZEpZjRC56Q : NGxhbk9qZHBlbUU=[654] 報告
ミャンマーのクーデーターは武力を握った階層こそ支配者であることを示している。民主主義を破壊できる正体は武力の独占しかない。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