★阿修羅♪ > 医療崩壊9 > 290.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
カナダの研究者が、モデルナとファイザーのCovid注射剤にカーボンナノテクとツリウムを発見 (The Expose) 
http://www.asyura2.com/22/iryo9/msg/290.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2022 年 5 月 30 日 08:23:24: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 


「Canadian Researchers Find Carbon Nanotech and Thulium in Moderna and Pfizer Covid Injections」
(The Expose 2022/5/27)
https://expose-news.com/2022/05/27/carbon-nanotech-and-thulium-in-covid-injections/

「カナダの研究者が、モデルナとファイザーのCovid注射剤にカーボンナノテクとツリウムを発見」

ダニエル・ナガセ博士は、ファイザー社とモデルナ社のCovid注射剤に含まれる成分の電子顕微鏡画像を検討した結果、不思議なことにファイザー社とモデルナ社の「ワクチン」の中身には、mRNAやDNAなどの生体物質の証拠がないことを明らかにした。

ナガセ博士はカナダの救急医で、2021年にアルバータ州中央部の病院でイベルメクチンによるCovid患者の治療に成功したため、不本意な休職に追い込まれた人物である。 その後、アルバータ州からブリティッシュ・コロンビア州(BC州)を巡り、Covidの治療法について集会で講演している。ナガセ氏は、家族が "ワクチン "の影響で死亡したと思われる人々の医療記録を確認しながら、「法制度について多くのことを学んでいる」と述べている。

以下のビデオでは、ナガセ医師がWestern Standardの記者である自分の調査結果についてメラニー・リスドンと話している。

ナガセ博士は、ファイザー社とモデナ社のCovid注射のサンプルを入手することができた。 「残念なことに、これらのサンプルは両方とも、様々な車で長期間運搬しなければなりませんでした。そのため最大で2ヶ月間、冷蔵されていない状態だったのです。どれくらいの期間、冷蔵されていなかったかは正確にはわかりません」と述べている。

最初に研究グループは、このモデナとファイザーのサンプルを通常の顕微鏡で観察した。非常に興味深い画像がたくさんあったのだが、いったい何が見えているのか、決定的なことはわからなかった。そこで、電子顕微鏡を使って、この「ワクチン」がどんな元素を含んでいるかを調べた。

「炭素、酸素、窒素、リンなど、通常タンパク質に含まれるものがすべて見つかるはずなのですが」と彼は言った。 研究チームは炭素と酸素を発見したが、窒素とリンはどのサンプルにも含まれていなかった。

「X線分光法では窒素もリンも検出されませんでした。ですから、もしあの複雑な形状、つまりすべての点が格子状に配置された長方形が、何らかの生物学的プロセスの結果であるならば、、、そこには炭素と酸素に加えて、窒素とリンがあるはずです。なぜなら、ウイルスであれ、植物であれ、動物であれ、すべての生物は窒素、炭素、酸素、リンを含むタンパク質からできているからです」

電子顕微鏡でも同じで、窒素もリンもないことがわかった。

「カナダのどこかで採取されたこの特別なモデルナのサンプルにはRNAがありません。mRNAがないのです。あるいは、もしmRNAがあったとしても、1-2ヶ月の間、冷蔵せずに放置した後、どういうわけか消滅してしまったのです」と彼は言う。

ナガセ博士は、モデルナのサンプルの中にあった「足が生えたボール」を調べた。「この足が生えた玉のような形は、なぜかアルミニウムが含まれているんです。これはカビの胞子や他の種類の生物学的汚染ではないと断言できます。なぜなら、これに含まれているのは炭素と酸素だけで、生物由来であることを示す窒素やリンの証拠はありません。つまり、成長しているものは非生物的なものです」

これは、ポーランドの生物学者で地質学者のフランク・ザレフスキ博士が昨年発見し「アレ」と呼んだもの、あるいは後にラ・キンタ・コラムナによって「ナノオクトパス」と呼ばれたものを裏づけるものだ。

「頭が1つ、足が3つあるようです。成分はアルミニウム、臭素、炭素です」とザレフスキー博士は語った。彼は、「アレ」の頭部がアルミニウムでできていることを突き止めた。

