★阿修羅♪ > 国際31 > 618.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
フランス大統領選でルペンが勝つかも(田中宇)ルペンが当選しスキャンダルを乗り越えれば、それまでの支配構造が暴露されていく
http://www.asyura2.com/21/kokusai31/msg/618.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2022 年 4 月 22 日 22:05:19: KqrEdYmDwf7cM gsSC8YKzgqKBaYKigWo
 

4月24日にフランスで大統領選の決選投票が行われる。現職のマクロンと、右翼
(保守派)のルペンとの二択だ。5年に一度の仏大統領は、前回の2017年もマク
ロンとルペンが決選投票に臨み、66%対34%でマクロンが圧勝した。だが今回は接
戦だ。4月14-15日時点の世論調査ではマクロン43%、ルペン41%。マクロンの優勢
が2ポイントしかなく、有権者の16%が未決定だった。

http://www.politico.com/news/2022/04/08/white-house-putin-paris-00024054
The White House is freaked out that Putin's next big win could be in Paris

今回の仏大統領選は10人が立候補し、4月10日の1回目の投票で、マクロン26%、
ルペン23%、左翼のメランション17%の3人が10%以上の得票を得て、マクロンとル
ペンの決選投票になった。前回2017年は、1回目の得票の3位以下の候補(中道右
派のフィヨン20%、メランション19%)の支持票の大半が決選投票でマクロンに入
ったので、マクロンが圧勝した。だが今回は、1回目でメランションを支持した
人に対する世論調査の結果として、決選投票でマクロン支持が28%、ルペン支持
が26%となっていて拮抗している。

http://www.zerohedge.com/political/le-pen-closing-gap-french-election-polls-macron-smears-opponent-over-putin-links
With Le Pen Closing Gap In French Election Polls, Macron Smears Opponent As Russian Sympathizer

メランション自身が「決選投票でルペンに入れるな」と支持者に言っているので、
それに従う左翼は反ルペン票を消極的にマクロンに入れる。それ以外の左翼は
メランションの言いつけに従わず、ルペンの貧困対策など経済政策が左翼と似て
いるので決選投票で積極的にルペンに入れる。2017年の前回選挙で初当選したマ
クロンは、中道左派として振る舞っていたので左翼からも支持され当選した。し
かし、大統領としての政策はむしろ中道右派的だった。しかもマクロンの経済政
策の多くがうまくいかなかったので、左翼は裏切られたと思っている。今回の決
選投票は、ルペンに入れる左翼が増える。

http://www.zerohedge.com/political/they-all-do-it
"But They All Do It..."

仏有権者の全体で、マクロン票の中には右翼を嫌う反ルペン票(消極票)が多い。
対照的に、ルペン票の中には政策を支持する積極票が多い。支持者に占める熱心
な人の割合は、マクロン54%、ルペン64%だ。当日の天候や社会情勢などの影響
で全体的な投票率が低いほど積極票が多くなり、ルペンが有利になる。投票率が
高くても接戦になり、マクロンが勝っても辛勝になる。

http://sputniknews.com/20220419/inflation-crime--ukraine-crisis-what-could-bring-macron-down-and-pave-the-way-for-le-pen-1094891756.html
Inflation, Crime & Ukraine Crisis: What Could Bring Macron Down and Pave the Way for Le Pen?

4月20日にはマクロンとルペンのテレビ討論会が行われた。2017年の前回大統領
選では、決選投票前のテレビ討論会でルペンがマクロンより明らかに劣勢になり、
それが決選投票でのルペン惨敗の一因になったとされている。しかし今回の討論
会では、ルペンがロシアの銀行から選挙資金を借りていたこと(いつもの誹謗)
をマクロンが蒸し返したのに対し、ルペンが「それはフランスの銀行が(エリー
ト支配を崩そうとするルペンへの妨害策として)選挙資金を貸さない不当行為を
したから、仕方なく外国銀行から借りただけだ」という趣旨をうまく返答して
マクロンを苛立たせるなど、2017年よりかなり健闘した。選挙戦全体で、ルペン
は「ロシアは大国なのだから協調関係を維持するのが良い」と言う半面、「中露
の結束は脅威だ」と言ったりしてバランスをとっている。

