★阿修羅♪ > アジア13 > 145.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
横田めぐみ(姜美淑)、その他の記事を全面転載しました 
http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/145.html
投稿者 野田隼人 日時 2009 年 4 月 07 日 19:42:44: rgym1W9ZU3nMk
 

(回答先: 『みち』の入手方法 投稿者 野田隼人 日時 2009 年 4 月 07 日 05:20:40)

孤立するイスラエルと姜美淑デビュー (世界戦略情報「みち」平成21年(2009)4月1日第291号)

●G20財務相・中央銀行総裁会議
三月一三〜一四日にかけG20財務相・中央銀行総裁会議がロンドン近郊で開催され、財政出動など「必要な努力を継続する」ことで合意、金融危機の克服に向け協調姿勢を示した。だが、財政出動や金融規制などの各論では米欧の間に意見の相違が目立ち、世界の経済問題の解決を図るには非常に困難な実態が浮き彫りになった。
 焦点だった財政出動による景気刺激策について米国は事前にGDP(国内総生産)比二パーセントという数値目標を示し、欧州に追加財政出動を迫った。これに対し、ドイツ、フランスなど財政赤字の増大を懸念する欧州勢は「重要なのは財政支出を増やすことではなく金融規制を整備することだ」と猛反発した。今回の世界的な金融・経済危機の原因を巡って、その主犯である米系ヘッジ・ファンドを放任してきた米国がその責任を逸らす形で財政出動を迫ったことに対する欧州の憤りが爆発したものである。
 米欧が対立したヘッジ・ファンドの対策に関しては、「登録制を導入し、情報管理を徹底する」ことを共同声明に盛り込んだ。ただし、米英は規制強化には消極的で、今回の合意は「目くらまし」に近い内容に過ぎず、米欧対立の火種を残したままである。
 ユダヤ型の金融工学資本主義の化身ともいえるヘッジ・ファンドに対する批判・非難は、ユダヤ批判を内在した「反ユダヤ主義」気運を欧州や米国内で高めている。オバマ政権も、これまでの米政権と一線を画すかのように、右派シオニストやユダヤ金融主義と距離をおく姿勢を隠していない。
 G20会議が開催される前日、米NY連邦地裁は、巨額金融詐欺事件で在宅起訴していた米ナスダック・ストック・マーケット元会長のマドフ被告を市内の施設に拘留した(三月一二日)。マドフは二重国籍を持つユダヤ人で、詐取した金の大半をイスラエルに寄付していた。そして、イスラエルに逃亡する寸前に逮捕された。今回のマドフ拘留は欧州の憤りに対するオバマ政権の配慮でもある。
また、会議の席上で自由貿易の堅持を共同声明に盛り込む要望が出たが、多くの国の反対で葬り去られた。
 現在のような世界的不況にあって、各国の為政者は自国企業や国民経済を守るため、輸入に対して障壁を設けて自国企業を守りたいとの政策を最優先してくる。大恐慌時、米国が真っ先にそれを決断した。
 当時、米国の経済学者一〇二八名が、他国の報復関税などの反作用を懸念して、フーバー大統領に反対の書簡を送ったが、米政府は無視した。この結果、世界経済のブロック化に拍車をかけ、最後は第二次大戦の引金になってしまった。すでにオバマ米政権は、保護主義姿勢(バイ・アメリカン法)を打ち出している。
 自由貿易の堅持に賛成したのは日本、カナダ、ブラジル、トルコ、インド、韓国の六ヶ国だけだった。この事実はほとんどの先進国が保護主義政策に傾斜していることを証明している。事実、世界銀行は昨年一一月のG20緊急会議で保護主義の阻止を確認したが、それ以後にG20を含む国々が合計で四七の貿易制限措置を実施したとの調査結果を発表している(三月一七日)。
今回のG20は金融サミットに向けての準備会合だった。だが、先進国間の溝の深さが目立っただけである。欧米の対立は表面化したが、さらに米英間にも齟齬が生じていた。
 四月に開催予定の金融サミットは、英国政府が主導し国際協調を促すことを主な課題に定めている。その準備のため、英政府は米国との綿密な事前の打ち合わせを最優先している。しかし、米財務省は消極的で、ガイトナー長官が英政府関係者からの電話に応じないため英国側は困惑して、G20の準備が大幅に遅れている。オバマ米大統領が今回の金融危機をテコに、英国からの完全独立を遠望していることを裏付ける一幕でもある。
 先進諸国は公定歩合を引下げ、多くの国が限りなくゼロ金利になっている。当然、次の政策は国内流通資金の量的緩和で、そのための自国国債の買取である。
 また、スイスは自国通貨の売り介入を行ない、通貨の切下げに手を染めている。スイスは「金融立国」を掲げた従来の手法が通用しない現実を突きつけられ、禁じ手ともいえる自国通貨の切下げに踏み切ったのだ。
 スイスは世界中の富裕層の脱税資金やアングラ・マネーを秘匿するための秘密口座とその守秘義務を売物にした「金融立国」で栄えてきた。しかし、オバマ米政権はその秘密口座を徹底的に敵視し、全面開示を迫っている。
 三月一三日、スイス政府は脱税や租税回避への関与が疑われている金融機関の顧客情報について、経済協力開発機構(OECD)が定めた情報提供のルールを受け入れると表明。四月の金融サミットを前に、OECDが作成中の「非協力的なタックスヘイブン(租税回避地)」のリストにスイスの銀行が入る可能性を回避するため苦肉の策として受け入れ表明したのである。
メルツル大統領兼財務相は、「銀行の守秘義務が犯罪を保護しているわけではない」と、スイス国内の法制度に不備はないことを強調し、「金融市場の国際化、とりわけ金融危機に対応するうえで、租税に関する国際協調は重要性を増している」と、ルール受け入れの理由を述べている。皮肉なことに、深刻な金融危機が、これまで秘密のベールに包まれていたスイスの「金融立国」を消滅させる勢いに弾みをつけている。東西冷戦対立時代、スイスは永世中立国を宣言し、共産国の独裁指導者などの財産も保全してきた。だが、中立国の意義をも喪失してしまった。
金融立国として復権を自負していた英国もその綻びを繕うため主要銀行を実質国有化するだけでなく、自国国債の買取りに踏み切り、長期金利の上昇を食い止めようと必死である。英政府が三月二四日に行なった国債入札では、一三年ぶりに売れ残りが出た。
 これまで英国債は英国で発行されている債券のなかでもっとも信頼され、入札時には、常に発行額より応募額が多かった。だが、今回は売れ残ってしまったため、英政府は禁じ手を厭わぬ苦肉の策に手を染めた。米国FRBも自国債の買取を表明した。

●FRB 米国債買取へ
米連邦準備制度理事会(FRB)は三月一八日に開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で現在〇〜〇・二五パーセントに設定しているフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を据え置いてゼロ金利政策を維持するとともに、今後、半年間に中長期の国債を最大三〇〇〇億ドル(約二九兆円)買い取ることを決めた。また、住宅公社(フレディマックとファニーメイ)の不動産担保債券も半年間で八五〇〇億ドル買うことも決めた。ドルを無制限に刷って、売れない債券を売れたことにする政策である。
FRBが六〇年代以来となる中長期国債の買取に踏み切ったのは、金融危機と景気後退の長期化で需要が縮小する悪循環を断ち切る意向を示したかったからである。同時に、中長期の米国債を買い支えてきた外国勢力が買い控えている穴を埋めざるを得ない苦肉の策で、これだけ膨大な自国債の購入はドルの威信低下を招く、禁じ手でもある。
 しかし、オバマ政権は「背に腹は代えられない」とばかりに「禁断の実」を呑み込む決断を下した。それと同時にFRBの権威を貶めることによって、建国以来、通貨発行権を持てなかった米国の悲哀を払拭し、米国版中央銀行の創設を目論んでいる可能性も否定できない。
 FRBは、英欧系の金融機関が所有する一二の連邦銀行の司令塔的な役割を果たしている。換言すれば、米国の通貨発行権は英欧州系勢力の掌中にある。近代国家の独立性は司法裁判権、軍統帥権、通貨発行権を自国が保持していることで担保されている。
 世界一の覇権国家・米国の通貨発行権が英欧系の金融機関に握られていることは、米国は真の意味で近代独立国家ではないという歪みの宿痾から現在でも解き放たれていないと見なすべきである。FRBがドル威信の低下を自ら招く禁じ手に踏み切ったことは、英欧系金融機関、ことにその采配者である英国からの真の独立への扉を開く可能性を想定しての決断でもある。
また、ゼロ金利の現在、FRBが講じることができる手段は、証券や債券の大量購入による市場への潤沢な資金供給しかないのも事実である。今回の決定で、FRBの貸借対照表の総資産は三〜四兆ドルに膨らむ見通しで、その肥大化は不況下のなかでのインフレを招く危険性も否定できない。同時に、いくら資金をつぎ込んでも金融危機の病巣である不良債権問題の解決は難航し、公的資金拡大への納税者の反発は日増しに強まっている。
 昨年九月、米国証券大手リーマン・ブラザーズが破綻、それを機に世界経済が一変した「リーマン・ショック」から半年が経過した。金融バブルと借金まみれの過剰消費の米国が牽引する成長モデルが崩壊して、「一〇〇年に一度」の世界同時不況に各国は藻掻き苦しんでいる。その本家本元の米国は金融機関に政府資金を投入して支えている。だが、公的資金の一部が高額の賞与に使われた事実が発覚し、米政府は納税者の怒りを無視できない状況に追い込まれた。
公的資金注入を受けて経営再建中の米保険最大手AIGで、公的資金の不適切な使用が相次いで判明。幹部社員に高額な賞与を支給する計画が明らかになったほか、公的資金を受け取ってから取引先の欧米金融機関に巨額な支払いを続けていたことも発覚した。この結果、ウォール街への米国民の不信が頂点に達し、高額なボーナスを受け取ったAIGの幹部宅に抗議のバスツアーが押しかけるなど、一般納税者の憤りが噴出した。しかし、金融立て直しと経済復権を最優先課題とする政府は、ウォール街の協力が必要なため、すべてを敵に回せない事情に呻吟していた。
 だが、世論の怒りは日々増大して核分裂のように拡大、「日本式の謝罪」を求める有力議員が現われるほど政治問題にまでなった。国民の不信・憤りと最優先政策推進の板挟みに追い込まれたオバマは、「あらゆる法的手段」を使ってでもAIG高額賞与の支給を阻止するようガイトナー財務長官に指示する、異例な事態にまで発展した(三月一六日)。そして、三月一九日、下院の決議で支給されたボーナスへの九〇パーセント課税が超党派で決まり、AIG騒動はとりあえず一段落した。
オバマはこの窮地にあっても逆バネを効かせ、ブッシュ政権時代には規制が解除されて野放しだった法外な役員給与やボーナスに対し、合法的に規制できる体制を、わずか数日間で規制法として成立させた。この決断は、新興ユダヤ勢力の台頭による圧力によって徐々に政府の規制がはずされ、ユダヤ金融資本や投資家が肥え太っていった「スーパー・キャピタリズム」の喉元に止めを刺したも同然である。さらにいえば、ユダヤ型の工学的な金融主義を排除し、健全な実体経済の道を選択するとしたオバマ政権の「経済革命」への突破口になる可能性を秘めた決断でもある。
 これまでは富裕者層への減税で献金ルートを確保してきた共和党が率先し法外な役員給与に「重い課税」を課す法案に賛成票を投じたことは、オバマが当初から目指していた超党派政権の効果でもある。確かに、AIG問題の解決だけを見れば一過性の手当てにも見えるが、基本的に共和党は、彼らの支持者である資本家層を敵に回したと見ることもできる。ただし、敵に回したのはユダヤ系資本家層に限定してのことである。
 さらに米世論は、高額ボーナスを支給されたAIG幹部の実名を明らかにするよう求めている。大半がユダヤ人であることを承知の上での要求である。つまり、「反ユダヤ主義」気運が一気に高まっている米国社会の内実を浮き彫りにしているのだ。
 同時に、九・一一事件の真相解明を求める世論も高まっており、議会で前政権の関係者を喚問するよう圧力をかけ始めている。ネオコン系勢力の跳梁跋扈を放任したブッシュ前大統領やチェイニー前副大統領を弾劾し、必要とあらば訴追を求める動きである。
 オバマ政権が発足後、半年以内に衝撃的な事態が起きると、不気味な予言を行なったバイデン副大統領が、その懸念は去ったと公言したのも、チェイニー系ネオコン勢力の衰えを確信してのことである。同時に、米国のイスラエル離れも目立ち始めている。  

●顕著な米国のイスラエル離れ
オバマが、AIG幹部が受け取った高額ボーナスを実質的に没収する法案を成立できたのは、ウォール街を牛耳るユダヤ系金融勢力に対する一般国民の激しい怒りを後ろ盾にしたからである。さらに、イスラエル軍によるガザ侵攻作戦で、無抵抗のガザ市民を多数殺害した事実が公になり、バチカンがホロコースト以上の惨劇と評しただけでなく、反ユダヤ主義を隠さないルフェール派の破門を撤回するなど、世界的なイスラエル批判が一気に強まってしまった。米国もこの事実を無視できなくなり、ネオコン系の完全排除とイスラエル離れに傾斜しつつある。
三月七日、オバマは、クリントン・ブッシュ前政権時代に大量に米政権内に潜入し、隠然たる勢力を持っていたネオコン系のイスラエル・ロビイストたちの活動を全面的に禁止する大統領行政命令を通達した。内容は、政府の要所に配置されているすべてのイスラエル・ロビイストに、少なくとも今後八年間ロビー活動に関わらないという誓約文書に署名するか、そうでなければ四月末までに政府職員を辞職することを要求している。
三月一〇日に公開されたロシア情報部高官のソルチャ・ファアルの報告書によれば、ガザを不法に攻撃し、非戦闘員を多数(数千名)殺害した戦闘行為を「戦争犯罪」と断定して、西岸でパレスチナ民族に対し実行されている隔離政策を「人道に反する罪」としてイスラエルの指導者を起訴しようとしている国際刑事裁判所(ICC)の動きを、オバマが認める合図を出したとされている。
 ICCはルワンダにおける大量虐殺が「人道に反する罪」に当たるとして、スーダンのバシル大統領に逮捕状を出し、米国も承認を与えている。現職の国家元首に逮捕状を出すことは前例のないことである。オバマ政権がそれを認めたことは異例中の異例の動きで、ロシア情報部が公にした、イスラエル指導者の訴追に米国がゴーサインを出した可能性も否定できない。
ソルチャ報告書はまた、バルカート・エルサレム市長がクリントンを非難したことにオバマが激怒したとも伝えている。三月上旬にイスラエルを訪問したクリントン国務長官がアッバス・パレスチナ議長の請願を受けてイスラエルによるパレスチナ人家屋の強引な解体に抗議して、「この破壊行為は米国が提言した中東和平協定案に対する違反だ」と語ったことが発端である。また、イスラエルに右派連立政権が発足すればオバマは国交断絶も辞さない意向を持っているとも伝えている。
 ロシア筋の情報を全面的に受け入れるのは危険であるが、イスラエル政府が今回のヒラリー訪問を冷遇したことは事実である。さらに、オバマ政権がロシアとの蜜月関係を急速に構築しているのも事実であり、ネオコン系勢力完全排除を狙うオバマの真意をロシアが先取りして、イスラエルを牽制している可能性もある。
 さらに、ポーランド政府はアウシュビッツにおけるユダヤ人被害者の数を六〇〇万人から一五〇万人に訂正、ローマ法王が追認する異例な声明を発表、英独仏など欧州首脳も同意している。一月二七日、国連でホロコースト記念のセレモニーが行なわれたが、多数の国連職員が欠席したのもホロコースト神話が一気に崩壊している内実を反映している。
 一連の動きは、今回の世界同時不況がユダヤ系金融資本の詐欺的手法に国際金融世界が攪乱されて発生したことに対する、ユダヤ不信(反ユダヤ気運)の現われである。
複数のネット情報によれば、三月中旬、CIAが「イスラエルが二〇年後には消滅する」という報告書を提出したとされている。同報告書は、多くのイスラエル人が二重国籍を所持しており、将来は米国や欧州、ロシアに移住する気持ちがある。そして、二重国籍を有していないイスラエル人たちは今、米国や欧州の国籍を取得しようと躍起になっている、としている。
 他方、パレスチナ人はどんどん子供を生んでおり、ユダヤ人とパレスチナ人の人口バランスが、将来、逆転することが明確になっている。そうなれば、残されたユダヤ人もイスラエルを離れることによって、自身の安全を確保しようと考え、イスラエルからの脱出は本格的なものになろう、というのが報告の骨子である
今回、CIAが大胆な報告書を出せたのは、クリントン第二期政権時に実質的に崩壊したCIAが立ち直って、イスラエル情報機関・モサドの関与を完全に排除できるまで回復できたからだともされている。
米国からも距離を置かれ始めたイスラエルのオルメルト暫定首相は、「大イスラエル構想は死滅した」と発言した。その真意は、ガザ侵攻作戦の結果、世界的な孤立を招く思わぬ現実に直面し、シャロンの決断の正しさへの認識不足を懺悔したものである。
オルメルトの懺悔発言に合わせるかのように、ガザを攻撃した際に、無辜の市民を殺害したとする兵士の証言が相次ぎ、イスラエル国内で波紋が広がっている。三月一九日、イスラエル軍は、軍警察に「作戦上や道徳上の問題」について調べるよう命じたと発表。
地元紙によると、ガザから帰還した複数の兵士が二月、同僚らによる民間人殺害の実態を入隊前に通っていた教育施設で証言。事態を重く見た施設の責任者が、軍上層部に「告発」したとされている。民間人殺害については、メディアや人権団体が住民の声として伝えてきたが、イスラエル兵の証言で明らかになるのは極めてまれである。
 オルメルトは、停戦を決めた一月一七日の国民向けのテレビ演説で、「罪のない市民を傷つけることにつながる疑いが少しでもあれば、我々は行動を控えた」と説明していた。一方で、イスラエル軍はガザ攻撃にかかわった部隊司令官の名前などがわかる報道を禁止。政府も一月下旬、外国で軍幹部や兵士が戦争犯罪などで訴追された場合には、全面的な支援を保証する方針を閣議決定していた。しかし、一介の兵士の内部告発に基づいて、イスラエル軍警察が動き出したのは、国際的なイスラエル不信・非難の高まりに加えて頼みの綱であった米国のイスラエル離れをなんとしてでも食い止めたいとして、反省する意志があるとの印象を演出する必要性に追い詰められているからである。
 オバマ政権は、ネオコン系勢力の一掃を強く印象づけたうえで、彼らが「悪の枢軸」と決めつけたイランに対して、真剣な対話を呼びかけている。

●米 「率直な対話」をイランに提案
 オバマは、イラン暦の新年にあたる三月二〇日、ビデオメッセージを公表し、核開発やテロ支援問題で対立続くイランに対し、「米国とイラン、国際社会の間で建設的な関係を推し進めたい」と訴え、関係改善を呼びかけた。
 オバマは、「ノウルーズ」と呼ばれるイランの正月に際し、「イラン・イスラム共和国」という正式呼称を使って同国政府と国民に祝意を表明。「われわれは長期にわたる深刻な相違をかかえている」と両国関係の厳しい現実を指摘したうえで、「わが政権は外交を通じて、あらゆる課題に取り組む」と関係打開への意欲を示した。さらに、「率直で相互尊重に基づく対話を求めたい」と述べ、双方が対話のテーブルに着くことを提案した。
イランの核・弾道ミサイル開発や中東地域でのテロ支援活動については、「米国はイランが国際社会で正しい地位を占めることを願う」としつつ、「その地位はテロや武器によってではなく、平和的行動の責務を果たすことでのみ得られる」と指摘し、平和路線への転換をイラン指導部に求めた。
 米国はテヘランの米大使館占拠人質事件を受け、一九八〇年にイランと断交していた。オバマは、大統領選の段階からイラン首脳との直接対話に意欲を示していたが、今回初めて、正式に「率直な対話」をイランに提案した。
 しかし、一方で、二月二五日には、イランの軍用無人機が国境を越えてイラク領空に侵入し、バグダッドの北東約一〇〇キロ付近で米軍の戦闘機が撃墜した。オバマ政権が発足後、米国とイランの間で戦闘行為が確認されたのはこれが初めてであった。また、三月一二日には、投資規制など九五年から続くイランへの経済制裁を一年間延期する方針を表明している。さらに、米司法省とFBIは一八日までに、米軍ヘリ用のエンジンや爆撃機用高性能カメラなどを、第三国経由でイランの軍事企業に不正輸出したとして、イラン人の男性を逮捕した。
 オバマによるイランへの外交対話の呼びかけは、米新政権が国際協調を優先させる柔軟性への転換として注目されている。だが、その反面、イランの核兵器開発の一層の進展やイスラエルの強硬姿勢という現実への対処期限に迫られている米国の苦しい立場を反映するものでもある。 
オバマ政権がイランとの対話路線を模索する意向を公にして以降、イスラエルは、自国のジェリコV長距離ミサイルでイランの核施設を攻撃できるとの強がりを言い始めている。米国は現段階では、イスラエルによるイランへの単独攻撃を認めていない。イスラエル側は、そのことを承知のうえで、対イラン単独攻撃の能力を喧伝している。さらに、オルメルトは、イスラエルにとって危険であれば、世界中のどこでもそれを阻止する行動を起こせると力説し、米国に頼らなくても自らの身は守ると発言している。
 今年の一月、スーダンで輸送用トラックが空爆される事件が起きたが、誰が空爆したかは不明のままであった。アメリカ軍かイスラエル軍機によるものだという情報が流されたが、米政府はこの空爆に何ら関与していないという声明を即座に出す一方、イスラエルは沈黙を守った。しかしオルメルトは、輸送用のトラックには射程七〇キロのイラン製ファジル型ミサイルがあったと示唆していた。オバマ政権がイランとの対話路線にこだわり続けるなら、イスラエルはたとえ米国を敵に回してでもイラン単独攻撃に踏み切るという、切羽詰まった威嚇である。
 三月二五日付けのイスラエルのハアレツ紙は、「イスラエルに右派政権が出来れば、和平交渉は容易ではない」とオバマが表明したと報道した。米国が右派政権の発足に苛立っている事実を、国民に周知徹底させる必要性を勘案した報道である。
 イスラエルでは右派リクードのネタニヤフ党首が、連立政権立ち上げに邁進している。米国の懸念を打ち消すための中道右派カディマとの大連立工作に失敗。その結果、とりあえず、極右政党「わが家イスラエル」と宗教右派政党「シャス」と右派連立で合意した。だが、議席の過半数を制することができずにいた。
 ネタニヤフは、右派政権の印象を打ち消すため、中道左派の労働党ときわどい連立交渉を行なって何とか合意にこぎ着け六九議席を確保し、連立政権の概要をやっと固めるまでに至った(三月二六日)。しかし、連立参加を決める労働党の中央委員会では、参加賛成六八〇、反対五〇七の僅差であった。この結果、労働党が分裂する可能性もあって、連立政権の基盤は安定したものではないため、三月末の時点で、正式な発足にまではいたっていない。
 アフマディネジャド・イラン大統領の側近は、オバマがビデオメッセージを出したことについて、「過去の相違を乗り越えたいとの意思は歓迎する」と述べ、「米政府は過去の間違いを認め、修正しなければならない」と指摘した(三月二〇日)。
翌二一日、イランの最高指導者ハメネイ師は、「われわれは(米国の)いかなる変化を見ることもできない。あなた方が態度を変えれば、われわれも態度を変えるだろう」と述べ、米側に具体的な対イラン政策の変更を求める姿勢を強調。オバマに対しては、「あなたのいう変化とは何か。米国はシオニストへの支持を止めたのか」と、核開発疑惑をめぐる対イラン経済制裁の解除などを求めた。
オバマの呼びかけに対するイランの反応は従来の要求を繰り返したもので、直ちに直接対話に結びつく可能性を期待できるまでには至っていない。しかし、イランは、ヒラリーの呼びかけに応えて、三月三一日に開催されるアフガンの安定化に向けた周辺諸国による、国際会議に参加する意向を公にし始めている。米国が呼びかけた間接対話にイランが応じる意向を示したことで、直接対話への道筋が切り開かれる可能性が大きくなっている。
 オバマはイランとの対話の進捗次第によってはイラクだけでなくアフガンからも米軍を撤退させ、内政、ことに経済再建に全力を投入したいとの意向も見せ始めている。

●米 アフガン新戦略
 三月二六日、AFP通信は、北大西洋条約機構(NATO)がイラン政府と初めて非公式な接触をしたと報じた。同報道によると、NATOは四月初旬に開く首脳会議でアフガンへの対処方針を含む宣言を採択する予定で、アフガンの隣国イラン側と今後のアフガン戦略について意見交換をした。
 NATOがイランと接触したのは、イランが現在のイスラム共和制に移行した一九七九年の革命以来で初めて。イランの外交官が先週、NATO本部のあるブリュッセルでNATO高官と協議したとされている。
 NATO加盟の欧州諸国は、オバマ米政権がイランとの直接対話を呼びかけたことを歓迎し、アフガンからの撤退を念頭に置いたうえで、イランとの協力を模索し始めた。当座の狙いは、欧州諸国の軍事物資をイラン経由でアフガンに運び込むことにあり、米国の了解も取り付けている。
 イランと国境を接するヘラート市を中心とするアフガン西部地域は、民族的・歴史的にはペルシア(イラン)の一部で、ヘラート周辺を支配する豪族(知事)は伝統的にイランと緊密な関係にある。イラン政府が欧州諸国の軍事物資を同国経由でアフガンに運び込むことを容認すれば、西部地域一帯からアフガン全土に対するイランの影響力浸透につながる。
 イランにとってアフガンへの浸透が強まることは、かつてインドから中央アジアまで支配していた因縁をテコにした文明地政学位相におけるペルシア帝国の復権も夢ではないことになり、NATOの協力申し込みは大国復権への扉を開くことにもつながる魅力的な要請である。同時に、同じく文明地政学的な位相の復権が著しいオスマン・トルコへの対抗心を満足させることにもなる。欧州諸国はイランの野望をくすぐってアフガンからの撤退を目論むのと同時に、米国のアフガン支配に協力するようイランに対して働きかけている。
翌二七日、オバマはアフガン政策の新たな包括的戦略を発表し、アフガン軍、警察の育成、自立の訓練が主要任務の米部隊約四〇〇〇人を今春増派し、行政執行、統治能力の向上を目指し数百人規模の外交官らの文民も派遣すると述べた。
 すでに米国は今年夏までに米軍部隊一万七〇〇〇人をアフガンへ追加派兵し、政権を追われたイスラム強硬派勢力タリバンなど武装勢力を掃討する方針を表明している。四〇〇〇人の増派でアフガン軍、警察を二〇一一年までに二一万人以上の規模に拡大させる。 オバマは国際テロ組織アルカイダがアフガンの隣国パキスタンに拠点を設け、新たな対米攻撃を画策していると警告。包括戦略の狙いは、アルカイダの根絶にあることも鮮明にした。そのうえで、タリバンやアルカイダ系勢力が活動の温床にしている部族地域などを抱えるパキスタンの安定化を狙い、今後五年間にわたって年間一五億ドル(約一四七〇億円)もの非軍事援助を提供するとも言明した。
 同時に、アフガン・パキスタン問題のため、日欧など同盟国、中央アジア諸国、ペルシア湾諸国や支那、ロシア、インド、イランを網羅した連絡調整のグループを設ける考えも示した。ブッシュ前政権の軍事力頼みのアフガン政策から、国際社会を引き込んだ構想へと方針転換を明確に打ち出してきた。
 今回発表されたオバマ政権のアフガン新戦略には、タリバンとの対話・和解を促すための諜報戦略を重視していく意向が秘められている。
 前日の二六日、米国のブレア国家情報長官は、アフガンでの米軍事作戦について、作戦成功には諜報での支援強化が不可欠との考えを示した。長官はこの中で、米国はアフガン地方の権力構造への理解が充分でなく、アフガン・パキスタン国境周辺で活動するイスラム武装勢力の活動に関する情報も乏しいと指摘。イラク軍事作戦での戦闘部隊への諜報支援と同一レベルに引き上げることが必要だと強調した。
 米国は当面、欧州NATO諸国のイラン活用を積極的に後押ししてアフガン問題へのイラン介入を促進し、最終的にはイランと米国によるアフガン共同統治まで遠望して、米軍のアフガン撤退への出口戦略を構想している。しかし、米国のタリバン懐柔・融和路線、すなわち譲歩はタリバン優勢を加速させるだけでなく、パキスタンを混乱させ国家崩壊の危険にさらす可能性も否定できない。その懸念があるからこそ、今回、パキスタン向けの援助を大幅に拡大した。
 パキスタンでは三月一二日から各地で法曹関係者と野党支持者による反政府デモが激化し、ザルダリ大統領は昨年の政権発足後、最大の窮地に追い込まれていた。一六日、ザルダリ政権はチョードリー前最高裁長官の復職など、デモを主導する野党側の要求を受け入れた。同日、イスラマバードで予定されていた大規模デモの直前の決断で、政権側が野党に屈することで危機はひとまず回避することはできた。その内実は、大統領が米国と軍の圧力に抗しきれなかったからである。
 今回の失態でザルダリは求心力を失い、今後、大統領辞任要求が強まるだけでなく、タリバン勢力を活気づけることになる。同時に、印パ対立にも拍車がかかることになる。
 印パ対立の激化は、支那周辺地域の不安定化につながるが、北東アジアでは北朝鮮が米中を刺激し始めている。

