★阿修羅♪ > 戦争b24 > 230.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
孫子、へルソンのバーに入る...(locom2 diary)
http://www.asyura2.com/22/warb24/msg/230.html
投稿者 HIMAZIN 日時 2022 年 11 月 13 日 11:38:31: OVGN3lMPHO62U SElNQVpJTg
 

https://qrude.hateblo.jp/entry/2022/11/13/093742

2022-11-13

孫子、へルソンのバーに入る...

ペペ・エスコバル

Sun Tzu Walks Into a Kherson Bar… | The Vineyard of the Saker
https://thesaker.is/sun-tzu-walks-into-a-kherson-bar/

Pepe Escobar著:11/11/2022

取引であろうとなかろうと、冬将軍はこの街にやってくる--主賓の孫子を、彼らの食卓にたくさんの新しい料理でもてなす用意がある。

ヘルソン撤退作戦の発表は、1991年以来、ロシア連邦にとって最も暗い日の一つを告げるものであったかもしれない。

ドニエプル川の右岸を離れ、左岸に防衛線を設置することは、軍事的には全く理にかなっていると言えるかもしれない。ハルマゲドン将軍自身、着任初日から、これは避けられないことかもしれないとほのめかしていた。

チェス盤によれば、ヘルソンはドニエプル川の「間違った」側にある。より安全な緯度への移転を希望したヘルソン州の全住民-合計11万5000人-は右岸から避難させられた。

ハルマゲドン将軍は、いくつかの理由から、それが不可避であることを知っていた。

最初の SMO 計画が頓挫した後、動員を行わなかったこと、ドニエプル川にかかる戦略的橋の破壊-橋、フェリー、舟橋、橋脚を 3 ヶ月に渡ってウクライナ軍が計画的に叩いたこと、ヘルソンの北や西(オデッサやニコラエフ方向)に攻撃するための第二橋頭堡がないこと、などです。

そして、最も重要な理由は、大規模な兵器化と NATO の事実上の戦争遂行により、偵察、 通信、指揮統制の面で西側が圧倒的に優位に立ったことである。

結局のところ、ヘルソン撤退は戦術的には比較的小さな損失かもしれない。しかし、政治的には大失敗であり、壊滅的な恥辱である。

ヘルソンはロシアの都市である。ロシア人は、一時的にせよ、連邦に付属する真新しい領土の首都を失ったのだ。ロシアの世論は、このニュースを吸収するのに多大な問題を抱えるだろう。

否定的なリストはかなりのものだ。キエフ軍は側面を確保し、ドンバスに対抗するための軍を解放する可能性がある。西側の集団による兵器化は、大きな後押しになる。HIMARSはクリミアの標的を攻撃できる可能性がある。

その結果、恐ろしいことになる。結局のところ、この動きはロシアの領土を放棄することに等しく、一方でウクライナの連続的な戦争犯罪は主要な「物語」から即座に姿を消すことになる。

少なくとも、ロシアはずっと以前に、ドニエプル川の西側にある戦略上重要な橋頭堡を強化し、広く予測されているカホフカ・ダムが氾濫しない限り、その状態を維持できるようにしておくべきだったのだ。それなのに、ロシア軍はダム爆破の脅威を何ヶ月も無視したのです。これはひどい計画だ。

今、ロシア軍はヘルソンを再び征服しなければならない。そして、並行して前線を安定させ、決定的な国境線を引き、交渉か絨毯爆撃によって、ウクライナの攻撃を永久に「非武装化」するよう努めなければならない。

アナリストから退役した将軍まで、NATOの情報機関の多くがハルマゲドン将軍の動きを疑っていることは、極めて明白だ。彼らはこれを手の込んだ罠、あるいはフランスの軍事アナリストが言うように「大規模な欺瞞作戦」だと見ているのだ。古典的な『孫子』だ。それはウクライナの公式な物語としてきちんと組み込まれている。

つまり、アメリカのポップカルチャーを破壊する名作「ツイン・ピークス」の言葉を借りれば、「フクロウは見かけによらない」ということになる。もしそうなら、ハルマゲドン将軍はウクライナの供給ラインを大幅に拡張し、露出するようにそそのかし、そして大規模な七面鳥狩りをすることになるだろう。