ナガセ博士とその研究者たちが行った驚くべき新発見は、ファイザーのサンプルから見つかった繊維状の構造の中に、ランタノイド系列の珍しい元素であるツリウムが含まれていたことである。

2022年4月20日編集のWikipediaによると、
「ツリウムはランタノイドの中で2番目に量が少ない...銀灰色の明るい光沢を持つ加工しやすい金属である。かなり柔らかく、空気中でゆっくりと変色する。高価で希少だが、ツリウムは携帯用X線装置の放射線源として、また一部の固体レーザーで使用されている。自然界に純粋な形で存在することはなく、他の希土類と一緒に鉱物の中に少量含まれている。 現在の主供給源は中国南部のイオン吸着粘土である」

ナガセ博士と研究者たちは、検査した「ワクチン」サンプルの中に、結晶、小片、より糸、球根、球状のもの、繊維、足が生えた球など、さまざまな形状や構造を発見した。「さまざまな形をしたものを見つけました」と彼は語る。

「それらはすべて主に炭素と酸素から作られているようで、ModernaとPfizerの両方のサンプルに含まれ、繊維状であるようです。モデナのサンプルでは、炭素と酸素の構造はナノスフィアおよび結晶形態をとっているようです。ファイザーのサンプルでは、、、単に繊維と結晶を形成しているように見えます」

「では、これらすべてがどのように作用しているのでしょうか?炭素-酸素は、確かにグラフェンがあることを示す証拠ですが、どうやってグラフェンを球状、繊維状、結晶状とさまざまな形にするのか、これは私の科学的知識を超えた技術です」

「このカーボンテクノロジー、カーボンナノテクノロジーがすべてのロットに含まれているのか、それともカナダに送られたロットにだけ含まれているのか、私にはわかりません。カナダは実験の半分を担い、アメリカのある州はカーボン・ナノテクノロジーが入っていない別のロットを受け取っているのでしょうか。そして、世界中の国々が異なる注射を打たれ、実験的な成分が無差別にかつ公表されることなく人々に投与された結果、『誰が最も早く死に、誰が最も重症になり、どんな病気になるのか』を観察しているのでしょうか?」

下の画像をクリックすると、ナガセ博士のRumble動画プレゼンテーションがご覧いただけます。

「WATCH: Dr. Nagase reviews images from COVID vaccines, shows no 'elements of life'」
(Western Standard rumble動画 46分5秒 2022/4/18)
https://rumble.com/v11go0d-watch-dr.-nagase-reviews-images-from-covid-vaccines-shows-no-elements-of-li.html

ナガセ氏の講演録(スライド画像含む)を以下に添付します。

------(翻訳ここまで)-----------------------------------------------

やはり、ナガセ博士も他の研究者と同じようなものをワクチン内に発見しました。

これら、新型コロナワクチンに含まれている数々の"もの"は、自然由来ではなく、
人工的に作られたものに違いありません。

われわれには想像もつかない、何十年も進んだ技術が使われているのです。
そして、われわれはモルモットにされているのです。


------(原文引用ここから)-----------------------------------------------

After reviewing electron microscope images of elements contained in the Covid Pfizer and Moderna injections, Dr. Daniel Nagase revealed that, strangely, the contents of the Pfizer and Moderna “vaccines” show no signs of biological material, including mRNA or DNA.

Dr. Nagase is a Canadian emergency room doctor who was put on involuntary leave for successfully treating Covid patients with ivermectin in a central-Alberta hospital in 2021. He has since been touring through Alberta and British Columbia (“BC”) speaking at rallies on treatment options for Covid. Nagase said he has also been “learning a lot about the legal system” while reviewing the medical records of people whose family members believe have died as a result of the “vaccines.”

In the video below Dr. Nagase discusses his findings with Melanie Risdon, a reporter with the Western Standard.

Dr. Nagase was able to obtain samples of both Pfizer and Moderna Covid injections. “Unfortunately, both these samples had to travel for an extensive period of time in various vehicles. So, they’ve been unrefrigerated for up to two months. I don’t know exactly how long they’ve been left unrefrigerated,” he said.

