★阿修羅♪ > 国際30 > 222.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
ミャンマー軍、権力奪取(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/222.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 2 月 09 日 10:47:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ミャンマー軍、権力奪取
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2021/02/post-a8c868.html
2021年2月 8日 マスコミに載らない海外記事 


2021年2月3日
ジョセフ・トーマス
New Eastern Outlook

 事実上の指導者、アウン・サン・スー・チーと彼女の全国民主連盟NLDが地滑り的勝利をした選挙の違反を理由に、ミャンマー軍が、一年間権力を掌握すると発表したというするというニュースでもちきりだ。

 欧米の評論家連中は、クーデターの黒幕だと言って、アメリカと中国を非難する二派に別れている。もちろん、もう一つ可能性がある。どちらも、そうではないことだ。

アウン・サン・スー・チー政権はアメリカの支援で据えられた

 実際、アウン・サン・スー・チーが権力の座についたのは、彼女と彼女の党や、アメリカ政府に資金供給された複数組織の巨大ネットワークに対し、全米民主主義基金(NED)を通した、何十年ものアメリカ資金供給と政治支援の結果だった。

 アメリカのNEDウェブサイトは、アメリカ政府が資金供給しているのを認める約80のミャンマーでのプログラムを掲載している。掲載されていないが、アメリカ政府資金を受け取っているプログラムや組織や個人や運動もある。

 これら団体は、人権擁護フロント組織や、法律組織、メディア操作や、環境保護政策擁護団体まで、様々な社会政治活動に及んでいる。

 アメリカがミャンマーで資金供給している活動は多種多様だが、彼らは全て、いくつかの共通目的に役立っている。

 第一に、彼らはアウン・サン・スー・チーと彼女のNLD党の強化に役立っている。

 第二に、彼らは、直接的、間接的に、ミャンマーと中国の協力を攻撃し、傷つけ、逆転させるという、より広範な狙いに役立っている。

 直接活動をしているのは、ダム建設、パイプラインや港湾や輸送インフラなどに反対する特定プロジェクトを専門に行っている組織だ。

 間接活動には、分離主義をあおり、不安定化や安全保障上の脅威を生み出し、中国企業のプロジェクト建設を遅延させたり、完全に止めたり、中国が所有する鉱山の操業を止めたりするものがある。

 この例には、中国がチャウピューに、広範な地域的な一帯一路構想の重要な要素となる深海港を建設しようとしているラカイン州でのロヒンギャ危機がある。

 中国・ミャンマー国境沿いの武装過激派戦士による不安定化をアメリカが資金供給する報道機関や「人権擁護」団体は一方的に政府の「虐待」を報じ、アメリカが支援する「人権」団体が、シリアのような場所でしているように武装集団を犠牲者として描いている。

誤りを改める?

 軍が、今後、数日間、数週間、数カ月、何をするかは不明だ。

 軍が権力掌握した、わずか一日後、隣接するタイで、アメリカに資金供給された反対派が街頭に繰り出した。

 ホワイトハウスも下記声明で対応した。


最近の選挙結果を変えたり、ミャンマーの民主主義への移行を妨げたりする試みに、アメリカは反対し、これらの措置が是正されなければ、責任ある人々に我々は行動する。



 アメリカが、何十年も、何千万ドルも、「民主主義への移行」に費やしており、ワシントンがその「移行」のためにミャンマーに作った政党とネットワークを念頭におくと、この声明は一層緊急に聞こえる。

 2019年と2020年に、香港とタイが不穏状態になったの時と同様、おそらくアメリカは、タイとミャンマーで進行中の不穏状態に相乗作用を引き起こそうと試みるだろう。

 万一、ミャンマーの抗議行動が街頭に広がった場合、紛争になるのは確実だ。

 過去数年間、アウン・サン・スー・チー支持者が、暴力的で、少数民族攻撃に陥りやすいことを、おそらく欧米メディアは忘れて、再び彼らを「残忍な軍事独裁権」に「虐待されて」いる「民主化運動」活動家として報じる可能性が高い。

 2021年早々の、軍による権力掌握力と、それが引き起こす可能性の高い外国の干渉は、ミャンマーのみならず、隣接するタイや、可能性として、他のASEAN諸国にとっても、悪い前兆だ。

