★阿修羅♪ > 戦争79 > 945.html
 ★阿修羅♪
ある朝、ハディサにて [TIME] (全訳)
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/945.html
投稿者 ファントムランチ 日時 2006 年 4 月 03 日 23:07:21: oswAM6lqBSCW6
 

★この記事にはすでに私の最近の投稿で二回ほど触れておりますが、全文を和訳してみましたので改めて紹介させていただきます。米軍が故意に民間人を射殺、あるいは現場で「処刑」したとみられる事件がここ数ヶ月の間に連続的に発生している中で、昨年11月にハディサで起こった出来事は、米軍の末期症状とも言うべき残虐性の高まりと、犯罪行為の責任追及、そしてそれが大手メディアでも報道されるようになってきたひとつの転機を示す事件と言えるかもしれません。以下はその昨年11月の事件についての再調査結果と現地リポートをもとに書かれた今年3月19日付けの記事です。

TIME
http://www.time.com/time/
http://www.time.com/time/world/printout/0,8816,1174649,00.html

■One Morning in Haditha
 ある朝、ハディサにて

≪Last November, U.S. Marines killed 15 Iraqi civilians in their homes. Was it self-defense, an accident or cold-blooded revenge? A Time exclusive≫
≪昨年11月、米国海兵隊員らがイラク市民15人を彼らの住居内で殺害するという事件が発生した。これは正当防衛といえる事故なのか、それとも冷酷な復讐なのか、TIME誌が独占記事をお届けする≫

By TIM MCGIRK / BAGHDAD
Sunday, Mar. 19, 2006

The incident seemed like so many others from this war, the kind of tragedy that has become numbingly routine amid the daily reports of violence in Iraq. On the morning of Nov. 19, 2005, a roadside bomb struck a humvee carrying Marines from Kilo Company, 3rd Battalion, 1st Marines, on a road near Haditha, a restive town in western Iraq. The bomb killed Lance Corporal Miguel (T.J.) Terrazas, 20, from El Paso, Texas. The next day a Marine communique from Camp Blue Diamond in Ramadi reported that Terrazas and 15 Iraqi civilians were killed by the blast and that "gunmen attacked the convoy with small-arms fire," prompting the Marines to return fire, killing eight insurgents and wounding one other. The Marines from Kilo Company held a memorial service for Terrazas at their camp in Haditha. They wrote messages like "T.J., you were a great friend. I'm going to miss seeing you around" on smooth stones and piled them in a funeral mound. And the war moved on.
この事件は当初、イラクにいれば毎日報告されてくる暴力に感覚が麻痺してすっかり慣習的となった悲劇の類い、つまりこの戦争で見られた他のあまりにも多くの事件と同じような出来事に思えていた。
2005年11月19日の早朝、ひとつの路肩爆弾が第1海兵連隊第3大隊K中隊【Kilo Company】の海兵隊員を乗せたハンビーを直撃した。場所は抵抗が根強いイラク西部の町ハディサに程近い路上。この爆発によってテキサス州エルパソ出身のランス・コーポラル・(T.J.)ミゲール・テラサス(20歳)の命が奪われた。
翌日【11月20日】、ラマデイに設営されているキャンプ・ブルーダイヤモンドから海兵隊の公式発表が出されたが、それによると爆発によって隊員テラサスと15人のイラク人市民が死亡させられ、「武装者たち【gunmen】はさらに小火器類で警護隊に攻撃を仕掛けてきた」ので、海兵隊はやむなく反撃し8人の暴徒を殺害、1人を負傷させたということだった。
K中隊の海兵隊員たちは、ハディサにある彼らの宿営地でテラサスのために追悼式を執り行なった。彼らは平たい石を選んで「T.J.、君は素晴らしい友だった。君に会えなくなるのは寂しいよ」というようなメッセージを書き、それを土で造られた墓に積み上げた。そして戦争は続いていった。

