★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK279 > 789.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
尖閣周辺でアメリカと中国が激突すればアメリカが敗れる 日本外交と政治の正体(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/21/senkyo279/msg/789.html
投稿者 赤かぶ 日時 2021 年 3 月 26 日 16:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 




尖閣周辺でアメリカと中国が激突すればアメリカが敗れる 日本外交と政治の正体
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/286994
2021/03/26 日刊ゲンダイ ※後段、文字起こし


北京の人民大会堂で周恩来・中国首相(左)と杯を酌み交わす田中角栄首相=1972年9月28日(C)UPI=共同

 米国のブリンケン国務長官が中国の海洋進出などに対し、「無責任な行動は容認できない」と明言した。中国海警局の船舶による領海侵入が日常化している尖閣諸島についても、「日本と共にある」と語った。

 日本の多くの国民は、「やはり米国は頼りになる」とほっとしているだろう。しかし、日本国民が気付いていない点がある。それは仮に尖閣周辺で米中両国が戦えば、米国が負ける状況にあることだ。

 第1期クリントン政権の政策担当国防次官補で、ハーバード大学ケネディ行政大学院の初代院長、グレアム・アリソン氏は昨年3月の「フォーリン・アフェアーズ」誌で、<「台湾海峡の軍事シナリオで中国が軍事的に先んじている可能性もある」とし、米国国防総省がウォーゲーム後、「中国と戦争すればコテンパンにやられる」〉という国防総省高官の言葉を引用。<ニューヨーク・タイムズが伝えたように、台湾海峡有事を想定した18のウォーゲームの全てでアメリカは敗れている>と書いていた。

 台湾海峡周辺(尖閣もこの範囲に入る)で米中が戦った時、米国が中国に敗れるという想定は、米国で最も権威ある軍事研究所「ランド研究所」が2015年にも指摘している。

 その論拠の主たるものは、@中国は日本の米軍基地を攻撃しうる1200発のSRBM(短距離弾道ミサイル)と中距離弾道ミサイル、巡航ミサイルを有しているA米軍基地の滑走路が壊されれば戦闘機は飛び立てない――というものだった。

 日本の防衛省は当時、この報告書を読んで驚愕したというが、それはそうだろう。「日本は米国に守られている」という基本認識が根底から崩されてしまうからだ。そのため、国内不安を招きかねないとして防衛省は沈黙を貫いた。

 第2次世界大戦時、飛行機が発達し、軍艦は標的にされるだけの存在となった。しかし、日本軍は戦艦大和を出航させ、結局、鹿児島県の坊ノ岬沖で蜂の巣のように爆撃されて撃沈された。

 ミサイルが発達した今日、ロシアや中国の攻撃を防ぐ手段はない。我々は真剣に外交的手段でいかに国を守るかを考える時にきている。それは言い換えれば、米国追随で国は守れないということだ。そして、田中角栄・周恩来会談での尖閣問題棚上げ合意(日本の管轄権を認める)が日本にとって最も現実的で有利なものであることを再認識するべきだ。



孫崎享 外交評論家
1943年、旧満州生まれ。東大法学部在学中に外務公務員上級職甲種試験(外交官採用試験)に合格。66年外務省入省。英国や米国、ソ連、イラク勤務などを経て、国際情報局長、駐イラン大使、防衛大教授を歴任。93年、「日本外交 現場からの証言――握手と微笑とイエスでいいか」で山本七平賞を受賞。「日米同盟の正体」「戦後史の正体」「小説外務省―尖閣問題の正体」など著書多数。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[124205] kNSCqYLU 2021年3月26日 16:00:31 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[22982] 報告

2. 赤かぶ[124206] kNSCqYLU 2021年3月26日 16:01:08 : DiuQjGfad6 : UTBWZXVVMUNWUkE=[22983] 報告

3. 2021年3月26日 17:01:15 : BfUPvrz3Ig : Nm9kZ0FtcUVzaFE=[2] 報告
このエントリーに完全同意

航空母艦で敵国近くの海域に出撃し、艦載機で敵陣地・国土を爆撃攻撃なんてのは、もはや、現代の戦争スタイルではないということ。
第二次世界大戦時は制空権さえ取れれば、航空母艦も安全に移動できたが、現代の高度ミサイルの前では、動かない丸見えむき出しの標的であって、即座に撃破される。
ミサイル防衛なんて、100%守れるわけないから、1発でも致命的なミサイル的中に合えば、戦闘能力はゼロになる。

1982年に起きたフォークランド戦争でも、アルゼンチンがフランスから輸入したエグゾセミサイル1発が英国駆逐艦シェフィールドに命中し、沈没。あれから、40年近くたった今、ミサイルの性能はとてつもなく向上している。旧来の強力な航空戦力を持つ国は、空軍組織があるがゆえ、大幅な戦力切替はできない。中国・北朝鮮のような軍事新興国が効率性を重んじた兵器増強で軍事力強化を成し遂げる。米国もミサイルを強化した国と戦争するのは、躊躇するようになるだろう。

4. 2021年3月26日 17:27:14 : oyZaIFcmqk : MllDcjNWVHpBMmc=[651] 報告
アメリカは台湾海峡で航行の自由作戦なるものを提唱している。これが正しいなら中国の軍艦がカリブ海諸島とアメリカ南部の海域で航行の自由作戦を展開してもいいことになる。

購買力平価ではすでにアメリカと中国の経済力は逆転している。

5. 2021年3月26日 17:41:29 : Gotth5c1qc : THZxRThVcmtFYWs=[990] 報告
アメリカが、敗れて、日本も敗退。

コロナオリンピック消滅。

北京オリンピックも消滅。バッハ敗退、多国籍企業の終わり。

ロスとロックの終わり。中々いいじゃないか。孫崎さん。

6. しんのすけ99[934] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年3月26日 17:42:36 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[1831] 報告
この 孫崎さんて人、外交評論家というからには専門家なのだろうけど、軍事に関してだけは素人同然と
疑わざるを得ない ウォーゲームというのは あくまでもシュミレーション 「油断してはいかんぞ」
という意味で自分たちを戒める目的で行うのが主眼だからだ 厳しい結果を想定するのが危機管理だから
最悪の結果を想定せよ と言う事である が 実際にはアメリカがこっぴどく負けるなんてのは普通
常識的に考えにくい(負けるような戦いは始めからしない これがアメリカの戦争)

※ 日本が負けた理由は このシュミレーションの結果を 都合よく捻じ曲げて 自分達の良いように
 やり直したり黙殺したり あるいは精神論で誤魔化して 結果をちゃんと受け入れなかったせいです ※


> 第2次世界大戦時、飛行機が発達し、軍艦は標的にされるだけの存在となった。しかし、日本軍は戦艦大和を出航させ、結局、鹿児島県の坊ノ岬沖で蜂の巣のように爆撃されて撃沈された。

↑↑↑ 飛行機の運用を革命的に発達させて 軍艦を標的にされるだけの存在に貶めたのはむしろ
(真珠湾攻撃や その直後のマレー沖海戦の結果は 世界を驚愕させた)
日本海軍の方なのですけどね 戦艦大和は 戦争末期に絶望的な状況になって やむなく出撃させただけで
蜂の巣のようになって撃沈されるのは 最初から判り切って(艦隊の長たる伊藤整一長官すら言及)
出撃させたという状況を 知らない人の言葉としか言えませんね

