★阿修羅♪ > 医療崩壊10 > 102.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
英国、5歳から11歳の男児へのCOVID-19ワクチン接種を禁止 調査で注射が性的発達に影響することが判明 (Natural News / Spiderman886訳) 
http://www.asyura2.com/22/iryo10/msg/102.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2022 年 10 月 20 日 04:17:35: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

「英国、5歳から11歳の男児へのCOVID-19ワクチン接種を禁止
調査で注射が性的発達に影響することが判明」  
(Natural News / Spiderman886訳 2022/10/19)
https://note.com/spiderman886/n/n59aeb85c1010

2022年10月18日(火) by: アルセニオ・トレド

(ナチュラルニュース)英国の健康安全局(UKHSA)は、2022年8月末までに5歳になっていない子どもは、12歳になるまで武漢コロナウイルス(COVID-19)ワクチンの接種を受けられないと発表した。これは、このワクチンが非常に幼い男の子の性的発達に影響を与えるという調査結果を受けてのことです。

この画期的な転換は、英国政府の保健当局に助言する独立した専門家諮問委員会である英国の予防接種・免疫合同委員会(JCVI)の勧告と一致するものです。同委員会は、2月に幼い子どもへのワクチン接種を控えるよう勧告している。(関連記事 :ファイザー社は、COVID-19ワクチンが男性の生殖能力に影響を与えるかどうかのテストを行っていない)

UKHSAの発表には、保護者団体やいわゆる学者から大規模な反発があった。

ロンドン大学のクリスティーナ・パゲル教授は、「安全で効果的なワクチンがあることが分かっているのに、これは正当化できない」と主張する。「JCVI自身は、幼い子供たちにワクチンを接種するメリットがあると考えたのです-たとえ、そのほとんどがすでに感染していたとしても。

パジェルは、子供たちにCOVID-19ワクチンを提供することで、長いCOVIDを経験することを防ぎ、予防可能な重症COVID-19患者のために学校を休み、家庭のメンバー、他の子供や教師への感染を減らすと主張しています。

教授は、英国では今年後半に少なくとも1回の深刻なCOVID-19の波が起こると予想され、12歳になるまでワクチンを接種できない多くの子供たちに感染する可能性が高いと根拠なく危惧している。

JCVIとUKHSAの両者は、自分たちの決定を擁護している。後者は、12歳以下の健康な子供たちにCOVID-19ワクチンを提供するという申し出は、常に一時的なものであったと述べている。一方、JCVIは、幼い子供たちが重度のCOVID-19を発症するリスクは依然として非常に低いと述べている。

ブリストル大学小児科教授でJCVIのメンバーであるアダム・フィン氏は、幼い子どもにワクチンを接種することを選択した英国の保護者の割合はまだ少ないと指摘しています。

■ COVID-19ワクチンで男性性器の発達を阻む

英国の幼児へのワクチン接種に関する方針転換は、ナオミ・ウルフ博士が最近発表した、COVID-19ワクチンが少年に与える破壊的な影響を明らかにしたレポートが影響した可能性が非常に高い。ウルフによれば、このワクチンは思春期前の男子の精巣の発育を阻害するとのことである。

「ワクチンは精巣を傷つけ、小さな男の子、赤ん坊の男の子、10代の男の子の男らしさと第二次性徴を発達させる精巣の部分を傷つけます」と、スティーブ・バノンとの「The War Room」でのインタビューでウルフは言いました。「だから、彼らは文字通り、あなたの小さな男の子の子供[sic]が男性の人間の大人として正常に成長する可能性に害を及ぼす。

ウルフは、COVID-19ワクチンと生殖能力を結びつける証拠に関することは、男性の精子の数や運動能力の抑制についてだけではなく、ワクチンに含まれる脂質ナノ粒子が若い男の子の生殖器官に入る方法から、「もっと陰湿な何か」であると付け加えました。

ワクチン接種の普及は、すでに接種率の高い国の出生率に影響を及ぼしている。米国では、国勢調査局と国立保健統計センターのデータによると、1990年から2019年の間に、20歳から24歳の女性の出生率が43%低下したのに対し、35歳から39歳の女性の出生率は67%上昇した。

