★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争55 > 228.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
オウム事件の再考察.....日本も世界も見事に騙されましたね。もう一度やるんですか?黒幕さん。
http://www.asyura2.com/0403/war55/msg/228.html
投稿者 ブッシュ親子の自作自演テロの11 日時 2004 年 5 月 16 日 08:56:00:XUSllUZ/d1uKA
 

(オウム事件と極東有事とは直結していると考えるゆえに、戦争板に投稿します。)
「オウム事件はアサハラによるマインドコントロールの結果であり、多くの若者がアサハラに盲従して罪を犯した。アサハラは大罪人だ。」..というのが、世間一般の理解であると思います。そのように、メディアによって誘導され思い込まされてきました。しかし、アサハラは、世間の目を集中させ、「アサハラ」以外の要素に注意が行かないようにする目的で、最初から祭り上げられた「象徴」に過ぎないと解します。オウムとは、現実にはオウムではなかったのです。我々が想像するより、はるかに大きな謀略の一部を担う組織だった。突き詰めていくと911とオウム事件は同根だと解ります。黒幕は同じでした。

▼オウム事件には、いたるところで、他の在日宗教の臭いが付き纏う。
●オウムと統一教会を結ぶ線
http://www.club-kamikaze.net/yamato_ishin/sothutaku/aum02.html
○「文鮮明が池田大作にたのんで五〇億円を出させ、そのうちの三〇億円をオウムに渡したといわれる。なぜオウムにカネを渡したのか−−それは、創価学会の最大の敵をオウムの力で叩かせるつもりだったのだ。」
○オウム真理教麻原彰晃をロシア政府に紹介した政治家とは、創価学会員であり、朝鮮と密接な関係を持つ男だった!
○創価学会と統一教会が密約を交わした関係にあることは明々白々である。この両者の接点にオウム・麻原がおり、オウムはサリン作成を実験し実行に移した可能性がある。
○創価学会あるいは統一教会から出資があったと推測されるし、さらにオウムの武装化について、創価学会・統一教会が理解していなかったとは、考えられない。
○オウムが作ろうとしたサリンは、ほんらいは大石寺の日蓮正宗信徒を狙ったもの。大石寺を叩く、といって統一教会経由で創価学会からカネを受け取ったのだ」(事情通の話)

●創価学会とオウム
○オウムの準軍事的構造は、秘密ボディーガード隊、内外情報機構、敵に対して筋肉を誇示するために使われたいわゆる「青年」部など、創価学会内部の警備機関とほぼ同一であった。オウムの軍部は、創価学会の秘密軍で鍛えられた信者によって作られたと噂されている。
○上祐は、諜報省がオウム防衛組織の背景を調べた結果、少なくとも27人は元創価学会員であったと公表した。この部門は、噂によれば、教団の諜報省とともに、オウム施設への強制捜査を導いた仮谷拉致殺人疑惑を含む、拉致者の殺害、殺人、肉体的懲罰の責任があるという。
○オウムの元創価学会員の多くは、犯行後、なぜか消えた、と上祐はつけ加えた。そして、創価学会準軍事的軍隊は、東京地下鉄毒ガス事件を、おそらくは朝鮮半島で訓練されたテロリストといっしょに組織し、着手したことがわかるし、
○(創価学会は北京・クレムリンと強力に結びついており、在日朝鮮半島人会員が上層部から下部に至るまで広くその教団に浸透している)

●「オウム=創価+統一ではないのか?を議論していた」2チャンネルのスレッドに書き込まれた元オウム信者の述懐です。
2チャンネル 続・告発します
927 名前:エレンサテギデドール投稿日:2001/03/28(水) 14:31
こんちわ。はやいね・・あの事件から、、そっかー 気づいてる人いてくれたというだけで・・・嬉 創価学会員の人はたくさんおりました。確かに 統一教会の信者さん?は、おりませんでした。 そうです。騙されたとしかね、今は・・・。日本は 間違い無く 近い将来、創価さんに汚染される事でしょー 創価さんをなめてたら怖いですよ。おあと、業界では有名な話ですけど、創価さんは法の華とも つながっております。 どうでも、いいですけど・・・村山さん(←あえてこういう言い方します。)すみません。は、創価さんの指示の元殺された・・・ 海外に永住したくてもマークされてるかもしれないので、怖くて申請もできません。ちなみに富士で作ってた覚せい剤は、注射用ではありません。

●「4 years after sarin attack」HPより
http://www.tbwt.com/views/feat/feat981.asp
Inter-sect relations. Four other new religions were deeply linked to Aum, including a sect that boasts support from a former U.S. president and another that has channeled funds to Harvard.オウムには別の4つの新宗教が深く関わっていた。うちひとつは、米元大統領から支持を受けているセクト(統一)、もうひとつはハーバードに資金提供しているセクト(創価)だった。

