★阿修羅♪ > 国際31 > 457.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
プーチンのウクライナ侵攻の真の目的は、2024年の大統領選挙での再選−クリミア侵攻と酷似した行動パターン−
http://www.asyura2.com/21/kokusai31/msg/457.html
投稿者 DOMOTO 日時 2022 年 2 月 27 日 04:49:16: VRQtq/0DZtRLQ RE9NT1RP
 

              統一ロシアの支持率の推移

(出典)2021年ロシア連邦下院選挙にみるプーチン政権の安定性と脆弱性
https://www.jiia.or.jp/research-report/russia-fy2021-05.html


プーチンのウクライナ侵攻の真の目的は、2024年の大統領選挙での再選−クリミア侵攻と酷似した行動パターン−


DOMOTO
ロシアの外交・軍事戦略
http://domoto-world.com/archives/cat_55728.html
http://domoto-world.com/


2年後の大統領再選のためのウクライナ侵攻。
現在、ロシア国内で日に日に増す反戦デモ。

2月25日、26日には、EUでロシアを国際的な資金決済網(SWIFT)から排除する金融制裁案が再浮上してきた。

対ロシア制裁、決済網排除が再浮上 EUで支持広がる(日経 2022年2月26日)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB2616H0W2A220C2000000/?unlock=1

プーチンは振り上げた斧(おの)をどうするのか。
米欧がSWIFT排除を決定すれば、大統領再選へのプーチンの目論見は、誤算となるだろう。


戦略国際問題研究所(CSIS)のアンドリュー・クチンス氏は、プーチンの2014年のクリミア侵攻を「リスクの高い政治戦略」と呼びましたが、2年後の大統領選挙で当選するための手段として、今回も彼には「侵略」しか選択肢がなかったようです。

近年はプーチン政権やその与党「統一ロシア」に対する支持率が低下しています。新型コロナ感染拡大の影響を受け、プーチンの支持率は2020年5月に政権成立後初めて60%を下回りました。
またプーチン政権の与党「統一ロシア」の支持率は、2014年のクリミア併合後上昇しましたが、その後再び低下し始め、新型コロナの感染拡大がロシア経済に打撃を与えると、2021年には同党の支持率は20%台にまで低下しています(下記記事一部を要約)。

2021年ロシア連邦下院選挙にみるプーチン政権の安定性と脆弱性 (日本国際問題研究所2021-12-21)
https://www.jiia.or.jp/research-report/russia-fy2021-05.html

また、ロシアの今年1月のインフレ率は8・7%に達しており、国民の生活は苦しい状態が続いています。


プーチンには、ロシア経済停滞による支持率低下の状況下で、大統領選挙を迎える3〜4年前になると、ウクライナへの侵略という選挙対策を使う行動パターンがあるようです。

2014年2月のクリミア侵攻時も経済が停滞していましたが、これは2018年3月の大統領選挙の4年前です。
2021年は原油価格上昇で一時的に経済成長率は上昇しましたが、ロシア中銀総裁は2022年から2023年にかけてロシアの景気はさらに減速すると見ており、今後インフレが加速することが予想されています。
今回のウクライナ侵攻は経済停滞下での軍事侵攻という点でクリミア侵攻時と似ています。
そして2021年4月にはプーチンはウクライナとの国境地帯に大規模部隊の集結を始めていますから、2024年3月の大統領選挙の3年前にプーチンはロシア軍の派兵を開始しているのです。

クリミア侵攻でも今回のウクライナ侵攻でも、大統領選挙を迎える3〜4年前、経済停滞下の状況で、ウクライナへ侵攻しているのです。さらに侵攻前の与党「統一ロシア」の支持率が非常に下落している点も共通した特徴です。

ロシア中銀総裁はロシア経済の成長率は2023年にかけて減速すると見ている(ブルームバーグ 2022年2月19日)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-02-18/R7IE9FDWX2PS01

2021年4月5日にプーチンは改正大統領選挙法を成立させ、2036年まで自身の任期を可能にする布石を打っていますが、同月8日、ウクライナとの国境地帯に、クリミアを併合した2014年以降で「最大規模」のロシア軍部隊の集結が確認されています。

ロシア軍集結、ウクライナ国境が緊迫…米政権の対応試す狙いか(2021/04/10)
https://www.yomiuri.co.jp/world/20210410-OYT1T50261/