●北朝鮮 ミサイル発射を通告
 過去数ヶ月にわたって、米軍筋は北朝鮮が新型ミサイルの発射準備を行なっていると、詳細な情報を流し続け、その脅威を煽ってきた。また、北側も、米国筋の煽る脅威を追い風と受け止めたかのように、発射準備を進めていた。 三月一二日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮は、衛星発射をめぐり国際民間航空機関(ICAO)と国際海事機関(IMO)に「必要な資料を通報(提出)した」と発表。また、衛星登録に関する協約など関連する二件の宇宙条約にも加盟したと明らかにし、ミサイルではなく人工衛星を打ち上げると正式に通告した。韓国の聯合ニュースは情報消息筋の話として、北朝鮮が四月四日から八日の間に衛星を発射するとIMOに通告したと報じた。
 ミサイル発射やロケット打ち上げは、ICAOやIMOが、航空機や船舶の安全を確保するため事前通告の義務を課している。今回の両機関への資料提出や関連する宇宙条約への加盟は、北朝鮮の衛星発射の準備が最終段階に差しかかっていることを示すとともに、発射に対する国際的な非難をかわし、「衛星発射」の正当性を確保する狙いを秘めた強かな通告である。
同時に北側は、米国からの食糧支援を拒否すると通告したり、中朝国境付近で支那系と韓国系の二人の米国人女性記者を拘束し、平壌に移送するなど、北流儀の対米工作を活発に行なっている(三月一七日)。また、支那の温家宝首相は、北京を訪れた金英逸北朝鮮首相に対し、ミサイル発射計画への懸念を表明し自制を促したが、「人工衛星の打ち上げ」と軽くいなされ、説得に失敗した(三月一八日)。すなわち、北側は、もはや六ヶ国協議は意味がないと北京を袖に振って、米国だけを眼中においてのミサイル発射であることをしきりに誇示していた。
 米側は数回にわたって弾道ミサイル迎撃実験を行ない、米陸軍の防空部隊は戦域高高度地域防衛(THAAD)迎撃弾二発を連射する戦法を初めて公開の場(ハワイ・カウアイ沖)で実施し、標的の破壊に成功したことを誇示し、北のミサイルを迎撃する意志を示した(三月一八日)。そして米国は、わが国にも北ミサイルの迎撃を命令し、日本政府はミサイル防衛(MD)システムで迎撃する方針を決め、浜田防衛相は自衛隊法八二条に基づいて自衛隊に破壊措置命令を発令した(三月二七日)。
 果たして、日本が装備しているMD・PAC3で迎撃できるかどうか疑問であるが、政府は決断を下した。米軍情報筋は北ミサイルが日本上空を通過してアラスカ沖に到達すると予測し、アラスカ周辺に展開する二〇ヶ所以上の拠点から迎撃する準備をしているとされている。わが国が迎撃に失敗して米軍がそれに成功すれば、わが国への新型MDシステムの導入、すなわち、高額な武器売却の好機が来ると米国は期待している。穿った見方をすれば、日本人拉致問題と同様に、今回のミサイル騒動には米朝の出来レース的な側面も否めないのだ。
 その一方で、北側はわが国に微妙なメーッセージも送っている。
 拉致被害者田口八重子さんの兄と長男がソウルで北工作員金賢姫と面会した際、彼女の口から八重子さんだけでなく、横田めぐみさんが生存していることを示唆させた(三月一一日)。さらに、「北朝鮮のプライドを守り、心を動かすことが大事だ」とも言わせた。北のプライドとは「大日本帝国の残置国家」のことであり、また「金王朝は疑似天皇制首領制度」との意志を伝えたかったものであろう。
 同時に、痩せ衰えた金正日の写真をこれ見よがしに配信し、三代目継承の時期が切羽詰まっている。三代目継承に失敗したら「疑似天皇制」が崩壊し、「大日本帝国の残置国家体制」も瓦解してしまう。そうなったら日本にとっても大きな痛手であろうとの、自虐的な対日ラブコールと見なすことができるメッセージを発している。
 また、北朝鮮に拉致された被害者の蓮池薫氏の兄であり、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」の事務局長、副代表を務めた透氏は、当初は、「拉致は国家テロ。北朝鮮への経済制裁を行え」「これは戦争ですよ。アメリカならそうするでしょう」といった発言を繰り返すなど、対北強硬姿勢を主張していた。
 だが、その彼が数年前から変身し、日朝間の真摯な話合いの必要性を訴えている。最近では、横田さんご夫妻に、外国でよいから孫(めぐみさんの子供)に会ったほうが良いとしきりに働きかけている。今なお金王朝に忠誠を尽くす弟の感化を受け、「大日本帝国の残置国家」としての北朝鮮の内実に覚醒し、横田めぐみさんの生存を公にしたいと焦る金王朝の意向を代弁する意志の現われであろう。
もしも、金王朝が横田めぐみさんの生存を明らかにするなら、彼女自身の口から「私は一三歳の日本人少女ではありません。ロイヤル・ファミリーの一員の朝鮮人(姜美淑)として、日朝友好の架橋になるよう努めたいと思います。日本に帰る意志はありません。お父さんお母さん、あなたの『娘』を日本から応援してください」と訴えて、旧大韓帝国の元皇太子で大日本帝国の李王・李垠に嫁いだ旧皇族・梨本宮方子妃と同じ運命を全うする意志を表明するものと思われる。
 金王朝周辺では、めぐみさんを国際デビューさせる準備が進んでいる。金王朝の側近筋が三代目後継者を三男の正雲に決めた可能性が高く、彼は姜美淑を母・姉と慕っている。彼女に金王朝の国母として日朝間の架橋を担わせ、拉致問題に対するわが国世論の憤りを払拭させ、莫大な援助を取り付けたいのである。
 日朝関係は日本が脱米自立する意志を固めない限り、日本に対する平壌の複雑な愛憎に翻弄されるだけである。
 平成二一年三月二九日識

http://michi01.web.fc2.com/sekaibunseki.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > アジア13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年1月07日 09:30:48 : E2A25IMwMM : ZzZ4OTd2dzh5YWs=[23] 報告
過去の無能な妄想は

現世に至らず


2. 2022年1月08日 09:01:50 : xLVxdZEyQY : My9QRlBtRHNpcDI=[2] 報告
小説家?
昨今裏天皇とかの妄想と同一の夢想家?
それとも詐欺師?
それともキ印?
3. アラジン2[1591] g0GDiYNXg5My 2022年1月11日 10:55:50 : uVWEkuCe5E : WklVaXVmcmYuaUk=[1] 報告
こちらも参照。
私は「横田めぐみさんが金正恩の母だなんて、デマだ!」という
証拠のレスをしてます。
↓↓

■横田めぐみさんは生存しているだけではなく、金王朝のロイヤルファミリーの一員
http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/141.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2009 年 4 月 05 日

4. 2022年1月11日 11:37:16 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[327] 報告

>「大日本帝国の残置国家体制」も瓦解してしまう。
そうなったら日本にとっても大きな痛手であろうとの
自虐的な対日ラブコールと見なすことができる
メッセージを発している。

まさにそのとおりだと思います。
北朝鮮を建国した、残地諜者の悲願は、第2次世界大戦の
スローガンであった、大東亜共栄圏の再構築です。
それは侵略ではなく共栄と平和の世界観なのです。

現在の日本は、自虐史観が横行し、中国・韓国の
DSによる収奪が行われています。米国DSと共に
政財界や芸能界、マスメディアまで侵略されている
言わば疑似の民主国家に成り下がっているのです。

北朝鮮のミサイル発射の目的は、1〜2発の場合は
ミサイルの性能実験、何発も集中して打ち込む場合は、
周辺諸国へのけん制なのです。
2012年と16年は、東シナ海に部隊を展開する中国艦隊の
間近に打ち込み、行動をけん制しています。
2017年と19年は、太平洋上を大きく飛び越え、
アメリカをけん制するとともに、日本海や黄海にも
打ち込んで、韓国・中国をけん制しています。

これらはすべて、日本が動けない状態にあるときに、
日本に代わって、日本近海を脅かす外国の艦隊に向けて
行われているのです。

北朝鮮によるミサイル発射は、すべて日本にとっての
北朝鮮からのアシストであるのです。
めぐみさんは金王朝に尽くしておられ、本国日本を
護る意思で並々ならぬ努力をされているのです。

5. 2022年1月11日 12:01:48 : qxNlsUXK8U : Z1NyeW5ETTdLMlU=[-856] 報告
transimpex_ochd(スコットランド・ケール語で8です)で投稿しています。

日本人には関係のない話。

帰国して自国で頑張れ 創価の朝鮮人信者達。

半島の事は半島で解決して下さい。

皇室制度廃止 創価など解体。 国交断交。

信者の帰国。

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数のため全部処理

6. 2022年1月11日 12:40:45 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[329] 報告

まあ皆さんはびっくりポンだと思いますが、

真実はこうです。
横田めぐみさんの母、早紀江さんは、日本の天皇家、
および朝鮮の李王家の両方の血を引いています。
この血は、娘のめぐみさんにもそのまま流れています。
そして、そのめぐみさんの血を引いた指導者が金正恩です。

そんなバナナ・・・って、思うでしょうが本当です。

それで拉致ではなく進んで朝鮮に移住したのです。
横田めぐみさんは、金王朝の血統を完成させるため、
金王朝の皇后陛下として、白羽の矢を立てられ、
北朝鮮に丁重に迎え入れられたのです。

ではなぜ拉致問題になっているかというと
例の大韓航空機爆破事件がその原因になっているのです。

事件発生当時は、航空機の機体の不良が原因といわれていたのですが、
調査が進むにつれて、爆弾テロであることが明らかになっていきました。
実行犯は北朝鮮の2人の工作員、金勝一と金賢姫です。

余談ですが金賢姫がTV画面に出てくる度に綺麗な人だなと思いました。

金勝一と金賢姫は、北朝鮮の工作員で、翌1988年に行われる
ソウルオリンピックの妨害のために、韓国の信用を低下させる
ことを意図して事件を起こしたことが明らかになりました。

さらに、捜査の過程で、金賢姫が蜂矢眞由美という名で日本人に
成りすましていたこと、彼女に北朝鮮で日本語や日本文化や
日本人の立ち居振る舞いをを教えていたのが、「李恩恵(リ・ウネ)」
という女性であったことがわかります。

その後1991年になって、埼玉県警察警備部の調べで「李恩恵」が
1978年に行方不明となった田口八重子と同一人物ではないかと推定され、
警察庁から2人の担当官がソウルへ行き、ソウル大使館政治部の
警察庁出身の者を同行させ金賢姫と面会しました。

同年輩の女性の顔写真10枚ほどが準備されました。田口八重子の写真を
この中に混入し、「このなかに教育に当たった女性がいるか」と
金賢姫に示すと、1枚1枚写真を見ていた彼女は田口八重子の顔写真を見て、
「この人です」と言ったということです。

ここでマスコミが、日本人である田口八重子さんが、北朝鮮に拉致されていたと
騒ぎ出し、ほかにも被害者がいるのではないか、と言い始めました。

それから77〜78年の間に行方不明となっていた人物が次々と見つかり、
「17人の人物が北朝鮮に拉致された」と騒ぎ始めたというわけです。

韓国とマスコミによって作られた拉致事件と言えます。
韓国としても、DSに支配されたマスコミとしても、日本と北朝鮮の
離間工作ができれば好都合です。

TVなどのメディア情報は本当のようでフェイクばかりです。
でも真実は必ず暴露されます。

7. わ寺ソーカ基督教門徒[-508] gu2Om4NcgVuDSoruk8KLs5blk2s 2022年1月11日 14:33:56 : kxk7MnCbWU : d1N5Q0JNaG5NNEk=[-12850] 報告
>投稿者 野田隼人 日時 2009 年 4 月 07 日 19:42:44:
>世界戦略情報「みち」平成21年(2009)4月1日 投稿時刻不明 

今日(2022/01/11)午後の「総合 アクセス数ランキング(瞬間)2022/01/11 14:06更新」のトップ記事(14:10現在)は、コレか・・・

>>6

>韓国とマスコミによって作られた拉致事件

そうだったか!

>韓国としても、DSに支配されたマスコミとしても、日本と北朝鮮の
離間工作ができれば好都合

日韓分断工作だったか!!

ケール8はマスゴミの仲間だったか!!!

https://www.youtube.com/watch?v=0GZVcRYVEyE
>[AKB0048] Vietsub - EP03 - Song 3 - Beginner


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

8. 2022年1月11日 15:37:18 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[330] 報告

ここでトランプ大統領が実現した米朝首脳会談の裏舞台
について、ちょっと記述します。

2018年6月12日、シンガポールにて、史上初の米朝首脳会談が行われました。
会談したのは北朝鮮の金正恩委員長と、アメリカ合衆国のドナルド・トランプ
大統領です。

この第1回目の会談の直後から、トランプ大統領の発言が一変します。

北朝鮮の金正恩委員長に対して、「彼は信頼できる人物だ」という一方で、
韓国に対しては、「韓国は米国につけ込む一番の悪者だ。中国と韓国・・・
奴らは右と左から我々を食いものにしてきたんだ」
なんて言うようになります。さすがはトランプさん、たった一度の会談で、
真実を見抜き、真の敵はどこかを正確に把握なさったようです。

そして、2019年2月27日〜28日にかけて、ベトナムの首都ハノイにおいて、
トランプ、金正恩両首脳の第2回の首脳会談が開かれました。

このときは夕食会を挟んで1泊の日程で、会談が行われ、両首脳は
忌憚なく意見を交わしていたそうです。

翌日、列車で帰国しようとした金正恩委員長に対して、トランプ大統領が
「あなたが望むなら、我々はあなたを2時間で母国に送り届ける用意がある」
と言って、大統領専用機エアフォースワンへの同乗を勧めた、という
エピソードが残っています。

この会談の最大の特徴は、事前に用意してきた共同宣言が破棄され、
宣言がなされなかったことです。
マスコミは、会談は失敗だ・・・なんて騒いでましたが、全く逆です。

これはこの会談で、トランプ大統領が、北朝鮮の真実を完全に把握した
ことを意味するのです。
2度目のこの会談では、北朝鮮の非核化を含む、国務省が事前につくった
宣言文を、トランプ大統領自ら破棄しました。
報道では、会談は失敗に終わった、北朝鮮の非核化は暗礁に乗り上げた
とされています。しかしそれこそが、トランプ大統領の望んだことです。

真実を完全に把握したトランプ大統領にとって、北朝鮮の核ミサイルは、
アメリカ・日本の脅威にならない、それどころか、中国・韓国のDSの
暴走を抑えるのに、必要不可欠である、ということです。

ちなみに日本のマスコミは、拉致問題が・・・と騒いでいましたが、
これについてはご存知のように第1回の共同声明でも一言も触れられて
いませんし、第2回会談では議題にすら上っていません。

そして、2019年6月30日、トランプ大統領の北朝鮮入国が実現します。

この一連の米朝首脳会談を経て、トランプ大統領の、朝鮮半島における
外交スタンスは明らかな変化を見せました。
トランプ大統領は、韓国との懸案の問題となっていた、在韓米軍駐留費問題、
戦時指揮権移譲問題、GSOMIA脱退問題をスルーします。
さらに北朝鮮の核開発問題について、何も触れなくなります。
G7への韓国の招待にも反対するようになります。

そして決定的だったのは、2020年7月23日にアメリカ議会で可決し、
トランプ大統領が署名した、アメリカの国防権限法の改正です。

この改正によって、国防権限法に特別条項が追加されました。
それは、国防長官が韓国と日本などの同盟国と協議をして適切だと
認めた場合は在韓米軍を撤収できる・・・というものです。

ランプ大統領は、いつでも韓国との同盟を打ち切り、アメリカの意志で、
アメリカ軍を韓国から撤収できる、という法律を定めたというわけです。

これは、アメリカが、いつでも韓国を切り捨て、北朝鮮につく用意が整った
ということを意味しています。

朝鮮半島問題のベストの解決策は、「北朝鮮による朝鮮半島統一」です。

長らく分断された2つの日本を統一し、再び一つの国家となって、
共に手を携えて進んでいく、という未来の姿が、東アジアにとって最も
望ましい形となるでしょう。

最大の障害は・・・もちろん、日本国内における、日本人の意識です。

マスコミなど日本国内のDSによる世論誘導やウソ情報に洗脳されて
考えることも抑制されているような長き眠りから目覚め、真実に気づき、
とるべき道を選択していくことが今の日本人には必要なのです。

9. ソーカそーかフィフス[-5] g1yBW4NKgruBW4Kpg3SDQoN0g1g 2022年1月11日 16:04:56 : kxk7MnCbWU : d1N5Q0JNaG5NNEk=[-12852] 報告
>>7

そして、

>>8

>2018年6月12日、シンガポールにて、史上初の米朝首脳会談が行われました。
会談したのは北朝鮮の金正恩委員長と、アメリカ合衆国のドナルド・トランプ
大統領です。

>2019年2月27日〜28日にかけて、ベトナムの首都ハノイにおいて、
トランプ、金正恩両首脳の第2回の首脳会談が開かれました。

>金正恩委員長に対して、トランプ大統領が「あなたが望むなら、我々はあなたを2時間で母国に送り届ける用意がある」と言って、大統領専用機エアフォースワンへの同乗を勧めた、というエピソードが残っています。

>マスコミは、会談は失敗だ・・・なんて騒いでましたが、全く逆です。これはこの会談で、トランプ大統領が、北朝鮮の真実を完全に把握したことを意味するのです。

>2度目のこの会談では、北朝鮮の非核化を含む、国務省が事前につくった宣言文を、トランプ大統領自ら破棄しました。

>北朝鮮の核ミサイルは、アメリカ・日本の脅威にならない、それどころか、中国・韓国のDSの暴走を抑えるのに、必要不可欠である、ということです。

中国のDSとは・・・

江沢民派ですね・・・

日本のDSとは・・・

小沢一郎派ですね・・・

>ちなみに日本のマスコミは、拉致問題が・・・と騒いでいましたが、これについてはご存知のように第1回の共同声明でも一言も触れられていませんし、第2回会談では議題にすら上っていません。

>決定的だったのは、2020年7月23日にアメリカ議会で可決し、トランプ大統領が署名した、アメリカの国防権限法の改正です。

>この改正によって、国防権限法に特別条項が追加されました。それは、国防長官が韓国と日本などの同盟国と協議をして適切だと認めた場合は在韓米軍を撤収できる・・・というものです。

>いつでも韓国との同盟を打ち切り、アメリカの意志で、アメリカ軍を韓国から撤収できる、という法律を定めたというわけです。

>朝鮮半島問題のベストの解決策は、「北朝鮮による朝鮮半島統一」です。

そのとおり!

>マスコミなど日本国内のDSによる世論誘導やウソ情報に洗脳されて考えることも抑制されているような長き眠りから目覚め、

>真実に気づき、とるべき道を選択していくこと

ですね!!

ケール8のような、

マスゴミの手下、

たけし軍団をクビになった失業者、

などのタワゴトに惑わされないこと!!!

https://www.youtube.com/watch?v=UXQ4qUoIz-U
>❄Nhạc anime AKB0048 - Aruji Naku Sono Koe❄


[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

10. イチゴと五輪と洗脳呪詛[1] g0ODYINTgsaM3JfWgsaQ9JRdjvTmZg 2022年1月11日 16:07:01 : Hz5mKMtegw :TOR a0VVdk5pb1phMkU=[10] 報告
カルト板に時々出没している工作員「あみちゃん」

「朝鮮半島」と「日本」との古代から現在に至るまでの

深く長くドロドロしとした関係性にリンクする

報道をあげておくよ

「韓国」に関してこれまでの「偏見」や「先入観」が一体

「事実」なのかそれとも単なるデマなのかいろいろと調べて

いるのだけど「日本人」が古代&建国当初そして「日本」建国

以降もその関係や対応に相当難儀手こずってきたであろうことは

間違いないと実感

「悪魔教カルト」の巣窟である「韓国ポップス音楽」での

「盗作パクリ」は当たり前のように行われていて最近は

「アレンジ力」と言えば聞こえがいいけれど要は「ゴマカシ」

方が洗練されているというか堂に入っていて「中国」の「盗作パクリ」の

時代遅れが逆に微笑ましく感じられるくらい「進歩進化」している

「盗作パクリ」もこれだけ見事に突き抜けてしまうと「本家本元」立場逆転で

逆に「支持」できてしまうそれこそ「天晴れ」「お手上げ」レベル

「日本」の若者はどんどんコンパクト化「ミニーME」化「倭国」「倭人化」

「去勢化」の道を歩まされてしまいそうしてそこに「ダビデ」の「パワー」は

存在せず既に勝負にならないそんな状況を迎えていると

アジア極東地域の若年層らの洗脳支配戦略を展開している

「フリーメーソンCIA」の戦略が大成功したってことになる

「北朝鮮」の「日本人戸籍国籍」背乗り成りすまし云々騒がれた

のは既に「遠い過去」と成り果て

現在の「日本」は完全に「朝鮮半島」アイデンティティに憑依され

変貌を遂げてしまったと

「新興宗教カルト」や「漫画」や「音楽」はもちろん

「洗脳&憑依&呪詛」の牽引役として「日本のアニメ産業」が

メインターゲットとされ

「放火テロ」ももちろん同一線上にある意図あっての事件

加えて「地震テロ」や「鉄道テロ」と併せて「朝鮮半島」から

多くの「朝鮮半島勢力」が「日本」へ移住入植したという

「歴史」との関連性を指摘する識者もいる

「日本のアニメ」にそうした「朝鮮半島」と「日本」との

関係を暗示したり仄めかしたりするシーンが多数埋め込まれて

いたりストーリーや登場人物の設定として用いていたり

「日本」が置かれている立場や今後の未来を示唆したり

この先意図的に「日本」で引き起こされる「災害テロ」の予告や

そうした「災害テロ」がスムーズに実現達成されるような「呪詛」を

「アニメ」を通じて行っているそうだ

人間が有する「意識」の「集合的潜在パワー」をそうした「災害テロ」

という「邪悪なるエネルギー」に結びつける役割を「アニメ」が果たして

いるのだって

角川も徳間ジャパンも電通も読売も「アニメ」が持つ「魔力」「パワー」

「影響力」「破壊力」に関しては当然熟知していることだろうね

事は「興行」や「金儲けビジネス」だけに止まらないって話


---------------------------------------------------------


韓国に流出した日本産イチゴ、生産者が激白「契約前にすでに流通」 現地メディアは自国産≠ニ意気揚々に報道 「新品種育成」まで権利及ばず

2022年1月11日 11時0分

ZAKZAK(夕刊フジ)

韓国の「雪香」の元になった日本産「章姫」(萩原和弘さん提供)

韓国の農産物市場で、自国産イチゴ≠ェシェアトップになったと発表された。現地メディアは意気揚々と報じるが、その品種、元はといえば日本産だ。農林水産省は、制度上、問題視はしていない立場だが、日本のイチゴ農家関係者は夕刊フジの取材に「韓国側と契約を交わす前に、すでに流通していた」と述べた。

韓国農村振興庁は3日、韓国産のイチゴ品種の普及率が昨年9月時点で過去最高の96・3%を記録したと明らかにした。朝鮮日報(日本語電子版)は「日本品種のイチゴが韓国市場から消えた」などと伝えた。

だが、韓国産としてシェアトップの「雪香(ソルヒャン)」は、日本の「章姫(あきひめ)」と「レッドパール」をかけ合わせてできた品種だ。

農水省が、国内育成品種の海外への流出状況についてまとめた資料によると、1996年に章姫の育成権者が韓国の種苗業者に、98年にレッドパールの育成権者がそれぞれ韓国の生産者に対し、期間限定、契約者のみ利用可などの条件で許諾した。

ところが、両品種が韓国で育成者の許諾を得ず広く増殖・栽培され、2006年ごろにシェアが計8割超となった。その後、日本の育成権者と韓国の生産者協会の協議が決裂すると12年に両品種をもとにした雪香などが韓国で品種登録されたという流れだ。

農水省の輸出・国際局知的財産課種苗室は「批判があることは承知しているが、知的財産権の制度上、新品種を育成するために利用することは権利が及ばない」と話す。

では韓国に日本産イチゴが渡った当時、どのような状況だったのか。

章姫が品種登録されたのは1992年で、静岡県のイチゴ生産者、萩原章弘さんが20年以上もの年月をかけて品種改良し、誕生させた。当時を知る息子の和弘さんは、韓国で雪香が普及していることについて「いいイチゴができればいいが…」とした上で、次のように話す。

「最初に韓国へ渡った経緯は分からない。購入されたのか、勝手に苗を持ち出されるかして渡ったのだろうが、契約などは交わしていない。その後、韓国で流通していることが分かり、許諾を出した方がいいというアドバイスも受けたため、韓国側に生産の許諾を出したと亡くなった父から聞いた。ただ第三者の生産を許可したかまでは分からない」と振り返る。

日本では改正種苗法が2021年4月に施行され、ブランド果実などの種や苗木を海外へ不正に持ち出すことは禁じられている。

現在、章姫のブランドは静岡市のイチゴ園「ベリーランドあきひめ」で和弘さんの後継者の息子が守っている。和弘さんは「品種登録から30年になるが、現在でも残っているということはそれだけ皆さんに愛されているからだと思う。今後も残していきたいし、人気が続いてくれればと思っている」と語った。

11. 共栄&平和は隠れ蓑[1] i6SJaIGVlb2YYYLNiUKC6paq 2022年1月11日 17:54:18 : eMxqK3V1pg :TOR Ly9pa0ZhYzhENmc=[44] 報告
>>I3QUOKUWqw

>北朝鮮を建国した、
>残地諜者の悲願は、
>第2次世界大戦の
>スローガンであった、
>大東亜共栄圏の再構築です。
>それは侵略ではなく
>共栄と平和の世界観なのです

>現在の日本は、
>自虐史観が横行し、
>中国・韓国のDSによる
>収奪が行われています。
>米国DSと共に
>政財界や芸能界、
>マスメディアまで侵略されている
>言わば疑似の民主国家に成り下がっているのです。

>朝鮮半島問題のベストの解決策は、
>「北朝鮮による朝鮮半島統一」です

戦後「GHQ・G2→ナチス幹部らを受け入れ発足した」CIAの
直接的支配下に置かれた「戦前戦中ナチス支持極右ファシスト」の
笹川一郎「笹川日米財団」がD・ロックフェラーの戦略「朝鮮戦争」
遂行に向けた日本での「反共政策」を推進

アジア極東に「ユダヤ人国家建設」をというスローガンの下計画された
「河豚計画」

そして英国王室傘下「フリーメーソン」工作部隊による徳川幕藩体制
転覆クーデターに加わった「長州田布施勢力」による「中国侵略・満州
国建設」とが密接にリンク

「北朝鮮」の外貨獲得資金源である主要ビジネスが「軍事兵器開発&
輸出」と「麻薬覚醒剤製造&密売」であること

「長州田布施勢力」による「中国侵略・満州国建設」プロジェクトに
おいてもその「麻薬ビジネス」が大きなウエイトを占めていた

CIAは工作活動資金を自力で調達するという約束事があるので
「横田基地」を通じ「北朝鮮」との「兵器ビジネス」や「麻薬ビジネス」
を展開しているのは当然のこと

戦後「CIA」直下に組み込まれ「反共政策」を展開した「日本の極右
ファシスト」らが「統一教会」や「大本教」や「生長の家」そして
「オウム真理教」の背後に控えコントロールしていること

笹川一郎同様戦後CIA工作員として再スタートを切った「岸」が日本
への輸入普及に尽力した「統一教会」は「経由地」が「韓国」ということ
でカモフラージュされているが教祖の「文鮮明」の出自や入国情報から
実際の「大元」は「北朝鮮」だと指摘されており実際北朝鮮の指導者
「金日成」とも協力関係を構築していたこと

トランプ大統領が演出した朝鮮半島融和政策展開当時対面した金正恩と
文在寅とが「フリーメーソン」式握手を交わしていたこと

その流を断ち切ったのは過去「CIA」に在籍「米国民主党」の牙城で
ある「国務省」長官としてトランプ大統領を差し置き実質的な米国政治
外交を取り仕切った「マイク・ポンぺオ」

既に任期半ばで「米国ディープステート」に政権を則られ牛耳られる
ことと相成ったわけで

それと並行して「反中国敵対政策」推進の姿勢を見せ始めたトランプ
大統領を絶賛支持したのが上記「CIA」直下に組み込まれている
日本の「極右カルト」勢力

12. 2022年1月11日 20:50:24 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[332] 報告

追記コメです。

日朝関係は、ともに手を携えて輝く未来を・・・
が合い言葉です。

現在北朝鮮の政務を取り仕切り、国政の実権を握っているのは、
妹の金与正氏です。
彼女のツイッター・・・金与正【公式】@kim_yojong_1988
は、日本に向けて日本語でメッセージを発信しています。

