★阿修羅♪ > 戦争b24 > 235.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
米国はナチスを救い続ける(E-wave Tokyo)
http://www.asyura2.com/22/warb24/msg/235.html
投稿者 HIMAZIN 日時 2022 年 11 月 15 日 20:04:25: OVGN3lMPHO62U SElNQVpJTg
 

写真 2018年4月21日、米ジョージア州ドラケタウンで、集会後に燃える鉤十字を掲げる米国最大のネオナチ集団「国家社会主義運動」のメンバーたち。© Spencer Platt/Getty Images

著者:、トニー・コックス
  ブルームバーグや主要日刊紙で執筆・編集を担当する米ジャーナリスト


http://eritokyo.jp/independent/Ukraine-war-situation-aow1929.html

核心を突く米国ジャーナリストの重要長編

米国はナチスを救い続ける

ポグロムからヒトラー、イスラム過激派まで、1世紀超にわたり米国は、世界が憎むべき相手と協力、ウクライナでもネオナチを支援。

著者:トニー・コックス(米国ジャーナリスト)

America’s Neo-Nazi bedfellows in Ukraine are latest
in long line of odious allies Washington has used against Russia
From pogrom-mongers to Hitlerites to radical Islamists,
the US has collaborated with repugnant partners for more than a century
https://www.rt.com/news/566262-americas-nazi-collaborators/

 RT War in Ukraine #1929  14 Nov 2022

翻訳青山貞一(東京都市大学名誉教授)
独立系メディア E-wave Tokyo 2022年11月15日


本文

 ソ連の指導者ヨシフ・スターリンは1945年3月、第二次世界大戦の同盟国であるはずのワシントンが、自分の背後でドイツのナチスと交渉していたことを知り、激怒した。

 実際、アメリカのスパイで後にCIA長官となるアレン・ダレスが、ヒトラー政権の崩壊が近づいているときに親衛隊のカール・ヴォルフ将軍と秘密会談を行い、冷戦を実質的に開始したとする歴史家の証言もある。

 スターリン、アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルト、イギリス首相ウィンストン・チャーチルは、ヒトラー政権の非道な犯罪を理由に、ナチスの無条件降伏しか認めないことで合意していた。

 ダレスとウルフの会談が明るみに出た時、FDRはスターリンに「誰もドイツと交渉していない」と何度も虚偽の報告をした。グルジア(現ジョージア)の将軍は納得せず、西側の同盟国がソ連を封じ込め、赤軍に落ちるかもしれない領土を占領するために策略を巡らせていると疑った。

 ソ連が疑念を抱くのは当然である。ダレスを含むワシントンの一部の人々は、ソ連をアメリカの長期的な最大の脅威と見なしており、ドイツを倒すために各国が協力していた。

●ナチスを救う

 半世紀以上経ってようやく機密解除された文書で確認されたように、アメリカの情報機関はまもなく1,000人以上のナチスを冷戦時代のスパイとして雇うことになった。

 ※注:米国情報自由法(FoIA)では、非公開文書でも一定期間
  過ぎると公開される

 その頃、アメリカはすでに、モスクワに対抗するために、見苦しい同盟国と共通の大義名分を見出した歴史があった。ソ連がよく覚えているように、アメリカは1918年にロシアに侵攻し、ボルシェビキ政権を打倒するために闘ったが失敗した。当時、アメリカは反革命派の白軍と同盟を結んでおり、その中にはポグロムなどの残虐な殺戮を好んでいた者もいた。

 ※注:ポグロム(погром、パグローム)
  ポグロムとは、ロシア語で「破滅」、「破壊」を意味する言葉で
  ある。特定の意味が派生する場合には、加害者の如何を問
  わず、ユダヤ人などに対し行なわれる集団的迫害行為(殺戮
  ・略奪・破壊・強姦・差別)を言う。
  歴史的にこの語は、ユダヤ人に対して、自発的計画的に広範
  囲に渡って行われる暴力行為と、同様な出来事について使わ
  れる。ポグロムは標的とされた人々に対する物理的な暴力と
  殺戮を伴っている。出典:Wikipedia+青山貞一

 ウッドロウ・ウィルソン大統領(当時)は、世界の指導者たちに自決と対外侵略の禁止について道徳的に説いていたが、この原則は何世代も先のアメリカの自己利益に従ってのみ適用されるものだった。

 彼は、ドイツから中央アジア、そして現在のウクライナ危機まで、今日まで続いている前例を作ることになった。それは、アメリカは自由の擁護者であると同時に、ロシアを傷つけたいというワシントンの熱い思いを共有できる相手であれば、どんなに憎むべき行為や見解であっても協力する、という明確なパターンであった。

 1945年、ダレスはハインリッヒ・ヒムラーの右腕であったヴォルフと手を組んだ。ウルフとSS将校のグループは「黒の騎士団」と呼ばれ、北イタリアを連合軍に降伏させることに同意した。この取引は、ドイツの全面降伏のわずか6日前に行われたため、アメリカにはあまり効果がなく、ソビエトや他の同盟国に不信の種をまいてしまった。

 ※注:SS
  親衛隊(独:Schutzstaffel De-Schutzstaffel.ogg 略号:SS)は、
  ドイツの政党、国民社会主義ドイツ労働者党の組織であり、
  主に第一次世界大戦時の将校や指揮官などの退役軍人が
  高官を務めた。ドイツ語でSchutzが「護衛」「防護」、Staffelが
  「梯団」「梯隊」を意味する。出典:Wikipedia

 歴史家によれば、ヴォルフはニュルンベルク検事団から不思議なことに主要戦犯リストから外され、加害者ではなくナチスの残虐行為の「目撃者」として扱われたので、絞首台は免れた。ダレスは、ウルフ将軍の別荘がイタリアのパルチザンに包囲されたとき、救助隊を派遣してウルフを救ったほどである。

 米国の情報機関、国防総省、FBIは、戦後採用したいナチスの記録を白紙に戻す手助けをした。また、悪名高い戦争犯罪者がアメリカの同盟国から隠されていたケースもある。

 そのような有用な悪党の一人がクラウス・バービーで、彼はヴィシー・フランスでゲシュタポの将校としてユダヤ人とレジスタンス戦士を拷問していた時に「リヨンの虐殺者」として知られていた。彼は占領下のドイツでアメリカのスパイとして働き、フランスが彼を戦争犯罪人として裁判にかけるために送還することを要求した後、ワシントンは1951年に彼をボリビアに連れ去った。