「海軍にはもう 戦える船は あるのか無いのか(昭和天皇の問いに)」 こう問われて仕方なく海上特攻
決定したという経緯は 故 半藤一利さんあたりなら鼻で笑い 即座に指摘するところでしょうな。

7. 命を大切に思う者[4331] lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g 2021年3月26日 18:03:51 : oDkgELBmeg : bFAxenlyaUVHR1E=[22] 報告
中国の侵略を武力で抑えつけるのは無理でしょうね。
米中、互いにミサイルの撃ち合いとなり、アメリカ本土も、中国本土も、ある程度、被害は出るだろうが、
日本のように国土の面積の狭い国は、国土のすべてが焦土と化す。日本の国民は1人も生き残れない。
アメリカが負けなくても、日本の国土のすべてが焦土と化したら、アメリカが負けたときと被害は同じです。

それと、日本が核兵器を持っても、中国に勝てるわけがない。国土の面積が違い過ぎるから。
中国は、拠点を広い国土に分散させて、多数持っている。北京が破壊されてもビクともしない。
日本は、主要都市が東京近辺に集中していて、拠点が分散されてないし、そもそも拠点の数が少ない。
日本の社会構造は、ミサイル攻撃を想定した構造になっていないのです。アメリカや中国はなっている。拠点を多数用意し、しかも分散させているから。

日本は外交で回避すべきです。中国も、日本の国民を全員殺しても何の得もない。技術力で取り引きすればいいのです。そのためには、技術力を蔑ろにしてる文系人間どもの自民党を排除しないといけない。自民党のような文系崇拝の運営をされていたら日本は技術力がゼロになってしまう。 
8. 2021年3月26日 18:15:50 : H6iHm3FDBw : S1QuR0Z5bFc5Nms=[31] 報告
余波で周辺国は滅びそうだな。南北朝鮮と日本消滅か。
9. 2021年3月26日 18:35:39 : GEr4BBmeuU : NFo0MjVSZDljelk=[15] 報告
>>7さん

 概ね賛同しますが、最後の部分の「自民党が文系崇拝の運営」という部分だけは首肯しかねます。事実としては自民党(の現在の主流的勢力)は文系嫌悪というべき現状だと思います。先日の学術会議文系委員の任命拒否もしかり、大学の文系軽視もしかり、安倍はじめとした反知性主義の跋扈、国会軽視・憲法・法律蹂躙などなど、思い返せばとても文系崇拝とは言えません。

 

10. 東大解体論者[438] k4yR5YnwkcyYX47S 2021年3月26日 18:37:02 : L39IgrPxND : bjhac0NINXhxdGs=[17] 報告
>>8
そして李(安倍)一派の半島ゴロツキ勢力と
その支配下の奴ッポン国が滅んで
ウチナー(琉球)とアイヌ(北海道)
のアジア海洋平和連合国が誕生!!(笑)
11. 2021年3月26日 19:26:36 : GYy5oruwow : VTdkWXJkcHVPc3c=[18] 報告
アメリカと中国が喧嘩するふりをして、日本をコケにしているのではないか。
喧嘩となると日本の出番はない。どちらも核保有国だ。
どちらも核保有国なので戦争するわけない。一線を越えない、ふりだけだ。
 
12. 2021年3月26日 19:48:36 : vNwIWr4r9Q : N2xoWkxjVmdEdU0=[14] 報告
> ミサイルが発達した今日、ロシアや中国の攻撃を防ぐ手段はない。

ミサイルが発達した今日、ロシアや中国はアメリカのミサイル攻撃は防げるが、
アメリカはロシアや中国のミサイル攻撃を防ぐ手段はない?

その理由は何処にも説明されていない。

孫崎享は本当に外交評論家かなのか?
軍事知識の無い外交評論家かなのか?

13. 無念の撲滅[7] lrOUT4LMlm@WxQ 2021年3月26日 20:08:20 : EX8k3tCeXk : OXdoLlBCRHRGQWc=[2] 報告
>>11
ありえる。
14. 2021年3月26日 20:37:17 : BfUPvrz3Ig : Nm9kZ0FtcUVzaFE=[3] 報告
>6
>戦艦大和は 戦争末期に絶望的な状況になって やむなく出撃させただけで、蜂の巣のようになって撃沈されるのは 最初から判り切って・・・

別に、撃沈されたかどうかが問題ではない。
当時(第二次世界大戦時)は、制空権を失ったら、戦艦の活躍する場はないということ、兵器としての意味がないということ。

で、現代はというと、制空権も問題ではなく、ミサイル戦争が主になり、航空母艦などの活躍の場はすでにないということ。現代の高度化したミサイルの雨で、すぐに戦艦とくに航空母艦は無力化される。

15. ぢっとみる[2028] gsCCwYLGgt2C6Q 2021年3月26日 20:59:45 : LLC16YRhF6 : ZGEwWi9qMFkwMms=[1442] 報告
>>12.さん
>
> アメリカはロシアや中国のミサイル攻撃を防ぐ手段はない?

いえいえ、
アメリカさまは、
きっと、きっとスゴいモンを、
ひそかに、ひそかに隠し持っておりマス。デス。
奴ッポンに売ったモンは、
ゴミ/バッタもん/質流れ/倒産処分品だけど。
ダイジョブ、ネ〜。

ンで、ソレは、
奴ッポンがヤラレター!
ヤラレター!ヤラレチまったヨー!
と、
声のかぎりに(狭い)セカイに訴え、
モリモリ盛り上げルために、
憐憫の情をグッとこらえ、
堪え難きぃヲ〜、たへ、
忍び難きぃヲ〜、しのび、
“血が出るほど唇を噛み号泣しながら”
涙を(ゴクゴク、おいしそ〜に一気に)飲んで、
奴ッポンを見殺しにしても、
“自衛”のためだと、
言い張る自信がアルアルからでしょう。

16. 楽老[1989] inmYVg 2021年3月26日 21:36:44 : yJOuDsu606 : R3pSV2FsMnRnNG8=[2] 報告
米国が国運をかけて台湾を中国から防衛することなどあり得ない。
1979年中華人民共和国を中國の代表として承認、中華民国(台湾)断交した。
自由主義陣営の盟主(覇権国)としての立場から台湾関係法を作り、実際上の軍事同盟と強調しているが、米国の側に中国と断交する気は毛頭ない。
中国も米国と一戦交えてでも台湾を獲得しなければならないという切羽詰まった状況は無い。

【ウォーゲームというのは あくまでもシュミレーション】に過ぎないのも事実だが、決してお伽噺ではない。
局地戦に限定すれば米軍の敗退は十分あり得ることだろう。
中国は国土防衛の戦いであり、米国にとっては出先の紛争に過ぎない。
WWU以降米国が関与する戦争で紛争に勝利しても戦地の平定に成功したところは無い。

これらを総合的に俯瞰すると
米国の覇権縮小にどう備えるかというのが最重要課題である。

安保条約第5条は尖閣諸島を日本が実効支配していることが前提である。
糞右翼の馬鹿共が漁船を装って海警局を挑発することが如何に危険で売国行為であることか。

     