http://www.msn.com/en-us/news/world/marine-le-pen-avoids-debate-debacle-in-race-to-oust-unpopular-macron/ar-AAWqn75
Marine Le Pen Avoids Debate Debacle in Race to Oust Unpopular Macron

http://www.france24.com/en/france/20220420-live-macron-and-le-pen-face-off-in-debate-ahead-of-french-presidential-run-off
Macron and Le Pen clash on Russia, economy in feisty debate ahead of presidential run-off

ルペンは親ロシア・親プーチンの傾向がある。米国が数年前からロシア敵視の戦
略をとって欧州にも強要し、マスコミなどがロシア敵視のプロパガンダで欧州を
席巻するなかで、ルペン=ロシアの傀儡=売国奴という図式がマスコミ権威筋や
左翼のなかで定着してきた。しかし今回の選挙に際してルペンは「ロシアの傀儡」
という印象をかなり払拭している。4月14-15日の世論調査で「ルペンは親露す
ぎるか」という問いに対し、はい43%、いいえ45%だった。また同じ調査で、ロシ
アのウクライナ侵攻が今の最大の懸念要因だと答えた人は7%(マクロン支持者だ
けだと11%)しかおらず、フランスにとっての最大の脅威は何かという問に対し
ても、テロ33%、中国22%の順で、ロシアは第3位の20%だった。マスコミがロシア
の脅威をいくら誇張しても、フランスの市民はそれに乗せられていない。ルペン
をロシアと結びつけて非難する上からの策略も効果が落ちている。

http://www.express.co.uk/news/politics/1596852/French-election-marine-le-pen-emmanuel-macron-poll-latest
French election: Le Pen may be on verge of shock win with horror undecided stat for Macron

https://www.france24.com/en/live-news/20220413-france-s-le-pen-wants-nato-russia-rapprochement
France's Le Pen wants NATO-Russia 'rapprochement'

人々の懸念は、ロシアやウクライナでなく、ひどくなるインフレ(庶民の生活苦)
や、貧富格差の拡大、コロナ対策の愚策な都市閉鎖が続いたことによる経済破綻
であり、それらはマクロンの経済政策の失敗とみなされている(それらは先進諸
国全体の傾向で、どこの国で誰がやってもうまくいかないが)。マクロンの経済
政策への評価は、賛成37%、反対59%だ。今の最大の懸念要因はインフレによる
生活苦だと答えた人が54%いた(ルペン支持者だけだと69%)。「フランスは正し
い方向に進んでいるか」という問いに対し、いる38%、いない62%だった。マクロ
ンは2017年の大統領選で、エリート支配を壊して、正しい方向に進んでいないフ
ランスを方向転換して良くすると宣言して当選した。しかし就任後のマクロンは
エリート支配に絡め取られ、事態を変えられなかった。

フランスの貧困層から見るとマクロンは、庶民の現実がわかっていないエリート
な官僚機構を象徴する存在になっている。フランスにはもっと過激にエリート支
配に対抗する指導者が必要だ。そういう流れで右翼のルペンが有権者に注目され
ている。北アフリカや中東からの移民・経済難民を安直に受け入れすぎてあふれ
ている移民問題でも、移民に寛容な中道派が国民に失望されている。エリートが
主導する中道の右派と左派は、安い労働力が増えるという資本家的な隠れた意図
から、人権擁護を口実に移民を入れてきた。もっと左にいる左翼も、人権擁護の
立場から移民に寛容だった。しかしフランスだけでなく西欧全体が、不用意に移
民を受け入れすぎて大失敗しており、ほとんどの人がそれに怒っている。移民受
け入れに明確に反対している右翼の支持が増えるのは自然な流れだ。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-10697795/Shock-Emmanuel-Macron-new-poll-predicts-Marine-Le-Pen-sneak-surprise-victory.html
Shock for Emmanuel Macron as new poll predicts Marine Le Pen could sneak a surprise victory in French election