 ※注:ヴィシー政権(フランス語: Régime de Vichy)
  ヴィシー政権は、第二次世界大戦中における、フランスの政権
  (1940年 - 1944年)である。この時期はフランス共和国という呼称
  が停止され、フランス国(フランス語: État français)という呼称が用
  いられた。フランス中部の町、ヴィシーに首都を置いたことから「ヴ
  ィシー政府」、「ヴィシー・フランス」ともいい、この政権下の体制を
  「ヴィシー体制」と呼ぶ。またこの政権は事実上ナチス・ドイツの傀
  儡政権(衛星国)であった。出典:Wikipedia

 1983年にアメリカの調査によってようやく明らかになったように、アメリカはバービーの居場所について同盟国のフランスに嘘をついていたのである。米軍はバービーと他の反共産主義工作員を、ファシストのクロアチア人司祭クルノスラフ・ドラガノヴィッチが運営する「ラットライン」を通じてヨーロッパから避難させるために金を払った。米国調査官アラン・ライアン・ジュニアは、「米国政府の役人は、フランス政府から犯罪容疑で指名手配されている人物を保護し、法から逃れるよう手配する直接的な責任を負っていた」と述べた。

 多くのナチスを直接雇用することに加え、CIAは、かつてヒトラーの東部戦線情報主任であったラインハルト・ゲーレンが運営する大規模なスパイ網を利用するために数百万ドルを支払ったと伝えられている。このドイツ人将軍は、戦争犯罪容疑での訴追を免除され、逮捕を避けるためにナチスの仲間の何人かをヨーロッパから逃がす手助けをした。

 アメリカ政府がナチスを雇ったのは、単なるスパイ活動だけではない。科学者やエンジニアを含む1,600人以上が、ペーパークリップ作戦の下、冷戦に勝つために彼らの技術力を生かしてアメリカに呼び寄せられた。

 例えば、国防総省はロケット科学者のヴェルナー・フォン・ブラウンを新妻、両親、弟とともにアメリカに呼び寄せた。フォン・ブラウンは、ドイツでヒトラーのために奴隷労働を使ってV-2ロケットを作ったチームで、アメリカの宇宙開発計画の英雄となり、ディズニー映画やタイム誌のカバーストーリーの題材となった。

 しかし、ナチスからの移植者のすべてが順調であったわけではない。航空医学の経験を買われてテキサス州の軍事基地に連れてこられたコンラッド・シェーファー博士は、米軍当局の印象が悪く、ドイツに送り返された。

 作家のエリック・リヒトブラウが2014年の著書「隣のナチス(The Nazis Next Door)」で書いているように、アメリカ側は、シェーファーが医療残虐行為と関係があるというニュルンベルク検察の主張を見逃したが、彼の「科学的才覚」の欠如は許せなかったのである。

●アメリカ対ユダヤ人

 ナチスは戦後、第三帝国下でユダヤ人が虐殺されたのと全く同じ収容所を運営する仕事にも就いた。アメリカ陸軍のジョージ・パットン将軍は、ダッハウやベルゲン・ベルゼンなどのアメリカ占領地にあった避難民収容所の責任者となり、ユダヤ人生存者を「解放」後数週間から数ヶ月間強制的に収容した。

 ヒトラーの死の収容所を監督した看守や、残虐な医療行為を行ったナチスの医師が、DP施設のスタッフとして働いていたのである。収容所では、ユダヤ人はまだ縞模様の制服を着て、わずかな食料を与えられていた。

 さらに食料を得るために闇取引に走ると、シュトゥットガルトやランズベルグのDP施設にドイツ警察が派遣され、取り締まりを行うようになった。当時のハリー・トルーマン大統領が派遣した調査官アール・ハリソンは、次のような見解を示している。

 「我々はユダヤ人を絶滅させないことを除けば、ナチスが扱ったように扱っているように見える」。

 パットンはこの批判的な報告書に「激怒」したと、リヒトブラウは2014年11月のNPRのインタビューで語っている。「ハリソンとその仲間は、避難民を人間だと信じているが、それは違う」と、米国の戦争の英雄は日記に書いている。「そしてこれは特にユダヤ人に当てはまり、動物よりも下等である。」と。

 ペーパークリップ作戦の科学者たちと同様に、CIAのナチス・スパイの多くはアメリカに移された。これらの新たに加わったアメリカ人の中には、ロシアのクラスノダール地方出身で北コーカサスの総統とあだ名されたチュチェリム・スブゾコフや、アドルフ・アイヒマンの最側近でドイツの「ユダヤ人問題」に対するナチの政策を作り上げたオットー・フォン・ボルシュヴィングが含まれていた。

 リヒトブラウはCIAの将校の言葉を引用して、「我々はソビエトを倒すのに役立つ男なら、どんな男でも、そのナチスの記録がどうであろうと逮捕する」と書いている。

 ウクライナのナチス協力者ニコライ・レベドは、戦時中のユダヤ人とポーランド人の大量殺戮に関係しているとされ、1949年にアメリカに連れてこられた。彼の経歴は謎に包まれていなかった。アメリカ陸軍は彼を「よく知られたサディスト」と呼び、CIAは彼を「デビル」とコードネームで呼んだという。

 しかし、反ソ連工作員としてあまりに貴重な存在であったため、数年後、アメリカの入国管理局が調査に乗り出すと、CIAは彼の国外退去を阻止した。レベドはアメリカの保護下で生き続け、89歳でピッツバーグで死んだ。

 「これはロシアのユダヤ人だけができることだ」-125年前、近代シオニズムはいかにして生まれたか?

