★阿修羅♪ > 国際30 > 394.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
殺人者呼ばわりへのプーチンの対応(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/394.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 3 月 30 日 14:50:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

殺人者呼ばわりへのプーチンの対応
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2021/03/post-dc5e0e.html
2021年3月30日 マスコミに載らない海外記事


Finian Cunningham
2021年3月22日
スプートニク

 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領を「殺人者」と呼んだ、アメリカのジョー・バイデン大統領の中傷の企みは、みっともないだけではない。実に愚かだった。

 このような悪口は、まるで品がないアメリカ大統領をさらけ出す。それは自身の品位をおとしめ、自称世界で最も権力がある威信とされるものを傷つける。

 だがこの口撃で、バイデンは柔道の達人プーチンに素早いボディー・スラムをかけられた。

 ロシア大統領は、先週ABCニュース・インタビューで、バイデンが「殺人者」プーチンという(ばかばかしい)表現に同意したアメリカ大統領発言に冷静で寛大に対応した。それに答えて、プーチンは心からバイデンの「健康」を願ったのだ。

 このような寛容な対応は、アメリカ大統領の粗野さと卑しい心情を強調するだけではない。それはロシア大統領が道徳的に優位となる。多くのアメリカ人を含め、全世界は二人を比較し、即座に、一方が、文化と知性で力量が優れているのが理解できる。

 次に、プーチンは粗野な語彙に頼らず、彼と彼の前任者の多くが本物の殺人者だと暴露して、バイデンに対し、形勢逆転した。この発言は、一種の投射で、鏡に映った自分の姿を見ているようなものだと言って、プーチンは、先住民絶滅や、日本への原子爆弾投下を含め、アメリカ合州国のあらゆる卑劣な大量殺戮の歴史を総括した。ジョー・バイデンが、上院議員や元副大統領として、多数の犯罪的戦争を開始する上で貢献し、何百万人もの死や国々を丸ごと破壊した大規模暴力と国家テロという恥ずべき遺産。先月も、バイデンは就任式のわず四週間後、大統領として、彼最初の殺人行為、破壊的なシリア空爆を命じた。他の人々を殺人者だと言って非難するバイデンは異様だ。

 だが、おそらく、プーチンの対応を完勝にしたのは、バイデンとの公開ライブ・ビデオ会議提案だった。

 中傷的なあざけりにもかかわらず、プーチンは、アメリカ大統領と広範囲の問題について直ぐにも議論する用意があり、この会話は一般にテレビ放送できると言った。彼は今週議論するよう提案した。

 「バイデンの言葉は、きわめて未曾有のものなので、未曾有の形式も排除できない」とクレムリン報道官ドミトリー・ペスコフが説明した。「両国民にとって興味深いだろうから、プーチン大統領は公開で状況を論じるよう提案した。」

 控えめに言っても実に興味深い。ロシア外務省によれば、バイデンがプーチンとの公開討論の提案を拒絶したことが分かっている。

 そこで、アメリカ大統領は弱々しさを見せることになった。彼は怖くなって逃げたのだ。管理されたアメリカ・メディアのインタビューでタフガイを演じるなら、なぜプーチンに面と向かって言わないのだろう? それはバイデンのものは空威張りの、裏付けるどんな証拠もない、常軌を逸した発言であることを示している。

 バイデンのロシア大統領中傷に根拠がないからだ。いつものアメリカの横柄さと偽善で語られる、いつもの見え透いた偽りに過ぎない。バイデンは、もし公衆の前でプーチンと討論すれば、プーチンが、言葉でも、知性でも、彼を破滅させるのを知っている。テレプロンプターなしのプーチンの歴史と事実に対する知識が、バイデンを、実際そうである愚かな凶悪犯に見えさせるはずだ。

 さらに公開討論を行うというプーチン提案を拒絶したバイデンは、失敗ばかりするイメージと、この大統領の精神衛生に関して増大する疑問への不都合な注目を喚起している。更に多くの人々が、ホワイトハウスの78歳の男性が本当に職務に耐えられるのかと疑うことになるだろう。これは、バラク・オバマが、かつて彼の元副大統領について嘆いたような、おかしな言い方をして「しくじる」悪名高い癖の程度を越えている。

 第46代大統領になって以来、公共の場へのバイデン出席や発言は、彼の認知機能の明白な悪化への更に多くの疑問に拍車をかけている。彼は記者質問を受けず、記者会見を回避しているように思え、自身の閣僚の名を忘れ、先週飛行機に乗り込む際、足を踏み外した。

 わめきちらすバイデンは、プーチンをこきおろそうとして大失敗した。彼はロシア大統領と論争しようとして、プーチンにノックアウト反撃の機会を与えて自滅したのだ。

 Finian Cunninghamは、国際問題について多く書いており、記事は複数言語で刊行されている。彼は農芸化学修士で、ジャーナリズムに進むまで、イギリス、ケンブリッジの英国王立化学協会の科学編集者として勤務した。彼は音楽家で作詞作曲家でもある。20年近く、ミラーやアイリッシュ・タイムズやインデペンデント等の大手マスコミ企業で、編集者、著者として働いた。ジャーナリズムにおける妥協しない誠実さに対するセレナ・シム賞を二度受賞(2020年12月)。

記事原文のurl:https://sputniknews.com/columnists/202103221082418853-putins-killer-response/

----------


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[124838] kNSCqYLU 2021年3月30日 14:51:05 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[23616] 報告

2. 赤かぶ[124839] kNSCqYLU 2021年3月30日 14:51:40 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[23617] 報告

3. 2021年3月30日 19:00:24 : 8ZOfzsUjXw : SmpsVDRtem00WS4=[626] 報告
プーチンに 受け流された 八つ当たり
4. 2021年4月02日 19:57:44 : oyZaIFcmqk : MllDcjNWVHpBMmc=[696] 報告
アメリカはアフリカ・中南米は自分達欧米の勢力圏と認識していたが、中国に徐々に浸食されてきている。彼ら現地の有力者と結びつき契約書で欧米企業は利益を独占していたが中国はインフラに直接投資しその効果がより広い層に及ぶようにしている。欧米といくらつきあっても一般庶民の生活は一向に良くならなかった。

ベネズエラ、ソマリアには中国は足場を築いた。他の地域でも確実に進出している。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