But the details of what happened that morning in Haditha are more disturbing, disputed and horrific than the military initially reported. According to eyewitnesses and local officials interviewed over the past 10 weeks, the civilians who died in Haditha on Nov. 19 were killed not by a roadside bomb but by the Marines themselves, who went on a rampage in the village after the attack, killing 15 unarmed Iraqis in their homes, including seven women and three children. Human-rights activists say that if the accusations are true, the incident ranks as the worst case of deliberate killing of Iraqi civilians by U.S. service members since the war began.
しかしその朝ハディサで起こった事実に関する詳細は、軍による最初の報告よりもずっと不穏かつ異様で、恐ろしいものだった。
過去10週間にインタビューされた目撃証人と地方当局者たちの証言を綜合すると、11月19日にハディサで死亡した民間人は、路肩爆弾ではなくその後に猛然と町に到着した海兵隊自身によってそれぞれの家の中で殺された、女性7人と子供3人を含む計15人もの非武装のイラク人だった。
人権保護団体は、もしこの犯罪行為が事実であるなら、戦争開始から今までに米国の軍関係者が故意にイラクの民間人を殺害した事例の中でも最悪のケースに位置付けられる、と批判している。

In January, after Time presented military officials in Baghdad with the Iraqis' accounts of the Marines' actions, the U.S. opened its own investigation, interviewing 28 people, including the Marines, the families of the victims and local doctors. According to military officials, the inquiry acknowledged that, contrary to the military's initial report, the 15 civilians killed on Nov. 19 died at the hands of the Marines, not the insurgents. The military announced last week that the matter has been handed over to the Naval Criminal Investigative Service (ncis), which will conduct a criminal investigation to determine whether the troops broke the laws of war by deliberately targeting civilians. Lieut. Colonel Michelle Martin-Hing, spokeswoman for the Multi-National Force-Iraq, told Time the involvement of the ncis does not mean that a crime occurred. And she says the fault for the civilian deaths lies squarely with the insurgents, who "placed noncombatants in the line of fire as the Marines responded to defend themselves."
【2006年】1月、TIME誌がバグダッドの米軍当局に、海兵隊の所業に関するイラク人たちの陳述をを提示した結果、米国は独自の調査を開始し、海兵隊員、犠牲者の家族および現地の医師を含む計28人に事情聴取を行なった。
調査結果は初回の発表に反し、11月19日に殺害された15人の民間人は、反政府分子によってではなく海兵隊の手にかかって死亡したということを認めるものとなり、軍当局は先週、軍隊が故意に民間人を標的にした行為によって戦争法に抵触しているかどうかを判定するための犯罪捜査を取り仕切る米海軍犯罪捜査局(NCIS)に、この問題が委託されたと新たに発表した。
イラク多国籍軍の女性報道官ミシェル・マーティンヒン【Martin-Hing】中佐は、NCISが捜査に乗り出したこと自体は犯罪発生を意味するものではないとTIME誌に伝えた。そして彼女は民間人の死に関して、反政府分子が「非戦闘員を戦闘に巻き込み、海兵隊は自己防衛のためにそれに応戦したに過ぎない」という嘘にもとづく間違った説明をした。

Because the incident is officially under investigation, members of the Marine unit that was in Haditha on Nov. 19 are not allowed to speak with reporters. But the military's own reconstruction of events and the accounts of town residents interviewed by Time − including six whose family members were killed that day − paint a picture of a devastatingly violent response by a group of U.S. troops who had lost one of their own to a deadly insurgent attack and believed they were under fire. Time obtained a videotape that purports to show the aftermath of the Marines' assault and provides graphic documentation of its human toll. What happened in Haditha is a reminder of the horrors faced by civilians caught in the middle of war − and what war can do to the people who fight it.
この事件は現在も公式に調査中なので、11月19日にハディサにいた海兵隊の部隊メンバーは記者たちと話しをすることを許されていない。しかし軍が独自に行なった事件の検証と、TIME誌が取材を行なった住民(当日に家族が殺された6人を含む)の証言からは、反政府勢力の致命的な攻撃【路肩爆弾】で仲間の一人を失い、彼らも更なる攻撃を受けると信じた米軍の一部のクループによる驚くほど凶暴な反応を物語る光景が描き出される。
TIME誌はさらに、海兵隊の襲撃の余波とその人的被害の映像ドキュメントを提供することができるようビデオテープの入手【撮影は地元のジャーナリズム専攻学生】も行なった。ハディサで起こったことは、戦争の渦中に呑み込まれた民間人が直面する恐怖の記憶であり、戦争がそこで戦う人間にどのような作用を及ぼすかという例証でもある。