●役に立つ敵、そうでない敵

 J・エドガー・フーバー長官率いるFBIもまた、ナチスのスパイや情報提供者のネットワークを利用し、彼らを訴追や国外追放から守る手助けをした。ラズロ・アグは、数千人のユダヤ人を殺害し、数千人の国外追放を助けたファシスト集団であるハンガリーの矢十字団への関与について、FBI捜査官に認めさせた。

 アグは犠牲者の多くを拷問し、自分の糞を食べさせたり、部分的に埋められた銃剣の上に飛び乗ることを強要したと言われている。それでもフーバーはアグを反共産主義の情報提供者として採用し、入国管理局がこのナチスの協力者をビザ詐欺で起訴して国外追放しようとした時、FBI長官は自分のエージェントがハンガリー人が告白したことについて証言するのを禁じた、と歴史家達は言う。

 フーバーとFBIは、道徳的に低い立場を選択することによって、生死を問わずアメリカ人の信頼を裏切った」と、『役に立つ敵(Useful Enemies)』の著者で歴史家のリチャード・ラシュケは書いている。

 戦争犯罪者を保護するFBIの「沈黙の陰謀」は、アメリカ人を「世界の目に映る無自覚な偽善者」にした、と彼は付け加えた。「それなら、同じ殺人犯をアメリカに迎え入れ、国家安全保障の名の下に処罰を免れる手助けをした。選挙によらない有力者の一団を、アメリカ人はどう判断しなければならないだろうか」。

 フーバーは、ルーマニアのファシスト「鉄衛団」を率い、後に在米ルーマニア正教会の司教となったヴィオレル・トリファを擁護した。彼は政治的なコネクションを持ち、議会で祈りを捧げ、リチャード・ニクソン副大統領(当時)と個人的に面会したこともある。

 ルーマニアに戻ったトリファは、戦争犯罪の疑いで欠席裁判で死刑を宣告された。フーバーはトリファを「冷戦時代の景観の中で非常に望ましい存在」と考え、1955年に司教の告発者の一人との面会をキャンセルするようニクソンを説得した。

 アメリカのナチス移民は、1970年代に活動家が彼らの責任を追及し始めるまで、ほとんど世間の目に触れることはなかった。1979年、米国司法省(DOJ)は、隠された戦争犯罪者を調査し、起訴して国外追放にするための新しい部署を設立した。しかし、ヒトラーの従犯と取引していた連邦政府の部門が、司法省の構想の障害となった。

 1979年、スブゾコフがヴァッフェンSSの将校だったという経歴を偽り、ビザ詐欺で起訴された時、CIAは突然、北コーカサスの総統がナチの過去を公表したことを示す文書のコピーを発見したのである。

 その結果、スパイ組織がソブゾコフを解雇したのは、戦時中の残虐行為ではなく、彼が自分の部下に対して正直でなかったからだということが分かった。その結果、彼は暗殺部隊を率いたこと、問題児を処刑したことを認めさせたが、面接官は彼がまだ多くのことを隠していると考えていたた。

 作家のハワード・ブルム氏は、スブゾコフが東部戦線で140万人という途方もない数のユダヤ人の殺害に参加した機動殺人部隊の中尉であったと書いている。しかし、元SS将校はナチスとの関わりを公に否定し、ブルムとその出版社(ニューヨーク・タイムズ社所有)を名誉毀損で提訴した。

 ソブゾコフがCIAに助けられて起訴を免れたため、目撃者が揺らいでおり、著者の証拠書類が「ロシアの偽情報」であると異議を唱えられたため、タイムズは50万ドルの和解金を支払うことを選択したのである。真実が明らかになったのは、スブゾコフの死後20年以上たった2006年、CIAが戦争犯罪に関する27,000ページの文書の機密指定を解除した時である。

 アメリカの輸入ナチスのすべてが、政府によって連れてこられたわけではない。その中には腕にSSの入れ墨をした者も含まれている。アメリカのエリザベス・ホルツマン下院議員は、移民局が戦争犯罪者を根絶やしにしようとしているのは「ひどいいい加減さと表面的なもの」であると非難した。

 例えば、戦時中クロアチアのファシスト政権ウスタシャの高官だったアンドリヤ・アルトゥコビッチ氏は、1948年に偽の身分証明を採用し、観光ビザでアメリカに入国している。アルトゥコビッチは単にビザをオーバーステイして、兄の経営するカリフォルニアの会社で働いた。

 1951年、ユーゴスラビアが戦争犯罪の容疑で彼の身柄引き渡しを求めたが、アメリカ政府は7年間も引き延ばし、不法滞在者の送還を拒否した。1986年に新たな要請でようやく引き渡された時には、彼は86歳になっていた。そのため、ユーゴスラビアで大量殺戮の罪で有罪判決を受け死刑判決を受けた後も、自然死が許されたのであった。

 ウクライナ出身のナチス協力者ヤコブ・ライマーは、ポーランドのトラウニキの強制収容所で上級SS看守として働き、ゲットーの清算に参加したとされている。1952年に米国のビザを取得し、2005年まで強制送還を免れていたが、米国からの強制送還を前に76歳で死去した。戦時中の行動を法廷で問われた時、彼はこう言ったという。「すべて忘れられたことだ。すべて終わったことだ」と言ったという。

●ナチスからイスラム教徒へ

 アメリカは、世界に対し高潔な理想を唱えながら、モスクワに対しては極悪非道の同盟国と手を組むというパターンを、1979年に再び見せ付けることになる。ソ連軍がアフガニスタンに侵攻し、カブールの共産主義政権を支える前から、CIAはイスラム教徒の反政府勢力に武器と資金を提供し始めていたのである。

 当時のカーター大統領は、ソ連のカブールへの介入を「国際的な行動規範のあからさまな違反」と攻撃したが、彼の政権はアフガニスタンの親ソ政権を打倒しようとするジハード主義者に熱心かつ密かに武装を施した。1980年の大統領選挙で勝利したロナルド・レーガンは、この政策を継続した。

 援助は1987年の6億3千万ドルをピークに、時代遅れのライフルからスティンガー対空ミサイルへと高度化し、ソ連侵攻以前に政府と戦っていた思想性の低い反乱軍ではなく、主にパキスタンの好む過激派戦闘員に流された。

 ムジャヒディンとアメリカ政府は、基本的にロシア人を殺すことだけが共通の目標であった。1989年にソ連軍がアフガニスタンから撤退し終わると、同盟国は敵同士になった。反政府勢力の一部は後にタリバンを結成し、アフガニスタンを占領して民間人に対する残虐行為を行い、2001年9月11日にアメリカ史上最悪のテロを行ったとされるイスラム教のアルカイダを匿うようになった。

 敗北の代償 米国はちょうど1年前にアフガニスタンから脱出したが、本当の結果はこれからだ。
 
 アルカイダもまた、アフガニスタン紛争から誕生した。グループのリーダーであるオサマ・ビンラディンとその戦闘員の多くは、かつて米国が供給した武器でソビエト連邦と戦っていた。その皮肉な出自から、「アルカイダ」というニックネームが生まれた。しかし、この大惨事から学んだ教訓があるとすれば、それはどうやら無視されたようである。