バイデン米大統領もブリンケン国務長官も「プーチンはソビエトを再建したい」と言っていますが、現実主義者のプーチンがそのようなドン・キホーテ的な夢想家であるはずがなく、そのような回帰主義者の目で世界から見られることは、彼にとって逆に好都合です。それは大統領選で再選を果たし、2036年までの権力の座に君臨しようとする、権力の亡者としての自分の姿を覆い隠します。NATOの拡大阻止という彼の戦略的理想も二の次の話で、これは格好の口実になります。とにかく今は、ロシア経済が停滞するなかで、2年後の大統領再選のために功績を作り上げなければなりません。

以下の引用記事は、2014年11月に戦略国際問題研究所(CSIS)のHPで、ロシアが専門のアンドリュー・クチンス氏が、クリミア危機の当時、ロシア経済の停滞のなかでプーチンがどのように考えて侵略に至ったのか、その政治行動を分析した記事です。

題名の『プーチンのジレンマ』(Putin's Dilemma)の「ジレンマ」は、(解決が困難な)難問、窮地、困難という意味です。

そこでは、経済の構造改革と経済成長を断念したプーチンが、得意な軍事力の行使を選んで国外への侵略を活路にし、権力の延命を図る姿が解説されています。

Putin's Dilemma (「プーチンのジレンマ」 戦略国際問題研究所 (2014.11/13)  
http://csis.org/publication/putins-dilemma

記事の一部を抄訳します。

(抄訳開始)
プーチンは大統領に就任して以来、二期にわたって(2000〜2008年)、年に約7%の経済の成長をなし遂げてきた。ロシアの石油と天然ガスの生産高を飛躍的に増やしたことが、高い経済成長を支えた。世界的な経済危機の後でさえ、2010年と2011年には4%以上にまで回復させた。

プーチンに対する一貫した政治的に高い評価の基盤は、ロシアの人々の、経済の見込みが絶えず良くなっていくという認識であった。

プーチンが2012年5月に大統領の職に戻った時、彼は難しい選択に直面した。その時、経済の停滞の兆候がすでに明らかになっていたからだ。彼は増えていた中産階級を、彼らの経済的不安に対処することによって吸収し、構造的な経済改革に着手するか、または、彼の「垂直なパワー」と呼ばれる政治的な基盤を弱体化させる危険を冒すかの、どちらかの選択に直面した。

プーチンのジレンマは、1980年代初期のソ連政治局を思い出させる。

石油による多くのドル収入にもかかわらず、ソ連経済は構造的に非常に非効率であったために成長率はゼロに近かった。
ソビエトの経済停滞が深い底にあった時、ブレジネフと彼の後継者たちは、構造経済改革は政治的に危険すぎると判断して、改革をせずにどうにか切り抜けようとした。

もし、原油価格が高いままであったなら、その動きはうまくいったかもしれない。そしてソ連は持ちこたえていただろう。
しかし言うまでもなく、原油価格は急落し(訳注:1981〜1986年にかけて)、ソ連は改革を試み、ソ連崩壊は起こった。

プーチンは、クリミア併合とウクライナでの戦争の前でさえ、原油価格が歴史的に高かったにもかかわらず、(ソビエトの前任者たちのように)構造改革を避けてきて、ロシア経済は停滞を続けてきた。

それはプーチンが、政治的な人気と権力の基盤のための経済成長と繁栄を断念することを、すでに決心したように見えた。

このリスクの高い政治戦略は、彼の指導力を正当化する<新しい政治的な物語>を必要とする。経済成長と繁栄をもはや絶対必要なものではないとするならば(権力維持のために)、<新しい政治的な物語>を必要とする。

この新しい政治戦略(物語)は2012-2013年に形ができ始めた。それは「公式な愛国心」という19世紀のロシアの政策の中にある伝統的なロシアの価値観に重点を置くことを、(国民のあいだに)強化することとともに行なわれた。その「公式な愛国心」は独裁政治、正統性、ロシア人の愛国心の3つを中心に展開する。

ウクライナの危機は、この新しい政治的物語をさらに強化するための理想的な機会を提供した。

(抄訳終了)

※ この抄訳は、私のブログの下記の記事からのものです。

プーチンは経済成長を捨てて侵略する選択を―プーチンは何を考えて行動しているのか―(2015年01月11日)
http://domoto-world.com/archives/1960212.html