ルペンは「極右」とレッテル貼りされている。「極右」は印象として「テロリス
ト」「過激派」に近い響きであり、この呼び方自体が誹謗中傷を含んでいる。実
際のルペンは「保守的なポピュリズム政治家」だ。米国のトランプに近い。トラ
ンプは、二大政党制(エリート主導の2政党しか認めない体制)の右側の共和党
から当選したが、大統領の4年間とその後の展開を通じてトランプは共和党のエ
リート主導体制を破壊し、共和党を自分が主導する保守的なポピュリズム政党に
変質させた。米国のエリート支配を破壊したトランプは、エリート支配の一機能
であるマスコミ権威筋から猛然と攻撃・誹謗中傷され、2020年の大統領選で民主
党側から不正をやられて落選させられた。だが、その後もトランプは保守的な人
々から強く支持され、「トランプ党」と化した共和党と合わせ、今年の中間選挙
(議会選挙)と2024年の大統領選で返り咲きそうな勢いだ。

https://technofog.substack.com/p/the-unstated-scandal-the-cia-collected
The Unstated Scandal: The CIA Collected Info On President Trump

https://tanakanews.com/210513GOP.htm
米国政治ダイナミズムの蘇生

ルペンも大統領に当選した場合、トランプと似たような展開をEU全体に引き起こ
す。米国でも欧州でも、エリート主導の中道右派・左派の政治勢力は、移民問題、
貧富格差、インフレ、コロナ対策、ウクライナ戦争(ロシア敵視)などの諸問題
で(諜報界の隠れ多極主義=米覇権自滅派から仕組まれて)連続して失敗せられ
ている。トランプやルペンなどの保守派のポピュリスト指導者が出てきてエリー
ト支配体制を潰しにかかるのはまっとうな流れだ。

https://tanakanews.com/211226corona.htm
コロナ帝国の頓珍漢な支配が強まり自滅する欧米

https://tanakanews.com/220326russia.htm
ロシアが負けそうだと勘違いして自滅する米欧

エリート側は猛反撃する。エリート支配体制の一部である官僚機構(検察や捜査
機関)は、トランプやルペンらポピュリスト政治家にロシアゲートに象徴される
犯罪の濡れ衣をかける。ルペンも、すでにEUから横領の容疑をかけられている。
マスコミ権威筋は、トランプやルペンを危険人物として描き、大統領として不適
格だと客観報道を装った誹謗中傷を流し続けて潰そうとする。世論調査も不正に
操作される。エリート側はルペン勝利を全力で阻止しようとするだろうから、今
回の仏大統領選でも、もしかすると選挙不正でマクロンの勝ちになるかもしれな
い。そこまでやれない場合、スキャンダルが用意されたりする。

http://www.strategic-culture.org/news/2022/04/11/be-prepared-for-smear-campaign-against-le-pen-whose-ideas-threaten-the-eu-as-we-know-it/
Be Prepared for a Smear Campaign Against Le Pen Whose Ideas Threaten the EU as We Know It

インフレや貧富格差の是正は、誰がやってもうまくいかない。ポピュリストがや
っても失敗する。「ポピュリズムは人気取りでしかない」というエリート側や左
翼の指摘は、その点であたっている。しかし、重要な点はそこでない。大事なこ
とは、エリートの代理人が失敗して落選し、ポピュリストが当選して、その後に
仕掛けられたスキャンダルなどの妨害工作を乗り越えて何年も政権を握ることで、
それまでのエリート支配の構造がはっきり暴露されていくことだ。エリート支配
の構造がうまく露呈すれば、もうエリート支配の構造に戻れなくなり、巨悪の
不正がやれなくなる。トランプは1期4年しかやれなかったが、米国の諜報界や
軍産マスコミ権威筋の不正な構造がけっこう露呈した(それをマスコミが報じな
いので皆が知るところになっていないが、私はけっこう分析した)。ルペンが仏
大統領になると、これまで見えていかなったEU中枢の構造的なインチキさが見え
るようになるかもしれない。