これって本物ですか?とよく聞かれますが、まずは金王朝の人々は、
血統的に日本人であり、幼少時代から日本人の家庭教師による、
日本語での厳しい教育を受けていますので、金正日および、その子供たちは、
すべて日本語がペラペラです。

彼女のツイートを見ていると、最新の国際情勢や、対DS軍事作戦の進行具合、
各国情報部の動向、国際条約の裏の駆け引きなど、国家機密レベルの情報を
惜しみなく披露しています。しかも、要所要所で日本に対して進むべき道の
アドバイスもくれています。

それと同時に、国家機密情報が金与正氏にすべて集まり、国政を金与正氏が采配しているのがよくわかります。

このツイートですが、内容的に、偽物やなりすましでは絶対に書けない内容と
なっています。本物の国家指導者が、本当に自国民や日本国民のためを思って
書いているのが、文章から伝わってきます。

さて、皆さんも記憶にあると思いますが、2020年6月16日、北朝鮮の南西部、
韓国との国境近くの開城工業団地にある、南北共同連絡事務所が爆破されました。

爆破指令を出したのは、金与正氏です。金与正氏は北朝鮮国境地帯への、
韓国からの風船ビラに抗議し、この建物を爆破すると予告していました。
韓国がビラまきをやめなかったため、予告通り、この建物を爆破したと
いうわけです。

名目上の理由は北朝鮮への中傷ビラですが、これはつまり、韓国との
断絶の意志を、金与正氏がはっきりと表明したものだと考えられます。

その後、2021年3月16日、金与正氏は、アメリカのバイデン氏に対し、
韓国における米韓合同軍事演習をやめるよう警告しました。
これも、韓国およびアメリカのDSに対する、はっきりした拒絶の
意思表示だと考えられます。

ちなみに北朝鮮は、アメリカ合衆国におけるバイデン氏の大統領就任を
認めておりません。DS断固拒否を、国家としてはっきり意志表示して
いるわけです。

北朝鮮とは何かを、一言で言うならば、
「第2次世界大戦後、解体せずに残った大日本帝国」
である、ということができるでしょう。

大日本帝国の精神は、帝国が掲げた大東亜共栄圏の理想は、
日本では失われてしまいましたが、北朝鮮において今も脈々と
受け継がれているのです。

北朝鮮はまさに第2の日本であり、現代の日本が失ってしまった精神を、
今に受け継ぐ国であるといえます。

朝鮮半島統一後は、かつてのように併合するという愚策を犯すことなく、
日本人は日本、朝鮮人は朝鮮にすみ分け、別の国家として自立したうえで、
対等の立場で、共に手を取り合って、繁栄を目指していくべきだと思います。

その時には、もちろん、今まで北朝鮮が日本を守ってくれたことに感謝し、
誤解していたことを謝罪するべきでしょう。

さらに、現地に残る残地諜者たちに、戦争が終わったことを告げ、
70年あまりにわたるご苦労をたたえ、残地諜者の任務を解除して
あげることができたらいいなと思います。

両国の益々の繁栄と発展を願って止みません。

13. 2022年1月30日 13:33:30 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[356] 報告

北朝鮮による最近の頻繁なミサイル発射について
個人的見解をコメントいたします。

はじめに、この投稿に対する私のコメント >>4 >>6 >>8 >>12
についてお読みになってからこのコメントをお読みになってください。
よろしくお願い申し上げます。

結論から申し上げあげます。
ミサイル発射の目的は、ズバリ日本DSに対する警告です。

現在、日本国内ではコロナパンデミックのよるワクチン接種が
推進されておりますが、一向に接種が進んでいません。
これは、岸田首相ののらりくらり作戦が功を奏しております。(笑)

岸田さんも頑張っていただいております。
何よりも国民のみなさまが、このワクチン茶番劇に気付き始めた
ことが何よりの成果であります。

この状況に対し、日本DS一味は業を煮やし、図らずも日本に対して
311を上回るような人工災害を起こすべく機会を伺っております。

地球号の位置もさることながら北朝鮮の諜報活動による情報収集
に頼るほかなく、やはり日本が動けない状況にある中でのミサイル
発射によって抑止力が効いているようです。

しかしながら、現状は日本DSの最後の抵抗とも言うべき核爆弾使用
の危機は続いております。
先般のトンガ沖の海底火山爆発を演出したものの失敗に終わった
ことも日本DSの焦燥感を強めているようです。

日本DSは世界でも最強と言われる恐ろしい相手です。
トランプ氏、プーチン氏、習氏も慎重にならざるを得ません。

水面下では秘密裏に日本DSの掃討が徐々に行われています。
米国に始まり日本で終わる・・・という意味はここにあります。

もう少しの辛抱です。真実が公になります。
日本のいや世界の輝く未来はすぐそこにあります。


14. 2022年2月01日 19:43:09 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[2021] 報告
1948年に建国された北朝鮮&イスラエル

北朝鮮を建国したのは日本陸軍の朝鮮人成分の関東軍だが
ひょっとしてイスラエルも日本が??
もうそろそろ日本と北朝鮮&イスラエルの関係をぶっちゃける世界情勢になってきたと思う
アメリカも変わってきているから、いつまでも隠せることではないだろう

北朝鮮の興南道で原爆を作っていた日本は、その部分を隔離して隠蔽する必要があった
韓国のような民主国家になると、残留放射能や、ウラン鉱山の労働者の被爆死やら
山の中の核開発施設、巨大発電所など、表に出てきてしまう
それを防ぐための「隔離」が北朝鮮という国なのである

だから北朝鮮の拉致だのミサイルだの核実験だの・・・日本がやっていることなのだ
というか逆に、明治からの日本政府を運営しているのは李氏朝鮮人たちなのである

北朝鮮の国旗の五芒星は日本の北朝勢力の陰陽道のセーマンではなかろうか
日本陸軍の襟章は五芒星、電通も五芒星だ
北朝鮮の「北」は、京都の北朝由来??藤原北家??

日本海軍の襟章は梅か?梅なら李氏だ
昭和天皇は陸軍が嫌いで、陸軍第二総軍を広島に集めて焼いたほどだ


一方、イスラエルはダビデの六芒星だ
明治からの天皇は、ダビデの末裔ということにして
菊の御紋や、神社の祭でモーセの石板を収めたアークを模した神輿を担がせている
戦争用現人神のためのハク付けだ

だから昭和天皇は六芒星側で、明治以降の天皇が参拝する伊勢神宮には六芒星がチラホラ見えるだろう

しかし、本物ユダヤ人であるパレスチナ人を殺す偽イスラエルも、それを支援する天皇も偽ユダヤ人だ
そもそも偽イスラエルの支配層は白人だ
偽天皇と偽イスラエルは偽ユダヤ人繋がりだろう

東京の図書館のアンネの日記を破く自演で、ネタニヤフが平成天皇に接見したことがあった
たぶん「もっと金くれ」という交渉だったのだろう
日本がイスラエルを育てていることは隠されているが
イスラエル市民は日本に支援されていることを知っている

そもそも北朝鮮やイスラエルのような小国で核開発ができるわけがない
技術の裾野の広い技術大国でなければ無理なことだ

特別会計は天皇の戦争ビジネスの財布として始まった
その特別会計は今は宮内庁が握っているとN氏は言う
日本は米CIAも、イスラエルも、北朝鮮も、韓国も支援して
国債残高1200兆円を超え、金利次第でいつでも破綻してしまう状況だ

特別会計は止められ、イスラエル人は毒チンで殺してしまうという話もあるようだが
もう全てぶっちゃけて寄生虫たちから日本を救う必要がある

15. 2022年2月18日 17:38:12 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[369] 報告

北朝鮮の動向、ロシア、中国、米国、EU、
ウクライナ問題について個人見解をコメントします。

はじめに例の如く、この投稿に対する私のコメントの
>>13 についてお読みになってからこのコメントを
お読みになってください。よろしくお願い申し上げます。

いつものとおり結論から申し上げます。
プーさんは戦争など絶対にいたしません。
戦争を起こそうとしているのは紛れもなくDSです。

みなさんもご承知のとおりウクライナ東部紛争が火種です。
2014年2月下旬に発生したウクライナ騒乱後、
クリミア半島(クリミア自治共和国)とウクライナ本土の
ドンバス地方(ドネツィク州とルハーンシク州)で起こっている
ウクライナ政府軍と、親露派武装勢力や反ウクライナ政府組織、
ロシア連邦政府・軍との紛争(軍事衝突や対立)のことです。

今回、プーさんがウクライナ国境に軍を集結させたのは
上記の東部2州のロシア併合について2州のウクライナ国民が
ロシア併合を嘆願し、プーさんの承認を得るかロシア議会の決議
により併合の成立を保護するためなのです。

事実、ロシアはクリミア2州の併合を認めました。プーさんの
大統領令なのか議会承認なのか詳細は報じられていませんが、
承認はなされてその方向に動き出しました。従って、軍が一部
撤退を始めています。

北朝鮮はすでにプーさんを支持する意向を表明しています。
北朝鮮の支持は当然と言えば当然です。北朝鮮は東アジアで
唯一、DS勢力が入り込めていない国だからです。余談ですが
だからCovit-19によるパンデミックはありません。

北朝鮮の故金正日(キムジョンイル)総書記の生誕80周年
記念日(2月16日)が壮大に行われました。それに伴い、
ICBMなどの兵器の製造状況などがアピールされました。
これらのことは当然にNATOや米国、EUのDSの動きを
牽制するためです。中国のシュウさんは一応見て見ぬふり
をしています。(笑)

ではなぜバイデンは今にもロシアがウクライナに侵入すると
危機を煽っているのでしょうか。NATO(DS勢力)の東部
への拡大になぜこだわるのでしょうか。

それは、ズバリ、バイデン親子のウクライナ問題隠蔽のため
です。ご存知のとおりバイデンがオバマ政権での副大統領時代
に数々の悪事を働いており、DS勢力の拡大に一躍貢献しました。

現在、ウクライナは日本と同様、DS勢力の巣となっています。
だからプーさんは表向き東部2州の併合問題で軍を派遣しましたが
裏ではDS掃討を秘密裏に軍事演習名目で行っていたと思われます。

ウクライナ国内にDSが建設した深層地下施設・・・これは
欧州各国に繋がる秘密施設であり、ペドフィリアの人身売買
にも利用されていると言われており、バイデンの私有財産の
隠し場所としても利用されているものです。

だからロシア軍が掃討しているなどと公にはできないのです。
みんなバレてしまうから、プーさんを悪者にして戦争危機を
煽っているのです。でもプーさんはそんな挑発には乗りません。

どうやらDS掃討の目途がついたようで一部の軍の撤収が
行われています。北朝鮮、中国の陰の支援とともにトラさん
の掌握している米軍も水面下で動いていたようです。

それにしても日本DSメディアは同じ映像を何度も流して
今にもロシアが侵攻するような印象を与えていますね。

16. 2022年2月25日 18:07:38 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[370] 報告

>>15 のコメントに引き続きウクライナ情勢
についてコメントします。

DSメディアは「侵攻」というワードを使用していますが
もちろん「侵攻」ではありません。
プーさんはウクライナ国民がウクライナ軍(DS勢力)に
殺戮されることを阻止するためにあくまでも「平和維持」
を目的として国民を護るために派兵しました。

DSメディアの報道だけを見ている人は理解できないと
思います。そうやって洗脳されるのです。
DSメディアがきちんと報道しないプーさんの今回の
見解を理解しておくべきです。

始まりは、2014年の2月に起きたウクライナ議会前の
マイダン広場で起きた凶悪な仕組まれた暴動です。
このときは、ヤヌコビッチという親ロシア派の大統領でした。

ヤヌコビッチを防衛していた大統領警護隊(親衛隊)の
800人に対して、抗議行動がエスカレートして暴動の形になって
この親衛隊を狙撃して殺したのです。ヤヌコビッチは、国外に脱出して、
今はロシアにいます。彼が、復帰するかもしれない。

このように、合法的に成立していた ロシアの政権を「マイダン暴動」
のクーデターで倒したのは、ウクライナの反ロシア派を操っていた
ビクトリア・ニューランド(米国務省ヨーロッパ、ロシア担当の次官補)
であり、凶悪な統一教会( Moonie ムーニー)の幹部の女と駐ウクライナ
米大使の男でした。いわゆるDSです。

それ以降、ウクライナはDS一味の巣となったのです。
だから、プーさんの主張は、一貫していて「ウクライナをNATOに入れる
という策動をやめよ。それは、ロシアの安全保障に関わる」です。

このことを日本のテレビ、新聞と、有識者(専門家)たちは、口を噤んで
言いません。DSですから当然言いません。
やるべきでない非道なことをやったのは、西側同盟で今回、ロシアは、
実力で、ウクライナを取り戻したわけです。これで、終わりです。
プーさんは、これ以上のことはしないと公に発言しています。

ロシア軍はすぐに全土73か所のウクライナの防空設備のアンテナを
電磁波攻撃で破壊したようです。TR-3Bの支援を受けたものでしょう。
最新の「サイバー戦争」です。

加えて地対空ミサイル「S400」で一斉にウクライナの軍事司令部(地下壕)
の破壊だをしたようです。そして首都キエフの郊外の民間空港と軍事飛行場
の3つにロシアの空挺部隊を投下させて制圧しキエフに入るでしょう。

これでDS一味の地下施設も同時に破壊しつつ沈静化すれば避難していた
ウクライナ国民も戻ってくるでしょう。DSの核爆弾攻撃は絶対に使用
させないようにプーさんは情報戦略も完璧のようです。

トラさんが東部2州の独立を承認したプーさんを天才的だと言ったのは
まさにそのとおりだと思います。


17. 2022年2月26日 15:34:14 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[371] 報告

引き続きウクライナ情勢の今後を推察します。

あと3日間ほどでキエフを陥落制圧するでしょう。
ゼレンスキー大統領が停戦協議を呼び掛けているので
プーさんはそれに応じるものと思われます。

プーさんは、「ロシアの代表団を送る」と言っています。
そして「ウクライナ軍内でクーデターを起こして、今の政権を
自分たちの力で倒しなさい」と呼び掛けています。

ウクライナ軍の中の徹底抗戦を主張する者たちがおそらく
1万人は残っています。この者たちを全滅させなければ
戦闘は終わらないと思います。
その後ゼレンスキー大統領の降伏の申し出が出るでしょう。

ガリシア右翼と呼ばれるウクライナ西側の山岳地帯を中心とする
反共右翼の反ロシア、反共産主義の軍人と活動家たち(DS側に
取り込まれ洗脳された者たち)があと2千人ほど死ななければ
戦闘は終わらないと思います。ロシア軍は精密兵器などの高性能
武器を携帯しており掃討は確実に行われます。

プーさんはこの反共右翼たち(DS)に確実な死に場所を与える
つもりであると思います。掃討ができないとプーさんが逆に命を
狙われることになるからです。

NATOや西側諸国は派兵すると言うだけでウクライナ国内に
兵を送り込むことはないでしょう。さらに経済制裁などを加える
と言っていますが効果は疑問です。

結局、ウクライナは親ロシア派の大統領を選出し国内は安定
するでしょう。そして西側諸国はウクライナさん良かったねと
知らん顔するでしょう。(笑)

こうしてウクライナ国内のDS一味の掃討が終了すれば次は
日本かもしれません。
「米国に始まり日本で終わる」と言われていますからおそらく
そうなるでしょう。その時は、日本DS一味の方々は潔く
切腹していただきたいと思います。


18. 2022年2月26日 20:41:46 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[372] 報告

ここでDSメディアが絶対報道しない真実をコメントします。
信じるか信じないかはあなた次第です。

ウクライナはDSが自分たちのために作ったような国であり
2014年2月に意図的にDSが仕掛けた暴動で政府転覆を
計りました。イラクやリビアなどに仕掛けたものと同一の
構図です。いわゆるカラー革命なるものの陰の仕掛人です。
本当に悪魔です。
そして人身売買、武器、麻薬の密輸、資金洗浄など好き勝手
をして人類を苦しめてきたのです。

ウクライナには豊富な天然資源もあります。
バイデン親子やクリントンの資金源であり、多くの政治家を
買収してきました。

ウクライナDSはトラさんが攻撃するわけにはいきませんでしたので、
プーさんがその役を担っているのです。
だから攻撃と言ってもDSの基地を破壊しているだけです。
世界中ににばら撒く予定だった生物兵器の研究所とかも標的です。

そして、プーさんはウクライナの善良な人々を解放しているのです。
中国のシュウさんや北朝鮮はそういう真実を知っているので
DSメディアが流しているようなロシアを悪者扱いするような
ことはありません。

すべては偽旗戦争での掃討軍事オペレーションであり計画通りに
ウクライナDSの掃討が行われています。
当然ですがロシア軍の犠牲がゼロというわけにはいきません。
命を懸けて戦っている勇敢な兵士に感謝しなければなりません。

次はおそらく日本DSの掃討です。私たちも傍観するのではなく
覚悟しなければならない時が来ると思います。

19. 2022年2月27日 15:54:42 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[373] 報告

@北朝鮮の弾道ミサイル発射
Aロシアに対してSWIFT排除
についてコメントします。

@についてはウクライナ情勢に乗じて米国、中共、韓国、
日本のDSの不穏な動きに対する牽制です。

Aについてはロシアにとって制裁を受けるどころかチャンス
到来といったところでしょう。
ご存知のとおりSWIFTシステムはDSカバールの金融決済
システムです。参加各国の決済用ドル建資金を2日ほど
資金プールして株価や金(GOLD)価格の操作に運用し、
利益を独占したり、資金洗浄したりします。

ロシアは既にルーブルのデジタル通貨システムを構築しており
中国もシュウさんがいち早くデジタル中国元をシステム化して
います。ドルの崩壊予測が最近よく言われていますが時間の
問題でしょう。

ウクライナ情勢が >>18 でのコメントで述べたとおり
平和が確保されたらロシアは直接デジタルルーブルでの決済を
行うかもしれません。つまりQFS(量子金融システム)です。

QFSは即時決済が可能であり、SWIFTのように一時プール期間
はありません。さらにシステムに侵入したりハッキングしたり
データの書き換えなど一切の不正が不可能なシステムです。
システムが運用される量子コンピューターのサーバーの所在場所
は分からないようになっています。

さらにGCR/RVが発動されればGESARAが世界各国で実施
されるでしょう。


20. 2022年3月02日 21:16:35 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[376] 報告
ウクライナ情勢について最新情報を推察します。

ウクライナ国内の「生物兵器施設」の排除がほぼ完了し、
核関連施設の排除と共に他のカバール関連施設などの
排除予定の要素が多少残っているのかもしれませんが
特種軍事作戦上の最優先事項は順調に遂行された模様です。

停戦協議は2回目を調整しているとのことですが、これは
形式的なものであり首都キエフ制圧がほぼ確実になった時点で
ゼレンスキー大統領の降伏の申し出が出るでしょう。

ウクライナ情勢について日本では絶対に報道されない事実を
下記にコメントします。

今回のウクライナ危機の10年前にオレンジ革命というのが
ありました。このオレンジ革命を誰がやったのかと言うと
米国のネオコンがやったのです。
背後にいたのがあのジョージ・ソロスです。その後、他界しましたが
共和党のマケインと組んでやったのです。

そういことはウクライナ現地では公になっています。
ところが日本では報道がされません。ご存じですか?

米国もEUもウクライナに軍事支援するべきであり
ロシアと戦えるようにとそういうことを言うわけです。
改めてジョージ・ソロスが何を考えていたかよく分かります。

ウクライナは利用されて国土をメチャクチャにされたのです。
彼らはウクライナが大切だからやったわけじゃないのです。
彼らのターゲットはプーさんです。
プーさんを何とかウクライナ紛争に引き込んで、反撃しようと
いう魂胆だったわけです。

「オデッサの虐殺」というのがありました。それでもロシアは
軍事介入はしなかった。プーさんはじっと距離を置いていたのです。

コロモイスキーというドニプロペトロフスクの州知事をやっていた
人が解任されたのですが、イスラエル、キプロス、ウクライナの
3重国籍でウクライナ第三の富豪です。
何をやってたかというと、アゾフって私兵集団をもっていたのです。
それがロシア人を虐殺してたわけです。

アゾフ大隊っていうのは旗はハーケンクロイツです。
ナチスの旗でヘルメットにもハーケンクロイツがついていて
あの鍵十字です。

だからプーさんは、ゼレンスキー政権に「非ナチス化」を
要求して同時に「非武装化」も要求しているのです。

いわゆるウクライナDSと戦っているわけで、善良な
ウクライナ国民で特に東部のロシア人を虐殺から救出
しようとしているのです。

日本DSメディアが垂れ流すニュースばかり視聴して
本質を知ろうともしないことはいけないと思います。

21. 2022年3月03日 13:01:46 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[377] 報告

国連総会でのロシア非難決議案採決で分かること・・・

当然に北朝鮮は否決しました。
加えて棄権した国が35カ国にも及びました。

棄権した主な国に中国・インドがありました。
このことは明確にDSに対峙する国がどこであるかを
表したものとなっています。

米国のトランプ氏
ロシアのプーチン大統領
中国の習近平国家主席
インドのモディ首相
北朝鮮の金正恩国務委員長

DS、カバール勢力と戦う勢力の構図が見えてきました。

これは「善」と「悪」の戦いなのです。

残念ながら日本はDSの巣窟となっています。

22. 2022年3月03日 14:32:19 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[378] 報告

ロシアをSWIFTから排除したことがどんな事態を
引き起こしているかコメントします。

いつもの通り結論から申し上げます。
ロシアへの厳しい経済制裁で世界の基軸通貨としての
ドルは終焉します。

プーチンは欧米を誘き寄せ、ブラックスワンの群れ全体を
解き放ったのです。
ブラックスワンとは、企業は信用枠を持ち多くの欧米の銀行に
お金を借りています。これらの企業が債務不履行に陥ると、
(すでに起こり始めていますが)彼らに融資していた銀行は、
まったく予期していなかった融資不履行の大群に苦しむことに
なります。故に「ブラックスワン」と呼ばれています

SWIFTシステムへの依存から脱却するための大規模な脱出が
起こっているのです。また、国際企業は、ロシアとの金融取引が可能で、
より安定した通貨である中国人民元に飛びつくため、ドルそのもの
からの脱却が急がれています。ちなみに人民元が今爆発的に値上がり
しているのはこのためです。

また、現在のロシアの通貨であるルーブルの価値が下がっていますが
プーさんはもちろんルーブル安を呼び込んでいるのであって、それを
理由に金(GOLD)に裏付けされた新通貨のデジタルルーブルに
移行できるからです。

日本の企業もそうですが、ロシアと輸出入を行っている企業は
資金決済ができないため取引が停止してしまっています。
ロシアは実はあまり困りません。中国との取引があるからです。
本当に困るのは欧米や日本なのです。

従って、今後は中国人民元を中心とした基軸通貨がSWIFTに
代わって世界の共通システムになるQFS(量子金融システム)
になるでしょう。(金本位制)

ついにドルの終焉に向かうのです。


23. 2022年3月05日 11:05:58 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[380] 報告
本日、日本時間午前8時59分に北朝鮮が弾道ミサイル
と思われる飛翔体を発射しました。
これに加えて今回のウクライナ危機の今後の展開を
引き続き推察しコメントします。

その前に日本DSが垂れ流しているニュースについて
一言申し上げます。
ロシア側がここを攻撃するぞという事前通告のものは
その映像はフェイクではありません。
それ以外にロシアが攻撃していないと言っているものは
ウクライナDSの自作自演映像でフェイクです。

例えば、州庁舎のミサイル攻撃映像や原発攻撃の映像
などがフェイクです。原発はすでにロシア側が制圧しており
自分で攻撃を演出することはありません。そんなバカな
ことをするのは紛れもなくDS側です。

北朝鮮の飛翔体発射は、いつもコメントしているとおり
米国、中共、韓国などに巣くうDSの不穏な動きに対する
牽制です。ロシア空軍が日本海や北方を頻繁に警戒しているのも
その現れです。DS一味は恐ろしい相手です。

さて、大事なことは、
国際連合の参加国の多数決で、世界政治が決まってゆくのでは
ないということです。その中の大国(列強)が持つ軍事力で、
世界は決まってゆくのです。そのことを私たちは忘れてはいけません。

今回のウクライナ危機は、NATOと米国がロシアに対して、
ウクライナを救援するために強制力(軍事力)を投入出来なかった。
だからNATOは瓦解すると思います。

現在、ロシア軍の本体は一時待機状態にあります。
では何をやっているのかというと、ロシア軍の中の最精鋭の
特殊部隊(スペツナーツという)がウクライナ国内の各地で
ウクライナDSの掃討を確実に遂行している状態です。

一瞬で10人ぐらいを撃ち殺せる猛者たちの部隊で、ウクライナDS
に立ち向かっているのです。このスペツナーツが、「右派セクター」
の過激な暴力集団の民兵組織paramilitaryパラミリタリーというDSに
洗脳された命知らずの準軍事組織を追跡して掃討しているのです。
ロシア軍の彼らは、ウクライナのガリチア右翼への憎しみは深いのです。
虐殺された家族や友人、仲間を想いその理不尽さに立ち向かっているのです。

>>17 でもコメントしましたが、上記のようなウクライナに寄生する
DS一味の掃討が完了しない限りプーさんは徹底的に掃討軍事オペレーション
を遂行するでしょう。確かにプーさんは徹底的にやると言っています。
そしてその掃討が完了したとき、ロシア軍本体が動きます。キエフにも
入ります。

その後、ゼレンスキー大統領の降伏の申し出となるでしょう。

24. 2022年3月06日 21:23:41 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[381] 報告

ロシアが金本位制に向けて動き出したようです。
pravda.ru のサイトで公開されました。
自動翻訳で読むと、外貨の代わりに金と交換できる
ようにするという内容のようです。

https://www.pravda.ru/economics/1687796-zoloto/

やはり私の推察したQFSの方向に世界は進むようです。

さて、ちょっとここで今回のウクライナ危機というか
DS掃討軍事オペレーションについて表には出ない情報を
コメントします。当該コメント内容についてはお読みになる
ご本人の胆力でご理解されますよう念のため申し添えます。

これまでにコメントしてきましたとおり、ウクライナは
ウクライナDS(主に米国DS)の巣窟となっており、
日本DSと共通するところが最大の特徴です。

世界のDS勢力というのは、ローマDSが根幹と言われ
バチカン市国、ロンドンシティ、ワシントンDCの3大DS
勢力がこの地球上の「闇」・「悪」と言われています。

実は2018年には本拠地のバチカンDSの掃討に始まり
ロンドン、ワシントンDCと順次最高幹部クラスの掃討が
水面下で遂行されてきました。総司令官はトラさんです。

DSの残党がウクライナを避難場所とし、秘密裏に核爆弾
の製造や私有財産の隠蔽拠点としているのがウクライナです。
プーさんはDSのロシア人に対するジェノサイドも一つの
理由でありますが最大目的はDSの掃討なのです。

米軍は一枚岩ではなく、やはりDS勢力とトラさんを総司令官
とする勢力が混在しており、NATOはDS勢力の典型です。
従ってウクライナ軍は言わばDS米軍と同一であり、また
ジョージ・ソロスが仕込んだ私有の暴力集団の民兵組織も存在
することからトラさんが掃討すると米軍が米軍を攻撃すること
になるのでそれはできません。だからプーさんが代わって
掃討しているのです。

さらに、ウクライナはDSが核爆弾の製造を原発の地下で
行っているほか、人身売買(特に子供)、麻薬、武器などの
密輸、マネロン、アドレノクロムの製造などやりたい放題
の国として食い物にしているワケです。

ということで、トラさんとプーさんが組んでウクライナDS
の掃討が始まったということです。

25. 2022年3月09日 14:45:02 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[383] 報告

金(GOLD)価格が高騰しているようですので
コメントしたいと思います。

日本時間の本日9日午前9時30分発表の田中貴金属工業の
金価格は下記のとおりです。

・税込小売価格 8,402 円(前日比+218 円)

これは、米ドル建てでいうと 1 toz(トロイオンス31.1035グラム)
2,050ドルで米ドル115円での換算です。(消費税含む)

>>22 >>24 でコメントしたとおり、今まで金価格は意図して
価格を抑えられてきたわけで、米ドルを担保にして金先物を
売り浴びせて金価格の上昇を抑えて来たのです。
しかし、米ドルの力が弱まったのでできなくなってしまったのです。

その原因はもちろんSWIFTの弱体化とインフレです。
加えて今回のウクライナ問題で経済制裁されたロシアは金本位制
に移行することがはっきりしました。貴金属の裏打ちされた
通貨制度に戻すという言い方のほうが正しいかもしれません。

貴金属の金(GOLD)、銀、プラチナなどの価格は上昇します。
世界の現在の経済規模に相当する通貨制度にはGOLDだけでは
不足しますので銀やプラチナも必要となります。

ちなみにQFS(量子金融システム)というのは今後の金融システム
の総称であり、具体的にはロシアや中国がすでにシステムとして
構築済のCIPS(Cross border International Payment System)=
(クロスボーダー国際決済システム)が新金融システムとなるようです。