Initially, the research group looked at these Moderna and Pfizer samples under a regular microscope. Although there were a lot of very interesting images, they were unable to be conclusive about what exactly they were seeing. So, they used an electron microscope to determine what elements the “vaccines” contained.

“You would expect to see carbon, oxygen, nitrogen, and phosphorus all the things you would normally see in a protein,” he said. The team of researchers found carbon and oxygen but none of the samples contained nitrogen or phosphorous.

“X-ray spectroscopy didn’t detect any nitrogen or phosphorus. So, if those complex shapes that rectangle with all the dots arranged in a grid were the result of some kind of biological process … then there should be nitrogen and phosphorus there in addition to carbon and oxygen. Because every living thing, whether it’s a virus, plant or animal, is made up of proteins that contain nitrogen, carbon, oxygen, and phosphorus.”

And electron microscopy revealed the same, no nitrogen and no phosphorous.

“[This] particular Moderna sample from somewhere in Canada has no RNA in it. It has no mRNA. Or if there was mRNA in it, somehow it disappeared after being left unrefrigerated for anywhere from one to two months,” he said.

Dr. Nagase examined a “ball with the legs growing out of it” found inside a Moderna sample. “This shape, this ball with the legs growing out of it, for some reason has aluminium in it. And I can say with certainty that this isn’t a mould spore or some other type of biological contamination, because the only thing in it is carbon, oxygen, and no signs of nitrogen, no signs of phosphorus, which would indicate something biological of origin. So, this thing that’s growing is non-biological.”

This confirms what Polish biologist and geologist Dr. Franc Zalewksi discovered last year about what he called a “something” or a “thing” and was later called a “nano-octopus” by La Quinta Columna.

“It seems to have one head and three legs. I did some tests and here are the results: aluminium, bromine and carbon,” Dr. Zalewski said. He established that the head of the “thing” was made of aluminium.

A surprising and new discovery that Dr. Nagase and the researchers made was an unusual element from the lanthanide series thulium in a fibre-like structure found in a Pfizer sample.

According to Wikipedia, as edited 20 April 2022, “thulium is the second-least abundant of the lanthanides … It is an easily workable metal with a bright silvery-grey lustre. It is fairly soft and slowly tarnishes in air. Despite its high price and rarity, thulium is used as the radiation source in portable X-ray devices, and in some solid-state lasers. It has no significant biological role and is not particularly toxic … it is never found in nature in pure form, but it is found in small quantities in minerals with other rare earths … The principal sources today are the ion adsorption clays of southern China.”

Dr. Nagase and the researchers found a variety of shapes and structures inside the “vaccine” samples they tested crystals, chips, strands, bulbs, spheres, fibres and balls with legs growing out of them “we have polymorphic, which is many different forms,” he said.

“They all seem to be made predominantly out of carbon and oxygen and they were in both the Moderna and Pfizer samples, and they seem to be in fibre forms. In the Moderna sample, the carbon-oxygen structures seem to be taking nanosphere forms and crystalline forms. And in the Pfizer sample … seem to only be forming fibres and crystals.

“So again, what are all these things doing? Carbon-oxygen can certainly be a sign that there’s graphene in it but how do they make graphene take all these different shapes: from spheres to fibres to crystals, this is a technology that I am not aware of with my scientific knowledge.

“I don’t even know if this carbon technology, this carbon nanotechnology is in every batch or is it just in the batches they sent to Canada? Is Canada one half of an experiment and certain States in the US are getting a slightly different batch without the carbon nanotech? And then are countries around the world being given different injections, and we’re being observed to see, ‘well, who dies the fastest, who gets the sickest or what kind of illnesses result’ from experimental ingredients being indiscriminately and without disclosure being given to people?”

Click on the image below to watch Dr, Nagase’s presentation on Rumble.

The transcript of Dr. Nagase’s presentation, including images of his slides, is attached below.