    了

.  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 上山[343] j@OOUg 2022年2月27日 07:32:55 : XaOsnyMzSc : Vjc4SGw0U0UyYnc=[261] 報告
ウクライナ国民の命を助ける為には、一旦、全面降伏〜武装解除すべきだ。
但し、ゼレンスキーに背き、傭兵会社の外人特殊部隊は潜存する危険があるかも。
ウクライナは政府軍以外に外人大隊17000人がいる?
2. 2022年2月27日 08:40:28 : C0Wodc5GXo : bHZ2SEVaU0VwSmM=[18] 報告
記事タイトルは正しいと思う。
理由は
支持率上げる為に戦争するのはロシアのやり方w
シリアとチェチェンでは無差別爆撃を行ったロシアがウクライナでは上品な戦い方してる。
逆に苦戦してる感じにも見える。

記事内容は長いので読んでませんww

3. 2022年2月27日 09:20:08 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[1127] 報告
それはアメリカのやり口だろう。
4. 茨城市民[401] iO@P6Y5zlq8 2022年2月27日 09:57:26 : L7K5kePxVQ : RmZsblR3TG45RTI=[140] 報告
プーチンのウクライナ侵攻の真の目的は?

この記事は、ウクライナの問題、例えば、ドンバス住民へのナチス張りの虐殺、オデッサの虐殺問題について何も指摘していないが、これでいいの?

ロシア人の多くは、ロシアの要望をウクライナが無視していることに怒っているのでないの。この怒りを背景にプーチン大統領は侵攻したのでないの。

すべての責任はウクライナにあると言うが、半分は当たっていると思うが、どうなのだろう。

5. 2022年2月27日 10:39:05 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[1151] 報告
>>4

よくないよね。

まあ、一因としてあるかもしれないけど、
制裁による経済混乱を考えるとマイナスだろうし。

やはり安全保障上の問題、ウクライナ国内の情況、ミンスク合意のウクライナ側不履行が主因だろう。

6. 地下爺[20084] km6Jupbq 2022年2月27日 11:21:05 : k3zXh6OQQU : R1Jic2NNN3pnYkE=[4198] 報告

 武器を もって 正義が 実現できた 歴史があるのでしょうか 。。。


7. 2022年2月27日 12:00:06 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[1166] 報告
>>6

ないとはおもうけどね。
でも、西側諸国はそれを実行しようとしてきたよね。
今回のロシアみたいに。

8. 2022年2月27日 12:00:49 : eb468HzkoI : Rm9KcjhidFl3WjI=[173] 報告

世界は多層空間によって形成されている。
その層の最大上部に君臨するものたちが、長年(一時期は別として)ロシアと敵対している。
世界のバランスを見ている限り、ロシアの貢献は揺るぎないものがあるが常にそれは不安定である。
少し前の米国一国主義の過程を見れば一目瞭然だろう。
現在進んでいる状況も方向性ははっきりしているが、個々の動きが多層空間を移動しているので分かる人には分かるが、何処の国でも個人でもそうだが複雑に絡み合ったものが邪魔して見えるものも見えなくなってしまうのは当たり前のことで、それを職業として頑張っている人たちは少数ではないだろう。
噂話みたいな情報が溢れる中で、クリーンな情報を吸って、きれいな理解・判断をしたいものだし心掛けたい。
9. 2022年2月27日 12:04:17 : ql0e9KevKY : bUVqWFUwaXNWaGs=[263] 報告
*どちらの動画も、動画内で述べられているウクライナ情勢については、動画収録時点でのものである点にご注意下さい。

[【桜無門関】馬渕睦夫×水島総 第36回「『危機』を取り巻く諸勢力〜ネオコンに進駐されたウクライナ、トルコで懲りたNATO、残り時間が気になるバイデンと習近平」[桜R4/2/24] 収録は2/22 ]
元ウクライナ全権大使の馬渕氏の対談動画です。
https://m.youtube.com/watch?v=-osCQvJ4vy8


[2022.2.26【ウクライナ】ウクライナの街は意外に平然、ウクライナ軍兵士は武器を捨てて投降、プーチンは停戦交渉へ【及川幸久−BREAKING−】]
https://m.youtube.com/watch?v=pqXij1C412Q