NaturalHealth365のスタッフライターであるSara Middleton氏は、高齢の女性たちはアメリカ人の最後の世代であり、"十数回の注射を特徴とする幼少期のvaxスケジュール「だけ」を持っている "と指摘しています。

"今日の若い女性達が、部分的には、幼児期の毒素への高い曝露を受けたために、出生率の低下に直面している可=性はないのでしょうか?" とMiddletonは問いかけました。

COVID-19ワクチンについては、Vaccines.newsで詳細をご覧ください。

ヘルスレンジャーのマイク・アダムスが、子供用のmRNAワクチンがいかに子供たちを永久に不妊にするために特別に作られたかを論じている「ヘルスレンジャー・レポート」のエピソードをご覧ください。

mRNA vaccines targeting children for PERMANENT INFERTILITY and depopulation
https://www.brighteon.com/05775661-54e1-4867-85b3-e5948be4390c

このビデオはBrighteon.comのHealth Ranger Reportチャンネルからです。

------(引用ここまで)-----------------------------------

ついに、英国は子どもへのCOVID-19ワクチン接種を禁止し始めました。

世界統一政府を企む連中の最重要アジェンダは人口削減ですから、
新型コロナワクチンに、男女とも、不妊になるような成分が含まれているのは
当然のことです。

それで、日本はどうかというと、0歳〜4歳児にもコロナワクチンを接種させようとしています。


(関連情報)

「ゲルト・ヴァンデン・ボッシュ博士 「本当にお願いします。
どうか、あなたの子供に新型コロナワクチンを接種しないで下さい」  (連新社訳)」
(拙稿 2022/10/16)
http://www.asyura2.com/22/iryo9/msg/889.html

「0歳〜4歳児もワクチン接種の対象に 打つ?打たない? どう考えればよい? 
(大石が深掘り解説) (CBCニュース)」 (拙稿 2022/10/15)
http://www.asyura2.com/22/iryo9/msg/889.html

------(原文引用ここから)---------------------------

「UK bans COVID-19 vaccine for boys aged 5 to 11
after investigation reveals shot affects their sexual development」
(By Arsenio Toledo Natural News 2022/10/18)
https://naturalnews.com/2022-10-18-uk-bans-covid-vaccine-affects-boys-development.html

(Natural News) The United Kingdom’s Health Security Agency (UKHSA) has announced that children who had not turned five by the end of Aug. 2022 would not be eligible for a Wuhan coronavirus (COVID-19) vaccine until they turn 12. This comes after an investigation found that the vaccine affects the sexual development of very young boys.

This groundbreaking shift aligns with recommendations from the U.K.’s Joint Committee on Vaccination and Immunization (JCVI), an independent expert advisory committee advising the British government’s health officials. The committee advised against vaccinating young children back in February. (Related: Pfizer DID NOT test its COVID-19 vaccine for possible effects on male fertility.)

The UKHSA’s announcement received massive backlash from parent groups and so-called academics.

“When we know there is a safe and effective vaccine available, this seems unjustifiable to me,” claimed Christina Pagel, a professor at University College London. “JCVI itself considered there to be a benefit to young children to be vaccinated even if most of them had already been infected.”

Pagel claimed that providing children with COVID-19 vaccines prevents them from experiencing long COVID, missing school because of preventable severe COVID-19 cases and reducing transmission to household members, other children and teachers.

The professor fearmongered without evidence that the U.K. is expected to experience at least one serious COVID-19 wave later this year, and it will likely infect many children who can’t get vaccinated until they turn 12.

Both the JCVI and UKHSA have defended their decision. The latter said the offer to provide healthy children under 12 COVID-19 vaccines was always meant to be temporary. The JCVI, meanwhile, stated that young children remain at very low risk of developing severe COVID-19.

Adam Finn, a professor of pediatrics at the University of Bristol and a member of the JCVI, noted that the proportion of U.K. parents who had chosen to vaccinate their young children remains small.

COVID-19 vaccine preventing development of male sex organs


The U.K.’s policy change regarding vaccinating young children was very likely influenced by a recent report by Dr. Naomi Wolf, which revealed the devastating effects of the COVID-19 vaccine on young boys. According to Wolf, the vaccine hinders the development of the testes of pre-adolescent boys.

