★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK286 > 272.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
創価学会 携帯電話の通話記録を盗み出す (国民新聞)
http://www.asyura2.com/22/senkyo286/msg/272.html
投稿者 新・ジャーナリズム 日時 2022 年 4 月 18 日 01:16:41: dyYA8MTtuUD4Y kFaBRYNXg4OBW4Npg4qDWYOA
 


創価学会 携帯電話の通話記録を盗み出す

警視庁保安課は先月、

 創価大学 剣道部監督 田島稔 (39)
 創価大学 学生課副課長 根津丈伸(41)
 ドコモシステムズ社員 嘉村英二(26)

 を電気通信事業法違反容疑で逮捕した。

 田島が交際していた女性の心移りに悩み根津に相談。根津は携帯
電話の通話記録を知る立場にいた嘉村に指示し、田島の交際相手で
ある女性や、ライバル男性の個人情報を盗み出させたというもの。

 個人情報が簡単に盗み出せることも問題だが、3人が熱心な創価
学会員だったという事実も見過ごせない。学会組織を利用すればこ
れくらいの犯罪は朝飯前だとも言い換えられるからだ。

(國民新聞 平成14年10月25日号)

https://kokuminsinbun.web.fc2.com/141023phone-tapping.html

その後の捜査で、創価学会と対立しているジャーナリスト、宗教団体、
脱会者などの通話記録情報を窃盗し、嫌がらせをするなどしていたことが
が判明している。
被害者の乙骨正夫氏は、男女関係のトラブルによる情報窃盗はおまけで
あって、創価学会と対立する方々の個人情報窃盗こそが本命だと語った。


特集/NTTドコモ事件――刑事裁判の真実

新聞各紙に見るNTTドコモ事件への報道姿勢

本誌編集部

 NTTドコモ携帯電話の通話記録不正引き出し事件は、平成16年12月21日に初公判が開かれ、検察側が懲役10月を求刑、同月28日に嘉村英二被告に対して懲役10月、執行猶予3年の判決が言い渡された。この初公判(論告求刑)と判決公判の内容を報じた新聞各紙の記事を紹介する。

1 初公判・論告求刑についての報道

・共同通信 2004年12月21日
元関連社員に懲役10月求刑 ドコモのデータ引き出し

 携帯電話の通話記録を不正に引き出したとして、電気通信事業法違反の罪に問われた「NTTドコモ」関連会社の元社員嘉村英二被告(28)の初公判が21日、東京地裁(波多江真史裁判官)で開かれ、嘉村被告は起訴事実を認めた。検察側は懲役10月を求刑、弁護側は寛大な刑を求め即日結審。判決は12月28日に言い渡される。
 検察側は論告で「被告は憲法で保障された通信の秘密を侵し、NTTドコモの信用を失墜させた」と述べた。
 論告などによると、嘉村被告は2002年3、4月ごろ、東京都江東区のNTTドコモ社内の端末機を不正に操作し、ジャーナリスト乙骨正生さんと女性1人の携帯電話の通話先や通話時間などの記録を画面に表示させた。

・しんぶん赤旗 2004年12月22日
被告“盗聴”隠し認める 創価大グループ通話記録窃盗事件
背後語らず「個人で」 1時間で結審

 創価大グループによる携帯電話の通話記録盗み出し事件で電気通信事業法違反に問われた、創大出身でドコモシステムズ元社員嘉村英二被告(28)の公判が二十一日、東京地裁で開かれました。同被告は同法違反で二〇〇二年十一月に有罪判決を受けたのにつづく二度目の裁判。前回裁判のさい、今回の事件も調べられたのに隠し通していたことが、この日の証言で明らかになりました。
 嘉村被告には前回と同じく、創価学会副会長らが弁護人につきました。実行犯の嘉村被告や、同被告に犯行を指示した創大副学生課長らが有罪になった前回裁判で弁護人は「私的で一過性、偶発的事件」と主張、執行猶予つき判決になりました。
 この日の公判で嘉村被告は、波多江真史裁判長から「前回の取り調べで今回の事件のことを聞かれなかったのか」と質問され、「警察に聞かれた」と証言。「そのさい本当のことを話したのか」との問いには「話さなかった」とのべ、犯罪を隠していたことを認めました。被告弁護団も以前から今回の事件を知っていた可能性も濃くなりました。
 起訴状や検察冒頭陳述によると、同被告は〇二年三月と四月、東京・江東区にあるNTTドコモの端末を操作し、学会脱会者の福原由紀子さんとジャーナリスト乙骨正生氏の通話記録を不正に引き出しました。
 検察側は論告で、憲法に保障された通信の秘密を侵害する重大かつ悪質な犯行であり、通信事業に従事していた被告の罪は重大と指摘。しかし犯行の動機については「個人的興味」という被告人供述を証拠提出するにとどまりました。
 被告人弁護団は今回の裁判でも、犯罪事実はすべて認めたうえで、嘉村被告の再就職企業関係者を証人に立てて、「私が更生させる」との証言で情状酌量を要求。「単純で計画性のない一過性の事件」とするなど、前回同様の法廷戦術を展開しました。
 公判は、検察側が懲役一年八月を求刑して結審。判決は今月二十八日に言い渡されます。

