★阿修羅♪ > 国際30 > 194.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
中国、インド領土内に数千人の村を建設、実効支配を狙う…中印軍事衝突の緊張高まる(Business Journal)
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/194.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 2 月 02 日 16:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

中国、インド領土内に数千人の村を建設、実効支配を狙う…中印軍事衝突の緊張高まる
https://biz-journal.jp/2021/02/post_205470.html
2021.02.02 05:50 文=藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー Business Journal


「Getty images」より

 中国の「傍若無人」ともいえる振る舞いから、米国で誕生したバイデン新政権も「自由で開かれたインド太平洋」戦略を継承し、日本や豪州、インドとの連携強化で中国に対処していく姿勢を明らかにしつつある。

 日本、米国、豪州にとっての中国の脅威は海洋が中心だが、インドは陸上でも対峙している。インドと中国の3440キロメートルに及ぶ国境は大部分が確定されておらず、国境をめぐる紛争地域は、ネパールを挟んで東西に分かれている。

 西部のカシミール地域のラダックでは昨年6月、45年ぶりに死者が出る紛争が勃発した。その後も緊張状態が続いており、極寒の中で数万にも上る両軍の兵士たちの駐留が続いている。ラダックに隣接する東西約130キロメートルに広がるパンゴン湖は、水上で分断されており(インドが3分の1、中国が3分の2を実効支配)、劣勢にあるインドは活動強化のために偵察船と軍用機を増強している(1月20日付日本経済新聞)。

 ラダックをめぐる両国の緊張は、東部地域にも波及しつつある。インド北東部シッキム州の中国との国境地帯で1月20日、両国軍による小規模な軍事衝突があり、双方に負傷者が出た模様である。インド側の発表によれば、中国兵がパトロ−ル中にインド側に入ろうとして小競り合いになったが、現地司令官同士が規定に従い解決したとのことである。これに対し中国メディアは「インドメディアによるフェイクニュース」と否定している。

■インド、ロシアからS400を5基購入

 今回衝突のあった標高5000メートル級のシッキム州では、昨年5月にも小規模な衝突があった。同州の国境線は西部のラダックとは異なり、川の氾濫や冠雪などでしばしば変化することから、衝突が生じやすいという難点がある。

 シッキム州はネパールやブータンの間に位置するが、インドにとって要衝の地である。中国に攻め込むのに重要な場所であり、ヒマラヤ地帯で唯一インドが地形的、戦略的に優位に立っている地域だとされている。逆にこの地域を中国に奪われるとインドは大打撃を被る。インドの国防上の弱点(チキン・ネック)であるシリグリ回廊に近いこの地域が中国の手に落ちると、首都ニューデリーなどが存在するインド主要部と北東部が分断されてしまうからである。

 2003年に「チベット自治区における中国の主権」と「シッキム州におけるインドの主権」を相互承認する合意がなされたが、2017年に中国がこの合意に反してシッキム州周辺に軍を配備したことから、両軍が2カ月以上にらみ合ったという経緯がある。中国は2018年からドクラム地区に近いチベット自治区の空港に戦闘機を重点配備し、新たな滑走路まで建設するなど軍事拠点化を進めたことから、インドのモディ首相は2018年10月にロシアのプーチン大統領と会談し、S400を5基購入することで合意した(総額54億ドル)。

 S400はロシア製の地対空ミサイルシステムのことであり、最大射程が数百キロメートル、弾道ミサイルを迎撃する機能を有する。そのうち1基が年末までにインド側に引き渡されることになっていることから、インド軍はその操作方法を習得するため約100人の要員をロシアに派遣した(1月28日付日本経済新聞)。

■インドも「ワクチン外交」

 中国との対立の長期化に備えるインドは2020年10月、米国との間で衛星情報の共有などで新たに合意した。米国が強みとする衛星情報などを使い、国境係争地域で中国の兵士の位置や軍事施設に関する正確なデータを瞬時に共有することを狙っている。前述のシッキム州での中国兵の動きも米国からの情報が役に立った可能性がある。

 米国からの情報提供のおかげで、インドの領土の最も東に位置するアルナチャルプラデシュ州内に中国が「数千人が居住できる村」を建設していたことが判明している(2020年11月25日付CNN)。2020年11月と2019年8月の衛星写真を比較したことで明らかになったが、「村」から約1キロメートル南には中国軍の駐屯地があり、「居住民保護を名目に実効支配を行うのではないか」との懸念が生じている。中国は「我が国の領土に違法に設置されたアルナチャルプラデシュ州なるものをこれまで一度も承認したことはない」との立場であり、1962年の中印国境紛争では激しい戦闘が行われた。

 シッキム州とアルナチャルプラデシュ州の間に位置するブータン領内でも衛星写真のデータから、中国がシッキム州に近接した場所で道路や集落を建設していることがわかり、ブータンの後ろ盾であるインドは神経を尖らせている。ちなみにブータンと中国の間には現在に至るまで国交は存在していない。

 習近平国家主席は2019年10月に訪印し、モディ首相と「地域の安定が重要」との認識で一致したが、実際に行っていることはまったく逆であり、インド側は「中国が南シナ海で拠点を設けて一方的に現状変更した手法と同じである」と警戒心を露わにしている。

 世界のワクチンの6割を製造した実績のあるインドも「ワクチン外交」を展開し始めているが、その狙いは周辺国への影響力を維持することにある。人口約80万人のブータンに対して15万回分、2017年に共産党系政権ができてから関係が疎遠になった人口約3000万人のネパール(シッキム州の西に隣接する)にも100万回分のワクチンを無償供与するが、提供されるのはいずれも英製薬大手アストラゼネカが開発し、インドで製造したものである。

