★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論11 > 919.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: では、アメリカは天皇の戦争責任についてどう理解しているか。PBS(アメリカのNHK教育テレビ)のホームページから。
http://www.asyura.com/0306/dispute11/msg/919.html
投稿者 Ddog 日時 2003 年 7 月 09 日 01:31:12:gb2b4T9TetGkU

(回答先: では、アメリカは天皇の戦争責任についてどう理解しているか。PBS(アメリカのNHK教育テレビ)のホームページから。 投稿者 カボ=サンルーカス 日時 2003 年 7 月 08 日 15:35:51)

貴方の投稿こそ情報操作の典型だ。PBSがアメリカの公式見解であるとの根拠の無い肯定。これは、ライフスペースのぐるぐるぱーの定説発言に近い。

しかも、PBSのHirohitoのほんの一部分しか使わず、最後にHirohitoを肯定的に書かれた部分を意図的に載せない。
こういうのを情報操作と言います。

平成になり天皇の戦争責任ありきの歴史観で書かれた研究書は数多く書かれている。
結構衝撃的であったのは、講談社刊「戦う天皇」土門周平著であった。ところがよくよく読み返すと、どこどこよりの索引などなく、いきなり御上は***と言ったと記述している。出典が分からないのによくも書けるものだ。作文に等しいと感じた。日本経済新聞社刊のブッシュの戦争の信憑性に比べだいぶ疑問だ。直接聞き取りしたのでなく。日記によるとと傍証が多い。
プロパガンダとは「戦う天皇」の出版のようなことを指す。

始めに責任ありきの説がが新しい歴史認識とするのは歴史の意味を理解できていない証拠である。

People & Events
Emperor Hirohito (1901-1989)


Emperor Hirohito (1901-1989)
If ever a picture was worth a thousand words, it was the image of
General MacArthur and Emperor Hirohito standing side by side during
their historic first meeting on September 27, 1945. In it, a casually
dressed MacArthur towers over the stiff, formally attired Emperor.
"What does it say?" asks historian Carol Gluck. "It says, I'm
MacArthur, Supreme Commander of the Allied Powers, and I'm in charge."
For millions of Japanese, it brought home in an entirely new way the
notion that they had lost the war.

The man known as Tenno to his subjects and Hirohito to the rest of the
world ranks as one of the most enigmatic figures of the 20th century.
The ambiguity surrounding his role in leading Japan to war makes
simple judgments of him all but impossible. And the cultural barriers
may be even more formidable than the factual ones: to many of his
subjects, the "emperor of heaven" was not really a man at all, but the
living embodiment of the Japanese people. Whatever one's perspective,
his life offers a powerful lens through which to view Japan's
tumultuous history in this century.

Installed as Crown Prince at the age of fifteen, Hirohito assumed the
"Chrysanthemum Throne" in 1926 with the death of his father, the
Emperor Yoshihito (now known as the Taisho Emperor; with his death,
Hirohito's reign took the name Showa). Because his father had been a
weak and sickly man, Hirohito ruled more in the shadow of his
grandfather, the great Emperor Meiji , who presided over Japan's
late-19th-century opening up to the West. Even before he assumed the
throne, Hirohito reflected the same fascination with the West,
particularly after a six-month tour of Europe in 1921, where he picked
up a life-long taste for Western food and clothes. This is the
Hirohito the world also saw in 1975, when he finally realized his
dream of visiting the United States, where he met John Wayne, was
received by President Ford, and acquired a Mickey Mouse watch he wore
for years.