Here's what all participants agree on: at around 7:15 a.m. on Nov. 19, a U.S. humvee was struck by a powerful improvised explosive device (ied) attached to a large propane canister, triggered by remote control. The bomb killed Terrazas, who was driving, and injured two other Marines. For U.S. troops, Haditha, set among date-palm groves along the Euphrates River, was inhospitable territory; every day the Marines found scores of bombs buried in the dirt roads near their base. Eman Waleed, 9, lived in a house 150 yards from the site of the blast, which was strong enough to shatter all the windows in her home. "We heard a big noise that woke us all up," she recalls two months later. "Then we did what we always do when there's an explosion: my father goes into his room with the Koran and prays that the family will be spared any harm." Eman says the rest of the family − her mother, grandfather, grandmother, two brothers, two aunts and two uncles − gathered in the living room. According to military officials familiar with the investigation, the Marines say they came under fire from the direction of the Waleed house immediately after being hit by the ied. A group of Marines headed toward the house. Eman says she "heard a lot of shooting, so none of us went outside. Besides, it was very early, and we were all wearing our nightclothes." When the Marines entered the house, they were shouting in English. "First, they went into my father's room, where he was reading the Koran," she claims, "and we heard shots." According to Eman, the Marines then entered the living room. "I couldn't see their faces very well − only their guns sticking into the doorway. I watched them shoot my grandfather, first in the chest and then in the head. Then they killed my granny." She claims the troops started firing toward the corner of the room where she and her younger brother Abdul Rahman, 8, were hiding; the other adults shielded the children from the bullets but died in the process. Eman says her leg was hit by a piece of metal and Abdul Rahman was shot near his shoulder. "We were lying there, bleeding, and it hurt so much. Afterward, some Iraqi soldiers came. They carried us in their arms. I was crying, shouting 'Why did you do this to our family?' And one Iraqi soldier tells me, 'We didn't do it. The Americans did.'" Time was unable to speak with the only other survivor