米の外交暗号電文を日本は開戦前に解読?

 ★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ ★阿修羅♪ ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ15 ]

投稿者 yomiuri 日時 2001 年 12 月 06 日 18:14:43:

米の外交暗号電文を日本は開戦前に解読?


 1941年12月8日の真珠湾攻撃直前、日本が米国の外交暗号を解読していたこ
とを示す日米両国の文書が見つかったと、簑原俊洋・神戸大助教授(日本外交史)ら
が5日、発表した。米国立公文書館と外務省外交史料館の文書を照合した結果で、当
時、日本側の暗号が筒抜けだったことは知られているが、米側の重要機密も日本側に
漏れていたことを裏付ける貴重な史料としている。

 簑原助教授らが今年7月発見したのは、1941年8―12月、日本との交渉にあ
たったハル米国務長官と、東京のグルー駐日大使が交わした暗号電文の原文。日本側
は、94年に外交史料館で見つかった「特殊情報綴(つづ)り」。

 このうち、11月27日の電文は、米側が戦争回避のため、対日石油禁輸の一時解
除などを認める「暫定協定案」を検討したが、この事実を「日本側に通告しない」な
どとした内容。外務省の文書は、この米側電文が解読され、旧日本陸軍高官が12月
1日に回覧していた。

 電文の日付は、ハル長官が、日本側に占領地放棄などを突き付けた提案書「ハル・
ノート」を提示した翌日。日本側は12月1日、開戦を正式に決定する。

 簑原助教授らは、日本側は協定案の存在を知っていたが、裏腹な内容のハル・ノー
トが出たため、米国に不信感を募らせ、開戦に至ったのではないかとしている。

 94年に外交史料館で文書を発見した杉原誠四郎・武蔵野女子大教授の話「米側の
文書が見つかったことで、日本が外交暗号を解読していたことがはっきり裏付けられ
た。日米交渉史に新たな解釈が必要になる」

フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。