●日蓮正宗大石寺をサリンで襲撃する計画も オウム松本被告の公判で明らかに
http://fnn.fujitv.co.jp/headlines/article1120518.html
オウム真理教が、日蓮正宗大石寺をサリンで襲撃する計画を立てていたことが新たに明らかになった。 これは、東京地方裁判所で行われた松本智津夫被告の公判に証人として出廷した元教団幹部、中川智正被告の証言でわかったもの。証言によると、中川被告は、松本サリン事件の前の1994年6月、遠藤誠一被告、新実智光被告とともに、静岡・富士宮市にある日蓮正宗大石寺にサリンをまくための下見に行ったという。中川被告はこれについて、「サリンをまくための候補地だったと聞いた記憶があるが、なぜ大石寺を襲撃しようとしたかはわからない」と述べた。

★オウムも創価も統一も在日宗教です。この3つの宗教が、オウムに流れ込み、北朝鮮がらみの悪事を実行しようとしてたんですね。要するにひとつの勢力だった。日本には、「日本名」で生活している半島系譜人、日本に帰化はしたが、心は半島人のままの人たちがたくさんいます。外見は日本人にしか見えません。彼らの宗主国のひとつは、北朝鮮です。

 次へ  前へ

戦争55掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年3月19日 10:45:23 : c3MGH08xSU : 6ZqZ8yBfSxo[139]
投稿の通りだと思うよ。(拝)

2. 2018年3月24日 05:10:30 : NMNcDABqd2 : M_VHLSz_7ng[1]
投稿の通りだと思うよ。(拝)
前大戦も同じか。(拝)

3. 2018年3月28日 21:37:34 : AiChp2veWo : crH3ggO@jw4[1248]
うん、そうだね!。全体がそうだね!。

神が存在しなくとも、仁愛、正義、愛情、徳行、は人に存在し、それを履行する人間という生物たち。天皇の為でなく、神のためでなく、ただただ思いの為に・・。


4. 2018年7月10日 22:16:35 : 0MxjrP73hw : fbbi1RAXn2E[10]
この真相を公表しようとした坂本弁護士は、創価部隊の公安の手引きでG組の手によって口を封じられたのである。

5. 2018年7月28日 10:41:12 : 8AodZa83ps : yDeVMHwykbg[2]

【 オウム真理教は日本売国政治家と北朝鮮、アメリカが作った宗教組織 】

オウム真理教をめぐる一連の事件で、最後までその行方がわからなかった特別手配犯の平田信、菊池直子、高橋克也の3人が、半年あまりの間に次々と逮捕されました。しかもそれは、これまでまったく影を潜め、死亡説まで流れていた中での連続逮捕劇だったのですが、良く考えるとこれは不思議なことだとは思わないでしょうか?

   しかもこの3人はほぼ一斉に逮捕されました。
   ましてや彼等は一緒に行動していたわけでもなく、一緒に住んでいたわけでもありません。一説には、すでに死刑が確定している麻原彰晃(本名・松本智津夫)の死刑執行を妨害するためにわざと捕まった、というものですが、仮にそうであったとすれば3人同時期にではなく間隔を空けるはずです。だから彼等の目的は教祖の延命のためではありません。

   そのもっとも大きな理由は、「役割を終えた」ということにあります。
   実はこの3人はこれまで、アメリカによって北朝鮮に連れて行かれ、北朝鮮当局によって匿(かくま)われていたようです。ですから警察がどこを探しても見つけられなかったはずだし、そのままであれば、時効になるまで捕まることはなかったでしょう。しかも逮捕されたのは、平田の自首がきっかけでした。2011年の大晦日に自ら出頭した平田は、「東日本大震災で不条理なことを多く見て自分の立場を改めて考えた」と言ったそうですが、その本心はまったく違います。彼は北朝鮮からメッセージを伝えるために帰国し、警察に出頭したのです。

   伝えられたメッセージのすべてはわかりませんが、はっきりしていることが2つあります。
   その1つは、「(国際アナリストの)飯山一郎氏のブログを本にして出版するように」というものです。そしてそのための費用として1000万円が持たされていました。その結果として出版されたのが、『横田めぐみさんと金正恩』(三五館)です。つまり、当初は誰も信じていなかった「横田めぐみ=金正恩生母説』を飯山氏は早くから公言しており、詳細な情報を元にした緻密な分析は、高い信憑性(しんびょうせい)を持っていたにもかかわらず、そのあまりの内容にどの出版社も手を出さなかったからです。そこでそれを単行本として出版するように働きかけたのです。