of the raid, Eman's younger brother, who relatives say is traumatized by the experience. U.S. military officials familiar with the investigation say that after entering the house, the Marines walked into a corridor with closed doors on either side. They thought they heard the clack-clack sound of an AK-47 being racked and readied for fire. (Eman and relatives who were not in the house insist that no guns were there.) Believing they were about to be ambushed, the Marines broke down the two doors simultaneously and fired their weapons. The officials say the military has confirmed that seven people were killed inside the house--including two women and a child. The Marines also reported seeing a man and a woman run out of the house; they gave chase and shot and killed the man. Relatives say the woman, Hiba Abdullah, escaped with her baby.
11月19日の午前7時15分ごろ、特大のプロパン缶に取り付けられた遠隔操作で起爆する強力な手製爆破装置(IED)によって、米軍のハンビーが直撃を受けたことは、関係者がみな同意するところである。爆弾は運転していたテラサスを死亡させ、他の2人の海兵隊を負傷させた。
米軍にとってユーフラテス川沿いに位置しナツメヤシの木立ちに覆われたこのハディサは、もともと反抗的な地域だった;海兵隊は毎日のように多くの爆弾が彼らの基地近くの荒れた道路に埋め込まれているのを発見していた。
エマン・ワリード(9歳)は爆発が起こった地点から150ヤード【約137メートル】離れた家に住んでいた。それはその家の窓ガラスをすべて粉砕するに充分なほど強烈な爆発だった。「私たちは家族全員を揺り起こすほど大きな爆音を聴きました」と彼女は2ヵ月前の出来事を振り返る。「その後私たちは、爆発などがあったときに常に行うことを行いました:私の父はコーランとともに彼の自室に入り、家族がどんな災いからも免れることができるように祈りました。」残りの家族(彼女の母親、祖父、祖母、2人の兄弟、2人の叔母および2人の叔父)は居間に集まっていたとエマンは語った。
調査に詳しい軍当局者によると、海兵隊は彼らがIEDによって被弾した直後にワリード家の方角から銃撃を受けたと主張しており、すぐに数名のグループがその家に向かったのだという。
エマンは「沢山の銃撃音が聞こえたので、私たちの誰も戸外へ出ませんでした」と回述する、「そのうえ時刻がとても早かったので、私たちはみな寝間着を着ていました。」海兵隊は家に踏み込むと何やら英語で叫んでいたという。「最初に彼らは、コーランを読んでいた私の父の部屋に入りました」と彼女は話す、「そして私たちは銃撃音を聞きました。」
エマンによれば、海兵隊はそのあと居間に侵入してきた。「私からは彼らの顔を見ることは出来ず、戸口から突き出た彼らの銃口だけが見えました。私はそれらの銃がまず私の祖父の胸と、そして頭を撃つのを見ました。それから彼らは私の祖母を殺しました。」
つづいて兵士らは彼女と弟アブドゥル・ラーマン(8歳)などが隠れていた、部屋の隅のほうへ射撃を開始したと彼女は言う。残りの大人たちは身を挺して弾丸から子供を庇い続けて死亡した。エマンの脚は金属片によって傷つき、ラーマンは肩の近くを撃たれた;「私たちは血を流しながらその場に横たわっていました。傷はひどく痛みました。少しして何人かのイラク人兵士が現れました。彼らが私たちを抱き上げて運び出しました。私は泣き叫びながら『なぜあなたたちは私の家族にこんなことをするの?』と問うと、一人のイラク人兵士は『我々がやったのではない、アメリカ人がやったんだ』と教えてくれました。」
TIME誌は、この一家への襲撃におけるもう一人の生存者、エマンの弟(親類によると彼はこの体験によって心的外傷を負ってしまった)の話を聴くことはできなかった。
調査に詳しい米軍当局者の説明では、家に入った海兵隊は両側のドアが閉っている廊下を進んだ。そして彼らはAK‐47が発射される際に特有の、カチッカチッという音を聴いたように感じたという(エマンと、他の家に住む親類は、そこに銃など無かったと断言する)。
海兵隊は待ち伏せ攻撃に違いないと思い2枚のドアを同時に破り、銃器を発射した。このとき家の内部において7人(女性2人と子供1人を含む)が死亡したことを軍は確認した、と当局者は述べた。海兵隊員らはさらに男性1人と女性1人が家の外に逃げたので、跡を追って男性を射殺したと供述している。親類によると女性ヒバ・アブドゥラのほうは彼女の赤ん坊とともに逃げおおせた。

