★阿修羅♪ > 医療崩壊10 > 128.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
コロナワクチンによるスパイクタンパクは心臓と脳で検出された: vaccinesに掲載された論文から (荒川央) 
http://www.asyura2.com/22/iryo10/msg/128.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2022 年 10 月 25 日 03:16:36: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 


「コロナワクチンによるスパイクタンパクは心臓と脳で検出された:
vaccinesに掲載された論文から」 (荒川央 2022/10/19)
https://note.com/hiroshi_arakawa/n/nb395c52116f3

コロナワクチンは筋肉注射されますが、ワクチンが接種部位に留まるとは限りません。全身に運ばれ、最も蓄積する部位は肝臓、脾臓、卵巣、副腎です。しかも、スパイクタンパクは接種4ヶ月後にも検出される事が分かっています。抗体依存性自己攻撃 (ADAA) が誘発されれば、スパイクタンパクを発現する臓器が免疫系の攻撃対象となります。実際、コロナワクチンの後遺症として心膜炎、心筋炎が報告されており、またスパイクタンパクは血液脳関門を透過しますので、脳への損傷も懸念されます。

ここでは、コロナワクチン3回目接種後に亡くなった男性の脳と心臓からスパイクタンパクが検出された症例を紹介します。この男性はコロナ感染歴が無く、また症例でヌクレオカプシドは検出されなかったので、このスパイクタンパクはコロナワクチン由来のものと考えられます。今回の報告は、コロナワクチン由来のスパイクタンパクが脳に発現しうる事を証明し、スパイクタンパクが脳細胞壊死の原因となった可能性を提示しています。


A Case Report: Multifocal Necrotizing Encephalitis and Myocarditis after BNT162b2 mRNA Vaccination against COVID-19
Michael M rz (2022) vaccines
https://www.mdpi.com/2076-393X/10/10/1651



症例報告:COVID-19に対するBNT162b2 mRNAワクチン接種後の多巣性壊死性脳炎と心筋炎について

今回報告するのは、3回目のCOVID-19ワクチン接種後3週間で死亡した76歳男性パーキンソン病 (PD) の症例である。この患者は2021年5月にChAdOx1 nCov-19ベクターワクチンを初回接種し、その後BNT162b2 mRNAワクチンを2021年7月と12月に2回接種している。死亡前の臨床症状が曖昧であったため、遺族から剖検を依頼された。死後検査によりPDが確認された。さらに、誤嚥性肺炎と全身性動脈硬化症の徴候が認められた。しかし、脳の病理組織学的分析では、急性血管炎 (主にリンパ球性)、グリアおよびリンパ球反応を含む顕著な炎症を伴う原因不明の多巣性壊死性脳炎など、これまで疑われなかった所見が発見された。心臓では、慢性心筋症の兆候に加え、軽度の急性リンパ組織球性心筋炎と血管炎がみられた。この患者にはCOVID-19の既往はなかったが、SARS-CoV-2抗原 (スパイクタンパクとヌクレオカプシドタンパク) の免疫組織化学的検査を行ったところ、スパイクタンパクのみが検出された。驚いたことに、脳と心臓の炎症巣内、特に小血管の内皮細胞にはスパイクタンパクのみが検出され、ヌクレオカプシドタンパクは検出されなかった。ヌクレオカプシドタンパクが検出されなかったことから、スパイクタンパクの存在は、ウイルス感染ではなく、ワクチン接種に起因するものであると考えなければならない。この結果は、遺伝子ベースのCOVID-19ワクチンによる脳炎と心筋炎の既報を裏付けるものである。


ワクチン3回目接種から3週間後に亡くなった76歳男性の症例です。男性にはパーキンソン病の病歴がありました。男性は2021年5月にアストラゼネカのコロナワクチン (ChAdOx1 nCov-19 アデノベクターワクチン) を初回接種当日に顕著な循環器系の副作用が出現し、主治医への相談を繰り返しました。その後、2021年7月にファイザーのコロナワクチン (BNT162b2 mRNAワクチン) を2回目接種後、明らかな行動、心理的変化が生じました。男性は触られる事を拒否し、不安の増大、無気力、家族からの引きこもりなどを示しました。さらに、パーキンソン病の症状が著しく悪化して重度の運動障害に繋がり、車椅子のサポートが何度も必要になりました。

