★阿修羅♪ > 国際30 > 303.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
米国「尖閣の主権」めぐり揺れた表現 対中姿勢の反映か/朝日新聞
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/303.html
投稿者 仁王像 日時 2021 年 3 月 06 日 09:40:27: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

米国「尖閣の主権」めぐり揺れた表現 対中姿勢の反映か/朝日新聞
ワシントン=大島隆
2021年3月5日 15時00分
https://www.asahi.com/articles/ASP3432YTP31UHBI003.html

沖縄・尖閣諸島の主権をめぐって2月末、米国防総省の報道官が「日本を支持する」と発言しながら、後から「発言は誤りだった」と訂正する事態が起きた。なぜ誤ったのかは分からないが、尖閣諸島の主権に関して米国は微妙な立ち位置を取ってきた。一連の経緯からは、バイデン政権がこの問題をどう扱うかを占う、ヒントも見えてくる。

 発端は、国防総省のカービー報道官が2月23日に開いた会見だった。尖閣諸島付近での中国公船の活動について問われたカービー氏は「我々は尖閣諸島の主権について日本を支持しており、不測の事態を招きかねない中国船の行動をやめるよう、中国に求める」と発言したのだ。

 発言が注目されたのは、これまでの米国の姿勢よりも明らかに踏み込んだからだ。

 日本政府は尖閣諸島をめぐる領土問題はないとの立場だが、中国も領有権を主張している。一方で米国は従来、尖閣諸島の「施政権」と「主権」を分けて扱ってきた。日本の施政下にあると認め、米国が日本を守る義務を定めた日米安保条約第5条が適用されることを明言する一方、主権は「特定の立場を取らない」とあいまいな立場を保ってきたのだ。

 カービー氏は23日の会見でいったん、質問に対して「中国が国際的ルールを無視し続けており、これらの活動についての懸念を明確にしている」と答えた。その後、自ら「先ほどの質問について十分に答えていない」と述べてから日本の主権に言及しただけに、意図にも関心が集まった。

 しかし、国防総省は翌24日、…  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