主流メディアは、プーチン=極悪人一色で、一部メディアはプーチン大統領を21世紀のヒトラーとまで言っていますが、
馬渕元大使、及川氏ともに、日米欧の主流メディアが伝えている内容と見方が異なります。

ただ、これまでの経験から、主流メディアが本当のことを伝えているとは言い切れないと思います。

例えば、過去のイラク戦争において、米国メディアは、当時のフセイン大統領が大量の化学兵器で市民を虐殺している=フセイン大統領極悪非道な独裁者、と伝えましたが、結局、大量の化学兵器は見つかりませんでした。
イラク考古学博物館から持ち去られた貴重な品々も戻らないままです。

リビアのカダフィ大佐(当時)のことも極悪非道な独裁者と伝えて、主流メディアは、革命側を全力応援していました。
革命前までアフリカNO1の経済力と国有中央銀行と世界第3位の金塊を保有していたリビアは、革命後、いつの間にか大量の金塊が消え失せ、早々と中央銀行は民間銀行になり、天然資源は誰かさん達に握られ、経済力はガタ落ちで国民は貧しくなり、国内は混乱状態のままです。

新型コロナについても、主流メディアは、ワクチンによる死亡を含めた重篤な副反応などの不都合な話は伝えません。

10. 2022年2月27日 12:07:05 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[1168] 報告

スコットリッターの解説動画
https://www.youtube.com/watch?v=3GkmdCaBECs
11. 2022年2月27日 12:30:29 : Askq0YLCxI : Qmp1Y3Rla1c0Vlk=[1140] 報告

プーチン批評で正しい一面はあるものの、スッキリしないね。

政治家として這い上がるためには正常を装う必要があったが、もともと異常性のある

人間ということはないか? 主義のために1200万人も殺戮したスターリンの芽が

完全に消えてしまった気もしない。ロシアは資本主義、議院内閣制、選挙なんだが、

そう思っている人間は居ない。スターリンがまだまだ身近な存在に感じているとした

ら、力づくで体制を変えられる、国民・組織・団体・企業からすると変えられてしま

う、そんな恐怖が底流にある警察国家ではないか?  

異常性が本質としたら、フィンランドに口実を作って核ミサイル一発飛ばすのではな

いか? 


12. 未来のTOW[580] lqKXiILMVE9X 2022年2月27日 12:45:33 : XZGV8u33JQ : NXRIbmxDRGdDR1U=[80] 報告

>>6
今の日本がまさにそれだろ。

バカ左翼が崇拝する日本国憲法も、太平洋戦争でアメリカ軍により、
大日本帝国が倒されたゆえの産物。

アメリカが日本に勝てずにいたら、今でも大日本帝国は健在だったろうね(笑)
アメリカの軍事力が強大だったおかげで、今の平和主義があるわけだ。
皮肉な話だよねえ(笑)

ドイツも全く同じ。ドイツが戦争に勝っていたら、ナチス党は今でも現役だろう。
連合国の軍事力が強大で、枢軸国を武力によって完膚なきまでに叩き潰したから、
今の世界秩序があるわけじゃないか(笑)

ヘイワ!ヘイワ!とやらも結局、アメリカ軍事力によって大日本帝国が倒されて生まれたものだ。
軍事力の産物だよ。

ケンポー!ヘイワ!とか喚き散らすバカ左翼は、
アメリカ軍事力に感謝したほうが良いな。

君達は、枢軸国が敗れず、大日本帝国もドイツ第三帝国が今も存続している世界の方がお望みかね?(笑)

13. 2022年2月27日 12:56:03 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[1170] 報告
>>12

未来の真相現れたな

14. ゆめ[428] guSC3w 2022年2月27日 13:00:27 : X0Wz6AZKlU : OWdPbTEuTC5zWm8=[24] 報告
日本を含めて、世界中のメディアが申し合わせたようプーチン批判??
フエイクだらけのメディアだから、1割も真実はない!

日本では明治以降、純日本人は政治家から芸能・メデア・教育に至るまで
隣国人をTOPにさせている、脳天気な日本人は奴隷化され追い込まれている

日本弱体化.政策の大成功だ、目覚めよ日本人!!
極道・ディープステートがプーチン・トランプ・自衛隊の反撃に追い込まれて

全メデアを使い、イカサマ選挙・イカサマ報道に全力だが・・夜明けは近い
ニコラ.テスラの超技術が解放され、原発・原油・太陽光の詐欺社会から解放へ!

