★阿修羅♪ > 国際31 > 878.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
多極化を認めつつも自滅する英米エスタブ(田中宇)米英は中国・非米側に敗北することがほぼ確定
http://www.asyura2.com/21/kokusai31/msg/878.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2022 年 7 月 21 日 21:10:26: KqrEdYmDwf7cM gsSC8YKzgqKBaYKigWo
 

英国元首相でリベラル派のトニー・ブレアが7月17日、英米関係などを議論する
英国のシンクタンク「ディッチリー財団」の年次会合で講演し、いくつか重要な
ことを述べた。私なりに解釈すると、ブレアは講演で以下の5点の要旨を語った。
(1)中央銀行群のQEによる経済歪曲、新型コロナへの対策(超愚策)、ウクラ
イナ戦争による資源危機によって、西側(欧米日=米国側)経済が破綻し、市民
の生活水準が大きく下がった。(2)QEのバブル膨張が資産家だけを肥え太らせ、
貧富格差が拡大した結果、欧米でポピュリズムが勃興し、SNSに扇動されて、
醜悪で非生産的な政治対立が激化して、米国は内政混乱で覇権運営どころでなく
なった。

https://institute.global/tony-blair/tony-blairs-speech-after-ukraine-what-lessons-now-western-leadership
Tony Blair's Speech: After Ukraine, What Lessons Now for Western Leadership?

(3)米欧が衰退した半面、中国が経済台頭して米国と対等になり、近代史上初
めて西洋と東洋が肩を並べる。中国は台頭しただけでなく、国家体制や市民生活
のあり方について米国側と異なるシステムを構築して対抗してきている。今後の
世界は2極化、もしくは(露イランインドなど他の非米大国も台頭して)多極化
する。これは第2次大戦、冷戦終結と並ぶ歴史的大転換だが、前の2つが米国側
(米英。民主自由体制)の勝利になったのと対照的に、今回の大転換は米国側の
敗北、もしくは勝てるかどうか不明な状況になっており、かなりヤバい。

https://www.sbs.com.au/news/article/tony-blair-believes-the-wests-dominance-is-coming-to-an-end-heres-why/wbb5f3viz
Tony Blair believes the West's dominance is coming to an end. Here's why

(4)米国側の諸国は団結し、非米側に流されていく国の増加を阻止する必要が
あるが、中国を敵視したり、米国側と中国側の経済を分離する策をとるべきでな
い。米国側は、中国の(非リベラルな)姿勢を改めさせる努力を続け、中国の動
きを見据えつつ協調関係を続けねばならない。米国側は、中国が対抗姿勢を改め
ないままさらに台頭して世界の2極化・多極化が固定化した場合に、自分たちの
民主自由体制をどう守るかを考えねばならない。

https://www.rt.com/news/559117-tony-blair-ukraine-china/
Era of Western dominance ending Tony Blair

(5)米国側は、軍事費をもっと増やして(中露に対する)軍事的な優位を維持
せねばならない。コロナやそれ以外の感染症に対する(インチキな)ワクチン開
発と世界への普及を進めねばならない。米国は、共和党がコロナワクチン接種拒
否を扇動する状況を改めねばならない。われわれは、人類に対する(インチキな)
温暖化人為説の刷り込みを続けねばならない。

私が知る限り、英米の著名なエスタブ権威筋の指導者が、ここまで明確に米国側
の覇権自滅と多極化、米国側が中国に負ける可能性が大きい点について述べたの
は初めてだ。これまで米覇権の崩壊や多極化は、未来の懸念事項として表明され
てきた。今回のブレアは、すでに米覇権は崩壊していて米中2極化や多極化が不
可避だという論旨だ。英米エスタブの世界では、自分たちの文明が中国・非米側
に負けると明言すると袋叩きにされる。だからブレアは「負けるか、もしくは勝
てるか不明な状態」などと言っているが、彼の本音は多分「米国側は中国・非米
側に負ける」ということだろう。

https://tanakanews.com/190713uk.php
米国が英国を無力化する必要性

ブレアの講演でもう一つすごい点は、バブル膨張策であるQEが金融資産保有者
(金持ち)だけを肥え太らせ、インフレが貧困層を打撃して貧富格差が拡大した
結果、ポピュリズム勃興などの政治混乱が拡大し、そこにコロナとウクライナに
よる経済収縮が加わって米国側の経済衰退と覇権低下が起きた、と言っているこ
とだ。QEの愚策性を指摘するエスタブ人士がいなかった中で、これは珍しい(彼
は直接QEという言葉を使わず、異例の通貨政策 unconventional monetary
policy などと婉曲表現している。また彼は、リーマン危機への有効な対策は
QEしかなかったとも言っている)。

https://institute.global/tony-blair/tony-blairs-speech-after-ukraine-what-lessons-now-western-leadership
Tony Blair's Speech: After Ukraine, What Lessons Now for Western Leadership?