------(原文引用ここまで)-----------------------------------------------


(関連情報)

「ワクチンに新たな寄生虫が発見される (メモ・独り言のblog) 」 (拙稿 2021/10/16)
http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/537.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年5月30日 17:29:16 : Yss59esgeE : bEEvQ0FId01XUU0=[1411] 報告
こちらの検証とはレベルが全く違うね。
バイアルの残り液を検査しているという点でダメ。

「マイクロチップ入れてみた」ワクチン陰謀論を検証 研究者の深掘り (朝日新聞) 
http://www.asyura2.com/22/iryo9/msg/239.html

2. 2022年5月31日 15:05:20 : gs3aP8EzWY : RkFRUXhnR0piMGc=[11] 報告
ワクチン接種で、ブルートゥース接続?
https://itest.5ch.net/mevius/test/read.cgi/cafe40/1632479641/

ワクチン接種とブルートゥース
https://note.com/nakamuraclinic/n/na1cb21434be9

あの BITCHUTE が「チップチェッカー」を検閲? なぜだ? 
https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/0afcef482f32e8c9ef9ef9e6e76272f0

チップチョッカーによる実証動画シリーズ
https://sp.nicovideo.jp/user/96987476/video?ref=user_top

コロナワクチンのパターン識別 ナノルーターがMACアドレスを発生させている
https://ameblo.jp/ma-wind/entry-12712686791.html

ミク・アンダーセン氏 人体におけるナノワイヤレス・コミュニケーションは私たちをネットに接続する
https://ameblo.jp/ma-wind/entry-12715340251.html

ワクチン接種者からブルートゥースMACアドレス検出される謎
https://blog.goo.ne.jp/powbbie/e/9331e9e7f7f4057cff041b9c043a2fee

ワクチンは、最初は冷凍保存されていて、ナノ回路が溶けた状態で入ってる。でも、徐々に熱によって液体が固まりだす。
そうすると、回路が浮かび上がって来て

・ルーター
・アンテナ
・レクテナ(マイクロ波を直流電流に整流変換するアンテナ)

色んな部品が浮かび上がって来る。
それは超絶に小さい極小サイズのナノ回路で、それでブルートゥースアドレスを生成してる。

3. 2022年6月01日 01:03:36 : Yss59esgeE : bEEvQ0FId01XUU0=[1420] 報告
ワクチンの中に見つかったものは、自然界に存在する生物ではなかった
という事実は非常に重要だ。

人工的に作ったものをファイザーやモデルナが混入したことが、
明らかになったわけだから。

裁判になれば、当然彼らはなぜこういったものを混入したか、
説明を求められるが、まともに答えられないだろう。

裁判所がまともに機能していれば、免責契約も無効となり、
ワクチン・メーカーは巨額の賠償を科されることになる。

4. 2022年6月15日 03:49:25 : Yss59esgeE : bEEvQ0FId01XUU0=[1507] 報告
>研究チームは炭素と酸素を発見したが、窒素とリンはどのサンプルにも含まれていなかった。

炭素と酸素って、酸化グラフェンそのものだね。

5. 2022年8月21日 11:12:42 : 8AG70Vd1LE : Y09vTjR2SU91Y0E=[1] 報告



今日もどこかでデビルマン
十田敬三


 誰も知らない 知られちゃいけない
 コロナワクチンが 何なのか
 何も言えない 話しちゃいけない
 mRNAが 何なのか
 人の世に 愛がある
 人の世に 夢がある
 この美しいものを 壊したいだけ
 今日もどこかで デビルマン
 今日もどこかで デビルマン
  
 誰も知らない 知られちゃいけない
 ビル・ゲイツの 悪どさを
 何も言えない 話しちゃいけない
 ビル・ゲイツの 悪どさを
 もうこれで 帰れない
 さすらいの 旅路だけ
 この不安の世の中 知った今では
 あすもどこかで デビルマン
 あすもどこかで デビルマン
 人の世に 愛がある
 人の世に 夢がある
 この美しいものを 壊したいだけ
 今日もどこかで デビルマン
 今日もどこかで ビル・ゲイツ
 
 
 

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊9掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊9掲示板  
次へ