In between, however, he presided over one of the largest and most
costly military ventures in human history. In the decades after the
war, the accepted version of events held that Hirohito was essentially
a pawn of the militarists who gained control of the government shortly
after he took the throne. MacArthur, convinced he needed the Emperor
to run a smooth occupation, played no small part in establishing this
version. With Hirohito's quiet manner, love of haiku and marine
biology, the image of the peace-loving man who was powerless to stop
his country's murderous expansion took hold. But in the decade since
his death, a more open inquiry into what happened has convinced a
number of historians that this version, while partially true, is far
from accurate. Hirohito's ability to thwart the militarists was
certainly limited-he was more a symbol of the state than an actual
ruler-but he was not nearly as blameless as his defenders would
have it. The occupation official and historian Richard B. Finn sums it
up this way: "The decisions that led to the war in 1941 were made
unanimously by the cabinet, the emperor was fully informed about them,
they were often made in his presence, he knew in advance of the plan
to attack Hawaii, and he even made suggestions about how to carry it
out."

On August 15, 1945, the Japanese people heard the voice of their
emperor for the first time, and while he avoided using the word
"surrender," his meaning was clear. Although "the voice of the crane"
was heard far too late-Japan had lost 2.3 million soldiers and 800,
000 civilians in the war-in the difficult days ahead the emperor
did provide a much-needed measure of national unity. Accepting
MacArthur's implicit bargain-help me and I'll keep you from being
tried as a war criminal-Hirohito did his part to remake Japan along
an American model, backing the new constitution, "renouncing" his
divinity, and trying gamely to play the part of "Japan's first
democrat." By the time his 62-year reign came to an end, Japan had
risen like a Phoenix out of the postwar rubble to become one of the
world's richest countries. It was in demonstrating this remarkable
capacity for change that Hirohito truly became the living symbol of
his people.
一枚の写真が千の言葉の価値がある。それは1945年9月27日に彼らの歴史的な
最初の会に並んで立っているマッカーサー将軍および天皇裕仁のイメージでし
た。それでは、カジュアルな服を着たマッカーサーが、堅く、形式的に装った
天皇より際立って見えた。「これはどういうことを物語るか」歴史家キャロ
ル・グルックは問いかけます。「写真が物語る。私はマッカーサー(連合国最
高指揮官)でこれから日本の最高責任者に就いた」何百万もの日本人は、あら
ためて日本が戦争に負けたと思い知らされるのに十分効果があった。

20世紀もっとも世界で奇妙な象徴として、彼の統治した時代と、人間裕仁とし
て世界の人たちを不安に陥れない存在として知られている。戦争への主要な日
本で彼の役割を囲む曖昧さは、彼の単純な判断をほとんど不可能にします。ま
た、文化的障壁は事実のものよりさらに恐ろしいかもしれません:彼の主題の
多くに、「天の皇帝」は実際にすべてだが日本の人々の生きている具体化の人
ではありませんでした。いかなるものが遠近法でも、彼の生活は、今世紀に日
本の騒然たる歴史を見る強力なレンズを提示します。15歳のときに皇太子とし
て任じられて、裕仁は、彼の父親の死、皇帝Yoshihito(今大正皇帝として知ら
れている; 彼の死で、裕仁の治世は名前昭和をとりました。)で1926年に「キ
ク王座」を仮定しました。彼の父親が弱く病弱な人だったので、裕仁は、日本
の西洋までの遅く第19世紀開始を統轄した彼の祖父(大帝明治)の影の中でもっ
と規定しました。彼が王座を仮定する前にさえ、裕仁は特に1921年のヨーロッ
パの6か月の旅行の後に、西洋と同じ魅力を反映しました、そこでは、彼が、
西側の食物および衣服に対する生命長い興味を拾い上げた。彼がアメリカ(こ
こで彼はジョン・ウェインに会った)を訪れる夢を最後に実現し、フォード大
統領によって受け取られ、ミッキーマウスを得た時、これは世界が1975年でさ
らに会った裕仁です、彼が何年ももったことに気をつけます。しかしながら、
中間に、彼は、人間の歴史で最大で最も高価である軍事のベンチャーのうちの
1つを統轄しました。の中で、戦争の後の数十年間、出来事の容認されたバー
ジョンは、裕仁が本質的に彼が王座をとった直後政府のコントロールを獲得し
た軍国主義者の質であると考えました。滑らかな占有を実行するために彼が皇
帝を必要とすると確信していたマッカーサーは、このバージョンの確立中の小
さな役を演じませんでした。裕仁の静かな方法で、俳句および海洋生物学(平
和を愛している人のイメージ)への愛誰が彼の祖国の殺害の拡張を止めるのに
無力だったかは根を下ろしました。しかし、彼の死以来のその十年間で、起
こったことについてのよりオープンな質問は、このバージョンが、部分的に真
実である一方、全く正確ではないと多くの歴史家に確信させました。軍国主義
者を妨害する裕仁の能力は確かに制限されていました(彼は多くの実際の統治
者より状態のシンボルでした)。しかし、彼は彼の支持者がそれを持ったほと
んどほど欠点がないわけではありませんでした。占有職員および歴史家リ
チャードB.のフィンランド人はこの方法を上へそれを合計します:「1941年に
戦争に結びついた決定は、キャビネットによって満場一致で下されました。皇
帝はそれらに関して完全に通知されました。それらは彼の面前でしばしば作ら
れました。彼は、ハワイを攻撃する計画より進んで知っていました。また、彼
は、それを実?sする方法に関する提案をさらにしました。」