According to military officials, the Marines say they then started taking fire from the direction of a second house, prompting them to break down the door of that house and throw in a grenade, blowing up a propane tank in the kitchen. The Marines then began firing, killing eight residents − including the owner, his wife, the owner's sister, a 2-year-old son and three young daughters.
軍当局によれば、海兵隊は程なくして第2の家の方向から銃撃を受け始めたと主張している。彼らは即座にその家のドアを壊し、手投げ弾を中に投げ込んだがキッチンのプロパン・ボンベに引火して大爆発を起こした。その後、海兵隊員らは8人の居住者を射殺した(この家の所有者とその妻、所有者の2人の姉妹、2歳の息子および3人の若い娘を含む)。

The Marines raided a third house, which belongs to a man named Ahmed Ayed. One of Ahmed's five sons, Yousif, who lived in a house next door, told Time that after hearing a prolonged burst of gunfire from his father's house, he rushed over. Iraqi soldiers keeping watch in the garden prevented him from going in. "They told me, 'There's nothing you can do. Don't come closer, or the Americans will kill you too.' The Americans didn't let anybody into the house until 6:30 the next morning." Ayed says that by then the bodies were gone; all the dead had been zipped into U.S. body bags and taken by Marines to a local hospital morgue. "But we could tell from the blood tracks across the floor what happened," Ayed claims. "The Americans gathered my four brothers and took them inside my father's bedroom, to a closet. They killed them inside the closet."
次に海兵隊はアハマド・アヤドという人が所有する第3の家を襲撃した。隣の家で暮らしていたアハマド氏の5人の息子のうちの1人ユシフは、父親の家から連続的な銃撃音を聴きつけ、急いで駆けつけたが庭で監視役を務めるイラク人兵士らに中に入るのを阻まれた、とTIME誌に語った。
「彼らは私に『君にできることは何もない。近づかないほうが良い。さもなくば君もアメリカ人に殺されるだろう』と警告しました。アメリカ人は翌朝6時30まで誰もその家に入れませんでした。」その頃までには家から遺体が無くなっていたとアヤドは話す。死者はみな米軍のジッパー式遺体袋に入れられ、海兵隊によって地元病院の死体保管所に運び去られていた;
「しかし私たちは床に流れた血の痕跡を見て、何が起こったのかを悟りました」とアヤドは言う、「アメリカ人たちは私の4人の兄弟を父の寝室に集めてクローゼットの中に追い込みました。そしてクローゼットの中で全員を殺したのです。」

The military has a different account of what transpired. According to officials familiar with the investigation, the Marines broke into the third house and found a group of 10 to 15 women and children. The troops say they left one Marine to guard that house and pushed on to the house next door, where they found four men, one of whom was wielding an AK-47. A second seemed to be reaching into a wardrobe for another weapon, the officials say. The Marines shot both men dead; the military's initial report does not specify how the other two men died. The Marines deny that any of the men were killed in the closet, which they say is too small to fit one adult male, much less four. According to the military officials, the series of raids took five hours and left at least 23 people dead. In all, two AK-47s were discovered. The military has classified the 15 victims in the first two houses as noncombatants. It considers the four men killed in the fourth house, as well as four youths killed by the Marines near the site of the roadside bombing, as enemy fighters. The question facing naval detectives is whether the Marines' killing of 15 noncombatants was an act of legitimate self-defense or negligent homicide. Military sources say that if the ncis finds evidence of wrongdoing, U.S. commanders in Iraq will decide whether to pursue legal action against the Marines.
軍はここで起こったことに関して異なった見解を持っている。調査に詳しい米軍当局者によると、海兵隊は第3の家に侵入し10〜15人の女性および子供のグループを発見。その家を保護するために隊員1人を残し、すぐさま隣の家【ここでは第4の家だが、前段落にいう第3の家】に突入した。そこで海兵隊は4人の男性に遭遇した。4人のうち1人はAK‐47を使用中で、もう1人は他の武器で武装しているように見えたという。海兵隊員らは両方の男を射殺した;軍の第一次答申は他の2人がどのように死んだのか明示していない。海兵隊はクローゼットの中で誰かを殺害したことを否定した。それは成人男性1人が入るにも小さすぎるのに、まして4人が入れるはずがないと抗弁している。
軍当局によれば、海兵隊の強襲作戦は5時間にわたって続き、この襲撃で少なくとも23人が死亡。2丁のAK‐47を発見。最初の2軒の家における犠牲者計15人を非戦闘員と分類した。ということはつまり路肩爆弾の爆発現場近くで海兵隊によって殺害された4人の若者と第4の家で殺害された4人を、敵の戦闘員と見做していることになる。
海軍捜査官への最大の関心は、海兵隊による15人の非戦闘員の殺害を正当防衛と捉えるのか、それとも過失致死と見做すのかである。軍の情報筋は、もしNCISが犯罪行為【wrongdoing】を示す証拠を見つけた場合、海兵隊に対する法的措置を執るかどうかイラクの米軍司令官が決定するだろうと伝えている。

