新時代の寵児オノ・ヨーコ

 ★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ11 ]

投稿者 暇人♪の耳より話 日時 2000 年 10 月 12 日 21:57:44:

『某業界情報紙』(一九九一年 十月 発行)より転載。
(ご注意:太字および【】内は投稿者による。また、残念な事に一部の字が虫食いになってしまっています。)


新時代の寵児オノ・ヨーコ

 当編集局は、ソニーがコロンビア映画を、松下電器がMCAを買収した際にも、このままでは日本が邪悪な親イ●●エ●・マフィアの牛耳るハリウッドの「文化産業」に取り込まれてしまうと警告した。今や、ソフトコアポルノ・ロックのスター歌手、マドンナが日本のテレビで大もてである。彼女のミュージック・ビデオはキリスト教への冒涜であるとひんしゅくを買った代物であり、日本の若者たちの憧れの対象となる資格は持ち合わせていない。マドンナに輪をかけた悪が、日本の尻軽女、オノ・ヨーコだ。
 当年とって五十八才のヨーコは、一流銀行家の娘である。子供の頃から、学習院や三井アカデミーなどブルジョア学校で学び、皇族の一人とも親交を結んだ。
 一九五二年、二度目の渡米生活の時、ニューヨークのサラ・ローレンス大学に入学し、勃興しつつあったアバンギャルドの「ビートニック」の洗礼を受けた。大学時代に麻薬を覚え、何回かの中絶をするなど乱れた男女関係を経た後、一柳俊というニューヨークのジュリアード音楽院の学生と結婚した。二人は麻薬の巣窟、グリニッジ・ビレッジのジャズ界に入り浸りとなった。その結婚生活もヨーコが、自殺未遂で精神病院から退院したばかりのホモの作家といい仲になったことから破局を迎えた。
 一九六二年になって、ヨーコの家族は娘をこのすさんだ生活から救おうとして日本に呼び戻したが、ヨーコはまたもや自殺をはかり、東京の精神病院に収容された。その精神病院からヨーコの脱出の手助けをしたのが、もう一つ輪をかけた悪のトニー・コックスというアメリカの麻薬売人である。コックスは、とある●●ヤ教司祭の息子と手を結んで麻薬の製造と密売を行った男で、ニューヨークにおけるLSD−25の売人第一号である。ヨーコの友人にも手広くLSDを売りさばき、FBIとマフィアの追及から逃れて日本に渡ってきた時、ヨーコと再開し結婚する。
 その時点で法的には、ヨーコは未だに最初の夫の妻だったにもかかわらずである。ニューヨークに舞い戻った二人は、幻覚症状を催す麻薬とアバンギャルド芸術の世界に憂き身をやつすことになる。
 日本を発つ直前に、ヨーコは「グレープフルーツ」と題する詩集を出版した。その中に次のような一節がある。「愛した男のすべてを殺せ。遺骨は箱に詰め、花を付けて海に流せ」
【英文(これ、英国調ですか?)では:
"Kill all the men you have slept with / Put the bones in a box and sent it out to sea in a box with flowers"】
 トニーとヨーコは赤貧洗うがごとき生活を送り、夫婦喧嘩も絶えなかった。一九六六年にはロンドンに行き、アバンギャルド会議に出席した後、一年ほど滞在し、麻薬とロックとセックスの裏文化の中にどっぷりつかることになった。当時の裏文化のメッカはインディカ・ギャラリーのかいわいであり、このインディカ・ギャラリーと称するカフェ兼アート・センターを始めたのが、ジョン・ダンパーとその妻のロック・スター歌手のマリアン・フェイスフル、およびビートルズのメンバーのポール・マッカートニーであった。
 そこでヨーコはジョン・レノンに紹介される。その数ヶ月後、ロンドンのあたりでレノンと遊び回るうちに、ヨーコはすでに妻子ある身のこの花形ロック・スターをまるめ込んでしまう。レノンはヨーコとつきあう以前からすでにLSD−25の常用者だった。ヨーコと一緒になったレノンはローリング・ストーンズなどのロック・ミュージシャンを巻き込んで手当り次第にいろいろな麻薬を試すようになった。当然のことながら、レノンもヨーコも麻薬中毒患者に転落した。
 その頃になると、ヨーコはオカルトに夢中になり、専属のタロット占い師を雇うまでになった。七〇年代後半には、コロンビアのカルタヘナ島に行き占い師の会社、リナ・ザ・ウィッチ【←おや?】に一週間通った。
 長年における麻薬とオカルトへの異常な関心の結果、一九八〇年のジョン・レノン暗殺事件の当時は、ヨーコは新時代の退廃的な哲学に夢中になっていた。相変わらず手の施しようもない麻薬中毒であった。進んで麻薬・ロック・セックスの裏文化に入り、今やその道にかけては世界的に有数な伝道者とも言える人物になっている。ヨーコこそ、まさに日本の新時代の寵児と言えよう。

《 解 説 》
 NTTがよくテレビや新聞でのPRにオノ・ヨーコを使っている。ただ知名度だけで使用することは危険である。その背後に恐るべき意図が働いている。


(転載内容は以上です。)