   北朝鮮自身がこの説を日本に広めることを望んだということは、「横田めぐみさんは生きている。それどころか金正恩の母親として日本を助けるために奮闘している」ことを、日本にわかって欲しいと思ったからにほかなりません。

   もう1つのメッセージは、「拉致問題担当大臣を山岡賢次氏から、松原仁氏に替えて欲しい」ということのようです。2002年に結成された「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」(拉致議連)に、発足当時から関わっていた松原氏は、「(北朝鮮にいる日本人を)いつでも連れ戻せる」と常に公言しています。つまり彼は拉致問題の背景を知っているのです。しかしそんなスペシャリストをなぜか歴代の内閣は、拉致担当相として起用することはありませんでした。

   なぜでしょうか?
   つまりアメリカの機嫌を恐れ、関係悪化を怖れて、誰も本気で拉致問題を解決しようとは思っていなかったからです。北朝鮮にとってそれでは困ります。アメリカ発の拉致問題を早く解決し、日本と国交を結びたいと思っているのです。なぜならその先に、「新国家建設」という大仕事が待っているからです。

   しかしこの時は内閣も一旦はそれを聞き入れて、松原氏を拉致担当相に任命しましたが、またすぐに、拉致問題にはまったく素人の田中慶秋氏へと替えました。田中氏は法相も兼務していましたが、暴力団との黒い交際や不正献金疑惑を追及されて、組閣から3週間後にあっさり辞任してしまったことは周知の通りです。

   オウムの特別手配犯であった平田信の出頭とほぼ同時期に、これまで「現物はすべて破棄されて存在しない」とされていた、麻原彰晃の説法テープが出てきました。これを、2012年5月にドラマに仕立てて放送したNHKでしたが、そのテープの出所は明かしませんでした。これは推測ですが、長らく北朝鮮当局によって保管されていたものを、平田が帰国する際についでに持って来たと考えられます。これも「オウム真理教の事件に幕を引くように」という北朝鮮からのメッセージだと思われます。

   この話を理解するためには、オウム真理教とは「何か」を完全に知る必要があります。
   結論から先に言うと、オウム真理教という宗教教団組織は、日本国内で非合法な活動をするために、日本政府や米軍などの、裏工作を担当する組織が主導で意図的に作ったものなのです。

   それは戦前から戦後にかけて、国内で非合法活動という地下活動をさせるために、米軍や日本政府が表向きは共産主義に対立しながら裏では共産主義同盟を支援していたように、古今東西、どこの国でも権力を握る為政者というものは、そのような活動を担う組織を常に必要としているのです。戦後であればその役割は共産主義同盟だけで十分でしたが、今の若者は共産主義には見向きもしません。そこで彼らは宗教という組織を作ることに目を付けたのです。

   そして特異な風貌とキャラクターを持つ松本を教祖の麻原として育て、潤沢な資金を与えてオウム真理教を立ち上げさせたのです。麻原は周囲の期待に応えて、教祖の指示なら殺人をもいとわない戦闘集団を作り上げました。日本政府の裏工作組織は彼等に軍事教練を施し、兵器を製造させ、いずれは革命政権のクーデターを誘発するための引き金として使う予定でした。そしてこの計画を主導したのはもちろんアメリカでした。なぜなら近い将来起こるはずの第三次世界大戦に、日本はアジアの先頭に立って闘ってもらわないと困るという、アメリカの意図がありました。

   しかしながら日本には、平和憲法9条があるためにそれが邪魔して、日本は対外的な武力行使ができない状態にあります。しかしながらその日本国憲法を創案したのはアメリカです。戦後において、当初のアメリカの意図は日本の牙(きば)を抜くために、二度と闘えないように武力を放棄させる必要がありました。しかし年月が経ち状況は様変わりしており、今度は逆にアメリカは日本の武力が必要になったのです。そのために今、陸上自衛隊では海兵隊を創設しようとしています。しかしそもそも防衛が主であるはずの自衛隊に、上陸戦闘工作員である海兵隊は必要ありません。つまりアメリカは、日本の武力を強化させて米軍の肩代わりをさせようとしているのです。

   アメリカとしては、いずれ日本も他の国と同様に、必要な場合は武力行使ができるように憲法を改正するだろうと考えていたようです。日本と同じように第二次大戦の敗戦国であるイタリアやドイツは、すでに何度も憲法を変えています。それなのにまさか日本が戦後70年近く経っても憲法を変えないとは、さすがのアメリカも想像してはおらず、そこにワシントンの誤算があったのです。日本人はどんな事情であれ、一度決めたらなかなか変えません。だからと言って今さら日本に「現行の憲法を破棄せよ」と命令しても、その改正案を通すまでには、それこそ気の遠くなるような時間がかかることも目に見えています。

