★阿修羅♪ > 国際32 > 107.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
目に余る犯罪行為で解散させられた親衛隊の幹部をゼレンスキーは刑務所から釈放(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/22/kokusai32/msg/107.html
投稿者 赤かぶ 日時 2022 年 8 月 02 日 06:22:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

目に余る犯罪行為で解散させられた親衛隊の幹部をゼレンスキーは刑務所から釈放
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202208010000/
2022.08.01 櫻井ジャーナル

 2014年2月22日にビクトル・ヤヌコビッチ政権を暴力的に排除したネオ・ナチはその後もウクライナで大きな影響力を維持してきた。ネオ・ナチの代表格は「アゾフ」だが、その無法性、犯罪性が群を抜いているのは2014年9月に親衛隊として組織された「竜巻大隊」だろう。

 この大隊のメンバーは殺人、レイプ、拷問、誘拐、不法監禁、強奪、窃盗などを繰り返し、サディズムを趣味とする隊員もいる。レイプの対象には年少者も含まれていた。これでは単なる犯罪組織にすぎないが、他の親衛隊も程度の問題だけ。

 ネオ・ナチの総体や後ろ盾のアメリカ/NATOとしても邪魔な存在になったようで、2015年6月に解散させられ、隊員12名が逮捕されて非公開で裁判が進められていた。ロシア軍がウクライナへの攻撃を始めた後、そうした竜巻大隊の幹部がウォロディミル・ゼレンスキー大統領の命令で釈放されたと報道されている。(​ココ​や​​ココ​​)

 こうしたキエフ政権の親衛隊が行った残虐行為に基づいて「ロシア軍の残虐行為」なる話をでっち上げ、ロシア軍を悪魔化して描いていたのがウクライナ政府の人権オンブズマンを務めていたリュドミラ・デニソワだ。ゼレンスキー政権が偽情報を発信していることを世界の人びとが知り始めたと考えたのか、​​ウクライナ議会は5月31日、根拠のない話を主張したとして彼女を解任した​​。デニソワが偽情報を発表したことは問題だが、それに飛びついた人びとの責任も重い。

 竜巻大隊の場合、隊員が「自発的」に犯罪的なことを行ったのだろうが、ウラジミル・プーチン露大統領は4月下旬、CIAの担当者がネオ・ナチにそうした行為を指示していると発表、その担当者の名前もわかっているとしていた。

 プーチン体制になってもボリス・エリツィン時代に築かれた米英金融資本のネットワークは生きていたと見られているが、今年3月に興味深い出来事があった。そうしたネットワークで重要な役割を果たしていた​​アナトリー・チュバイスが気候問題特使を辞任して国外へ脱出​​したというのだ。

 チュバイスは1992年11月にボリス・エリツィンが経済政策の中心に据えた人物で、エリツィンの娘であるタチアナの利権仲間。HIID(国際開発ハーバード研究所)と連携していたが、ここはCIAの工作資金を流していたUSAIDからカネを得ていた。(Natylie Baldwin & Kermit Heartsong, “Ukraine,” Next Revelation Press, 2015)

 エリツィン時代にチュバイスはエゴール・ガイダルと同じようにラリー・サマーズの命令で動いていた。サマーズは1983年に28歳でハーバード大学の教授になった人物で、世界銀行の主任エコノミスト、財務次官、財務副長官、財務長官、ハーバード大学の学長を歴任。ロシア工作のためにサマーズが雇ったデイビッド・リプトンとジョナサン・ヘイはCIAのエージェントだ。(F. William Engdahl, “Manifest Destiny,” mine.Books, 2018)

 5月になると、​​プーチン大統領の無給顧問を務めていたワレンチン・ユマシェフが辞任​​したという。エリツィン・センターの役員だということらもわかるように、この人物は米英金融資本の手先だったボリス・エリツィンと緊密な関係にあった。

 ユマシェフは2001年にタチアナと結婚、ユマシェフの娘であるポリナ・ユマシェバと結婚したオレグ・デリパスカはロシアのアルミニウム産業に君臨するイスラエル系オリガルヒだ。デリパスカはイギリスを拠点とする富豪のナット・ロスチャイルドから「アドバス」を受ける一方、ロスチャイルド系の情報会社ディリジェンスの助けで世界銀行から融資を受け、政治面でも西側との関係を強めていた。

 3月から5月にかけてロシア国内で何か重大な出来事が引き起こされた、あるいは引き起こされそうになった可能性があるが、すでにロシア国内でカラー革命を実行する力は西側の支配層にはない。ロシアに残った西側のネットワークによる「宮廷クーデター」か暗殺が目論まれて失敗したか、事前に摘発されたということは否定できないだろう。

 米英の支配層にとってウクライナの制圧はロシア征服の準備にすぎない。ロシア征服は19世紀から続くアングロ・サクソンの戦略だ。その戦略のためにイギリスは明治維新を仕組んだと見るべきだろう。