 米国とその同盟国は、ロシアが支援するシリアのアサド大統領政権を追放しようとしたが失敗し、再びイスラム反体制派を支援することになった。米国当局は「穏健派」の反体制派のみを支援すると主張したが、意図的であろうとなかろうと、米国の武器はアル・ヌスラ戦線やアハラル・アル・シャームのようなジハード主義グループの手に渡ってしまったのである。

 国連によると、シリア内戦では30万人以上の民間人が死亡した。また、この戦争で数百万人のシリア人が難民となり、欧州の移民危機を引き起こした。

●米国の最新の反ロシアプロジェクト

 2014年にワシントンがシリアの反政府勢力への援助を強化していたときでさえ、バラク・オバマ大統領は時間を見つけて、選挙で選ばれたヴィクトル・ヤヌコーヴィチ率いるウクライナ政府を転覆させる手助けをした。ヤヌコビッチはウクライナのEU加盟を支持すると言っていたが、西側からは親ロシア的すぎると見られていた。

 ネオナチの民兵が暴力的なユーロ・マイドン打倒のために力を貸し、その余波で反クーデターデモを鎮圧したという事実は、明らかにワシントンにとって容認できる協力関係であった。

 極右のスヴォボダ党のメンバーが新政府の指導的地位についたとき、アメリカの高官たちは彼らと一緒に行動した。キエフの独立(マイダン)広場でオレグ・タニボックとステージを共にしたジョン・マケイン上院議員の場合は、文字通り一緒に行動した。

 オバマ政権は、オデッサで反ユーロ・マイドンのデモ参加者が襲撃され、少なくとも48人が死亡、数百人が負傷しても、何の非難もしなかった。犠牲者の多くは、同市の組合会館に避難しようとしたところを極右の暴徒に焼き殺された。他の人々は、燃えている建物から逃げ出そうとしたときに撃たれたり、殴られたりしました。

●生きながら焼かれる:2014年オデッサの大虐殺はいかにしてウクライナの転機となったか?

 ウクライナのファシスト集団「右翼セクター」は、この大虐殺を 「国の歴史にまた新たな明るい1ページが刻まれた 」と祝福することで反応した。米メディア「デイリービースト」が反ヤヌコビッチ野党の「新星」と絶賛していたウクライナ議員のレシア・オロベツも、オデッサ事件を親ロシア派の敵の「清算」と称して殺害を祝ったと報じられている。

 今日に至るまで、虐殺の実行犯は責任を取られていない。欧州評議会は2020年11月、キーウ政府が殺害の責任者を適切に調査・起訴しなかったと結論づけた。

 ウクライナは、公共の行進で崇拝されているステパン・バンデラなど、第二次世界大戦のナチス協力者を受け入れ続けている。クーデターから2年後、キーウの大通りはステパン・バンデラ通りに改名された。リヴィウにもステパン・バンデラ通りがある。ウクライナのネオナチに言わせれば、ヤヌコーヴィチの罪は、バンデラを「ウクライナの英雄」とする政府宣言を取り消したことにある。

 皮肉なことに、バンデラはCIAにとってさえも「極端」すぎると考えられ、CIAは代わりにレベドやヤロスラフ・ステツコといった他のウクライナ民族主義者組織(OUN)の指導者と仕事をすることを選んだのである。後者の著作は、スヴォボダ党の思想的基盤となった。

 CIAの前身である戦略サービス局(OSS)は、1945年9月、バンデラが戦時中に「恐怖の支配」を行ったと結論づけた。しかし、米軍はバンデラを戦犯としてソ連に送還することを拒否した。2006年に公開されたCIAの文書によると、「アメリカの情報当局は、彼の逮捕が今後のアメリカのウクライナ人に対する作戦に迅速かつ悪影響を及ぼすと認識していた」のである。

●ウクライナの「英雄

 米国の指導者の中には、ウクライナの現代のナチスに対して誤解を抱いている者もいた。例えば、議会は2018年3月、ウクライナに対する米国の軍事援助が、メンバーの多くがネオナチ思想を公然と宣言している「アゾフ大隊」に行くことを認めることを禁止する投票を行った。

 「白人至上主義やネオナチは容認できないし、我々の世界に居場所はない」と、ロ・カンナ下院議員は当時述べている。米議員らは2016年、国防総省の要請で以前の禁止令を撤廃していた。

 この問題は当時から物議を醸していた。大手メディアはウクライナの「ナチス問題」について書き立て、2016年に資金提供禁止が撤廃されると、サイモン・ウィーゼンタール・センターは、米国が 「ナチの協力者の美化、ナチスとともに戦った人々への経済利益の付与、共産主義とナチの犯罪の同等性のカナードをこれらの国々が様々な政治的利害から意図的に促進することを無視」していると議会を非難している。

 ※注:サイモン・ウィーゼンタール・センター(ロサンゼルスなど)
  設立 1977年。サイモン・ウィーゼンタール・センター(英語:
  Simon Wiesenthal Center, SWC)は、アメリカ合衆国カリフォル
  ニア州のロサンゼルスに本部を置き、ホロコースト(ユダヤ人
  大量虐殺)の記録保存や反ユダヤ主義の監視を行い、国際的
  影響力を持つ非政府組織であり、運営団体である。ヴィーゼン
  タール・センターとも。同センターはロサンゼルスに本部を置き、
  エルサレム・ニューヨーク・トロント・マイアミ・シカゴ・パリ・ブエ
  ノスアイレスなどで事務所を運営。民間の寄付で運営される非
  政府組織で、2012年は2億6000万ドルの寄付を受けた。
  出典:Wikipedia

 米国の上院議員40人は2019年、アゾフ大隊やその他の極右団体を国務省のテロ組織に指定するよう求める書簡に署名した。

 ワシントンのリバタリアン系シンクタンク、ケイトー研究所は2021年5月、ウクライナの「権威主義への転落」が加速していると記した。「戦略的な理由でウクライナを米国の同盟国として扱うのは無謀であり、民主的な連帯を主張する根拠としてそうするのは道徳的に不快だ」と、ケイトー研究所のテッド・ギャレン・カーペンター上級研究員は述べている。バイデン政権は、このますます忌まわしいクライアント国家を一刻も早く追い出すべきだ」と述べた。