「組織的背景解明を」被害者「個人的興味とは」
 起訴状朗読から求刑までわずか一時間。あっという間の結審に、満員に近い傍聴席最前列にいた被害者福原由紀子さんの長女が泣き崩れました。「悔しい。何も解決していないのに」と。
 創価学会を脱会後、執拗な嫌がらせに遭い、母娘ともども携帯電話の記録を盗まれたことを知り、恐怖にふるえた日々…。福原さんも「被告の個人的興味というけれど、私と彼には何の接点もない。どうしてあんな主張が通るのか」と言います。
 法廷で「前の事件では、ほかから頼まれて通話データを渡したが…」と検事。嘉村被告に犯行を「頼んだ」創大副学生課長は、創価学会の全国副青年部長という要職にありました。
 「嘉村被告に福原さんや私のことを教えたのは誰か。その組織的背景なしには解明できない事件だ」と乙骨氏。「全容解明まで、世論にも、そして法的手段にも訴えつづけていきたい」と語りました。

2 判決についての報道

・朝日新聞 2004年12月28日
通話記録を不正入手 元ドコモ関連会社員に有罪判決

 NTTドコモの社内端末から他人の携帯電話の通信記録を不正に入手したとして、電気通信事業法違反(通信の秘密侵害)の罪に問われた元NTTドコモ関連会社員・嘉村英二被告(28)に対し、東京地裁は28日、懲役10カ月執行猶予3年(求刑懲役10カ月)の判決を言い渡した。波多江真史裁判官は「通信にかかわる個人情報保護への社会的関心が高まる中、秘密保護の大切さを知りながらあえて犯行に及んだ犯情は悪質だ」と述べた。
 判決によると、嘉村被告は02年3〜4月、東京都江東区のNTTドコモの事務所で端末を不正に操作し、男性ジャーナリストと女性1人の通話開始時刻や相手先の電話番号、通話時間などの記録を出力した。

・読売新聞 2004年12月28日
携帯の通話記録不正入手、元ドコモ子会社員に有罪判決

 NTTドコモの携帯電話の通話記録を不正に引き出したとして、電気通信事業法違反(通信の秘密侵害)の罪に問われた同社の子会社「ドコモ・システムズ」元社員嘉村英二被告(28)に対し、東京地裁は28日、懲役10月、執行猶予3年(求刑・懲役10月)の判決を言い渡した。
 波多江真史裁判官は「個人情報保護への社会的関心が高まる中、通信の秘密保持の重要性を認識しながら犯行に及んでおり、悪質だ」と指摘した。
 判決によると、嘉村被告は同社に勤めていた2002年3―4月、NTTドコモの明細システム端末機を不正に操作し、男女2人の携帯電話の通話日時や通話先の電話番号などの記録を引き出した。

・日本経済新聞 2004年12月28日
携帯データ不正入手、ドコモ関連会社元社員に有罪判決

 ジャーナリストらの携帯電話の通話記録を不正に入手したとして、電気通信事業法違反(通信の秘密侵害)罪に問われたNTTドコモの関連会社元社員、嘉村英二被告(28)の判決公判が28日、東京地裁であった。波多江真史裁判官は「個人情報を出力された被害者に多大な精神的苦痛を与えた」として懲役10月、執行猶予3年(求刑懲役10月)の有罪判決を言い渡した。
 判決によると、嘉村被告は2002年3―4月、東京都江東区のNTTドコモ社内のコンピューター端末を不正に操作し、男性ジャーナリストら2人の携帯電話の通話先番号などを出力し、通信の秘密を侵した。
 同被告は02年11月にも同罪で執行猶予付きの有罪判決を受けた。

・毎日新聞 2004年12月28日
〈通話記録不正入手〉ドコモ関連会社の元社員に有罪判決

 携帯電話の通話記録を不正入手したとして電気通信事業法違反(通信の秘密の侵害)に問われたNTTドコモの関連会社「ドコモ・システムズ」元社員、嘉村英二被告(28)に対し、東京地裁は28日、懲役10月、執行猶予3年(求刑・懲役10月)を言い渡した。波多江真史裁判官は「個人情報保護に関心が高まる中、秘密保護の重要性を認識しながら犯行に及んだ」と批判した。
 判決によると、嘉村被告はドコモ・システムズ社員だった02年3〜4月、東京都江東区のNTTドコモ社内の端末機を不正操作し、男女1人ずつの携帯電話の通話先などのデータを入手した。