世界の各国がGCR/RVを実施してGESARAを実行する環境が
これで整うことになり、悪魔の米ドルの基軸通貨は確実に終焉に
向かいます。
貴金属の価格は今後ある程度高騰しますが途轍もなく上昇するわけ
ではありません。プーさんが言っているとおり世界中の人々の財産
保全として所有するのが好ましいということです。


26. 2022年3月13日 10:07:23 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[386] 報告

引き続きウクライナ情勢についてコメントします。

@北朝鮮の核開発見直し及びICBM発射実験は、中共、
 米国、韓国、日本のDSに対する再々の警告と牽制です。

Aウクライナ政府(ゼレンスキー政権を含めた親米傀儡政府)が、
 米国防総省とNIH(米保健省と米国立感染症研究所でファウチが
 所長)の委託で、生物兵器の開発をやっていたことが、証拠付きで
 明らかになりました。このことは重大な暴露です。

B原発施設の地下でウクライナは中性子爆弾(小型核爆弾)の開発を
 行っていました。このことをウクライナ政府は認めています。
 ロシア軍がその証拠書類やサーバーを押収しています。
 この事実は、英国のFT(ファイナンシャル・タイムズ)紙にも、
 嫌々ながら載りました。ロシアのタス通信の記事もあります。

事の本質はプーさんは、ウクライナと戦っているのではない
ということです。DSと戦っているのです。
そしてそのDS勢力を掃討している戦いが今現在、熾烈な戦い
として継続中で時間がかかっています。

>プーさんが、ウクライナに対して要求している「中立化」と
「非ナチ化」がいわゆるロシア過激派たちの排除です。
彼らは「シュヴァルツ・ゾンネ(黒い太陽)」というナチスの中の
秘密結社の宗教団体だったカルト思想を信じています。
アゾフ大隊やドミトロ・ヤロシ主義者たちは、制服や戦闘服にこの
「黒い太陽」の記章を付けています。そして彼らはDSに洗脳された
過激暴力集団としてウクライナで暗躍しているのです。

日本DSのメディアであるTV、新聞もこの世界規模の凶悪事件の
発覚をフェイクニュースでしか報道していません。バイデンに至っては、
「ロシアが化学兵器を使う危険性が有る」などと真逆のことを言って、
真実を覆い隠す演説をしました。

議長国であるロシアの国連大使が、11日に緊急の安保理を開いて証拠の
書類を振りかざしながら議論を公然化させたのに米英さらには仏までも
「さすがに、これはまずい。自分たちの側の巨大な悪事がバレた。」と
右往左往しています。

このまま何もなかったことに出来るとは思いません。
プーさんはウクライナにはびこるDSの掃討が終了しない限りこの特別
軍事作戦は徹底的に継続されると思います。


27. 2022年3月13日 15:16:39 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[387] 報告

さて日本DS掃討はどう行われるの?
・・・という声が聞こえてきそうなのでコメントします。

結論から申し上げます。
日本は戒厳令を発出することはできませんので、
(憲法上も不可)おそらくロシアが北方から侵攻する
という偽旗戦争を演出し、安保条約に基づいて米軍
(トランプ氏が最高司令官での米軍)が自衛隊と組んで
非常事態戒厳令(世界戒厳令)を発出するでしょう。
そして北朝鮮軍、ロシア軍(裏で)の支援を受けて
DS掃討が行われます。

もちろん日本民間人の犠牲もあります。
その時点にならないと今の日本人は本当に目覚めないでしょう。

その前に中共DS、台湾DS、韓国DSの掃討が行われます。
最後が日本です。北朝鮮は中国の習金平氏率いる中国国軍
(中共軍ではない)が同時に北朝鮮軍を支援するようです。

覚悟しましょう。


28. 2022年3月13日 16:18:44 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[388] 報告

さらに具体的に日本DS掃討の推察をします。

世界戒厳令が発出されると空港や港が閉鎖されて
DS一味の国外への脱出逃亡が阻止されます。
NHKを始めとする国内のメディアや新聞社、SNS
管理関連通信企業や大企業本社、政府官邸、国会議事堂、
議員会館、宿舎、各省庁、都庁などが軍による管理下
に置かれます。

一般国民は外出禁止令により行動が制約されます。
軍による食料、薬品などの配布が行われ、病院など
一部の公共施設は運用されるほか電気、ガス、水道
といったライフラインも軍の管理下に置かれます。

DS残党によるテロや原発攻撃を防ぐため、インターネット
を遮断しサイバー攻撃などに対応し、粛々とDS掃討が遂行
されます。確保されるDS一味は米軍の大型収容船に一時
収容されてその場で軍による裁判が行われます。その後、
速やかに刑の執行が行われます。

日本DSがどういう勢力を指すのかは言わずもがなです。
もうすぐ輝かしい未来がやってきます。
新地球の人類の本当の平和と繁栄が到来します。


29. 2022年3月13日 21:04:32 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[389] 報告

ウクライナ情勢【速報】に対するコメントです。

2時間ほど前にウクライナ側から4回目の停戦協議の
情報が出たようですがSNSとMSMの掲載情報がすべて削除
されたようです。

ロシア側によると4回目の停戦協議はロシア側から通告
したものでウクライナ側からではないとしています。

いま速報が入りました・・・ロシアのメディアが報じています。

【速報】停戦交渉数日中に開催か 合意文書議論の見通し

https://news.yahoo.co.jp/articles/c3f9e86b71be6eb617b5170e1b8ce730bcabfc7b


現在、ロシア軍はキエフ手前で待機中。
ウクライナ西部の軍事拠点を空爆。
これはウクライナDSのアゾフ大隊などの西部拠点を
掃討しているものです。

ロシア軍の特殊部隊のスペツナーツがウクライナ西部に
いよいよ入り込むようです。この西部戦線が一番の激戦
となるでしょう。

その前に停戦協議を仕掛けて何とか降伏の申し出を
引き出そうというロシア側の意図があるようです。

数日中ということは今週中にも「降伏」を引き出したい
ものと思われます。プーさんはゼレンスキー大統領の降伏
の申し出を得られれば、ウクライナDSの粛正を一番の条件
にして停戦すると思われます。

30. 2022年3月17日 23:08:58 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[390] 報告

【ウクライナ情勢】・・・さてどうなるのか・・・
コメントします。

・ここ数日でゼレンスキー大統領の降伏の申し出となります。

・ことごとくDS、カバールの策略は失敗し「闇」の負けです。
 悪事が暴露され大々的に表面化します。

私は、あまりTVは観ないのですが、今日NHKのニュース観ちゃいました。
地震のニュースを観たかったのですが、バイデンがプーさんを「戦争犯罪人」
と言ってましたね。思わず「お前のことだろ。」って大声でツッコんで
しまいました。(笑)

さて、今回の地震ですが、DSが仕掛けた地震です。
福島第一を狙ったようです。今回は連続地震誘発でした。
相当、DSが本気で焦っているようです。

ウクライナのDSがプーさんに掃討されているので焦っています。
悪事もバラされているので本気で情報操作して火消しに躍起です。

DSメディアの報道はすべて真逆です。
そのメディアに洗脳されていない人から観るとすべての
ニューズ情報がツッコミどころ満載ではないでしょうか。(笑)

「闇」勢力の負けです。
ゼレンスキーは「役者」です。


31. 2022年3月18日 11:15:22 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[391] 報告

もう一つ大事なことをコメントします。

米国では金融バブルの膨張を維持する唯一最大の策だった
FRBのQEが3月9日に終わり、ちょうど5月ぐらいまでに金融崩壊が
起きるかもしれない状態になっています。

このタイミングは、ゼレンスキーの側近が言っているウクライナが
ロシアと和解しそうな遅くとも5月の時期と一致しています。
しかしウクライナとロシアの和解も時期がずれるかもしれないし、
私が推測している数日のうちにゼレンスキー大統領の降伏の申し出が
あるかもしれません。

ロシアと中国はすでにCIPSシステムの国際決済をやっており、
いわゆる中国の一帯一路に乗っている国々も米ドル決済ではなく
CIPSを利用しています。

経済的にも中国、ロシアの経済圏が優位であり、金融は「金本位制」
にすでに移行していると言っても過言ではないでしょう。

中露の勝ちである。

これまで悪魔的に世界を支配してきたDS、カバールの「闇」勢力は
その残党も掃討されてゆき、米ドル金融体制が終焉します。

前にもコメントしたとおり、世界の潮流は大国の力(軍事力)で
動いていくのです。国連の加盟国による多数決で決まっていくのでは
ありません。私たちはそのことを忘れてはなりません。

だから今回のウクライナ問題で、米国、NATOの軍がウクライナに
投入されなかったのでプーさんの勝ちである。


32. 2022年3月19日 17:00:57 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[392] 報告

【ロシアと中国、単一通貨の導入を検討】・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/17960cfdedc89280ba67c46ce959565dc6c1de11

やはり来ましたね。

「検討」・・・という発表は、「決定」ということです。

決定というよりすでにシステム化しており、CIPSの公表に
なるでしょう。

日本は残念ながら一歩遅れることになりますが
中国とロシアに助けられる格好でCIPSに統合されるでしょう。

もちろん日本DS掃討が終了してからになります。
個人財産の防衛は各自ご自分の判断で早急に実行してください。

輝かしい未来はすぐそこにあります。


33. 2022年3月19日 17:33:48 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[393] 報告

【ウクライナ危機 習近平氏「米中が責任果たす」 バイデン氏と会談】

についてコメントします。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d49a9fee26577b52be2a9a4345c0068c55c51bcd

習氏の
「衝突と対立は誰の利益にもならず、平和と安全は国際社会が最も大切に
 すべき富だ」
という言葉は非常に意味深いです。

そして「米中が責任を果たす」という言葉が何を意味するのか深い思慮が
必要です。、

私は以下のように考えました。

米国DSとCCP(中共)を倒すという意味であろうと・・・


34. 2022年3月20日 22:08:51 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[397] 報告

【北朝鮮が黄海に向け“ロケット砲”4発射撃か】・・・
についてコメントします。

今回のロケット砲を平安南道の陸地から黄海上に向けて
発射するのは珍しいことですが非常に意味深いのです。
これは何を意味しているのかというとCCP(中共DS)
に対してウクライナDS掃討の次はお前の番だという
サインです。

もうすぐウクライナの役者大統領が白旗を上げます。
その後、ウクライナDS掃討と同様に中国が台湾の
中共DSを掃討します。このときはロシアも北朝鮮も
協力します。

それが終わるといよいよ最後の日本DSの掃討です。
そのときはロシア(プーさん)、米国(トラさん)、
中国(シュウさん)、北朝鮮が協力します。同時に
韓国DSの掃討が並行して遂行されます。

いよいよです。


35. 2022年3月21日 15:03:10 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[398] 報告

【テレグラムより速報】・・・

https://t.me/sato39/1029

トランプ大統領&プーチン大統領会見(速報です)

米国時間20日PM7時から配信された
「トランプ大統領とプーチン大統領のそれぞれの会見」
がたった今、終了しました。

まず要点として
・画像に「LIVE」と表示されていましたが、おそらく
過去に録画された内容だと思います。
・当初は「トランプ大統領とプーチン大統領との電話会談」
 といった話でしたが、それとは異なり、トランプ大統領と
 プーチン大統領がそれぞれ過去に実施されたであろう
 会見が録画配信されたものと考えられます。

いずれにしても、まだ何も検証やファクトチェックなどは
出来ていませんので、気になる要点とワードのみを抜粋すると
下記のような話題がありました。

▼トランプ大統領の会見
・新たに立ち上げたSNS「TRUTH SOCIAL」に関する記者との
 質疑応答がありました。
・ペンシルベニア州にて2020年大統領選挙の不正(投票詐欺)が
 あったことに言及。
・「北朝鮮の金正恩ととても仲良くしています」とのコメントが。
・中国(習近平)の台湾に対する言動に関して・・・
 このような出来事は私(トランプ)の政権下では起きなかった。
・SWIFTの排除と国の銀行システムを破壊することは非常に
 大きな前進だ。

▼プーチン大統領の会見
・私たちはウクライナで特別な軍事作戦を開始しました。
 ダンバーの市民を保護し、オフィスにいる私たちの故郷の
 ロシアの兵士の安全を確保するために、負傷した兵士の
 義務を理解するために迅速な方法で私たちの軍隊が
 戦っている本当の英雄のように行動しています。
・第二次世界大戦中にヒトラーの側で戦ったナチスのために
 戦う「ネオナチ」を相手にしています。
 この事実は、様々な事実によって示されています。
 また海外からの傭兵がたくさん存在(ウクライナ国内に)
 しています。
・彼ら(ネオナチ&海外傭兵)は平和なウクライナ市民を
 人間の盾として使用しています。
 そして彼らがロケットランチャーなどの重装備にて
 市民のインフラストラクチャと住宅などを破壊しています。

以上、取り急ぎ掲載しました。

36. 2022年3月22日 20:40:10 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[399] 報告

【ネオナチとは何か】・・・コメントします。

ネオナチ・・・というワードをよく目にしますがここで
少し詳細をコメントします。

ネオナチ=極右組織 です。
・白人至上主義 ・反ロシア、反ユダヤ
・ロシア人皆殺しを堂々と組織の目標に掲げています。

具体的な組織にアゾフ大隊(ウクライナ政府の親衛隊)
右派セクター、C14、ドニプロ1−大隊、エイダー大隊
などがあります。これらの軍隊というかギャングというか
いわゆる過激暴力集団です。バックに大富豪や米ネオコン
がありいわゆるDSと繋がっています。

これらの極右団体はウクライナの政府、軍隊、警察などに
浸透しており、特にアゾフなどはウクライナ議会の政党にも
なっています。さらにネオナチ政党もあります。
ゼレンスキー大統領は言わば取り込まれた操り人形的な存在に
なってしまっています。

ご存知のとおり、ウクライナ東部の2州は親ロシアの人々で
ロシア語を主に話すユダヤ人が多い地域です。この地域の人々を
排除する目的でアゾフ大隊などの極右組織が動き、ジェノサイド
など悲惨な行動をしてきました。

だからプーさんは、ウクライナに巣くう極右組織を殲滅するまで
特別軍事行動は止めないでしょう。
特殊部隊や新兵器を投入して徹底的に俊滅すると思います。

37. 2022年3月24日 17:56:08 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[400] 報告

本日24日の
【北朝鮮ミサイル、北海道西方沖150キロのEEZ内に落下…防衛省発表】
・・・についてコメント(推察)します。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3f98ecffa27748d14be55a14ccea9089abe1bf78

いつものとおり結論から申し上げます。
ロシア東部に対する東アジアに巣くうDSの不穏な動きがあるようです。
いつでも北朝鮮のミサイル攻撃が可能だというサインです。

今回のロシアによるウクライナへの特別軍事オペレーションに対して
米英のDS、カバールの必死の情報戦(プロパガンダ)が展開されて
います。これほどの徹底振りは如何にウクライナDS掃討に歯止めを
かけようとしているか焦燥感が感じられます。

特にBBC、CNNのフェイクニュース、過去の映像、ディープフェイク
などの情報戦は目に余るものがあるようです。
特に日本のメディアに対するCNNの圧力は尋常ではないようです。
NHKは上層部にCNNからの提供情報や映像を使用し報道することが
徹底されているようです。

東アジアと中国に対するDS一味の不穏な動きはもちろん
ウクライナ情勢と連動していますので、北朝鮮が韓国DSの
動きも把握しながら牽制しているようです。

38. 2022年3月24日 21:46:10 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[401] 報告

【プーチン大統領の決意・・・】

「我々はネオナチと戦っているのだ。」
この言葉に凝縮されている。

ネオナチの根っこは、もちろんDSである。
だからウクライナDSと言ってもいい。
裏で糸を引いている一番のワルは、米英DS。
特に米DSのCIAや国務省、軍産(ネオコン)である。

ネオナチの中でも命知らずの猛者がひしめくアゾフ大隊は
ロシアの特殊部隊も互角に戦うほどの強敵である。
現在、このアゾフ大隊との熾烈な戦闘が続いている。

プーさんは、このネオナチに死に場所を与えると言っている。
つまり、完全に叩き潰すということだ。
米英DSが情報戦を激化させているのも焦っている証左だ。

だからネオナチを完全に排除、掃討するまではプーさんは
特別軍事行動を続けることになる。

何れにしても時間の問題。どんなに経済制裁しようと
どんなに西側諸国にロシアを敵視させようとプロパガンダで
情報操作しようとも米軍本体やNATO軍をウクライナに
投入できなければロシアプーさんの勝ちである。

39. 2022年3月26日 15:19:28 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[402] 報告

【戦争ジャーナリスト ララ・ローガン】の告発

これは是非ご覧になってください。
ネットでも現在、真実の告発として取り上げられています。

2022.3.25【ウクライナ】戦争ジャーナリストの勇気ある告発!
我々はウクライナについて壮大な規模の嘘をつかれている!
【及川幸久−BREAKING−】

https://www.youtube.com/watch?v=BpIiOtfSNe0

ここで言っている「グローバリスト」とはDSのことです。

40. 2022年3月27日 18:05:54 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[403] 報告

【すべてが繋がっている】・・・

これからコメントする話は、あくまでも私の個人の妄想です。
興味の無い方はスルーしてください。
ご参考までに・・・

>>28 でコメントしたとおり今後は世界の「闇」であるDS、カバール
の最終掃討が世界中で行われます。そして最後が日本です。

以下の出来事・・・
・2020年米国大統領選挙の監査(トランプ氏による)
・暗号セキュリティ不正と規制
・シルクロードのスエズ運河妨害
・欧州防衛2021
・ロシアのウクライナ特別軍事行動
・ミャンマークーデター
・イランとバイデンの取引
・プランデミックの暴露(コロナとワクチン)
etc・・・
すべてが繋がっているのです。

そして最後がウクライナ情勢から生み出される
第三次世界大戦への偽旗イベントが開始されます。
それにより「世界戒厳令」が発出されていよいよ最終の
「闇」勢力一掃が行われます。

ブラックアウトと金融システムの停止、戒厳令による
外出禁止令の発出が行われ、すべてが「軍」による
統制下に置かれて「闇」が一掃されます。

その後、輝かしい世界が待っています。
「闇」に侵された地球はすべてが開放されて本当の
平和と愛に満ちた新地球がやってきます。

これまで「闇」勢力に隠されてきたテクノロジーなどが
すべて公開され宇宙テクノロジーも公開されます。
フリーエネルギー、メドベッド、反重力テクノロジーなど
と共にUBIの実施、量子システムによる世界統一システム
が稼働(量子インターネットなど)して素晴らしい世界が
やってきます。

私たちは今、この偉大なる歴史的瞬間を迎えることが
できるのです。

41. 2022年3月28日 14:42:35 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[404] 報告

【黒海に浮かぶスネーク島・・・ここには何があったのか?】

kamakuraboyのブログより・・・
https://ameblo.jp/ymhkobayasis/entry-12733905557.html

侵攻から18時間でロシア海軍が占領した黒海に浮かぶスネーク島、
つまり、ロシア軍の軍事作戦上それほど優先順位が高かったという
ことでしょう。果たしてここには何があったのか?

2022年2月24日から始まったロシアによるウクライナへの侵攻では、
開戦からおよそ18時間経ったところで、ロシア海軍により上陸、
占領された。ウクライナ側は当初、防衛に当たった13人全員が死亡したと
発表したが、後にロシア軍による二度の攻撃を退けたものの最終的に
弾薬不足により投降を余儀なくされたと訂正。

「イスラエル保健省とモサドがスネーク島で運営していたの危険な
バイオラボで、このバイオラボ内にある狂犬病ウイルスがエアロゾル化
された場合ほぼ100%の死亡率で地球を破壊し得るものだった」と、
プーチン大統領はトランプ大統領に電話で語ったのだそうです。

記事の一部をご紹介しておきます。

ウクライナでの軍事作戦開始直後、プーチン大統領からトランプ大統領への
3回目の電話で語った内容(マー・ア・ラゴ関係者)

木曜日(2月24日)、トランプはプーチンから3回目の電話を受け、
ロシア軍がウクライナ全土で13の生物兵器施設を消滅させたと
聞かされたという。中には地下にあるものもあり、確実に破壊するために
何度も攻撃したという。

プーチンは、アメリカのNIH、フランスの保健医療研究所、ドイツの
感染症研究センターといった西側諸国が、研究助成金と称して、これらの
研究所に何十億ドルもの資金を流し込んだと主張した。その証拠に、
「世界が耳を傾けてくれるようになったら、いずれ公表する」と彼は言った。

プーチンによれば、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は
研究所について知っており、公式な監視なしに秘密裏に運営させる代わりに、
キックバックを受け取っていたという。

"プーチンはトランプに、2020年2月まで遡って、ゼレンスキーに研究所を
解体するよう何度も警告し、ゼレンスキーが従わないなら自分がやると
警告した。彼は、小さな巻き添え被害は認めたが、ウクライナの人々を
危険にさらしたゼレンスキーは自分だけを責めればいいとトランプに言った」と、
情報筋は語った。

プーチンはまた、イスラエルを名指しで非難した。彼は、イスラエル保健省
とMOSSADが、黒海のドナウデルタの近くに位置し、ウクライナの領海を
区切る重要な役割を持つ、ウクライナに属する陸塊であるスネーク島で
バイオラボを運営していると述べた。

プーチン大統領はトランプ氏に、スネーク島のバイオラボは、エアロゾル化
された場合、ほぼ100%の死亡率で地球を破壊する可能性のある兵器化された
タイプの空中狂犬病の研究に関与していたと述べた。

「彼は、すべての病原体が激しく攻撃され、それらを不活性にするのに十分な
効果があることを保証するために予防策を講じたことをトランプに保証しました。
彼は、彼が熱気化爆弾を使用したかどうかは語らなかったが、可能性が高いようです」

(次のコメントに続きます)


42. 2022年3月28日 14:43:24 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[405] 報告

以前こんな内容のことをプーチン大統領がトランプ大統領に電話で
語っていたそうです。

プーチンはトランプに対し、ウクライナにある既知の外国製生物兵器研究所を
すべて「粉々に打ち砕いた」と語ったが、生物兵器プログラムの開発を担当する
多くの科学者が砲撃を逃れ、現在ゼレンスキーの保護を受けているとも述べた。

マール・ア・ラゴの情報筋によれば、プーチンは、マールブルグ出血熱、
エボラ出血熱、空気感染する狂犬病などの兵器化プログラムの先頭に立った
9カ国27人の科学者の名前を並べ立てた。

生物兵器プログラムの開発を担当する多くの科学者らはロシア軍によって
処刑されたというニュースもありましたが、「電話魔」のプーチン大統領は
2名は米国人だった、DARPAが関係していたと、トランプ大統領に
語ったそうです。

このような内容を我々はどう、受け止めたらよいのでしょうか?

事実であるならば、人類にとって極めて危険なバイオラボを、モサドや
ウクライナ及びペンタゴンが、「生物兵器禁止条約」

生物兵器の開発・生産・貯蔵・取得及び保有の禁止(第1条)

に違反して運営している状況であるということにほかならないのでは
ないでしょうか?

以上です。

このようなことは本当に恐ろしいことであり、世界にはびこる「闇」の
勢力は本当の悪魔なのです。トランプ率いるアライアンス側は、プーチン、
習近平、モディ、金正恩を中心にしてこの「闇」と戦っています。


43. 2022年3月28日 15:18:57 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[406] 報告

【ロシアが千島列島で3000人以上の軍事演習 日本へのけん制か】
3/25(金) 18:16配信 日テレNEWS

https://news.yahoo.co.jp/articles/b0e3c76c6d4cbac273e8d87efa6cc928592c8558

についてコメントします。

ロシア軍の日本DSへの軍事作戦予告とも言えるものです。
プーさんは日本を敵対国に認定しました。
絶対に許さないとウクライナの時も軍事演習といって軍事作戦を
行っています。

>>27 >>28  でコメントしたとおりの掃討が行われます。
西側=国際社会=日本政府=テレビ・メディアなどの
DSの大清掃は米国から始まり日本で終わるのです。


44. 2022年3月28日 21:13:33 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[407] 報告

是非ご覧になってください。

その1
【ロシア国防省 ウクライナの生物学研究所に関する資料の分析結果 2022/03/10】

https://www.youtube.com/watch?v=YjKB_K4iRS4

その2
【ロシア国防省 ウクライナの生物学研究所に関する資料の分析結果 2022/03/17】

https://www.youtube.com/watch?v=XGxiE3Vrc4I


45. 2022年3月31日 17:47:58 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[408] 報告

>>44 に続いての動画です。

その3
【ロシア国防省 ウクライナの生物学研究所に関する資料の分析結果 2022/03/24】

https://www.youtube.com/watch?v=BKBhl4Vt16U&t=304s

如何に米国DSが恐ろしいことを計画し、実行しようとしているのか
その証拠が暴露されています。

特にウクライナという国は、どうもDSの本拠地になっているようです。
蛇でいうと蛇の頭ということでしょうか。

私たちは真実を知って戦わなければなりません。

46. 2022年4月01日 14:57:15 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[409] 報告

【米ドルの終焉・・・】

https://t.me/sato39/1295

ロシア中央銀行は数日前、金を固定価格で買い入れると発表した。
個人による金の購入にかかる税金が廃止されました。
これらが何をもたらすかは、トップレベルの金融アナリストでなくとも
理解できるだろう。

ルーブルが例えば金1グラム5,000ルーブルで固定されており、
1トロイオンスが32グラム、つまり1オンスの金が16万ルーブル
であるとすると、ドル換算では1オンス1,928ドルではなく、
ルーブル使用時には1オンス1,600ドルであることになる。

この一手で、ロシアは世界のドルの価値の約30%を破壊することになる。
ドルにとって唯一悪いのは、ロシアが石油とガスをルーブルでのみ
販売することを決定し、ルーブルが金1グラム5000ルーブルに固定
されたことです。石油やガスを買いたい人は、ルーブルで支払うか、
金で支払うかしなければならず、支払いとして提示した金の価値を
米ドルで受け取ることはできないのです。

世界中の人々が、文字通り自分のお金をルーブルに換えて、ドルや
ユーロを処分する。ロシアが今やったことは、核爆弾を爆発させたのと
同じ金融的な意味合いを持っている。

この地球上で最後に自国の通貨に金を供給しようとしたのは、
ムアンマル・カダフィだった。その後どうなったか?
NATOがリビアに入り、爆撃し、洗脳された地元の人々が
カダフィを路上でつかまえて頭に弾丸を撃ち込むまでである。
この計画はプーチンではうまくいかないだろう。

今、世界の銀行家がどうなっているか知っていますか?
彼らはパニックになっています。いわゆるEUの首脳もビクビク
しています。彼らは、ロシアのやったことが米ドルもユーロも完全に
破壊することを理解しています。そして、これらの銀行家たちは
各国首脳に、第三次世界大戦を直ちに開始しなければならない、
と言うでしょう。

効果:ロシアのガスや石油を必要とするヨーロッパは、プーチンから
金でルーブルを買うか、石油やガスの代金を金自体で支払わなければ
ならなくなる。ドル建ての債務を予備的に保有している外国は、
ドル建ての債務に即座に、そしてはるかに少ない利益を見出し、
その価値を維持する、より安定したものを優先して、それを取り除き
始めることを望むだろう。

実際、金と連動する通貨であれば、すべての要件を満たすことができます。
つまり、日本のような国は、できるだけ早くドルの負債を捨て始める
ということです。アメリカ船と一緒に沈むつもりはないのです。
彼らは、ルーブルなどのより安定した通貨に切り替えるでしょう。

これはルーブルのデフレ効果をもたらし、やがてルーブルの価値を
高めていくことになる。これは、プーチンがルーブルのペグをいつでも
好きな時に、例えば500、50、10に変えられるということでもある。
彼にとってはどんどん価値が上がっていくのです。

その結果、外国がドル準備高を切り崩すと、余分なドルはすべて本国に
戻り始め、米国では今以上に強力なハイパーインフレが引き起こされる
ことになる。バイデンが先週、ロシアに政権交代を求めたのも当然だろうか?
彼は、怒って文字通り飢えている大勢のアメリカ人に、答えを求めながら
ここ自国の通りを行進することを強要しようとしている。

忘れてはならないのは、先日プーチンが公然と
「今、人々はドルやユーロでの貯蓄を、土地や食料、原材料などより
安全な投資に切り替えるだろう」と発言したことだ。


47. 2022年4月01日 20:45:43 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[410] 報告

【この投稿のコメントをお読みに来られる皆様へ】・・・

私(I3QUOKUWqw)のコメントを興味深くお読みに
来られる方々は、すでに真実に気付き次元上昇のステップを
順調に成功させていることと察知申し上げます。

@北朝鮮は唯一DS勢力が入り込めていない国であること。
Aめぐみさんが金正恩氏の実母であり、かつ日本の血統を持つ
 金王朝の大切な人物で第二の日本(大東亜共栄圏)の中心的
 存在であること。
Bそして、ことごとくDS勢力に侵された日本を北朝鮮が護って
 いてくれていること。
CウクライナはDS、カバールの本拠地と化しており、蛇の頭
 であること。だからこの頭を切り落とせばDSの消滅となること。
D悪魔のDS勢力がロシアの国民とプーチン大統領を抹殺しようと
 する計画が事前に準備されていたこと。それに対してプーチン
 大統領が現在、DSの掃討を遂行中であること。
Eこのウクライナへのロシアによる特別軍事行動により、FUと
 ナチス帝国(ネオナチ勢力)は降伏を交渉しようとしていること。
 しかしDS勢力の掃討が完了しない限りプーチン大統領は降伏を
 認めないということであり、今現在(4月1日)プーチン大統領は
 「機が熟していない。」という言葉を発していること。
Fそして米国バイデン一味(米国DS)も降伏するのか即時軍事裁判で
 処刑されるかを選択しなければならないことを意味することであること。
Gこのロシアのウクライナへの軍事行動はかなり前から綿密に計画されて
 いたのであり、トランプ氏の協力が当然あったこと。
HDS掃討を遂行するアライアンス側は、トランプ氏、プーチン氏、
 習氏、金正恩氏、モディ氏が中心になっていること。
Iすなわち米国(トランプ氏)、中国、ロシア、インド、北朝鮮が中心
 となって、それに追随する世界各国が新しい世界秩序を形成していくこと。