   そこで平和憲法を改正させることを諦めたアメリカは、軍事クーデターを起こして革命政権を樹立させ、新しい憲法を創設させるという計画を思いついたのです。しかし平和な日本で突然クーデターを起こしても蟷螂の斧(とうろうのおの・カマキリのオノ)でしかありません。だから国民にクーデターを受け入れやすい状態を作るために、政府にわざと酷い悪政をさせて国民を疲弊させ、政府に対する不満を溜め込ませ、自衛隊が決起しやすい機運を高めるなどの、国内を内乱状態レベルへと陥らせる必要がありました。そしてそのためにオウム真理教をクーデターのきっかけとして使うつもりだったのです。そのあたりの経緯については、私の前著『ついに宇宙人が最終戦争後のシナリオを用意しました』(徳間書店刊)に詳しく載せてあるので、参考にしてください。

   北朝鮮は当初、アメリカのこの計画とは距離をとっていましたが、米軍がオウム手配犯を北朝鮮に連れて来てしまったので、仕方なく匿っていたのです。北朝鮮としては、一事が万事、アメリカの言いなりになる日本が歯痒(はがゆ)かったと思われます。だからこそ今、「戦争なんかやめて一緒に満州開発を」と呼び掛けているのです。

   度重なる北朝鮮当局からのアプローチにもかかわらず、日本の歴代政権は無視を決め込んでいます。恐らく政府の中にも北朝鮮の真実の姿に気づいている人がいるはずなのです。それでもあえて北朝鮮の誘いには乗らず、国交回復をわざと先延ばしにしようとしています。政府は、「国交回復は拉致問題が解決してから」という立場のようですが、よく考えるとこれは得策ではなく、実は国交がないためにアメリカによる拉致被害者を返したくても返せないのです。先に国交を回復してしまえば、否応なしに情報が増え、本人たちの足跡などの情報も追うことができ、返還交渉もやりやすくなるのです。

   少なくとも国際交渉の場で絶対条件を設定してしまえば、自分で出した条件に縛られることになるので、外交上不利になるだけです。「肉を切らせて骨を断つ」くらいの狡猾さがなければ、外交で成果を得ることはできません。日本の議員たちもそれくらいの駆け引きは心得ているはずなので、それは裏を返せば本気で解決する気がないと考えるべきなのでしょう。実のところ政府には、拉致問題などに関心はありません。

民主党は韓国・北朝鮮人の傀儡政党

   それもそのはずで、民主党国会議員のうち、少なくとも3分の1程度は韓国人で占められていたようです。この場合の韓国人とは、在日韓国人二世、三世、あるいは韓国生まれで日本に帰化した人、その子孫までのすべてを含みます。すでに日本国籍を取得している人もいると思いますが、日本のためでなく常に韓国の国益のために行動する、むしろ日本国の国益を損なう行動をとるような、そういう視点で見た韓国人という意味です。

   もちろん先祖が韓国人ではあっても、日本の国益のために議員活動をしている人も一部にはいると思いますが、しかし実際にはその多数の人々は日本のためではなく、韓国の国益の実現を果たすという使命を背負って日本に乗り込み、暴れている人々なのです。そう考えると、民主党政権が韓国に対して異常なほど弱腰であった理由も、また人権侵害救済法案や外国人参政権法案など、在日韓国人の権益拡大へとつながる、さまざまな法案の成立に異常なほど熱心であったのにもすべてうなずけます。

   ちなみに人権侵害救済と言えば聞こえはいいですがこの法案は、政府からは独立した人権委員会がそれを運用します。この人権委員会とは、「差別を受けた」という訴えだけで、裁判所の裁定を通すことなく逮捕や捜査を執行する権限を持っています。それは公正取引委員会と同様の、不必要なほどの強大な権限であるのです。

   外国人参政権についても同じです。
   現在の日本において、外国籍で日本の永住権を持つ人々と言えば、その99%が韓国と朝鮮系です。日本の参政権が欲しければ帰化すればいいだけのことですが、韓国籍を手放さないということは、韓国人としてのアイデンティティを強く持っている人々であることは明白です。本質的に反日感情が強い韓国人に、日本の参政権を与えるという行為は、日本の国益を大きく損なう恐れがあるにもかかわらず、その成立に積極的な国会議員が多いという現状は実に奇妙な話です。特に、野田政権になってから、こうした傾向が顕著に見られました。


(『大宇宙連合からの啓示」 田村珠芳著 徳間書店 )


6. 2019年2月13日 19:10:41 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-11161] 報告
【オウム真理教】オウム真理教の黒幕は誰か!?【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 朝堂院大覚・和田聖仁・早見慶子 2019/02/13
.
JRPtelevision
2019/02/13 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=ZA99_e8qwF4

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

  拍手はせず、拍手一覧を見る

★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。