★阿修羅♪ > 医療崩壊10 > 105.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
「これは火遊びだ - 実験室で作られたパンデミックを引き起こしかねない」 専門家は、80%の致死率を持つ新しい致命的なCovid株を作成したボストン大学研究室を非難 (DailyMail) 
http://www.asyura2.com/22/iryo10/msg/105.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2022 年 10 月 20 日 12:52:17: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

EXCLUSIVE: 'This is playing with fire - it could spark a lab-generated pandemic': Experts slam Boston lab where scientists have created a new deadly Covid strain with an 80% kill rate
(DailyMail 2022/10/17)
https://www.dailymail.co.uk/health/article-11323677/Outrage-Boston-University-CREATES-Covid-strain-80-kill-rate.html

「これは火遊びだ - 実験室で作られたパンデミックを引き起こしかねない」。専門家は、科学者が80%の致死率を持つ新しい致命的なCovid株を作成したボストン大学研究室を非難

・ 研究者たちは、オリジナルの武漢Covid株にオミクロンのスパイクタンパク質を加えた
・ オミクロンのスパイクは高度に変異しており、これまでで最も感染力の強い変異型となった
・ ボストン大学の研究室では、この菌株に感染したマウスの10匹中8匹が死亡した

ボストン大学の科学者たちが実験室で致死的な新種のCovid株を作り出したことが明らかになり、「火遊び」をしていると非難されている。

DailyMail.comによれば、この研究チームはオミクロンとオリジナルの武漢株を組み合わせたハイブリッド・ウイルスを作り、その結果80パーセントのマウスが死亡したという。

この発覚により、同様の行為がこのパンデミックを引き起こしたかも知れないという懸念にもかかわらず、米国でさえも危険なウイルス操作の研究が続けられていることが明らかになった。

イスラエル政府の主要科学者であるシュムール・シャピラ教授は、「これは火遊びであり、完全に禁止されるべきだ」と語った。

機能性研究の獲得 - ウイルスを意図的に操作して感染力や致死性を高めること - がCovidの起源の中心にあると考えられている。

最初のクラスター発生場所からわずか数キロのところにある中国の研究所では、コウモリのコロナウイルスに関する同様の研究が行われていた。

しかし、米国では2017年以降、この行為が大きく制限されている。

ニュージャージー州ニューブランズウィックにあるラトガース大学の化学者、リチャード・エブライト博士は、DailyMail.comに次のように語った。「この研究は、機能獲得研究の明確な一例です」

さらに、「もし私たちが次の実験室で作られたパンデミックを避けるためには、潜在的なパンデミック病原体研究の監視を強化することが不可欠です」と述べている。

まだ査読されていない新たな研究によると、ボストンとフロリダの研究チームは、オミクロンのスパイクタンパク(ヒトの細胞に結合して侵入するユニークな構造)を抽出した。

このタンパク質は常にウイルスに存在していたが、時間の経過とともに進化してきた。オミクロンは、そのスパイクタンパク質に数十の変異があり、それが感染力を高めている。

研究者たちは、オミクロンのスパイクを、パンデミック開始時に武漢で最初に出現したオリジナルの野生型株に付加した。

研究者たちは、この新しいハイブリッド株とオリジナルのオミクロン変異株とで、マウスがどのような経過をたどるか調べた。

同じようなマウスのグループを標準的なオミクロン株にさらすと、全員が生き残り、「軽い」症状しか出なかった。

論文では、「...マウスでは、オミクロンが軽症で致命的でない感染を引き起こすのに対し、オミクロンSを保有するウイルスは80%の死亡率の重症を引き起こす」と書かれている。

研究者らは、スパイクタンパクが感染力を担っている一方で、その構造の他の部分の変化が致死性を決定していることを示唆している、と論文で述べている。

エブライト博士はDailyMail.comに、「この研究は、懸念される機能獲得研究と潜在的なパンデミック病原体(ePPP)研究の強化の明確な例です」と語った。

「この新しい米国政府のePPP研究は、パンデミックを引き起こした可能性のある武漢ウイルス研究所のキメラSARS関連コロナウイルスに関する以前の米国政府のePPP研究のように、米国政府の政策で義務づけられている事前のリスク・ベネフィット・レビューを受けていないように見えることが特に問題です」

「もし私たちが次に実験室で作られるパンデミックを避けるためには、ePPP研究の監視を強化することが不可欠です」

「ePPP研究のリスク・ベネフィット評価を事前に義務付ける既存のポリシーに従うことが必須であり、既存のポリシーに繰り返し違反して国民を危険にさらした米国政府機関の当局者は責任を負わなければなりません」