https://tanakanews.com/180724trump.htm
軍産の世界支配を壊すトランプ

https://tanakanews.com/180807intelli.php
軍産複合体を歴史から解析する

https://tanakanews.com/191227scandals.htm
米英諜報界内部の暗闘としてのトランプのスキャンダル

EUの捜査当局は4月19日、ルペンが欧州議会の議員だった2004年ごろに資金を横
領した疑いで捜査していると発表した。EUは、決選投票の5日前に18年前の疑惑
を急に蒸し返してきた。これは明らかに、EUがルペン当選の可能性を高いと考え、
エリート支配機構であるEUの脅威になりそうなので妨害策を打つことにしたもの
だ。ルペン当選の可能性が高いのだ。しかし捜査開始の宣言は、フランスでルペ
ンの得票を減らす効果をもたらすものなのか??。私から見るとかなり疑問だ。
フランスで、ルペンが嫌いな人は「やっぱりルペンは悪いやつだ」と思うだろう。
しかし彼らはもともとルペンに入れないので関係ない。ルペンが好きな人の多く
は、もともとEUが嫌いだ。今回の捜査開始を知って、EUが脅威に感じてルペン
当選を妨害しようとしている、EUは許せない、絶対にルペンを当選させる、絶
対投票に行くぞ、とルペン好きは思う。EUの妨害策は見かけと裏腹に、ルペンの
得票を増やしている。

https://summit.news/2022/04/18/eu-exhumes-18-year-old-embezzlement-charges-to-derail-le-pen-presidential-bid/
EU Exhumes 18 Year Old Embezzlement Charges To Derail Le Pen Presidential Bid

・・・とか言いつつも私は、決選投票でルペンが勝つ可能性が高いと言い切れな
い。接戦になるのは確かだ。ルペンが勝ちそうも感じもするが、選挙は水ものな
ので、どちらが勝つかはわからない。今回の題名は「ルペンが勝ちそう」でなく
「勝つかも」にしておいた。山勘としては「勝ちそう」だ。欧州全域で、ルペン
やオルバンに象徴される保守派のポピュリストが優勢になる傾向が続いているの
も確かだ。今回でなくても、ルペンやその系統の勢力が、フランスなど全欧各地
で勝っていくようになる。

http://kirkegaard.substack.com/p/forecasts-for-the-2022-french-election
Forecasts for the 2022 French election

欧州では4月4日にハンガリーで議会総選挙が行われ、右翼で現職のオルバン首相
の与党フィデス(市民同盟)が一院制議会の6割を占めて圧勝し、4期目に入っ
た。オルバンの勝利は、保守ポピュリズムが欧州で台頭している流れを示した。
オルバンのハンガリーはロシア敵視を拒否しており、重要事項で全会一致が原則
のEUは、対露制裁などのロシア敵視策でハンガリーに拒否権を発動され、決定不
能に陥っている。ハンガリーは東欧の小国だが、フランスはドイツと並ぶ大国だ。
世界の5大国(国連安保理常任理事国、P5)の一つでもある。フランスでルペン
が勝つことは、トランプの台頭と並ぶ、国際政治の大転換となる。EUは対露制裁
をやれなくなる。対露制裁の天然ガス輸入禁止が実施されると経済が崩壊する
ドイツなどは、ルペンの当選をひそかに期待しているかもしれない。

http://www.revolver.news/2022/04/debunking-the-lying-press-why-hungary-is-more-of-a-democracy-than-the-us/
Debunking the Lying Press: Why Hungary Is More of a “Democracy” Than the US

http://www.zerohedge.com/political/latest-humiliation-pollsters-hungarys-pro-putin-pm-orban-wins-avalanche-re-election
Pollsters Humiliated As 2 Pro-Putin Parties Win Avalanche Victories In European Elections