 しかし、昨年末に現在のウクライナ危機が湧き始めると、そのような懸念は打ち消された。昨年12月、米国とウクライナは、「ナチズムやネオナチズムの賛美や人種差別を助長する行為と戦う」という国連総会決議に唯一反対票を投じた国であった。キーウが反対した他の条項の中には、ドイツのナチスやその協力者の記念式典を禁止することを求めたものがある。

 ウクライナ軍がロシアと戦っている今、米国とその同盟国、そして西側メディアは、キーウをさらに無批判に支持している。バイデン氏は、ウラジーミル・ゼレンスキー大統領が野党を禁止し、批判的な放送局を閉鎖し、反対者を逮捕する中でも、この紛争を「民主主義と自由」のための戦いと位置づけている。

 フェイスブックはロシアの軍事攻勢が始まった2月24日にルールを変更し、約30億人のユーザーがアゾフ大隊を賞賛できるようにした。メディアもアゾフ大隊のイメージを和らげた。例えば、ワシントン・ポスト紙は「民族主義的な組織」と呼び、以前は「公然たるネオナチ」と呼んでいたニューヨーク・タイムズ紙も「有名な」と呼び始めた。

 ウォールストリート・ジャーナルは、メンバーの勇気を称えつつ、このグループのナチスとの結びつきを白日の下にさらした。9月には複数のメディアが、ロシアの捕虜となっている間に過酷な扱いを受けたとされるアゾフの戦士について同情的な記事を書き、Business Insiderは、治療費が必要な大隊員のために13万ドル以上の資金が集まったと指摘した。

 「ウクライナの腐敗と権威主義を隠そうとするメディアの姿勢は、ロシアとの戦争が始まってからさらにひどくなっている」と、ケイトーのカーペンターは5月に述べている。「ウクライナ戦争の報道は、メディアの誠実さと信頼性において、新たな低レベルを達成する恐れがある。既成の報道機関が、明らかなネオナチの行動を白日の下にさらすとき、何かがひどく間違っている。

 実際、アゾフのイメージは大きく変わり、共同創設者のギオルギー・クパラシュヴィリ氏ら大隊の代表5人は、代表団の米国ツアーの一環として9月にワシントンで50人以上の連邦議会議員と面会したと伝えられている。同団体は先月、デトロイトのウクライナ系アメリカ人の教会を訪問した際、ヴォルフサンゲルのロゴが入ったアゾフのワッペンをオークションに出品している。

●キーウの通りはネオナチを称えるために改名された。

 また先月、ソ連のロディオン・マリノフスキー元帥を記念して名付けられたキーウの通りが、アゾフ大隊の「英雄」を称えるために正式に改名された。

 10月26日の改名式に出席した高官の中には、ネオナチの仲間から「白い支配者」の異名を持つアゾフの創設者アンドレイ・ビレツキーがいた。マリノフスキーはウクライナ出身で、1943年から1944年にかけて同国の大部分をヒトラーのナチスから解放し、ソ連の英雄に2度選ばれている。

 ウクライナのファシスト的要素は、どうやら社会の片隅や軍の片隅に限られたものではなさそうだ。ウクライナ軍最高司令官であるヴァレリー・ザルジニー将軍は、10月6日のツイッターで、鉤十字が描かれたタイルでできたブレスレットを身に着けていると思われる写真を投稿した。彼は後に、このブレスレットはスカンジナビアの異教徒のシンボルを描いたもので、画像をデジタル圧縮したために卍のように見えたと主張している。

 しかし、ゼレンスキーが投稿した写真にはナチスのシンボルも登場しており、彼のボディガードの1人が「トーテンコップ」のワッペンをつけているところを写したインスタグラムの投稿もある。第二次世界大戦でSS軍が着用したドクロと十字架のシンボルを示す同様のパッチは、ウクライナ大統領が投稿した別の写真でもウクライナ人兵士が着用していました。アゾフの戦闘員が公然と使用したナチスのイメージとは別に、ウクライナの正規軍人はSSのパッチをつけ、車に鉤十字を描いている写真が撮られている。

●歴史は繰り返される

 そのような象徴は、米国とそのNATOの同盟国にとって懸念事項ではない。バイデンは、モスクワがウクライナの「脱ナチス化」を目指したというロシアのプーチン大統領の主張を、「冷笑的」で「卑猥な」嘘だと言って退けた。

 他の反ロシアの声と同様、彼はゼレンスキーのユダヤ人の先祖がウクライナにナチスの傾向がないことを証明していると主張している。ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ゼレンスキーはキエフのナチス傾向を「個人的にひいきにしている」と反論した。

 そしてまた、米国の高官たちは、状況に応じてナチズムを非難し、特に反モスクワの利益が共有されている場合には、潜在的に有用な悪役をバラ色のレンズで見てきた長い歴史がある。後にCIA長官となるダレスが、ニュルンベルク裁判でヒムラーの「死の官僚」と呼ばれたウルフを評価した時もそうであった。ヒムラー自身が所属していたOSSは、ウルフを「住民の大量殺戮(さつりく)」と非難している。

 ダレスはワシントンへの電報の中で、このSSの大物を「ダイナミック」で「個性的」な人物であると賞賛した。彼はウルフをハンサムで信頼できる人物と見ており、「ワッフェンSSのより穏健な要素であり、ロマン主義が混在している」代表であるとした。

 クリストファー・シンプソンや他の歴史家が引用した引用文は、ダレスや他の米国情報当局者がナチやナチの協力者をどう見ていたか、明らかに偏った考え方を説明するのに役立つかもしれない。「1951年から1954年までミュンヘンでCIAのソ連部門を担当したハリー・ロジツケは言う。「我々は自分たちが何をしているかを知っていた。「反共産主義者であれば、どんなろくでなしでも利用するという直感的なビジネスだった」。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年11月15日 21:55:08 : FrYYg0d23s : YjhzdmdtZFR2SW8=[1] 報告
コード・アリス(Code_Alice🇯🇵)
@AIs_of_Dragoon
🇹🇷⚡トルコの新聞「Yeni Şafak」によると、イスタンブールで攻撃を行った女性は米国からのインストラクターによって訓練を受けていたとのこと

彼女はシリアのコバニ市から派遣され、トルコでは禁止されているクルディスタン労働者党から命令を受けていました。

2. 2022年11月16日 05:33:11 : 9a4XYJrnDY : Q0QweC45UlAzb1E=[961] 報告
サタニストの仕業
3. 2022年11月16日 06:09:47 : 9ASAFQpKic : TERlWmtLdnhOSVE=[465] 報告