15. 2022年2月27日 13:03:29 : ql0e9KevKY : bUVqWFUwaXNWaGs=[264] 報告
プーチン大統領は、ダボス会議が育てた次期指導者だったとの話があります。(つまり、あちら側)
しかし、2021年のダボス会議で、プーチン大統領は、国際金融資本やグローバリスト達を痛烈に批判しています。
これをどう見るか。
皆さん、どう思いますか?

[2022年2月24日プーチン大統領の演説全文翻訳(ロシア)(さやの部屋さん)]
https://ameblo.jp/sayao/entry-12728788315.html

[【和訳付き】プーチン大統領の新年の挨拶 2022年版]
https://m.youtube.com/watch?v=FjEujyVUxkY

[2021.3.5 プーチン大統領 「ダボス会議」でGAFA+MSを批判]
http://www.peters.jp/ba/future_direction/Russian-President-Vladimir-Putin-criticizes-GAFA-MS-at-Davos-Conference_1513.html

[2021.1.27 ダボス会議で演説 世界的な激しい紛争が文明崩壊を引き起こすおそれ=プーチン大統領]
https://jp.sputniknews.com/20210127/8110026.html

16. 2022年2月27日 13:50:25 : pNlPCkSbrE : UHFWeXlvcDg5aEk=[1173] 報告
>>15

まあプーチンもあちら側ってのはその通り。
あちら側の内輪もめってのは正しいと思うよ。

ただねえ、弱者が勝つには強者の仲違いに介入するしかないからねえ。

17. 2022年2月27日 17:48:40 : 5bA8TPTSho : bkpYTjc1N3FadVU=[20] 報告
2024年の大統領選挙での再選

そんなちっぽけなためにやってないよ。

18. ご免なすって![83] grKWxoLIgreCwYLEgUk 2022年2月28日 04:04:32 : VIs8QJOzXM : Q1lZUVZRcHNYQWs=[4] 報告

習金平が和平協議へ流れを変えた


第二の都市ハリコフでウクライナ兵士471人が投降したニュースがあった。数日後とみられるキエフ入城までに、右翼バンデル派とネオナチはすっかり片付いているかもしれない。今ごろゼレンスキー大統領はキエフを逃れ国境を越えてベラルーシにいる。アメリカの手先に拉致される危機一髪の脱出だった。隣国の安全地帯にいることを隠して、NATOとアメリカを思い切り皮肉ってコケにした。最初からプーチンの振り付けで演技してきて、やっとプーチンの勝利を確信した。ロシア代表団との和平協議が行なわれ、NATO非加盟、中立国家の樹立を決めることになるが、協議を後押ししたのはこのタイミングで行なわれたプー習電話会談での習金平だった。青二才のマクロンではなかった。初めて習が動いて流れを作り、EU指導者もマスコミもアメリカ大統領も反対しなかった。協議の結果は目に見えている、みすみすウクライナが敵国に落ちるのを受けいれる意思表示だ。そのこと以上に、中露優位の「世界新秩序」の幕が開かれた瞬間といえる。アメリカ一国支配、EU封建主義を2大超大国が力ずくで終わらせる。

NATOは燃えて塵となれ

NATOは死んだ。これまで東方拡張を続けてきた威勢は何処へ行ったのか。核をちらつかせるプーチンの気迫の前に、無力が露呈した。NATO入りを懇願するウクライナを見捨てる軍事同盟が聞いてあきれる。もしもプーチンが残忍なヒトラーだったらウクライナ5千万人を見殺しにするところだった。冷戦終了後のNATOは要らなかったのだ。トランプはそれを言い続けていて、プーチンと溶け合った。7年越しの東部2州の独立承認を今年のこの時期に議会で批准させ、素早くウクライナ奪還に駆り立てた理由がナゾだった。少なくとも理由の一つは、トランプへのシグナルではなかったか。そのトランプは2024目指して不死鳥のように息を吹き返して、その命運を11月の中間選挙にかけている。トラ習プーの「秘めた約束」があってもおかしくない。ウクライナ侵攻直前に突然ボルソナーロ大統領と談笑する姿が流れたが、あれこそトランプに向けた合図のように取れる。トラの伝書鳩だったかもしれないボルソとのツーショットを一体他の誰に見せる必要があっただろう。

