★阿修羅♪ > 国際30 > 266.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
マルコムXの暗殺にNY市警察やFBIが関与していたとする元潜入捜査官の告白(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/266.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 2 月 23 日 08:50:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

マルコムXの暗殺にNY市警察やFBIが関与していたとする元潜入捜査官の告白
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202102230000/
2021.02.23 櫻井ジャーナル


 1965年2月21日にマルコムXが殺されたが、​​その暗殺にニューヨーク市警察とFBIが関与しているとする警察官の告白が明らかにされた。暗殺当時、潜入捜査官だったレイモンド・ウッドは死の直前、マルコムX暗殺には警察とFBIが関係していたことを「告白」する手紙を従兄弟のレジー・ウッドへ渡し、それがマルコムXの遺族に手渡されたのである。

 それによると、レイモンドは上司の命令でマルコムXの警護担当者を犯罪に引きずり込み、3名が殺人容疑で逮捕された。ひとりは容疑を認めたが、ふたりは無罪を主張。その数日後、警護のいないマルコムXは殺されたというのである。

 マルコムXはNOI(ネイション・オブ・イスラム)に所属していたのだが、1964年には袂を分かっている。NOIの背景に疑問を持ってのことだと言われている。その年の3月にマルコムXはマーチン・ルーサー・キングと友好的な雰囲気の中、握手​​。巷間、言われているよりふたりは友好的だった。ふたりの手法は違ったが、差別と戦い、貧困問題に目を向け、戦争に反対していたのだ。

 ふたりが握手する4カ月前、1963年11月22日にジョン・F・ケネディ大統領がテキサス州ダラスで暗殺されている。ケネディは殺される5カ月前の1963年6月10日にアメリカン大学の卒業式でソ連との平和共存を訴える「平和の戦略」と呼ばれる演説を行っている。

 暗殺を受けて副大統領から大統領に昇格したリンドン・ジョンソンはベトナム戦争への本格的な軍事介入へ突き進む。その口実に使われたのが「トンキン湾事件」である。トンキン湾で北ベトナムがアメリカ軍に対して先制攻撃したとジョンソン政権は宣伝したが、実際は違った。偽旗作戦だったのである。

 事件は1964年7月30日に南ベトナム哨戒魚雷艇が北ベトナムの島を攻撃したところから始まる。北ベトナムは対抗して高速艇を派遣、攻撃した哨戒艇はすぐ姿を消すが、そこにはアメリカの駆逐艦マドックスがいて、情報収集活動をしていた。

 7月31日、海軍特殊部隊Sealのメンバーふたりに率いられた約20名の南ベトナム兵が再び島を襲撃、北ベトナム軍はマドックスを攻撃する。そして8月7日にアメリカ議会は「東南アジアにおける行動に関する議会決議(トンキン湾決議)」を可決、翌年2月に北ベトナムに対する本格的な空爆、「ローリング・サンダー作戦」を開始することになったのだ。

 その後、戦争は泥沼化。「公民権運動の指導者」という枠をすでに突き破っていたマーチン・ルーサー・キング牧師は1967年4月4日、ニューヨークのリバーサイド教会で開かれた「ベトナムを憂慮する牧師と信徒」主催の集会に参加、「沈黙が背信である時が来ている」という主催者の訴えに賛成だとしたうえで、「なぜ私はベトナムにおける戦争に反対するのか」という話をしている。

 大半のアメリカ国民はベトナム戦争の悲惨な現実から目をそらし、自分自身を欺いているとキングは指摘、そうした偽りの中で生きることは精神的な奴隷状態で生きることを意味すると語った。そしてベトナム戦争に反対すると宣言している。

 しかし、ロン・ポール元下院議員によると、​​キング牧師の顧問たちは牧師に対してベトナム戦争に焦点を当てないよう懇願していたという。そうした発言はジョンソン大統領との関係を悪化させると判断したからだという。「公民権運動」という枠組みの中で発言し、行動しようということだろうが、そうしたアドバイスを牧師は無視したのである。