・日刊ゲンダイ 2004年12月28日
創価大OBのドコモ関連元社員に有罪判決 通話記録不正入手で東京地裁

 携帯電話の通話記録を不正入手したとして、電気通信事業法違反に問われた創価大OBでNTTドコモ関連会社元社員嘉村英二被告(28)の判決公判が28日、東京地裁で開かれ、波多江真史裁判官は懲役10月、執行猶予3年(求刑懲役10月)を言い渡した。
 波多江裁判官は「NTTドコモの信用を失墜させ、被害者に精神的苦痛を与えた」と指摘。嘉村被告側が「個人的趣味」とした動機について「信用しがたい」と述べた。判決によると、嘉村被告は2002年3〜4月、端末を不正操作し創価大教授・元夫人の福原由紀子さんとジャーナリスト乙骨正生さんの携帯電話の通話開始時刻や相手先電話番号などのデータを出力し、通信の秘密を侵した。

・しんぶん赤旗 2004年12月29日
創価大グループ事件で東京地裁 通信記録窃盗に有罪

 創価大グループによる携帯電話通話記録不正入手事件で、電気通信事業法違反罪に問われた創大出身でドコモシステムズ元社員嘉村英二被告(28)=名古屋市中川区=の判決公判が二十八日、東京地裁で開かれ、波多江真史裁判官は懲役十月、執行猶予三年(求刑懲役十月)を言い渡しました。判決を受けて、被害者らは「民事訴訟などで事件の全容解明をめざす」との声明を発表しました。
 嘉村被告は二〇〇二年三―四月、NTTドコモの端末を操作し、創価学会と対立する男女二人の通話記録を不正に出力したもの。被害者の女性らが東京地検に刑事告発していました。
 波多江裁判官は「通信の秘密は憲法で保障された基本的人権であり、犯情は悪質」とし、動機は「個人的興味」とする被告側主張は「信用しがたい」と指摘。しかし同被告はすでに別件の通話記録不正入手で〇二年十一月に有罪判決を受け、今回の事件はその「余罪」だとして執行猶予をつけました。
 〇二年の裁判では嘉村被告と彼に犯行を指示した創大副学生課長(創価学会全国副青年部長)ら三人が有罪になっています。

背後の解明が必要 被害者側が連名で声明
 判決後、被害者で告発人の福原由紀子さん(学会脱会者)、告発人の佐藤せい子さん(日蓮正宗妙観講副講頭)、被害者の乙骨正生氏(ジャーナリスト)が連名で声明を発表。「私たちと嘉村被告には何の接点もなく、動機や背後関係の解明が絶対に必要」「民事の提訴を含めて全力を尽す」として、支援を求めました。

解説
本命が余罪扱いされた 全容解明に逆行する警察、ドコモ
 創価学会副会長らの弁護団がついた創大グループの通信の秘密侵害事件は、解明すべき課題を多数残しています。
 判明した犯行は四件。これが二つの裁判にかけられました(表)。初めの三件の被害者は創価学会脱会者や学会を批判するジャーナリスト。これに対し、四番目の犯行は創大剣道部監督の女友達の素行調べという、いわば私的な動機でした。
 ところが警察は、明らかに“本命”の前三件の捜査を中止し、四番目だけを立件。前回裁判では(02年11月)、実行犯(嘉村被告)、犯行指示者(創大副学生課長)、依頼者(剣道部監督)という構図は明らかにしたものの、「私的で一過性の事件」として片付けられました。これが、犯人側に少なくない“利点”をもたらしました。
 四番目の犯行を最初に裁いたため、より犯罪性の強い他の三件が「余罪」扱いになりました。今回裁かれた三件は判決前の犯行だから量刑の重い「再犯」にはならない…などです。
 そんな経過を背景にした今回の裁判では結局、犯行の動機も背景もあいまいのまま推移しました。嘉村被告は検察の調べに黙秘し、公判直前の今月十六日になって「個人的興味でやった」との上申書を出しました。判決はこれを「信用しがたい」としながら、それ以上踏み込みませんでした。
 福原さんらの刑事告発は“本件が(被害者らの)反創価学会活動に関する情報収集を目的としていることは明白”と指摘しています。
 もし四件を一括して立件していたら、今回のようなあいまいな決着にはならなかったのではないか。警察はなぜそうしなかったのか。NTTドコモは通信の秘密漏えいを知りながらなぜ全容解明に取り組まないのか。そして、嘉村被告に犯行を依頼(指示)した者など背後関係は―。すべてが残された課題です。

