★阿修羅♪ > 国際30 > 428.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
中国は、アジアをどのように造り変えようとしているのか(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/21/kokusai30/msg/428.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 4 月 08 日 12:25:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

中国は、アジアをどのように造り変えようとしているのか
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2021/04/post-90c1dd.html
2021年4月 8日 マスコミに載らない海外記事


2021年4月1日
Salman Rafi Sheikh
New Eastern Outlook

 中国とイランが、今後25年で数十億ドルの協定に署名し、中国自身の経済政策と、いかなる国の参入も許さない欧米と西アジアの余りに親密な結びつきの理由から、かつて、とうてい想像できないと思われていた形で、中国が西アジア/中東で、存在感を増すのは、ほとんど否定できない。中国が発揮している経済変化の力は、イランに対する強力な後押しとなるだけでなく、イランは、イランのライバルであるサウジアラビアやUAEのような国を含め、中東での中国の更なる拡大の玄関となろう。中国にとって、中東におけるその存在と拡大は経済的利益だけが狙いではない。この存在感は、新たに出現しているアメリカ-中国の世界的ライバル関係と、第二次世界大戦以来のアメリカ覇権と中東支配を巻き返したいという中国の願望によって引き起こされている。

 従って、先週、中国外務大臣が中東歴訪をした際、彼はイランとの協定署名だけを期待していたわけではない。彼は何よりもまず、経済関係と接続性に焦点を当てる新しいゲームのルールを提起するのに一層関心があり、狙いだった。伝統的な湾岸諸国の緊張ではなく。そのため、王毅がサウジアラビアのMbS皇太子に会った際、内政に対する、どんな外部の当事者による、いかなる「干渉」にも反対するサウジアラビアの姿勢を支持したが、王外相は、現在ジョー・バイデン政権と良い関係ではないMbSに「自身の条件に合った発展の道筋を探究し見いだす」ため中国と協働する機会を申し出た。この道筋は、王外相がサウジアラビア国営ニュース局アル・アラビヤでのインタビューで強調したように、湾岸諸国が「大国間の地政学ライバル関係の影からから抜け出し、地域の現実に合った発展経路を独自に探求する[のが可能になった]時にのみ」見出すことができる。

 今の所、中国はサウジアラビアに、イランと署名したのと同じ道筋を申し出ている。それで、中国は、ペルシャ湾における地政学ライバル関係の蜘蛛の巣に巻き込まれるのは望まないが、この地域の国々が、ムスリム同胞団のような組織を含め、スンニ派・シーア派信仰や、地経学と地政学、および/または、イデオロギー的ライバル関係と厳密な分離を維持する方針を継続できる新しい路線を示すことを目指している。

  従って、中国は開発計画や石油生産と供給の増加を含むイランとの数十億ドル協定に署名したが、中国のサウジアラビアとの増大する結びつきにも、中国への石油供給拡大や、石油化学製品や原子力発電や他のエネルギー分野や、5Gや通信やデジタル技術のような新分野に対する中国投資を確保したいサウジアラビアの願望が含まれている。サウジアラビアも中国と湾岸諸国間の自由貿易交渉を推進する中国との協力に乗り気だとMbSが述べた。

 そのため、地政学的緊張とライバル関係を回避する経済開発の多少似たパラダイムをライバル両国に提示し、中国はアメリカが過去何十年もしてきたような部外者が自分の利益のために湾岸諸国を操作し続ける余地を最小限にするような経済環境を構築している。

 従って、イランに対する中国投資は、中国には、経済封鎖で、アメリカに押し付けられた経済的束縛を破る機会となるのに対し、ジョー・バイデン政権がMbSを将来の国王として受け入れるのを好まないよう見える中、中国はサウジアラビアに、アメリカとの関係を作り直す機会を提示している。

 湾岸諸国に、彼らの外部地経学的結びつきを多様化し、アメリカへの依存を減らす機会を提示することで、不安定な地政学状況を、自身を軍事的に強固な状態に保ち、何よりも、アメリカ軍産複合体に役立つ関係を維持するために利用するのに依存していた西アジアにおけるアメリカの地位に対し、中国は重大な挑戦となっている。同時に、中東諸国にとっては、中国の経済の道筋は、何十年にもわたり国民所得の源としての石油依存から抜け出す方法だ。