 ケネディ大統領の暗殺ではCIAや元CIAの大物が中心的な役割を果たした疑いが指摘されてきたが、キング牧師暗殺ではFBIに疑惑の目が向けられている。

 例えば、「ベトナムにおける政策決定の歴史、1945年 - 1968年」というタイトルの報告書を有力メディアへ渡したダニエル・エルズバーグは宣誓供述書の中で、キング牧師を暗殺したのは非番、あるいは引退したFBI捜査官で編成されたJ・エドガー・フーバー長官直属のグループだと聞いたことを明らかにしている。

 エルズバーグにその話をしたブラディ・タイソンはアンドリュー・ヤング国連大使の側近。エルズバーグは国連の軍縮特別総会で親しくなったという。タイソンは下院暗殺特別委員会に所属していたウォルター・ファウントロイ下院議員から説明を受けたとしているが、ファウントロイ議員はその話を否定している。(William F. Pepper, “The Plot to Kill King,” Skyhorse, 2016)

 キング牧師が暗殺されたことに衝撃を受け、戦争反対を鮮明にし、ブラックパンサーなどを支援するようになったロック・ギタリストがいる。ジミー・ヘンドリックスだ。

 FBIはヘンドリックスの監視を強めるが、彼の周囲にはFBIより警戒すべき人物がいた。マネージャーのマイク・ジェフリーだ。この人物はイギリスの情報機関MI6の「元エージェント」だと言われているが、情報機関に「元」はないというのが常識。

 ヘンドリックスは1969年5月、トロント国際空港で拘束された。少量の麻薬を保持していたことが理由だが、本人はそうしたリスクを冒さないと主張している。彼はマネージャーのジェフリーが仕組んだと疑い、解雇しようとした。

 その年には8月にウッドストックで音楽のフェスティバルがあり、彼も参加したが、その直後に彼は誘拐されたと言われている。この時はジェフリーがマフィア人脈を使って救出したとされているが、誘拐自体をジェフリーが計画した疑いもある。

 結局、ヘンドリックスは1971年9月にフェフリーを辞めさせるが、その翌日にヘンドリックスは死亡した。ロンドンのアパートで昏睡状態になっている彼を恋人のモニカ・ダンネマンが発見、すぐに救急車で病院へ運ばれる。彼女によると、発見時にジミーはまだ生きていた。

 救急車は午前11時45分に病院へ到着、12時45分に死亡が発表されている。ロンドン警視庁は診断したジョン・バニスター医師の証言として、ヘンドリックスは病院へ到着した段階で死亡していたとしているのだが、救急隊はそれを否定している。

 ジェフリーが解雇された日にパーティーがあり、そこでヘンドリックスはピルを渡されているが、それをダンネマンの前でトイレへ流している。寝るまでに飲んだのは通常の睡眠薬(ベスパラクス)だけだったが、検死の結果、20ミリグラムのアンフェタミン(覚醒剤)も検出された。(John L. Potash, “Drugs as Weapons Against Us,” Trine Day, 2015)

 キング牧師と親しく、ケネディ大統領の弟であるロバート・ケネディ上院議員も戦争に反対していた。キング牧師の弁護士を務めていたウィリアム・ペッパーによると、ロバートは自分が民主党の大統領候補になった場合に牧師を副大統領候補にしたいとキング牧師に打診していたという。(John L. Potash, “Drugs as Weapons Against Us,” Trine Day, 2015)

 そのキングが殺された2カ月後の1968年6月5日にロバート・ケネディが銃撃され、翌朝に死亡した。ロバートを殺したのは60センチ以上前を歩いていたサーハン・サーハンだとされているが、検死したトーマス・ノグチによると、議員の右耳後方2.5センチ以内の距離から発射された3発の銃弾で殺されたのだという。この結果は現場にいた目撃者の証言とも合致している。つまり、公式説明によると、ロバートの前を歩いていた人物が発射した銃弾がロバートの後方から命中したことになる。しかも、その銃弾はサーハンのピストルから発射されたものではなかった。