 現在のウクライナ情勢は、短期的に見ても、ビクトル・ヤヌコビッチ政権が2014年2月22日に暴力的なクーデターで倒されたところから始まる。途中までEUは混乱を話し合いで解決しようとしていたが、バラク・オバマ政権は反発する。話し合いではヤヌコビッチを排除することが難しい。オバマ政権は暴力的な政権転覆を目指していた。

 そうしたアメリカ政府の方針を明らかにするビクトリア・ヌランド国務次官補(当時)とジェオフリー・パイアット米国大使(同)との電話での会話が2014年上旬にインターネット上へアップロードされた。

 その中でヌランドが口にした「EUなどクソくらえ」という表現が話題になった。この発言を「下品」で片付けようとした人も少なくなかったが、そこに問題があるわけではない。暴力的なクーデターではなく話し合いによる解決を目指すEUの方針にヌランドは怒っているのだ。その上で、パイアットとウクライナの「次期政権」の閣僚人事について話し合っているのだ。ヤヌコビッチの排除が前提になっている。

 ヌランドたちはヤヌコビッチ政権を倒すクーデターの実行部隊としてNATOの訓練を受けていたネオ・ナチを使う。そうしたグループは2月中旬になると棍棒、ナイフ、チェーンなどを手にしながら石や火炎瓶を投げ、ピストルやライフルで銃撃を始めた。広場では無差別の狙撃も始まるが、これを指揮していたのはネオ・ナチを指揮していたひとりのアンドレイ・パルビーだった。

 無差別の狙撃が政権打倒を目指すグループによるものだということは早い段階にEUも認識していた。2月25日に現地入りしたエストニアのウルマス・パエト外相は現地を調査、狙撃したのはクーデター派だとEUのキャサリン・アシュトン外務安全保障政策上級代表(外交部門の責任者)へ電話で報告しているのだ。これはもみ消されそうになったのだが、ふたりの会話がインターネット上に流れて表面化した。

 米英の支配層は19世紀以来、自分たちの目的を達成するために犯罪組織、麻薬業者、イスラム系カルト、ナチスやその後継者なども利用してきた。ウクライナではネオ・ナチ。その事実はクーデター直後、西側の有力メディア、例えばイギリスの​​BBCでさえ伝えていた​​。その事実でさえ西側は必死に封印しようとしている。それだけ追い詰められているということだろう。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 赤かぶ[178621] kNSCqYLU 2022年8月02日 06:23:16 : IrhQbsPtA1 : My43WnR3V2FGemc=[17238] 報告

2. 米ナチ党KKKCIA[12] lcSDaYNgk31LS0tDSUE 2022年8月02日 10:57:59 : ozjhJl7hHg : eUsuSlU1cDBzbG8=[760] 報告
・アメリカナチ党スカルボーンズS&BKKKCIA

S&B(ブッシュ・ロスチャイルド・ブッシュマフィア、等)

ロスチャイルド家そのものがナチスであり、

ジョージソロスはホロコースト被害者を装い偽装した、ナチスそのものである
CIAは世界各国で虐殺を伴うクーデター・原油鉱物略奪・民族浄化・教育洗脳・マスコミ悪用による情報操作・・・を続ける地球上最極悪の犯罪組織である。