以上のようなシナリオが事実であり、まもなくそれが成就することを
知っている人々であると確信しております。

「これは訓練ではありません。」

48. 2022年4月02日 23:03:40 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[411] 報告

【なぜナチスがロシアの滅亡を策略するのか・・・】

ネオナチ(ナチスと言ってもいい)がドンバス地域の
ウクライナ東部の2州を目の敵のように排除行動をとり
悲惨なジェノサイドを繰り返してきたこととロシアに
対する侵略計画をDS一味がなぜ実行しようとしていたのか・・・

さらにウクライナだけでなく、世界中の国々に生物学研究所(生物兵器)
を建設し、運営資金を支援してきた米国DS(特にオバマ、ブッシュ政権)
が中心となって世界中に生物兵器をばら撒く計画だったことがロシアに
よって暴露されています。(証拠付きで)
(私のコメント >>44 >>45 参照してください。)

これらの恐ろしい計画がなぜ実行されようとしていたのか・・・
その理由をコメントします。
(私の妄想です。興味の無い方はスルーしてください。)

ズバリ申し上げます。

それは、偉大なるタルタリア帝国が13世紀から19世紀初頭まで
存在し、英国を中心とするDSヨーロッパと激しい戦闘を繰り広げ、
1816年、大量の核兵器による攻撃で、国民もろとも、この世界から
姿を消してしまいました。このタルタリア帝国の中心地が現在の
ロシア(モスクワ)だからです。ふたたびタルタリアの生き残りである
民族(ロシア系白人やユダヤ人など)を抹殺しようと企んだのです。

タルタリア帝国はユーラシア大陸の北側全体、シベリア、中央アジア全域を
カバーし、東は千島列島から満州、朝鮮半島まで、南はインドの一部、
西はウラル山脈から小アジア半島までカバーしていました。

これだけではなく、北アメリカ大陸の大半と、ブラジル・ペルーなどの
南アメリカ大陸の一部まで、版図にしていたようです。
まさに史上最大の帝国でした。
その後、DSは、あらゆる手段を講じて歴史を改ざんし、この帝国の
存在そのものを、人類の記憶から消し去りました。

そしてまた同じようにこの2022年現在、タルタリアの再来とも言える
ロシアや東アジア地域を抹殺しようとしていたのです。
1816年にやったような核兵器による攻撃は現在では同じようにやれないので
生物兵器をばら撒く計画をしていたのです。
DSが得意の色革命による政権転覆はプーチンには通用しないので、ウクライナ
からNATO軍と共に戦争を仕掛けると同時に生物兵器を使用する計画でした。

しかしながら、その企みもトランプ氏率いるアライアンス側にバレており
プーチン大統領はトランプ氏の協力を得て、今回のウクライナへの特別軍事
行動に踏み切りました。

だから2月24日の軍事行動開始と同時にウクライナの軍事拠点、生物学
研究所を精密兵器で一気に攻撃したのです。生物学研究所はほとんどが
地下に施設があったためロシアの特殊部隊が制圧し、DS一味が関与している
証拠を手に入れたのです。原発もその地下に研究施設が建設されていました。

なんと恐ろしいことでしょうか。
これが悪魔であるDS一味の「闇」勢力なのです。

しかし、DSは、もう降伏するしかないのです。
トランプ氏が最高司令官である米軍(空軍、宇宙軍が中心)、
ロシア軍、中国軍(中共DS軍ではない)には勝てないからです。

核兵器も米軍ではトランプ氏の管理下にあるので第三次世界大戦
にはなりません。(偽旗戦争を演出するかもしれませんが。)

ということで、もうすぐ本当の平和な世界が到来します。
その前に大きな嵐を経験しなければならないと思います。
その嵐を乗り越える覚悟が必要です。

なお、タルタリア帝国については下記を参照してください。
参考までに関連チャンネルをご紹介します。

笹原チャンネル・・・
【マッドフラッド1 人類の文明は、19世紀初頭に核戦争で一度滅んでいた?
史上最高の栄華を誇ったフリーエネルギー文明の運命とは!?】

https://www.youtube.com/watch?v=YRV9g6aX2aU&t=132s

49. 2022年4月05日 16:09:21 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[412] 報告

【いよいよDS、カバール勢力の発狂が頂点に・・・】

ウクライナのキエフのゼレンスキー政権は、昨日、「キエフの北西の町、
イルピンとブチャとホストメリで、410人の射殺された遺体が見つかった。
これは、ロシア兵が、退却するさいに虐殺されたウクライナの一般市民である。
これはロシアのプーチンとその周りの者たちの戦争犯罪である」と発表した。

ロシア政府は、「ロシア軍は、ひとりの市民にも暴力を振るっていない。
事件は、キエフ政権による、いつものやり口で、捏造されたものだ」
と声明を出した。
ラブロフ外相は、「ロシア軍は、30日にはブチャから撤収た。そのあと、
ブチャの市長は、市内は平穏だ、と言っていた。そのあと、どうして
こういうことが起きるのか」と、ウクライナ政府による捏造を指摘した。

ドイツ、フランスも加わった国際的な停戦合意であるミンスク合意を
破って東部ウクライナを攻撃し続け、ウクライナの住民を虐殺し、国際法違反
の生物兵器を開発し、ロシアを追い詰めてきたのはDSとその代理の
ゼレンスキー政権のほうではないのか!

ロシアは当初から民間人が犠牲にならないよう、軍事拠点と生物兵器研究所
とネオナチの拠点に絞って攻撃してきました。そして、「3月30日には
ロシア軍はブチャから撤退していたのに、その後に亡くなった直後の
遺体が見つかるのは時系列的に矛盾する」というロシアの反論は具体的です。

西側同盟を支配するDS勢力は、事実を捏造しこんな卑劣なことまでする。
今やウクライナ軍の中心の国家親衛隊の中核になっている凶悪な
ネオナチ思想を持つアゾフ連隊がやった戦争犯罪である。
それを応援しているアメリカが、これまで自分たちが、どれほど
世界中でたくさんの虐殺を行ってきたか。そのことの延長線で、
血に飢えているアゾフ連隊がやったことだ。
世界中の第3世界の人々は、自分の国でもこれまでに、これと似た
ヒドいことを、英米はやってきたと分かっている。

DS勢力の西側メディアによる戦争プロパガンダはいよいよ佳境に
入ってきている。それは取りも直さずDSが如何に追い詰められて
いるのか逆に分かりやすい。

韓国DSまでもが北朝鮮に先制攻撃を言い出すなど、よほど世界中の
DS一味が発狂し出したか、これも分かりやすい。

これで、ロシアがEU側に天然ガスの供給停止が本格化して長期化
すればEU側は白旗を上げるしかなくなる。
さらにルーブルの金本位制の通貨制度がロシアと経済圏を共有する
国々に浸透しだすといよいよドルの終焉に向かうのである。

プーさんは兎にも角にもウクライナのDS拠点とネオナチを掃討
するまでは黙々と軍事行動を遂行するだろう。
DS勢力の西側メディアによる戦争プロパガンダがどんなに流されようと
真実は一つである。


50. 2022年4月05日 17:59:37 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[413] 報告

【スペイン人ジャーナリストの勇気ある現地報道】・・・

如何にDS勢力の西側メディアによる戦争プロパガンダが
ウソまみれで卑劣なものか・・・

ウクライナ現地に入ったスペイン人ジャーナリストの
勇気ある現地報道を紹介しているチャンネルです。

是非、ご覧になってください。

2022.4.4【ウクライナ】ウクライナ に侵入したスペイン人
ジャーナリストの勇気ある現地報道【及川幸久−BREAKING−】

https://www.youtube.com/watch?v=p6HlbilOUz0&t=910s

51. 2022年4月07日 15:08:39 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[414] 報告

ウクライナの生物学研究所に関する報道は絶対にない・・・
あなたはTVなどでその報道を観たことはありますか?

ロシアはウクライナでの特別軍事作戦において様々な
DS・カバール側の計画の証拠を掴んでいます。

国連の安全保障会議でロシアはウクライナの生物学研究所に
関してその内容を証拠を提示して発表しました。
>>44 >>45 のコメントに動画リンクがあります。)
しかし、西側諸国は全く取り合おうとしません。
それどころか英米DSメディアは戦争プロパガンダを執拗に
流し、ロシアの戦争犯罪を捏ち上げようと必死です。

なぜ必死にプロパガンダで情報操作するのか分かりますか?
>>48 でコメントしたとおり、世界中の国々に生物学研究所(生物兵器)
を建設し、運営資金を支援してきた米国DS(特にオバマ、ブッシュ政権)
が中心となって世界中に生物兵器をばら撒く計画がロシアに阻止されて
しまったからです。

このバイオラボで開発した【細菌兵器】を無人ドローンで散布する計画は
日本にもそのノウハウを輸出する計画がされていました。
DSウクライナ・バイオラボ13の生物兵器施設を消滅させたプーチン大統領
はDS・カバール勢力にとって早く排除したいターゲットになっているのです。

でもプーチン大統領は慎重に身の安全を図りながら徹底的にDSウクライナ
とネオナチ組織を掃討しています。
まもなく「機が熟した。」とプーチン大統領は発言するでしょう。
その時こそ、ウクライナ政権(DS一味)の降伏となるのです。
同時に英米を中心としたDS・カバール一味の崩壊となるのです。
NATOは解体されるでしょう。DSが造り上げたドル体制も終焉します。

DSメディアにプロパガンダで洗脳されている善良な人々はやっと
目覚めることができるでしょう。
真実が公表されます。

私たちはその歴史的偉大な瞬間を目撃するのです。


52. 2022年4月07日 21:33:20 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[415] 報告

DSメディアのプロパガンダで心を痛めている皆様へ・・・

下記の情報もご覧になってくださいませ。

【ブチャやらせ劇場 ライブカメラだけが真実】
https://golden-tamatama.com/blog-entry-only-kyiv-live-camera-is-true.html


53. 2022年4月09日 15:08:38 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[416] 報告

DSメディアのプロパガンダで心を痛めている皆様へ・・・その2

ブチャの真実はバイデンに不都合で明らかにならないかも・・・

2022.4.8 【ウクライナ】ブチャについてPart2【及川幸久−BREAKING−】

https://youtu.be/qD8o09-UWII

54. 2022年4月09日 15:10:45 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[417] 報告

DSメディアのプロパガンダで心を痛めている皆様へ・・・その3


全ての暴露が世界を繋ぐ闇への真の挑戦
プーさんとトラさんの対談

これは最初で真の挑戦・・・

https://youtu.be/aPaHDoLaals


55. 2022年4月09日 15:45:05 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[418] 報告

https://t.me/mayun83mayun/47440

プーチンさんのこの心粋には非常に感動します、泣けます(記事は下記に)

https://t.me/sato39/1406

救世主プーチン、35,000人の子どもを解放!トランプに語る

▼救世主プーチン、35,000人の子どもを解放‼️
トランプに語る

▼ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は土曜日、
ドナルド・J・トランプ大統領に対し、ウクライナでの
「特別軍事作戦」によって、
彼が「特に幼い子供を世界的に売買する東欧の拠点」と呼ぶ場所での
年季奉公から3万5000人の子どもを解放したと語ったと、世界で最も
パワフルな2人の指導者の会話を知るマー・ア・ラゴ関係者は述べた。

▼プーチンの言葉が誠実であれば、彼がウクライナに入った
本来の理由は、米国、西ヨーロッパ、イスラエルが資金援助している
生物兵器研究所を消滅させることである。

▼しかし、ロシアの特殊部隊(スペツナ)がウクライナ中央部で
小児性愛者の野営地に偶然出くわし、そのような施設がウクライナに
何百と点在していることを知ると、プーチンは新たな大義名分を掲げたのである。
小児性愛者の「汚物」と「クズ」をすべて粉砕し、「神なき国」にはびこる
地獄のような児童売買組織をすべて壊滅させるというのだ。

▼土曜日、プーチンはトランプに、彼の軍隊が150の人身売買の巣窟を
特定し、慎重に狙った結果、約3万5000人の子供たち(そのほとんどはロシア人)
が性的奴隷から解放されたことを明らかにした。

▼"これらの解放は、ほとんどがロシアのスペツナによって行われた。
プーチンはトランプに、子どもたちが中にいるかどうか、子どもの
人身売買業者がまだ作戦を監督しているかどうかさえ知る術がないため、
キャンプを恣意的に爆撃するわけにはいかないと言ったのだ。

▼多くの場所で、人身売買組織は戦争のために逃げ出し、子供たちは
自活するために取り残されていた」と、情報筋は語った。
しかし、すべての人身売買の巣窟が、ウクライナの田舎の人里離れた
アクセスしにくい場所に隠されているわけではありません。

▼プーチンによると、特殊部隊は、キエフの中心街にある
ヴォロディミル・ゼレンスキーの主な仕事場である政府庁舎から
2ブロックしか離れていないオフィスビルで、大規模な児童売買の
シンジケートを発見したという。
スペツナスはそのビルに潜入し、8人の密売人を殺害し、実に陰惨な
光景を目の当たりにしました。
65人の子供たちが狭い檻の中に入れられていたのです。

▼"トランプ大統領よ、これが我々が戦う理由だ。
犬のゼレンスキーがこのことを知らなかったなんて、ありえない。
彼の目と鼻の先にあったのだ。
ウクライナ全土で、ロシアの子供、ウクライナの子供、
ヨーロッパからの子供、そして、アメリカからの子供が見つかっています。
この背後にいる悪人どもは、叩き潰し、絶滅させなければならない。
ウクライナは広大で、この汚物どもは何十年も恐怖に耐えてきたのだ」と
プーチンはトランプに語った。

▼プーチンは、自分の使命は高潔で名誉なものだから、世界がどう思おうと
構わないと言い、困難で必要な目標を達成する為に、必要なら東欧全土を
踏破すると誓ったのである。
「この犯罪者達は」
「1991年以来」
「余りにも長い間」
「ここで悪事を働いて来た」
「今、それを止める」

以上です。


56. 2022年4月10日 11:34:37 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[419] 報告

金価格について・・・

マーケット市況情報(田中貴金属工業)
土日の店頭価格(4/9〜4/10)2022年04月09日 09時30分
金     8,605円

https://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/shikyo_detail.php?id=2290

2022年3月25日の金価格は8,500円でした。
円安により価格自体や税込み価格の上昇はありますが、価格水準は
高騰レンジにあります。

ルーブルの通貨体制が金本位制に移行したことや中国との連携で
CIPS決済が基軸になりつつあることなどが、その要因です。
しかしながら、金価格は上昇し続けるのではなく、世界経済規模
に応じた現物資産の裏付けによる価格水準を維持することになる
のです。従って、投機的意味合いの価格推移は存在しなくなるでしょう。

私たちの財産保全という観点からの現物資産保有でOKです。
QFS(量子金融システム)による通貨体制は完全デジタル通貨で
運用され、その裏付けは貴金属による現物資産になります。

QFSなど量子システム全般についてはこのスレコメントでは割愛
させていただきます。
各個人で勉強なさってください。
情報開示の時期はもうすぐです。

57. 2022年4月10日 11:36:43 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[420] 報告

DSメディアのプロパガンダで心を痛めている皆様へ・・・その4

ブラックアウトとシャットダウン・・・

https://youtu.be/dcvK99YTTY8

このような情報を知っているのと知らないのとでは全く心構えが
違ってきますし、あなたの心自体がポジティブになります。

真実がまもなく公表されます。
シートベルトをしっかり締めましょう。

58. 2022年4月10日 12:08:27 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[421] 報告

ここでちょっとウクライナ問題から離れて
北朝鮮の真実ということでコメントします。

【北朝鮮の真実9 日朝首脳会談の茶番。どっちが日本の味方なの!?】

https://shunsasahara.com/entry/2021/03/05/191847

(是非、ご覧になってください。)

2002年9月17日、平壌の百花園招待所にて、日朝首脳会談が
行われました。出席者は、日本側は、内閣総理大臣(当時)小泉純一郎、
北朝鮮側は、国防委員長(当時)金正日です。

小泉純一郎は、もちろん日本DSの幹部の1人です。
小泉首相の後ろに、会談に同席した安倍晋三の姿も映っています。

この日朝首脳会談は、まさにキツネとタヌキの化かしあいです。

59. 2022年4月10日 17:44:51 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[422] 報告

虐殺は「自作自演のでっち上げ」・・・

民間人の死者は「ウクライナ政府の無責任な政策の犠牲者」
駐日ロシア大使が語った“認識”【報道特集】

https://news.yahoo.co.jp/articles/633bc756b1fd77b3286ac21cc5485147e4075ecf

「報道特集」の金平キャスターが、駐日ロシア大使のガルージン氏に
単独インタビューしました。
その中で、ガルージン氏の以下の発言・・・

「“推定無罪”という西側流の民主主義の大原則が、あるいはいかなる国の
法律体系の大原則はいったいどこに消えてしまったのかということを
むしろこちらから聞きたいんですよ」

「外交官の追放はまず無責任である。非効果的である。そして西側がロシアを
圧迫するためにもう他に手段が無くなっているということを示していると
思います。もちろん私はその類の措置を厳しく糾弾しています」

この発言の中の
「西側がロシアを圧迫するためにもう他に手段が無くなっている
ということを示している」
・・・
これが真実でしょう。プロパガンダも最後にはウソがバレます。
まもなく、「闇」=DS、カバール勢力の長き歴史上の数々の悪事が
証拠付きで暴露されます。

やっと、「悪が滅ぶ」のです。

60. 2022年4月11日 13:41:00 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[423] 報告

>>44 >>45 に続いての動画です。

その4

https://youtu.be/Sxc4ueRFlTo

【ロシア国防省 ウクライナの生物学研究所に関する資料の分析結果 2022/03/31】

DS一味は本当に悪魔です。
ロシアはDSの悪行の証拠を多数確保していますね。

61. 2022年4月11日 19:58:24 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[424] 報告

歴史的瞬間がやってきます・・・

https://youtu.be/h-XdRZm-m2A


62. 2022年4月12日 16:06:35 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[425] 報告

ウクライナ問題に関連して
フランス大統領選挙、北朝鮮と韓国DS、
そして「第三次世界大戦」への扇動についてコメントします。

@フランス大統領選挙について
 マクロンとルペンの決戦投票が24日に行われますが、
 DSメディア側はいつもの如くマクロン優勢と報道し、
 ルペンは極右政党の党首だと強調しています。

 極右と報道されると「ネオナチ」と一緒じゃないか・・・
 なんて考えてしまいますが、そうではありません。
 ルペンは極右ではなく反グローバリズムなのです。

 例によって不正選挙でなければルペンが勝利するでしょう。
 フランスはEUのリーダー国でありますが、ルペンはEU離脱
 を言っています。ルペンが大統領になったらウクライナ情勢に
 多大な影響を与えることになるでしょう。

 下記の動画が詳細に解説しています。参考までにご覧になってください。
 (的確でよく分かります。)
 2022.4.11【フランス大統領選】マクロンvsルペン!
 反グローバリストの逆襲【及川幸久−BREAKING−】

 https://youtu.be/EzX2LhQR7yI

A北朝鮮と韓国DSについて
 韓国の次期大統領(DS側)が北朝鮮に対し先制攻撃に言及
 しましたが、北朝鮮は核保有を強調して牽制しました。
 当然ですが、日本に手出しすると容赦しないぞということです。

B「第三次世界大戦」の扇動について
 これもDSメディアは一丸となって扇動報道をしていますが、
 そんなことにはなりません。欧州の核保有国の中で実質的に
 核兵器行使が可能な国はフランスです。英国やその他EU諸国は
 米国の核を置いているだけであり、あくまでもその行使は米国
 になります。フランスは欧州が核の戦場になることだけは避けたい
 でしょう。日本でも憲法を改めて核の保有をしようとするアホな
 DS勢力の言動が見受けられますが言語道断です。

 さらに、米国の核は、米軍の最高司令官であるトランプ氏の管理下
 にあるので心配ないです。バイデンは正規の大統領ではないからです。

以上のようにWW3も無いし、DSメディアのプロパガンダもウソが暴露
されていきます。

しっかりとベルトを締めて激変する世界情勢を見守りましょう。


63. 2022年4月12日 21:15:37 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[426] 報告

明るみに出た恐ろしい情報・・・

ロシア外務省、ウクライナはロシア兵士との捕虜交換に
応じなかった MFA Russia 2022/04/06

https://youtu.be/ASmmU9G3o2k

64. 2022年4月13日 13:29:05 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[427] 報告

では、経済情勢についてコメントします。

米国40年ぶりの物価高・・・
https://news.yahoo.co.jp/articles/72a57b09a627f06bff2399ae95564c3568c8e3ae

金価格 最高値更新・・・
https://gold.tanaka.co.jp/index.php

2022年4月13日 9時30分(田中貴金属工業)
金 税込小売価格 8,773円/g

そして、円安・・・進行中
これは米国が利上げしても、日銀だけ利上げしないからです。
金利が付かない円を売って、金利が高いドルを買っているからです。

では、なぜ日銀は利上げしないのでしょうか。
それは、株の買い上げを止められないからです。
日銀は、最近も懲りずにまたETF買いをやって、
株を買い支えしています。
日銀はもはや上場企業の約半分の筆頭株主になっています。

円安を止めるにはジャブジャブマネーをストップして
ETF買いを止めなきゃならないのです。

でも、それだと株の大暴落が起きてしまう。
だからもう八方塞がり状態なのです。
日銀さえも利上げを開始すると・・・
言わずもがなですよね。

これまでに何度もコメントしているとおり今後はQFSに
移行します。すでにロシアは金本位制に移行しつつあります。

確実にドル体制の終焉となります。


65. 2022年4月13日 19:41:03 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[428] 報告

ウクライナ情勢の真実が理解できます。そして何よりも
日本人として勉強しておくべきことです。
(是非ご覧になってください。)

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12737138685.html

「チェチェンの過去は今のウクライナと同じ」:チェチェンの歴史と武勇伝

(一部転載ここから)

彼ら(西側)はあなた方が悪いことをすることしか望んでいません。
侮辱的なことです。具体的にはバイデンやヨーロッパ、NATOが
やったことです。これまで彼らがどれだけの国を彼らが滅ぼしてきたかは、
皆さんもご存じのはずです。アフガニスタン、シリア、リビア、イラク・・・
彼らの現在の目標はウクライナの人たちを破壊することです。
そのために、彼らはあなた方をスラブの兄弟分であるロシアに抵抗させました。

今の西側メディアがプーチン大統領を「極悪人」に仕立て上げたのと同じ方法で、
チェチェンも「極悪国家」に仕立て上げられていたし、他の多くの国も同様だった、
ということです。遡れば日本も、「極悪」な国だったそうですし、そのリストには
きりがないくらいです。

ゼレンスキーを頭とする彼らは崩壊するでしょう。あのゴミはもうウクライナの
将来に居るべき人間ではありません。皆さん方のご健闘をお祈りします。
そしてあなた方が愛する人たちや、すべてのウクライナの人たちのためにも。

この戦争が少しでも早く終わるよう期待しています。
そうしたら、あなた方も兄弟たちの隣で暮らしていきます。
ご幸運を!

(連載ここまで)

以上です。


66. 2022年4月13日 20:09:46 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[429] 報告

世界を解放する計画と闇の内輪揉め・・・

https://youtu.be/ya9Gc9GkXgI


67. 2022年4月14日 14:17:21 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[431] 報告

さて、ウクライナ情勢もプーさんが主要な軍事施設や
拠点をさらに大規模攻撃すると予告しました。
いよいよ「機は熟す」に向かっています。

今後のロシア国防省の情報に注目しましょう。
その前に北朝鮮のミサイル発射の真意について再度確認
したいと思います。このスレの私のコメントをお読みに
来られる方々は、すでに真実を知っておられるとは思いますが
以後、金正恩氏がキーパーソンになりますし、北朝鮮の動向が
重要になりますので再確認しましょう。

【北朝鮮の真実10 北朝鮮のミサイル発射の真意は!?
北朝鮮は今も日本を守っている。】・・・

https://shunsasahara.com/entry/2021/03/08/201516

あの延坪島砲撃もミサイル発射と同様に日本にとって
北朝鮮からのアシストなのです。


68. 2022年4月15日 14:16:42 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[432] 報告

4月12日、プーチン大統領がブチャと和平交渉と
戦争について語った言葉です

以下にプーチン大統領の演説の全文をそのまま掲載します。
(機械翻訳のため読みづらい箇所もあります。)

https://youtu.be/vf4Vc7Wl89w

(ちょっと長文ですがお読みになってください。)

【2022年4月12日、ウラジーミル・プーチンの演説】

特別軍事作戦は計画通りに進んでいる。もちろん、私たちの社会で
起きている議論や、海外で起きている議論もしっかり見ています。
ここでは何一つ隠すことなく、この仕事、この軍の仕事に客観的な
光を当てなければならない。そして何よりもまず、ロシアの兵士と将校、
ロシアの戦士たちの英雄的行為、祖国への奉仕で見せる勇気に感謝したいと
思います。そして、困難で危険な作業を行うという点でも同じです。
ドンバスやウクライナでは、我が国の軍隊がロシアの権益を守るために
活動している。ロシアを守り抜く。

ベラルーシ大統領は、軍事作戦が始まる前から、ウクライナで西側が育て、
推進している勢力との衝突、ネオナチや過激な民族主義者との衝突は
避けられないと、このように言っていたのではありません。
これはもはや時間の問題であった。彼らは準備を整え、その時を待っていたのだ。
そして、私たちは、そのとき言ったように、それを絶対に許さないのです。
それが私たちの行動の論理です。ウクライナで起きていること、
そしてウクライナ人は、今日の悲劇的な状況にあっても、
もう一度言いたいのですが、私たちの兄弟である人々なのです。

まず、すべての起源は19世紀に遡ります。ウクライナのナショナリズムは、
ご存知のように、第一次世界大戦に向けて、特にオーストリアの参謀本部に
よって支持されていた。何のために?分断して統治する、それがシンプルな
ロジックです。ロシアの国民を分断し、そしてバラバラにして食い潰すこと。
第二次世界大戦でも全く同じことが行われた。
ご存知のように、ポーランド人とユダヤ人の大虐殺はドイツ人自身によって
行われたのではなく、まさにこのSS師団、ガリシア、バンデリストなどに
よって行われたのです。このプロファシストのクズどもは、彼らは、ロシア人、
ユダヤ人、ポーランド人という民間人を破壊したのです。
誰もが知っていることです。

そして今、ウクライナ映画の年代記の写真で、ドンバスの戦闘地域で
ナチスSSガリシア師団の徽章をつけた人々が立っているのを目に
することができる。このことは、私たちがこの作戦を開始することで、
適切な時期に、適切な行動をとったことを示しています。
そうでなければ、そこにはもっと多くの人がいるはずです。
作戦の経過については、もっと早くできないのか、という声もよく聞きます。
はい、そうかもしれません。それは、戦闘の激しさにも関係しています。
そして、戦闘の激しさは、残念ながら常に死傷者の数と密接に関係しているのです。

この損失を最小限に抑えながら、設定されたすべての目標を達成することが
私たちの仕事です。そして、参謀本部が当初から提案していた計画に従って、
あくまでもリズミカルかつ冷静に、厳格に進めていく。
このことは、何度もお話ししています。今さら、記者会見の枠の中で、
すべてを繰り返す必要はないはずだ。ウクライナのある地域での活動は、
敵の戦力を拘束し、軍事インフラに対して攻撃を行い、それを破壊することに
のみ焦点が当てられている。ドンバスの領土でより積極的に行動するための
条件を整えること。それが、私たち全体の目指すところです。

2月24日の朝、私が言ったことをもう一度思い出してほしい。
私たちの目標は、ドンバスに住み、ロシアと密接な関係を持ちながら、
8年間にわたりジェノサイドにさらされてきた人々を助けることです。
このような状況ですが、すべて計画通りに進んでいます。

では現在は?私たちのロジックとしては、理屈は簡単です。
なぜなら、第一次世界大戦の前も大祖国戦争中も、ウクライナ社会と
ウクライナ人のある部分、特に西洋思想に関連した部分が、ロシアに対して
利用されたからであるが、そして今日、この時代にも、このような使い方を
しようとしているのである。
だから、ナチスSSガリシア師団のシンボルマークが入った制服を着ている
人たちは、まあ、クソ野郎としか言いようがない。