 2013年5月9日にはマルコムXの孫、マルコム・シャバズがメキシコで殺されている。午前3時30分ころにダウンタウンの路上で発見されて病院に運ばれたが、殴られたことが原因で数時間後に死亡したという。アメリカから追放された労働運動の活動家、ミゲル・スアレスと会うためにシャバズはメキシコを訪れていたという。

 殺される3カ月前、​​シャバズはイランで開かれる「ハリウッド主義」に関する会議に出席するためにテヘランへ向かおうとしてFBIに逮捕されている。理由も告げられないまま拘束されたのだ。

 マルコムXにしろ、マルコム・シャバズにしろ、マーチン・ルーサー・キング牧師にしろ、ジミー・ヘンドリックスにしろ、ジョン・F・ケネディにしろ、ロバート・ケネディにしろ、「差別」に反対したことが理由で殺されたわけではないだろう。彼らは体制の枠組みを突き破ろうとした、あるいは突き破ったのだ。その枠組みに留まっている限り、右翼を名乗ろうと、左翼を名乗ろうと、リベラルを名乗ろうと、愛国者を名乗ろうと、安全である。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[119399] kNSCqYLU 2021年2月23日 08:50:44 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[18176] 報告

2. 2021年2月23日 11:37:28 : LHBMZxzrf6 : Y1IzTVlORXBVdXM=[199] 報告
航空自衛隊の人間が戦闘機乗りの養成目的でアメリカで訓練を受けていて墜落死したろ。日本は戦闘機の操縦手の育成すらアメリカに頼らなければならなくなったのか?
煩雑なためここでの説明は避けるが、理由はいくつか有って事実上アメリカ軍の育成と許可を得なければ空軍業務に関与できない仕組みになっている。
なぜか?

空軍は戦争の決定力を持つ。シリア情勢もロシア空軍が参加した途端に情勢が変わった。リビアもNATOがリビア政府軍の飛行禁止を決めた途端に追い詰められていたイスラム国が息を吹き返し、カダフィ政権を倒した。

陸軍など民兵も同じで空軍基地の警備隊にすぎず、海軍など航空兵力投射機能のための運送屋にすぎない。
空軍さえ抑えておけば戦争は完全にコントロールできる。我々も太平洋戦争でよく知っている通りだ。

だから、アメリカは航空自衛隊を完全に掌握して日本の反乱に備えている。航空自衛隊の幹部自衛官はアメリカに留学することでアメリカよって育成され、テストされ、洗脳され、アメリカに忠誠を誓うロボットに仕立て上げられ、日本の空軍業務を担っている。
彼らは日本語より英語の軍隊用語や話法の方が上手いくらいだ。

アメリカ国内でFBIやCIAによる何者かが国の支配を続けようとする陰謀が実行されているように、日本についても同様だ。官公庁の要所は全てアメリカが支配している。政治の世界も例外ではない。メルケルの携帯電話を盗聴していたのはアメリカのNSAだ。日本の首相官邸に安倍も菅も住まない理由はアメリカによって全館完璧に盗聴されているからと言われている。

今回の航空自衛隊員の事故死はそういう日本の現実を示す綻びの一端だ。事実上の隷属支配、パナマのような立場の日本という現実を示している。

今や日本が独立を実現するには中露の協力を得るしかないのだ。しかも中露へ軸足を傾けただけで日本の主要各所に仕掛けられたアメリカのリモコン装置が起動するため、実現は困難を極める。

3. 2021年2月23日 19:00:09 : 2v7sqn5crg : S3dTbVdlVkpvRXc=[41] 報告
謀略の 臭いに満ちた 大事件
4. 2021年2月25日 14:03:35 : jXN1ZJDhZo : TDZaRTVYNUR4SUU=[2] 報告
マルコムXの遺族が、ウッズ氏から送られて来た手紙を公開した。

動画に手紙が映されている。

> Deathbed confession says NYPD, FBI responsible for Malcolm X assassination

https://www.presstv.com/Detail/2021/02/23/645929/FBI-Malcolm-X-assassination

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