★阿修羅♪ > 国際31 > 213.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
COVID-19ワクチンが「感染」を押さえ込めないことをワクチン推進派も認めた(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/21/kokusai31/msg/213.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 11 月 17 日 09:50:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

COVID-19ワクチンが「感染」を押さえ込めないことをワクチン推進派も認めた
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202111170000/
2021.11.17 櫻井ジャーナル

 「COVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)」と呼ばれる悪霊が世界を徘徊し、悪行を重ねている。この感染症を引き起こすと病原体とされているのはSARS-CoV-2(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2)だが、いまだに単離されていないようだ。つまり存在が確認されていない。

 ロックダウンなどによって行動が制限されて社会の収容所化が進み、経済活動は麻痺、個人経営の店や中小企業を中心にして経営状態が悪化した。倒産に追い込まれるケースも少なくない。必然的に失業者が増え、ホームレス、そして自殺者を増加させることになる。教育を受ける権利も奪われた。こうした状況を元に戻す呪物とされたのが「ワクチン」。これさえできれば悪霊は退散、元の生活へ戻れると少なからぬ人は信じたようだ。

 しかし、作り出された「ワクチン」を接種しても悪霊は消えない。むしろ「ワクチン」を接種した人びとが病気になっている。「ワクチン」に効果がないという批判をかわすため、「ブレークスルー」や「変異株」といったタグも使われるようになった。

 COVID-19に対する恐怖心を煽り、「ワクチン」神話を広めてきた中心グループにはビル・ゲーツやNIAID(国立アレルギー感染症研究所)のアンソニー・ファウチが含まれている。ここにきて​ゲーツ​は「ワクチン」接種の新しい方法が必要だと語り、​​ファウチはブースター(追加)接種が必要だとしている。ふたりとも事実上、「ワクチン」の効果がないことを認めている。

 本ブログでも繰り返し書いてきたが、昨年11月に「ワクチン」の接種が始まったが、それから間もなく帯状疱疹や⾎栓性⾎⼩板減少性紫斑病(TTP)が発症すると指摘されはじめ、体が麻痺するケースも少なくないようだ。そして心筋炎や心膜炎。最近では子宮内膜の癌が増えているとする話も出てきた。懸念されていたように、ADE(抗体依存性感染増強)も増えているようだ。

 ADEの問題は早い段階から懸念されていた。コロナウイルスの表面にはスパイク・タンパク質と呼ばれる突起物が存在、mRNA(メッセンジャーRNA)技術を使った「ワクチン」は体内でスパイク・タンパク質を製造させ、そのスパイク・タンパク質に抗体を作らせることになっている。

 しかし、抗体には感染を防ぐ「中和抗体」と感染を防がない「結合(非中和)抗体」があり、結合抗体はウイルスを免疫細胞へ侵入させて免疫の機能を混乱させることがある。ADE(抗体依存性感染増強)だ。その結果、人間の免疫システムに任せておけば問題のない微生物で深刻な病気になる。エイズと似た状態だと言えるだろう。

 スパイク タンパク質が病気の原因になっている可能性があると​​ソーク研究所は今年4月に発表した。呼吸器ではなく血管にダメージを与えているという。脳へウイルスが侵入した形跡がないにもかかわらず神経系の症状が出るのもそのためだという。

 カナダのゲルフ大学でウイルスの免疫について研究しているバイラム・ブライドル准教授も同じ意見だ。同准教授は当初、スパイク・タンパク質が血液循環システムの中へ入ることはないと考えていたようだが、三角筋に接種された「ワクチン」はそこでスパイク・タンパク質を生産、そのシステムへ送り込み、ダメージを与えて血栓を作り出したり出血させたりすると今では考えている。

 そのほか、「mRNAワクチン」で使われるLNP(脂質ナノ粒子)が肝臓、脾臓、副腎、そして卵巣に分布する問題も無視できない。LNPの卵巣への分布は不妊の原因になる可能性を暗示している。

 ファイザーのアレルギー・呼吸器研究担当副社長だったマイケル・イードンは早い段階からmRNAの技術を使った「ワクチン」が危険だと警鐘を鳴らしていたが、ここにきてFDA(食品医薬品局)の「ワクチン研究評価室」で室長を務めてきたマリオン・グルーバーと生物学的製剤評価研究センターで副センター長を務めてきたフィリップ・クラウスが辞職を表明した。​​ジョー・バイデン政権が打ち出した「COVID-19ワクチン」の強制接種に対する抗議だという。

 グルーバーとクラウスも執筆者に名を連ねている報告をイギリスの医学誌「ランセット」が9月13日に掲載した​​が、その中で、「COVID-19ワクチン」の追加接種(ブースター)を慌てて頻繁に実施することは危険だとしている。「mRNAワクチン」は「心筋炎」を、またアデノウイルスをベクター(遺伝子の運び屋)に利用したジョンソン・アンド・ジョンソンやオックスフォード/アストラゼネカの製品はギラン・バレー症候群(根神経炎の一種)を引き起こす恐れがあるとしている。