1945年8月15日に、日本の人々は、初めてそれらの皇帝の音声を聞きました、
また彼が単語を使用することを回避した一方「降参します。」彼の意味は明ら
かでした。「クレーンの音声」は困難な今後時期にはるかに遅く(日本は戦争
中に230万人の兵士および800,000人の民間人を失いました)聞かれすぎました
が、皇帝は、挙国一致の非常に必要とされる手段を提供しました。受理する
マッカーサーの暗黙の契約(私を助けて、戦犯として試みられるのを、私があ
なたに慎ませるだろう)裕仁は、新しい構成を支持し、かつ、彼の神格を「放
棄する」こと、「日本で最初の民主主義者」の役を演じようと勇敢にして、
Americanモデルに沿った日本を再製するために彼の役目を果たしました。彼の
62年の統治が終わった時?ワでに、世界の最も豊かな国々のうちの1つになるた
めに、日本は戦後の瓦礫からフェニックスのように起きました。裕仁が本当に
彼の人々の生きているシンボルになったのは変更に対するこの著しい能力を実
証する際にでした。

Emperor Hirohito (1901-1989)
皇帝裕仁(1901-1989)

<http://www.pbs.org/wgbh/amex/macarthur/peopleevents/images/3pixel_lin
e.gif>

Emperor Hirohito (1901-1989)[皇帝裕仁(1901-1989)]
<http://www.pbs.org/wgbh/amex/macarthur/peopleevents/images/pandeAMEX9
7.jpg>
If ever a picture was worth a thousand words, it was the image of
General MacArthur and Emperor Hirohito standing side by side during
their historic first meeting on September 27, 1945. In it, a casually
dressed MacArthur towers over the stiff, formally attired Emperor.
"What does it say?" asks historian Carol Gluck. "It says, I'm
MacArthur, Supreme Commander of the Allied Powers, and I'm in charge."
For millions of Japanese, it brought home in an entirely new way the
notion that they had lost the war.
常に、絵が1000単語の価値があった場合、それは1945年9月27日に彼らの歴史
的な最初の会に並んで立っているマッカーサー将軍および皇帝裕仁のイメージ
でした。それでは、偶然服を着せられたマッカーサーが、堅く、形式的に装っ
た皇帝より抜きんでています。「それは何と言いますか。」歴史家キャロル・
グルックは尋ねます。「それは言います。私はマッカーサー(連合国の最高の
指揮者)です。また、私は担当しています。」何百万もの日本語のために、そ
れは、それらが持っていたという概念が戦争に負けた完全に新しい方法に、家
へもたらしました。
一枚の写真が千の言葉の価値がある。それは1945年9月27日に彼らの歴史的な
最初の会に並んで立っているマッカーサー将軍および天皇裕仁のイメージでし
た。それでは、カジュアルな服を着たマッカーサーが、堅く、形式的に装った
天皇より際立って見えた。「これはどういうことを物語るか」歴史家キャロ
ル・グルックは問いかけます。「写真が物語る。私はマッカーサー(連合国最
高指揮官)でこれから日本の最高責任者に就いた」何百万もの日本人は、あら
ためて日本が戦争に負けたと思い知らされるのに十分効果があった。

