★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK39 > 681.html
 ★阿修羅♪
カネの問題に反応する人間のサガにつけ入って延命するのが真の支配者とその下々の政治権力者たち
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/681.html
投稿者 heart 日時 2007 年 7 月 28 日 18:02:00: QS3iy8SiOaheU
 

http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10041358275.htmlより転載。

カネの問題に反応する人間のサガにつけ入って延命するのが真の支配者とその下々の政治権力者たち

■社会と権力、何が実体なのか? 選挙で反ファシズム戦線?
http://www.asyura2.com/07/kenpo1/msg/613.html
投稿者 松浦 日時 2007 年 7 月 28 日 00:18:24: nX3mGLaD7LQUY

何故、政権批判よりも国民批判をするのか。
国民諸氏は自らを省みて考えて欲しい。

そもそも選挙は政治の実体なのか?
反ファシズム戦線?ファシズムが何か理解しているか?

国家権力というのは、財政が逼迫すれば福祉を削り、財の再配分を低下させ資本の生き残りを優先し、警察・軍隊の強化を図るのを常とする。実はこれは、権力が社会労働力の収奪を目的とした専業暴力機関を起源に生まれた組織に過ぎないことに起因している。原理がそうなら、真の実態も、終わる時の姿も同じだ。

ファシズムとは、人間社会から見れば本来的に外的な存在である権力に、社会が同化する事を意味する概念だ。

「社会の権力化」は、社会が不正の被害者ではなく主体となり、暴力の行為者となる事で、そのまま社会の暴力化に直結する。これが、正確な意味でのファシズムで、世間ではファシズムについての勝手な解釈が横行しているが、本当のファシズムの唯一の尺度は「社会の権力との同化」ということだけだ。

要するに、ファシズムは、権力の在り方ではなく、社会の在り方の問題。したがって、権力を批判するだけではファシズムは止められない。

日露戦争講和後の日比谷暴動を覚えているだろうか。焼打事件とも言うが、実際は首都日比谷のみならず、全国に波及した反政府暴動だ。反政府暴動と書いたが問題はその内容だ。暴動を起こした民衆の要求は、ロシアから賠償金を取れないのなら戦争を続けろというものだった。先の日清戦争で戦費を遥かに越える賠償金を獲得したことに味を占めて、戦争は儲かると信じた国民が、戦争継続を求めて反政府暴動を起こしたのだ。

注目しなければならないのは、暴動を起こした民衆は、殆どが選挙権の無い無産国民だった事だ。その後に軍部の増長を招いたのは歴史が示している通り。ファシズムを実現する通路は、ナチスの様に民主選挙の場合もあれば、日本の様に選挙に拠らない場合もある。
何故なら、選挙の有無は、社会の実体とは直接関係が無いからだ。

選挙は、社会の趨勢にとって決して本質ではない。問題なのは、社会精神の在り方の方だ。

功利主義的社会は、常に富と権力に近づくための競争に明け暮れ、経済成長が止まれば、その傾向が更に強まり、必然的にファシズム化する。
「生活主義」とファシズムは、実は非常に相性が良い。ただ、刹那的で倫理が希薄なので、それに伴って知性も低く、先の結果を知る事ができないだけだ。

典型的な日本人ともいえる自民党の派閥の長が、金丸脱税問題の際に、「日本人は、カネにはうるさいから。」と発言していたが、多分本質を突いているのだろう。ここには、倫理的なのと、カネにウルサイのとは違う、というニュアンスが読み取れる。これを意識して国民の反応を観察していると、実に行動の意味が理解できる。試してみるといい。今回の社会保険問題も、実体はこれに過ぎない。正義とは別物だ。

だから、9条の会の講演会で、「9条を守る事は、今の生活を守る事だ。」と、発言している時点で、この国民は困難に直面している。「9条は、正しく理想だから、何を犠牲にしても守らなくてはならない。」と発言できず、それで動かされない社会に、健全な未来を期待できるのか?

常に実利と公正を結び付けて表現するのを「現実的」とする体質は、本当に現実的なのか?捻れた理念がもたらす現実は、所詮、弱者が自らを損なう強者の論理を積極的に支持する現実の前には、こそこそと身を隠す場所すら与えられはしない。まして、真理の座には近づくことさえ許されないのは言うまでもない。

健全な社会は、本源的に暴力を起源とする権力と対立し、制限する意思を発揮し続ける。正確な意味での「民度」とは、権力を制限する民の底力を意味する。それが唯一の基準。社会が権力と同化する事は、社会の究極の堕落形態、民度の最低への転落だから、その行く着く先は推して知るべしとなる。

民度を高めるためには、損得よりも正義と倫理を重んじる風土が必要不可欠だ。それこそが社会的公正を実現する唯一つの要件であることは、幾ら強調しても過ぎる事は無い。

民度が真に高ければ、選挙制度自体いらないし、民度が低ければ、毎日が選挙でも何の意味も無い。

だから、選挙の度に党派の数合わせを議論する次元は論外だ。

=========================================================================

■たとえ「野党」が勝ったとしても・・・
http://www.asyura2.com/07/kenpo1/msg/615.html
投稿者 ゆすらうめ 日時 2007 年 7 月 28 日 15:08:41: 7mIUmAgWYOxYs

(回答先: 社会と権力、何が実体なのか? 選挙で反ファシズム戦線? 投稿者 松浦 日時 2007 年 7 月 28 日 00:18:24)

