★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 雑談専用6 > 675.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
エンセンさん、議論板に投げ込まれた「事件」だから議論板で検討することにしましょうよ
http://www.asyura2.com/0311/idletalk6/msg/675.html
投稿者 passenger 日時 2003 年 12 月 26 日 07:21:34:eZ/Nw96TErl1Y
 

(回答先: 戦争屋は嫌いださんへ。お応え願います。 投稿者 エンセン 日時 2003 年 12 月 26 日 04:46:47)

「戦争は嫌いだ」氏が議論板に、新たなスレッドを作る形で投げ込んだ
「事件」と題する寓話 http://www.asyura2.com/0311/dispute15/msg/923.html
は、趣旨の説明も何もないので、あたかも「あっしら」氏の最近の「投稿中断」を
世俗企業内での業績競争をめぐる児戯めいた感情的な退行反応のように決めつけて
嘲笑する悪質なプロパガンダのように解釈することができます。

議論板ならば、何を掲載するにしても、それなりの議題を提起して自らの意見を述べ
他人に意見を求めるのが、とりあえずの礼儀でしょう。それは雑談板だって同じだと
思います。なぜなら議論にせよ雑談にせよ、他者とのコミュニケーションが目的なの
でしょうから。(そうじゃない「つぶやき」「ぼやき」「独り言」というのも発話と
しては存在するわけですが、そうした発話をしたいなら、何処か別の、適切な場所に
いけば済むことだと思うのですが……。)

「戦争は嫌いだ」氏の意図が不可解であり、他の投稿者(それはたまたま「あっしら」氏
だった、と私には思えるのですが)を「寓話」で揶揄するという嫌味で卑怯な手段で
掲示板を汚しているように思えたので、あえて「戦争は嫌いだ」氏に「事件」スレッドで
説明を求めたのですが、この人物はそれを完全に無視し、他のスレッドに冷やかしのような
一行レスを付けるなどの行為を続け、そればかりか、唐突にまた議論板に「罵詈雑言板設立趣意書」http://www.asyura2.com/0311/dispute15/msg/1067.html
という投稿を行なって、阿修羅掲示板をいよいよ破壊しかねない奇妙な“誘導”をし始めたので、
この人物は何者かと訝しんでいるところです。

なんだかまるで、シンパを装って組織に侵入して一定の信頼を作ったうえで攪乱工作を
行ない、疑心暗鬼を生み出して組織を破壊するという、公安警察あたりが行ないそうな
手口を連想させるものなのですよ。「戦争は嫌いだ」氏の最近の言動を見ていると……。


この雑談板の新スレッドで「えんせん」さんが提起された問題意識に、私は共感同意
しております。「戦争は嫌いだ」氏が、いわゆる「同時多発テロ」以降、阿修羅掲示板に
出現することが多くなった様々な形態の個人攻撃や掲示板破壊工作と似た傾向の
言動をし始めたことを残念に思い(ある意味、この人物の政治的思惑なり発言目的の
不純ぶりを見せつけられたような印象まで抱き)、残念だと思っていますが、とにかく
「戦争は嫌いだ」氏が、WW氏やビルダーバーグ氏と同様の、卑劣な掲示板破壊行動を
する意図があったのか、客観的に評価してそのような行為であったととらえていいのか
について、まずは「事件」を投稿して文字どおりちょっとした事件を起こしてしまった
「戦争は嫌いだ」氏に、本来の議論板で説明を求めていくのがスジだと思います。

雑談板であれ何処であれ、元々の問題発生場所とは違い場所で話を行なうとなると、
議論の誤魔化しや論点のすり替えなどが容易に行なわれる危険もありますから、
議論板の「事件」スレッドなり、然るべきスレッドで、この問題を扱うべきだと
思いますが、いかがでしょうか?

 次へ  前へ

雑談専用6掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。