ブレアは1997-2007年に英国首相だった。それは2008年に起きたリーマン危機の
直前までであり、債券金融システムの膨張によって英米金融覇権が繁栄していた
最後の時代だった。ブレアが維持していた英米金融覇権は、その後リーマン危機
で崩壊し、QEで不健全なかたちで延命させられた。ブレアはQEが始まった当初か
ら、その不健全性を把握していたはずだ。ブレア政権の前半は、クリントンの米
国と一緒に金融覇権を運営していた米英の最盛期であり、後半はブッシュの米国
が911やイラク戦争でネオコン自滅的な過激な軍事戦略・単独覇権主義を振り回
し、必死にそれについていく英国が米国と一緒に自滅し始める時代だった。リー
マン危機後、金融システムも破綻への道をたどり出し、2017-2020年のトランプ
政権で米国は覇権放棄や米中分離をやり始め、今のバイデンはウクライナで欧米
の優位をさらに自滅させている。

https://tanakanews.com/f0927ukus.htm
米英を内側から崩壊させたい人々

https://tanakanews.com/d0729uk.htm
アメリカの属国になったイギリス

ブレアは、新型コロナ対策とウクライナ戦争(対露制裁)が欧米の衰退を加速し
てとどめを刺したことを認めている。私の記事や他のオルトメディアでは、コロ
ナ対策やウクライナ対露制裁が欧米を自滅させる超愚策であることが明言されて
きたが、エスタブやマスコミはそうした見方を妄想扱いして無視してきた。ブレ
アは、コロナ対策やウクライナ対露制裁が「愚策」であると言っていないが、そ
れらが欧米経済を決定的に破壊したことを認めている。QEも含め、米欧を崩壊さ
せる策となったが、他に良い方策はなく、やむを得なかった、という評価なのか?。
その点について彼は何も言ってない。

https://www.zerohedge.com/geopolitical/proxy-war-has-no-exit-strategy
This Proxy War Has No Exit Strategy

https://tanakanews.com/210811corona.htm
アングロサクソンを自滅させるコロナ危機

ブレアは、コロナ対策やウクライナ対露制裁が欧米経済を大きく破壊したと認め
ているのに、今後もコロナ対策や対露制裁をもっとやるべきだと言っている。ブ
レアは演説の中で、ロシアがいかに悪いかという歪曲話を延々と展開している。
いろんなワクチンを開発して世界中で接種させるべきだとか、軽信しなくなった
人々を激怒させることを言っている。温暖化人為説も、根拠薄弱なプロパガンダ
であり、無意味な化石燃料敵視が欧米経済を自滅させ、世界の石油ガス利権の
65%が非米側の国営企業群の手に渡っていて今後ますます非米側の経済台頭と米国
側の困窮を進ませてしまう。だがこれについてもブレアは、英米が温暖化対策の
議論を主導し続けねばならないと言っている。ブレアは、米国側が壊滅しつつあ
ると言いながら、今後の対策としてさらなる壊滅を引き起こす策を提案している。
大馬鹿である。

https://www.zerohedge.com/commodities/who-really-controls-worlds-oil-reserves
Who Really Controls The World's Oil Reserves?

https://tanakanews.com/220630russia.php
制裁されるほど強くなるロシア非米側の金資源本位制

この事態は、ブレアだけでなく英米エスタブが全体として、ネオコン系の左右の
勢力が仕掛けた集団思考的な「超愚策の罠」にはまって出られなくなっているこ
とを示している。ブレアの講演は、英米の覇権崩壊と中国の台頭、2極化・多極
化を示した点で画期的だが、同時に、英米エスタブが今後さらに自分たちの経済
力や覇権を自滅させ、中国など非米諸国の相対的な台頭と多極化を誘発してしま
うに違いないことも示している。

https://tanakanews.com/f0906multipolar.htm
欧米中心の世界は終わる?

英国自身、先日辞任表明したボリス・ジョンソン首相の後任首相を決める保守党
の党首選挙が進んでいるが、今残っている2人の候補のうち、リズ・トラス外相
が勝つと、トラスはネオコン系(隠れ多極主義)で、露中を徹底敵視して英国と
米国側をさらに自滅させる策をとる。リシ・スナク前財務相が勝つと、英国は
EUに再加盟する試みをやるかもしれず、ジョンソン首相はスナクの当選を全力で
阻むことを宣言している。英政界ではEU離脱や露中敵視など自滅的な策を進める
勢力が強く、英国が黒幕をしている米国側が、中国など非米側の覇権拡大を阻止
して米英覇権を維持することはほぼ不可能になっている。

https://www.rt.com/news/559059-media-johnson-against-rishi-sunak-candidacy/
Boris Johnson takes revenge on Rishi Sunak

https://www.rt.com/news/559259-booris-johnson-deep-state/
Boris Johnson claims ‘deep state’ plot against Brexit