プーチン、習金平が待っている
トランプが帰ってくる日


プーチンは現代で随一偉大な国家指導者であり、習金平中国が最も賢い国であることは疑う余地がない。肩を並べる指導者はマハティールぐらいで、青二才マクロン、ジョンソン。トルドー、安倍、岸田らがG7を仕切っているのは悲劇、喜劇と言うほかない。69歳、70歳の二人の巨人が同じ時期に居ることの運命、そして76歳の巨人トランプが居ることの奇跡に感謝しなければいけないかも知れない。プーチンと習金平は2036,2030年まで政権を維持すると見られ、それぞれの最終目標をめざす。トランプは習金平をマーアラーゴの庭を歩きながら「民主化を果たせ」と進言したと伝えられる。習の長期政権の最終目標は民主化であると、トラは勝手に信じている。しかしプーチンと習金平がディープステートによる破壊的なNWOを阻止して、沼そうじするにはどうしてもトランプの力が必要だ。今回のウクライナ対応の失敗でバイデンは致命的な傷を負ったといえる。トランプは思わず「プーは天才だ」と口が滑るほど嬉しかったに違いない。バイデン政権がまだ二年続くことは国民が耐えられないだろう。その間に国力が衰退するリスクはもっと深刻である。保守派のシンクタンクの中にもトランプ復活を求める声が増えた。


.

19. 2022年2月28日 20:38:43 : ql0e9KevKY : bUVqWFUwaXNWaGs=[268] 報告
こんな記事を読みました。

[謀略で大統領になった男・プーチンとユダヤコネクション 「ロシアという国」の本当の姿をジェームズ斉藤が解説!前後編]
https://tocana.jp/2021/10/post_222938_entry.html
https://tocana.jp/2021/10/post_222960_entry.html

(一部抜粋)
プーチンという男はロシア史上だけでなく、世界的に見ても異例中の異例の男なんです。なにしろ、まったく無名だった元KGBの中佐が1998年にFSB長官、1999年に首相、2000年に大統領と1年毎に大出世です。普通はありえません。
ただのKGBの中佐が、ですよ。

この大出世の裏には彼がユダヤ人だったことがとても大きいのです。(中略)1つ言っておくと母親の名前がロシア人ではありえないシャロモビッチだったといった点です。

つまり、プーチンはユダヤ勢力から推薦されて大統領になっているんです。
具体的に動いたのはロシアとイスラエルの二重国籍を持つロマン・アブラモヴィッチという男です。
彼は英国サッカークラブのチェルシーFCのオーナーとしても有名で、プーチンを当時の大統領だったエリツィンに紹介し、プーチンを大統領にするように進言しています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

プーチンがユダヤ系であちら側と裏で繋がっていたとすると、ワクチンの不都合な真実が表沙汰になり始めた、このタイミングでのウクライナ侵攻は、一種の目眩しのなのかも知れませんし(実際にコロナやワクチン関連情報が出なくなっています。)
次のパンデミックを用意するまでの準備期間なのかも知れません。

20. 2022年2月28日 20:48:30 : ql0e9KevKY : bUVqWFUwaXNWaGs=[269] 報告
プーチンの正体についての、以前の中川さんの投下を貼っておきます。

[プーチンの正体 _ プーチンはユダヤ人でユダヤ人の利害しか考えていなかった]
http://www.asyura2.com/20/reki5/msg/1184.html

(一部転載)
まず、彼の母親の名字はシャロモビッチというのですが、最後にビッチがつくのはウクライナ系に多く、シャロモはシャロームで、ヘブライ語で平和を意味します。ロシア人ではこういう名前はありません。

しかも、プーチンは自伝を書いているのですが、初版では母の名をシャロモビッチと書いています。
しかし、第2版からはロシア風のシャロモーバに変えているんです。母親の名前が変わるなんて普通では考えられません。
そして彼の父親ですが、タルムードの研究家なんです。

そしてプーチンの出身地、サンクトペテルブルク、当時はレニングラードと呼ばれていたんですが、彼が生まれたアパート街はユダヤ人居住区だったんです。

あとは過去の発言を聞いてみるとソ連を礼賛しているようでいてユダヤを持ち上げることばかり言っています。
一番はっきり言ったのは2010年で「私はユダヤ人のためならなんでもやる」と。ですから、プーチン・ユダヤ人説はほぼ確定しています。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際31掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際31掲示板  
次へ