The man known as Tenno to his subjects and Hirohito to the rest of the
world ranks as one of the most enigmatic figures of the 20th century.
The ambiguity surrounding his role in leading Japan to war makes
simple judgments of him all but impossible. And the cultural barriers
may be even more formidable than the factual ones: to many of his
subjects, the "emperor of heaven" was not really a man at all, but the
living embodiment of the Japanese people. Whatever one's perspective,
his life offers a powerful lens through which to view Japan's
tumultuous history in this century.
世界の残りへの彼の主題および裕仁への天皇として知られている人は、20世紀
の最も不可解な図のうちの1つに数えられます。戦争への主要な日本で彼の役
割を囲む曖昧さは、彼の単純な判断をほとんど不可能にします。また、文化的
障壁は事実のものよりさらに恐ろしいかもしれません:彼の主題の多くに、
「天の皇帝」は実際にすべてだが日本の人々の生きている具体化の人ではあり
ませんでした。いかなるものが遠近法でも、彼の生活は、今世紀に日本の騒然
たる歴史を見る強力なレンズを提示します。
彼の統治した時代と、人間裕仁として世界の人たちを安心させるという人間と
して知られていることは、20世紀もっとも世界で奇妙な形態として数えられ
る。
戦争責任の曖昧さは単純に判断することは出来ない。文化的障壁により隠され
た事実はより恐るべきことかもしれません。

Installed as Crown Prince at the age of fifteen, Hirohito assumed the
"Chrysanthemum Throne" in 1926 with the death of his father, the
Emperor Yoshihito (now known as the Taisho Emperor; with his death,
Hirohito's reign took the name Showa). Because his father had been a
weak and sickly man, Hirohito ruled more in the shadow of his
grandfather, the great Emperor Meiji , who presided over Japan's
late-19th-century opening up to the West. Even before he assumed the
throne, Hirohito reflected the same fascination with the West,
particularly after a six-month tour of Europe in 1921, where he picked
up a life-long taste for Western food and clothes. This is the
Hirohito the world also saw in 1975, when he finally realized his
dream of visiting the United States, where he met John Wayne, was
received by President Ford, and acquired a Mickey Mouse watch he wore
for years.
15歳のときに皇太子として任じられて、裕仁は、彼の父親の死、皇帝
Yoshihito(今大正皇帝として知られている; 彼の死で、裕仁の治世は名前昭和
をとりました。)で1926年に「キク王座」を仮定しました。彼の父親が弱く病
弱な人だったので、裕仁は、日本の西洋までの遅く第19世紀開始を統轄した彼
の祖父(大帝明治)の影の中でもっと規定しました。彼が王座を仮定する前にさ
え、裕仁は特に1921年のヨーロッパの6か月の旅行の後に、西洋と同じ魅力を
反映しました、そこでは、彼が、西側の食物および衣服に対する生命長い興味
を拾い上げた。彼がアメリカ(ここで彼はジョン・ウェインに会った)を訪れる
夢を最後に実現し、フォード大統領によって受け取られ、ミッキーマウスを得
た時、これは世界が1975年でさらに会った裕仁です、彼が何年ももったことに
気をつけます。

