★阿修羅♪ > 戦争b24 > 220.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
ISIS誕生にアメリカが果たした役割(ParsToday)
http://www.asyura2.com/22/warb24/msg/220.html
投稿者 HIMAZIN 日時 2022 年 10 月 31 日 17:37:12: OVGN3lMPHO62U SElNQVpJTg
 

https://parstoday.com/ja/news/middle_east-i106632

ISIS誕生にアメリカが果たした役割

10月 30, 2022 21:31 Asia/Tokyo


6日水曜夕方、イラン南部シーラーズにある聖地・シャーチェラーグ廟に武装したテロリストが侵入し、礼拝に訪れていた人々に向け銃を乱射しました。

公式発表によると、このテロ攻撃で13人が殉教したほか、30人が負傷しました。テロ組織・ISISはこの攻撃の犯行声明を出しました。

ISISはこれ以前にも、2017年にテヘランで起きたイラン国会議事堂およびイマーム・ホメイニー師の墓がある聖廟への攻撃や、2018年に南部アフワーズで行われた軍事パレードへの攻撃についても犯行声明を出しています。

確たる証拠から、アメリカを筆頭とする傲慢な勢力が、地域の反動勢力の協力を得ながら、パレスチナやレバノンの抵抗勢力に対抗することを目的に、テロ組織・ISISの発足や拡大に重要な役割を果たしていたことがわかっています。

アメリカは、イラクやシリア、アフガニスタンでISISが誕生し拡大していったことに大きく関与しています。米国政府がISIS支援のために計画を立案していたことは数多くの証拠で証明されており、アメリカはそのことを隠すことはできないのです。

ISISはイラクで、同国のサッダーム政権時代に支配階級にあったバアス党の残存勢力と、国外から集まったサラフィー主義・タクフィール主義といった過激勢力により誕生しました。その後、イラクやシリアで急速に活動を拡大していきました。

アメリカは、西側諸国やアラブ諸国のパートナーとともに、このISISをはじめとした過激テロ組織を広範に支援しました。アメリカの目的は、シリアのアサド政権の転覆や地域の抵抗勢力の弱体化にありました。アメリカはテロ組織をそうした目的達成のための手段とみていたのです。

トランプ前米大統領は、オバマ元大統領やクリントン元国務長官らがISIS誕生に直接関与していたと暴露しています。

トランプ氏は2016年1月の大統領選演説の中で、「彼ら(=オバマ・クリントン両氏)は噓つきだ。彼らがISISを誕生させた。クリントン氏がオバマ氏とともにISISを誕生させたのだ」と述べました。

トランプ氏のこの発言は、ISIS誕生にアメリカが直接関与していたとする各国首脳の発言を裏付けるものでした。こうした見方はロシアのプーチン大統領などが示しています。

アメリカは2011年から2014年にかけてISISを支援し、その物資・資金両面において大きな役割を果たしました。ISISがイラクの一部地域を支配すると、当時のオバマ政権はISISをコントロールするため、2014年に有志連合を組織します。

しかし、アメリカの狙いは、ISISを管理された枠組みの中で温存させ、シリアやイラク、地域の各抵抗勢力に圧力をかけるテコとして利用しようというものでした。こうして、アメリカはISISを掃討するというその意志に疑問符がついたばかりでなく、ISISもアメリカの支援なしでは何のテロ活動も行えないことが明らかになったのです。

ISISがイラクやシリアで敗北を重ねると、アフガニスタンでテロ組織を育成し、アフガン周辺諸国に不安定をもたらそうとします。ロシアのアフガニスタン担当特使であるザミール・カブロフ氏は昨年8月、「アフガンに駐留していた米軍およびその同盟国軍は、ISISと関係を持っていた」と述べました。

興味深いのは、米メディアですら米国政府とISISの関係を報じていることです。ワシントン・ポスト紙は昨年4月、ISISの前最高指導者アブー・イブラーヒーム・クライシー氏が以前、イラクで米軍のスパイであったことを米軍内部の文書をもとに報じました。クライシー氏は2008年にイラクで逮捕された後、米軍のスパイとなりました。しかし、今年2月にクライシー氏はシリア北東部で米軍の攻撃により殺害され、新たにアブーハサン・ハーシェミー・クライシー氏が最高指導者に就任しました。このことが示すのは、アメリカは自らの目的のためにISISを武装化しただけでなく、その上級幹部を利用し、新たな最高指導者選出にまで関与しているということです。

いまもアメリカは、イランやイラク、シリアに打撃を与えるためISIS支援を継続しており、地域の反動勢力もこれに協力しています。アメリカの最終目的は、ISISを手段として利用し、西アジアにおける抵抗勢力を弱体化することにあるのです。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年11月02日 15:37:37 : Ra5TjdvNcg : dy5VMi50bEJzYTY=[1] 報告
「ISIS」を「イスラム国」と訳すことに対する違和感は「COVID-19」を「コロナ」と訳すのと同様の違和感だということが今わかった。
呼称にたいしては連中側の一般には到底判りえないほどの執拗な狙いを感じる。
911の「同時多発テロ」同様のネーミングセンス。それは「帯状疱疹」であり「線状降水帯」であり「サル痘」も同様のもの。

「ISIS」がイシス神の当てつけだとするのも神の名に泥を塗りたいだけのもの。裏を返せばその力を貶めたいとする考えがある。日本を乗っ取りたい連中の考えそうなこと。
ユダヤもそう。ハザールもそう。Qanonもそう。

のっとって偽物がその名を堂々と語り、そうして正統な力を分断する。そこに騙されてる側もよっぽど工作員の資質がある。

2. 2022年11月13日 23:14:10 : ZvHCXGethU : L3J3SE9QcGRHalU=[16] 報告
>アメリカを筆頭とする傲慢な勢力  

支配欲からのちょっかい  傲慢すぎる    最低の人間性  世界中が辟易

(別に二十投稿でもないのに、二重投稿機能が誤作動しているので、↑を付け加えてみた)


Tomoko Shimoyama
@TomokoShimoyama
@
ロンドン大学東洋研究所(SOAS)では、中東諸国の政権転覆に関わる🇬🇧軍精鋭部隊への特別軍事訓練が長年秘密裏に行われてきた(2019年に学生の告発でリーク)。教授陣の1人、レバノン出身のAchcarはリビアやシリアの政権転覆活動に、国際世論の形成やロビー活動etcで大きく関与

A
🇬🇧国防省はアフガニスタン入りする軍隊に⦅地域文化の専門部隊⦆を作り、この部隊はヨルダンでもCIA等と協力して、シリア政権転覆の為に、ダーイシュ等のテロリストを訓練武装させた‼️

ロンドン大学東洋研究所(SOAS)は
中東、ロシア、東欧、中央アジア、アフリカについて、同様の専門部隊を教育。

https://twitter.com/TomokoShimoyama/status/1590649409699975171

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b24掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b24掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b24掲示板  
次へ