“The vaccines hurt the testes and hurt the parts of the testes that develop the masculinity and secondary sex characteristics of little boys, and baby boys and teenage boys,” said Wolf during an interview on “The War Room” with Steve Bannon. “So, they literally harm the chances of your little boy child [sic] to grow up normally as a male human adult.”

Wolf added that concerning evidence linking the COVID-19 vaccines and fertility is not just about the suppression of the sperm counts or mobility of men, but “something even more insidious” because of how the lipid nanoparticles in the vaccines enter the reproductive organs of young boys.

Widespread vaccination is already affecting the fertility rates of countries with high vaccination rates. In the United States, data from the Census Bureau and the National Center for Health Statistics has found that, between 1990 to 2019, fertility rates for women between the ages of 20 to 24 declined by 43 percent, whereas fertility rates for women aged 35 to 39 increased by 67 percent.

Sara Middleton, a staff writer for NaturalHealth365, noted that the older generation of women is among the last generation of Americans “to have a childhood vax schedule ‘only’ featuring a dozen or so injections.”

“Is it possible that today’s younger females could be facing declining fertility rates, in part, because they have had higher exposures to early childhood toxins?” Middleton asked.

Learn more about the COVID-19 vaccines at Vaccines.news.

Watch this episode of the “Health Ranger Report” as Mike Adams, the Health Ranger, discusses how the mRNA vaccines for children were specifically created to make them permanently infertile.

------(原文引用ここまで)---------------------------  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年10月20日 12:04:29 : pLhHmIpzrw : cjRibFMyRXhYbE0=[4] 報告
男女ともに不妊化させて出生率を激減させつつ、免疫低下で病人や死者を量産し、超過死亡を激増させるとはまさに人工削減用としては優秀な毒チンですな、肝心の感染症には約立たずだが。

これも打つと繋がる技術と同じくDARPAの先進技術なのか、米国の怪しい研究所の成果なのかは不明ですが知らないところで恐ろしい研究が進んでいる証拠でしょう。

2. 2022年10月20日 20:30:55 : hOZSeqFwkI : blUzQ29ZMm1zelk=[580] 報告
意味がよくわからない記事です。

 男の子には「危険」。
じゃ女の子はどうなのですか。


「画期的な転換」だとか「英国は子供へのワクチン接種を禁止し始めた」との文言がありますが、元記事内容の解説にも何にもなっていない。


・男子には接種しないが女子にはする。
・年齢制限はあるが基本的には接種する。
・特別には「接種禁止」の情報はない。

 この、どこに「新しい情報」があるのでしょうか??

よく考えてもらいたい、よく考えなくても英国が今までやってきたことを考えればこういう事を英国は考える。トラス首相を見よ、朝令暮改を地で行ってる。

 英国という国は(他のDSも一緒だが)自分ら、そして男、が一番えらい。
(どうして、何故、自分らや男がえらいのか、その理由は全く私たちにはわからないのです。なぜ彼らや彼らの「男」はえらいのでしょうかね? どこが、何故、えらいのかわかんなーい。)

どうせ人類人口削減が目的なんだろうから、こういう姑息な
事を画策しないでワクチンを「打って、打って、打ちまくって」
英国人民を全滅させりゃいいじゃん、ナ。
いまさら「男子だけは打たない」とか馬鹿か。

 あの国ははっきり言ってアホです。
英国民には同情するが、しょうがない。
あんな馬鹿女王をアイドルにしている連中が一杯いる国だ。
(日本も「芸能会皇室」を愛する者が多いらしいが。)

年齢制限などしないでゼロ歳からすべての英国人にワクチンを打って打って打ちまくってもらって構わない。
やってくれ。

3. 2022年10月21日 12:37:44 : O9a4LjI4qE : b0NsaE0yNGg0Yi4=[7] 報告
日本での5〜11才の接種率は平均して2割強ほどか。
この世代の接種率が低めなのは優秀だが打たれた子供の将来が心配だ。
東北が高く、近畿や沖縄が低い傾向、洗脳民が多い県が一目瞭然。
接種率が高い地域ほど感染率も高いようで感染ブーストワクチン。
無知な親を持つと子供の将来を潰すことになるという典型的な見本。

https://twitter.com/g9xOvRhkLbyeiwt/status/1569194999987974147

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊10掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊10掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊10掲示板  
次へ