17. しんのすけ99[935] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年3月27日 02:45:45 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[1832] 報告
ウォーゲーム は、あくまでもシュミレーションの一つ だがしかし 必ずしもいい結果が出ると保証は
誰にも出来ない 問題は 悪い結果が出たのを、「隠すのか隠さないのか」 が重要なのであって
米国防総省が ウォーゲームの結果を「コテンパンにやられる」と公表したところに米国の慎重さがある
(戦争などしない という言い訳にもってこい ですけど)

つまり 「そう簡単に戦争など出来るわけがない」 という結論に達していると言う事 そしてそれを
隠さずに公表した それだけでも戦前の日本とは雲泥の差があるのです


何せ日本は 太平洋で開戦する半年も前に 「アメリカと戦争やっても絶対に勝ち目なし」という
総力戦研究所という国家プロジェクトで 必敗という結論が出されていたのですから

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidosatoru/20180815-00093143/

なんとこのシュミレーションの結果は、【真珠湾攻撃と原爆投下を除いて、実際の戦局の推移を踏襲し
終盤でのソ連参戦まで言い当てていた】 という 驚くべき正確さだったのです

だがこの当時 陸軍大臣だった東条英機以下は、「決して口外してはならない」 と、黙殺したのです
総力戦研究所の存在と研究結果が 知られるようになるのは 戦後 半世紀ほど後の事だったのです


まあ どうせ >>11さんの言う通り アメリカも中国も 戦争などする気は絶対にないでしょうな
アメリカも中国もそして日本も お互いにどれほど経済的に依存しまくっているのかを考えれば
国交を断絶しただけで「経済的な自殺行為」なのは、お互い解り切っていますから 妄想の域を出ません

※ 経済的影響のほとんどなきに等しい 対北朝鮮ですら 結局 始まらないじゃないですか ※

世界の経済大国 一位と二位の国が戦争なんて 空想の世界としか言えません。

18. 2021年3月27日 08:36:50 : NoQuK1TOxk : SWdsOHdJbC9NSUE=[4] 報告
米国、米軍を支配するロスチャロックの金融資本一族は負ける戦い傷つく戦いはしない

然るに中国、ロシアとの戦争などあるわけない中露北朝鮮の恐怖を煽って天井知らずの兵器を

植民地支配する日本に買わせる事が金融資本一族の目的です最優先は利潤追求だからね

犠牲になるのは日本国民の貴重な富なのです 日本は永遠に貧乏国w

OECDの賃金ランキングでも2019年既に韓国に抜かれています

そのうち日本女性がソウルの繫華街ジャパンクラブ及び風俗で働く事になると思いますよ。w


19. 2021年3月27日 08:41:30 : Gotth5c1qc : THZxRThVcmtFYWs=[992] 報告
バイデン氏は、気候変動問題、環境問題を注視し
強力に推し進めるとして、
中国とも、協力連携してゆくことに、
両国ともGO サインをしている。


戦争をする暇などない。気候変動問題と真逆の方向だからだ。

戦争おっぱじめるより世界の、気候変動が、すでに戦争だという事に
孫崎氏は、気づいていないのでは。

バイデン大統領は、ロシア、中国を気候変動会議に、招待する、としているが、
日本の菅は、コロナ五輪に、バイデン氏を招待だそうだ。

視点がずれまくっている。
日本の政府は、物事が、よく見えていないのでは。

文ジェイン大統領は、グレタさんの行動と、メッセージに
共感し、世界の気候対策に、注意を払っている。


 

20. 2021年3月27日 08:53:07 : NoQuK1TOxk : SWdsOHdJbC9NSUE=[5] 報告

ロスチャイルド、ロックフェラーが中国ロシアと戦争はしない中露米のミサイルは

北京、モスクワ、ワシントンにお互いに確実に到達する交えれば全て終わる

一番防ぎようがないのが日本沿岸に張り巡らされた45基の原発だ

ここを狙い撃ちされたら日本は終わる ある意味米軍の自爆装置と言えるのではないか

ハゲタカ金融資本一族に金を毟り取られ今度は命を取られるのか・・・。

21. 2021年3月27日 13:28:52 : iTXZzcdJXs : d0IwVndTeXNmREU=[71] 報告
日本と共にある、は、日本の横にいて声援しているが何もしない、の意味だ。
日米安保は対内的には自衛隊(警察予備隊、武装警察)が、対外的には米軍が対処することになっている。

つまり国内で米軍基地を攻撃する反米日本国民を鎮圧するために組織されたのが自衛隊だ。
米軍警備隊と呼んだ方がいい。
だから対中国は米軍が対応してくれると思い込んでいる。
条約ではそういう事になっているから。

だが米軍が東シナ海で事を起こせば間違いなく負け、その過程で南からも北からも深刻な脅威を受け国の統合すら怪しくなるだろう。

政治的事実ではなく現実に基づいて事に当たれよ。

22. 2021年3月27日 14:39:35 : 1hFwhl5XF6 : dXZTY1pyS01GUXM=[1132] 報告
現代戦では、海に浮いている物は全て沈められてしまうと言うことを覚えておけばよい。
艦船だけでなく、海上構造物であるガスリグ、石油リグなども同じ事になる。

そして、先に手を出したほうが負けるので、必ず偽旗作戦が使われる。

尖閣は、中共にとって、あまり得ではないだろう。

23. 2021年3月27日 15:11:25 : JUbWpXkEis : dnd5Skk0WmFWcFk=[165] 報告
>>11
その通り
アメリカはいざ中国と事を構えれば、日本を矢面に出して自分らは傍観しているだけだ
アメリカの侵略戦争に加担する必要は無い
24. 2021年3月27日 16:19:59 : Nf2PcZ7ZZc : Z2E4eW1QcUxVaFU=[307] 報告
「田中角栄・周恩来会談での尖閣問題棚上げ合意(日本の管轄権を認める)が日本にとって最も現実的で有利なものであることを再認識するべきだ。 」に全面的に賛同します。

今のアメリカには、そもそも戦争をするだけのお金はないでしょう。
いくら手駒がたくさんあっても、両腕を骨折してギプスでぐるぐる巻きの状態では、チェスボードのポーンすら自分の手で進められませんものね。

そもそもトランプ派と反トランプ派で、米軍も分裂していますものね。ヘタな決定をすれば、たちまち内戦に突入という状態で、中国と軍事衝突できるもんならやってみろ、と各国のお偉方は分析しているんじゃないですかね。

だから、しばらくはこう着状態が続きそうです。この状況は、日本にとっては悪くありません。

25. 2021年3月27日 19:01:17 : 8ZOfzsUjXw : SmpsVDRtem00WS4=[567] 報告
負けでいい 道連れにする 日本など
26. 2021年3月27日 21:09:59 : Gotth5c1qc : THZxRThVcmtFYWs=[1008] 報告

ミャンマーに対して、抗議の声も上げない日本政府と、

日本人の卑怯さ。

オリンピックも潰れて当然。

  

27. 2021年3月27日 22:57:56 : Rg0CtF3ssw : ZlQ1VEs0MWlwOEU=[22] 報告
http://www.asyura2.com/21/senkyo279/msg/696.html#c46
の続き;

田中角栄元首相の最大の功績である「尖閣諸島棚上げ論」
を;日本の外務省が日本の外交公文書から削除しています
(外務省が日本の国益を溝に捨てた)。

証左:政令官僚様が茂木敏充外相に次の様な公言を命じて
います:

《中国の王毅外相との会談で「沖縄県尖閣諸島は歴史的
にも国際法上も疑いのないわが国固有の領土で、有効に
支配している」と公言。》

しかし、ポツダム宣言1条&8条:尖閣領有を米国大統領、
中国国家主席、英国首相が決定。

証左:Japanese sovereignty shall be limited to the
islands of Honshu, Hokkaido, Kyushu, Shikoku and
such minor islands as we determine.