ルペンが勝ったらどうなるかは、勝ってから分析することにする。ルペンはNATO
の軍事部門から離脱するが、EUからは抜けず、むしろEUを混乱させる。フランス
は1966年から2009年までNATOの軍事部門に入っていなかった。ルペンはフラン
スをその状態に戻す。ルペンは「石油ガス輸入停止などの対露制裁は、ロシアを
打撃せず、欧州の経済を自滅させるだけのハラキリ戦略なので反対だ」と言って
おり、もし当選したらEUの対露制裁策を潰しにかかる。マクロン勝利なら、これ
までと同じ冴えないエリート支配の延長になる。

https://www.politico.eu/article/le-pen-vows-to-keep-russia-close-to-prevent-an-alliance-with-china/
Le Pen vows to keep Russia close to prevent an alliance with China

http://tass.com/economy/1440759
Blocking Russian oil, gas imports would mean hara-kiri for Europe, says Le Pen

https://www.argusmedia.com/en/news/2323996-french-election-could-make-or-break-eu-russia-oil-ban
French election could make or break EU Russia oil ban


この記事はウェブサイトにも載せました。
https://tanakanews.com/220422LePen.htm  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年4月23日 07:22:49 : rizddiLny2 : UWxmd3laQXh3ZFk=[186] 報告

🔴ナイス投稿・拍手!👏👏👏👏・・・

>トランプは、二大政党制(エリート主導の2政党しか認めない体制)の右側の共和党から当選したが、大統領の4年間とその後の展開を通じてトランプは共和党のエリート主導体制を破壊し、共和党を自分が主導する保守的なポピュリズム政党に変質させた。米国のエリート支配を破壊したトランプは、エリート支配の一機能であるマスコミ権威筋から猛然と攻撃・誹謗中傷され、2020年の大統領選で民主党側から不正をやられて落選させられた。だが、その後もトランプは保守的な人々から強く支持され、「トランプ党」と化した共和党と合わせ、今年の中間選挙(議会選挙)と2024年の大統領選で返り咲きそうな勢いだ。
________________

トランプで驚いたのは、2016大統領選で「自分が当選しなければ選挙は不正だ」と公言したこと。
そして軍の実働部隊によって不正が阻止され、当選した。

>トランプ氏、大統領選の【不正選挙】に激しく言及!米大統領候補者の発言…その影響は全世界に及ぶ!経済権力、黒マスコミに牙を剥く!安倍日本こそ最も深刻な影響を受ける!トランプの勝利は米の革命の成功である!http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/903ab4c91933ea5cafa416793e2adb38

>NYの陰謀論者(=真実追及者)が語る「魂の夜明けの時代」ってホント!?
https://ameblo.jp/makimed/entry-12257966124.html
・不正選挙プログラムを操作する中央コンピュ—タ室がコロラドにある事を知った米軍の特殊部隊が 選挙当日に乱入し銃撃戦 (操作中の職員たちを射殺) があったとの事です:
・事実、開票日前夜に、クリントン一家が「ヒラリークリントン大統領誕生」を祝うパーティを開いて大喜び(ぬか喜び?)していた模様が暴露されています:
https://www.youtube.com/watch?v=pGIQLYhMerk
________________________

トランプ大統領は、選挙不正の調査に着手しようとしたが、多くの州知事の反対によって頓挫した。
しかし彼の行動により、米国で繰り返されてきた選挙不正が多くの米国民の覚醒につながった。
一方、日本のメディアは「選挙不正は陰謀論」と決めつけた報道を繰り返し、日本の選挙不正は続いている。

>トランプ大統領 大統領選不正投票調査の大統領令に署名 5月12日 6時15分
https://jp.reuters.com/article/usa-trump-voting-idJPKBN187356
>米大統領、選挙投票不正を調査する超党派委員会を創設 2017年05月12日(金)08時58分
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/05/192299.php
>米大統領選 トランプ票調査44州拒否「不正」証明できず  毎日新聞2017年7月13日
https://mainichi.jp/articles/20170714/k00/00m/030/097000c
______________________________________________