★この情報源は伏せておきます。それにしても、よくご存知で。(藁)
それと、ジョン・レノンが、最初に絵の展示会でオノ・ヨーコの絵を見て「ひらめいた」のだそうで、それは麻薬の幻覚に由来しているのではないか、なんて思っていますけど。
「この絵を描いた女は、オレと同じ幻覚を見ている、」っていうか。
LSD中毒患者の博物館には、自分たちが使ったお気に入りの麻薬や注射器が展示してないって?
博物館の売店には、LSD−25錠剤やらの「ドラックお試し詰め合わせセット」を置いてないって?
博物館までの路上では、得体の知れない外国人がやたらにアクセサリ類を売っていないって?
上の話がウソかどうか、本人に血液や毛髪検査したらたちどころにわかるって?
LSD中毒患者が大勢集まってきそうな埼玉新都心って、
きっと麻薬と乱交パーティの楽園になるのかな。ワクp(^ー^ )qワク




フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年4月23日 14:54:13 : urv0zfUFWU : y5@VUeT99_U[2]
ええ〜〜っ?!さっき画面を真っ暗にされた。
上にあった投稿文からコピーしたのがまずかったのか?
ふーん、じゃ、疑ってもいいってことだ。

日本を発つ直前に、ヨーコは「グレープフルーツ」と題する詩集を出版した。

その中に次のような一節がある。「愛した男のすべてを殺せ。遺骨は箱に詰め、花を付けて海に流せ」

【英文(これ、英国調ですか?)では:

"Kill all the men you have slept with / Put the bones in a box and sent it out to sea in a box with flowers"】

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

アイリス あいりす

世界は狂人が支配していると言った ジョンレノンの暗殺 <2162>

2015-07-27 18:57:02 | 社会問題 日々雑感
http://blog.goo.ne.jp/y-hne/e/5649d80173256291cee5fce35e243359(抜粋)

(前略)


■ オノ・ヨーコにも多くの疑惑がある。
ジョン・レノン暗殺事件

1.
曽祖父安田善三郎は 安田財閥の創始者だ。財産の実質所有者は日本政府だった。この男も暗殺された。暗殺(処刑)された家族の子供が将来大きな任務を負わされる事例は多い。 バングラデシュのハシナ、 パキスタンのブットなど枚挙がない。今年ブット自身また暗殺された。

2.
実父は、第二次世界大戦前後、米国の日本の銀行に勤務した。当時の海外勤務の日本人はほとんど特務機関員だった。

3.
祖母は鹿児島県大口市の出身だった。鹿児島には日本赤軍などの特務機関員が多い(次項以下を参照)。

4.
オノ・ヨーコは満州国建国(1932年2月18日)1周年記念日(1933年2月18日)に生まれた。

5.
二人とも再婚だったが、二人が愛し合う過程が異常だった。

6.
発砲前、オノ・ヨーコはジョン・レノンの前を歩いた。暗殺を手引きをする場合の常道だ。

7.
犯人は犯行現場から逃走しなかった。結果として、オノ・ヨーコは、暗殺の容疑を免れた。

8.
流産を繰り返したオノ・ヨーコにとって、子供の誕生後の暗殺はタイムリーだった。遺産相続の点で、遺書があったとしても実子の意味は大きい。

9.
暗殺前離婚協議がなされていた。

10.
日本でオノ・ヨーコの展示会が開かれるが、ジョン・レノンを偲ぶものはない。原爆と平和の話ばかりだ。案内係は刑務所の看守のようで薄気味悪い。訪問者は動員の可能性が高い。

11.
真相究明に抵抗する。


ジョン・レノンがニューヨークの自宅前で暗殺されてから今年で25年。これを機に英国チャンネル4が放送を予定している、レノン襲撃犯のマーク・チャップマンのインタビューを交えたドキュメンタリー番組について、妻オノ・ヨーコが怒りを表明。この番組はジョンの思い出を汚し、ヨーコを含めた家族、そしてファンの気持ちを考えていないとコメントした。

12.
オノ・ヨーコの誕生日、ジョン・レノンの誕生日、そしてビートルズのレコード・デビューの日に疑惑がある。特に徳川家斉は、日本の陰謀の重要人物だ。詳細は後日述べる。


2. 2017年4月23日 17:22:24 : urv0zfUFWU : y5@VUeT99_U[4]

ほとんどがソース削除なので、読む価値あり。

    ↓

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

ニューエイジ運動はグローバリストの計画による
http://www.millnm.net/cgi-bin/page.cgi?url=../qanda3/83N1uMn6hqklk74283.htm
(全文)

ニューエイジ運動は、グローバリストの計画による。

死の直前、ジョン・レノンは、プレイボーイ誌のインタビューに答えてこう言った。
「我々は、LSDのゆえにCIAと軍に感謝を忘れてはならない。彼らは、人々をコントロールするためにLSDを発明し、我々に自由を与えてくれた。LSDに関する政府の報告書を見てほしい…」

レノンは、さらに、ビートルズが薬物に関する心理的実験のモルモットにされていたことに気づいたと述べた。また、ビートルズやビートルマニア現象が、グローバリストの「社会操作と心理実験」の一つであることも示唆した。