 1962年の大規模な国境紛争でインドに大勝した中国だが、軽率な行動を続けていると、中国に対して汚名を雪ぐための準備を進めているインドに手痛い敗北を喫してしまうのではないだろうか。

(文=藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー)

●藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー 

1984年 通商産業省入省

1991年 ドイツ留学(JETRO研修生)

1996年 警察庁へ出向(岩手県警警務部長)

1998年 石油公団へ出向(備蓄計画課長、総務課長)

2003年 内閣官房へ出向(内閣情報調査室内閣参事官、内閣情報分析官)

2011年 公益財団法人世界平和研究所へ出向(主任研究員)

2016年 現職


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[116021] kNSCqYLU 2021年2月02日 16:30:42 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[14798] 報告

2. 2021年2月02日 18:53:28 : LHBMZxzrf6 : Y1IzTVlORXBVdXM=[120] 報告
無教養な奴よ。
これがシナの露骨な侵略なら「ジャップの露骨な侵略」の方が問題だな。
そもそもインドも含めてアジア各地を侵略しまくった侵略国家の前科があるのは日本であって中国ではない。

日本は311の後、インドに日本国内同様の都市を建設すると発表。
現在までに多数がインドへ進出し、多くの都市開発を手がけている。
大体国内の土人は何も教えられていないから状況を知らないだけで、日本人の主力階層の活動地域は既に国内から国外へと変化しているのだ。

国内に残っているのは、いわば東京に出る能力が無いから田舎に残っている田舎者と同じで、教育が無く、専門性も無く、語学もできず、海外雄飛の機会も意思も無く、掃き溜めに取り残されている落伍者の群にすぎない。

そしてそれは欧米でも中国でも、インドですら同様なのだ。
シリコンバレーのインド人など数千人のオーダーじゃない。
数十万人だ。
村ではなく都市ができる。
これが侵略か?
トランプは侵略だと喚き締め出そうとしていたが、そんなことをすればシリコンバレーが沈む。
平気なように思えるのは、無知であるからだ。

まさに「燕雀安知鴻鵠之志哉(燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや)」
意味は中国人に聞くがよい。

3. 赤かぶ[116053] kNSCqYLU 2021年2月02日 19:47:28 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[14830] 報告

4. 赤かぶ[116054] kNSCqYLU 2021年2月02日 19:48:02 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[14831] 報告

5. 赤かぶ[116055] kNSCqYLU 2021年2月02日 19:48:44 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[14832] 報告

6. ぢっとみる[1777] gsCCwYLGgt2C6Q 2021年2月02日 21:35:27 : LLC16YRhF6 : ZGEwWi9qMFkwMms=[1191] 報告
放っとけ!
奴ッポンも、他国のことなど言えないが……
(未だエゲレツの)
“マンシュー国”なんて放っとけ!

ところが、
中東でデッチ上げたはずの、
“マンシュー国”に、
コンコンコンと操られル、エゲレツ。

それでも、まだタイワンも、
ダイ奴ッポンテーコクの版図だと思い込みたいか?

7. 2021年2月03日 02:26:42 : ZEpZjRC56Q : NGxhbk9qZHBlbUU=[656] 報告
中国は南シナ海のサンゴ礁に軍事基地を構築して領土拡大に大成功した。中国と隣接していることろ無人の地域があれば、すぐに中国の軍事基地ができる。インドが黙認できるはずはない。
8. 2021年2月03日 13:26:17 : phbIxgaXAg : cDc4aHlndlFiR0E=[3] 報告
インド、ブータン、ネパールは、英国植民地だった。

インド中国・国境は、在って無きが如しであるのが現状だ。

記事は一方的にインド側の事情を述べているが、中国側にも、同じような事情が存在するに違いない。

> 米国からの情報提供のおかげで、

インドの宇宙技術は高く、これは、インド人の沽券にかかわることで、あり得ない。

インドは、高解像度の探査衛星を、8機打ち上げている。

その他に、自前のGPSを所有している。

> アルナチャルプラデシュ州

この州は、中国とミャンマーを結ぶ重要拠点に隣接する地域で、情報には、米国の良からぬ思惑が透けて見える。

記事全体が、反中国の視点で描かれており、公平なものではない。

9. 2021年2月03日 20:06:47 : OknyoRTvyQ : dmlpLmg5bTI2bkE=[521] 報告
中国は 覚悟を決めて おつき合い
10. 2021年2月04日 11:39:56 : hHRyrQsPsY : Nk5rVnVxSUM2Vk0=[480] 報告
この文の筆者経歴。
>藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー 
1984年 通商産業省入省
1991年 ドイツ留学(JETRO研修生)
1996年 警察庁へ出向(岩手県警警務部長)
1998年 石油公団へ出向(備蓄計画課長、総務課長)
2003年 内閣官房へ出向(内閣情報調査室内閣参事官、内閣情報分析官)
2011年 公益財団法人世界平和研究所へ出向(主任研究員)
2016年 現職

この経歴で客観性、公平性を信じてくださいと言われても無理じゃない?信じて欲しいのならもうチョット経歴を隠したら?

11. 2021年2月04日 14:09:50 : wQviKjDIhQ : dVpxQ0I5dUgzdG8=[1] 報告
いつの時代だ!
今の時代に領土拡大を狙うなんて、いかれてる!
中国では、そんなことでもいないと全人民を掌握できないところまで、
中央政府は内紛か?

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