 ジョー・バイデン政権が、四カ国戦略対話、クアッドというアメリカ、日本、インドとオーストラリアを含む国々の集団で反中国連合をまとめようとしている中、中国は中東に軸を移しつつある。中国は、サウジアラビア、イラン、トルコやUAEのようなライバル諸国に同時に接近し、アメリカによる世界レベルでの中国を「封じ込め」実現を一層困難にし、アメリカの野心への挑戦となっている。

 中国の数十億ドル協定が非常に温かい歓迎を受けた事実は、湾岸諸国自身が、どれほど地経学状況を本気で変えたがったいるかを雄弁に物語る。この意味で、中国・湾岸諸国のつながりは、アメリカ・湾岸諸国のつながりと異なり、合流して、いくつかの相互利益をもたらす道筋の果実なのだ。

 イランと中国の協定や他の湾岸諸国との深まる結びつきは、従って、支配的な地理経済状況を完全にひっくり返す可能性がある。彼らの結びつきを多様化し、アメリカに対する過剰依存を根本的に緩和する湾岸諸国の能力は地域の地政学状況も劇的に変化させかねない。

 だから、中国-イラン協定を、孤立した出来事と解釈するのは誤りだろう。王外相がイラン、サウジアラビア、トルコ、オマーンとUAEを歴訪した事実は、主に経済発展に支えられる政策という一つの枠組みを通して、この地域全体を中国が受け入れているかを示している。中国にとって、実に嬉しいことに、中国のウイグルに対する「大量虐殺」へのアメリカ・キャンペーンを支持するのを、サウジアラビアが拒否した事実は、アメリカにとっては大いに失望だが、中国がどのように益々受けいれられつつあるかを示している。

 Salman Rafi Sheikhは国際関係とパキスタンの外交、国内問題専門家。オンライン誌New Eastern Outlook独占記事。

記事原文のurl:https://journal-neo.org/2021/04/01/how-china-is-going-to-reshape-west-asia/

----------


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[126238] kNSCqYLU 2021年4月08日 12:26:54 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[25016] 報告

2. 2021年4月08日 12:52:07 : jXbiWWJBCA : Rm5WWGpiTzAwU2c=[631] 報告

欧米の影響力を排除し、グローバルな覇権を強化しようとしているのは明らかだが

まずはアジアからということだな

成功するかどうかは、プレイヤーの努力と運次第だが

生態系の破壊が加速していく状況で

愚かなことを続ける限り、人類文明が滅亡していくのも確実だろう


3. 2021年4月08日 19:12:43 : 8ZOfzsUjXw : SmpsVDRtem00WS4=[815] 報告
西側の プロパガンダだ 「ウイグル」も
4. 2021年4月08日 20:45:40 : oyZaIFcmqk : MllDcjNWVHpBMmc=[738] 報告
いつもそこらじゅうでどこかのイスラム教徒を虐殺・弾圧しているアメリカが中国の片隅のイスラム教徒ウイグル人に同情してわめきたてているのを初めて見たわい。

イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの英語圏仲間に加えEUもつけて一大キャンペーンを繰り広げている。

実際アメリカは中国との最終決戦段階に入ったようだ。情勢は日本の低脳の見方と異なり長期的にはアメリカ側に勝ち目はほとんどない。この大キャンペーンは余裕のなさの現れ。コロナで米中の経済力逆転の時期はぐっと早まった。ファーウェイ攻撃も効果はなかった。

5. 2021年4月09日 18:27:52 : FoP2Dr9OdQ : aTNodDdDUFdFdEk=[-1305] 報告
transimpex_ochd(スコットランド・ケール語で8です)で投稿しています。

アジアには沢山の国があります。

大国(人口的な)だけの地域ではありません。

おかしなトビは無用。

国が何の為にあるのか考えましょう。 文化は全然違う国々。

アメリカも嫌いですが、中国も半島も嫌いです。

国として。

お互いの領域を荒らさない事 此れが本当の大国の道義と流儀。

他国への文化的な侵略やら移民的な侵略は、反感を招く。

以上。

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数のため全部処理

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際30掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際30掲示板  
次へ