そして、「we」の定義を第1条に明記:

証左:We-the President of the United States,
the President of the National Government of
the Republic of China, and the Prime Minister of
Great Britain, representing the hundreds of millions
of our countrymen, have conferred and agree that
Japan shall be given an opportunity to end this war.

要するに、「日本がポツダム宣言の条件を飲むことを
前提条件として、日本にこの戦争を終わらす機会を提供
する。」とありますので;

「歴史的にも国際法的にも尖閣諸島が日本の領土である」
が馬鹿丸出し主張と成ることは子供でも理解できます。

なぜなら、この馬鹿丸出し主張は;

「ポツダム宣言1条&8条:尖閣領有を米国大統領、中国
国家主席、英国首相が決定。」を完全に無視した主張と
成るだけでなく、

「ポツダム宣言の条件なんか飲めるか!もう一度米英中と
戦争をして、領土拡大に再チャレンジするんだ!」だと
解釈することが可能と成ってしまうからです。

所が実は、この馬鹿丸出し主張をさせているのが日米安保
条約第6条:

For the purpose of contributing to the security of
Japan and the maintenance of international peace
and security in the Far East,

要するに、日米安保条約第6条に明記されている自衛隊の
守備範囲(日本本土と極東地域に拡大)と

GHQが日本側に押し付けざるを得なくなった英文憲法9条
に明記されている自衛隊の守備範囲(日本本土限定)
との間に大きな齟齬が存在:

証左:In order to accomplish the aim of the
preceding paragraph, land, sea, and air forces,
as well as other war potential,
will never be maintained.

The right of belligerency of the state will not
be recognized.

前項に明記されていない目的外だと;陸海空軍その他の
戦力は保持しても構いません←国際法の最高位に在る
国連憲章51条と整合性が取れる様に成ります。

証左:Nothing in the present Charter shall impair
the inherent right of individual or collective
self-defence if an armed attack occurs against
a Member of the United Nations,
until the Security Council has taken measures
necessary to maintain international peace
and security.

ですから;陸海空軍その他の戦力は保持しても構い
ませんが、

「国の交戦権を認めない」と在りますので;その戦力
は、敵を攻撃する、出来る戦力ではなく、

迎え撃つ戦力でなければ成らないという解釈が米国では
常識の9条解釈と成っています。

ですから、地対地ミサイルは英文憲法9条と不整合な違憲
兵器と成りますが、

地対空ミサイルは英文憲法9条と整合性が取れる合憲兵器
と成るわけです。

上記を適切に理解することが出来る様になれば;

英文憲法9条に明記されている自衛隊の守備範囲(日本
本土限定)と日米安保条約6条に明記されている自衛隊
の守備範囲(日本本土と極東地域に拡大)との間に在る
大きな齟齬に気付くことが出来る様に成ります。

ですから、米軍が、極東地域に存在する尖閣諸島を日米
安保条約第6条に明記されている自衛隊の守備範囲に
入れることを望むことは当然のことです。

で、より重要な事実は;米国の国益に合致するという
真実です。

なぜなら、日本国民の税金で維持されている自衛隊を
極東地域で展開する米軍の自衛戦争の”傭兵”として
タダで活用することが出来る様に成るからです。

そうなると、英文憲法9条に明記されている自衛隊の
守備範囲(日本本土限定)が邪魔に成ります。

そこで、英文憲法9条解釈は「大嘘:自衛隊丸腰論」で
行こうということで;

クーデター政権(政令官僚様+官僚機構)が;

与野党に、「大嘘:自衛隊丸腰論」の普及を命じ
ました。

なぜなら、「英文憲法9条改ざん解釈:自衛隊丸腰論」
だと;

どうしても米軍駐留が必須と成らざるを得なく成り、
”米軍駐留の必須化”を装うことが出来る様に成る
からです。

より重要な真実:

国連憲章51条に明記されている様に、自衛隊の戦力は、

日本が武力攻撃を受けて、安保理が介入するまでの間
の戦争に、十分に反撃する、出来る戦力だけで十分
だという真実です。

こんな真実を主権者皆様に知られるとマズイので;

日米安保ムラの”軍事評論家”が国連憲章51条違反
丸出しのフルスケール戦争戦略を公言して悦に入って
います。

狙いは、米国民を守る為に、自衛隊に英文憲法9条違反
丸出し兵器を持たせて極東地域防衛隊として自衛隊を
活用するだけでなく、

米国民を守る為に、日本人を盾に活用するという日本を
捨て石にする戦略です。

これを担保する、出来る法律が戦争法です。

ですから、戦争法は英文憲法9条違反丸出し法律だけで
なく、

和文憲法前文(政府の行為によつて再び戦争の惨禍が
起ることのないやうにすることを決意し、)違反丸出し
と成っています。

で、この戦争法の違憲審査請求が各地方裁判所に起こ
されているのですが、

裁判官が棄却判断を下して逃げ回っています←この卑劣
な行為は;

英文憲法81条「any law(一切の法律)」違反丸出し
行為と成ります←合憲か違憲かの判断しか下せません。

こんな英文憲法知的障害最高裁判事しか居ないことが;

折角のワールドクラスの民主憲法が絵に描いた餅と
成らざるを得なく成っている根本原因です。

ですから、どうしても、米韓に存在する最高裁判事
候補の能力と高潔性を確認する、出来る制度:

最高裁判事候補の確認聴聞司法委員会制度が必須と
成るわけです。

要するに、民主憲法&その民主憲法を熟知し、適切
に解釈することが出来る最高裁判事とがセットに
成らない限り;

主権者皆様は民主主義の恩恵(中央政府から政治的
に行政的に財政的に独立できる自治、法の支配、
独立司法、チェック&バランス、アカデミック・
フリーダム、言論の自由、家庭・学校・職場から
差別を一掃している社会など)を享受することが
出来ません。

28. おい、小池![1] gqiCooFBj6yScoFJ 2021年3月27日 22:59:35 : wV6fGsiU22 : My5lZXVoanE3Skk=[1] 報告
このスレ、掲示板が掲示板だから政治論になってるけど、実際の戦闘になれば中共は、新型ミサイルの射程内にいる日米欧の艦艇は攻撃できたとしても、中共艦隊の全体としては、フォークランド紛争の英国艦隊みたいな展開になりかねない。

そもそもあの海域で海戦をする理由は何かを考えれば、結果は自ずと見えてくる。できるだけ多くの島嶼への侵略だ。最大目標は沖縄だろう。

対して日米の艦隊の総兵力、特にバックアップやモスボール保管されている艦艇の展開可能隻数や新造の隻数も含めると、中共一国では通常戦力だけでは追いつけないだろう。なぜなら、上陸には駐屯中の陸上部隊に対峙しなければならないからだ。

