★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件12 > 158.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
本当のことが知らされないアナタへ:「坂本弁護士一家殺害事件」で見せた神奈川県警のデタラメな対応 [麻原国選弁護人渡辺脩氏の著作より]
http://www.asyura2.com/0403/nihon12/msg/158.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 3 月 09 日 02:10:27:Mo7ApAlflbQ6s
 


オウム麻原被告の国選弁護人である渡辺脩氏の著作『麻原を死刑にして、それで済むのか? − 本当のことが知らされないアナタへ −』(三五館・1300円・04年2月29日初版発行)は、権力の広報機関と化した主要メディアやTVを通じてしか知ることができない「オウム裁判」の内実を窺い知ることができる貴重な情報が数多く示している。
(麻原裁判の第一審最終弁論を終えた後から書き始めたものだという)

当該書のメインテーマである刑事裁判の在り方と「オウム裁判」の実態という視点で紹介していくのが本道だが、導入として、「坂本弁護士一家殺害事件」を取り上げたい。

というのも、つい最近報じられた、北朝鮮に拉致された可能性が高いとされていた山本美保さんが実は失踪直後の20年前に遺体として発見されていたというあまりにもデタラメな警察の捜査ぶりが露呈した“事件”に通じる性格があるからである。

それに加え、「坂本弁護士一家殺害事件」は、前にも書き込みしたことだが、岡崎一明被告が逮捕される数ヶ月前に坂本弁護士が所属していた横浜弁護士事務所に電話をして、「山口で学習塾をやっている佐伯(=岡崎)が犯行に関わっているはずだから、どんな手段を使ってでも口を割らせるべきだ」という趣旨の話をしたことでもあったからである。(電話に出た横浜弁護士事務所の男性は、「佐伯(=岡崎)と話したことはあるが、彼は無関係だ」と言っていた)

※ 江川紹子氏も、坂本事件をあれだけ調査して疑念を提示していたにも関わらず、検察の主張のそのまま受け入れているのには驚かされる。江川説では、未明三時頃に殺人犯が坂本宅に押し入ったということはあり得ないのである。

「坂本弁護士一家殺害事件」で神奈川県警が見せた対応は、デタラメどころか犯罪者そのものといえるものである。

それを『麻原を死刑にして、それで済むのか? − 本当のことが知らされないアナタへ −』から引用する。

P.111〜P.113

「坂本弁護士とされている遺体は組織検査もできないほど崩れていて、遺体から死因を特定できないこと、顔面・頭蓋底陥没骨折が死後のものであることを遺体自体から特定できないこと等のために、殺害の実行行為を客観的に確定できない状況になっていた。
 そうなったのは、もっぱら、神奈川県警が一九九〇(平成二)年二月に龍彦ちゃんの遺体捜索に失敗して、「遺体発見」が九五年九月の発掘まで遅れてしまったからである。
 事件発生の翌年二月、神奈川県警に坂本弁護士の遺体を埋めた場所を示す地図が投書されてきた。この投書はオウム幹部の岡崎一明が、教団と麻原被告を脅迫する目的で行ったものだった。しかし神奈川県警の遺体捜索は、以下のような信じがたい怠慢捜査であった。
 第一に、神奈川県警は、投書者が岡崎であることを把握していたにもかかわらず、岡崎に対する必要な取調べを怠った。
 第二に、一九九五年九月の遺体発見時まで五年近くの間、岡崎を現場に連れて行き、引き当たりをさせることを怠った。
 第三に、山間の遺体発掘にもっとも不適当な積雪期の二月に捜索しただけで、その後の捜索を放棄していた。
 第四に、岡崎の当社の地図が非常に正確なものであったのに、真剣な捜索でなかったために近くまで行きながら発見に失敗した。
 これらの四点は、坂本事件について、神奈川県警がいかに真剣な捜査と捜索を行わなかったかという事実をはっきり物語っている。
 その後、神奈川県警は、一九九五年九月の岡崎逮捕までの間、岡崎の取調べを断続的に繰り返し、時には嘘発見器に掛けて、黒の結果が出ても放置し、岡崎を事実上の監視下におきながら岡崎の中国大陸旅行を許すなど、実に奇妙な交際関係を続けていたのであった。
 これは、坂本事件を真剣に捜査しようとしない神奈川県警と岡崎との間の、長期にわたる根深い癒着関係であり、捜査の中身からいうと極めて内容の乏しい癒着関係であった。
 しかし、このような癒着関係から、事実をねつ造・歪曲して、警察にとっては都合がよくて手数のかからない筋書きの自白を岡崎から獲得できるし、岡崎にとっては、万一の場合、自分の責任をできるだけ軽くするような内容の筋書きで自白することを警察に受け容れてもらうというメリットが、それぞれに生まれてくる。
 その意味で、この癒着は、神奈川県警と岡崎の双方にとって貴重な関係になっていたのである。
 坂本事件では、このような癒着関係が弁護側の反対尋問によって具体的・詳細に立証されているのであるから、警察・検察と岡崎が協力しあいながら、事実に反する「謀議責任」を教祖である麻原被告人に押しつける自白を作り上げていったと疑うべき余地が十分に存在している。
 検察側には、その疑いを完全に拭い去るべき義務があった。
 一九九五年の岡崎逮捕後の取調べには、以上のような背景が存在していたことに注目する必要がある。
 その取調べでは、岡崎が自白している以上、遺体の客観的状況と岡崎自白との矛盾点や、本当の殺害の方法・場所・時間等に関する事実を厳しく追及して、事実を引き出す捜査に全力を尽くすべきであった。
 そういう捜査・取調べがまったく行われなかったことは自白の内容から明らかであり、その怠慢捜査による事実の隠蔽と疑惑の大きさには驚くべきものがある。」

※ 「この投書はオウム幹部の岡崎一明が、教団と麻原被告を脅迫する目的で行ったものだった」は、仮にオウムが坂本弁護士一家殺害事件に関与していたとしても、遺体遺棄現場の地図を警察に実際に送ってしまえば脅迫にはならないのだから、でっち上げの構図だと思われる。
 どちらかといえば、「岡崎一明が、神奈川県警を脅迫する目的で行ったものだった」というほうがまだ理に叶っている。(私も、事実の隠蔽と疑惑の大きさには驚くべきものがあると思っている)

 神奈川県警も、渡辺弁護士が坂本事件についてウソを述べ立てているのというのなら、堂々と反論するなり訴えるなりするはずだ。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今後も、『麻原を死刑にして、それで済むのか?』を基にしたオウム麻原裁判の“茶番性”の紹介を少しずつやっていきたいと思っています。

 次へ  前へ

日本の事件12掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。