英国のイースト・アングリア大学の微生物学教授であるデビッド・リバモア教授はDailyMail.comに、「Covidの大流行は、武漢の実験室で操作されたコロナウイルスが漏れたことに由来するという強い可能性を考えると、これらの実験は非常に愚かであると言える」と述べた。

機能獲得研究は、2017年に国立衛生研究所が政府資金を使って行うことを認めるようになるまで、アメリカでは広く制限されていた。

不用意にパンデミックを引き起こす可能性があるという懸念から、2014年から2017年まで研究を停止していた。

この研究は、ウイルスを操作して致死性や感染力を高めるもので、将来の大発生に先手を打つことを期待している。

ボストン大学は、この実験が機能獲得ではないと反論し、研究は機関バイオセーフティ委員会(IBC)とボストン公衆衛生委員会の審査を受けて承認されたと付け加えた。

広報担当者は、「この研究は、他の関連機関が行った同様の研究の結果を反映し、補強するものです。最終的には、この研究は、将来のパンデミックに対抗するための、より良い、的を絞った治療介入につながることで、公共の利益をもたらすでしょう」と述べている。

Covidは、公式には武漢の海鮮市場で動物からヒトに感染したと考えられているが、そうではないと推測する人もいる。

武漢ウイルス研究所(WIV)は、このウイルスが武漢で発生する前に、類似の株に関する機能研究を進めていた。

研究室で開発されていた病原体が従業員に感染し、その結果、世間に漏れたという説もある。

ボストンの科学者たちは同様の研究を行っており、研究室で培養したヒトの肺細胞に異なる株がどのような影響を及ぼすかを調べていた。

Covidはスパイクタンパクでヒトの細胞に取り付き、健康な細胞に自分自身のコピーを作るように指示する。

科学者たちは、それぞれの変異体が健康な細胞にどれだけのコピーを作らせたかを測定した。

その結果、ハイブリッド株はオリジナルのオミクロンに比べ5倍ものウイルス粒子を生成することが分かった。

科学者たちは、このハイブリッド・ウイルスがマウスに起きたような致命的な被害を人間に与えることはないだろうと認めている。

というのは、使用された特定の品種の実験用マウスは深刻なCovid疾患に非常にかかりやすいからである。また、マウスとヒトではウイルスに対する免疫反応も全く異なる。

(以下略)

-------(翻訳ここまで)------------------------------------

大変深刻な問題です。

機能獲得実験は、ウイルス兵器を作る以外には全く意味がありませんから、
全面的に禁止すべきですね。



-------(原文引用ここから)---------------------------

・ Researchers added Omicron's spike protein to the original Wuhan Covid strain
・ Omicron's spike is highly mutated which made it the most infectious variant ever
・ Eight in 10 mice infected with the lab-created strain died at Boston University lab

Boston University scientists were today condemned for 'playing with fire' after it emerged they had created a lethal new Covid strain in a laboratory.

DailyMail.com revealed the team had made a hybrid virus ― combining Omicron and the original Wuhan strain ― that killed 80 per cent of mice in a study.

The revelation exposes how dangerous virus manipulation research continues to go on even in the US, despite fears similar practices may have started the pandemic.

Professor Shmuel Shapira, a leading scientist in the Israeli Government, said: 'This should be totally forbidden, it's playing with fire.'

Gain of function research - when viruses are purposefully manipulated to be more infectious or deadly - is thought to be at the center of Covid's origin.

A Chinese laboratory located just miles from the first cluster of cases carried out similar research on bat coronaviruses.

But the practice has been largely restricted in the US since 2017.

Dr Richard Ebright, a chemist at Rutgers University in New Brunswick, New Jersey, told DailyMail.com that: 'The research is a clear example of gain of function research.

He added: 'If we are to avoid a next lab-generated pandemic, it is imperative that oversight of enhanced potential pandemic pathogen research be strengthened.'


In the new research, which has not been peer-reviewed, a team of researchers from Boston and Florida extracted Omicron's spike protein ― the unique structure that binds to and invades human cells.

It has always been present in the virus but has become more evolved over time. Omicron has dozens of mutations on its spike protein that made it so infectious.

Researchers attached Omicron's spike to the original wildtype strain that first emerged in Wuhan at the start of the pandemic.

The researchers looked at how mice fared against the new hybrid strain compared to the original Omicron variant.

When a similar group of rodents were exposed to the standard Omicron strain, however, they all survived and only experienced 'mild' symptoms.