https://tanakanews.com/190421brexit.php
英国をEU離脱で弱めて世界を多極化する

日本からみると気になることがもう一つある。ブレアは今回の演説で「近代史上
初めて東洋(East)が西洋(West)と肩を並べうる状態になった」と言っている。
ブレアは同時に、日本を西側民主諸国の一つに列挙しており、日本は西洋(米国
側)の一部という認識らしい。しかし、ふつうに考えて日本は「東洋」である。
戦前の日本は、東洋の新興国・地域覇権国として、西洋をしのぐ存在になろうと
していた。日本は冷戦時代に「西側(親米側)」だったが、それと「東洋・西洋」
の区分は違う。日本は、漢字文化圏だし儒教っぽいし、神道や仏教や稲作に包ま
れており、理性より情緒で、一神教がはびこる西洋と異なるやおよろずの東洋の
国である。日本は民主主義国を自称するが、実のところ誰が議員になっても官僚
が実質的に支配する官僚独裁の国だ。ほとんど企業や学校は、表向きだけ民主主
義で、実は権威主義だ。戦後の日本は対米従属策として、なんちゃってな西側民
主主義をやってきただけだ。自民党と中国共産党は、意外と似ている。

https://tanakanews.com/181029japan.htm
米国の中国敵視に追随せず対中和解した安倍の日本

となりの中国は覇権を拡大しており、ブレアも暗示しているように米英は中国・
非米側に敗北することがほぼ確定している。米国が衰退すると、対米従属は無意
味になる。すでになっている。これから米国で共和党が復権したら、同盟諸国に
対する軽視が激化する。米国が衰退して中国が台頭するなら、日本も、対米従属
とか西側民主主義をこっそり捨てて、中国と同じ「東洋」の側に入るのも「あり」
になる。日本人の多くは、マスコミ権威筋による対米従属プロパガンダの一つで
ある「嫌中」に染まっており、「中国と一緒に東洋に入ったらどうでしょう」な
どと言うと、とたんに「アカ」呼ばわりされる(今や日本共産党・アカも嫌中だ
けど)。しかし。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/gaikou/vol1/pdfs/gaikou_vol1_08.pdf
米エスタブが言うなら良いのか。フランシス・フクヤマ「多極化世界と日本」

しかし、予測として書いておきますが、日本にはいずれ「中国と一緒に東洋に入
るのが良い」と言い出す人々が、アカ・左翼でなく、右派・ナショナリストの方
から必ず出てくる。早く出てこい。日本は、中国と一緒に東洋に入るのが良い。
その方が発展する。これは日本のために言っている。アカでも黄色でも塗ってく
ださい。


この記事はウェブサイトにも載せました。
https://tanakanews.com/220721blair.htm  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年7月22日 01:47:08 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[2591] 報告
欧米は自滅したくてロシアに核ミサイルを撃ち込まれることを望む
勿論、それは欧米を支配するユダヤ人の考えだ

思うに、このままでは欧米でユダヤ人が迫害されることになるので
欧米をボロボロにするしかないという被害妄想が頭の中で渦巻いているのだろう

引用
アメリカはロシアを打ち負かそうともしていません。
その指導者たちは、ロシアにアメリカと西ヨーロッパを核攻撃させようとしているだけです。
それを達成することは、戦争でロシアを倒すよりもずっと簡単で、
グローバリストのアジェンダにとって唯一最大のトゲとして立ちはだかるアメリカ合衆国を一掃するというグローバリストの目標を達成することになります。

2. 2022年7月22日 08:51:17 : IziMI2ikSE : SjNhaXZrZ3NyWDI=[1] 報告
とりあえず、
911テロテロ詐欺を実行した、
レッキトシタ、
無差別テロ大量殺●主犯の、
ブレアさん!!

殺人罪は、マジ卍国では、
時効は撤廃されたそうなので、
マジ卍国におびき寄せるて、
空港で身柄拘束して、
いろんなこときいて、
吊るしあげたり、吊り下げて、上げてください。
世界の犠牲になッタ、皆様に、
よろこんでもらえると、思います!
よろし●おねがいします!!

3. 2022年7月27日 00:29:09 : YaGK9u4JOI : QXpPaWpoYmw4cmM=[144] 報告
東西どちらにもくっつきすぎず日本が独立自尊の道を歩めるよう総意工夫することが肝要だ。
4. 2022年7月29日 00:30:32 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[14279] 報告
◇資源の非米側が金融の米国側に勝つ
 〖2022年7月28日〗ロシアは、自分たちが進めている下剋上の米国潰しの試みに中国が全面協力してくれると、とてもうれしい。だが中国には、米国側と対立せず経済関係を維持した方が儲かるので良いという考え方がある。ロシアが頼んだだけでは中国はあまり動いてくれない。だがそこに、米英が全力で中国を敵視する新たな政治力学が加わると、それならロシアに協力して米国側を経済的に潰してしまった方が早道だと考える傾向が中国で強まる・・・
https://tanakanews.com/palgin.php

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際31掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際31掲示板  
次へ