・・・同じインタビューの中で、オノ・ヨーコは「70年代に起こったことは、ナチズムのもとでユダヤ人家庭に起こったことと比較できると本当に思っている。彼らを引き離したのは外部からではなく、内部の力による。」と述べた。
http://web.archive.org/web/20030805225305/members.shaw.ca/illuminaticonspiracy3/wkjl.html


Henry Makow Ph.Dによると、レノンは、ビートルズがタヴィストック研究所(ロスチャイルドやロックフェラーの資金提供により大衆心理操作について研究している)によって作られたと述べたという。


殺害される1週間前に、ジョン・レノンはニューヨークのラジオインタビュー(私は数回聴いた)で、次のように語った。すなわち、ビートルズは、新しいパラダイムを作り出し、若者に伝統的な価値観を捨てさせ、セックス・麻薬・ロックに染まらせるためにタヴィストック研究所が作り出したものである、と。ジョンは、もう隠れるのはやめて、秘密の計画全体を暴露するつもりだと述べた。
http://www.thebirdman.org/Index/Others/Others-Doc-ConspiracyTheory&NWO/+Doc-ConspiracyTheory-WhoAreTheNewWorldOrderlies/HitlerWasABritishAgent-HenryMakowReviewsGregHallettBook.htm


ジョン・レノンの暴露を恐れたグローバリストは、彼の殺害を決定したという。


この後、新世界秩序のトップでありサタン崇拝者、グローバリスト、CIA長官、タヴィストックの走狗、副大統領ジョージ・ブッシュ・シニアが、ニューヨークにおいてレノン暗殺を命じた。
http://web.archive.org/web/20030805225305/members.shaw.ca/illuminaticonspiracy3/wkjl.html


レノン暗殺は、マインドコントロールによる政府の間接殺害であるという。


犯人のマーク・チャップマンは、マインドコントロールにより殺害を誘導された。

情報公開法により開示された書類によれば、合衆国連邦政府の様々な部署が、数十年にわたってある技術の開発に関わっていたことが分かる。

その技術とは、無実の個人を秘密裏に操作することによって、ターゲットとなった人物を暗殺させる技術である。
http://web.archive.org/web/20030805225305/members.shaw.ca/illuminaticonspiracy3/wkjl.html


同じ手口は、ロナルド・レーガン大統領暗殺にも利用された。


レノン暗殺の数ヵ月後、新しく大統領になったロナルド・レーガンがジョン・ヒンクリーによって暗殺されかかった。

ジョンの父親デンバー・ヒンクリー(コロラド州)は、ジョージ・ブッシュ・シニア一家の非常に親しい個人的な友人であった。

レーガン暗殺未遂事件前の数週間、ヒンクリーはニューヨークの通りを歩いた。彼は、ジョン・レノン殺害前にマーク・チャップマンがたどったであろう足跡をできるだけ正確になぞろうとした。チャップマンもヒンクリーも暗殺後の逮捕時に、JDサリンジャーの小説『ライ麦畑でつかまえて』を携帯していた。

JDサリンジャーには、アメリカの諜報機関、とくにCIAとの間に長期間にわたって太いパイプがあった。

http://web.archive.org/web/20030805225305/members.shaw.ca/illuminaticonspiracy3/wkjl.html


ビートルズのニューエイジ運動により、世界は60年代を境に180度変わった。

ニューエイジ運動は、悪魔崇拝者グローバリストの計画によって生み出され、人々にキリスト教価値観を捨てさせ、悪魔を崇拝するように導いてきた。

このニューエイジの世界悪魔化計画を阻止するのは、クリスチャンの祈りと勇気ある行動である。


悪魔に立ち向かいなさい。そうすれば、悪魔はあなたがたから逃げ去ります。(ヤコブ4・7)


2008年4月20日


3. 2017年4月23日 17:37:41 : urv0zfUFWU : y5@VUeT99_U[5]

マインド・コントロールの歴史と極秘にされた人体実験
http://www.asyura2.com/0610/bd46/msg/648.html
投稿者 姫 日時 2006 年 11 月 30 日 17:48:28: yNQo0naya4Ss.


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


tacodayoのブログ

MKウルトラと暗殺事件とアメリカ軍産複合体
http://blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/6826553.html部分抜粋


>MKウルトラ計画に関わった一部の生存者達は
赤ちゃんが殺されるところを強制的に見せられるという虐待を報告しています。
こういった拷問は、異なる任務につかせるための異なる人格のプログラムを可能にしました。

>以下は
『世界権力構造の秘密』
からの引用です。

>CIAの行った悪名高いMKウルトラ計画は、シドニー・ゴッドリープ博士が指揮したが、何の疑いも持たないCIA職員達にLSDを与え、まるで実験動物のように職員達の反応を研究するというものだった。


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

Yahooニュース

あの暗殺犯も洗脳されていた!?謎に包まれるCIAの「MKウルトラ計画」とは

AbemaTIMES 3/16(木) 18:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00010006-abemav-n_ame



  拍手はせず、拍手一覧を見る

★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。