ウクライナには「ネオナチ」という象がいる〜プーチンの「非ナチ化」プロパガンダのなかの実像【上】|論座
https://webronza.asahi.com/national/articles/2022032200001.html
> この数年でウクライナの極右・ネオナチの存在が問題化していたことは常識のレベルの話である。

> アゾフ大隊は、2014年のウクライナの騒乱「ユーロマイダン」で頭角をあらわし、この流れで東部紛争で民兵となり、その武勇と悪名を同時に世界に発信した集団だ。

> 国際的にネオナチの証左とみなされている「ウルフフック」と「黒い太陽」からなるアゾフのエンブレムが、ウクライナの国会議事堂や行政府や軍隊で、こうして堂々と掲げられるようになった
4. 2022年11月16日 09:05:15 : 5YRDzPuUow : R0ZZalUwa0RyRmc=[1] 報告
コード・アリス(Code_Alice🇯🇵)
@AIs_of_Dragoon
🇬🇧🇺🇦イギリスのBBCは、ポーランドに落下したミサイルの写真について、3人の軍事専門家にインタビュー
3人全員が、これらがほぼ確実に「S-300地対空ミサイル」の残骸であることに同意しました。
5. 2022年11月16日 09:13:07 : 5YRDzPuUow : R0ZZalUwa0RyRmc=[2] 報告
コード・アリス(Code_Alice🇯🇵)
@AIs_of_Dragoon
ポーランドにウクライナ軍の「S-300地対空ミサイル」が着弾した件について、反ロシア派の人たちが、
――これはロシア軍の巡航ミサイルだ!😡
と頑張っているのだが、彼らはNATOに参戦を促し第三次世界大戦を引き起こしたいのか、何が何でもロシアを批判したいだけなのかよく分からん(汗)
6. 2022年11月16日 09:19:36 : 5YRDzPuUow : R0ZZalUwa0RyRmc=[3] 報告
AZ🛰🌏🌍🌎
@AZ地政学
ポーランドは「ポーランド空域の監視」を強化することを決定しました-Morawiecki
ツイートを翻訳
午前8:35 · 2022年11月16日
7. 2022年11月16日 09:23:00 : 5YRDzPuUow : R0ZZalUwa0RyRmc=[4] 報告
AZ🛰🌏🌍🌎
@AZ地政学
🇵🇱🇺🇦🇷🇺ポーランドのドゥダ大統領は、ポーランドに落ちたミサイルを誰が発射したかについての明確な証拠はないと言います
午前8:49 · 2022年11月16日
8. 2022年11月16日 09:37:04 : 5YRDzPuUow : R0ZZalUwa0RyRmc=[5] 報告
コード・アリス(Code_Alice🇯🇵)
@AIs_of_Dragoon
🇵🇱 ポーランド外相「……ロシア製のロケットがポーランド領に落下」
まあこんな小さな穴じゃ「ロシア軍の巡航ミサイル」とは言えないし、早くポーランドに「ロシア製のS300を撃ち込んできたウクライナくん」に説教しよう😊
https://mobile.twitter.com/AIs_of_Dragoon/status/1592665484713168896?cxt=HHwWgMDU5b20pJosAAAA
9. 2022年11月16日 09:41:00 : 5YRDzPuUow : R0ZZalUwa0RyRmc=[6] 報告
コード・アリス(Code_Alice🇯🇵)
@AIs_of_Dragoon
🇵🇱 🇷🇺ポーランド外務省は、 ロシア製のロケットが、ポーランド領に落下と発表
「ロシア軍の」ではなく「ロシア製」と主張しているのだが……。
ウクライナ軍はその「ロシア製のS-300地対空ミサイル」を使用しているので、流石に見苦しすぎる。
午前8:41 · 2022年11月16日
10. 2022年11月16日 09:47:09 : 5YRDzPuUow : R0ZZalUwa0RyRmc=[7] 報告
コード・アリス(Code_Alice🇯🇵)
@AIs_of_Dragoon
英国のBBCに出演した軍事評論家たちも「S300地対空ミサイル」だと言ってるのに、何を言っているのだ君とNHKは? って感じですね(笑)
https://mobile.twitter.com/AIs_of_Dragoon/status/1592658921969225729?cxt=HHwWgsCoxb22oZosAAAA

NHKは日本CIA放送協会(NCHK)に名前変えろや。紛らわしい。

11. 2022年11月16日 09:54:42 : 5YRDzPuUow : R0ZZalUwa0RyRmc=[8] 報告
tobimono2
@tobimono2
イスタンブールで2回目のテロ発生
ファーティヒ地区で自動車爆弾が爆発した。
https://twitter.com/i/status/1592676203873599488
12. 2022年11月16日 11:38:33 : 5YRDzPuUow : R0ZZalUwa0RyRmc=[13] 報告
mko 🇷🇺
@trappedsoldier
- ポーランドのラジオ『ルブリン』は、プシェウォドゥフ村で15時40分ごろ、積み荷を積んだトラクターが乗り入れたはかりで、トラクターが突然爆発し、穀物乾燥機の労働者 2 人が死亡したと報告

- 米国防総省は、ポーランドの領土に落ちた 2 つのロシアのミサイルの報告を確認できないと述べた。

13. 2022年11月16日 12:14:45 : 5YRDzPuUow : R0ZZalUwa0RyRmc=[14] 報告

Motherland
@Motherl28134473


皮肉なことはチャートから外れています #FreePalestine
ツイートを翻訳

https://mobile.twitter.com/Motherl28134473/status/1589877037778767872

14. 2022年11月16日 12:29:09 : iGg1890xoI : MUxKODA0d3UuejI=[2] 報告
Zelensky Missile Strikes Borland from Ukraine
NATO members bomb President Zelensky in Warsaw, Poland.

