★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 昼休み3 > 1085.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
TOKYO少女(6)
http://www.asyura2.com/0403/lunchbreak3/msg/1085.html
投稿者 三人目 日時 2004 年 10 月 24 日 19:04:58:PXX5sjwjUxPz2
 

(回答先: TOKYO少女(5) 投稿者 オニオン 日時 2004 年 10 月 08 日 02:15:57)

170 :70 ◆DyYEhjFjFU :04/10/09 03:45:36
彼女が戻ってきたとき
ぼくはベッドに座って窓の外を見ていた。
低くたれた灰色の雲が風景に一様な光をまわしている。
そのせいか景色は遠近感のない一枚の写真みたいに見えた。
写真の右端には駅へとむかう道があって、ごちゃごちゃの民家の先に消えている。
姫様はその道を歩いて、突然写真の中に姿をあらわした。
かなりの距離を隔てても、ぼくにはその移動する点が姫様だとすぐにわかった。
道に沿ってゆっくりと歩く姫様。
歩くときに正面を見ない癖があって、ちょっと危なっかしい。
道ばたの木や花や、ぼくにはまったく興味のない
何かしら彼女的に「可愛いモノ」を探りながら歩く癖。
右手には白いコンビニの袋が握られていて、果物みたいな何かが入ってて
ちょうどそのくらいの重さで前後に揺れている。
カーテンを閉じる。
CDをトレイに乗っけて再生する。
ベッドに潜りこむ。
布団から頭を出しておおきく呼吸すると
喉がふいごみたいにひゅーと音を立てた。
たしかにだるい。
でも心臓は大きく高鳴ってた。
風邪のせいじゃないことはわかる。
もうじき姫様がここにやって来るからだ。
病院の爺さんの言ってたことはまったく正しかった。
いまや39度に到達しそうな勢いの熱そのものを、ぼくは忘れようとさえしている。
ぼくは健康体そのもの。立って歩くとちょっとふらつくだけ。
一秒だって早く姫様の顔が見たい。


173 :70 ◆DyYEhjFjFU :04/10/09 03:46:25
母の嬉しそうな高い声が響いて
しばらくあとに階段を昇ってくる足音が聞こえた。
がさがさと音がするのはきっと
右手にぶら下げてたコンビニ袋の擦れあう音。
RedHotChiliPeppersのScarTissue。
終わり数十秒の切ないギターの音が階段の足音に重なる。
いつかMTVで見たあの映像を思い出した。
荒野を疾走するぼろぼろのオープンカーとネックの折れたギター。
奏者は演奏が終わるとなんのためらいもなく
ギターを走行中の車から後方へと、水面に流すみたいに捨ててしまう。
やたらかっこいい終わり方。
ぼくだって何か物事の終わりには
あのくらいかっこよく決めるくらいのことはできると信じてた。
「ただいま」
でもどうだろう。彼女との最後の瞬間にぼくはしっかり立ってることができるか?
「ちゃんと寝てましたか?」
涼しげにさよならって言うことができるか?
「ねね。見てみて」
そんなのまず無理だ。ありえない。
「みかんとリンゴたくさん買ってきたよ。すごい安かったの」
彼女のフロッピィが、彼女をいつか呑みこんでしまうんじゃないかと
ぼくはやっぱり不安でしかたない。
病院で聞いた彼女の小さかった声が頭のなかで
おまじないの呪文のように唱えられたけど、その効果は頼りなくて怪しい。
「あ、ナイフとお皿」
曲はScarTissueからOthersideへ。
ぼくも頭を切り換えないとな。
考え過ぎだよ。
風邪のせいで気が弱くなってるんだよ。たぶんきっと。


174 :70 ◆DyYEhjFjFU :04/10/09 03:49:06
驚くほど慣れた手つきで彼女はリンゴの皮をむいた。
左手のリンゴがくるくる回転して、等幅の皮が切りとられてゆく。
彼女は左手からリンゴを離さずに四分割した。ナイフで。
種の詰まったところまでさくっと切りとって
やや大きめな四分の一個がぼくの口もとに運ばれた。
リンゴはひんやりしていて爽快感が口の中に広がる。
味はあまり感じなかったけど、唾液管がめいっぱい開いて
酸味があることを教えてくれた。
彼女もそのうちの一片にかじりつく。
しゃくしゃくと音がして、美味しい?と彼女の声が聞こえる。
ぼくは眠くなる。
彼女がそばにいると安心しきって眠くなる。
ぼくが目を閉じて呼吸を低く、布団の中でもぞもぞして眠ろうとしたとき
彼女はいつになく優しい声でぼくにこう言った。
明日からちょっと会えなくなるかも。
短い間だからすぐに帰ってくるよ。
日本に戻ったら真っ先にヒロのところへ…
そこまで言って彼女は黙りこんでしまった。


175 :70 ◆DyYEhjFjFU :04/10/09 03:50:28
日本へ。戻ったら。
オタのメールを思い出した。嬢様はインドへ旅行の予定。
もしそうなったら、おれは名探偵の仲間入りだ。
フロッピィから根こそぎダウンロードされた不可解なデータの中から
それっぽい答えを引っ張ってきたオタ。
オタ。おまえは名探偵だったようだ。
彼女は日が落ちてしまう前に帰っていった。
名残惜しそうにコートに時間をかけて腕を通し
しばらくぼくの頬に顔をくっつけててくれた。
帰ってくるまで待っててね。と彼女は言った。
彼女にぼくの風邪が感染しないといいけど。
インドって暑いんだっけ?
彼女がいなくなったあとの暗がり。
ぼくはその中でただ横になってることに耐えられなかった。
PCを起動してオタにメールした。
だからどうなるってわけでもなかったけど。