 アメリカ外交政策は、直接的のみならず、中国への圧力と紛争を強化し続け、東南アジアで小競り合いが既に始まって、周辺沿いにも対立軌道を進んでいるように見える。

 ジョセフ・トーマスはタイを本拠とする地政学誌The New Atlas編集長で、オンライン誌New Eastern Outlook寄稿者。

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2021/02/03/myanmars-military-takes-over/

----------


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[117110] kNSCqYLU 2021年2月09日 10:48:19 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[15887] 報告

2. ぢっとみる[1804] gsCCwYLGgt2C6Q 2021年2月09日 13:58:09 : LLC16YRhF6 : ZGEwWi9qMFkwMms=[1218] 報告
スー・チーが、
ただのお飾り(民主シュギの張り紙)だということは、
疾うの昔から分かっていたこと。
メディアの持ち上げ方を見れば。
3. 2021年2月09日 18:58:27 : 7TI5QrZrQI : TkcyR1liQ0QyL3M=[246] 報告
ミャンマーで警察か治安部隊が発砲し重傷者が発生してる報道あり、同国の主たるSNSはフェイスブックだそうです。
4. 2021年2月09日 20:52:18 : OknyoRTvyQ : dmlpLmg5bTI2bkE=[641] 報告
民主化を またぶら下げて 尻尾出し
5. 2021年2月09日 21:51:14 : 7TI5QrZrQI : TkcyR1liQ0QyL3M=[247] 報告
https://twitter.com/udashan/status/1359118604390699014

ミャンマーの抗議デモ、女性が撃たれた模様です。(同瞬間動画:閲覧注意)

6. 2021年2月09日 21:54:08 : KMszoiOlZg : REFaMWNiZzcyRFk=[306] 報告
民主化という名の植民地化
7. 2021年2月09日 22:00:23 : 1hFwhl5XF6 : dXZTY1pyS01GUXM=[1054] 報告
NEDのスポンサーはCIAで、CIAが麻薬流通と人身売買で資金調達していることは、今ではよく知られている。
クーデター直後に、バイデン関係者が喚いていたので、すべての辻褄が合った。
8. 2021年2月09日 22:53:13 : oyZaIFcmqk : MllDcjNWVHpBMmc=[359] 報告
アウン・サン・スーチーさんが何十年も軍政下で力を失わずに存在してきたという一事だけでも彼女がアメリカの保護下にあったことは明白。

それで権力を握ったらアッというまに西欧大資本が入ってきた。しかし思うようにばかりはいかないものだ。中国は黙っていない。

今、チベットでウイグルで残虐行為が行われているというのもその多くはアメリカの宣伝戦略である可能性が強い。ダライ・ラマが正義の味方など言うのもおとぎ話だ。高須克哉ネトウヨの仲間だし。

9. 2021年2月10日 10:07:07 : ZEpZjRC56Q : NGxhbk9qZHBlbUU=[658] 報告
軍部の支配層は富は欲しいが、民主主義はいらない。経済発展のおいしいところだけ欲しいのだ。
10. 2021年3月17日 12:23:20 : TrohnR4xhQ : UzNPd3RqTE1jMmc=[3] 報告
ミャンマー、クーデター後に食品値上がり 貧困層に打撃も=国連
https://news.yahoo.co.jp/articles/c30d2efa5ebc996ae8adec7b500493e96e409ea3
[16日 ロイター] - 国連の人道支援機関、世界食糧計画(WFP)は16日、ミャンマーで軍事クーデターが起きた2月1日以降、国内の食品・燃料価格が上昇しており、貧困世帯の食品の購買力が低下する恐れがあるとの認識を示した。

WFPによると、最大都市ヤンゴンの一部の地域では、2月初め以降、パーム油の価格が20%上昇。ヤンゴンやマンダレーではコメの価格が2月末から4%値上がりしている。

北部カチン州の一部の地域でも、コメの価格が最大35%上昇。西部ラカイン州でも食用油などが高騰している。

燃料費は2月1日以降、全国で15%上昇しており、食料価格がさらに値上がりする恐れがあるという。

WFPは「食品・燃料価格の上昇に加えて、銀行業界はほぼ麻痺状態で、送金が遅れ、幅広い地域で入手できる現金が限られている」と述べた。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