※NTTドコモ事件の起訴ならびに判決については、IT社会の根幹を揺るがす重大な事件で社会的関心も高いことから、朝・毎・読の三大全国紙をはじめとする多くの媒体が報道したが、被害者の氏名を報じたのは共同通信や日刊ゲンダイ、赤旗のみ。朝日、読売、毎日の三大紙は被害者の名前を報じず、読売新聞や毎日新聞は「男女」などと表現して、朝日新聞や日経新聞が「男性ジャーナリスト」と報じた被害者の乙骨正生の職業にすら触れなかった。特に毎日新聞にいたっては、裁判所が嘉村被告の犯行を「悪質」と指摘した事実をも意図的に落としている。もとより日刊ゲンダイと赤旗以外の各紙は、嘉村被告が創価大学出身であることにも言及していない。
 創価学会は、被害者の乙骨正生や福原由紀子さんが週刊誌に掲載した手記やインタビューへのコメントの中で、事件は創価学会とは無関係と主張。公判において嘉村被告の代理人を務めた松村光晃創価学会副会長(弁護士)らは、事件は嘉村被告の「個人的興味」に基づくものと強調した。
 被告が創価大学出身であること、また被害者が創価学会から激しい非難攻撃を浴びせられている乙骨正生であることが明らかになれば、嫌でも一般読者は事件の背後関係に疑問を抱く。乙骨の名前やジャーナリストという職業すら記載せず、あたかも単なる「男女」の通話記録が盗まれた事件であるかのように報じる読売新聞や毎日新聞の報道姿勢は、現代日本社会の創価学会に対するマスコミ、特に新聞の姿勢を象徴するものといえるだろう。
 これに対して赤旗は、事件の背景や司法の姿勢を含む事実関係を詳細に検証、問題点を指摘している。赤旗は創価学会・公明党と対立する関係にある日本共産党の機関紙であるが、本来は、朝・毎・読をはじめとするマスコミ各紙も、この赤旗同様、事件の背後関係に迫る記事を書くべきではないのか。
 その意味で、NTTドコモ事件に関するマスコミ報道は、あらためてこの国のジャーナリズムの脆弱さ、貧困さを浮き彫りにした。

https://forum21jp.web.fc2.com/05-1-15.html

-------------------------------------------------------

古川利明の同時代ウォッチング
http://toshiaki.exblog.jp/m2004-10-01/#1181589

「新・悪の検事総長 松尾邦弘」に「NTTドコモ携帯電話通話記録漏洩事件」の‥
‥全容解明を行う気などさらさらない、これだけの根拠


 じつは、前回の原稿で、三井環・元大阪高検公安部長の不当逮捕に絡み、「新・悪の検事総長 松尾邦弘」がいかに深く関与していたかを書いて、本サイトにアップしたとたん、ぬあんと、ぬあんと、例のNTTドコモ携帯電話通話記録漏洩事件で、被害者の元創価学会員の女性2人から刑事告発があってから、1年以上も店晒しにしていて、「このままモミ消しは間違いなし」とみられていたのを、突如、10月13日の午後になって、NTTドコモのデータベースにアクセスしていたNTTドコモの関連会社、NTTドコモ・システムズの元社員、嘉村英二(もちろん、創価学会員)を電気通信事業法違反の疑いでパクりました。
 すごいタイミングのよさというか、三井氏が検察内部の裏ガネ作りの内部告発をテレ朝の「ザ・スクープ」で収録をする当日の朝に逮捕したような、何とも言えない手際のよさを、私は感じます。

 NTTドコモの事件については、昨年5月の刑事告発から1年5カ月。池田大センセイのみならず、私も「何で今ごろ逮捕なの?」と思います。
 表向きの理由として、「時効が近づいていたから」と、検察サイドは社会部の司法担当記者にリークしているらしいですが、こんなもん、「余罪はありませんでした。嘉村は前に立件された、例の不倫ドロドロのオンナ絡みのケース以外は、いちおう捜査したけれども、やっぱり、それ以外に犯罪となるようなものはありませんでした」として、
「嫌疑なし不起訴」にしてしまえば、それですべてオシマイです(#ってことは、松尾邦弘のオッサンも、よっぽどヒマってことや)。

 それはともかく、まず、三井氏の事件については、この10月27日に被告側の最終弁論があり、来年の春には一審判決が出る見通しになっていますから、ゼッタイにこの「現代のドレフュス事件」を風化させてはなりません。
 裁判官的には「被告を接待したとされるデート嬢は既に殺害されているし(#これぞ、まさに「死人に口なし」やな)、検察側の証拠も、あの詐欺前科のある渡真利のブレまくっいる証言だけだから、どこをどう考えても、有罪判決を下すのシンドイのはわかっているが、付き合い上、なかなか無罪は出しずらい」と悩んでいるのでしょうから(笑)、ガンガンと世論を煽りまくって、裁判官が無罪判決を「書きやすくできる状況」を、心ある我々が切り開いていかなければなりません(#だったとしたら、大阪地検の連中は、調活費をシコタマ使って、担当裁判官を接待せなアカンな)。