しかし、彼らに共感し、自分たちをナチスではなく、民族主義者とみなす
人たちもいるのです。しかし、彼らも、欧米側の主たる目的がウクライナ支援
ではないことを理解しておかなければならない。ウクライナは、ウクライナ国民
の利益と何の共通点もない目標を達成するための手段に過ぎないのです。
そこにこそ問題があり、ドンバスやウクライナ全体における我々の行動の
背景にある論理があるのです。

では、ブチャに関してはどうかというと、だから聞いてください。
今まで欧米諸国の仲間たちとたくさん話してきました。
そして、ブチャの話をされるたびに、「ラッカに行ったことがありますか」
と聞いています。アメリカ空軍によって完全に破壊されたこのシリアの
都市を見たことがありますか?
そして、実際に遺体は瓦礫の中で何カ月も腐敗したまま放置されていたのです。
誰も気にしない、誰も気づかない。アフガニスタンで、一度の空爆で結婚式に
出席していた何百人もの市民が犠牲となったことを誰も覚えていないのと
同じことです。静粛に。

彼らがシリアで挑発行為を始めたとき、アサド政権による化学兵器使用を
捏造したとき、そのような沈黙はなかった。
後になって、これはフェイクであることが判明した。

ブチャでも同じように偽装しています。
そして、アレクサンドル・グリゴリーエビッチは、私に書類を渡して
くれたりもした。また、そのことを何度か口にした。
連邦保安庁に引き渡された文書です。誰が、どのように、関連する会話を傍受し、
どのような交通手段でその位置に行き、この挑発と偽りを組織するための
条件を整えたのかを説明した。

さて、和平交渉に関してですが、イスタンブールで一定の合意に達しました。
それは、ウクライナに対する安全保障(ウクライナは非常に幅広い安全保障を
主張しているが)を、クリミア、セヴァストポリ、ドンバスの領域には
拡大しない、というものでした。
その後、ご存知のように、和平交渉を継続するための条件を整えるための
行動を起こしました。その後に、ブチャで挑発行為を見たのです。
そして最も重要なことは、ウクライナ側がイスタンブール合意を放棄したことです。

今は安全保障の要求が一人歩きして、クリミア、セヴァストポリ、ドンバスに
関することはすべて置き去りにされている。つまり、また行き止まりに誘導
されたわけです。しかし、昨夜、ウクライナ側がまた何かを変えたと聞いています。
具体的にどのようなことなのか、今はわかりませんが、このように基本的な問題で
行ったり来たりしていると、当然、話し合いで全員が納得するような合意に
至ることは難しくなってきます。そして、これが達成されない限り、
軍事作戦は完全に遂行され、作戦開始時に設定されたすべての課題が
解決されるまで継続されます。

以上が全文です。


69. 2022年4月15日 15:40:23 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[433] 報告

ウクライナ軍を仕切っているのはアメリカ軍?!
フランス人ジャーナリストが証言 CNEWS 2022/04/08

https://youtu.be/x7mA3b9nZ5M

何度も言いますが、
ロシア(プーさん)は米国DS(特にCIA)と戦って
いるのです。
今回の特別軍事作戦は表面化した最終戦争なのです。
だから、プーさんは軍事作戦は完全に遂行され、
作戦開始時に設定されたすべての課題が解決されるまで
継続されると言っているのです。

結局、裏で糸を引き悪行を尽くすのは、この世の悪魔、
「闇」勢力=DS、カバールなのです。


70. 2022年4月15日 20:47:32 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[434] 報告

計画を信頼する皆さんへ愛を込めて・・・

https://youtu.be/7QklEcSFf_k

目に見える真実は2割。


71. 2022年4月15日 21:44:15 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[435] 報告

ここで、もう一つ大事な事項を確認したいと思います。
私のコメントの中で何度も記載しているワードの
「QFS(量子金融システム)」と
「NESARA(ネサラ)、GESARA(ゲサラ)」です。

ウクライナ問題が終結した後に必ずこのQFSとネサラ、ゲサラが
クローズアップされます。
現在、ロシアの金本位制への移行もその兆しの一端に過ぎません。
すでに中国、イラクなど多くの国々が移行準備を完了しています。

その時を迎えるためにも以下のサイトで分かりやすく解説されて
いますので、是非ご覧になってください。

サイトの記事はNESARA/GESARA 1 〜 14 まであります。
1から順次お読みになると良いです。

https://shunsasahara.com/archive/category/NESARA%2FGESARA

輝かしい未来は、目の前にあります。
どうぞポジティブな気持ちで、「ちむどんどん」してください。


72. 2022年4月17日 13:14:27 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[437] 報告

さて、ちょっと息抜きコメです。

【MLB】大谷翔平、262日ぶり2戦連発3号2ラン 
開幕7戦HRゼロから量産態勢、敵地ファン愕然(日本時間17日)

https://news.yahoo.co.jp/articles/4779660325962758df70838eb1a356d791d4513f

はい。スゴいですね。大谷さん!!
そこでいつもの私の妄想コメです。(笑)

みなさんご存じのとおり背番号は「17」です。
これは、もちろん「Q」を意味します。(アルファベット17番目)
そして、今期からHRでのベンチ内クオリティー・コントロール
イベントに白いカウボーイハットが登場しました。
これも、もちろん「ホワイトハット」の表面化を意味します。

大谷翔平 白いカウボーイハットかぶせられたワケ…
今季エンゼルスの新たな儀式 

https://news.yahoo.co.jp/articles/d3bf8c842ca2db73355e23a8b7983ae4144ca2a4

はい。「Q」に「ホワイトハット」・・・
このスレの私のコメントをお読みに来られるみなさまには
もうお分かりですね。ちむどんどんしますでしょ。

もう一つ言いますと、大谷翔平選手は岩手県出身の東北人です。
これもお分かりですよね。YAP遺伝子を持つ日本人です。
余談ですが、3.11などで東北沿岸地域をDSが人工地震で狙う
理由の一つでもあるのです。

・・・ということで、ちょっと妄想してみるのも面白いですね。
ポジティブにいきましょう。

以上です。


73. 2022年4月17日 21:56:06 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[438] 報告

【プーチン大統領、ムハンマド皇太子と電話会談】 
二国間協力やOPECプラスなど協議 2022年4月17日, 01:24

https://jp.sputniknews.com/20220417/opec-10641772.html

OPEC加盟国、ロシアと関係を悪化させるつもりはない 
ロシアはきわめて重要なパートナーであるとムハンマド皇太子
は発言。

これに加えて、当然ながらプーさんは石油代金決済のドル建てを
止めてCIPS決済(QFSによる)への移行を再確認したものと
思われます。

さらにサウジは3月の時点で中国向け石油輸出で人民元建て
決済を検討していることが報じられました。

サウジと中国、中国向け石油輸出で人民元建て決済を検討

https://jp.sputniknews.com/20220316/10372924.html

サウジは当然ロシア、中国のCIPS決済システムに移行する
でしょう。世界の基軸通貨である悪魔のSWIFTシステムの
終焉にますます拍車がかかると思います。


74. 2022年4月17日 21:57:50 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[439] 報告

北朝鮮 飛翔体2発を発射・・・について

【韓国軍、北朝鮮による飛翔体2発発射を確認】
2022年4月17日, 10:45

https://jp.sputniknews.com/20220417/2-10643360.html

北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は17日、金正恩総書記が
「新型戦術誘導兵器」の発射実験を視察し、実験は成功したと
報じています。

これは「戦術核」のミサイル発射実験と考えられます。
韓国DSや米国DSに対し、日本DS掃討遂行における
阻止行動や策略への牽制です。

さらにロシアの極東エリアへの不穏な動きが見られるため、
それに対する牽制もあります。
先日のロシアによる日本海でのミサイル発射軍事演習も
その意味合いがあります。


75. 2022年4月17日 21:59:10 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[440] 報告

イベントを目撃せよ・・・

https://youtu.be/mBx-b81sxJM

すべてはホワイトハットのコントロール・・・

なお、コメント >>71 で紹介しましたサイトを
ご覧になっていない方は、是非お読みになってから
このコメントの「イベントを目撃せよ」の動画を
ご覧になると言葉の意味がよく分かります。


76. 2022年4月17日 22:00:41 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[441] 報告

ロシア いよいよウクライナ東部完全制圧か・・・

【マリウポリで最大400人の外国人傭兵が包囲−ロシア国防省】
2022年4月17日, 20:11

https://jp.sputniknews.com/20220417/400-10645818.html

コナシェンコフ報道官は、
「すでに発表しているが、マリウポリの戦闘員の無線通話では
6カ国語が使用されている。今後、抵抗した場合、彼ら全員は
殲滅させられることになる」と述べた。

外国人傭兵は、アゾフ大隊のメンバーと共に動いており、おそらく
死ぬまで戦うだろう。プーさんは、彼らに死に場所を与えると
当初から発言しており、彼らを殲滅するまで軍事行動は止めない
でしょう。

さらに、首都キエフ(キエフ郊外の軍事施設に対して)への
攻撃を強化しています。

【露国防省がキエフへの攻撃強化 ウ軍のロシア住宅地への攻撃受け】

https://jp.sputniknews.com/20220415/10632672.html

長距離巡航ミサイル「カリブル」で攻撃を実施しており、ウクライナ
の軍事拠点は完全に破壊されているようです。
また、西部の軍事施設も巡航ミサイルで攻撃を強化している模様です。

これらのロシア軍による軍事行動により、近日中にゼレンスキー
大統領の降伏の申し出となる可能性が高いと考えられます。


77. 2022年4月18日 14:47:00 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[444] 報告

不正も苦しみもない新世界へ・・・

https://youtu.be/G3m0X1gHD_I

ゲサラ新世界は、もうすぐやってきます。
恐ろしい「闇の悪魔」から解放されるのです。


78. 2022年4月19日 15:06:13 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[445] 報告

さてさて、円127円突破です。
金価格 2022年4月19日 9時30分(田中貴金属工業)
税込小売価格 8,967円/gです。

127円台は、約20年ぶりの水準です。
原因は、日銀が金融緩和を続けているからです。
(>> のコメントでも書いたとおりです。)

ちなみに、ドル円チャートと米10年国債の金利チャートは
まったく一緒の動きをしています。経済指標を毎日ご覧になって
いる方は、もう一度じっくりチャートを見てみてください。
連動しているのです。

米国の金利が上がれば、円安になる。
ゼロ金利の日本円を売って、金利の高い米ドルを買うからです。
ちなみに、これだけ金利が上がると米国では資金の逆流が起きて
株価大暴落が始まってしまうのですが、そうならないのは
なぜでしょうか。

日銀がジャブジャブマネーを刷って市場に資金を注入している
からです。日銀だけが頼りなのです。
日銀というのは、日本人のための銀行ではないです。
単にBISの日本支部です。
(スイスのBIS=国際決済銀行(Bank for International Settlements)
中央銀行の中央銀行です。)

米国のFRBや欧州のECBがこれ以上、金融緩和できない時に、
日銀が緩和しているだけなのです。
BISグループの一員として動いているだけなのであって、
日本の景気とか日本人の生活なんてどうでもいいのです。

ちなみに、スイスのバーゼルにあるBIS本部は
ドイツとフランスとスイスの国境が重なるところにあります。
その理由はここでは書きませんが、この私のコメをお読みに
来られる方々は、もうお分かりですよね。そのとおりです。

さて、貴金属の値段が上がるとドルの基軸通貨体制の崩壊
となることは、言わずもがなです。
今後は、ジャブジャブマネーで株価だけは、上がっていく
かもしれません。

しかし、それは実体経済と全然関係ない世界の出来事なのです。
株価は上がっても市場やスーパーマーケットなどで物が買えない。
ガソリンも買えない。・・・なんてことになるでしょうね。

実体経済の方は、むしろ中国やロシアを中心に金本位制の
基軸通貨体制で回っていくことになります。(QFS)
その経済圏の国々はインフレにはなりません。

ドル体制は、株価暴落のないハイパーインフレになる可能性
が大です。日本は、おそらく中国、ロシアの経済圏に乗って
いくようになるでしょう。もちろん、それは日本に巣くうDS
が一掃されてからになります。


79. 2022年4月19日 15:12:55 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[446] 報告

すみません。↑の

(>> のコメントでも書いたとおりです。)の
リンク番号が消えていました。

>>64 です。失礼しました。


80. 2022年4月19日 21:18:48 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[447] 報告

これは起こるべくして起こる・・・

https://youtu.be/S96sv2bJyeU

大いなる目覚めのとき・・・
銀行の移行インベント・・・


81. 2022年4月20日 20:13:23 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[448] 報告

ウクライナ東部マリウポリ 解放されたイリイチ製鉄所
(2022年4月19日, 20:21)

https://jp.sputniknews.com/20220419/10660540.html
(現地の公表された写真10件が掲載されています。)

ウクライナ民族主義者の拠点となっていた同国東部の要衝
マリウポリにあるイリイチ製鉄所が、ドネツク人民共和国の
民兵によって解放された。
現在、製鉄所はロシア軍と同共和国の管理下に置かれている。


82. 2022年4月20日 20:14:13 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[449] 報告

ウクライナのマリウポリのアゾフスタリ製鉄所から
合計140人以上を救出=ドネツク人民共和国
2022年4月20日, 12:17 (更新: 2022年4月20日, 17:52)

https://jp.sputniknews.com/20220420/140-10668876.html

ドネツク人民共和国とロシア国防軍はアゾフスタリ製鉄所の
施設に3個所の人道回廊を設置し、児童を含む民間人、
及びウクライナ保安庁職員らをあわせて140人以上、救出した。
ロシア側の情報によると、アゾフスタリ製鉄所で籠城する
アゾフ大隊は民間人を拘束し、「人間の盾」として利用しているという。


83. 2022年4月21日 10:54:26 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[450] 報告

北朝鮮「米、ロシア安保懸念を努めて無視…ウクライナ危機の主犯」
4/21(木) 10:21配信 中央日報日本語版

https://news.yahoo.co.jp/articles/83d18bc8ca8de0a57df58eaff34194168cbd3352

この北朝鮮外務省が言っていることは、まさに真実です。
やはり、事の本質が解っていないと言及できないことです。
DS勢力の滅亡を見据えた北朝鮮(第2の日本)は流石です。


84. 2022年4月21日 20:41:53 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[451] 報告

マリウポリはロシア軍の管理下に置かれた=ロシア国防相
2022年4月21日, 16:13 (更新: 2022年4月21日, 17:52)

https://jp.sputniknews.com/20220421/10680909.html

ロシアのショイグ国防相は、同国のプーチン大統領に、
ウクライナ東部のドネツク州にあるマリウポリはロシア軍
並びにルガンスク人民共和国及びドネツク人民共和国両軍の
管理下に置かれており、戦闘員はマリウポリにあるアゾフスタリ
製鉄所の敷地内にしっかり閉じ込められていると報告した。

プーチン大統領、アゾフスタリ製鉄所への襲撃中止を命じる

プーチン大統領は「カタコンベに手出しする必要はない
『アゾフスタリ』の産業ゾーンを封鎖しなければならない。
ハエが跳んでいかないように」と述べ、アゾフスタリ製鉄所
への襲撃を中止するよう命じた。

アゾフ大隊を主力に生き残り約2,000人がアゾフスタリ製鉄所の
敷地内(おそらく地下壕内)に潜伏しているものと思われる。
プーチン大統領は、ハエが跳んでいかないように封鎖しなければ
ならないと述べており、ロシア軍の攻撃は中止して、おそらくは
特殊部隊による殲滅を遂行するものと考えられる。こうして当初の
アゾフ大隊民族主義者たちの死に場所を与えるのであろう。

数日は殲滅に時間がかかると思われるが、例の5月9日までには
必ずゼレンスキー大統領の降伏が引き出されるであろう。
特別軍事作戦は、当初の計画通り遂行されて終結するのである。


85. 2022年4月21日 21:40:01 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[452] 報告

現時点でのウクライナ情勢に係る考察(推察)・・・
(いつもの通り私のコメントに興味のない方はスルーしてください。)

@ネオナチの殲滅について
これは、計画通りに遂行されており、当初からウクライナ国内
 の一般民間人の犠牲が最小限になるように軍事オペレーションが
 行われたと言えます。特殊部隊とロシア軍本体の犠牲は有るが
 軍事作戦を遂行している以上不可避でしょう。

Aロシア艦隊旗艦の「モスクワ」沈没について
 これは、プーチン大統領はおそらく沈黙していると思われますが
 英米の潜水艦からの魚雷攻撃だと考えられます。ここでも少なからず
 乗員の犠牲はあったものと思われます。
 しかし、この旗艦への英米による攻撃に挑発されてプーチン大統領が
 動くと、それこそ英米との全面戦争に発展するので事実は黙認
 されたものと考えられます。英米DS側のこのような非常に
 恐ろしい仕掛けは常套手段でしょう。プーチン大統領は冷静です。

BDS掃討遂行と今後の世界情勢について
 英米DSによる戦争プロパガンダに見るメディア腐敗も、もうすぐ
 終焉し、このウクライナ問題の終結により、DSの悪事が公表される
 ことになるでしょう。
 さらに、対ロシア経済制裁を実施したことから逆に西側諸国が窮地
 に追い込まれていくことになり、ドル基軸通貨体制の終焉となります。
 QFSに移行し金本位制通貨制度が復活します。

日本は、国内DS勢力の残党の掃討が終了してから米国(トランプ氏)、
中国、ロシア、インド、北朝鮮(最終的には朝鮮半島の統一を実現)、
サウジ、イラク、イランなどの国々を始めとして世界の主導国となって
人類の平和と発展に寄与していくことになるでしょう。

輝かしい未来は、もうすぐです。
私たちは、この歴史的瞬間を目撃するのです。


86. 2022年4月21日 22:10:39 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[453] 報告

神からの贈り物・・・

https://youtu.be/G9IVrRDhgAI

私たちは、この歴史的瞬間を目撃するのです。

87. 2022年4月22日 15:20:53 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[454] 報告

政府 AIや量子技術に関する新戦略まとめる
2022年4月22日 13時11分

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220422/k10013593721000.html

【独自】バイオ・量子技術・AI・次世代医療の成長戦略4分野、
政府が重点投資  2022/03/08 05:00

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220308-OYT1T50005/

「闇」=DS勢力が一掃された後に到来する輝かしい未来は、
量子システムがITの基幹を構成すると同時にAIによるシステム
運用が必要不可欠なのです。日本は世界の指導国として、その役割
を担うため当然ながら日本国内でサブ運用する量子コンピューター
が設置されることになっています。(メインは別にあります。)
上記2件の記事は、そのための準備措置と言えます。

現状は、すでに米国(トランプ氏)、中国、ロシア、北朝鮮(従来
の残地諜者の後継技術者たち)などのアライアンス側が
量子コンピューターシステムを運営しており、世界のQFSや
医療ベッド制御システムなどの量子技術を支えます。

量子コンピューターのサーバー群の所在地は、機密扱いとなっており
トランプ氏のほか数名が知り得るだけです。
また、サーバーブロックチェーンは、ハッキングはおろかデータの
書き換えなど不可能であり、すべての事象に対する記録と共に
不正は排除されます。

これらの技術は、DSが一掃された後に6,000件にも及ぶ新技術
(宇宙テクノロジーを含む)と共に完全公開されます。
例えば、フリーエネルギー(共振電磁場理論復活)やプラズマ
エネルギーによる医療用メドベッド、反重力テクノロジーなど
です。

私たちの未来は確実に輝かしいものであり「闇」ではなく本当の
「光」の世界となるのです。


88. 2022年4月22日 22:38:42 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[455] 報告

モスクワでNATOの残虐性を語る展覧会開催中、ウクライナから
持ち帰った軍服や広島長崎の展示も 2022年4月21日, 21:45

https://jp.sputniknews.com/20220421/10684068.html

特に、ウクライナ国旗がついた軍服、兵士の生年月日や血液型が
記されている認識票は、高い関心を呼んだ。
展示品の解説文によると、軍服は、NATOのスタンダード仕様に
のっとって作られたものであると書かれている。

その隣には、アゾフ大隊の旗とアメリカ国旗が一緒に展示されており、
アメリカ国旗には銃撃の跡がある。
アゾフのロゴが入ったナンバープレートやワッペン、認識票も
展示されている。


89. 2022年4月22日 23:12:41 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[456] 報告

マリウポリ市街地陥落
プーチン大統「アゾフスタルからはハエの一匹も逃すな」
アゾフの命乞い・・・

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12738725005.html

(ここから抜粋転載)
施設内に市民は本当にいるのか?

ウクライナ軍は「アゾフスタルの工業地区には市民がいる」と
繰り返しており、そのためにロシアは何度も、降伏する時間を
延長しています。

しかしこれまで、周辺地区には市民は居ても、工場施設自体からは
市民は一人も出てきておらず、ドネツク軍報道官のバスリン氏は
「またウクライナ軍の嘘だ」と一蹴しています。

別の情報源によれば、工場施設内にいる「市民」というのは
アゾフの家族にすぎないという話もありました。
あるいは単にNATO関係者などがいるから出てこれないだけ
かもしれませんが、市民が本当に施設内に居てアゾフが彼らの
安全を気にするのであれば、そういう人たちを表から堂々と
逃がせばよいだけの話です。
今でも投降を呼びかける放送は続けてますし。

しかしこれまでさんざん、アゾフらは一般の市民を攻撃・拷問、
人質に使っておいて今更なにを言っているんでしょうね?

ちなみに、この工業施設の中には腐敗し始めている遺体も
散乱しているという話もありました。

(転載ここまで)

アゾフが、なり振り構わず命乞いをするということは
やはり完全包囲されたことを意味していると思います。
しかし、プーチン大統領は容赦しないでしょうね。
投降を拒否することは、最初から想定済みですから
何度も言っているとおり彼らに死に場所を与えるつもり
です。

アゾフはウクライナでロシア系住民の殺戮を平気で
行ってきました。プーチン大統領の言う「非ナチ化」は
ロシア系住民を救出するための大義名分なのです。

ネオナチ、アゾフは殲滅させられることは間違いありません。


90. 2022年4月22日 23:33:39 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[457] 報告

グレートシフトによる大転換時代・・・

https://youtu.be/4eJUCOH7Suw

大転換期・・・
全てが180度変わる・・・


91. 2022年4月24日 11:18:17 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[459] 報告

ウクライナのジェノサイドの主張に関する国連のコメント

https://hiindia.com/2022/04/22/un-comments-on-ukraine-genocide-claims/

国連は【ロシア軍によるウクライナでの大量虐殺ジェノサイド】を
示すものは何もないと判断しました。

国連人権委員会からロシアを離脱させた米国・欧州・日本の
根拠のない嘘がバレたようです。

ウクライナに寄付した人々も哀しいと想います。
ウクライナ政権に寄付金は集約されて、善良なウクライナ国民には
1円たりとも使われないでしょうね。
すべてが軍事資金、武器購入資金になると想います。


92. 2022年4月24日 11:27:09 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[460] 報告

2022.4.22【フランス大統領選】
マクロンに対してルペンに勝機はあるか?【及川幸久−BREAKING−】
2022/04/22

https://youtu.be/rOLfvEVomL8

>>62 のコメントで紹介しました動画も参考にどうぞ。
2022.4.11【フランス大統領選】マクロンvsルペン!
 反グローバリストの逆襲【及川幸久−BREAKING−】

 https://youtu.be/EzX2LhQR7yI

反グローバリズムのルペン VS グローバリズムのマクロン
という構図は、今の世界情勢の構図そのものです。

果たしてフランス大統領選の行方は如何に・・・


93. 2022年4月24日 17:23:28 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[461] 報告

プーチン大統領が救世主ハリストス大聖堂を訪問、
復活祭の儀式に参加
2022年4月24日, 15:15 (更新: 2022年4月24日, 15:50)

https://jp.sputniknews.com/20220424/10707030.html

実は、このハリストス大聖堂は、「タルタリア様式」の建物です。
タルタリア式大聖堂の本来の用途は宗教施設でも、墓でも何でも
ありません。

これこそが、タルタリア文明の根幹をなす、エーテルエネルギーを
電気に変換する、フリーエネルギー発電所だったのです。

タルタリア文明については下記のブログ記事を参照してください。
現在のハリストス大聖堂をプーチン大統領がなぜパスハ(復活祭)
の儀式に例年参加するのか、その真意がわかります。

https://shunsasahara.com/entry/2021/10/21/201545

↑ (マッドフラッド(泥の洪水)の記事は1〜12まであります。
   興味のある方は是非一読されると現在のDS勢力のことや
   過去の歴史の真実が浮かび上がります。)

https://shunsasahara.com/archive/category/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89


信じるか信じないかは、あなた次第です。このような情報もあるのです。
あくまでも、あなた自身が現在の世界に生きていく上での参考として、
また、考える一つの材料としていただければ幸いです。


94. 2022年4月24日 20:33:38 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[464] 報告

QFSによる真の自由と平和

https://youtu.be/Zi1ulI9HQ-c

95. 2022年4月25日 17:29:25 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[466] 報告

4月 24, 2022
プーチン、子供の人身売買の被害者の集団墓地を発見

By Michael Baxter -2022年4月24日( Real Raw News より翻訳)

https://realrawnewsj.blogspot.com/

ロシアの特殊部隊は先週、ウクライナの子供売買組織の餌食となった
子供たちの遺骨を収容する集団墓地を発見したと、ロシアの
ウラジミール・プーチン大統領は土曜日の夜の電話会談でトランプ
大統領に語った。この会話に詳しいマール・ア・ラーゴの情報筋は、
Real Raw Newsに不穏な詳細を伝えた。

プーチンによると、ロシア連邦保安局は、スロバキアとの国境に近い
リヴィウの近くで、少なくとも一つのウクライナの子供売買組織が
まだ活動しているという情報を得たという。プーチンは当初、廃工場に
出入りする数百人の子供たちについての情報提供者の話を信用しなかった。
その2週間前、プーチン軍はリヴィウの周辺を捜索したが、小児性愛者の
活動は見られなかった。

しかし、この情報提供者は自分の話に固執した。

「プーチンは、情報提供者が疑惑の人身売買倉庫をどのように知ったかを
言わないだろうが、彼はトランプに、神が調査を余儀なくされたと述べた。
MSMが人々に信じさせようとしていることに反して、プーチンは無神論者
ではなく、悪魔崇拝者でもない。彼は自分をクリスチャンだと考えており、
生涯ロシア正教会の会員である」と情報筋は言う。

彼のイデオロギーはさておき、プーチンは情報提供者が提供したGPS座標
に赤外線搭載のUAV(無人航空機)を飛ばした。確かに無人偵察機は
繊維工場を発見したが、その熱光学系は、全体がレンガ造りの工場でも、
その2平方キロメートル以内でも、体温の痕跡を発見できなかったのである。

「プーチンはトランプに、この紛争の初期にマリウポリで軍が人身売買の
アジトを発見したことを話した。人身売買組織は建物の壁と天井に赤外線を
吸収する金属膜を塗っており、ドローンや携帯赤外線銃では中の人が
見えなくなるのだ。それを考慮して、トランプ大統領に伝え、特殊部隊を
派遣して調査させた」と情報筋は語っている。

しかし、ロシアのストイックで勇敢なスペツナでさえ、彼らがつまずいたもの
に対する準備はできていなかった。

建造物の中に入ると、部屋に閉じ込められ、促進剤をかけられ、火をつけられた
65人の子供たちの黒焦げの骸骨を発見した。生きたまま燃やされたのだ。
数人の死体は骨まで焼けておらず、炭化した筋肉や筋がむき出しになっていた。
あまりの熱さに頭蓋骨が割れるほどだった。体長1m以上の死体は1つもない。
プーチンは不気味な結論に達した。プーチンは、「この子供たちは、特殊部隊の
作戦開始時に身の危険を感じた人身売買業者が、ウォロディミル・ゼレンスキーに
保護されるためにこの付近から逃げる前に、解放せずに殺害した子供たちである」
と結論づけた。

「プーチンは、自分の部下が歯の記録と照合すると言ったが、国境沿いの貧しい
都市では、歯科検診は優先されないので、それは暗闇の中の出来事だ。
彼は子供たちがロシア人であることを確信していない」と、我々の情報源は言った。

プーチンとトランプは子供たちのために沈黙の時間を共有し、その後、トランプは
世界中の子供の人身売買の犠牲者のために哀悼を提案した。

「プーチン大統領、罪のない、無防備な子供への攻撃ほど大きな犯罪はありません。
ご存知のように、これは大きな悲劇であり、我々は大々的に戦わなければなりません。
我々はすべてに同意しているわけではないかもしれないが、この件に関しては
団結しています。そして彼らは我々の炎と怒りに直面するでしょう」と、
トランプはプーチンに語ったと伝えられている。

トランプが情報提供者はどうなったのかと尋ねると、プーチンは「彼は始末された」
とだけ答え、ゼレンスキーはヨーロッパとアメリカの共謀者たちとともに、
子供を殺害し、既知の人身売買者と小児性愛者をかくまった責任を追及される
べきだと主張した。

「彼らはそうであり、そうなるであろう」とトランプは答えた。

以上です。


96. 2022年4月26日 11:10:59 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[467] 報告

ノボロシア(新ロシア)についての秀逸な考察の
記事をご紹介します。

今後のウクライナ問題の行方の一つとしてご参考
になればと思います。

ノボロシア建国がウクライナでの露の目標?
2022年4月25日   田中 宇

https://tanakanews.com/220425novorussia.htm


97. 2022年4月26日 11:56:18 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[468] 報告

