★阿修羅♪  狂牛病・遺伝子組換3
 ★阿修羅♪
狂牛病・遺伝子組換3検索
 次へ  前へ
押し付け的予防接種等は帝国主義的強制ではないか。 投稿者 nigoron 日時 2002 年 3 月 24 日 00:24:07:

麻疹予防接種についての報道が出ていましたので、最近のたんそ菌やいろんな感染症に対する予防と称してワクチンや抗生物質が必要不可欠であるかのような報道がいかに吾等を迷わせてしまうことか考えてしまいます。
当然これらについては賛否両論があるはずですが、報道されるのはほとんどが予防接種の賛成論ばかりです。決してワクチンや抗生物質の危険性などは隠されてきました。ゆえに賛成論が報道される度にその反対論が必要なのではないかと思い、私は目を光らせているところです。ただし否定する為の否定論ではなく、できるだけ医学者の意見なども取り入れた情報をみつけて反論する趣旨です。以下とりあえず一段め。まとめて見ました。

^^^^^^^^^^

 いつものことですが、報道につれられてそのまま信じてしまう日本人のために。
この報道が間違いだという意味ではありませんが、あまりにも感染症に対しての危険な脅しばかりを強調している医学関係者にはあきれるばかりです。彼らは予防接種として一種の毒素を子供に押し付け、それによって被害を受けた人たちへの責任は何所吹く風の本性が見えているので、もう黙っているわけには行きません。
昔の人はその経験上からどこかの子供が麻疹にかかったら、そこの家に自分の子供を連れて行ってわざわざ麻疹に罹るようにしたと聞きます。それは経験から、子供のころに麻疹に罹っていることが結局は将来は重度の麻疹から逃れられることと、一度かかってしまえば免疫を得られるということを知っていたからでしょう。

しかし、予防接種などという人工的に不自然な一種の毒素を体内に入れた場合は一生免疫になるなどという事はなく、かえって大人になってからのものは重度になるという指摘が医学者からされているものです。
しかも予防接種が危険を冒してやるにもかかわらず、その効果の検証からは否定的意見がこれも医学者から出されているのです。

報道によるといかにも予防接種をしないと世界から非難されるとでもいうようなっていますが、この中の医師は本当に利益関係から離れた立場に居るのか疑ってしまいます。なぜ強制接種から任意になったかを知っているはずなのに、被害者の他人の不幸はまったく省みず、これからも起こる可能性のある接種による悲惨な被害者とその家族の一生の苦しみを無視したかのような絶対接種必要論みたいな話を堂々としているのをみると黙っていられません。


以下、「医療殺戮」よりーーーーーーーーーーー
  「インフルエンザやポリオの生ワクチンは、予防するはずの病気を逆に生み出している可能性がある。麻疹(はしか)や流行性耳下腺炎の生ワクチンは、脳炎などの副作用をもたらす恐れがある」


 子供たちに強制される予防接種が、もしこのように現実の危険をもたらすのが明らかであるならば、誰がこれを強制しているのかを探る必要がある。
 米国であらゆる感染性疾患の解決法として予防接種を絶えず活発に推奨しているのは、次のよう
な政府機関である。すなわちジョージア州にある疾病管理センターCDC、保健教育厚生省HEW、
公衆衛生局PHS、食品医薬品局FDA、米国医師会AMA、世界保健機関WHOなどである。
 政府機関の職員が永年、予防接種の義務化をこのように熱心に奨めながら、そのワクチンを製造
敗売する巨大製薬会社に「天下り」してきたのは、偶然の一致とは考えられない。医療独占支配の代理人たちが立案した予防接種義務化の法律を「国法」化するために画策したのは、これらの政府機関であった。
はるか昔、米国人が(今ではほとんど失われているが)自由を守る気概がもっと強かった時代に、専制的な中央集権政府が米国の子供たち全員に恐ろしい暴力行為を強制しようなどとしたら、各
地で反対の声が上がったものである。
一九〇九年にマサチューセッツ州議会は、次のような法案第八号を提出している。

  「強制予防接種禁止条例。第一条 − いかなる教育委員会、公衆衛生局、あるいは国内で活するいかなる他の公共委員会も、政治的規制その他の名目で、決議や命令、処分などの手段によって、予防接種を子供あるいは成人に対して強制することや、あらゆる公立・私立の学校でこれを生徒または教師に在籍の前提条件として強制することは、違法行為とみなす」