 さて、一方、NTTドコモ通話記録盗み出し事件については、おととし(02年)の12月24日付けでアップした本サイト記事「『秋谷失脚』を狙う“池田紅衛兵”の存在」をご覧になって頂きたいですが、自慢をこいてしまって、本当に申し訳ありませんが、昨日、摘発になったケータイ電話記録漏洩事件で、逮捕、起訴された以外にも「多数の余罪」があることを、いかなるメディアに先駆けてスクープしたのは、じつは、何を隠そう、この「私」なのです。
 もちろん、言うまでもなく、当時、NTTドコモの関連会社の社員だった嘉村は「ガキの使い」にすぎず、彼は「上」から命じられるままに、会社のデータベースにアクセスして、その指示された個別具体的なデータを「上」に渡していただけに過ぎません。当然、今回の事件では、嘉村に犯行を指示した謀略機関の“黒幕”がいるわけです。

 おととし9月に警視庁が摘発したオンナ絡みの1件とは、当時、創価大学学生課副課長で、創価学会の全国青年部副部長という大幹部であった根津丈伸(=妻子持ち)が、元警視庁勤務で、逮捕当時は創価大学の嘱託職員だった田島稔=(当時、結婚はしていたが、嫁ハンと別居中)にオンナの問題で泣きつかれたため、それでもって、根津が嘉村にその田島が思いを寄せていたオンナの知り合いの男性の通話記録を調べさせ、それでもって田島がその男性に「○時○分ごろ、オマエはその女性に電話をしただろう」と詰問したため、それがあまりにも正確だったのに不審を抱いたため、コトが発覚したわけです。
 で、このとき捜査に当たっていたのは、東京は江東区のNTTドコモ・システムズの会社のある、警視庁の深川署でしたが、深川署はもちろん、嘉村がこれ以外にも少なくとも数百件もアクセスしているという「余罪」があることを掴んでいますが、上層部の指示により、余罪捜査が断念になったというのは、既に私が繰り返し本サイトでも指摘している点です。

 しかし、ここで思うのは、なぜ、今度の内閣カイゾーで、池田大センセイは法務大臣ポストをマルハムで取らなかったか、ということです。
 ほんと、こういう「いざ、鎌倉」という事態になったとき、あの冬柴あたりを法務大臣に放り込んでおけば、そもそも今回の「嘉村逮捕」すら、完全に握り潰すことができたハズです。
 ですから、それすら敢えてやらなかった大センセイに対して、「本当に大丈夫なの?ちゃんと戦略と戦術をもって、内閣改造人事にも介入しなきゃ、ダメでしょ。小泉は言われるより、案外、しぶといでっせ」と、ギモンを投げかけたのは、前にも書いた通りです(#昨日発売の週刊実話が書いとったけど、国交大臣ポストを使って、JR片町線に「関西創価駅」を作っても、世間の反感を買うだけで、全然、意味ねえーだろ)。

 なぜ、ロッキード事件で東京地検特捜部に逮捕された田中角栄が、その後、「法務大臣」のポストだけは、田中派の自分の息のかかかった人間で抑えたかが、わかるというものでしょう。そのことによって、ロッキード事件以降、特捜検察が「冬の時代」を迎え、角栄の政治的影響力が失墜するまでは、大物疑獄事件を摘発できなかったことを考えると、いかに「法務大臣」というポストが重要かがわかります。
 おそらく、大センセイも「ワシがウラの総理大臣である以上、どうせ、あのNTTドコモの件など立件できるわけがない」とタカをくくっていたか、もしくは、「もうあれは済んだことなんで」というようなサジェスチョンがそれとなく検察サイドから既にあったのかもしれません。

 さて、ここからが本題ですが、要するに、今度のNTTドコモ携帯電話記録漏洩事件で、嘉村は信濃町の謀略部隊の「最末端」に位置していたにすぎない、ということです。
 信濃町、すなわち、大センセイの内部支配の本質とは、まさに「恐怖政治」です(笑)。
 大センセイがいま、いちばん恐れているのは、北朝鮮のように、「脱北者」が大量に流出して、内部の事情が外に漏れてしまうことなのです。
 そして、そのことによって、内部がガタガタになってしまい、最終的には、崩壊してしまうという、まさに「北朝鮮状態」になることを、最も恐れているのです(#まあ、独裁者なんて、誰もそんな思いに囚われているやろうけどな)。ですから、そうならないよう、北朝鮮のように、内部をガンガンと引き締めなければなりません。