In between, however, he presided over one of the largest and most
costly military ventures in human history. In the decades after the
war, the accepted version of events held that Hirohito was essentially
a pawn of the militarists who gained control of the government shortly
after he took the throne. MacArthur, convinced he needed the Emperor
to run a smooth occupation, played no small part in establishing this
version. With Hirohito's quiet manner, love of haiku and marine
biology, the image of the peace-loving man who was powerless to stop
his country's murderous expansion took hold. But in the decade since
his death, a more open inquiry into what happened has convinced a
number of historians that this version, while partially true, is far
from accurate. Hirohito's ability to thwart the militarists was
certainly limited-he was more a symbol of the state than an actual
ruler-but he was not nearly as blameless as his defenders would
have it. The occupation official and historian Richard B. Finn sums it
up this way: "The decisions that led to the war in 1941 were made
unanimously by the cabinet, the emperor was fully informed about them,
they were often made in his presence, he knew in advance of the plan
to attack Hawaii, and he even made suggestions about how to carry it
out."
しかしながら、中間に、彼は、人間の歴史で最大で最も高価である軍事のベン
チャーのうちの1つを統轄しました。の中で、戦争の後の数十年間、出来事の
容認されたバージョンは、裕仁が本質的に彼が王座をとった直後政府のコント
ロールを獲得した軍国主義者の質であると考えました。滑らかな占有を実行す
るために彼が皇帝を必要とすると確信していたマッカーサーは、このバージョ
ンの確立中の小さな役を演じませんでした。裕仁の静かな方法、俳句への愛お
よび海洋生物学で、彼の祖国の殺害の拡張を止めるのに無力だった、平和を愛
している人のイメージは根を下ろしました。しかし、彼の死以来のその十年間
で、起こったことについてのよりオープンな質問は、このバージョンが、部分
的に真実である一方、全く正確ではないと多くの歴史家に確信させました。軍
国主義者を妨害する裕仁の能力は確かに制限されていました(彼は多くの実際
の統治者より状態のシンボルでした)。しかし、彼は彼の支持者がそれを持っ
たほとんどほど欠点がないわけではありませんでした。占有職員および歴史家
リチャードB。
フィンランド人はこの方法を上へそれを合計します:「1941年に戦争に結びつ
いた決定は、キャビネットによって満場一致で下されました。皇帝はそれらに
関して完全に通知されました。それらは彼の面前でしばしば作られました。彼
は、ハワイを攻撃する計画より進んで知っていました。また、彼は、それを
実?sする方法に関する提案をさらにしました。」

On August 15, 1945, the Japanese people heard the voice of their
emperor for the first time, and while he avoided using the word
"surrender," his meaning was clear. Although "the voice of the crane"
was heard far too late-Japan had lost 2.3 million soldiers and 800,
000 civilians in the war-in the difficult days ahead the emperor
did provide a much-needed measure of national unity. Accepting
MacArthur's implicit bargain-help me and I'll keep you from being
tried as a war criminal-Hirohito did his part to remake Japan along
an American model, backing the new constitution, "renouncing" his
divinity, and trying gamely to play the part of "Japan's first
democrat." By the time his 62-year reign came to an end, Japan had
risen like a Phoenix out of the postwar rubble to become one of the
world's richest countries. It was in demonstrating this remarkable
capacity for change that Hirohito truly became the living symbol of
his people.
1945年8月15日に、日本の人々は、初めてそれらの皇帝の音声を聞きました、
また彼が単語を使用することを回避した一方「降参します。」彼の意味は明ら
かでした。「クレーンの音声」は困難な今後時期にはるかに遅く(日本は戦争
中に230万人の兵士および800,000人の民間人を失いました)聞かれすぎました
が、皇帝は、挙国一致の非常に必要とされる手段を提供しました。受理する
マッカーサーの暗黙の契約(私を助けて、戦犯として試みられるのを、私があ
なたに慎ませるだろう)裕仁は、新しい構成を支持し、かつ、彼の神格を「放
棄する」こと、「日本で最初の民主主義者」の役を演じようと勇敢にして、ア
メリカのモデルに沿った日本を再製するために彼の役目を果たしました。彼の
62年の統治が終わった時?ワでに、世界の最も豊かな国々のうちの1つになるた
めに、日本は戦後の瓦礫からフェニックスのように起きました。裕仁が本当に
彼の人々の生きているシンボルになったのは変更に対するこの著しい能力を実
証する際にでした。

 次へ  前へ

議論11掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。