男性は2回目接種後これらの副作用から完全に回復する事はなかったにも関わらず、2021年12月に再度ワクチン接種を行いました。3回目接種 (ファイザーワクチンの2回目接種) から2週間後、男性は夕食時に突然倒れました。咳や食べ物の誤嚥の兆候はなく、ただ黙って倒れていました。その後、男性は多少回復しましたが、1週間後に再び食事中に突然倒れました。救急隊を呼び、1時間以上の蘇生に成功した後、病院に搬送され、人工呼吸が行われましたが、間もなく死亡しました。臨床診断は誤嚥性肺炎による死亡でした。男性には過去にコロナ感染の臨床、検査診断の履歴はありませんでした。

剖検を行なった著者は男性の脳と心臓で免疫組織化学的染色を行い、コロナウイルスのスパイクタンパクとヌクレオカプシドの存在を検証しました。

図9は脳の前頭葉です。スパイクタンパクサブユニット1に対する抗体染色は茶色の顆粒として見えるものです。脳でスパイクタンパクが陽性反応を示しており、血管内皮細胞とグリア細胞で検出されています。図から見て取れるのは、スパイクタンパクを発現する細胞は1つではなく、多数の細胞に広がっているという事です。

図10は脳の赤核 (nucleus ruber)です。ラテン語でnucleus「核」、ruber「赤」、つまり「赤い核」は中脳の神経細胞の集まりです。毛細血管の膨潤した内皮においてスパイクタンパクが豊富に存在しています。単核炎症細胞の浸潤があり、急性の炎症が起こっていると考えられます。図9や図10に示されるように、スパイクタンパクは脳に発現していました。一方、ヌクレオカプシドは、対応するどの組織切片にも検出されませんでした。

図13は心臓左心室です。心臓でもスパイクタンパクに陽性反応が出ています。スパイクタンパクは毛細血管内皮細胞に豊富に存在しています。やはりヌクレオカプシドタンパクは、対応するどの組織切片にも検出されませんでした。


76歳の死亡男性患者はパーキンソン病であり、主な死因は誤嚥性肺炎とされました。死後所見によると、さらに壊死性脳炎と血管炎が死亡の主因と考えられました。また、心筋線維化を伴う軽度のリンパ組織球性心筋炎と全身性動脈硬化症があり、これらも男性の体調悪化の一因となったと思われます。

心筋炎は比較的軽度でしたが、脳炎は顕著な多巣性壊死をもたらし、致命傷につながった可能性があります。脳炎はしばしばてんかん発作を引き起こします。剖検で見つかった舌の咬傷は、この症例でてんかん発作が起こった事を示唆しています。コロナワクチン関連脳炎でてんかん重積状態を呈した症例は過去にも数例報告されています。

本症例の臨床経過は、コロナワクチン接種と顕著に関#しています。2021年7月の2回目接種後、男性には顕著な行動、心理的変化が起こりました。パーキンソン病症状の著しい進行が突然始まり、重度の運動障害と車椅子でのサポートが再三必要となりました。ここから完全に回復する事はありませんでしたが、それでも男性は2021年12月に再びワクチン接種を受けたのです。

この3回目接種の2週間後、夕食をとっているときに男性は突然倒れました。咳などの食物誤嚥の兆候はなく、ただ椅子から倒れました。このため、この突然の昏倒は本当に誤嚥性肺炎によるものなのか、という疑問が生じました。懸命な再救命処置の結果、男性は多少回復しましたが、その1週間後には再び食事中に突然無言で倒れました。その後、蘇生には成功したものの、病院に移送された後に人工的な昏睡状態にさせられ、そのまま間もなく死亡しました。臨床診断は誤嚥性肺炎による死亡でしたが、コロナワクチン接種後の症状に疑問があったため、家族は解剖を依頼しました。