The available evidence does not provide conclusive proof that the Marines deliberately killed innocents in Haditha. But the accounts of human-rights groups that investigated the incident and survivors and local officials who spoke to Time do raise questions about whether the extent of force used by the Marines was justified − and whether the Marines were initially candid about what took place. Dr. Wahid, director of the local hospital in Haditha, who asked that his family name be withheld because, he says, he fears reprisals by U.S. troops, says the Marines brought 24 bodies to his hospital around midnight on Nov. 19. Wahid says the Marines claimed the victims had been killed by shrapnel from the roadside bomb. "But it was obvious to us that there were no organs slashed by shrapnel," Wahid says. "The bullet wounds were very apparent. Most of the victims were shot in the chest and the head--from close range."
現段階で利用可能な証拠は、海兵隊がハディサにおいて故意に無辜の民を殺害したということに関して決定的な立証能力に欠けている。しかし事件について生存者を取材した人権団体とTIME誌に話した地方当局員は、海兵隊によって行使された力の範囲が正当化されることに疑問の声を上げている;海兵隊は何が起こったのかに関して当初から正直だっただろうか?
ハディサの地元病院の責任者であるワヒド医師が米軍の報復を心配し姓を伏せるよう求めたうえで語ったところによると、海兵隊は11月19日の真夜中に24の遺体を彼の病院へ運んで来たが、犠牲者は路肩爆弾から飛び散った破片によって死亡したと主張したという;
「しかし爆弾の破片によって損傷した器官などそれらの遺体のどこにも見られないことは、我々にとって歴然としていました」とワヒド氏は言った、「銃弾の痕は明白でした。ほとんどの犠牲者は胸か頭部を撃たれていました、・・・それも至近距離から。」

A day after the incident, a Haditha journalism student videotaped the scene at the local morgue and at the homes where the killings had occurred. The video was obtained by the Hammurabi Human Rights Group, which cooperates with the internationally respected Human Rights Watch, and has been shared with Time. The tape makes for grisly viewing. It shows that many of the victims, especially the women and children, were still in their nightclothes when they died. The scenes from inside the houses show that the walls and ceilings are pockmarked with shrapnel and bullet holes as well as the telltale spray of blood. But the video does not reveal the presence of any bullet holes on the outside of the houses, which may cast doubt on the Marines' contention that after the ied exploded, the Marines and the insurgents engaged in a fierce gunfight.
事件の翌日、ハディサでジャーナリズムを専攻するある学生が病院の死体保管所と、殺害が起こった家の現場でビデオ撮影を行なった。そのビデオテープはハンムラピ人権グループ(国際的に有名なヒューマン・ライツ・ウォッチと協力関係を結んでいる)によって入手され、TIME誌と共有された。
そのビデオテープは、身の毛がよだつような光景を映し出していた。犠牲者たちの多くは女性と子供であり、死亡したときにはまだ寝間着だったことが分かる。家の内部を録った場面では、壁と天井が榴散弾や銃弾の痕で穴だらけになっており、それに見合うほどの血しぶきの痕が窺える。
ところがこのビデオ映像からは家の外部にいかなる銃弾の穴も見受けられない。この事は手製爆破装置が爆発した後に反政府分子と激しい銃撃戦を展開したという海兵隊の主張に疑問を投げかけるかもしない。

There are also questions about why the military took so long to investigate the details of the Haditha incident. Soon after the killings, the mayor of Haditha, Emad Jawad Hamza, led an angry delegation of elders up to the Marine camp beside a dam on the Euphrates River. Hamza says, "The captain admitted that his men had made a mistake. He said that his men thought there were terrorists near the houses, and he didn't give any other reason."
さらになぜ軍がハディサの事件の詳細を調査するのにこれほど長い期間がかかったのかについて疑問ある。殺戮の直後にハディサ市長アマド・ジャワド・ハムザは、地元有力者からなる怒れる代表団を引き連れ、ユーフラテス川のダム近くにある海兵隊キャンプへと押しかけた。
ハムザ氏は、「隊長は彼の部下たちが誤りを犯したことを認めました。部下たちは現場の家々の近くにテロリストが隠れていると考えたのだと説明し、他の如何なる理由も述べませんでした」と話す。