 ちなみに、今度の“信濃町内務省・ケータイ電話通話記録盗み見本部”のトップが、先頃、総合青年部長をクビになった例のSクンです(#ま、実名はバレバレだけどな)。
 私が得ている信濃町の内部情報では、このSクンが全国青年部の自分の部下である根津を通じ、嘉村にNTTドコモのデータベースにアクセスさせていたとのことで、その証拠に、ある大幹部が一昨年秋の「3人組」の逮捕直後に、「私もあいつに携帯電話の通話記録を調べられているかもしれない」と漏らすなど、Sクンに対して、チョービビリまくっていたのです(#ってことは、創価大学はそういったケータイ電話記録盗み出し機関の“出先”だったわけやな。そっか、それもあって、一昨年秋、大センセイが創価大のキャンパスにわざわざ出没して、“出張講義”なんかもしとったわけか)。
 それゆえ、このSクンは、池田大センセイの「紅衛兵」として、自分よりはるか年上の、並入る大幹部連中に対して、「最近、たるんでいるんじゃないですか」とソーカツしまくっていましたが、こうした大幹部が彼を恐れていた最大の理由は、Sクンがこうした「謀略部隊」の総元締めだったからです。

 んで、Sクンにソーカツされていたこの大幹部は、一昨年秋、例の「創価学会3人組」が逮捕されたことに、「これで内部の人間に対するケータイ電話調査の方も止まったようだ」と、ほっと胸をなで下ろしながらも、「ヤツがアブないんだ。彼の逮捕は免れえない」とポロッと漏らしています。
 ですから、既に内部の、とりわけ中傷座談会に出てくるような信濃町の大中枢幹部の間では、Sクンが今度のNTTドコモのケータイ電話記録盗み見事件の“黒幕”に位置していることは、超バレバレだったのです(笑)。
 ちなみに、これは余談ですが、この「創価学会3人組」が逮捕される直前の02年9月上旬、学会内部では「このことをどうも右翼が嗅ぎつけて、街宣に出るかもしれない」と、大騒ぎになっていたとの内部情報を私は入手しています。その右翼がどの程度の情報を握っていたかはわかりませんが、私がここで公表しているぐらいのネタは持っていたのでしょう。

 考えてみれば、こうした「通話記録」というのは、ものすごいプライバシーです。
 例えば、ある学会員が、かつては馴染みだった脱会者とケータイ電話で連絡を取っていたとします。
 しかし、その具体的な通話内容がわからなくても、そうしてコンタクトを取っている「情報」がわかるだけでも、「うーん、どうもあいつは最近は座談会もサボッいるし、行動がヘンだ。これは脱会する可能性があるな」ということで、連れだしてきて、「最近、たるんでるんじゃないのか。そんなんじゃダメだろうが」と脅し、組織を引き締めることができます。
 もちろん、外部の人間に対しても、とりわけ自らの組織を批判したり、敵対している勢力に対しては、その動向をビビッドに掴むことができるわけです。

 で、今回、最も注目すべき点は、「余罪」として、被害の刑事告発を行った2人の元学会員の女性のうち、1人は佐藤せい子さんという、信濃町と対立している法華講(=日蓮正宗の信徒団体)でも、最も激しく“戦闘状態”にある妙観講の副講頭のポジションにあるということです。
 つまり、信濃町の“敵対勢力”である最高幹部にいる人であるわけですから、当然、信濃町の謀略部隊的には、最重要にマークすべき対象なのです。
 ですから、そういう重要人物に対して、組織も末端のペーペーもいいところの嘉村の独断で、佐藤せい子氏の通話記録を調べたはずがない。当然、嘉村に犯行を「指示」した人間がいるはずで、まだ、ほじくれはゾロゾロと出てる他の余罪捜査とも合わせて、今度の事件の最大のポイントは、このSクンを東京地検特捜部(=松尾邦弘)が立件するかどうかでしょう(#まあ、その気なれば、4?5回くらいは嘉村を再逮捕できるけどな)。

 んで、ケッコー面白いことに、これら被害者の女性2人が刑事告発したのが昨年5月で、東京地検特捜部はいちおう告発だけは受理したものの、ずうーっと店晒しにしていていました。
 その後、昨年秋、フリージャーナリストの山田直樹氏が、週刊新潮の「新創価学会を斬る」11月13日号で、大マスコミでは初めて、こうした被害が他にも出ていることを書いたすぐ後に、何ともオモロイことに、武富士の電話盗聴事件の摘発に警視庁が乗り出しています(笑)。
 んで、さらに昨年12月のアタマに、ぬあんと組織のトップである武井会長が逮捕された約1週間後に、なぜか、大センセイは突如、人事をいじくり、その時点まで総合青年部長だったSクンを「青年部総主事」という意味不明な新設ポストに横滑りさせ、後任に青年部長の迫本秀樹クンを玉突きで昇格させる人事を発令しています。