脳と心臓の問題から、特に小血管、それも内皮が冒されていると考えられました。内皮機能異常は、ウイルス感染時の凝固促進状態、微小血管の漏出、臓器虚血を誘発し、臓器機能障害に大きく関与している事が知られています。この患者にはコロナ感染の既往はありませんでしたが、免疫組織化学的検査を行った結果、スパイクタンパクが検出されました。スパイクタンパクの存在は、脳 (特に毛細血管内皮) と心臓の小血管の急性炎症部位で実際に証明されました。ここで重要な事はヌクレオカプシドが検出されなかった事です。つまり、今回の症例で心臓と脳に検出されたスパイクタンパクは、感染ではなくワクチン接種によるものであると考えられます。

スパイクタンパクに対する抗体は、スパイクタンパクを発現する細胞を傷害する事が分かっています。この症例のように、コロナワクチンによるスパイクタンパクが脳で発現すると、炎症や脳細胞壊死の原因となる可能性があります。実際、コロナワクチン接種の後遺症としてのブレインフォグや認知機能障害が問題になりつつあります。コロナワクチンとの関連で脳炎や脳脊髄炎が多数報告されており、ワクチン接種との因果関係が強く疑われているのです。また、スパイクタンパク自体が血管の周皮細胞や内皮細胞に対して毒性がある事がわかっています。

この症例のように、コロナワクチンによるスパイクタンパクが脳で発現すると、脳における炎症や神経細胞壊死の原因となる可能性があります。神経のシナスに炎症が起きると運動機能障害、認知機能障害などの多彩な神経症状を引き起こすでしょう。実際、コロナワクチン接種の後遺症としてのブレインフォグや歩行困難、倦怠感なども問題になりつつあります。コロナワクチンとの関連で脳炎や脳脊髄炎が多数報告されており、ワクチン接種との因果関係が強く疑われているのです。例えば、もし、自動車等の運転中にてんかん発作や意識喪失が起これば、重大事故にもつながりかねません。また、子供へのワクチン接種が進む中、ワクチン後遺症としての青少年の脳の障害や認知症発症が懸念されます。

------(引用ここまで)--------------------------------

荒川央先生の記事です。

画像は3つあるので、ぜひ元記事を見てください。

とても深刻で、言葉を失います。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年10月25日 09:55:30 : BK9bMiLNCM : VHloYnNxYkp2aHc=[268] 報告
非常に優れた研究成果である。スパイクの毒性がこれで客観的に世界に証明された。
毒を撃ち込む毒チンであるという主張がまったく正しかったのだ。

ただ、次の段階としては、このmRNA注射が、実際にはそのもっとも重要な部分ではおそらくウイルスではなく、ナノテクノロジーの産物であるかどうかについての考察である。
キングストンの最近の爆弾発表、スパイクたんぱくは実はナノテクとくっついていた、という暴露。

重要!重要!重要!
「ところで、スパイクタンパクは、人工知能磁性ハイドロゲルから作られたナノウェポン技術の3つの特許のCADファイル(コンピューターアニメーション化したデザインファイル)と実際に一致しました」。

「スパイクタンパクとは、この脂質ナノ粒子のことです。それは磁化された脂質ナノ粒子で、CRISPR-Cas9技術と『キュービソーム』というものを搭載したMPEGと呼ばれています。そして、AIナノウェポンは...スパイクタンパクにそっくりです。そして、そのスパイクは実際には細胞を貫通するプローブなのです。」

「ラルフ・バリックが国防高等研究計画局(DARPA)に提出した特許では、エアロゾル攻撃で送達可能で、水中でも食品中でも送達可能です。つまり、人々が感染したのは人工知能の寄生虫だったのです」。

「そこで問題なのは、これが伝染すると言っている専門家たちは、彼らを信用するのか?それとも、視聴者に見せている証拠の数々を信用するのか?私たちはガス抜きされたわけです。」

「悪魔がこれまでにやった最大の策略は、自分が存在しないことを世界に教えることでした。私たちは、コロナウイルスが人々に感染するという概念に気を取られています。そして、専門家や、あなたの番組で証言した人たちが、「人々は磁気を帯びている。人々は奇妙な神経学的で、中枢神経学的機能不全を抱えている」と言うのです。」