今日書いてるときに流れていた曲
キーン/Keane 「hopes and fears」


258 :70 ◆DyYEhjFjFU :04/10/09 23:29:31
彼女のいない夜。
ぼくは部屋から一歩も出ることがなかった。
CDケースの山の中からてきとうな一枚を取りだして再生してみる。
ところがどれを再生しても、何回やっても気分が晴れることはなかった。
ぼくはカード占いでもやるみたいにCDを取りだしソリテアで
くる日もくる日も音楽を再生した。
こんな経験、誰にでもあるんじゃないかな。
ありえるはずのない未来を占って
川岸で小石を拾い、目標の岩にうまく命中できたら、秘密の恋が叶うとか。
だけどぼくの指先が当たりに触れることはなかった。
どの曲も騒々しくて静かすぎた。
ぼくは脳下垂体がイカれたみたいに音を食べ続けた。
決して癒されることない飢え。
おまけに不安まである。
ぼくが熱と体調不良を押して職場に顔を出したのは
彼女のことをごっそり忘れてしまいたいからだった。
朝、爺さんのいる病院に顔を出して「安静に」を貰おうとしたら
爺さんは姫様の顔が見たいと言った。
独り占めしないで先の短い年寄りにも鑑賞させろと笑いながら言った。
ぼくは落ちこんだ。
だから出社したんだ。爺さんめ。
不思議と仕事に没頭していると体調が持ち直してくる気がした。
実際、日中は微熱で治まっていてくれたし
関節の痛みも鋭敏になった触感も、鈍いさざ波程度。
そして数日が経過する頃には、マジでなんともなくなり
爺さんには回復のお墨付きを貰うまでになった。
だけど夜ひとりでいると鬱に襲われた。
音を貪ることに飽きると、ぼくは死体になって眠った。


260 :70 ◆DyYEhjFjFU :04/10/09 23:30:35
オタがレスをくれたのは確かそのあたりだったと思う。
つらかった熱が引きはじめ、体調がゆっくりと回復しはじめた頃。
遅い昼食にラーメンを食べてたとき。
ぼくは同僚からの連絡だと勘違いして、しばらくケータイを放置しておいた。
ところが差出人はオタだった。

 >気にしなくていい。
 >助手席を綺麗にするときつられゲロりそうだったけど。
 >PCのアドレスに長めのレスを入れた。

オタのレスは長かった。
きっと長い付き合いの中では最長。
オタは姫様がインドへ行ったことを残念だ、として
そこから先は手元のデータからではもう何も分からないと締めくくってあった。
その他は、オタなりにぼくを慰めてくれようと努力している文面。
もういいんだよ、オタ。
オタの気遣いがなによりも嬉しかった。
オタはレスの最後にこう付け加えてあった。
もし罪悪感が残ってるなら嬢様のことだけ考えればいい。
嬢様はもうフロッピィをおれたちにちらつかせてはくれない。
嬢様がおまえのことを気にいってるならなおさらだ。
どんな小さなことでもいいから何か残ってないのか?
例えば嬢様のデートクラブの名詞とか。
おまえはそこへ電話したんだろう?
でなけりゃ直接行って嬢様を選んだんじゃないのか?
そこに何か残ってないのか?
他の子を買って、嬢様のことをちょっと訊いてみるとか。
バレたらさぞや悲しむだろうけどな。


262 :70 ◆DyYEhjFjFU :04/10/09 23:32:45
クリスマスイブの夜。
ぼくはデートクラブの女の子を買ったことがある。
Hはなしっていう条件だったけど
ふたりとも一瞬で意気投合して、ぼくらは不文律の一線をあっさり飛び越えた。
姫様がなぜぼくなんかを気に入ったのか
いまとなってはもうわからないけど
数時間後にはぼくらはホテルの部屋にいるほどの仲になった。
映画を見た後で姫様はぼくに一枚のカードをくれた。
名詞っていうより電話番号とアドレスが書かれただけのインフォメーションカード。
薄っぺらい淡いカーキ色のマーメイド紙。
コピー機に手差しで突っこんだ手製で
爪の先で黒い文字をひっかくとトナーが粉になって剥がれ落ちる。
このカードはぼくの財布のカードホルダに刺さったままになってた。
完全に忘れてしまってた。
すぐにカードに書かれた番号に電話してみたけど
呼び出し音にときどき空電が混ざるだけ。誰も出ることはなかった。
日をあらためても結果は同じ。


263 :70 ◆DyYEhjFjFU :04/10/09 23:33:32
どこかおかしい。カードには店の名も書かれていない。
ぼくは姫様の正体を突きとめたいわけじゃなかった。
でも姫様の痕跡を追っていないと落ち着けなかった。
姫様は会いたくなったらここに電話してと言った。
これが店の名詞だと勝手に思いこんでたのはぼくのほうじゃないのか。
どこかで稼働し続ける姫様のフロッピィ専用のPC。
そいつと同じで姫様もスタンドアロンじゃないのか。
でもさ。ここでぼくの推理はいつも頓挫する。
姫様はリッチなのになんでぼくなんかと遊んでるんだろう。
オタは姫様が金持ちかどうかなんて、ほんとのところは分からないと言った。
姫様の影。
その世界の信用に成り立ってるのならその金は無いも同然かもしれないと言った。

今日書いてるときに流れていた曲
ホワイトストライプス/White Stripes 「white blood cells」


268 :70 ◆DyYEhjFjFU :04/10/09 23:45:39
おかえり。と言ってくれた人。ありがとう。
明日のアップもこのくらいの時間を予定しています。
おやすみなさい。

ぼくはイケメンじゃないですよ。


 次へ  前へ

昼休み3掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。