★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK20 > 1053.html
 ★阿修羅♪
小沢と小泉の比較:両者の対立を装うがその正体は小泉と変わらぬ小沢の正体ーユダヤ・ペット第1号で創価学会の犬
http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/1053.html
投稿者 真相ハンター 日時 2006 年 4 月 10 日 18:49:12: Zk4s5qq50i/J2
 

(回答先: 小沢連合だ|スポーツ報知 投稿者 white 日時 2006 年 4 月 10 日 09:53:35)

韋駄天掲示板サイトに慧眼の持ち主の分析があったので転載する。

売国奴のユダヤ・ペット第3号の自民党の小泉とは恰も、正反対のように装ってはいるものの、実はユダヤ・ペットとしては、小泉の大先輩の売国奴である。小沢は、同じ慶応大学経済学部卒業の同期生というのだが、婦女暴行で3年目の留年(当時の慶応大学では3留は制度として存在せず、自動的に退学であった1967年4月に、同じ慶応大学女子学生を強姦して現行犯逮捕された婦女暴行魔の小泉に比較すれば、余程、真面目で優秀だったとは言えよう。おそらく、親父の影響で司法試験を受験する為に、法政大学の大学院にまで行ったというのだから、能力があったか否かは問わない方がよかろうが、少なくとも、婦女暴行現行犯逮捕とその直後にあの精神病院では名立たる都立松沢病院強制入院歴2か月と比べれば、小沢の方が余程まともです。

      http://www.asyura2.com/0505/senkyo12/msg/978.html


しかし、小沢は、1990年のイラクのクウェート侵攻に際して、米国に90億ドルを拠出したり、昔からユダヤの犬で米国大使館のCIA参事官のジェームズ・フォスターが小沢担当であったことから分かるように、ご主人様の命令を伝達・実行しただけの、犬であった。こんな男の正体は、近くで見れば見る程分かるので、後にユダヤの命令で自民党を割って出て、一党独裁をユダヤの命令で破壊してはみたものの、自前の反自民政権を継続して維持する程の政治力はなく、新進党は瓦解してユダヤの期待には十分に応えられず、ユダヤ・ペットの地位は鳩山に、そして自民党の中で森喜朗から小泉へと、日本の破壊工作の任務は、反自民連合政権から自民党へと移行して、小沢は用済みの逸れガラスになった訳だ。

小沢は、心臓病を患っており、その治療にはロンドンとワシントンのベセスダ海軍病院で定期的な診療を受けている。後者は、ケネディの遺体を処理したことで有名な、ユダヤ管理下の病院であり、言うことを聞かない小沢の心臓のペースメーカーはここで細工されれば、すぐに昇天する仕組みになっている。途中で、逃げ出せなくなるCIAのスタッフが、手術されて心臓に埋め込まれる機器と同じであろう。こうして、マインド・コントロールされたロボット人間、人間牧場の家畜達が生まれて来る訳である。

小沢の嫁は、創価の幹部
 投稿者:rock @MAIL  投稿日: 04/08 Sat 18:35:29 削除

■小沢の嫁は、創価の幹部。小沢の嫁の実家の土建屋「福田組」は姉歯設計、
ヒューザー販売で耐震偽装マンションを建てている。福田組は創価大の
卒業生を、優先して受け入れている会社だ。
◆前原に続き、嫁が創価とは!政治資金が創価の嫁の実家からたっぷり入って
池田犬作の奴隷とは!
岡田といい、前原といい、小沢といい、政治屋は全部外国の手先と考えないと
理解できない。
嫁が創価という時点で、一般議員はともかく、党首の資格はない。同衾している以上、
潔白を証明することは不可能だ。国家を危うくする。それとも、創価が外国勢力では
ないからいいとでもいうのか?創価が朝鮮カルトであることは世界の常識だが、それでも
党首なのか?カルトのためにひそかに政治権力を振るうのか?許されることではない。


 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 政治・選挙・NHK20掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。