こんにちわ。
なんとなく私の心配と似たところがあるので、コメントをつけてみたいと思いました。

民主党の「生活が第一」を見たとき、ああやっぱり、またかと思ってガックリ来た気分が、まさしく、この感覚だと思います。

今、各種の選挙情勢分析では「野党」が優勢で、与党をかなり上回っているという結果が見られています。
しかし私には、本当に勝つかどうか、勝つならどのくらいか、まだわかりません。確信がもてません。案外「辛勝?」程度で終わるのではないかと、心配しています。
(で、現与党への寝返りを精算すると、トントン、と。)

しかし、勝った場合でも、その勝因が、程度の低い「敵失」とゲンブツのお金のことなのは、ハッキリしているようです。
(それも年金や目先の税金。長い目で見た搾取や格差、とくに若い人への視線が、さほど効いているとは思えない!)

たとえば、護憲派が勝っても、イッシューが憲法の上になければ、それは護憲の勝利ではないはずです。うまく「巻き添え」にしたというだけでしょう。(護憲と現政府批判に、相関があっても。)
それだったら、おそらく憲法は遠からず変えられてしまいます。

理念とか理想とか内省とか懐疑とか、ないのでしょうか。
青臭い、食えない、非現実的、それで済ませていいものでしょうか。
(小泉の「理念」なんかをキックする方法も考えておかないと、「理念」に逆襲されてしまいますが。)

「生活が第一」で野党を勝たせても、せいぜい売薬の頭痛薬くらいしかもらえないでしょう。
病気本体を治したいのなら、何かもっと硬派な、グッとこらえるような考えや行動がいるように思います。
(これも同様。「痛みをこらえる」のではなくて。)

まあ、それでは選挙という制度上では勝てないのですが、「生活が第一」とは、一見切実で現実的だけど、なんと陳腐で腑抜けていることか。

見通しが暗いので、考えも、文章もまとまりませんが……。

=======================================================================

「真の公正とは、私心無き理想のみが実現できる」【松浦さん】
http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10037832157.html

政治を語る資格とは、いかに自分から離れて他者に思いを馳せることができるかである【松浦さん】
http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10038340060.html

=======================================================================

【heart】

松浦さんの投稿とゆすらうめさんのレスを読んで思い出したのが下記三つの投稿である:

------------------------------
□改憲自体、生活に大きく関わってくると思います。中・下流層切り捨て政策にNOを言うことすら難しくなるでしょうし。
http://www.asyura2.com/07/senkyo29/msg/709.html
投稿者 heart 日時 2007 年 1 月 05 日 21:34:12: QS3iy8SiOaheU

□佐田行政改革相 辞任表明のニュースに思う:マスゴミはこんなネタでしか政権批判ができないのか
http://www.asyura2.com/0610/hihyo4/msg/297.html
投稿者 heart 日時 2006 年 12 月 28 日 01:23:56: QS3iy8SiOaheU

□政府税調会長に香西氏 本間氏後任(非国民通信)【問題視されるのが政策でない限り自民党の政策は変えられない】
http://www.asyura2.com/07/senkyo29/msg/500.html
投稿者 heart 日時 2006 年 12 月 29 日 19:39:17: QS3iy8SiOaheU
------------------------------

政治が生活に影響を及ぼすものであることは事実だし、憲法が生活に影響を及ぼすものであることも事実である。そして、それを知らない人は多い。
したがって、生活と結びつけて政治を語り、政治を批判すること自体が悪いことだとは私は思わない。
しかし、そこでいう「生活」なるものが、目先のことしか見ない議論であったり、カネ、カネ意識から来ただけのものであったり、理想なんて語るのは今はやめとけ、といわんばかりのものであるとしたら、
それは、「庶民感覚」、「生活」の名のもとに、庶民に媚び、庶民を貶め、庶民を権力者の都合のよいように黙らせるための「美辞麗句」にしか過ぎないということになろう。

与党を蹴落とすことだけが目的ならば、カネ問題だけを叩くのでもよいだろう。
残念ながら、国民の多くはそうした問題にしか敏感に反応しないらしいからだ(もっとも、それがマスコミ報道に影響された結果なのか、そういう国民だからマスコミもそういう報道をして国民に擦り寄るフリをしながら真の支配者が喜ぶよう振舞っているのか、このどちらなのはわからない)。

しかし、政治とカネの問題などは、政治家というものがこの世に存在する限り、なくなることを期待する方が無理というものだろう。
カネ問題を叩くだけでは、たまたま不祥事の続いた与党を引き摺り下ろすことはできても、他の政策を改めさせることはできない。

本質的な問題は、憲法問題、格差を作る経済構造改革・二大政党制の問題、裏で日本・世界の政治家・経済システムを操っている勢力の問題である。
これらの問題に触れずして、政治とカネ関係の問題や、今日、明日だけを見た選挙戦略の議論に埋没するという行為は、国民を愚民のままにとどめておきたい権力者・真の支配者たちを喜ばすだけであり、根本的な政治・社会・経済システムの改革の実現を遅らせるもしくは永久に不可能にするだけである。


≪関連投稿≫

小泉劇場批判者らが二大政党化キャンペーンに乗っかるという矛盾。真の支配者による支配も格差も永遠に続いてしまいそうだ
http://www.asyura2.com/07/hihyo6/msg/211.html
投稿者 heart 日時 2007 年 7 月 26 日 22:24:30: QS3iy8SiOaheU

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK39掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。