Writing in the paper, they said: ‘In...mice, while Omicron causes mild, non-fatal infection, the Omicron S-carrying virus inflicts severe disease with a mortality rate of 80 percent.’

The researchers said it signaled that while the spike protein is responsible for infectivity, changes to other parts of its structure determine its deadliness.


Dr Ebright told DailyMail.com: 'The research is a clear example of gain of function research of concern and enhanced potential pandemic pathogen (ePPP) research.

'It is especially concerning that this new US-government ePPP research - like the previous US-government ePPP research on chimeric SARS-related coronaviruses at Wuhan Institute of Virology that may have caused the pandemic - appears not to have undergone the prior risk-benefit review mandated under US-government policies.

'If we are to avoid a next lab-generated pandemic, it is imperative that oversight of ePPP research be strengthened.

'It is imperative that the existing polices mandating prior risk-benefit assessment of ePPP research be followed, and it is imperative that officials at US-government agencies who repeatedly have placed the public at risk by repeatedly violating the existing policies be held accountable.'

Prof David Livermore, a professor of microbiology at the UK's University of East Anglia told DailyMail.com: 'given the strong likelihood that the Covid pandemic originated from the escape of a lab-manipulated coronavirus in Wuhan, these experiments seem profoundly unwise.'


Gain of function research was largely restricted in the US until 2017, when the National Institutes of Health began to allow it to take place using government funds.

Previously it had been halted from 2014 to 2017 over concerns that it could lead to the inadvertent creation of a pandemic.

The research involves tinkering with viruses to make them more lethal or infectious - with the hopes of getting ahead of a future outbreak.

The University of Boston refuted that the experiments are gain of function, adding that the research was reviewed and approved by the Institutional Biosafety Committee (IBC) and the Boston Public Health Commission.

A spokesperson said: 'This research mirrors and reinforces the findings of other, similar research performed by other organizations.

'Ultimately, this research will provide a public benefit by leading to better, targeted therapeutic interventions to help fight against future pandemics.'

While Covid is officially believed to have been transmitted from an animal to a human - likely from a bat - in a Wuhan wet market, some speculate otherwise.

The Wuhan Institute of Virology (WIV) was performing gain of function research on similar strains before the virus emerged in the city.

Some believe that the pathogen being developed in the lab infected employees, and escaped into the world as a result.

The Boston scientists were performing similar research, and looked at different strains' effect on human lung cells that were grown in the lab.

Covid latches onto human cells with its spike protein, and instructs healthy cells to produce copies of itself.

Scientists measured how many copies each variant caused the health cells to produce.

They found the hybrid strain produced five times more viral particles than the original Omicron.

The scientists admit the hybrid virus is unlikely to be as deadly in humans as it was in mice.

This is because the specific breed of lab mice used are very susceptible to severe Covid disease. Mice and humans also have very different immune responses to the virus.

-------(原文引用ここまで)---------------------------  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. [1359] iKQ 2022年10月20日 16:13:16 : y5tSktzi0c : QXNpTVRDN0M5d1E=[258] 報告

 人類の 自殺行為だよね〜〜 SFが 現実化する

 小説家の発想だけだったものが 誰にでも作れる時代になる

 自殺願望の人が 人類全体を 道ずれにするかもしれない
 

2. 2022年10月20日 22:49:05 : fppyFcHFMM : SnJvVmhPUGNCcjI=[4] 報告

ろくでもない毒ワクチンしか作れないくせに、
治療することを考えろよ。
3. 2022年10月20日 22:53:26 : gs3aP8EzWY : RkFRUXhnR0piMGc=[327] 報告
相変わらず日本のTVメディアは、ワクチンに関係した話や米国に不都合ない話は報道しないようです。
無論、先日の欧州議会でのファイザー幹部の証言も全く伝えていません。

他国では、ファイザー幹部の証言や米国ボストン大の論文"致死率80%の組み替えコロナウイルス"で大騒ぎだというのに。日本のメディアは、最低限の伝える役割さえ果たしていませんね。

先ほどまで見ていた某公共放送の国際ニュースでは、ロシアが不利な戦況になっている…と、長〜い尺を取って嬉々として報道していました。
テロである、ノルドストリーム爆発やクリミア橋爆発は、軽く流しただけだったのとは対照的でした。
でも、日本は未だに、サハリン2から天然ガスを輸入し続けていることは、一言も言いません。
キッシーもメディアも、"ウクライナ応援・ロシア悪"一色ですが、これが止まったらキッシーのお膝元が最も困るのでは?


