★阿修羅♪  日本の事件1
 ★阿修羅♪
日本の事件1検索
 次へ  前へ
土井党首窮地に:「監督責任」避けれず 秘書・五島氏とは? 投稿者 DC 日時 2002 年 4 月 05 日 00:58:22:

(回答先: 土井党首の辞任は時間の問題 投稿者 DC 日時 2002 年 4 月 03 日 06:55:59)

http://www.mainichi.co.jp/news/flash/seiji/20020405k0000m010079000c.html

土井党首窮地に:
「監督責任」避けれず 秘書・五島氏とは?

 社民党が窮地に追い込まれている。「ポスト土井たか子党首」のホープだった辻元清美前
政審会長の「失脚」に続き、土井氏最側近の政策秘書、五島昌子氏(64)が辻元氏に給与
流用疑惑問題で焦点になった政策秘書を紹介したことが、党の調査報告書で判明。10日
の辻元氏の参考人質疑では土井氏の監督責任に論議が及ぶのは避けられない情勢だ。
仮に事態が土井氏の進退問題にまで発展すれば「党はもたない」との声も出ており、社民
党はかつてない厳しい局面を迎えた。 【徳増信哉、堀山明子】

 辻元氏の政策秘書給与疑惑の党調査委員会最終報告から一夜明けた、4日朝の常任幹
事会。土井氏は3人の護衛と党職員に守られながら、無言で会議室に入った。

 「調査委員会には大変ご苦労いただいた。ご心配をおかけした」

 言葉は重く、政策秘書を紹介した五島氏についての言及はなかった。前夜と同じベージュ
のスーツ姿。表情は硬く、疲れがにじんでいた。

 会議では、土井氏の責任論に触れる幹部はなかった。「土井さんの責任論が出ること自
体、全く不思議だ」(福島瑞穂幹事長)。「辻元氏の疑惑より現職の鈴木宗男衆院議員の再
喚問をまずやるべきだ」(中西績介国対委員長)。数少ないスターだった辻元氏を失った社
民党にとって、土井氏は文字通りの党の看板。“最後のとりで”だけは守り抜くという危機感
と緊迫感が漂っていた。

 3日の会見であえて五島氏の関与を発表したのは、5日の党全国幹事長会議で地方幹部
から噴き出すであろう厳しい質問を前に、事実関係を明らかにする必要に迫られていたから
だった。

 調査委の委員は入院中の辻元氏にも面談した。「五島氏の紹介はあったが、指南につい
てはわからない」として、最終報告では土井―五島ラインを守ることを確認。地方在住で連
絡先不明だった辻元氏の元秘書、佐々木美枝氏にも弁護士同伴で接触、最終了解を得た
のは3日だった。

 しかし、疑惑の焦点である「指南役」を明らかにせず参考人招致を乗り切れるという雰囲気
は党内にはない。むしろ「証言を照合するために秘書まで次々参考人招致されないか」(党
幹部)と危惧(きぐ)する声も強い。

 他の野党からも社民党不信の声が出ている。辻元氏の参考人招致を決めた1日の予算
委員会の理事懇では、決まりかけた日程に社民党理事が何度も抵抗。「助けてやりたいと
思うが社民党がどうしたいのかわからない」(自由党)とため息が漏れた。「10日も(辻元氏
の)体調不良を理由に日程を流してくるかもしれない」(民主党)と冷ややかな見方もあり、
社民党にとっては当面厳しい政治状況が続く。

 与党は10日に予定されている辻元氏の参考人招致で五島氏の関与を取り上げ、「党ぐる
み」の疑惑に切り込む構えだ。ただ、土井党首の責任論については「他党のこと」(自民党
幹部)と、参考人質疑の結果を見極める姿勢が目立つ。秘書制度をめぐっては与野党とも似
たような問題を抱えているとみられるだけに、社民党をけん制しながら様子見の空気がある
ことも否定できない。

 公明党の冬柴鉄三幹事長は4日、「土井党首の問題に発展しつつあり、辻元氏の参考人
招致ではこの問題が中心になる」と明言。自民党森派幹部も同日、「土井氏はきちんと説明
すべきだ」と強調した。党首脳は、辻元氏の疑惑に伴い発足させた調査チームで今回の問
題についても検討する考えを示している。

