★阿修羅♪  Ψ空耳の丘Ψ16
 ★阿修羅♪
Ψ空耳の丘Ψ16検索
 次へ  前へ
真珠湾奇襲攻撃が“騙し討ち”となった「対米覚書」手交遅れの責任問題 投稿者 非リストゥーラ・カンチョ 日時 2002 年 2 月 10 日 22:22:33:

真珠湾奇襲攻撃が“騙し討ち”となった「対米覚書」手交遅れの責任問題

というのが阿修羅掲示板であっしら氏によって一つの問題として指摘されていますが、これは実はやや誤謬を含むものです。

通常国家対国家の戦争の場合、現地大使館員からの連絡のほか、軍レベルでの経路を通じても、念には念を押して通達するのが通常でした。特に1940年代の通念では、最低でも6−7つの経路で相手国に通達するというのが常識でした。ですから、国際法規のみならず、当時の通念及び常識を考慮に入れねばなりません。例えばドイツの場合でも、大使館だけでも、武官が面会を入れたり、大使館員にさえ禁足令を出したりという入念な指示が出されねばなりません。ところが、定刻陸海軍は、こういった情報戦をまったく軽視していたため、大使館員をあたかも特務組織の一部であるかのようにみなす素人さを犯しています。また、米国公館での尾行に大使館員をそのまま使用するなどといった「どしろうと」ではすまされないようなことまでやっているのです。また、東郷もたいした情報は帝国陸海軍からは与えられていないはずです。通常戦争ということになれば、相当の入念の入れようでなければならないのです。

しかし、一般国民向けには、外務省の失態として報じられるこの部分ですが、実態は帝国陸軍の戦争指導の失敗なのです。

それから、一般国民に皆様にもお知らせしたいのですが、外務省の公電など、大使館に一旦入ることさえできれば、ものすごく簡単に入手できる類のものです。皇太子妃の訪問日程など、全く苦なく通常入手できるはずです。在外公館というのはそれほどセキュアでもありませんし、情報工作用に使用できるような環境でもないのです。ですから、モサドもわざわざテベルの組織を民間企業に混入させているわけです。

以上

 次へ  前へ



フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。