狙いが大きな島、特に沖縄本島だと師団規模の陸上部隊と戦うのに、数倍の師団の揚陸を果たさなければならないが、フォークランドのような展開になれば、ほぼほぼ不可能だろう。中共が対峙するのは自軍の無補給状態を、本国で指をくわえて見ているだけのアルゼンチンではないからだ。

はっきり言うが、中共海軍にはその実力はない。それでもなお、沖縄本島の制圧を実現する中共海軍に残された唯一の手段は、人民解放軍が核の使用(当初は戦術核)に踏み切った時であろう。そう、敵対側が本国から行おうとする補給を、事前に絶つ目的の核攻撃だ。

結果は自ずと見えてくる。世界規模の大規模な熱核戦争である。


29. 世のすねものから[502] kKKCzIK3gsuC4ILMgqmC5w 2021年3月28日 01:01:02 : 9trPevLyp6 : Q1M5U1IxVEdmRnM=[21] 報告
沖縄が中国の版図に入ったことはない。明代清初でも台湾も「化外の地」だった。倭寇の鄭氏政権の崩壊で台湾は中華帝国の版図に加えられたが、琉球王国は日中の緩衝地帯のままであったのだから、沖縄県民が北京に併合を陳情でもしない限り、あり得ない話だ。香港チベット新彊とは次元が違う。
航空母艦は現在ではミサイル1発で轟沈させることができるゆえ、地域紛争で相手を威圧する道具くらいのものだろう。日中の保有で韓国海軍までその気になったようだが、現代の戦艦大和というところだろう。
中国の成長も少子高齢化でおいおいボソリ必定ゆえ党指導部に焦りが出ている?暴走を制止し、中華帝国本来の安定構造で我慢させるよう仕向けるのが米国以下の務めだろう。中華帝国は明の成祖永楽大帝の時代(習近平の一帯一路の野心と似ている?)を除いて膨張政策を取らなかった歴史を持つ。経済的繁栄で世界を魅了する政策だったのだから。
ウイグル問題はなんせムスリム問題ゆえ中共党もナーバスになっている。国外に巨大なバックがあり、トルコのエルドアン政権が後ろ盾になり、ナチのゲーレン機関がCIAに身売り?して後押ししているらしい。
30. 2021年3月28日 08:43:54 : Gotth5c1qc : THZxRThVcmtFYWs=[1011] 報告

中共にとって、得とか損とか、ばかばかしい。

気候変動と、クリーンエネルギー技術で、協力する、バイデン、習は、

思いのほか、好成績を上げる。

バイデン氏は、核兵器廃絶を訴えなくてはならなくなる。
バラク・オバマ氏の後を継いで、原爆に対しての謝罪も起きる可能性がある。

日本は、同時に、
徴用工、慰安婦問題をいつまでも棚上げできなくなるだろう。

   


31. 2021年3月28日 11:10:54 : GYy5oruwow : VTdkWXJkcHVPc3c=[21] 報告
>>23

なるほど。日本と中国が武力衝突しても、核保有国どうしではない。アメリカの傍観で中国の核使用脅迫をけん制するだけで大活躍だ。日本が勝手にやったこと、という言い逃れ可能だ。核保有国どうしでは衝突できんという言い逃れも可能だ。中国も、尖閣を強奪してしまうと、米国が助けないということが日本にバレるとリスクが高まるので、たかが尖閣のためどこまでやるか簡単ではない。
 

32. 2021年3月28日 14:10:05 : Gotth5c1qc : THZxRThVcmtFYWs=[1015] 報告
日本と中国が武力衝突って夢じゃないのか。

中国のお世話無くして、日本は戦争などできるのかね。

靴下からパンツまで、一日のほとんどを、中国製品で

賄って暮らしてる国民が?


33. 2021年3月28日 17:01:43 : GYy5oruwow : VTdkWXJkcHVPc3c=[22] 報告
>>32
>日本と中国が武力衝突って夢じゃないのか。

アメリカ目線の話だ。中国もアメリカも日本にちょっかい出して張り合ってるだろ。
 

34. 2021年3月28日 17:38:04 : kIWReXEhbc : SXRpbHlPc3hpV2M=[1] 報告
>29
>沖縄が中国の版図に入ったことはない。

何をぼけたこと言ってるの?
当時の琉球王国は、明や清の冊封国家であり、中国皇帝使節団「冊封使」が首里城において、冊封の儀式、つまり中国皇帝の配下であることを人々に知らしめていた。首里城が焼ける前は、観光イベントとして沖縄で毎年その模擬儀式を行っていた。
https://www.naha-contentsdb.jp/spot/423

他方、日本はそういう立場はとらずに化外の地であった。
これを覆したのが明治政府の琉球処分(1879年)であり、清はこれを認めていなかったが、アヘン戦争後の国力の衰えで反抗できなかった。
とはいえ、その後の歴史や現在の沖縄の人々の帰属意識を見るに、中国がここを占拠し統治することは不可能と考えられる。
もっとも、遠い将来、日本が没落して沖縄を経済的に面倒見れないようになれば、その時、富裕になった中国に沖縄人民の帰属意識が揺れ動いていくことはあるかもしれない。

35. ABCからXYZへ[1] QUJDgqmC51hZWoLW 2021年3月28日 18:31:55 : 2vQn1OICnk : bVRkS1JjenFENy4=[3] 報告
>17. しんのすけ99[935] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年3月27日 02:45:45 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[1832]
>だがこの当時 陸軍大臣だった東条英機以下は、「決して口外してはならない」 と、黙殺したのです
総力戦研究所の存在と研究結果が 知られるようになるのは 戦後 半世紀ほど後の事だった


この話の出所か出典元をご存知なら教えて頂きたい。

辻参謀は陸軍の諜報畑の人でしたし、戦後のベトナムの独立戦役の時も、確か何故か「現地に残った日本陸軍将兵」が、ベトナム人民軍の教練を兵学校や士官学校まで作って担当していたはずです。偶然にしては出来過ぎな話に思えるんですが、帝国陸軍って秘密結社かなんかだったんでしょうかね?だとしたら、現在も人民解放軍辺りと連んでそうですが、その辺りはどうなんでしょうか?


36. 2021年3月28日 18:55:02 : Gotth5c1qc : THZxRThVcmtFYWs=[1025] 報告
>>33

余計無理だな。

張り合える相手か。

 

37. 2021年3月28日 19:24:40 : GYy5oruwow : VTdkWXJkcHVPc3c=[23] 報告
>>36

中国とアメリカが張り合ってる話だ。
 

38. 2021年3月28日 22:56:04 : TO2ldES8bI : MzhwQ1F4cE1ERXc=[3] 報告
>33. 2021年3月28日 17:01:43 : GYy5oruwow : VTdkWXJkcHVPc3c=[22]
>>32
>>日本と中国が武力衝突って夢じゃないのか。
>アメリカ目線の話だ。中国もアメリカも日本にちょっかい出して張り合ってるだろ。

一体いつの時代の話してるの?