 まちがいなく、この法案は、予防接種の危険性を十分に知った医師が立案したのであろう。しかし一九〇九年においてさえすでに、医療支配者たちはこの法案を葬り去るだけの力をもっていた。
つまり法案は票決にさえ付されなかった。それどころか逆に、どこかの州議会がこのようにして医療独占体制の犯罪的陰謀を未然に防ぐことを恐れ、69フェラー組織犯罪集団は、全米のすべての州議会を支配するための手段を確立しようと全力を傾けた。
 そしてその目標は、「州政府連絡会議」をシカゴに設立することによって達成された。その後、連絡会議からの「勅令」が全米の州議会議員に定期的に伝えられた。その全体主義的な支配がきわめて強いために、以来、連絡会議の命令に従わない州議会は一つも出ていない。

●強制予防接種が天然痘・ポリオ・インフル工ンザの流行を招く

エドワード∴ンエンナー(一七四九〜一人二三)は、天然痘という一八世紀を襲った災厄への対策として、牛痘ウイルスを人に接種する方法を「発見」した。
 しかし実際には、天然痘の勢いはそのころすでに衰えていた。また専門家の中には、さまざまな要因によって天然痘はいずれにせよ一人世紀中には消滅していたはずである、と断言する者もいる。
T94
 英国では種痘接種が広まってから天然痘の流行が始まり、二万二〇八一人が死んだ。そして予防接種の普及とともに、天然痘は毎年拡大し、一八七二年には四万四四人〇人が亡くなった。種痘は英国では現代医学の幕開けにもっとも「貢献した」ものの一つとして広く言伝されたが、結局英国政府は一九四人年に種痘を禁止した。しかしこのような決定が下されるまで、何年間も強制種痘が実施された。この時代には危険な予防接種を受けることを拒否する者は、ただちに刑務所へ送り込まれたのであった。
 日本は一八七二年に強制種痘を導入した。しかし一八九二年には一六万五七七四人の天然痘患者が発生し、二万九九七九人が亡くなった。いまだに日本では種痘を強制しているが、米国軍の駐留する国なので、現在の日本政府が69フェラー医療独占体制に服従しているとして国民から非難されることは、おそらくないであろう。
 ドイツも強制予防接種を採用したが、一九三九年(ナチス政権時代)にドイツではジフテリア患者の数が一五万人と天文学的に増大した。一方、予防接種を一度も導入しなかったノルウェーでは、同じ時期に患者はわずか五〇人であった。
 米国でもポリオの予防接種を義務化した州では、ポリオ患者が逆に七〇〇%も増加している。
 医療問題でよく引き合いに出される評論家のモリス・ビールは、「カプセル:一ユース・ダイジェスト・フロム・キャピトルヒル」という個人情報誌を永年編集しているが、彼は一九五四年から一九六〇年のあいだ、ポリオの予防接種が殺人注射でも詐欺でもないことを証明した者には誰でも、三万ドルの賞金を出すと申し出た。しかしこの賞金を獲得できた者はいなかった。
一九一八年にインフルエンザが「大流行」したが、医学史研究家はこの流行は広範囲で実施された予防接種が唯一の原因であった、というあまり認めたくない結論に最終的に到達した。

当時は第一次大戦の真っ最中であったが、この戦争はすべての兵士が強制的に予防接種を受けた初めての戦争であった。ボストン・ヘラルド誌が報じたところによると、言月間に四七人の兵士
が予防接種のために亡く寄、そのため陸軍病院は戦闘で負傷した犠牲者ではなく、予防接種の犠牲者でいっぱいになってしまった。
このインフルエンザの大流行は「スペイン風邪」と呼ばれたが、これは流行の原因を故意に隠すための誤った呼び名である。この風邪による死亡者数は二〇〇〇万人にのぼった。生き残ったのは
以前に予防接種を拒否して受けなかった者たちであった。
近年、毎年発生するインフ〜エンザの流行は「ロシア風邪」と呼ばれているが、どういうわけかロシア人たちはこの呼び方に対して抗議をしない。おそらくロックフエラ⊥族がモスクワを定期
的に訪問して、ソ連共産党の政治路線を決めているためであろう。
予防接種の危険性はすでによく知られている。たとえば、プレイン・トーク誌はこう述べている。
 「普仏戟争のあいだ、ドイツ軍兵士仝責が予防接種を受けた。その結果、壮健な五万三二八八人の兵士が天然痘にかかり、死亡率も高かった」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に予防接種によって利益(ここでは金銭の儲けのこと)を得るのは誰なのか?  利益関係のない第三者でない者の見解は非常に偏っているものであるから危険なのであるが、最近の各方面の癒着関係の記事を見ると医療関係でも同様な構図になっているのは明らかだろう。
吾等は真実を知るのに「権威筋」ばかりに委ねていてはならない事が肝心であろう。

 次へ  前へ



フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。