2. 2022年4月23日 07:23:27 : rizddiLny2 : UWxmd3laQXh3ZFk=[187] 報告
>>

トランプがやったことは、狂気の、悪魔の支配構造への挑戦・改革・是正だったが
共犯者であるメディアはほとんど報道しないままである。

🔴メディアが報じないトランプ大統領の真実 2021-01-11 23:18:17
https://ameblo.jp/djdjgira/entry-12637111257.html
どもどもギラです。
実際にトランプがやってきた事として挙げられるのは 弱者救済です。
特に、子供を救っています。

●子供を性的虐待していた国連職員を3000人以上 逮捕しています。
●大統領就任翌日に、CIA本部に乗り込み児童人身売買問題に着手し、人身売買業者の逮捕、
 子供たちを買う側の小児性愛者の逮捕をしている。
●世界中の誘拐された子供たち、約35000人を救出し治療を施し今もまだ救出を続けている。

それだけではないトランプ大統領の真実は 以下のとおり

●トランプ大統領が誕生して4年間戦争を一度も起こしていない。(アメリカ近代史上初)
●WHOの運営を調査し、アフリカやインドでワクチンによって何万人もの人達を不妊・不具にしたり
 死亡させている事を確認し出資をやめた。
●アメリカの失業率を過去50年で最低にした。
●賃金を上昇させた。約6割のアメリカ人が「暮らしが良くなった」と回答
●アジア系、アフリカ系、ヒスパニック系、女性など全ての雇用を過去最高にした。
●FRB連邦準備理事会を国営家した。 
 → 金融詐欺の出来ない金本位制へ移行する予定。

●武器商人、テロリストへ流れていた資金をストップさせた
●世界中で不正を働いていた銀行や大企業のトップの入れ替えを実施した。
●メキシコとの国境に壁を造り、以前はフリーパスだった
 人身売買や、麻薬や銃の売買を取り締まるようにした。
●イスラエルとUAE、バーレーン、スーダンの国交樹立。
 セルビアとコソボの和平合意を後押しした。
●ワクチンを義務ではなく 任意にした。

●マスコミが報道しないトランプ大統領の真実
https://youtu.be/yXRNFF7uz0c

●トランプ大統領の歴史的演説「I am your voice」
https://youtu.be/84QaCA-htT4?t=32

・・・以下略
______________________________________________

3. 2022年4月23日 07:50:38 : xaW9835ZkA : UmRtVEoxZjY2M2s=[135] 報告
●武器商人、テロリストへ流れていた資金をストップさせた

頭おかしいのかw
トランプは選挙期間中から「歴史的軍拡」を公約し、周囲には軍産御三家である
レイセオン、ボーイング、ロッキードの副社長出身者が側近として並び、
武器輸出しまくりだったろうが。
むしろ武器承認と癒着して連中の利権をせっせと拡充していたのがトランプだ。

4. 2022年4月23日 08:16:17 : B3jX6vN1sg : ZGhnQkVHQzVxZkk=[233] 報告
フランスの大統領選の仕組み次第で不正選挙は可能


期日前投票の可否

オンライン投票の可否

郵便投票の可否

など

選挙管理委員会の透明性

投開票の際の透明性


古今東西の民主主義国家は、ほとんどすべてが ダークでブラック

さて、フランスは??

5. 2022年4月23日 09:29:06 : qap0n5hMPE : Mkd5WHRPblNuOWs=[2] 報告
マスゴミはマクロン有利みたいに云ってるから、もうムサシってるかもね。
6. 2022年4月23日 10:20:49 : 9a4XYJrnDY : Q0QweC45UlAzb1E=[706] 報告
憂愁の国債金融資本の代理人が懲りもせず仏大統領になったら
仏国も国債金融資本共々落ちぶれていくでしょう。
7. 2022年4月23日 13:16:58 : HbQiBUb3Bc : L05pNDdDakFWbFU=[7] 報告
.


