★阿修羅♪ 現在地 HOME > ホロコースト1 > 375.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
カナダ政府ツンデル送還の背景
http://www.asyura2.com/0502/holocaust1/msg/375.html
投稿者 はちまき伍長 日時 2005 年 3 月 02 日 23:43:53: Zpc9bbdVkJn3c

(回答先: ツンデル移送 ドイツへ向かう 投稿者 はちまき伍長 日時 2005 年 3 月 02 日 07:20:36)

今回のツンデル強制送還の背景として、カナダ政府の「Security Certificate」
手続きがあります。

これは「国家の安全を脅かす」人物に対して、無期限の拘留や国外追放を可能
にする行政手続きです。カナダ公安情報局(CSIS)の提出した証拠を一人の判事
が調べて決定を下すことになっていますが、その証拠は公開しなくても良いた
めに「秘密裁判」と批判されています。オンタリオ控訴裁判所で行われたツン
デルの異議申し立ての際にも、現役判事がこの手続きを強く非難するというこ
とがありました。この「Security Certificate」は1991年からあったのですが、
実際に使われたのは9・11事件の後からで、イスラム教徒5人も拘留されて問題
となっています。

Canada's get-into-jail-free cards
(http://www.hour.ca/news/news.aspx?iIDArticle=4332)

この話で思い出されたのは、一昨年シリア系カナダ人が米国で拘束されてシリ
アに強制送還、拷問を受けていたという事件です。

阿修羅戦争42
カイロの小倉孝保記者へカナダから問う「アルカイダは誰でしょう」Re: 毎日新聞
http://www.asyura2.com/0311/war42/msg/1241.html
投稿者 木村愛二 日時 2003 年 11 月 22 日 08:21:40

> アラーによれば、オタワでのアパートの賃貸契約書等カナダの連邦警察もし
>くは諜報機関でなければ出せないであろうものをシリアの捜査官(というより
>拷問担当官らしいが)が持っており、「私に関するこんな分厚いファイルがあっ
>た」と言う。であれば、それはカナダがアメリカに対して市民の情報を秘密裏
>に提供しているのではないかという疑惑が立つ。もう、「アルカイダだから」
>ではすまない。

ツンデルの場合、米国の移民局が手続き上の不備を理由にカナダに送還し、カ
ナダは即座に「Security Certificate」によってツンデルを独房に拘禁する
という米加連携プレーでした。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト1掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。