 んで、それから半年以上経って、今年の8月17日付け聖教新聞で、本部人事の大異動が発表されましたが、そこで青年部総主事のSクンが「杉並総区の総区長」(#そういえば、妙観講の所在地は杉並区だったな)、さらになぜか、Sクンの後釜に収まっていた総合青年部長の迫本秀樹クンまでもが、一緒に「板橋総区の総区長」に、見事なまでに「左遷」されているのです。
 つまり、「総合青年部長」というポストが、この時点において、忽然と消えてなくなってしまっているのです(笑)。いま、地球上で初めてちゃんと指摘しますが、これは学会おたく的にはもの凄い「大ニュース」なのです(#そういえば、中央官庁の役人が汚職事件で摘発されると、泥縄式にその舞台となっていたセクションの看板を外すということを、よくやるよな。どうもそういうセコイやり方とクリソツやな)。

 ここで、「青年部長」「総合青年部長」のポストの役割を説明しますと、いずれも「男子部」や「女子部」を統括する「青年部」のトップのポストですが、もちろん、「総合青年部長」は「青年部長」より上になります(ほとんどの例外なく、青年部長が総合青年部長にそのまま昇格する)。
 まさに信濃町中枢のラインであり、このポストをちゃんと務め上げれば、よっぽどのことがない限り、「次」は「東京長」や、中国や九州の地域をまとめる「方面長」に大出世して、最終的には「創価学会会長」の候補者に名前が入るくらいの、それだけハクのあるポストなのです(もちろん、大センセイ自身が青年部最高幹部をかつて経験し、そこでの暗躍をバネに第3代会長に就いたことに連なる、非常に誉れの高いポスト)。

 ただ、「総合青年部長」は「青年部長」と違って、全国の青年部や男子部、女子部との会合や行事といったルーティンワークに煩わせられないぶん、フリーハンドの余地が大きくなり、そこで、大センセイの“勅命”を受けて、いろいろなウラ仕事(=汚れ作業)できるようになってくるのです。
 そこで、例のSクンが男子部長から青年部長、そして、総合青年部長に登り詰めていった軌跡を辿るとき、あの嘉村が創価大工学部を卒業して、NTTドコモに入社するのが99年4月ですから、嘉村の“大活躍”とSクンの「大出世」が、何ともピタリと符合するのです。
 先日、ある信濃町の関係者と話していたら、こう言ってました。
 「あー彼ね。キャンキャンうるさく吠えるタイプで、内部では人望はまったくない。でも、なぜか、池田先生は可愛がってんだよなー(笑)」
 内部ですら、そんなにも人望がないというSクンを、なぜ、大センセイがチョー可愛がり、ガンガンと上のポストに引っ張り上げたか、何とも不思議ですよね。

 ちなみに、私はこのごに及んでもなおケータイを持っていないため(笑)、今度の大謀略事件の「被害者」になれないのがヒジョーに残念ですが、嘉村がアクセスしたケータイ通話記録の中に、元学会顧問弁護士の山崎正友氏、妙観講講頭の大草一男氏、フォーラム21を主宰している乙骨正生氏など、錚々たるメンバ?が入っているらしい、との情報を私は掴んでいます。
 それだけ見ても、今度の事件が、末端のペーペーもいいところの嘉村の「単独犯行」であることは、「太陽が西から登るがごとくありえない」というのは当然の助動詞なのです。

 んで、Sクンは言わずと知れた「池田紅衛兵」ですから、そのソーカツの最終的なターゲットは、毛沢東の側近追い落としの最終目標が「周恩来」だったように、「いちばん最後まで残った戸田城聖の門下生&信濃町ナンバー2」である、「現会長・秋谷栄之助」の失脚にあったわけです。
 そこで、その今回逮捕された嘉村がアクセスした「数百件以上」とされる通話記録のデータの中に、もし、もし、1億分の1の確率で「秋谷栄之助」の名前も入っていたとしましょう。
 もし、それが本当に事実であれば、それを指示できる人間は、信濃町にはたった1人しかいません(笑)。だから、この事件はスジがいいのです。

 そういえば、今度の旧橋本派1億円ヤミ献金事件でも、本来、公判請求すべき事務総長だった野中広務を「起訴猶予」にし、派閥ではカネにタッチしない周辺にいた村岡兼造を後ろから狙い撃つ形で「在宅起訴」にもっていっています。
 三井氏の不当逮捕を出すまでもなく、いまの検察はきちんとした証拠を証言を積み重ねて、「真実とは何か」を愚直に追及するのではなく、その“政治的配慮”で適当に起訴したり、不起訴にしたりしているだけですから。