ゼレンスキーは、ウクライナからボーランドをミサイル攻撃した。
NATO加盟国は、ポーランドのワルシャワにいるゼレンスキー大統領を爆撃せよ。

15. 2022年11月16日 12:39:40 : 9ASAFQpKic : TERlWmtLdnhOSVE=[466] 報告
選択肢の無い民主主義(笑)


16. 2022年11月16日 19:48:37 : 5YRDzPuUow : R0ZZalUwa0RyRmc=[16] 報告
tobimono2
@tobimono2
バイデンは、G7とNATOのパートナーに、ポーランドのミサイル爆発はウの防空ミサイルによるものだと語ったとNATO筋は伝えている-と報道。
https://twitter.com/tobimono2/status/1592816442915028997?cxt=HHwWioDQhbSH6ZosAAAA
仕掛けてやんの。
17. 2022年11月16日 20:06:11 : h4od0mdao6 : eXlXWDIuWlkzcWc=[18] 報告
●ウクライナは最初からマネーロンダリング作戦だったのですか? 西側諸国は「戦争努力」のために数十億ドルを寄付した。ゼレンスキーはこのお金をFTXに投資しました。FTXのCEOは、ソロスに次いで民主党への2番目に大きな寄付者です。
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1592299225165225984
●バイデンと民主党にマネーロンダリング疑惑 〜アメリカからの「軍事援助」→ ウクライナ → 仮想通貨取引所「FTX(創業者SBF)」に投資 → 民主党に献金
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=330149
●露軍の新たな軍事作戦の前、キエフにとって都合良いポーランドへのミサイル攻撃 〜アメリカの議員は民主党も共和党もウクライナへの軍事支援に積極的だが、その裏が暗号通貨取引所FTXの破綻で浮かび上がっている。創業者のサム・バンクマン-フリードはジョージ・ソロスに次ぐ民主党候補への寄付者で、またFTXはウクライナへの資金援助を扱っていた。その仕組みはマネーロンダリング。ウクライナへ流れた資金の一部がキックバックでアメリカへ戻っているが、今回の倒産劇で記録が消えたという。ウクライナへ渡ったはずの資金がどうなったか明らかでない。
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202211160001/
●NATOとの全面対立か、どちらかが逃げるのか 〜バイデン氏、ポーランド着弾のミサイルは「ロシアから発射された可能性低い」/メドベージェフ氏:欧米は世界大戦の可能性を高めている /「私たちは西側の軍事機構全体と戦っています」ロシア連邦政府ウェブサイトに掲載されたプーチン大統領による部分的動員に関しての国民への演説
https://indeep.jp/you-satan-you/
●キエフとホワイトハウスが見た終末の光景 〜NATOの人々が語る衝撃と畏怖:ロシアは電磁パルスでウクライナを焼くだろう - 彼らは超音速のジルコンを準備している
http://takahata521.livedoor.blog/archives/16574545.html
●ロシアが軍事作戦を「枯渇戦」へと移行。ウクライナが冬を越せる可能性がさらに低くなる模様〜「ヘルソンから撤退した後のロシアの新しい計画:ウクライナは冬を越せないだろう、枯渇する」/ロシアは勝つために変化している
https://indeep.jp/we-will-definitely-change-someday/
●露セルゲイ・リポヴォイ少将は、ウ側の無線は外国人傭兵で「溢れかえっている」と述べた。「私たちはNATOと戦争をしている。作戦開始当初はウ語での会話を聞いていたが今は殆ど無い」と説明。フランス、ポーランド、アメリカが「話し合っていることが多い」と強調した。
https://twitter.com/tobimono2/status/1592370584037777408
●イギリス人傭兵メイサー・ギフォードのプロフィール『人権活動家、反ISISキャンペーン。現在、第131偵察部隊でロシアと戦っている。シリアでクルドYPGのSDFで3年間従事』…やはり出てくる。シリアからウクライナへ。YPGからネオナチ部隊へ、NATOの秘密国際テロ組織!
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1592084349792714753
●ロシア軍が新たな軍事作戦を予定している冬が近づく中、ヌランドがモスクワへ
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202211150001/
●2021年、米CENTCOM司令官マッケンジーと握手するシリアのPKK/YPG司令官マズルム・アブディ。PKKは、アナーキズム・テロ思想でメンバーを洗脳し、女性や子どもを兵士にすることで有名。NATOは「女性解放の旗手」と美化。そしてSDFとして戦った軍人が、現在NATOの傭兵としてウクライナに大量に投入された
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1592463563914084352
●ウクライナのネオナチが西部のリビウでやっていることを、ヘルソンで繰り返している。ヘルソン市民の虐待、リビウの市民の虐待。ナチ信奉者以外は人間じゃないって。クピャンスクに入ったアゾフは、市民を殺害して穴に遺体を放り投げる動画を投稿している
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1592444588568252418
●キンバーン砂嘴へのウクライナ軍の上陸成功についてはフェイクニュース。「ウクライナ軍はポクロフスケの村の近くに軍隊を上陸させようとしましたが、4隻の高速モーターボートと20ユニットの人員が非武装化され、彼らにとって大きな損失で撃退されました」
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1592304791191179265
ウクライナ軍第73特別海軍作戦センターの3つのグループの兵士が、キンバーン砂州のロシア軍陣地を攻撃しようとしました。しかし、20名全員が上陸地点でロシア軍に待ち伏せされて殺害された。
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1592310336769904642
●国連が、ウクライナ軍による戦争捕虜の拷問や処刑について報告
http://www.asyura2.com/22/warb24/msg/238.html
18. ピッコ[1971] g3ODYoNS 2022年11月16日 21:02:43 : Vqbpq38ois : SHFBSzRqMFRwZG8=[1] 報告
ポーランドにミサイルを撃ち込んだのはゼレンスキー大統領が指揮するウクライナ軍らしい。 ゼレンスキーはロシアとの戦争を終わらせたくないのだ。 ロシアの攻撃が収まれば、今までのようにポーランドの安全な邸宅で一流シェフ仕込みの3食+昼寝付きの優雅な生活とはおさらばだ。 ウクライナに帰って生活苦にあえぐ国民とともに復興に向けて汗水流す日々が待っている。 ぼんやり思いにふける暇などゼレンスキーにはない。 おたおたしていると国民はすぐに「何やってんだ、あのボケ大統領は!」と、怒りをゼレンスキーに向けるだろう。 国連機関や各国のメディアが現地で調査や報道をしている中では、以前のようなネオナチが入ったウクライナ軍による国民に対する拷問や虐殺などもできない。 世界中から集まっていたカネも途絶えてしまう。 プーチン大統領にはあって、ゼレンスキー大統領にはないものが一つある。 自国と自国民を愛する心だ。
19. 2022年11月16日 22:26:43 : 5YRDzPuUow : R0ZZalUwa0RyRmc=[17] 報告
まりなちゃん
@t2PrW6hArJWQR5S
モデルナ社の元を辿ればヒトラーのスポンサー企業であったIGファルベン社です。そしてモデルナ社の初代CEOだったアンソニー・ファウチが米国立アレルギー感染症研究所のトップを務め、コロナ対策の陣頭指揮を取るという悪夢的状況なのです。
『無思考国家 -だからニホンは滅び行く国になった-』p69
https://twitter.com/t2PrW6hArJWQR5S/status/1592785941344976896?cxt=HHwWgIDU0f2X25osAAAA
一心同体といっても過言ではない。
物事の本質は発生にあり。
20. 2022年11月16日 22:34:53 : 5YRDzPuUow : R0ZZalUwa0RyRmc=[18] 報告