 ところで、COVID-19騒動は2019年12月に中国湖北省の武漢でSARS(重症急性呼吸器症候群)と似た症状の肺炎患者27名が見つかったところから始まった。

 その月の31日に中国からWHO(世界保健機関)へ原因不明の肺炎患者が見つかったと報告されたものの、武漢の肺炎騒動は短期間で沈静化する。キューバで研究が進んでいる「インターフェロン・アルファ2b」が効果的だったと報道されていた。

 中国には吉林省の長春にこの薬の製造工場があり、供給が容易だったことも幸いしたという。この薬はリンパ球を刺激して免疫能力を高める効果があるとされている。今回の件で中国の習近平国家主席はキューバのミゲル・ディアス-カネル大統領に謝意を述べたという。

 SARSは2002年11月に広東省で感染が始まるが、事実上、中国国内で治まった。SARS-CoV-2の感染も治まると見る人もいたが、人びとを注目させる出来事は起こる。横浜港から出港しようとしていた「ダイヤモンド・プリンセス」というクルーズ船で2020年2月4日、COVID-19に10名が感染したとされたのだ。

 船は閉じた空間で、感染しやすい。しかも対応が適切でないと指摘されていた。感染を拡大させたいのではないかと皮肉る人もいたほどだ。感染状況から感染源は船の乗員ではないかと推測する人もいた。乗員乗客3700名は隔離され、7日には感染者が61名に増加、厚労省の職員や検疫官も罹患したとされた。

 そして2020年3月11日、WHO(世界保健機関)はCOVID-19のパンデミックを宣言、悪霊が世界を徘徊し始めるわけだ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[156321] kNSCqYLU 2021年11月17日 09:50:39 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[55083] 報告

2. 英語文字起こしインフォ[29] iXCM6pW2jpqLToKxgrWDQ4OTg3SDSA 2021年11月17日 10:20:33 : 8wueEQ4oWE : S2Q5bDFTL3U5OTI=[468] 報告
嘘つきファウチがついに時事うを語った!
「ワクチンは宣伝しているような効果はない。ワクチンは時とともに効果が薄れていくので、コロナから人々を守ることはできない。」 

ファウチのこの言葉は、追加接種(ブースター)に移行するための完璧な演出。
彼は、ブースターに移行するレールを敷いたのだ。
NYタイムズ紙は:「これは、長年彼らが計画していたことだ」と。

G20でブラジル大統領は、WHOのテドロ総裁に問うた:
「何故、2回のワクチン接種後に人々が死んでいくのか」。
テドロの返事:
「ワクチンはコロナの拡散を封じこめることはできないが、感染の悪化や、死に至るのを阻止してくれます。」

イギリス健康治安機関は、10ヶ月半に渡るコロナ・ワクチンの調査で、
「ワクチンは一度打つと、2度と自然免疫を100%元に戻すことはできない」と報告。どうりで、米国赤十字が、ワクチン接種者からの血漿献血を受け付けない理由が分かった。

彼ら大手製薬企業、BigTech,DSなどは、世界の全人口にワクチンを打たせたい ⇒ 接種者の抗体が剝がされる ⇒ コロナの疑いがある ⇒ 追加接種 ⇒ この過程でウィスルが変異する、予期しない副作用が起きる ⇒ 追加接種 ⇒ コロナが消滅することはない ⇒ 最終的に人口削減につながる。

ワクチン接種者は抗体を持たないから、追加接種を打ち続けることになる。
これも、最初から計画されていたことなのだ。

米国のコロナ感染者累計 1.46億人は:

  ⇒抗体を得た
  ⇒ コロナに感染しない
  ⇒再度コロナにかからない。

そうであるなら、何故ワクチンが必要なのか。

12月31日から実施の新PCRテストで、彼らは何を示そうとしているのだろうか。

ワクチン非接種者は、自然免疫があるからコロナ・ウィルスを退治できるのて、新PCRテストはいつも陰性。
ワクチン接種者は、コロナ・ウィスルを抱えているからいつも陽性(病気を抱えている)。

世界中がコロナで騒いでいるのに、米CDCは下記の情報は収集していないと回答したから驚き。
1) 一度もコロナ・ワクチンを打っていない人、
2) コロナ回復者が、再びコロナに感染した
3) 再度コロナに罹った人が、第三者に感染させた。

バイデンの米国は今ファシストの国になってしまったといっても過言でない。。
その一例が、ワクチン接種義務と、マスク着用の強制

これに対して、米27州がワクチン義務化は違法だとして告訴。
第一回控訴審は、ワクチン接種の一時停止を命じた。(バイデンは無視)
第二回控訴審は、一回目の判決を支持した。

オクラホマ州上院の決議:
“ワクチン義務化無し”、
“ワクチン非接種者の罰則なし”
“ワクチン強制により、将来健康を害した雇用人は、雇用主に対して100万ドル(1億円)の損害賠償を要求できる“。
どの州もオクラホマ州に真似るべきだ(話し手)

一方大手製薬企業は、
1)故意に、ワクチンで人々に危害を与えた
2)ワクチンのデータを操作した
3)医者や医療専門家4500人に報酬名義で賄賂を贈っている。

なのに、製薬会社は責任が問われない(クリントン元大がそうした)。
その上、彼らはワクチンの人体実験をしていないし、予期しない影響が人体に生じるかを知らない。

彼らの決定:「今使っているのはワクチンでないので、二つの方法で行くことができる」。
その1つ目:「今使用しているのはワクチンでないから使えない、人々をコロナから守ることはできない」、
2つ目: 「ワクチンの定義を変える。それからワクチンに見せかけて追加接種を促進する」。
そうだ、二つ目で行こう! 追加接種をブースターと呼ぼう!