つまり、孫子か、あるいは来週バリ島で開催されるG20と時を同じくして、取引が行われるかのどちらかである。

ディール(取引)の技術

ジェイク・サリヴァンとパトルシェフの間で、ある種の取引が行われたようだ。

キエフの派手な5列目の情報提供者にアクセスできる者でさえ、誰も本当のところは知らない。しかし、そうです-取引はへルソンを含むようです。ロシアはドンバスを維持するが、ハリコフやオデッサ方面には進出しない。そして、NATOの拡張は間違いなく凍結されるだろう。最小限の取引だ。

そうすると、パトルシェフがへルソン撤退の発表と同時にテヘラン行きの飛行機に乗り、イランの最高国家安全保障会議長官のアリ・シャムハニと非常に重要な戦略的パートナーシップの仕事を、かなりリラックスして行うことができた理由がわかるだろう。

この取引は、マリア・ザハロワの「交渉の準備はできている」という発表に組み込まれた「秘密」でもあったのだろう。

ロシアはドニエプル川岸を管理された軍事的退却で去ることになる。それは管理された軍事対軍事の交渉なしには不可能である。

このような裏ルートでの交渉は何週間も続いている。メッセンジャーはサウジアラビアである。アメリカの目的は、短期的には、イスタンブールとリヤドを加えたミンスク3協定のようなものを目指すことだろう。

誰もコカインピエロのゼレンスキーに微塵も関心を払っていない。サリヴァンはキエフに行き、ある種の既成事実を提示した。

ドニエプル川が、交渉によって決着した前線となる。

キエフは、ザポロジヘ、ドネツク、ルガンスクの接触線を凍結し、キエフはザポロジヘから電力を受け取り、そのインフラへの砲撃を停止する必要がある。

アメリカは、ウクライナを「再建」するために、500億ドルの融資と、没収された、つまり盗まれたロシアの資産の一部を用意することになる。キエフは最新の防空システムを受け取ることになる。

モスクワがこれらの条項のいずれにも同意しないことは間違いないだろう。

このすべてがアメリカの選挙結果と一致していることに注目したい。民主党は必ずしも負けてはいない。

一方、ロシアはバフムートの戦いでますます多くの利益を積み上げている。

モスクワでは、この暗号ミンスク3号が「合意不能」な帝国によって尊重されるという幻想は全くない。

ジェイク・サリバンは45歳の弁護士で、戦略的なバックグラウンドはゼロ、ヒラリー・クリントンのキャンペーンをした程度の「経験」しかない。パトルシェフは彼を朝食、昼食、夕食、夜食として食べることができ、漠然とした「合意」をすることができる。

では、なぜアメリカは必死になって取引を持ちかけるのだろうか?それは、冬将軍の到着によるロシアの次の動きが、モスクワの条件に従って戦争に最終的に勝利することができるはずだと、彼らが感じているからかもしれない。それは、ベラルーシから下への長い矢のような動きによって、ポーランド国境を閉鎖することも含まれるでしょう。武器補給路が断たれ、キエフの運命は決まった。

取引であろうとなかろうと、冬将軍は街にやってくる。主賓の孫子を、彼らの食卓にたくさんの新しい料理でもてなす用意があるのだ。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年11月13日 13:52:48 : mpP0R8oqqc : UE9odUU4cEVXeEk=[4] 報告

なんらかの取引はあったろうと思っている。その理由は、ロンドン、パリからのヘルソン撤退は騙し作戦であるとの見立ての流布が挙げられる。撤退への援護射撃となっていた。

 見事な撤退であった、一滴の血も流されていない。

 停戦交渉の斡旋者については、中東の国々があがっているが、深くはコミットしないだろうと思っている、延々と当て馬の名が挙がるであろうが、水面下での直接交渉だけが、停戦に向かう、そのように見ている。

 ドンバスの国境が回復されたときにしか停戦に至らないと思うが、どうであろう。

 