EU、ルペン候補を挫折させるため、露骨な選挙妨害


"EUの不正防止機関は、フランスの極右指導者マリーヌ・ルペンとその仲間が欧州議会議員時代に約60万ユーロを横領したとして告発したとAFP通信は報じている。マリーヌ・ルペンの大統領選のチャンスを潰すための意図的な努力の一環として、欧州連合は彼女の18年前の横領容疑を掘り起こしたのだ。"2004年から2017年の間に欧州議会議員だった時に、個人的にストラスブール議会から約13万7000ユーロ(約15万ドル)相当の公金を横領した "と告発されているのだそうです。

ルペンの弁護士ロドルフ・ボスルートは、その "タイミング "が疑わしいとし告発を却下した。この報告書が「10年以上前の古い事実」に関するものであると指摘し、ルペンが「どのフランスの司法当局からも召喚されていない」ことを強調し解答するよう促した。
「このようなタイミングで、このような強い情報開示とその道具立てに驚いている」とボセルット氏は述べた。

最近の世論調査ではルペンがマクロンとの差を縮めており、グローバリストのテクノクラートの間に動揺が広がっている。まだ逆転の可能性はのこっているからだ。このような背景を考えると、EUが古い容疑を引きずり出すのは、明らかに今週末の投票前にルペンに泥を塗ることを意図した選挙妨害行為である。EUは、ルペンが現職のエマニュエル・マクロンと対決するフランス大統領選の最終ラウンドの数日前に、古い主張を復活させることを選択したのだ。ハンガリーのヴィクトール・オルバンが地滑りで再選を果たしたことで、EUは、選挙民が民主的な意思を行使したことに動揺し、その危機感から汚い手を使いい出した。。by Paul Joseph Watson
( Summit News)


.

8. 2022年4月23日 14:08:15 : 9a4XYJrnDY : Q0QweC45UlAzb1E=[707] 報告
グローバリストは米にしろ、日本にしろ、仏にしろ
それらの国力を削ぐことが彼らの計画にあり、
バイデンやアホスカ、マクロンはその代理人。
願わくばプーチンを失脚させて、ロシアの国力も削ぎたいと。
9. 命を大切に思う者[6028] lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g 2022年4月23日 20:59:59 : YPHYrmVINY : LmFpMEVxLzA3ems=[246] 報告
> ルペンが当選しスキャンダルを乗り越えれば、それまでの支配構造が暴露されていく

それはどうかなあ?
敵対してるように見えても、意外と、ただのプロレスで、グルだったりするから...
世界の構造は、ひと握りの人達が残り大多数を奴隷にしてる(消費税を取る等して)構造で、

ひと握りの人達 vs 残り大多数 、という構造なのです。 
10. 2022年4月24日 05:23:07 : u9I9aXfJEg : aUFCLzM3aFB3anc=[1] 報告
>>4

フランスの選挙では、

期日前投票なし
郵便投票なし
本人確認必須

のため、郵送途中に入れ替える以外、不正はやりにくい。

マックロナ人になったら、枠湧くパスが復活し、ひどーい世界になる。

でも、フランスのインテリはそれが読めないみたい、馬鹿だね。

11. 2022年4月24日 15:27:50 : RWHsOBfjH2 : VDd2RVdZLklscnc=[1] 報告
1位 27%
2位 22%
3位 21% ← こいつが決選投票に出られない欠陥選挙
4位以下は一桁%
12. 2022年4月24日 22:39:29 : HbQiBUb3Bc : L05pNDdDakFWbFU=[27] 報告

速報10時PM


投票率上がらず、前2回を下回る予想

ゴールドマンによると、マクロンの勝利オッズが先週の80%から90%に引き上げられたことはマクロンの勝利を示している。また一回目でジャン=リュック・メレンチョンに投票した人々の最終的な選択に不確実性が残っているため、ルペンの勝利の余地は限られている。それでもいくつかの初期の驚きは、変化が来るかもしれないことを示している。
それは、ルペン候補がグアドループ、マルティニーク、フランス領ギアナでの投票に勝利したことです。2017年にはマクロンが3つすべてを獲得している。

フランスの正午までに、有権者の26.41%が投票した。これは、2017年と2012年の2回の選挙の28.23%と30.66%も低くなっています。しかし、25.48%が投票した2週間前の最初のラウンドよりもわずかに高くなっている。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際31掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際31掲示板  
次へ