プーチンVSゼレンスキー 
デスク上に目撃されたもの対決!
ロシアの「世紀の嫌がらせ」とは・・・

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12739400788.html

★プーチン大統領の机の上に盲目の少女から贈られた彫り物が見つかった
 これは素敵なお話です。是非お読みになってください。

★ゼレンスキーのデスクの上には大量の白い粉

★ロシアによる今世紀最大の?!「嫌がらせ」


98. 2022年4月26日 15:34:40 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[469] 報告

北朝鮮が軍事パレード実施 「核武力を強化し続ける」=金正恩氏
2022年4月26日, 12:57

https://jp.sputniknews.com/20220426/10721317.html

パレードのリハーサルでは、極超音速ミサイル「火星8」や、
先日発射実験が行われた大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」、
潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)など250を超える兵器が
見られたとされている。

ロシアがウクライナに使用した極超音速ミサイル「キンジャール」
は、実は北朝鮮からロシアにその技術が提供されています。
北朝鮮の日本本国の残地諜者の後継者たちの技術力は、やはり日本
本国以上の実力があるのです。

旧国鉄時代からの鉄道総合管理技術者(現在の新幹線の技術者が主力)
や零式戦闘機(零戦)などの航空機開発技術者たちの後継者たちが
北朝鮮に移住した残地諜者なのです。

ちなみに中国の習近平氏は、北朝鮮の極超音速ミサイル技術が欲しくて
たまらないそうです。「戦術核」弾頭装着すれば、現在の時点での評価は
鬼に金棒的存在であり、迎撃は不可能だからです。

金正恩氏のこのパレードでの表明は、単なる脅しや抑制では
ないのです。一線を本当に越える事態になれば、即対応できる
と言っているのです。

「われわれの核武力の基本使命は戦争を抑止することだが、
核が戦争防止という一つの使命にのみ縛られているわけには
いかない」とし、「(北朝鮮)の核武力はいつでも自らの使命と
特有の抑止力を稼働させられるよう、徹底して準備されて
いる必要がある」と述べた真意は、そこにあるのです。


99. 2022年4月26日 21:06:33 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[471] 報告

>>98 のコメントのおまけです。

余談ですが、極超音速ミサイル「キンジャール」という呼称は、
実は「金正恩」の日本語的な読み方の「キムジョンウン」から
だと言われています。

ロシア語的な発音からすると「キンジャール」になります。
北朝鮮では「火星8」ですが、プーさんは敬意を込めて
極超音速ミサイルの呼称を付けたと考えられています。

プーさんが日本古来の柔道家であるのも有名です。
柔道の総本山である講道館から「講道館柔道6段」を授与され
ています。講道館6段は「黒帯」の上位にあたる「紅白帯」
を締められる高段者になります。

プーさんは、「もっと大切なのは、柔道を通じて日本の文化、
日本の心が世界に広がっていく。このことに価値がある。」
と語ったと言われています。

素晴らしいですね。

以上、余談話でした。


100. 2022年4月26日 21:36:57 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[472] 報告

プランの重要局面へ

https://youtu.be/fUFBlL58MX8

メラニアさんからの重要メッセージ

101. 2022年4月27日 15:21:04 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[473] 報告

北朝鮮ではもちろんコロナなんてありません。
PCR検査はおろかマスクさえしてません。
それに比べ日本はどうでしょうか。

人口動態調査の2月データ・・・驚きました。
以下の統計調査サイトをご覧ください。

https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00450011&tstat=000001028897&cycle=1&year=20220&month=11010302&tclass1=000001053058&tclass2=000001053059&result_back=1&tclass3val=0

昨年は67,745人も死亡者数が増えていました。
今年はなんと、2ヵ月しか経ってないのに去年より
22,638人も多くなっています。

東日本大震災の死者数は約1万6千人でした。
たった2ヵ月でそれより多い死亡者数になっています。
2月単月で前年比16.4%の増加です。

https://twitter.com/i/status/1518073680768602112

2月の統計から今後は、おそらく今年は20万人ほどの
超過死亡になるものと考えられます。
これは、やはりワクチンに問題があると断言できます。

ファイザーなどの大手製薬会社は独自の治験データを
すべて公開していません。
治験参加者の多くが心停止を起こし、男性不妊症の原因となり、
妊婦を自然流産させ、後天性免疫不全症候群を引き起こす
可能性があるという情報は公開されていないのです。


102. 2022年4月28日 13:27:38 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[2250] 報告
北朝鮮は、安倍時代までは安倍一味の配下にあった
三菱ミサイルを発射して、安倍がJアラートとか
日米軍産のための自演をしていた訳だが

正恩は行方をくらましている間に体制が変わったな?
ロシアに行っていたのだろうか
今の北朝鮮のミサイルはロシア製だろう

北朝鮮に兵器開発できる能力があるとは思えないが
やってるとしたら日本の中の北朝側が金を出してるのだろう
ロシアからミサイル本体を買ったり、そのミサイル周辺の整備にも金は必要だ

安倍配下の北朝鮮がどうやって真逆の体制にもっていけたのだろう
そもそも「金」という名前は、安倍一派と敵対の北朝天皇の名前だ
それがなぜ安倍の李家と親戚関係だったのか謎だが

(北朝とは京都の新羅人天皇のことで、奈良の百済人天皇との南北の位置関係であって
 北朝鮮を北朝と言っているものではない)

金正恩の「金」が北朝を示すものであれば
それは今の天皇・安倍一派とは何千年も敵対関係にあったものだ

南朝系昭和天皇が、北朝系陸軍の第二総軍を広島に集めて原爆で丸焼きにした
その怒りが日本国内の北朝成分のみならず、北朝鮮にもある可能性がある
とすれば北朝鮮のミサイルは皇居に向いているのだろうか

103. 2022年4月28日 16:00:28 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[474] 報告

ロシア国防省 ウクライナの生物学研究所に関する資料の分析結果
2022/04/14

https://youtu.be/7cPnCl401PE

英米DSが如何に恐ろしい悪事を計画しているのか
その証拠がロシアの手によって集められています。
ウクライナを食い物にして利用している悪魔たちは
排除せねばなりません。


104. 2022年4月28日 17:16:50 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[475] 報告

【速報】1ドル=130円台を突破 20年ぶりの円安水準
4/28(木) 14:39配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/18df2439519cb49a0fc2c573edbf82a862253a2a

円安については、>>78 でコメントさせていただいたとおりです。
米国市場の実質的な崩壊が近づいているもようです。

金価格(1トロイオンス)もここ数日で100ドル程度下げており、
どうやら株式市場は、切羽詰まってきている兆候です。

それにしても日銀はBISの言うなりに忠実に従っていますね。
本当に日本国民を護るつもりはないようです。

105. 2022年4月28日 21:14:36 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[476] 報告

ロシア連邦議会の下で立法評議会の
プーチン大統領の議員会議における挨拶の内容
について個人的な考察をコメントします。

http://kremlin.ru/events/president/news/68297

(機械翻訳により一読しましたので不正確かもしれません。
 ご了承ください。)

以下の一部抜粋した発言内容の中の
「我々の報復攻撃が超高速かつ迅速であることを知るべきである・・・」と
「私たちはこのためのすべてのツールを持っているので、誰も今自慢する
ことはできません。そして、私たちは自慢しません、私たちは必要に応じて
それらを使用します。」
について考察します。

(一部抜粋部分ここから)

しかし、私が今書き留めて言いたいこと。このことについては、特別軍事作戦の
冒頭ですでに話しました。もし誰かが外部から進行中の出来事に干渉しようとし、
ロシアにとって受け入れがたい戦略的脅威を作り出すならば、彼らは我々の
報復攻撃が超高速かつ迅速であることを知るべきであることをもう一度強調
したいと思います。私たちはこのためのすべてのツールを持っているので、
誰も今自慢することはできません。そして、私たちは自慢しません、私たちは
必要に応じてそれらを使用します。そして、私は皆にこれについて、この点に
関して私たちが下したすべての決定について知ってもらいたいのです。

(一部抜粋部分ここまで)

これらのことは、西側メディア(日本のメディア含む)はロシアが
核兵器を使用する意図を強調したように報道していますが、戦術核を
含めた核兵器のことを言っているのではないと思います。

もしも核兵器なら報復攻撃に核を使用するとはっきり言うはずです。
「すべてのツールを持っている」とか「私たちは自慢しません」という
のは、西側が知らない新兵器があると言っているのだと思います。

その新兵器は、私の個人的推察では「TR-3B」による「プラズマ兵器」
だと考えています。TR-3Bは宇宙テクノロジーの一つでフリーエネルギー
やメドベッドなどと共にDS掃討が終了後にすべて公開されることになって
います。

プーチン大統領が「超高速かつ迅速」と言っているのは、そのテクノロジー
を意味した言葉で表現しているものと思われます。
簡単に言えば、瞬間移動の乗り物でプラズマ砲を照射して目標を一瞬にして
破壊することができるということです。

SFみたいな話だな・・・なんて思うかもしれませんが、すでにトランプ氏
が最高司令官の米軍(宇宙軍)がTR-3Bを所有しています。
(米軍はバイデンの指揮下にはありません。詳しくはこのコメントでは
書きませんが、私のコメをお読みに来られる方々の中には、お分かりの
方がいらっしゃるはずです。)

プーチン大統領は、我々の特別軍事作戦計画は順調に遂行されていると
何度も発言しています。
今後の世界情勢をしっかり見守りたいと思います。

以上です。


106. 2022年4月28日 21:57:12 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[477] 報告

プーサンからの大切なメッセージ

https://youtu.be/HXv9PihF4qU

分かる人には分かるメッセージ・・・
遂に「タルタリア」も発言されました。
確実に輝かしい未来は、もうすぐです。

(タルタリア文明については下記のブログ記事を参照してください。)

https://shunsasahara.com/entry/2021/10/21/201545

↑ (マッドフラッド(泥の洪水)の記事は1〜12まであります。
   興味のある方は是非一読されると現在のDS勢力のことや
   過去の歴史の真実が浮かび上がります。)


107. 2022年4月29日 20:12:11 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[478] 報告

緊急放送と戒厳令に備えよ

https://youtu.be/xRbPpGxdr08

108. 2022年4月30日 21:14:45 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[479] 報告

ウクライナのマリウポリ 戦闘で荒廃した中心部
2022年4月30日, 14:20

https://jp.sputniknews.com/20220430/10988749.html

(12件の写真が掲載されています。)

ロシア国防省によれば、マリウポリからは14万2000人以上の
市民が避難。街の状況は安定しており、街の復興作業の開始が
可能だとしている。


マリウポリは、アゾフ大隊の本拠地でした。
激戦になったのは当然ですが、プーチン大統領は市民を避難させて
犠牲を最小限にすることが最優先でした。

現在ではアゾフスタルの工業地区にアゾフや海外の傭兵たちの残党
を閉じ込める状況にまでになっています。
マリウポリの早期の街の復興を願って止みません。


109. 2022年4月30日 21:16:46 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[480] 報告

現在の世界情勢について個人的考察コメントを書きます。
(いつものとおり、興味の無い方はスルーしてください。)

始めにお断りしておきます。以下のコメント内容は、あくまでも
私の個人的考察であり妄想です。情報のファクトチェックも
ありません。(ですが、ちょっとだけ真実を暴露します。)

@露 G20の招待に「出席」と返答 4/30(土) 0:23

https://news.yahoo.co.jp/articles/c427f4b249a0cd5944fbb7a894b2fe7f5be9f886

プーさんは、戦争犯罪人でもなく、また逮捕されたり暗殺されることもなく
堂々とジャカルタにやってくるでしょう。なぜならトランプ氏がプーさんを
援護しているからです。(米宇宙軍が活躍しています。)

A日本のロシア国立銀行の資産(外貨準備高)凍結は、実は岸田総理が
裏で指示し、米国DSの強制没収を回避しました。
(岸田さんは表面は米国DSの言うことを聞いているだけで本当は
トランプ氏の指示を受けています。)

2月26日(ウクラナイナ開戦の3日目)に米国DS一味が日銀の本店に
来店し、ロシアの外貨準備高の400億ドルを強制的に没収しようとしました。
米国の法律に基づいて執行すると通知したのです。
日本側は、「そんな法律は日本には有りません。」「そんなことは出来ません。」
と抵抗し、日本側は3月2日付で「日本の外為法に基づいて、ロシア政府の
資産を一時的な凍結=仮差押とします。」と対応しました。

米国DSが日本国内で陣頭指揮を執っていることがこれで分かります。
1月23日に駐日アメリカ大使としてやって来たラーム・イマニュエルは
シカゴ市長をしていて、オバマ政権の1期目の大統領首席補佐官だった
バリバリのDSです。このラームが、急いで1月に来日して、岸田総理に
圧力をかけたのです。

おそらく、「米国とNATOはプーチンを挑発してウクライナで戦争を
やらせるつもりだ。そして、ロシア軍を罠に陥れて西側世界がプーチン
体制を叩き潰すつもりだ。」と岸田総理に言ったのでしょう。 
しかし、岸田総理は内閣の決定事項とはせずにうまく逃げ切ったのです。
プーさんは、ちゃんと岸田さんの心の内を察しているので大丈夫です。

B経済制裁という名目の資産没収を実行したことは、もう取り返しがつきません。
英米とEUなど33カ国は、ロシアとプーチン大統領の個人資産の海外資産を強制
没収しました。日本は凍結しただけでしたが強制没収という禁じ手をDS側は実行
してしまいました。

これにより、現在までのブレトンウッズ2世界通貨体制が実質的に崩壊した
と言えます。何度もコメントしてきたとおり、以後は、アジア、アフリカ、
中南米の実物資産(金本位制)を裏打ちとする新しい世界通貨体制に移行
したのです。(ブレトンウッズ3)

日本は表向きDS側と行動を共にしていますが、国内の日本DSが一掃
されたらブレトンウッズ3へと移行して行きます。その準備(QFS)は
すでに着々と水面下で進められてきています。

C第三次世界大戦危機は演出されるのであって、実際はDS掃討に利用
します。
現在のウクライナ情勢やその他のDS側による情報プロパガンダなどの
攻撃によりDS側は核戦争を誘導しWW3を引き起こそうとしていますが、
それらはすべて、トラさん、プーさんが逆手に取って綿密に計画された
DS勢力の殲滅を遂行しています。言わば「スティング」なのです。

D確実に世界は変わります。
全ては、悪魔であるDS、カバール勢力を一掃し、その悪魔からの解放
を実現する作戦が進行中だということです。
しかし、DS側は簡単には負けません。何を仕掛けてくるか分かりません。

最悪の場合、核利用をやるでしょう。例えば、日本の場合は、現状コロナ
パンデミックによるワクチンで攻撃されています。米国DSの言うことを
聞かなければ、日本国内の原発を破壊(事故に見せかける)すると脅されて
いるのです。(だから岸田さんは、のらりくらりなのです。)

ゆえに、トラさんやプーさんは慎重に時間をかけて掃討作戦を遂行している
のです。加えて、中国のシュウさんや北朝鮮のキムさんが援護しています。
特に北朝鮮は、韓国DSや日本DSの動きを監視しているのです。

しかしながら、輝かしい新世界体制は、もうすぐ現実のものとなります。
現在の金本位制移行の趨勢とか、西欧諸国の天然ガス輸入継続の意向表明
傾向とか、英米DSの情報プロパガンダのウソを暴露したりとか徐々に
表面化しつつあります。

私たちは、今現在、本当に「嵐」の中にいるのです。一時的な痛みを
味わなければならないことになるでしょう。
それが例え命を落とすことになるものであっても耐えなければなりません。
覚悟しなければなりません。

以上です。


110. 2022年5月01日 18:07:24 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[481] 報告

ロシア、金本位制復帰検討 実現なら1世紀ぶり
2022年04月30日06時44分

https://www.jiji.com/jc/article?k=2022043000095&g=int

クレムリンが認めた・・・
プーチン、ルーブルを金と結びつける「金本位制」復活を確認  

https://warnews247.gr/ektakto-pagkosmies-exelixeis-o-v-poutin-syndeei-rouvli-me-chryso-anakoinose-tin-anaviosi-tou-gold-standard-epivevaiosi-warnews247/

(機械翻訳です。ご了承ください。)

WarNews247の絶対的な確認:クレムリンは、通貨の価値を保証するために、
つまりインフレに対する保護として、ルーブルと金を結びつける手続きを
開始したことを認めた。

これは、ユーロとドルにとって戦争の原因となる動きです。モスクワは、
国際貿易の為替レートに第二次世界大戦前に適用されていた金本位制を
再び導入しています。

※ロシアはアメリカとの「グローバル協定」を破った:金の支配を復活させた
ドルとユーロの"戦争の原因"

この計画では、ロシアの通貨を金や貨幣価値を表すさまざまな商品と連動
させることにしています。その結果、ルーブルの為替レートは、その購買力の
実質為替レートに対応することになります。

国家の金融システムの主権を確保するためには、その決済手段が本質的な
価値と価格安定性を持ち、ドルにリンクしていないことが必要不可欠です。

WarNews247によると、ロシアの専門家は、2段階の通貨・金融システムを
構築する計画に取り組んでいると言います。

IMFや世界銀行など欧米の機関は、何としてもこの計画を阻止しようと
していることを強調すべきでしょう。

プーチンはまた、ロシア中央銀行の経営陣の交代に動くと思われる。
あまりにも「西洋的」であることが証明さ れたため、権威あるロシアの
情報筋は、エルビラ・ナビーリナや、計画の実施に障害となっている他の
当局者の写真を取り上げてそう語っている。

クレムリンで確認
具体的には、ロシアのプーチン大統領が、ルーブルを金などの商品と連動
させる計画を検討していると、クレムリンが本日発表しました。

これは、ロシアの通貨を100年以上ぶりに金塊と直結させるという
画期的な出来事です。

ロシアの安全保障当局は今週、ルーブルを金に固定することで、
2月24日にモスクワがウクライナに軍隊を派遣して以来、西側諸国が
課す制裁によって打撃を受けた、その金融システムにおける「優位性」を
持てるようになると述べた。

クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、ブリーフィング中にこの提案に
ついて記者団から質問され、「この問題はプーチンと議論している」と述べた。

ロシアは毎年、世界で採掘される金の約10%を生産し、石油、ガス、金属、
穀物の主要生産国である。

ルーブルを金に連動させる前段階として、3月に中央銀行が6月30日まで
1グラム5000ルーブルの固定価格で金を購入できることを発表したところだった。

N. パトルシェフ:ルーブル・ゴールドの連動が計画されている

ロシアの安全保障理事会書記でプーチンの側近であるニコライ・パトルシェフ氏は、
ルーブルを金や他の商品と連動させる案が浮上していると述べた。

「ロシア経済の安全保障を確保するための最も重要な条件は、国内の潜在力に
依存することだ」と、政府紙ロシースカヤ・ガゼタのインタビューで語っていた。

これらの考え方は、「経済学の理論と矛盾するのか」と問われたパトルシェフ氏は、
「経済学の結論と矛盾するのではなく、欧米の経済学の教科書の結論と矛盾するのだ」
と答えた。

またパトルシェフ氏は、ワシントンは世界の他の地域を犠牲にして自国の問題を
解決しようとしており、その結果、「人為的な世界危機」を作り出していると強調した。

そして、このような行動によって最初に被害を受けるのはヨーロッパの同盟国
だろうとパトルシェフ氏は述べた。

ホワイトハウスがロシアによるデフォルトの可能性を議論している間に、
「そろそろ彼ら自身がデフォルトを宣言すべき」状況だとパトルシェフ氏は述べ、
アメリカの対外債務が30兆ドルを超えていることに言及した。

「市場経済に反対しているわけではないが、西側諸国は自分にとって有益な
場合にのみ他国をパートナーとして認めている」とパトルシェフ氏は述べ、
ロシアの発展は、国内の潜在的な可能性に基づくものでなければならないと指摘した。

また、ロシアの経済安全保障のもう一つの重要な条件は、現代技術に基づく経済の
再構築であると付け加えた。

地球規模の根本的な帰結 - 黄金律とは何か
ロシアは、ロシア・ルーブルを世界で最も安定した通貨に変えようとしている。
ルーブルは今後、金の裏付けを持つことになるからです。

アメリカもヨーロッパも、問題はとにかく大きい。30兆ドルの負債を抱える国から、
何の裏付けもない米ドルを、金の裏付けがあるルーブルより好む人がいるだろうか?

もし他の国、例えば中国が追随すれば、ドルは世界の基軸通貨ではなくなるので、
自動的に世界経済の変動に突入する。

金本位制は、1944年にブレトンウッズ協定として国際的に確立され、1971年に
米国によって廃止された。それ以来、一度も復活していない。その指針とは、

各国は自国通貨と金の交換比率を決めています。

自国の通貨と現存する金準備をリンクさせ、その価値を保証することで、
インフレから身を守ります。

金本位制を採用することには、物価の安定など多くの利点がある。
これは、政府がマネーサプライを拡大することで物価を上昇させることを
難しくする長期的な利点でもある。

インフレは稀であり、ハイパーインフレも同様です。なぜなら、金準備の供給が
増加しなければ、通貨供給量を増やすことができないからです。
同様に、金本位制は参加国間の国際価格の安定をもたらし、国際貿易における
不確実性を低減することができます。

20世紀初頭から第一次世界大戦まで続いたこの制度は、それまで続いていた
国々から徐々に見直されるようになった。

第一次世界大戦後、特に1920年から1935年にかけて、金本位制を再び導入
しようとする国際的な動きがあったが、多くの問題や多くの不具合があった。

当時、アメリカは1オンスの金貨を35ドルに設定していた。

第二次世界大戦中にブレトンウッズ会議が開かれ、国際通貨基金(IMF)、
世界銀行、GATTの創設、ブレトンウッズ体制と呼ばれる固定為替相場制の
採用が決定された。

1944年7月、戦勝国の西側諸国は、参加国の通貨間の固定為替レートを
定めたブレトンウッズ固定相場制を発足させた。
米国ニューハンプシャー州のブレトンウッズで開催された同名の通貨金融会議
にちなんで名づけられた。

ブレトンウッズ体制では、参加各国は自国の為替レートを金に対して最大1%の
変動幅で固定した金融政策を行うことを約束した。

この制度は、20世紀初頭の古典的な金本位制とは異なり、参加国の通貨の
為替レートは金との関係で固定されていたが、その通貨は金と直接交換
できるわけではなかった。

金への兌換性は、ドルだけが1オンス35ドルの金と交換可能だった。

他の国は、金1オンスあたりの自国通貨の比率を計算し、それに応じて
対ドル為替レートを設定することで、間接的にしか対金為替レートを
決定していませんでした。

こうしてドルは、為替レートを維持するための「介入通貨」となったのです。

この制度に参加する国は、ドルとの為替レートを中央で決めたレートから
1%程度のわずかな乖離で一定に保つことが義務づけられていた。
この安定を得るために、各国は自国の為替レートを中央で決めたレートの
±1%という狭い範囲に収めるために、必要な量の金や外貨を買ったり売ったり
することを約束することになりました。

また、この制度では、金融上の必要性があれば、各国は国際通貨基金の監視のもと、
自国通貨を最大10%まで無許可で切り下げることが可能であった。
10%以上の切り下げが必要な場合は、IMFの承認が必要であった。

これは、確実にロシアは「金本位制」に移行するということです。
私はいままでのコメントで、そういう方向性を常に指摘してきました。
中国と共にCIPSの本格的稼働は、QFSで運用されることも書きました。
いよいよそれが具体的に進行していくことになります。

ドルの終焉は確実です。

以上です。


111. 2022年5月03日 13:48:32 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[482] 報告

ロシア国防省 アメリカとNATOがロシアを非難するための
挑発行為を準備中  2022/04/23

https://youtu.be/KZZPsoaDhtg


動画の中で3つの挑発行為が準備されていると言っています。
何とも恐ろしく悪魔的で吐き気がします。

これがいわゆるDS、カバールの常套手段なのです。
こういう挑発行為計画は、今回が初めてではありません。
これまでにも幾度と無く繰り返されてきました。

具体的な過去の事例は、ここでは書きませんが、おおよそ
重大な事件、事故といわれる歴史上の出来事はDSによる
ものと言っても過言ではありません。

プーチン大統領は、今回、意を決してこのDS勢力の掃討
に着手したのです。もう後には引けません。
私たちは、本当にDS側に洗脳された「羊」ではいけないのです。
これまでの深い「闇」と戦わねばなりません。

トランプ氏も習氏も金氏もモディ氏も命がけで戦っています。

余談ですが、現在、中国上海でロックダウンが継続中です。
これは、実は中国共産党(中共)のDS(主に華僑を中心とした)
掃討作戦が遂行中なのです。上海は中共DSの本拠地なのです。

もしかしたら、GW明けから再び日本もコロナパンデミックの
緊急事態宣言が出されるかもしれません。感染者数情報をよく
注意していてください。オミクロン株の変異株HB2がさらに
変異したウイルス感染が拡大中・・・なんて報道され始めるかも
しれません。これも日本国内DSの掃討に利用されるのでしょう。

いずれにしても、「嵐」はさらに激しくなるでしょう。
世界情勢の動向の情報収集に注力してください。

112. 2022年5月03日 14:28:38 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[483] 報告

2022.5.3【ロシア】5月9日対ドイツ戦勝記念日プーチンは勝利宣言?
バイデン支持率続落!【及川幸久−BREAKING−】

https://youtu.be/X8G-3iz_Nbk


世界情勢の方向性が的確に解説されています。
(是非ご覧になってください。)

バイデンの支持率は、更に低下していることと
米国株価下落が軍需産業関連株に著しいことなどが要因で
中間選挙の前に、バイデンが辞任する可能性が浮上してきています。

確実に世界情勢は大きな転換点にあるようです。


113. 2022年5月03日 16:35:49 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[484] 報告

>>111  訂正です。

(誤)オミクロン株の変異株HB2

(正)オミクロン株の変異株AB2

失礼しました。

114. 2022年5月03日 20:07:58 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[485] 報告

裏で進む特殊作戦 自由な国へ・・・

https://youtu.be/OTYGtgL24rE


115. 2022年5月05日 10:42:26 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[486] 報告

【ブチャの虐殺を犯したのはウクライナ軍だった】
Fue el ejército ucraniano quien cometió la matanza de Bucha - mpr21

その証拠が現地の被害者たちの死体の解剖を実行したウクライナの
法医学者とフランスの国家憲兵隊の法医学者たち18人による調査結果
として発表されました。(4月26日)

ついにバレました。

https://mpr21.info/fue-el-ejercito-ucraniano-quien-cometio-la-matanza-de-bucha/

(機械翻訳です。ご了承ください。)
(MPR21というスペイン語サイトで2022年4月26日に配信された記事です。)

以下、要点だけ抜粋します。

ブチャでの虐殺についてメディアは突如沈黙した。
この沈黙は、フランス国家憲兵隊が関わる捜査で、遺体から
金属製の”ダーツ”が発見されたからである。
この金属製の”ダーツ”が決定的な証拠となり、虐殺はロシアが
行ったというプロパガンダがピタリと止んだ。
 
解剖を行なったウクライナの法医学者ピロフスキー氏は
「私達はこの地域の同僚と、遺体から金属製のダーツを発見しました。
こういった遺体は、ブチャだけでなく、イルピンでも同じです。
このダーツは、細か過ぎて遺体から探し出すのは大変なんです。」と語る。

この”ダーツ”とは、2014年以降、ウクライナ軍によってドンバス市民に
対して広く使用された、無差別殺傷兵器である。
ルガンスク軍は、放棄されたウクライナ砲兵陣地から、このダーツが
使われている122mm D−30砲弾を発見した。

”ダーツ”は2015年のウクライナ軍によるドネツク人民共和国の
スラヴィアンスク市でも発見され、当時は大きく報道されたが、
例によって、すぐにメディアに緘口令が敷かれた。
砲弾1発で8000本のダーツを発射する榴散弾の一種で、
戦争法違反の無差別殺傷兵器だからである。

このD−30砲弾は今紛争でロシア軍は使用しておらず、ましてや
ブチャで活動した空挺部隊は、そもそもそのような砲弾は扱わない。
”ダーツ”は通常約4cmで、人体に当たると、4枚フィンが付いた
本体がフック状に折れ曲がり、それによって突き刺さるのではなく、
人体を引き裂きながら破壊する。

紛争当初からウクライナ軍は、ヴォクザルナヤ通りのロシア軍に
砲撃を加えていた。この砲撃で、市内のいくつかの地区が一度に
破壊された。3月末、ロシア軍撤退の数日前に再び砲撃し、
ロシア軍がキエフとチェルニヒフを離れると同時に、さらに砲撃を
繰り返した。これが”虐殺”の真相である。

解剖の結果、民間人は明らかにウクライナ軍のD−30砲弾によって
死亡したことが明らかになった。
同様に、死体の散乱位置などの分析からもこれが証明された。
そもそもブチャに配備されたロシア軍は、自軍に向かって砲撃を
加えていないのだから自明の理である。