But the military stood by its initial contention − that the Iraqis had been killed by an insurgent bomb − until January when Time gave a copy of the video and witnesses' testimony to Colonel Barry Johnson, a U.S. military spokesman in Baghdad. After reviewing the evidence, Johnson passed it on to the military command, suggesting that the events of Haditha be given "a full and formal investigation." In February an infantry colonel went to Haditha for a weeklong probe in which he interviewed Marines, survivors and doctors at the morgue, according to military officials close to the investigation. The probe concluded that the civilians were in fact killed by Marines and not by an insurgent's bomb and that no insurgents appeared to be in the first two houses raided by the Marines. The probe found, however, that the deaths were the result of "collateral damage" rather than malicious intent by the Marines, investigators say.
しかし軍は、TIME誌がバグダッドの米軍報道官バリー・ジョンソン大佐にビデオのコピーと目撃者の証言を証拠として提出した1月まで、その最初の主張(イラク人たちは反政府分子の爆弾によって殺されたのだという主張)に基づく立場をとっていた。証拠資料を検討した結果、ジョンソン氏は軍司令部へそれらを通過させ、ハディサの事件についての「全面的な正規の調査」を提案した。
調査に詳しい軍当局者によれば、ある歩兵連隊大佐が2月に1週間にわたる調査日程でハディサに赴き、海兵隊員・生存者および死体保管所がある病院の医師への聞き取り調査を行なった。この特別調査は、民間人が反政府分子の爆弾によってではなく海兵隊によって殺された事実について、海兵隊によって襲撃された最初の2軒の家に反政府分子が隠れていた形跡は無かった、という結論を下した。しかしながら住民の死は、海兵隊の悪質な意図によるものではなく「付帯的損害」としての結果であると調査班は述べているという。

The U.S. has paid relatives of the victims $2,500 for each of the 15 dead civilians, plus smaller payments for the injured. But nothing can bring back all that was taken from 9-year-old Eman Waleed on that fateful day last November. She still does not comprehend how, when her father went in to pray with the Koran for the family's safety, his prayers were not answered, as they had been so many times in the past. "He always prayed before, and the Americans left us alone," she says. Leaving, she grabs a handful of candy. "It's for my little brother," she says. "I have to take care of my brother. Nobody else is left."
米国は死亡した15人の民間人については、それぞれにつき2500ドルを親族に支払い、負傷者についてもより少ない金額を加算した。しかし昨年11月の破滅的な一日に9歳のエマン・ワリードから奪われたものは、何ひとつ取り戻すことが出来ない。
彼女の父親がコーランを手に、家族の安全を祈ったにもかかわらず、幾多の前例に反して彼の祈願は聞き届けられなかった。彼女はまだそのことを納得できずにいる。
「これまではいつも父が祈ると、アメリカ人は私たちを放っておいてくれたのに」と彼女は語る。最後に一握りのキャンディーを掴み、「これは私の弟にあげます」と彼女は言った、「私は弟の世話しなければなりません。ほかに誰も残されていないので。」

--With reporting by Aparisim Ghosh/Baghdad

 
関連:

【虐殺の証拠写真】 米軍は乳幼児殺しの集団 [uruknet]
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/573.html
投稿者 ファントムランチ 日時 2006 年 3 月 21 日 16:17:41:

政権内のシーア派が米軍による「組織的犯罪」を告発 [truthout/LeFigaro] 残虐性と謀略のエスカレーション
http://www.asyura2.com/0601/war79/msg/902.html
投稿者 ファントムランチ 日時 2006 年 4 月 01 日 23:51:56:

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 戦争79掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。