 とはいえ、秘書給与問題では「どの党も同じ悩みを抱えている」(自民党幹部)のが実態
だ。自民党でも田中真紀子前外相をはじめとする給与流用疑惑が噴出している。こうした
中、4日の自民党の各派総会では、社民党攻撃より「秘書制度を抜本的に見直すべきだ」
(亀井静香前政調会長)といった声が相次いだ。保守党の野田毅党首も記者会見で秘書給
与の「総枠制」(議員1人当たりの秘書給与総枠を決め採用人数などは透明度を確保し議
員の裁量にゆだねる)を提唱した。

 これについては福田康夫官房長官も4日午後の記者会見で「トータルで議員に支給してそ
れを議員が秘書に配分するというやり方も当然ある」と同じ考えを述べており、政府・与党内
では、これを機会に秘書制度改革論議の方に焦点をあてようとの動きもある。

 ◆五島昌子氏

 五島氏は土井氏が69年に初当選した時から土井氏一筋で支えてきた、最古参秘書。「お
たかさんの行く所、五島あり」と言われるほど、日程から党内外の調整まで一手に引き受け
てきた。

 母親は旧社会党の婦人局長だった。大学時代は活動家でならし、秘書になっても「アジア
の女たちの会」「アジア女性資料センター」など女性運動にかかわった。

 もともと市民派の土井氏は党内の有力グループに属さない。「土井氏が本音を話せる人は
五島氏だけ」と言われるようになった。土井氏の旧社会党委員長就任と同時に、五島氏も
党務に深く関与するようになる。

 国政選挙では、自ら新人候補の発掘も。

 五島氏「キヨミ、手伝ってほしいことがあるの。社民党はたいへんな状況なの」「だから手
伝ってくれる」

 辻元氏「もちろん」

 辻元氏は96年10月の総選挙初出馬前、五島氏から立候補を勧められた場面を自著「転
職して、国会議員になった」でこう振り返っている。

 辻元氏が議員辞職した先月26日の辞任会見で、五島氏の関与を一切語らなかったの
は、土井、五島両氏への忠誠心からとの見方も根強い。

 一方、国政選挙で敗北を重ねた社民党では、議席の大幅減で秘書が大量に失業状態と
なり、再就職先のあっせんがベテラン秘書の五島氏の大事な仕事にもなった。

 「五島氏が苦しい台所事情の中、新人議員の教育から秘書の割り振り、資金繰りをアドバ
イスしていた」(党員)との証言もある。党首の側近としての存在感、社民党の懐事情を知る
ベテラン中のベテラン秘書として、五島氏は社民党で隠然たる影響力を発揮するようになっ
ていった。

[毎日新聞4月4日] ( 2002-04-04-21:03 )

http://www.kamiura.com/new.html

[コメント]我が家の政治評論家のあばちゃんが、「辻元さんにはがっかりした。もっとお金にきれいな
人と思っていた。がっかりね」と盛んにこぼしていた。そこで私が、「あの秘書給与流用は党の指示
で行なった。総選挙の大敗で党の政治秘書が多数失業し、それを救うために社民党が考えたこと。
それなのに、全部、自分が悪いように言われて怒っているだけ。社民党はそれを公にすれば、秘書
給与のごまかしは”党ぐるみ”と攻撃され、党の命運を左右しかねない。そこで党の首脳はマスコミ
にそのことをしゃべらないように辻元氏に話し合いを申し込んだ。しかし辻元氏は党に相談しないで
勝手にテレビに出て、秘書に5万円しか払っていないことを認めた。そこでさらに社民党の執行部は
あせり、党からの除名をちらつかせた。もし党から除名されれば、次の選挙はもう期待できない。そ
こで辻元氏が責任を取る形で、議員を辞職して、党にはとどまることにした。今回の騒動で社民党
は辻元氏に大きな借りを作った。次の選挙で辻元氏が当選してカムバックすれば、党としては土井
党首の後継本命として扱われる。そんな裏事情があるみたいだよ」と話した。するとおばあちゃん
は、「政治の裏はわからないね」といって、ベッドに横たわり布団をかぶって(昼寝)しまった。政治家
もマスコミも、皆知っていることなのに、そのことを誰も何も話さない。ああ、なんと日本の政治の不
可解さよ。スズキムネオがODAでいろいろ悪いことをやっていたのは誰も知っていた。カトウ氏の秘
書が悪辣にお金を集めていたことも有名だった。本当にアメリカはエシュロンで日本の政治家の話
を聞いて(盗聴)いるよ。こんなミエミエの芝居で大丈夫?。

 次へ  前へ



フォローアップ:

全★阿修羅♪=

 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。