★阿修羅♪ 現在地 HOME > ホロコースト1 > 427.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 厚生省の弾圧はどのようなものでしたか?
http://www.asyura2.com/0502/holocaust1/msg/427.html
投稿者 西岡昌紀 日時 2005 年 3 月 05 日 17:05:46: of0poCGGoydL.

(回答先: 厚生省の弾圧はどのようなものでしたか? 投稿者 ワヤクチャ 日時 2005 年 3 月 05 日 15:07:54)

当時(1995年)、私は、厚生省が管轄する国立病院の勤務医でした。

文春が「マルコポーロ」廃刊を発表したのは1995年1月30日(月)の午後
でしたが、この日、風邪を引いて自宅に居ました。

この驚くべき知らせを、私は、自宅で聞き、自宅で取材を受けたり、色々な方と電話で
連絡を取り合ったりして、時間を過ごしました。

その翌日(同年1月31日(火))、病院に登院した処、玄関で、すぐに病院の事務
職員が、凄い剣幕で私を迎え、恐ろしい口調で、院長室に来るようにと言いました。
そこで、院長室に行くと、院長と数名の事務職員が物凄い形相で私を迎え、私を
椅子に座らせて取り囲むと、院長が、まるで別人の様な恐ろしい剣幕で私に向かって
怒鳴り始めました。そして、こんな事を言いました。
「俺は、ゆうべ、夜中に電話で叩き起こされた!」
そして、こんな事を言いました。
「お前の行動に、日本という国の行方が掛かっている!」

いつもは物静かな人物だっただけに、彼の豹変振りはショックでした。
人間的に決して嫌いな人ではなかったのに、まるで別人で、半狂乱だったので、
本当に怖くなった事を覚えています。そして、話が始まると、誰かが院長室を
ノックし、院長が「入れ」と言うと、事務職員の一人が入り「今朝、病院に
女性の声で電話が入り、西岡先生の生命を狙うグループが向かっているので、
注意するようにと言って電話を切りました」と言う意味のメモを読み上げました。
芝居もいい処でしたが、その「報告」が為されると、院長は私を向いて
「ほうら、こういう事だ。」と言い、他の事務職員と一緒になって、生命が
無くなるからもう何も言うな、と更に「忠告」しました。ところが、私が、
「私はどう成っても構いませんので・・・」と言うと、院長たちは更に怒り出し、
私にあれこれ怒鳴り散らして、「あの『悪魔の詩』みたいな事になる」と言って、
私にもう何も発言するなと、しつこく言い続けました。

言うまでも無く、職権乱用です。

続きが有りますが、その内、お話します。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト1掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。