Re: 気功法について

 
★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ7 ]

 
投稿者 PuPu 日時 2000 年 6 月 28 日 23:29:03:

回答先: Re: 気功法について 投稿者 卍がため 日時 2000 年 6 月 27 日 23:43:42:

卍がためさん、とても詳しく素晴らしい返答ありがとうございました。
興味深く何度も読ませて頂きました。

>気功はあくまでも、身体のバランスを整える目的でやっております。
>その点、禅や瞑想はどちらかと言ったら、精神の安定を目的として明確に区別しております。

陰謀王子さんも似たような事をおっしゃっておられましたが、
未熟者の僕にはどうも腑に落ちないっす。

>ただ、注意してもらいたいのは、漢方薬にも副作用がある通り、気功にも副作用は
>あります。特に、気の循環の方法が出来ないのにそれをやろうとすると、変なところに
>気が滞る結果となります。よくあるのが、頭だけに気が上って循環されなくなる
>「のぼせ」症状です。やはり、気功も我流ではなく最初は指導してもらって実施した
>方が安全でよろしいでしょう。その方が早く結果が出ると思いますよ。…

なるほど。副作用があるとは知りませんでした。
やはり、人間に備わっている潜在的な力を使う時というのは、
その力が強い分、それをコントロールし、また最大限の注意が必要なのですね。
断食で、これは学んだはずでした。すっかり忘れてました。

「先天の気」と「後天の気」のお話とても興味深いです。

>この「先天の気」(腎気ともいう)の消費こそが老化現象とも言います。
>性生活の浪費も先天の気を大きく消費させる結果ともなります。
>秦の始皇帝などは、性生活の乱費によって、短命となったと考えられております。

ほほー。やはり「節制」というのは大切な昔からの智恵なのですね。
これも、断食や小食健康法とも通じますね。

>気功をやりたいのであれば、太極拳などから初めても良いでしょうね。
>今現在はアメリカ在住でしたっけ?太極拳やクンフーの道場は近くにはありませんか?
>そこの人(中国人)は恐らく気功も知ってることと思いますがね。・・・
>または、その辺に詳しい中国人の方とか。…

ここは田舎なもので、道場などはあまり見当たりません。
一時的に太極拳教室等が開かれる事があるにはあるのですが、
先生がコテコテのアメリカ人だったりするので、あまり気が進みません。

しかーし、陰謀王子さんにも話したのですが、7月の10日から8月の10日まで、
交換留学みたいな感じで、中国に勉強しに行かせてもらう事になりました。
その時に、早起きして、「チン カオ タイ チ− チョー アン」(「太極拳教えて」
と言ってるつもり (笑い))と周りの人に聞いてみたいと思ってます。

中国に行くにあたり、気を付けること、見ておくべきもの等、
アドバイスありましたら、お願いいたします。
漢方薬についてのクラスやカンフーを習うクラスなどあるようで、
楽しみにしています。

>中国などでは、公園などでもよくやってますね。
>どちらかと言えば、気功は日本より中国のほうが本場ですからね。
>私がやっていたのも、中国系の気功でした。

中国系の気功と、日本のではどういった風に違うのですか。

>やはり、Webでは長文になると書きにくいですね。
>今後はもっと短い文章を書くように致します。

本当にご苦労様でした。
でも、卍がためさんの時間がある時でよいので、
またお願いします。お話とても面白いです。

最後に、あと一週間ちょっとですが、もう少しお話したいです。
9月に帰ってきた時も、またお付き合い下さい。
卍がためさんや陰謀王子さん達とのやり取りはとても楽しく、
為になります。
お二人のような、尊敬できる方達とこの掲示板で
出会えた縁を嬉しく思います。
そして、この場を提供して下さった、阿修羅さん、
本当にありがとうございます。





フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。