★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ54 > 501.html
 ★阿修羅♪
中國共産黨「日本解放第二期工作要綱」 (A)
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/501.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 11 月 27 日 21:18:55: Gsx84HOp6wiqQ
 

(回答先: 中國共産黨「日本解放第二期工作要綱」 目次 投稿者 石工の都仙臺市 日時 2008 年 11 月 27 日 21:16:49)

 
 
 
 
國民新聞(昭和47年8月)中國共産黨「日本解放第二期工作要綱」(A)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/S47/4708/470801Achina.html
 
 
中國共産黨

  「日本解放第二期工作要綱」(A)
     

     A.基本戰略・任務・手段


          A−1.基本戰略

          A−2.解放工作組の任務

          A−3.任務達成の手段


A−1.基本戰略

 我が黨は日本解放の當面の基本戰略は、日本が現在保有して
いる國力の全てを、我が黨の支配下に置き、我が黨の世界解放
戰に奉仕せしめる事にある。


A−2.解放工作組の任務

 日本の平和解放は、下の3段階を經て達成する。

 イ.我が國との國交正常化(第一期工作の目標)

 口.民主聯合政府の形成(第二期工作の目標)

 ハ.日本人民民主共和國の樹立
・・天皇を戰犯の首魁として處刑

(第三期工作の目標)

 田中内閣の成立以降の日本解放第二期工作組の任務は、上の
第口項、即ち「民主聯合政府の形成」の準備工作を完成するこ
とにある。


A−3.任務達成の手段

 本工作組の任務は、工作員が個別に對象者に接觸して、所定
の言動を、其の對象者に行はしめる事によつて達成される。
即ち、工作者は最終行動者ではなく、隱れた使喉者、見えざる
指揮者であらねばならない。以下に示す要領は、全て對象者に
なさしめる言動の原則を示すものである。

本工作の成否は、終始、祕密を保持しうるかどうかに懸かつ
てゐる。よつて、工作員全員の日本入國身分の僞裝、竝びに
工作上の祕密保持方法に就いては、別途に細則を以て指示する。


(昭和47年8月特別號)
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > Ψ空耳の丘Ψ54掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。