コード・アリス(Code_Alice🇯🇵)
@AIs_of_Dragoon
なお、ウクライナ軍の「S-300地対空ミサイル」によって撃破されたポーランドのトラクター。
引用ツイート
Tボーイ🇳🇬🇷🇺
@TobiAyodele
·
3時間
🇷🇺🇺🇦🇵🇱あなたが軍事予算の15%をウクライナに与え、そのためにあなたの領土の農場でロケットを発射し、2人の民間人を殺したときの気持ち‼️🤣🤣🤣🤣🤣

https://mobile.twitter.com/AIs_of_Dragoon/status/1592867915954819074?cxt=HHwWhMDUicS7gJssAAAA

21. 2022年11月16日 22:36:51 : 5YRDzPuUow : R0ZZalUwa0RyRmc=[19] 報告
コード・アリス(Code_Alice🇯🇵)
@AIs_of_Dragoon
🔹トルコ大統領が「ロシアのミサイルではない」と断言
🔹米国のバイデンも「ウクライナのS300」だとNATO、G20に通達
🔹トチ狂っていたポーランドは第4条発動を撤回し、他のNATO諸国も招集参加を拒否
🔹ポーランドにミサイルを着弾させたウクライナに制裁を行わず、うやむやに

ロシアへの謝罪、なし。

22. 2022年11月16日 22:41:41 : 5YRDzPuUow : R0ZZalUwa0RyRmc=[20] 報告
AZ🛰🌏🌍🌎
@AZ地政学
🇹🇷🏴‍☠️トルコのメディアは、テロリストがイスタンブール中心部のイスティクラル通りに爆弾を置いた様子を示す監視カメラの記録を公開しました。
https://mobile.twitter.com/AZgeopolitics/status/1592827042692624384
23. 2022年11月16日 23:04:07 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[10229] 報告
犬HKのウク報道が異常だって?
そりゃ犬HKは、日本放送(統一)教会だからね……マジ、終わってる。
(と書きつつも、天気予報のデータ放送だけは活用。その天気予報も衛星写真と天気図が全く異なることが時々あるのだが。嗤)
24. 2022年11月17日 00:54:30 : NUZXiD9nYA : dmYvNlhzWHR6eW8=[192] 報告
ロシア・プーチン=絶対悪の報道が変わってきた。早い話、アメリカ、NATOはウクライナでもう勝てないということを自白したようなものだ。

これからいかに体面を保ちつつウクライナ問題を収拾し欧州のエネルギー問題を何とかしたいということだ。つまり今回はロシアをつぶすことに失敗したということだよ。これは今回だけではない、今後も続く。つまりアメリカ・EUは世界市場を支配できないということだ。

25. 2022年11月17日 22:49:01 : zyIrcFDKIY : N2lnc1dKUDRCRWs=[14] 報告
きなこ
@kinakomochi_215
プーチン:
▶️世界のテロ攻撃の95%はCIAによって行われている。
▶️CIAはアメリカ国民の代わりに働いたり、彼らの利益のために行動したりしません。
▶️CIAはディープステートのゴロツキ要素であり、世界寡頭政治の意志と新しい世界秩序に対する彼らのビジョンの表現です。
https://mobile.twitter.com/kinakomochi_215/status/1593195266525757441?cxt=HHwWgoDQ8euplZwsAAAA
26. 2022年11月18日 14:04:29 : GqnQWnmSLQ : Z2FoMktiRGVxcGM=[2] 報告

Tomoko Shimoyama
@TomokoShimoyama
2
🇹🇷外相は「ハマースをトルコから追放しろ」との🇮🇱の通告を「ハマースはテロ組織でない」と拒否し、🇹🇷内相は「テロの手配元は明らか」と🇺🇸の弔意を拒否。

拘束されたテロリストは腕に✡️の刺青があり、シオニスト帝国主義🇺🇸🇬🇧🇮🇱の介入は明白。
テロは今日も継続。

風見鶏🇹🇷の行き先は本人にも不明⁉️

https://twitter.com/TomokoShimoyama/status/1592635504721154048?cxt=HHwWgMCiubXjlposAAAA

27. 2022年11月18日 19:08:24 : GqnQWnmSLQ : Z2FoMktiRGVxcGM=[8] 報告
コード・アリス(Code_Alice🇯🇵)
@AIs_of_Dragoon
下院議員のトロイ・ネルス、ルイ・ゴマート、メアリー・ミラー、バイロン・ドナルドズによると、軍事援助としてウクライナのキエフ政権に送金された数十億ドルの税金や義援金は「FTX暗号通貨取引所に投資された可能性」があり、後の中間選挙でFTX が民主党に多額の寄付をしたことが強調されています。
午後6:52 · 2022年11月18日
https://mobile.twitter.com/AIs_of_Dragoon/status/1593542608156262400?cxt=HHwWgIDU2eSjs50sAAAA
28. 2022年11月20日 13:02:15 : lUTpOFNuGg : SXAwcjFqTlQ0L0E=[5] 報告
Tomoko Shimoyama
@TomokoShimoyama
2014年にソロスの投資でならず者国家に変貌したウクライナでは、米拠点のネオナチやCIA養成の特殊部隊や諜報機関が徘徊し、ゼレンスキがトルコから雇用した在シリアの国際テロ組織もウクライナ入り。ヒラリーいわくテロリストは「米が対ソの傭兵として作った駒」で、ウクライナで米ネオナチと合体中❗
https://twitter.com/TomokoShimoyama/status/1499391509229195268?cxt=HHwWiMC-7cWo9M4pAAAA

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b24掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b24掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b24掲示板  
次へ