先日、CDCは(大手製薬企業の決定に合わせて)、ワクチンの定義を変えましたね。

従来のワクチンの定義:
人の免疫組織を刺激して、特定の病気に対する免疫を作り、その病気から人を守る生成物。

先日更新されたワクチンの定義: 
病気に対する身体の免疫反応を刺激するために使われる準備物。

以上は、Big-Tech, 大手製薬会社、大企業などが共謀しての陰謀だったのが、
もはや陰謀ではなくなった。

3. 2021年11月18日 08:37:36 : PquXtQbC52 : Y3Muc0RkQjU0NS4=[4] 報告
ブラックにカモ情報が渡ったら、そこから搾取されまくり。
尻の毛まで抜かれるのと同じ構図。
最初にカモ情報渡した(mRNA接種した)のは自分自身(やその近親者)だから
2年以内に、心筋梗塞とか脳内出血とかの診断名で逝くことになっても
しょうがない。
 
4. 2021年11月18日 21:05:39 : iwAujJtOFE : ZGZXRTcuMFlZQXM=[1500] 報告
コロナワクチンを2度打った小池知事が肺疾患でダウンしたらしい。

 http://www.asyura2.com/21/senkyo284/msg/269.html

5. 2021年11月19日 10:38:36 : EYS0BWkmxc : amlaV0MveldUclk=[3] 報告
ふざけた話なのだが、やっと、政府は、昨年効力を認めていた(2020/5 菅官房長官が記者会見でイベルメクチンの有効性有りの発言 )、今更ながら、安心、安全、安価なイベルメクチンを、使用する事へどうやら舵を切る積もりにったようである。

イベルメクチンが、コロナ疾病撲滅に大きな役割を果たして来たのは、ワクチンのみを使用してきた所謂先進国以外の国々であって、先進技術の触れ込みの高価な薬を使えない国々での使用の実態であったのである。命より金儲けを優先し、安全性を確認しないまま、これぞこの疾病の特効薬であると喧伝し、命を盾にとって高額の商品を売りつけ、安心、安全、安価なイベルメクチンを、承認外、エビデンス不明と誹謗中傷し、本来それを採用、使用してきた諸国が、すでにパンデミックを終息させているに拘わらず妨害をしてきたビッグ・ファーマーの行為は許されないものがある。未だに、命より金儲けにマスコミも絡んで邁進している。しかし、結果はどうにもならないところに来て仕舞った。この罪は重いと知るべきである。

そこで期待の大きさを表すニュースが入って来た。
共同通信発のニュースで、東京新聞WEB版に載ったものだ。内容を精査すれば、明らかにそれはイベルメクチンを指していることが読み取れる。北里大学/興和薬品の治験も終了するであろうし、恐らくそれは、世界の多くの民の命と生活を守りつつあるイベルメクチンの実態が、承認へと繋がるものと思われるものである。その記事をココに貼ろうと思う。
https://d.kuku.lu/2a8bdfdd5 (※アクセス数は、すでに5000を越えた)
【ファイルをダウンロードする 】をクリックし【ファイルを開く】をクリックして拡大して見て下さい。

どうやっても、どうにもならないコロナ疾病政策。アメリカ薬屋の金儲けと一緒になって、ワクチン、ワクチンとやって来たけれど、本当にどうにもならなくなった。当のワクチンが効かないからだ。しかも、他人にも再感染させるキワ物である。
カタリン・カリコなる人物の頭デッカチ理論倒れの安全性無視しのこの薬によって、本当は、イベルメクチンによって、とうの昔にパンデミックを終息出来ていたのに、大事になってしまった。イベルメクチンを早期にシッカリと投入していれば、亡くなる人も極端に少なくて済んだはずだ。ノーベル賞候補と悪騒ぎまでしたが、結局売名のお先走りを担ぐことにになってしまった。【7月(昨年)までにパンデミックを私の薬で終息させる】と大見得を切ったが、何のことはない死者を増やしたに過ぎない偽薬であったと云わざるを得ない。

6. 2021年11月20日 03:06:28 : 1HjAtRuwJc : THJ0UXM4L2F2V2s=[37] 報告
偽薬ならまだしも完全に毒薬だからな。そもそもなぜ一流の専門家がことごとく警鐘をならしてきたのに無視したのか、と。よほどのバカかもしくは故意犯か、どっちかしか考えられない。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際31掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際31掲示板  
次へ