 で、何と言ってもそこは「新・悪の検事総長 松尾邦弘」ですから、まあ、事件の「全容解明」は200%ムリです。
 それよりも、これはゼッタイに「政治取引」に使えるネタですので、池田大センセイとしては、ここは小泉に泣きついて、事件の「もみ消し」を図るような気がします。
 つまり、「これは嘉村の単独犯行だった」という筋書きにしておいて、最終的な事件の「幕引き」を図ることです。
 まあ、場合によっては、「犯行を指示していたとして、武井会長のように大センセイも立件へ」とまで行かなくても(笑)、学会本部のガサ入れ(特に第二別館)、さらにはやろうと思えば、大センセイに対しても、「ちょっと、お話を聞いてもいいですか」と、「参考人聴取」ぐらいはしてもおかしくないでしょう。
 ただ、松尾邦弘もそこまでハラは座っていないし、彼もこういう折り、「捜査をしているフリをする」というアリバイ作りが重要なのですから、ここは必ず「手打ち」には応じると思います。

 となると、これはもはや「司法取引」ならぬ、「政治取引」ですから(笑)、大センセイも小泉サイドに「プレゼント」が必要になります。
 とりわけ、秋の臨時国怪では、与野党対決となる「重要法案」はなく、要するに「ヒマ」なのですから、さしあたり、この8月26日付けの毎日新聞朝刊に書かせた、「公明党・憲法第9条改正せず」の方針を、小泉的には「こんなんじゃ、困るんですよ。早くそんな『イヤよイヤよもいいのうち』じゃなくて、私の任期中に憲法ぶっ壊しの道筋をつけさせて下さいよ」とサインを送ることは、十分に考えられます。
 それと、あとは来年4月の統一補選で、“盟友”のタフを当選させるため、「今度は学会票のフル稼働をお願いしますよ。たのんまーす」ぐらいですかね。

 もう、ほんとに考えるたびに、ウンザリとしてきますが、時代はいまだに世紀末の「自・公ファッショ政権」が続いているのですから、要はこうしたことも「さもありなん」というか、まあ、必ず起こるでしょう。
 そこで、私にできることなど、たかが知れていますが、この自・公全体主義政権にふさわしい、「ファッショ検察」のトップである「新・悪の検事総長 松尾邦弘」を今後も斬りまくって、「三井環不当逮捕」という「現代のドレフュス事件」の真相究明に、そのジャーナリストの全職責をもって挑み続けるということです。

 当然、民主党の「創価学会問題対策プロジェクトチーム」は、こうした「NTTドコモ携帯電話通話記録の盗み出し」という、「個人情報の大流出」という、いま、国民が最もナーバスになっている問題を、国怪で取り上げてガンガン追及しなければなりません。
 ちなみに、新代表になった岡田克也は、その「2015年 日本復活ビジョン」の第1番目に、「本当の民主主義国家日本を創る」とブチ上げています。であるならば、こんな非民主主義そのもののである大事件を放置しておくことは、「言ってることと、や
ってることの間にまったく整合性がない」ということになります。
 であるのなら、この際、旧橋本派ヤミ献金事件とセットで、今度のNTTドコモ事件の「真相の究明」も(もちろん、この「新・悪の検事総長 松尾邦弘」の松山地検検事正時代の調活費流用による裏金ギワクも、ですが)徹底解明すべきでしょう。
------------------------------------------------------------------------
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. DJエロ親父[55] REqDR4ONkGWVgw 2022年4月18日 17:36:03 : fFoZCoVXWs : RlFzcy91aGlDNVU=[3] 報告
そんなに優秀なら、ロシアとか中国に潜入して、プーチンの娘とか習近平の奥さんとか、全員創価学会員にしてしまえば、世界は一家人類は皆兄弟!ついでにエルサレムの嘆きの壁の前に池田会館建てましょう!
2. 2022年4月18日 20:18:50 : iFn8MDLkzI : MDE3MTROVWk5anc=[1457] 報告
>>1

れいわ、参院選に創価学会員を擁立 玉城知事の支援者 
h ttp://www.asyura2.com/19/senkyo262/msg/635.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 7 月 02 日 19:20:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU

れいわ、参院選に創価学会員を擁立 玉城知事の支援者
h ttps://digital.asahi.com/articles/ASM725CQFM72UTFK014.html
2019年7月2日16時48分 朝日新聞

3. 2022年4月18日 21:16:38 : rwZArosA6A : dzIyd3lFSE5yNFU=[286] 報告
投稿者は古い右翼誌をもちだしてなにを連投しているのだろう。何か意味があるとでも思っているのだろうか。
4. 2022年4月19日 04:26:37 : EkLZD15jVs : TW11R2FxYmtrdUE=[1551] 報告

そういえば阿修羅掲示板にいるアベガー連中って何故か公明党への攻撃はあまりしてないんだよね

少し不思議な現象

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK286掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK286掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK286掲示板  
次へ