2. 2022年11月13日 17:25:24 : G1qBoW2NR2 : ZHhhVFhvcFFSM3c=[1] 報告
重要な点が抜けている。
万が一、ノーバ カホフカ・ダムが破壊された場合のことを考えてのことであり、あそこにいた、精鋭の、数万の空挺部隊をディフェンスだけに従事させるのは、もったいなく、ドネツクのウクロナチの攻撃に使うのが合理的だからだ。ドニエプル川の南側の防御に精鋭部隊は要らない。
3. 2022年11月13日 22:24:22 : ZvHCXGethU : L3J3SE9QcGRHalU=[14] 報告

青山貞一
@TeiichiAoyama

新司令官によるヘルソンからヘニチェスクへの移動指令は、メンツにこだわりヘルソンを失い市民や兵士を犠牲にすることなく、捲土重来を期す作戦。宇は露の10倍犠牲者を出しており、米英ポなどの援軍がヘルソンや東部に押し寄せている。おそらくまとめて殲滅する作戦だろうhttp://eritokyo.jp/independent/Ukraine-war-situation-aow1922.html

https://mobile.twitter.com/TeiichiAoyama/status/1591702669261180928?cxt=HHwWgMDU1Z_J7pYsAAAA

4. HIMAZIN7[14] SElNQVpJToJW 2022年11月14日 01:06:01 : esJV6HtgWM :TOR N29YTVo0YnVJZ2M=[1] 報告
ホッジス元米国駐欧州陸軍司令官
https://www.ukrinform.jp/rubric-ato/3613123-hojjisu-yuan-mi-jun-gao-guanmariuporimeritoporikurimiano-jie-fangno-shi-qiwo-yu-xiang.html
⇒《ハイマースがもうすぐヘルソンから発射されるだろう。クリミアへの道は射程圏内だ。このことがロシアの防衛/補給を弱め、同時に反攻の『左翼』は1月までにマリウポリとメリトポリを得る。その後、そのキャンペーンの決定的局面であるクリミア解放が始まる》

https://twitter.com/general_ben/status/1591493036428722183
⇒《この図は、ATACMSがクリミア半島にあるロシア軍基地に対して即座にプラスの効果を発揮する理由も明確に示しています。》

ハイマースとATACMS。2つの兵器でマリウポリ、メリトポリ、そしてクリミア半島獲りと…
冬のあいだも戦闘は続ける気なんだねぇ…

[スレ主【HIMAZIN】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

5. 2022年11月14日 11:05:33 : JsSL9DM3S6 : YlpKSGNNUXFZYk0=[10] 報告
ヘルソン撤退で西側は「退くに退けなくなった」
米の中間選挙でも民主党優勢で退く理由がない

西側全体がインフレに苦しんでいるのに、戦況が有利に見えるので不利な条件での停戦は自ら作り上げたウクライナ応援世論が許さない
不利な局面なら先にロシアから具体的な停戦の提案があるはずなのにそれが無い

さてはて、何が起きているのか

6. 2022年11月16日 10:48:28 : mpP0R8oqqc : UE9odUU4cEVXeEk=[5] 報告

 15日夜、ロシアにとるウクライナのエネルギーシステムへの攻撃が濃厚になされた。

 経過中にウクライナ国境に近いポーランド領の建物にミサイルが落下し、2人の死者がでた。

 例によって、ロシア非難が始まっている。

 冷静に考えるならば、ウクライナサイドによる、ロシアミサイルへの迎撃ミサイルがポーランド領地に着弾した結果であろう。

 ウクライナ所有の迎撃システムにはロシア製のS−300も含まれており、またまた、例によって例のごとくロシアによる攻撃だとのほのめかしを残し、事実は解明されないとみる。

 調査にはUSも加わるが、その主たる目的は、ウクライナによる偽旗作戦なのか、操作ミスなのかの判別であろう。勿論、結果は公表されない。


 

7. 2022年11月17日 22:20:53 : P5NjkjXQ1Q : bjI5Z29PQjlGbjY=[1] 報告
孫子の兵法三十二計。 諸葛亮の空城の計をロシア軍が実行した。 背水の陣をひかなかった。
ロシアは併合した地域から住民も含め川の東に撤退。 ウクライナは、衛星回線開設で携帯は
繋がるようになり市民は携帯基地に集まる。 BBCは、ゼレンスキーの映像を流した。

ロシア軍撤退でプーチン批判と戦争好きな日本のマスコミは、ウクライナ優勢を大々的に報じる。 
この先、川を挟んで、(ウクライナの領土)東側の市街地をウクライナ軍が攻撃し、犠牲者をロシア人や
ロシア系ウクライナ人と呼んで、ウクライナ国民と報道することはあるのだろうか?