ニューヨークの介護老人ホームでチャイナウイルスが老人虐殺してからの話?それとも虐殺する前の話?それも含めて、日本を出汁に取引するような心境じゃなくなったよね、アメリカは。

しかもこれ、一年以上前の、もうとっくの昔だよ。

39. 2021年3月28日 23:21:51 : GYy5oruwow : VTdkWXJkcHVPc3c=[24] 報告
>>38

今日の新聞に米中対立と出ていた。
中国は尖閣付近でちょっかい。
アメリカは基地や日米合同委員会などのちょっかい。
 

40. 2021年3月29日 00:35:09 : sRr6kRZiV2 : dHlEZ1hjVHdkcVE=[342] 報告
>16

 多摩散人です。

>これらを総合的に俯瞰すると米国の覇権縮小にどう備えるかというのが最重要課題である。

 その通りです。だから、日本の自主防衛力の確立が最重要課題なんです。日米安保は廃止、そして、日米の対等軍事条約の締結も大事な目的です。日米安保の日米の対等軍事条約への段階的改変でもよい。地位協定も対等に改変すべきだ。

 日本は、アメリカを当てにせず、中国と戦える体制を作らなければならない。もちろん、アメリカと協力することは大切だが、まず自分が戦うことが重要です。

 今日本は「専守防衛」で、敵地攻撃はアメリカに頼っているが、敵地攻撃も自力で出来るようにしなければならない。

 「戦争放棄」を「戦争不放棄」に解釈改変できたくらいだから、「専守防衛」も「専守攻撃」に解釈改変出来ないはずがない。それなら、あなたの持論である「専守防衛」に抵触しないだろう。専守防衛の先制攻撃、専守防衛の敵地攻撃もあなたは賛成するだろう。だってあなたは、戦争放棄の戦争不放棄だって賛成しているんだから。

 現にあなたは、9条を護れと言いながら、「戦争不放棄」「戦力保持」を主張しているではないか。

 そのためには9条廃止が最善策だが、9条を守ろうなんて国民は一人もいないから、次善の策として、無理に廃止しなくても、今まで通り、破っていればよい。あなただって、9条は守らないが護るべきだという立場でしょう。私はそれを黙認します。

 あなたはの意見は、私と同じですよ。

 それとも、あなたは今でも昔の社会党の「非武装中立」を主張するんですか。

41. 2021年3月29日 00:36:57 : sRr6kRZiV2 : dHlEZ1hjVHdkcVE=[343] 報告
>40 追加。

 多摩散人です。

「ボケ老人=楽老さんへ。」を忘れた。追加します。

42. 2021年3月29日 00:59:16 : sRr6kRZiV2 : dHlEZ1hjVHdkcVE=[344] 報告
>40 ボケ老人=楽老さんへ。追加。

 多摩散人です。

 あなたは転向したんですよ、自覚はないでしょうが。誰のおかげか知らないけれどね。

43. 2021年3月29日 01:18:40 : pKoL0GzSV6 : QmR6anV3NU8zNVE=[176] 報告
尖閣諸島問題の火を点けたのは台湾で、確かアメリカの会社に鉱物資源の探索を依頼した事がきっかけだったな。
南シナ海の問題はアメリカと中国が蜜月だった頃の置き土産だろうな。
44. しんのすけ99[943] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年3月29日 02:44:12 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[1840] 報告
>>35
>この話の出所か出典元を

リンクは示してあるはずですが、その中にもあります

東條はさらに続けた。

 「なお、この机上演習の経過を、諸君は軽はずみに口外してはならぬということでありますッ」

なんなら ウィキも貼っておきましょうかね

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%8F%E5%8A%9B%E6%88%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

東條英機 談

諸君の研究の労を多とするが、これはあくまでも机上の演習でありまして、実際の戦争というものは、君達が考えているような物では無いのであります。日露戰争で、わが大日本帝国は勝てるとは思わなかった。然し勝ったのであります。あの当時も列強による三国干渉で、やむにやまれず帝国は立ち上がったのでありまして、勝てる戦争だからと思ってやったのではなかった。戦というものは、計画通りにいかない。意外裡な事が勝利に繋がっていく。したがって、諸君の考えている事は机上の空論とまでは言わないとしても、あくまでも、その意外裡の要素というものをば、考慮したものではないのであります。なお、この机上演習の経緯を、諸君は軽はずみに口外してはならぬということであります。(表記は現代式に改め)
___________________________________________

↑↑↑

「戦というものは、計画通りにいかない」 などという割には、実際の戦争推移を 真珠湾攻撃の成功と
原爆投下を除いて 九分九厘 正確に言い当てており 戦争末期のソ連参戦まで予言されていたのですから
驚くべきシュミレーション能力と言わざるを得ません 当時の日本の国家の中枢を担う若手エリート官僚が
一堂に会して取り組んだ国家プロジェクト それが総力戦研究所による「模擬内閣」だった訳です。

少なくとも 当時の日本にだって これほどの綿密なシュミレーションを する能力はあったと言う事
だが、指導層が馬鹿ばっかりだったために まったくもって活かされなかった と言う事も言えます

もっと詳しく見たいのなら 「猪瀬直樹 昭和16年夏の敗戦」 を読んでいただきたい。

45. しんのすけ99[944] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年3月29日 02:56:08 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[1841] 報告
あと 戦後の現地に残って アジア開放運動へ身を投じた日本軍将校は 相当数いたそうですが

その動機のほとんどが、「将校以上は連合国によって戦犯追及され処刑される」 と言う事を恐れた
というのが大部分を占めるそうですから 初めから計画されていた訳ではない 初めからアジア開放を
真剣に取り組んでいたなら日本は もっと違う戦い方が出来たはずです

辻正信だって 戦犯追及を恐れて逃亡しただけです もともとスパイだった訳ではないと思いますが。

46. 2021年3月29日 08:25:48 : BYagBhZKBg : N25ETVJsLmhNNDY=[1] 報告
しかしシュミレーションと現実とがピタリと一致することもないんだがね。
47. 2021年3月29日 08:45:22 : Gotth5c1qc : THZxRThVcmtFYWs=[1027] 報告
>>37

中国、米国が、はり合うというのは、いい傾向だと思う。

ついに、アジアと、欧米人との対局になったという事。

アジアと言えば、中国で、日本ではない。

東洋と西洋の一体、これが19世紀後半から始まるテーマ。

やっと舞台に両方が立つ日が来たという事。

気候変動問題や地球環境問題を中心にして、

お互いが連携してゆけるかどうかが大事。世界遺産トップに近い中国が、これから扉を開けて、次々と、宝飾や歴史的資料を、絵巻物のように見せる

時代がやってくる。講師孟子郎氏も先人の知恵をもって、世界が、
学び驚嘆する日が来ると、
欧米と中国は、もっとお互いを尊敬しアジアの良さを手に入れながら、

中国の真の民主主義を変革させてゆくことだと思う。

トランプやポンペイオは、ひどかったが、、バイデン政権なら、

サリバンや、オースティン、ブリンケン氏、ケリー氏など、

非常に、相手の話をよく聞く政治家が、連帯していることを好意的にみている。

米国は、世界に向かって原子爆弾投下を謝罪する日が来るかもしれない。

米国と、中国、習主席の今後の変化が、楽しみ。


 


48. 2021年3月29日 08:47:47 : Gotth5c1qc : THZxRThVcmtFYWs=[1028] 報告
孔子、孟子、老子でした。
訂正しますニダ。

添削しないですみません。

 

49. 2021年3月29日 17:25:41 : jm0yCXd926 : N21nYVFKZ3pwVms=[3] 報告
>47. 2021年3月29日 08:45:22 : Gotth5c1qc : THZxRThVcmtFYWs=[1027]
>欧米と中国は、もっとお互いを尊敬しアジアの良さを手に入れながら、
>中国の真の民主主義を変革させてゆくことだと


ちっと一方的過ぎやしませんか?それとも、中国は既に、
欧米の何たるかを本で読んで知っている、などと強弁する
おつもりか?トランプ政権は欧米の庶民の本音であり、
翻って民主主義の本場なのだから、あれが欧米の本音だと
言っても欧米では誰も文句は出ないと思うのだが?
事実、選挙だって本当はトランプが圧勝だったって言うじゃないか。
あなたはその辺りはどうお考えなのかな?


