スピッツベルゲン島


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ1999 ] [ FAQ ]

 
投稿者 SP' 日時 1999 年 2 月 18 日 13:47:55:

回答先: やおいスペシャル 投稿者 SP' 日時 1999 年 2 月 07 日 15:42:14:

以下、『米政府は異人類の死体を隠している』より抜粋。


西独の一般紙シュツッツガルテル・ターゲブラット、1955年9月5日付記事

【オスロ発9月4日】ノルウェー参謀幕僚本部査問会は今初めて、1952年初頭頃にスピッツベルゲン付近に
墜落したと思われるUFOの残骸に関する調査報告の公表を準備している。同議長ゲルノード・ダルンビル
大佐は、空軍将校への通達で「円盤墜落は高度の重要性を帯びていた。我々の現在の科学知識では、謎の
全ては解決できないが、スピッツベルゲンから回収された残骸は、その点で将来この上なく重要な物とな
るだろうと確信する。暫く前にこの円盤は多分ソ連製だろうとの推測で、誤解が生じたが、ここで我々が
強調したいのは、あの円盤は決して地球上のいかなる国家の産物でもないという事だ。その建造に使われ
た材料は、調査に参加した専門家全員にとって完全に未知の物だった」と述べた。
 大佐によれば、同査問会としては「センセーショナルな事実の論議を英米の専門家達と煮詰めてから」
全面的報告を発表するつもりという。「我々は発見した事を全て明らかにすべきだ。誤った秘密主義はパ
ニックを引き起こす恐れなしとしないから」と。

 記事は続けて、事件以後、北極圏内のUFO監視の特別任務についた、二人のノルウェー軍士官の証言を
紹介している−「北極圏は特に我々が基地に閉じ込められる雪嵐の最中等に、得体の知れない連中の一種
の発着場として使われているらしい。眩い光の色を変えながら高速回転する円盤が、何度か雪上に離着陸
するのを目撃した」


米国の著名な新聞コラムニストでニューヨーク・ジャーナル・アメリカンの特派員ドロシー・キルガレン
が、1955年5月22日付のINS通信社電としてロンドンから送った電文

 今日私は戦慄すべき事はいわずもがな、頗る薄気味悪いニュースをお知らせできる。英科学者と航空関
係者は一機の謎の飛行船の残骸を調査した結果、これら不思議な空中物体が光学的幻影でもソ連の発明物
でもなく現実に他の惑星から発進する空飛ぶ円盤、と確信するに至った。私の情報源は閣僚級の英政府高
官で、匿名を希望している。彼はこう言う。「我々はこれまでの調査に基づいて、円盤には小さな人間−
恐らく4フィート以下の背丈の−が搭乗していると信ずる。恐怖すべき事だが、あの空飛ぶ円盤が別の惑
星から来た物である事は否定のしようがない」
 この高官は科学者の証言を引用し、このタイプの飛行船が地球上の産物という可能性はないと述べた。
私の知るところでは、英政府が当面この調査結果について公式報告発表を控えている理由は、恐らく一般
人にパニックを来す事を恐れるかららしい…。


(中略)“ロケット理論の父”として当時高名だったへルマン・オーベルト博士が西独政府の依頼で1953
年から3年間、七万件に上る目撃報告を分析研究した結果、一流科学者として世界で初めて“地球外起源の
宇宙船”としてUFOの実在を認めたのが、この1955年だった。



フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。