★阿修羅♪ > ニュース情報6 > 325.html
 ★阿修羅♪
「インベーダー」30周年で大人を再侵略(ITmedia)
http://www.asyura2.com/07/news6/msg/325.html
投稿者 そのまんま西 日時 2008 年 3 月 08 日 07:34:35: sypgvaaYz82Hc
 

「インベーダー」30周年で大人を再侵略 タイトーブランド一新(ITmedia)

「インベーダーを軸に生まれ変わる」――タイトーは、インベーダーをブランド戦略の中心にすえる。中高年層にも“ゲーセン”を思い出してもらい、新たな顧客開拓につなげる。 2008年03月07日 20時04分 更新

 タイトーは3月7日、4月からのブランド戦略の基軸に「スペースインベーダー」をすえると発表した。30周年を迎えるインベーダーをブランドキャラクターに採用し、“インベーダー世代”の親子に訴求。赤いインベーダーのロゴをゲームセンターの看板などにあしらい、コーポレートカラーも青から赤に変更する。インベーダーをモチーフにした家庭用ゲームやPCゲームも次々に投入する。

 「アーケードゲームとの接点は、旧来のゲームセンターだけでなくていいはず」――同社の和田洋一社長(スクウェア・エニックス社長)はこう話し、「ゲーセンのフランチャイズ展開」を狙う。他業種の企業がゲームセンター事業に手軽に参入できるようサポートし、ゲーセンをコンビニのように身近にしていきたい考え。1978年のブーム当時、大人たちが喫茶店でインベーダーに夢中になっていたように、幅広い世代と接点を持ちたい考えだ。

ゲーセンはインベーダー中心でブランド展開

ゲーセン外装にはインベーダーのロゴが 新ブランド戦略の中心は、ゲームセンター事業のてこ入れだ。これまで「TAITO INN」「TAITO STATION」「TiLT」「Little Fantasy」など多様なブランドで展開してきたゲームセンターを「タイトーステーション」に統一し、インベーダーのロゴをあしらった看板や制服を導入する。

 直営店のクレーンゲーム筐体やユニフォームも、赤いインベーダーのロゴ入りデザインに一新。ゲームセンターへの「満足度」をボタンを押して投票してもらう専用筐体も導入する。「お客様にゲームセンターを育ててほしい」(和田社長)

 オリジナルプライズも拡充。独自開発のプロペラ付き“ラジコンUFO”や、電子楽器「テルミン」のような演奏を楽しめる「テルミンミン」、「うそ発見器」など、「これまでにない発想のプライズ」(同社)を順次投入するほか、他社と協力し、インベーダーのデザインを取り入れた「ポストペット」や「どこでもいっしょ」のぬいぐるみなどを、ラインアップに加えていく。

 インベーダーのライセンス展開も開始。食玩やアパレル、文具などに広く展開していく計画だ。

 ネット上では、30周年記念サイトを開設。ニフティのブログサービス「ココログ」ではインベーダーテンプレートの提供を始めた。

ゲーセンのフランチャイズも

 「ゲームセンター業界は閉じている」と和田社長は指摘する。「日本に“遊びの空間”は多いが、ゲームセンター運営は『初期費用がかかりそう』『難しそう』などと敬遠されがちだ」

 同社は、他業界からのゲーセン参入を支援する計画。ゲームセンターのフランチャイズ(FC)展開を進め、運営ノウハウの提供やオペレーションのサポートなどを行っていく。新規投入するインベーダーロゴ入り筐体は省スペース型にし、喫茶店のような狭いスペースにも設置できるよう配慮した。

 「コンビニエンスストアのフランチャイズ形態がなければ、われわれが雑貨や食品などを買うチャンスも減っていただろう」――FC化で、ゲームと顧客の接点を増していく狙いだ。

「ゲームはカニバらない」

 インベーダーの世界観を活用したゲームは、マルチプラットフォームで展開する。すでに展開済みの携帯電話やニンテンドーDS、PSPに加え、Wii向けには年内に「スペースインベーダー ゲットイーブン 〜逆襲のスペースインベーダー〜」を発売。シリーズとして初めて、“インベーダー側”を操作して地球を侵略するタイトルだ。

スペースインベーダー ゲットイーブン 〜逆襲のスペースインベーダー〜 PC向けのオンラインゲーム「スペースインベーダー世界大戦」も、4月からβ公開。世界中のユーザーと対戦できるゲームになるという。

 「ゲームはカニバらない(食い合わない)と思っている。某社の方が、『Wiiによってゲームセンターに来る人が減った』とコメントしていたが、生活シーンによって選ばれるハードやコンテンツは変わる。プラットフォームが多様化し、家の中、移動中、外出先それぞれに合ったものを提供できる」

 娯楽の多様化によって「可処分時間」の奪い合いが激化し、コンテンツ業界の成長は頭打ちになるという意見にも反論する。「人間の処理能力はもうちょっと優れていて、『ながら』ができる。ゲームは他コンテンツとも共存できる」

自由な発想で立て直したい

ブーム当時のテーブル型筐体をプレゼントするキャンペーンも展開。詳細は4月1日にYahoo!JAPAN内で発表する インベーダーは、1978年にタイトーが発売したアーケード型シューティングゲーム。日本中で大ブームとなり、「インベーダーハウス」と呼ばれるゲームセンターが乱立した。テーブル型のゲーム筐体(きょうたい)は喫茶店にも進出。100円玉を積んでプレイに没頭する人も多かった。

 「インベーダーはイノベーションの象徴だ」と和田社長は言う。「大ヒットした初のゲームで、ゲームの世界にキャラクターが入ったのも初めて。テレビCMする予算もゲーム雑誌もなかったが、ラジオの深夜放送から口コミで広がった。喫茶店にも筐体があり、ゲームセンターに来ない人も巻き込んだ。既成概念に縛られない、自由な発想で作られている」

 インベーダーの原点に立ち返ることで、同社のゲーム事業に自由な発想を取り戻し、立て直したい――和田社長はそんな狙いを語った。


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/07/news115.html

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ニュース情報6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月06日 16:18:20 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[2917]
Domestic | 2016年 05月 6日 15:37 JST
スペースインベーダー、殿堂入り

http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160506&t=2&i=1136042364&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2016050601001390.-.-.CI0003
スペースインベーダー、殿堂入り

 ⁅ニューヨーク共同⁆米ニューヨーク州ロチェスターのストロング遊戯博物館は5日、日本で1978年に発表され大ブームを起こしたゲーム「スペースインベーダー」や「ゼルダの伝説」など6作品が「ビデオゲームの殿堂」入りしたと発表した。

 スペースインベーダーは隊列を組んで迫るインベーダーの攻撃をかわしながら倒すシューティングゲーム。コンピューターゲームブームの火付け役となったことが評価された。

 ゼルダの伝説は日本で86年に発売。90年代に全世界で人気となったゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」も選ばれた。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016050601001384


2. 2019年2月16日 21:23:33 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-11222] 報告
【実演】名古屋撃ち
.
taitochannel
2018/01/11 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=Ty2z6KP5X0Y

1978 [60fps] Space Invaders 23840pts
.
Replay Burners
2015/09/06 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=EqZY2CB_t2A

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理


  拍手はせず、拍手一覧を見る

★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。