「私たちは、自己組織化するナノテクノロジーを顕微鏡で見ています。私たちは、注射された人々とその自己組織化ナノテクノロジーを顕微鏡で見ているのに、悪そのものを無視しているのです。」

この部分を科学的に検証すればよい。
すなわち、生体、または遺体からこれを検証する事実を、見出すこと。

2. 2022年10月25日 09:58:29 : BK9bMiLNCM : VHloYnNxYkp2aHc=[269] 報告
>>>男性は2回目接種後これらの副作用から完全に回復する事はなかったにも関わらず、2021年12月に再度ワクチン接種を行いました。3回目接種 (ファイザーワクチンの2回目接種) から2週間後、男性は夕食時に突然倒れました。咳や食べ物の誤嚥の兆候はなく、ただ黙って倒れていました。その後、男性は多少回復しましたが、1週間後に再び食事中に突然倒れました。救急隊を呼び、1時間以上の蘇生に成功した後、病院に搬送され、人工呼吸が行われましたが、間もなく死亡しました。臨床診断は誤嚥性肺炎による死亡でした。男性には過去にコロナ感染の臨床、検査診断の履歴はありませんでした。>>>

身近に「誤嚥性肺炎」で急死したと報告された高齢女性がいる。ホーム暮らし。老人が死んだから、「老衰」だの「誤嚥性肺炎」だの、きちんと解剖することもなく、結構安易に日本では病名が付けられている。
これから、大量に老人が「誤嚥性肺炎」で死ぬことになるだろう。

しかし、真実は毒チンによる死なのである。

3. 2022年10月25日 10:06:16 : 9a4XYJrnDY : Q0QweC45UlAzb1E=[924] 報告
この冬から来年にかけての脳梗塞、心筋梗塞が懸念される。
4. 2022年10月25日 10:09:47 : BK9bMiLNCM : VHloYnNxYkp2aHc=[270] 報告
>>>驚いたことに、脳と心臓の炎症巣内、特に小血管の内皮細胞にはスパイクタンパクのみが検出され、ヌクレオカプシドタンパクは検出されなかった。ヌクレオカプシドタンパクが検出されなかったことから、スパイクタンパクの存在は、ウイルス感染ではなく、ワクチン接種に起因するものであると考えなければならない。この結果は、遺伝子ベースのCOVID-19ワクチンによる脳炎と心筋炎の既報を裏付けるものである。

多くの大量死の死因は、スパイクたんぱくによるものである。ウイルスが実際に感染していようがいまいが、キングストンのいう人工知能ナノウェポンは、ヌクレオカプシドなどまったく必要としていない。

さて、ここで二つの可能性がある。
1)新型コロナウイルスは存在し、SARS-CoV-2が病理現象を引き起こしている。
2)SARS-CoV-2は、ナノテクノロジーなしには、人体への有害性を十分に発揮できない。すなわち、SARS-CoV-2の本体は、ウイルス感染ではなく、「スパイクたんぱくと結合された磁化された脂質ナノ粒子」である。

どちらが正しいか、今後も検証する必要あり。

私は二つの可能性以外の第三の可能性を見ている。
1)による感染もある。すなわち、エアロゾル感染するように、SARS-CoV-2は人工的に研究室で変異させられ、そのような有毒なウイルスが存在している。
しかし、同時に2)としての「スパイクたんぱくと結合された磁化された脂質ナノ粒子」もラボで作られ、それこそが今回の大量殺人の陰のキラーである。
1)と2)を同時に遂行することによって、愚民から2)の存在を覆い隠すために、1)と組み合わせて世界にばらまいた。

日本の医学者、ウイルス学者、免疫学者はこの戦いに勝てない。
なぜなら、彼らは自らの手でワクチンの瓶の中身そのもの、接種して病気になった人の血液そのものを、検証して、写真に撮り、解明していないから。
だから、彼らがこれほどまでに、無力なのだ。

5. ひるま[44] gtCC6YLc 2022年10月25日 22:12:08 : KowZVGX3Qc : U3FSNEhPcDhzMFU=[2] 報告
どんなワクチンでも全身に廻りますよ。
もちろん、脳にも。
もっと根拠ある話にしましょうよ。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊10掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊10掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊10掲示板  
次へ