薬物栽培デュークマフィア・ナチスで金稼ぎ虐殺ギャングのブッシュ家
IGファルベン:ジョージソロス・ロックフェラー・ロスチャイルド・・・

★★ これが、アメリカナチ党スカルボーンズS&BKKKCIA である ★★
★★ これが、アメリカナチ党スカルボーンズS&BKKKCIA である ★★

★★ これが、アメリカナチ党スカルボーンズS&BKKKCIA である ★★

3. 2022年8月02日 14:16:59 : FQONd8eNkj : R0VlYkVXZ2kudnc=[380] 報告
(6/08)▼有名な話。これはウクライナのネオナチ「トルネード」の残虐な犯罪。赤ん坊を母親の前でレイプしたのはこの連中。あまりにもひどい事件に、ポロシェンコでさえこのグループを逮捕せざるを得なかった。ゼレンスキーは、このトルネードを釈放し武器を渡しドンバスに送った。
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1534464670228107264
(7/06)▼最近ゼレンスキー政権は、悪名高いナチ「トルネード」司令官オニシチェンコを釈放!リシチャンスクで、市民を誘拐、略奪、レイプ、少女を死ぬまで集団レイプ、拷問して市民に他の犠牲者をレイプさせる。このモンスターをロシア軍との戦いに投入。
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1548181619814453248
●ロシア軍のイスカンデル・ミサイルがハリコフ地域を攻撃!ウクライナのネオナチ「クラーケン」350人の部隊が排除された。
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1554065562753327104
●ロシア軍がハリコフで2基のHIMARSを破壊し、53人のナショナリストと外国人傭兵を殲滅した。
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1554093603076448257
●ロシア軍、オデッサの米ハープーン対艦ミサイルを破壊
https://twitter.com/yamavhan/status/1554066301727182848
●ナチスウクライナにとって地獄の1日だった。ロシア軍空挺部隊は、バフムートから2kmの地点において、”真の侵略者”であるウクライナのネオナチ殺人武装組織『アゾフ』『ドニプロ』『VFU(志願兵部隊)』を殲滅させた。生存者は一人もいない。
https://twitter.com/pickup_topic/status/1554293606965358593
●ドネツクの中心街、遊び場やカフェのある歩行者公園エリア! ウクライナは民間人、特に子どもを狙って「ペタル」を撃ちこむ。戦争犯罪として禁止された対人地雷を
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1554082052793765888
子供たちの脚を引きちぎる"懲罰"を加えるナチスウクライナとNATOの「懲罰軍」。ナチスウクライナと米英NATOは、米国製無人機を使い、ドネツク市を中心に広範囲に地雷「グリーンパロット」「バタフライ」を撒き散らし、一般市民や子供たちがそれを踏んで手足を失うのを狙う。
https://twitter.com/pickup_topic/status/1554296603917180929
●ウクライナの軍人:地域住民は露国旗を掲揚したくてうずうずしてるよ。テレグラムで我々の部隊がどこにいるか暴露されてるんだ。場所を特定されて砲撃されたことが何度もある。
https://twitter.com/Kumi_japonesa/status/1554246991382605824
●マリウポリ戦争犯罪裁判で証言する、主要な目撃者を殺害するというゼレンスキーの犯罪を洗い流す卑劣な宣伝が行われている。米国がシリアで体制変革を目指し、化学兵器攻撃を行い、その責任をアサド大統領に転嫁したのと同じレベルです
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1554057955212795904
兵士を怖がらせることが、エレノフカを攻撃したキエフの目標の1つでした。彼らに武器を置いて降伏させない。奴隷は最後まで主人のために働かなければなりません。
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1554075845119004672
ウクライナが砲撃して捕虜53人を殺害したことを、ラテンアメリカのテルスールが大きく報じている
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1554080882436108289
●SkyNewsオーストラリアが、ドンバスのロシア系住民虐待・ゼレンスキーの蛮行を報道
https://twitter.com/Jano661/status/1554135828523515904
●KillNetグループのKillMilkがHiMARSの製造元ロッキードマーティンに宣戦布告。ロッキードマーティンをサイバーアタックの攻撃対象とします。ロッキードマーティン社の製造システムはマヒ状態になります。このテロリスト企業の従業員名簿(テロリスト名簿)は晒されます。キルミルクグループは先週末に、「新しいプロジェクトは危険がはらむから分離する」とKillNetから分離した。これだったのね〜
https://twitter.com/Jano661/status/1554117105574084608
ちなみに、KillNetも参戦を決めたらしい。
https://twitter.com/Jano661/status/1554118154724560897
●英国、ウクライナに軍艦提供へ
https://jp.sputniknews.com/20220801/12275239.html
4. 2022年8月02日 15:11:24 : quMKleKEOA : andmOS5lY2dYN00=[2115] 報告
​​アナトリー・チュバイスの最新ニュース
https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-russia-chubais-idJPKBN2P70X6

辞任のロシア元特使、欧州で入院 毒物でないとの見方
ロイター編集

ウクライナ侵攻に反対して今年3月にロシア大統領特使を辞任したアナトリー・チュバイス氏が、末梢神経に障害が起きるギラン・バレー症候群と診断され、欧州の病院で集中治療を受けている(2022年 ロイター/Evgenia Novozhenina)
[ロンドン 1日 ロイター] - ウクライナ侵攻に反対して今年3月にロシア大統領特使を辞任したアナトリー・チュバイス氏が、末梢神経に障害が起きるギラン・バレー症候群と診断され、欧州の病院で集中治療を受けている。同氏に近い関係者2人がロイターに明らかにした。

チュバイス氏は67歳。関係筋によると、欧州の情報機関が調査しているが、結果はまだ公表されていない。同氏自身は病気と考えているという。

一部のメディアや活動家は毒を盛られた可能性があるとみている。

別の関係者は「毒物によるものだとは思わない」と述べ、チュバイス氏はまだ集中治療室で治療を受けていると述べた。歩くことはできないが話すことは可能という。

同氏の入院については、ロシアの政治活動家でジャーナリストのクセニア・ソブチャク氏が通信アプリのテレグラムで明らかにしていた。

ギラン・バレー症候群は、免疫システムが末梢神経を攻撃し筋力低下などの症状を引き起こす珍しい病気。

チュバイス氏は3月に国際機関担当大統領特使を辞任し、ロシアから出国した。欧州のどこで入院しているのかは不明。チュバイス氏のコメントは得られていない。

ロシア大統領府のぺスコフ報道官は、チュバイス氏の病気のニュースは残念だとし、一刻も早い回復を願っていると述べた。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際32掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際32掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際32掲示板  
次へ