[米ボストン大学の研究者たちが、ヒト化マウスで「80%の致死率を持つ組換えコロナウイルス株」を作成したと論文で発表 (勘弁しろよ)。その名は、オミクロンS 2022年10月18日(in deep)]
https://indeep.jp/omicron-s-is-born-now/

『ボストン大学は、マウスで80%の死亡率を持つCOVID株を作成した』
ゼロヘッジ、英デイリーメール、英テレグラフなどが一斉に報じていました。
この論文の概要には、以下のよう書かれています。

オミクロンの感染力を高めている理由を研究する取り組みの一環として、国立衛生研究所 (NIH)と、アンソニー・ファウチ氏が所長をつとめる国立アレルギー・感染症研究所 (NIAID) からの助成金によって一部資金が提供されたこの研究は、オミクロンのスパイクタンパク質を Covid-19 の元の菌株(武漢株)に変換した。結果として得られたウイルスは、オミクロンの 5倍の感染力を持っていた。

・致死率 80%
・ワクチンの免疫を完全に回避する
・感染率はオミクロンの5倍

論文を読む限り、意図的に致死率を上げたということではなく、「組み換えたらそうなった」ということのようです。


[致死率80%のコロナウイルスを巡る世論の混乱。しかし本当の問題は何かというと(in deep)]
https://indeep.jp/we-know-how-to-make/

研究に資金援助したことが論文に記されているアメリカ国立アレルギー感染症研究所 (NIH)のトップ職員が、「この研究が行われていることを知らなかった」と述べていたことでした。
所長のアンソニー・ファウチ氏が知らなかったかどうかはわからないですが、他の上級職員たちには通知されないまま、この研究が行われたようです。
「最大の問題は何か」ということがあります。

それは何かというと、「論文として発表されてしまった」ことです。
論文には「どのように作成したか」が書かれています。
何より大きなこととしては、「多くの個人が(これを)知った」ことです。

4. 2022年10月20日 23:07:39 : gs3aP8EzWY : RkFRUXhnR0piMGc=[328] 報告

Max@universalsoftw2
(既出詳細)ボストン大学の研究者、より致死性の高いCOVID変異株を実験室で新たに開発したと主張;マウスの実験では致死率80%
 ボストン大学の研究者は、オミクロン変異株のスパイクタンパク質を武漢株に挿入し、新変異株を開発した。

 ボストン大学の研究者は、中国に端を発した世界的なパンデミックを引き起こしたとされる一連の同様の実験を経て、致死率が80%の新しいCOVID変異株を開発したと発表した。

 この変異株は、オミクロン株と武漢のオリジナルウイルスを組み合わせたもので、これに感染したマウスの80%が死亡したという。
オミクロン株のみに感染したマウスは、軽い症状が出ただけだった。

 この研究は、フロリダとボストンの科学者チームが、ボストン大学の国立新興感染症研究所の中で行った。

 研究チームは、オミクロン株からスパイクタンパク質を抽出し、それを中国の武漢で始まったパンデミック発生時に最初に検出されたウイルス株に挿入した。そして、このハイブリッド株にマウスがどのように反応するかを記録した。
「マウスの実験では、オミクロン株に感染させたマウスは軽い症状を呈しただけで死ななかったが、オミクロンSを挿入されたウイルスに感染したマウスは重症化し、致死率は80%であった」と研究論文は書いている。

この新変異株は、オミクロン株の亜種に比べて5倍の感染力のあるウイルス粒子を保有しているという。

 COVID-19は武漢のウェットマーケット(新鮮な農産物、魚、肉などを売る市場)から最初に検出されたが、多くの人はこのウイルスが武漢ウイルス研究所で操作されたものだと考えている。世界保健機関(WHO)は、最も重要な初期の危機管理に対する批判にさらされ続けている。

 オミクロン株の亜種は、ワクチン接種完了者にも感染するほど感染力が強い。研究者によれば、スパイクタンパク質が感染率に関与しており、ウイルス構造の他の変化がその致死性を決定している。
https://mobile.twitter.com/universalsoftw2/status/1582135692620337152

5. 2022年10月21日 10:44:44 : SSTyzELpAE : aTE0bFdrU1ZlN0k=[1] 報告
  
たすけてーー! 
ミクロイドS!!!
オミクロンSをやっつけてぇーーーー!!!

https://www.youtube.com/watch?v=AVSIXwgjEM8
 

6. 2022年10月21日 15:11:12 : w3rs33rtbo : UVpXblRPTWpndWM=[8] 報告
アメリカって政府もそうだが、ほんろろくでもない国だな

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊10掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊10掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊10掲示板  
次へ