ゼレンスキーは優勢のうちに、1月初めの東方教会のクリスマスに向け、停戦交渉を始めればと思うが。

ロシア軍はヘルソンを短期間で侵攻し占領した(住民投票でロシア併合 この先も係争地となった)
今回はウクライナ軍の奪還。 攻守が入れ替わる防衛の難しい地域のようである。 諸葛亮の空城の
計に、仲達(司馬懿)はトラップを恐れた。 西側報道でも、トラップや伏兵3万人が報道される。

民間人(非戦闘員)とロシア軍の撤退は疾如風。 旧日本軍は軍人が先に逃亡。 アフガンでも協力者
500人かの退避もままならず。 米国は、ベトナム戦争しかり、アフガンでもしかりである。 ただ、米軍は
現地の民間人、旧日本軍は自国民を見捨てている(在留日本人の話も最近は報道も無くなっている)

マスコミは、何も持たずに徒歩の映像を流し、ロシア軍のゆとりのなさ劣勢を報道するが、どうなのか?

ロシア軍撤退は穀物収穫も終わった冬の前。 集落の住民は冬を越せる穀物は地下に備蓄。 都市
住民は備蓄は無い。 穀物倉庫は撤退時は空にされる。 どれだけの民間人(非戦闘員)が残って
いるのかわからない(ヘルソン市の人口は30万人 数万人は在住なのか?)が、ウクライナ軍は民間
人を退避させないと、電気や水、ガスも止まり、燃料や水や食料配給に軍人を割くことになる。 


軍事入門/兵站の意義と概算(WIKIBOOKS)にある地上部隊の兵士の一日あたりの補給物資は
45Kg。 80年代のソ連と米国の機甲化師団(約15,000人)の1日平均所要量は、1,117トンと
1,555トン。 歩兵10,000人で45Kgで、一日450トンの補給が必要になる。 子供のころ伯父は

酒に酔うと満州の厳冬期の戦争を話していた。 (おそらくPTSDだった思うが)戦車の潤滑油(グリス)
も凍り、束の間の戦争しなくてよい時間であったと。 現代の戦争は動きを止めることは無く、大量の
物資を消費し、間断ない補充で戦争は継続する。 

防衛線は河川や池沼地帯で塹壕は、水と凍りに悩まされ歩兵の展開も困難、大砲や戦車・装甲車の
防衛線は冬場は草も枯れ隠すことも難しい。 兵站補給も冬は川の水位低下で積載量は減少、道路は 
破壊されるとトラック輸送も止まる。 ウクライナ軍は、ヘルソンを防衛できると判断したことになるが。
ロシア軍は補給線攻撃でウクライナ軍を動けなくできる。 冬将軍の数ケ月、補給は可能なんだろうか?


主賓孫子の前に、ゼレンスキー閣下は、ヘルソンのバーに入った。 国民が暗闇の夜を過ごすことなり、
NATOに深刻な料理を提供した。 ペンタゴンはいち早く調査中と反応し、素早く鎮静化させた。
AWACS(早期警戒管制機)、防空レーダー、迎撃システムのミサイル発射。 しかし、ミサイルは発射

されなかった。 人為的な中止なのか、システムの脆弱性なのか。 ただ、迎撃ミサイルの発射にあわせ
ミサイルやドローンを自爆させれば、フレンドリーファイアが起きることはわかった。

政治上は、ウクライナの迎撃ミサイルと言わずに、ロシアのミサイル攻撃が原因と一括する。 犠牲者が
でたことで風雲急を告げたが、その犠牲者も大山鳴動の不運として幕引きされるのも国際政治。
戦争の犠牲は、国民庶民になる。 日本のマスコミは、の停戦の論陣をはれないもか?

孫子曰 兵者国之大事。 死生之地 存亡之道 不可不察也。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b24掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b24掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b24掲示板  
次へ