★阿修羅♪ > 国際31 > 141.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
中露の外相が米国の生物化学兵器の開発は不透明だとして調査チームの編成を提案(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/21/kokusai31/msg/141.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 10 月 10 日 15:03:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

中露の外相が米国の生物化学兵器の開発は不透明だとして調査チームの編成を提案
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202110100000/
2021.10.10 櫻井ジャーナル

 ロシアと中国の外務大臣は10月7日、「細菌兵器(⽣物兵器)及び毒素兵器の開発、⽣産及び貯蔵の禁⽌並びに廃棄に関する条約」に関する​共同声明を発表​した。COVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)騒動を利用したアメリカの動きへの牽制だろうが、何か情報をつかんでいるのかもしれない。

 その声明の中でアメリカが国外に200カ所を超す生物に関する研究所を展開していると指摘、その透明性に疑問を投げかけた。その上で生物兵器の使用や伝染病を調査する手助けをする機動的な生物医学チームを組織するように呼びかけている。ロシアは2018年にもこの問題に触れていた。

 アメリカがロシアの国境沿いに生物化学兵器を建設しているとロシアは2013年頃から抗議していた。例えば、2013年夏頃、アメリカ軍がウクライナ東部にあるハルキーフやメレファで危険な病原体を研究する施設を建設しようとしていると問題にされている。その段階でウクライナには似た9つの施設が存在していた。

 ウクライナ東部では2016年にキエフ軍が送り込んだ兵士が薬の効かないウィルス性の病気になり、20名以上が死亡したと報道されている。ハルキーフやメレファの施設から近いことから細菌兵器が漏れたのではないかと推測する人もいた。

 ロシア軍の放射能・化学・生物防御部隊を率いるイゴール・キリロフ少将によると、アメリカはロシアとの国境近くに細菌兵器の研究施設を建設してきた。ウクライナだけでないということである。

 そうした施設が作られた国として名前が挙がっているのは、ウクライナのほか、アゼルバイジャン、アルメニア、カザフスタン、キルギスタン、モルドバ、タジキスタン、ウズベキスタン、ジョージアなど。アフガニスタン、パキスタン、台湾、フィリピン、韓国、そして日本にもアメリカ国防総省の影響下にある細菌に関する研究施設が存在しているという。

 アメリカで生物化学兵器の研究が始まるのはUSBWL(陸軍生物兵器研究所)がキャンプ・デトリック(後のフォート・デトリック)に創設された1943年のことだが、研究開発が本格化するのは第2次世界大戦の後に日本やドイツから生物化学兵器に関する資料がアメリカへ引き渡され、日独の研究員が合流してからだ。

 1950年6月に勃発した朝鮮戦争でアメリカは生物兵器を使ったと言われている。1952年2月に朝鮮の外務大臣はアメリカ軍が細菌兵器を使用していると国連に抗議、アメリカ側は事実無根だと主張したが、1970年代にウィリアム・コルビーCIA長官が議会で行った証言の中で、1952年にアメリカ軍が生物化学兵器を使ったと認めている。

 アメリカに生物化学兵器に関する情報を提供、その開発に協力した日本の生物化学兵器人脈は日本国内において「伝染病対策」の中枢を形成することになる。その拠点として1947年には国立予防衛生研究所(予研)が創設された。1997年には国立感染症研究所(感染研)に改名されている。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[151949] kNSCqYLU 2021年10月10日 15:04:55 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[50709] 報告

2. 2021年10月11日 04:52:52 : Nf2PcZ7ZZc : Z2E4eW1QcUxVaFU=[483] 報告
こっちの記事も。

--
世界各地の米実験所に関するロシアと中国の警告
https://parstoday.com/ja/news/world-i85794
10月 10, 2021 00:57 Asia/Tokyo - Pars Today

(転載貼り付け開始)

中国とロシアが共同声明を発表し、「世界各地にあるアメリカの生物学的活動は、諸国民の安全にとって深刻な危険を引き起こし、地域的安全保障に弊害を与えるだろう」と表明しました。

この共同声明は、BWC・生物兵器禁止条約に関する問題を取り扱う国連総会第1委員会会合で発表され、200箇所以上の米国の生物研究所が国外において秘匿かつ不明瞭に活動しており、これらの活動が果たして生物兵器禁止条約に準拠しているか否か、国際社会に疑問を投げかけています。

(略)

(転載貼り付け終了)

詳細はリンク先の記事を直接、ご参照ください。

で、これですが、やはりロシアと中国は共同歩調を取って、アメリカに対峙しています。これは事実上の「通告」だと、私は受け取りました。

要するに、「よくも変なウイルスをバラ撒いて、世界中の経済に打撃を与えたな。この落とし前は世界中の国々が団結して、必ずつけてやるから、覚悟しておけ。」と言っているように見えます。

衰弱した覇権国の首をしめる縄が、また少しキツくなった……って所でしょうか。

中ロを中心にして、世界の国々が、ゆっくりと、やがて急速にアメリカから離れていくという、世界史の転換点を、この目で目撃できるってのは、幸運なのか不運なのか……断末魔のアメリカの爪が、日本の手首をがっちり掴んで離してもらえなさそうですからねぇ。ああ、ヘタすると韓国も一緒に捕まるかも。

3. 2021年10月11日 18:38:15 : E6SRfCLd1A : VkdtODJ2SG1SS1U=[41] 報告
我国での昨今のコロナ騒ぎは在日アメリカ軍施設が起こしているのかも?!

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際31掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際31掲示板  
次へ