50. 2021年3月29日 18:09:12 : jm0yCXd926 : N21nYVFKZ3pwVms=[4] 報告
>45. しんのすけ99[944] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年3月29日 02:56:08 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[1841]
>あと 戦後の現地に残って アジア開放運動へ身を投じた日本軍将校は 相当数いたそうですが
>その動機のほとんどが、「将校以上は連合国によって戦犯追及され処刑される」 と言う事を恐れた
>辻正信だって 戦犯追及を恐れて逃亡しただけです もともとスパイだった訳ではないと思いますが。

それにしては人数も人材も揃っていましたし、何しろ動機付けがおかしい。
学校を作るような教練の為の人材は戦時中は皆後方要員で、補給部隊と
似たような扱いでした。そんな後方任務しかしてなかった人達なのに、
戦後に逮捕はまだしも「処刑されるのが心配」という理由で帰国を
躊躇ったというのが解せない。

それに何よりも戦後二年もすれば先に帰国した他の者からも日本の
国内の実情等が伝わってるはずなので、それでも現地に残ってまで
高度で面倒な軍事任務を新規に立ち上げ、それを長期間に渡って
実行し続けるというのが、どうも腑に落ちないんですよね。

米国では東条首相は「陸軍情報部出の人物」って言われることが結構あります。

この話の真実は、ベトナムもインドネシアも中共も全て、
帝国陸軍が戦前に立てた戦後における諜報工作活動の計画の一部で、
ベトナムで初の陸軍士官学校を立ち上げた将校達も、陸軍の諜報部門の工作員
だったと。それなら現地に部下と共に千人近くが留まっても腑に落ちます。

どうでしょうか。

51. 2021年3月29日 18:48:21 : hEmv1JTy5g : T2QyaENrVkZseGc=[1] 報告
>45. しんのすけ99[944] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年3月29日 02:56:08 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[1841]
>辻正信だって 戦犯追及を恐れて逃亡した

辻参謀の話ですが、内戦中のラオス入国目的が諜報活動
だった可能性があります。当時、ラオスではベトナム軍が
ラオス経由で南ベトナムに通じるホーチミンルートの建設や
維持管理のために駐留していましたし、ベトナム戦争停戦
直後に辻参謀と似たようなルート(ジャール平原)で
CIAの工作員が二人入国していて、二人共現地のミリシア
(辻「議員」を拘束したのと同じPathet Lao軍)に
処刑されてます。これは辻参謀の通訳の証言と酷似しています。

52. 2021年3月29日 21:34:42 : Gotth5c1qc : THZxRThVcmtFYWs=[1036] 報告
>>49

あなたはその辺りをどうお考えなのか?って?

トランプが圧勝じゃなくては、物事が前へ進めないのか?

あなたの頭は、止まったままだという事か?


53. 2021年3月29日 21:44:05 : Gotth5c1qc : THZxRThVcmtFYWs=[1037] 報告
中国と、米国のぶつかり合いは、避けて通れないと思う。

宇宙の兄弟も、中国、ロシアは重要視しているので、

注意深く見守っている。欧米がどのような、
対処や行動をするかを、注意深く見るだろう。

国連の常任理事国の問題もあるし、スエズ運河ばかりに、
通行税取り上げて、ロックやロスが、おいしい思いをするのはおかしい。
北ルートや、ロシアルートも考えるべき時が来た。

そのためのスエズ運河の事故だ。

多いにぶつかってゆくべきだと思う。


 
 

54. 2021年3月29日 22:30:44 : Gotth5c1qc : THZxRThVcmtFYWs=[1041] 報告
トランプの右に偏っている政権は、民主主義だとは言えない。
民主主義だと思っているしかない。バイデン政権は、

時に、中庸なスタンスをとる、右や左ではなく中庸。

中国とは、話し合いを大切にする交渉をする準備がバイデン政権にはあり、

言語障害のトランプや、ポンペイオの脳タリンとは、大きく仕事の内容が違う。

米国は、大国中国と和解、前進してゆかなければ、
気候変動問題に対処することはできない。

気候変動問題に対処できなければ、中共どころか、モンゴルやチベット、
ウイグル、日本人もすっ飛ぶ話である。

陰陽五行 の教えの通り、アジアである中国、と米国は、
陰と陽の関係にあり、磁場やエネルギー的にも
対立は、出来ない話である。

  

55. しんのすけ99[949] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年3月30日 03:02:42 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[1846] 報告
>>50
辻正信の言う事 すべて噓だとまでは言いませんが、悪名高き軍人として名を馳せているのは確かですので
かなりの割合で 言い訳や自己弁護がある というのは踏まえておく必要はあると思いますよ


“神か悪魔か…”さまざまな証言に見る元陸軍参謀・辻政信の「生への執着」
https://www.fnn.jp/articles/-/47171
__________________________________________

辻政信
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB%E6%94%BF%E4%BF%A1

国内潜伏
やがて始まった中国の国共内戦が国民党に不利になりはじめたことから中国にとどまることにも危機を感じ、1948年(昭和23年)に上海経由で日本に帰国し、戦犯で訴追されるのを避けて国内に潜伏する。戦友、寺院、右翼団体に匿われたり、偽名で炭鉱労働者をしたりと国内を転々とし、作家の吉川英治から資金援助を受けたことがある。

辻は帰国直後(1948年春)は佐賀県の小城炭鉱で鉱夫をしたり、全国の日蓮宗の寺を転々としていた[1]。

1949年(昭和24年)には渡辺渡や児玉誉士夫のもとに身を寄せている。

国内潜伏については上記のように言われているが、いずれも風説の域を出ない。しかしはっきりと固有名詞の出る発表があった。それは次の通り。

辻は1949年(昭和24年)夏より、1950年(昭和25年)1月までは奥多摩の西多摩郡古里村字小丹波の隠れ家で暮らしていた。ここに辻を連れてきて匿ったのは、飛田東山である。辻は飛田の援助を受けながら隠遁生活を送り、この半年間、この家で『潜行三千里』を書いた。

その後1950年(昭和25年)6月に台湾経由でインドシナ半島に渡り中国国民党のための工作を行ったが、工作は一度きりで断った[1]。
__________________________________________

◆そして 5600人が各地で逮捕され 1000人が処刑されたと言うのだから 将校以上は戦々恐々
 であった事だけは間違いのない事実だと思われます

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E5%90%88%E5%9B%BD%E8%BB%8D%E5%8D%A0%E9%A0%98%E4%B8%8B%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC

戦犯裁判

極東国際軍事裁判
極東国際軍事裁判(東京裁判)
1945年(昭和20年)8月8日に英米仏ソの連合国4国がロンドンで調印した国際軍事裁判所憲章に基づき、極東国際軍事裁判所条例(極東国際軍事裁判所憲章)が定められ、同年1月19日、連合国軍最高司令官マッカーサー元帥が極東国際軍事裁判所設立を宣言した。裁判は1946年(昭和21年)5月3日から1948年(昭和23年)11月12日にかけて行われ、憲章第6条A項が規定する「平和に対する罪」に違反したとされる政治家や軍関係者をA級戦犯容疑で約100人を逮捕、そのうち28人を起訴した。裁判の結果、7名が死刑、16名の終身刑の判決を受けて処罰された。
当初55項目の訴因が挙げられたが、ポツダム宣言6項にある「日本、イタリア、ドイツの3国による世界支配の共同謀議」と「タイ王国への侵略戦争」の2つについては証拠不十分のため退けられ、残りの43項目については他の訴因に含まれるとされ除外され、最終的には「1928年から1945年に於ける侵略戦争に対する共通の計画謀議」、「 満州事変以後の対中華民国への不当な戦争」、「米・英・仏・蘭に対する侵略」の計4項目、その他合計10項目の訴因にまとめられた。
なお、敗者である日本が、勝者である連合国軍に裁かれた極東軍事裁判は、ドイツで行われたニュルンベルク裁判同様、法律家や歴史研究者のみならず、右派や国粋主義からも批判されている。当時ではイギリス領インド帝国のラダ・ビノード・パールが「裁判の体を成していない」「復讐目的の裁判」「事後裁判だ」と批判した。

BC級戦犯
約5,600人がBC級戦犯として各地で逮捕された。横浜、上海、シンガポール、ラバウル、マニラ、マヌス島等々南方各地の50数カ所の牢獄に抑留され、約1,000名が軍事裁判の結果、死刑に処された。
BC級戦犯の中には、日本の海外領土であった朝鮮人が148人、台湾人が173名が含まれていた。

56. 2021年3月30日 09:29:35 : Gotth5c1qc : THZxRThVcmtFYWs=[1045] 報告

知識披露が全開ですな。

知識欲の深い人ほど、内容がないけど。
 
世界はもっとシンプル。

  
 

57. 2021年3月30日 11:01:26 : OQm2ACFrPU : YWZ5ODVhR0VkUS4=[1] 報告
中国の方が国連の買収がうまく行ってるからね。
58. 2021年3月31日 13:32:39 : WwSs6G1RyU : NWx6Q1hqV0ltWWc=[1] 報告
>55. しんのすけ99[949] grWC8YLMgreCr4JYglg 2021年3月30日 03:02:42 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[1846]
>辻は帰国直後(1948年春)は佐賀県の小城炭鉱で鉱夫をしたり、全国の日蓮宗の寺を転々としていた[1]。
>1949年(昭和24年)には渡辺渡や児玉誉士夫のもとに身を寄せている。
>国内潜伏については上記のように言われているが、いずれも風説の域を出ない。
>その後1950年(昭和25年)6月に台湾経由でインドシナ半島に渡り中国国民党のための工作を行ったが、工作は一度きりで断った[1]。

ああ、なるほど。児玉機関の資金で
議員になったのか。それに戦後にも
工作目的で既に一度インドシナにも
行ってたんですね。

辻参謀の通訳の証言と一致してします。
辻議員はホーチミンと面識があったって
言ってたって、そのラオス人通訳が証言
してるんですよ。

ご存知の通り、辻参謀に議員になる為の
資金を間接的に提供した強く推察される
児玉は、CIAに協力してエージェントとして
仕事してました(本人談)ので、その息が
かかった活動をしていても全く不思議では
ないですよね。

この頃(ロッキード事件時代)のCIAは
既に元ゲーレン機関のドイツ人諜報員の
一団に乗っ取られかけてたと思うんで、
必ずしもCIAだから反日一辺倒の目的で
工作していたとは思えませんし、
昨今の日越関係もあっさり改善して
ることからも、何らかのパイプは
当時から既に存在していたものと
推察されます。憶測ですが。

こんな感じの話の流れでしょうか。

59. 2021年3月31日 15:31:59 : I8Ve3uvFN6 : Ym9ma1pZZjlVM2c=[1] 報告
>54. 2021年3月29日 22:30:44 : Gotth5c1qc : THZxRThVcmtFYWs=[1041]
>トランプの右に偏っている政権は、民主主義だとは言えな
>民主主義だと思っているしか
>言語障害
>脳タリン

散々な言い方ですね。相当恨みがあるのでしょう。
逆に言えば、ドナルド大統領もポンペオ長官も
アメリカ目線だけで言えば、中国を弱体化させる
という目線だけで言えば2人ともかなり有能に
立ち回っていたように見えましたが。
特に任期最後の数ヶ月間は。

それに右派だからと言って必ずしも民主主義と
定義付けできない訳ではないですよ。
ジョージHWブッシュ大統領みたいな人
だって居た訳ですし。

それとも今回のドミニオンの不正な選挙結果や
米最高裁の無判断が、この地救上の全ての権力者の
総意に基づいて行われたとでもお考えですか?
それなら、そういった認識は甚だ誤解に近いと思いますが。
どちらかと言えば、長年の腐敗や汚職(国家の垢)が
根本原因だったんじゃないんでしょうか。
私にはそう映りましたが。

トランプ政権を義としない側も過剰なリベラル
思想や無政府主義は認めていないし、それゆえ
ミネアポリス市の警察予算は、選挙後は打って
変わって増額された訳です。


>中国とは、話し合いを大切にする交渉をする準備が

伝統的にアメリカ民主党は東アジア諸国に
甘かったんですよ。激甘でした。
B-2ステルス爆撃機やICBMの情報とかも
くれてやっちゃってたんですから。
でも今はもうそうはいきませんよ。


>米国は、大国中国と和解、前進してゆかなければ、
>気候変動問題に対処することはできない。
>気候変動問題に対処できなければ、中共どころか、モンゴルやチベット、

温暖化対策なら石炭とガソリン消費しまくってる
中国を叩くのが一番の近道です。中国は物凄い量の
CO2排出国ですから。何しろCO2削減は、積極的に
CO2を吸着させないともう間に合わないそうなんで。

そうなれば沿岸部の国々や都市はもうオシマイかも
しれませんね。

60. 2021年4月01日 23:48:53 : pKoL0GzSV6 : QmR6anV3NU8zNVE=[181] 報告
どの生命体にとっても悪い事にならなければいいな。
61. 2021年4月15日 00:12:24 : oyZaIFcmqk : MllDcjNWVHpBMmc=[803] 報告
原発を攻撃されればお終いだよ。アンダーコントロールと言っているのだから送電を止めただけ、とされればもうどうしようもない。

それでコントロールできなければ攻撃された方が弱かったまた馬鹿だったとなるだけ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK279掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK279掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK279掲示板  
次へ