ブチャ、ホストメル、ボロディンカで独立した兵器専門家が証拠を収集し、
分析した結果、この地域では民間人に向かってクラスター弾とミサイル
が使用されたことが判明している。
大勢の民間人を殺害したこのような兵器は、世界のほとんどの国で
禁止されている。
 
フランス国家憲兵隊の法医学部門の専門家18人と、キエフの
法医学調査チームが調査した結果、両手を縛られて銃などで
殺害された遺体には、そのクラスター爆弾のパーツが埋め込まれた
ケースがあった。

イギリスの専門家によると「非常に珍しい爆弾。
米軍の対人弾シリーズのもの」だという。 
”ダーツ”はWW1で広く使われたが、WW2ではあまり使用されなかった。
ベトナム戦争では米軍が乱用した。
ガザやレバノンの戦場でイスラエル軍が濫用した。
市民の居住地域でこのような無差別殺傷兵器を使用することは、
明確に戦争法違反である。

(要点抜粋ここまで)

何とも恐ろしい悪魔の仕業ですね。
とうとうバレました。
DSは次の汚い手を使う相談をしているのでしょうね。
本当にDSを潰さないと永遠に「闇」のままです。


116. 2022年5月07日 10:11:52 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[487] 報告

2022.5.6 【アメリカ】イーロン・マスクのツイッター買収が
トランプのTruth Socialとの合併につながるのか?
【及川幸久−BREAKING−】

https://youtu.be/UuYzQuWoCoM

これは重要な情報です。
「言論の自由」・・・強いて言えば「検閲の排除」です。

この情報も言わば「情報開示」の一環だということです。
私は、TWとTSの合併はされると考えています。
なぜなら本当に私たちの生活の支えとなるからです。
是非、動画をご覧になってください。


117. 2022年5月07日 10:13:24 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[488] 報告

【2000人のラバ(運び屋)】・・・

「我々は被害者ではない」「目覚めのときがやってきた」
(張陽チャンネル)
(日本語の字幕が付いていますが、一部不明確な部分があります。ご了承ください。)

https://youtu.be/oUsDGxNg0AI

2020年の米国大統領選挙不正に関する動画です。

「2000人のラバ(運び屋)」が7日にラスベガスでプレミア上映会
されます。キャサリンさんの名前とお顔を覚えておいてください。

事実に基づく確たる証拠が揃いそれが全米で上映されます。
先ずは確固たる情報開示がされるということです。
こうやって徐々に真実が暴露されていくのです。

私たちは、本当に目覚めないといけないのです。


118. 2022年5月07日 14:19:20 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[489] 報告

アゾフスターリに潜む悪魔的存在・・・

始めにお断りしておきます。
以下のコメント内容は、未確認情報です。
あくまで私個人の考察、推察、妄想です。
例によって、興味のない方はスルーしてください。

主要メディアの報道を信じるなら、ウクライナの都市マリウポリへの
最後の抵抗は、ロシア軍が巨大なアゾフスターリ製鉄所に進入し、
そこで何週間もウクライナの兵士と市民が隠れていた、とゼレンスキーは
述べています。

しかし、ロシアのプーチン大統領は、巨大な海岸沿いの複合施設の
地下壕やトンネルに誰が隠れているのか別の見方をしているようです。

それは、アゾフスターリに閉じ込められている民間人の中に、何千人もの
ロシアの子供たちを拉致した張本人である子供売買人が紛れ込んでおり、
ゼレンスキーがアゾフスターリに人身売買犯をかくまうことによって、
何千人もの罪のない人々の生命を危険にさらしていると考えているようです。

そして、2つの可能性があるとプーチン大統領は考えている。
ゼレンスキーが純粋に人身売買組織を守ろうとして民間人を人間の盾に
しているか、アゾフスターリを爆撃して人身売買組織を含む全員を殺し、
捕まったとしてもゼレンスキーが世界最大の人身売買組織であるとの
疑いを抱かせないことを望んでいるかです

プーチン大統領は、2人の人物を名指しで語っています。
ロシア軍が爆撃して粉々にしたホティフ入植地の不動産に住むウクライナの
大富豪ユーリイ・コシウクと、裕福なアルメニア人で、20年近くウクライナ
国内で子供を売っていたアレクサン・ハジェティアンの2人である。

2人がアゾフスターリの暗く、曲がりくねった、移動しにくいトンネルシステム
のどこかにカモフラージュしている確かな証拠を持っていると言っています。

プーチン大統領は、コシウク、ハジェティアン、その他の既知の密売人の
写真を持つロシア軍によって、管理された避難通路を通して数百人の民間人が
安全にこの地域から避難することを許可しています。
あくまでも人道主義を優先させているのです。

アゾフスターリを包囲する前に、ゼレンスキーに「クズ犯罪者を引き渡し、
自首しなければ、この先どうなっても責任は取らない」と最後通告を
したと言われています。

ネオナチのアゾフメンバーは、彼らを守るようゼレンスキーに命令、洗脳
されていると言い、最後通告後も何ら返答もないのです。
アゾフスターリに潜む小児性愛者と人身売買者たちを許すわけにはいかない
とプーチン大統領は強調しています。

この悪魔的存在である小児性愛者と人身売買者たちは、DS勢力の中枢とも
言われています。世界中に浸透している裏の闇組織です。
特にウクライナはその中心地とも言われ、生物兵器研究所と共に英米DSの
巣窟の重要地となっているのです。

ウクライナは完全にDS勢力に利用され続けている国と言っても過言では
ありません。だからDS、とりわけ英米DSにとってウクライナを手放す
わけにはいかないのです。

しかし、プーチン大統領は慎重にこの悪魔たちDS勢力の掃討を遂行して
いるのです。

アゾフスターリの今後の情勢の展開は世界変革の最大ポイントとなるでしょう。


119. 2022年5月08日 18:06:17 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[490] 報告

北朝鮮国営メディア、7日のSLBM発射についても報じず
異例の連続未公表・・・(についてコメントします。)

https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashikosuke/20220508-00295023

以下のコメント内容は、私個人の考察、推察、妄想です。
これも例によって、興味のない方はスルーしてください。

結論から書きます。
連続未公表は、今月中に予定されている「核実験」の
一環だからです。

4日に発射したミサイルは新型のICBM「火星17」であり、
7日に発射したミサイルは「イスカンデル」と呼ばれる
地上発射型の短距離弾道ミサイルです。
長短距離両方を発射しました。

ご存知のとおり、北朝鮮は「核実験」を再開すると公表して
います。トランプ政権の時は核実験は止める約束をしていましたが
DSのバイデン政権(北朝鮮は認めていない)では、しっかりと
拒否する姿勢を示してDSに対峙しているのです。

おそらく核実験を実行した日に未公表のミサイル発射についても
一緒に公表するものと思われます。
それは、ウクライナ情勢も含め、日本DSと韓国DSに対する牽制
でもあるのです。

いつでも核ミサイルを発射できるぞ・・・というメッセージです。
ICBMもSLBMも準備万端だと言っているのです。

前にもコメントしましたが、ロシアの核ミサイルシステムの技術は
北朝鮮の技術が利用されているほか、北朝鮮は日本をアシストして
いるのです。

そんなバナナ・・・って、思われる方は、もう一度「北朝鮮の真実」
をご覧になってください。( >>67 のコメント参照してください。)


120. 2022年5月08日 21:18:35 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[491] 報告

>>118 のコメントの補足動画です。

子供解放作戦・・・

https://youtu.be/ZDI-5JokxzE

やはり小児性愛者と人身売買者たちの存在は、
事実のようです。
何ともおぞましいことでしょう。
しかし事実なのです。これが現実なのです。

ウクライナを食い物にしている「闇」、DS勢力は
世界中にその組織を張り巡らせているようです。
日本でも例外ではないようです。子供が行方不明に
なったり殺害されたりする事件は後を絶ちません。

ロシアの特殊部隊もその悲惨さに閉口し、怒りを
あらわにしているといいます。

ロシアの特別軍事作戦は、その証拠を確保する目的で
長期の軍事行動を遂行していると思われます。
いずれその真実が証拠付きで公表されることでしょう。


121. 2022年5月09日 14:17:27 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[492] 報告

アゾフ連隊の犯罪証拠提示・・・

フランスのジャーナリスト アンヌ=ロール・ボネルさんが
証拠写真やウクライナ住民の証言などを提示しました。

2022.5.8 国連安保理でロシアによる非公式会合
【及川幸久−BREAKING−】

https://youtu.be/nysdfz_QOsg

英米の西側諸国が如何に真逆な情報プロパガンダを
実行してきたのか、真実が暴露されています。

「ブチャの虐殺」もウクライナ軍の仕業だという証拠を
スペインのメディアが報道しました。
( >>115 のコメント参照してください。)

ウソは必ずバレます。真実は一つです。


122. 2022年5月09日 17:38:57 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[493] 報告

【対ドイツ戦勝記念日の式典 プーチン大統領演説】
2022/5/9

大祖国戦争退役軍人およびウクライナ市民の皆さんへ
ロシア連邦プーチン大統領より祝いの言葉

尊敬する退役軍人の皆さん、
親愛なる友人の皆さん、
我々が共有する偉大な祝日『戦勝記念日』を迎えたことを、
心からお祝い申し上げます。

77年前、前線兵士とパルチザンの勇気とヒロイズムは、
銃後を守る人々の不屈の献身とともに、ヨーロッパの隷属化
を図り何千万という人々に痛みと苦しみを与えたファシズム
を殲滅しました。

共通の勝利の名の下に払われた数え切れない犠牲は、我々の命と
自由の基礎となりました。この記憶は決して忘れることはできません。

残念なことに、ナチズムは今日再び頭をもたげ、残忍で非人道的な
自分たちの規律を打ち立てようとしています。
我々の神聖なる義務は、大祖国戦争の敗北者を思想的に受け継いだ
人々による報復を阻止することにあります。

ウクライナの大祖国戦争退役軍人の皆さんには不屈の精神と益々の
ご健勝、ご長寿を、またすべてのウクライナ住民の皆さんには平和で
公正な未来を心よりお祈りいたします。


123. 2022年5月09日 22:01:09 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[494] 報告

【どのように情報が歪められていくのか一目瞭然です】

アゾフスターリ製鉄所からの避難者「ノーカット」インタビュー
ロシア国連次席大使 2022/05/08

https://youtu.be/3VcT515pGJ4

このインタビュー前半をTVニュースなどで観た方々が
ほとんどではないでしょうか。
都合が悪い部分は切り取られて編集されているのです。

後半部分も放送しないといけませんよね。
インタビューで言っていることの全てが時間の都合で放送
できないのなら、インタビューの内容が変わらないように
編集すべきでしょう。

日本国内では、インタビューの前半部分の動画だけ放送
されているわけです。もちろん英米の主要メディア(DS)
が情報操作(検閲)したものを流すように日本のメディア
も指示されているのです。
(日本国内のほとんどのメディアはDSの支配下にあります。)

こういう歪められた情報を私たちは、何の疑いや疑問もなく
受け入れているのです。そうしてDS側の思惑どおりに洗脳
されていくのです。
ほとんどの日本人が「ロシアが悪い」「プーチンが悪い」・・・
と、誘導洗脳されるのです。

真実や事実のすべてを私たちは自分自身で獲得しなければ
ならないのです。全てが「悪意」のないものなら、安心して
信頼して情報を受け入れられます。
しかし、現実は言わずもがなでしょう。

情報プロパガンダも「兵器」と言えます。戦争なのです。
私たちは、二度とDSが仕掛ける巧妙な罠にかかっては
いけないのです。

自分自身を深く考える重要な契機だと思います。


124. 2022年5月10日 10:45:27 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[495] 報告

ここで少し息抜き雑談コメントを書きます。
信じるか信じないかはあなた次第です。

ウクライナの大統領ゼレンスキーは実はホワイトハット側の俳優です。

2019年にウクライナ大統領に選出されたゼレンスキーがミンスク合意を
反故にした理由は、英米DS側に取り込まれたからです。

元コメディー俳優で国政経験のないゼレンスキー大統領は、ドンバス戦争
の終結とオリガルヒの汚職・腐敗によるウクライナ国家への影響を阻止
することを公約に掲げて当選しました。
しかし、見事にDS勢力の餌食になってしまいました。(振りをしている)

トランプ氏が「彼は役者だ。」と言った言葉の裏の意味は、もちろん
彼がアライアンス側での役者であることを言っているのです。

背後でプーチン大統領との連携をはかってDSに対して軍事費(武器購入)
を拠出させてフィアット紙幣(DS資金)を使わせることとウクライナの
混乱状況を長引かせること(DSの悪行の証拠収集や掃討)が役割なのです。

DS側はウクライナでの戦火を拡大させて本当の世界大戦へと持ち込みたい
という計画のもと足掻いている状況なのです。
QFS稼働によりDSへの収入を遮断しているほか、新しいフィアット紙幣の
印刷もできないようにしています。米国FRBはすでに国有化されています。
同時に残存しているフィアット紙幣も軍備として使わせて、さらに資金を
枯渇させる作戦が実施されているわけです。

FRBの利上げは、実はドルの米国への環流が目的でDSが資金を確保しやすく
して拠出させているわけで、NY金先物市場でのDSの売りオペも資金確保の
ためであり、現況はDS資金が枯渇傾向になっているのです。

バイデンも実は役者です。だからウクライナに軍事費(武器供給)を拠出
することをやっているわけです。(トランプ氏が指示している)

すべてはDS掃討のための計画(演技、劇場)なのです。
だからWW3なんて起きません。
しかし、プーチン大統領の本心は、英米DSの悪行、特にロシアに対する
ものやウクライナ東部2州の住民虐殺、オデッサの虐殺などと共に
生物兵器研究所や人身売買の悪魔的所業を許せないのです。

以上のような見方をすると、「ああ、なるほどね。」と思いあたる節がある
はずです。そう感じた方は、真実に一歩近づいた人だと断言できます。

自分自身の直感や感性を信じてください。

(おまけ)
北朝鮮はロシアにミサイルなどの供給をやっています。ロシアも自国内で
フル生産しています。


125. 2022年5月10日 15:23:05 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[496] 報告

息抜き雑談コメントその2・・・

テトリス・・・ご存じのパズルゲームですね。
旧ソ連のプログラマーが開発した教育用ゲームです。
私も一時夢中になりました。

その頃、次のようなことを思ったりしました。
「なんでタマネギドームみたいな建物が背景にあるのかな?」
「何かBGMもちょっと気になるな。」

分かる人にはピンと来ましたでしょ。
そうです。建物はタルタリア様式の建築物です。
BGMはロシア民謡ですよね。いろいろアレンジされてゲーム
は造られていますが、ロシア色満載の人気ゲームです。

そう言えば、クレムリンにも豪華絢爛なタルタリア様式の建築物
が目につきますよね。見ていると何かホッとしますよね。

ロシア国民が一番ロマンチックだと思う都市の一つに
タタールスタン共和国・カザンがあります。
カザン・クレムリンのタルタリア様式の建築物も夜景など
素晴らしい景観を見せてくれます。

実は日本とロシアは本当に融和した民族なんですよ。
ロシアの女性って美しい人が多いですよね。日本でも
東北の秋田や青森に美人が多いことで注目されています。

温泉好きなのも共通しています。
機会があればロシア旅行など如何でしょうか・・・。

(タルタリアについては、>>106 のコメント参照してください。)


126. 2022年5月11日 15:25:43 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[497] 報告

【アゾフスターリ製鉄所の地下には・・・】

地下にあったものは生物兵器製造工場!!
まさかここにもあったとは・・・

2022.5.9アゾフスタル製鉄所の地下に隠されたもの
【及川幸久−BREAKING−】

https://youtu.be/Gc0aETYXsNg

実は英米メディアが報じていない重大な事実があったのです。
上記動画で、その詳細を紹介しています。

トラバー・カディエというカナダ軍司令官がロシア側に逮捕されて
いました。彼は、なんとアゾフスタル製鉄所の地下の生物兵器研究所
を部隊で運営していたのです。

彼を国外へ逃がす計画をアゾフが数回実行しましたが、ロシアの
特殊部隊とロシア軍により阻止されていました。
そこでアゾフ側は、ロシアが設定した人道回廊を利用して彼を逃がす
ことにしたのですが、ロシア軍による選別チェックで正体がバレたのです。

彼はロシア軍によって逮捕されました。西側メディアはカナダ軍司令官が
なぜアゾフスターリ製鉄所に居たのか詳細を報道していません。
さらに、彼が逮捕されてすぐにカナダのトルドー首相がウクライナを
電撃訪問しています。その詳細も報道されていません。

DS側は、バレたら、とんでもないことになるのは目に見えています。
しかし、プーチン大統領は、いずれ事実を暴露し世界に公表する時期を
伺っているのです。

世界中のDS勢力の掃討が完了して、真実の情報開示がされる日を
願って止みません。


127. 2022年5月11日 17:44:20 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[498] 報告

ロシア国防省 ウクライナ軍のスネーク島奪取を阻止
Briefing by Russian Defence Ministry 2022/05/09

https://youtu.be/pQ0j8lTNbIY

下記が米国大手メディアCNNが報じたものです。

https://www.cnn.co.jp/world/35187236.html


どちらが本当の事実を報じているか言わずもがなです。
DSが流す情報プロパガンダは見るに堪えません。


128. 2022年5月12日 17:36:10 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[500] 報告

勝谷誠彦ウクライナレホート(一部抜粋) 2014/08/26

https://youtu.be/kjhElIdXe8o

元動画
勝谷誠彦ウクライナレポート『血気酒会』緊急開催
https://youtu.be/BxDPirsR68M

2018年11月に 57歳の若さでお亡くなりになった
勝谷誠彦氏の熱血レポートです。

2014年の2月に親ロシア政権がDSの策略で転覆
させられた後、夏季に勝谷氏がウクライナの現地に
入ってレポートされたものです。

当時は西側メディアには、ほとんど無視されていました。
こうやって今、レポートを拝見しますとウクライナの
悲惨な現実が浮かび上がります。


129. 2022年5月13日 16:05:36 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[501] 報告

2022.5.13 ウクライナ生物兵器研究所はジョージ・ソロスの資金で
オバマとバイデンが始めた【及川幸久−BREAKING−】

https://youtu.be/5NEifu9thTI

5/11ロシア国防省の発表
ウクライナに米国配下の生物兵器研究所があることは知られている。
ところが資金は米国政府ではなく、ジョージ・ソロスが出していた。
ウクライナ政府と契約したのは、2005年上院議員だったオバマと
バイデン。クリントン、ファイザーも関与。


130. 2022年5月13日 21:03:47 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[502] 報告

以下の2点についてコメントします。
(個人的見解であり、あくまでも推察、妄想です。)

(1)北朝鮮、18万人超を隔離 コロナ拡大か、発熱35万人
(2)北朝鮮の7回目核実験「準備できている」もよう・・・ 
   各種ミサイルも=韓国大統領室

(1)については、二通りの見方ができます。
   @韓国DSによりSARS型ウイルス(新型コロナではない)
    が持ち込まれた可能性。
   (この場合は、金正恩氏の不覚と言えます。)
    すでに中国、ロシアからワクチンが供給されているもよう。

   Aわざと感染拡大したと報道周知することによって、各都市の
    ロックダウンを実施して、粛正もれの国内DS残党狩りを
    遂行する。(中国上海と同様のやり方)

  さらに、QFSによる新通貨体制移行の最終準備を完成させる目的が
  裏で達成されるということである。

(2)については、先日の3発のミサイル発射も含めて、今月中に
   行う予定の核実験とすべて連動したものであり、韓国大統領室の
   見方と同じである。

なお、ウクライナ情勢は、すでに終結する方向にあり、ウクライナは
分割されることになるようです。ドンバス、クリミアなど東部、南部、
南西部はロシアに編入、それ以外はNATO非同盟の中立国家として
存続させるもようです。

DS側の最終の足掻きが顕著になっているようで、情報プロパガンダが
盛んに実行されています。DSメディア(特にCNN)が流すものは、
見るに堪えないものとなっています。

以上です。


131. 2022年5月14日 10:15:29 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[503] 報告

日本の振る舞いに関わらず、ロシアは「KAZU1」の
不明者捜索に協力=ザハロワ報道官
2022年5月14日, 03:19 (更新: 2022年5月14日, 05:47)

https://jp.sputniknews.com/20220514/kazu1-11254944.html

露外務省のマリア・ザハロワ報道官は13日、日本の北海道知床沖で
遭難した観光船「KAZU1」の行方不明者の南クリル諸島(日本側名称、北方領土)
での捜索に関して、「日本側が自国民の捜索よりも領有権の主張を優先させている」
と批判した。一方で、人道的観点から、露が今後も行方不明者の捜索に協力する
意向を示した。

日本の外務省は、DSの巣そのものです。
かつて田中真紀子氏が外務大臣のときに外務省を「伏魔殿」と称したのも
納得できます。(英米DSの支配下にある)


132. 2022年5月14日 13:44:06 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[504] 報告

ゼレンスキー大統領のインスタグラムに○○
「確認できていません」スカイニュース Dmitry Polyanskiy 2022/05/09

https://youtu.be/2fACui8JUJU

Sky News
Watch in full: War in Ukraine - Putin's next move (30:34 mark)
https://youtu.be/IfIol1Cgwdo?t=1834

ロシア国連大使・・・「私の話を遮らないでください」
そしてこのキャスターの慌てぶり・・・

133. 2022年5月14日 14:16:34 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[505] 報告

ローマ法王がプーチンの味方?マクロンがEUを警告!
(張陽チャンネル 2022/05/13)

https://youtu.be/XYu3Q5JZRT4

実は、ローマ法王(DSの本拠地 バチカン ローマDS)は、
既にトランプ氏のアライアンス側に降伏しています。
また、マクロンもトランプ氏に指示を受けている「役者」です。

NATOは最終的に解体となり消滅し、英米DSが排除されます。

真実は人類を「闇勢力」から解放するのです。


134. 2022年5月16日 17:14:14 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[507] 報告

露ルーブル、2022年の世界でもっとも強い通貨に・・・
2022年5月16日, 14:16

https://jp.sputniknews.com/20220516/2022-11267917.html

ドル終焉に向かっての証左です。
CIPS、金本位制、QFS・・・通貨体制はすでに移行しています。

余談ですが、英米DSメディアの情報プロパガンダが非常に
激化していますね。すべて真逆です。
真逆に読み替えると、なぜか納得できます。(笑)

「戦車70台撃破しました。」・・・その映像は、
何でもう錆びているのですか?
何で「Z」の文字だけくっきりと鮮明なのでしょうか?
アホらしい・・・。
ウクライナ側の撃破された戦車の過去の映像なら納得!(笑)

135. 2022年5月16日 23:36:06 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[508] 報告

ウクライナ東部・ドンバス出身・・・
最後に大切な事を訴えている。

https://twitter.com/ranranran_news/status/1526084444401987584

これは、是非ご覧になってください。

プーチン大統領がウクライナへの特殊軍事行動を
とる前に演説で言った「ミンスク合意はどうなった?」
・・・と強い口調で語った言葉の真意が上記動画で証言
されています。


136. 2022年5月17日 15:08:42 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[509] 報告

ウクライナでは米国の管理下で生物兵器成分が
つくられていた=プーチン大統領
2022年5月17日, 03:03

https://jp.sputniknews.com/20220517/11274150.html

ロシアのプーチン大統領は16日、集団安全保障条約機構(CSTO)
の首脳会議で、ウクライナでは米国の管理下で生物兵器成分が
つくられ、独立国家共同体(CIS)の疫学的状況を不安定化する
メカニズムが考案されていたと述べた。

ついに公表しました。
これから徐々に真実が公表されていくことでしょう。


137. 2022年5月17日 15:09:30 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[510] 報告

ウクライナ情報機関が硝酸アンモニウムを爆発
ロシア軍を非難するため=露国防省
2022年5月17日, 06:20

https://jp.sputniknews.com/20220517/11274721.html

ロシア国防省は16日、ウクライナの情報機関はロシア軍が
有害物質を使用したとして非難するために硝酸アンモニウムを
爆発させたと発表した。

人間のやることとは思えません。


138. 2022年5月17日 15:10:28 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[511] 報告

ウクライナ人道支援 現地の状況 元フランス兵インタビュー
Adrien Bocquet SUD RADIO  2022/05/10

https://youtu.be/sCgcORXilYo

元フランス兵が現地で目撃した事実を暴露しています。

(悲惨な場面の描写を言葉で語っている箇所がありますので
聞きたくない方は注意してください。)


139. 2022年5月18日 20:35:40 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[512] 報告

アゾフによる謀反?
歴史的な集団投降までにアゾフスタルの裏側で起きていたこと

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12743314245.html

( ↑ 少々長い記事ですのでお時間のあるときにどうぞ・・・)

<確信の部分を抜粋します。>

・今朝発表の情報まとめとロシア国防省公開の投降の動画

https://youtu.be/m0xY7gTY3dw

・施設内部には200体の死亡者が冷凍で保存されていた

・アゾフスタルからの負傷兵救出の決定は、ロシア軍と
アゾフスタルの工場内にいたウクライナ軍の代表者との間の
交渉によって決まったことだと、ロシア国防省が発表

つまり、アゾフ司令官はウクライナ政権などにいくら懇願しても
無駄だと判断し、ロシアに助けを求めた、ということが公式に
確認されたことになります。

(ここから私のコメントです。)

激戦のマリウポリ“陥落”か 
製鉄所の兵士ら移送…ロシアは捕虜交換拒否か

https://news.yahoo.co.jp/articles/0f8cbc08d772a21ae6e62e94cf441c01eecce3bd

「戦争犯罪人であり、裁判にかけるべき」というのが拒否理由と
報道されています。おそらく、そのとおりだと思いますが、
プーチン大統領が直接指示したのかどうかは分かりません。

プーチン大統領は、アゾフを代表とするネオナチを排除したいという
ことだろうとは思いますが、極刑を望んでいるならば裁判でしょう。

さらに、裁判により英米DSが裏で支援してきた生物兵器研究所の
存在に関する証言を確保する目的もあると思います。

DS側にすれば何としても阻止したいはずです。バレたら終わりです。
しかし、プーチン大統領は、真実を公表していくと思われます。
それを阻止するためにDS側は、さらに情報プロパガンダを仕掛けて
くるでしょう。

今以上に、激動の世界情勢となると私は考えています。
DS側は、何もかも有耶無耶にするために世界大戦を仕掛けてくる
かもしれませんし、株価の大暴落を引き起こすかもしれません。
さらに食料危機やエネルギー危機を演出してくるかもしれません。

何度もこのスレでコメントしてきた「嵐」が本格化するでしょう。
しかし、その「嵐」は必ず止みます。
その後は、素晴らしい世界が私たちを迎えてくれるでしょう。


140. 2022年5月20日 14:17:21 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[513] 報告

2022.5.19【米国】イーロン・マスク共和党へ転向!
【及川幸久−BREAKING−】

https://youtu.be/idhr3r1G2MA

イーロン・マスクの重大な動向とDS(ディープステート)の
詳細を分かりやすく解説しています。是非ご覧下さい。

なお、及川幸久氏のこの動画の中で、ご本人が参議院選挙の
立候補について言及されておられますが、個人的に支持する
ものでもなく、支持を意図して動画を紹介するものではない
ことを念のため申し添えておきます。

(以下、私のコメントです。)

イーロン・マスク氏については、人物の確かな確証が得られて
いませんので、個人的にはDSと戦うという及川氏の評価には
完全同意はしていません。

これからのイーロン・マスク氏の動向には注意が必要かと思われます。
トランプ氏も若干、彼とは距離を置いておられるようですし、
しばらく彼の動向なり、言動なりに注意したいと思います。

DSについては、動画の中で解説されているとおり事実であります。
DSのやり口に言及がありましたが、まさにそのとおりです。
過去の世界大戦や多くのカラー革命、そして今回のウクライナ情勢
などは、すべてDSが仕掛けたものであると言えます。

DSは今回、ロシアのプーチン大統領を抹殺すべくウクライナを
利用する魂胆でありましたが、いち早くプーチン大統領がそれを
察知して先制攻撃とも言えるウクライナへの特殊軍事作戦を遂行
したのです。もちろんトランプ氏と合意の上のことです。

特殊軍事作戦は、言わばDSとの最終戦争です。
だからDS側も簡単には負けません。私たちも少なからずその
影響や痛みを味わなければならないでしょう。


141. 2022年5月20日 15:53:09 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[514] 報告

タルタリア(今のロシアを中心とした巨大帝国)が滅亡した
ことと現在のDS勢力がロシアを占領し、プーチン大統領を
抹殺しようと企てたことについての考察・・・

(例によってこのコメントは私個人の妄想、推察です。
 興味のない方はスルーしてください。)

>>140 のコメントでも言及しましたが、今回のロシアによる
ウクライナへの特殊軍事行動は、実は人類の歴史上、最も重大
かつ地球人類の壮大な救世イベントであり、「悪=DS、KS」との
最終戦争なのです。

過去、タルタリアはDSローマによる核攻撃で滅亡しました。

https://shunsasahara.com/archive/category/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89

( ↑ 詳細は以前ご紹介しましたブログ記事
「マッドフラッド(泥の洪水)」を参照してください。)

しかし、今世紀では核による抹殺などタルタリアの時と同様にはできません。
タルタリアの場合は、情報も漏れなかったし、ましてや核爆弾など人類は
知る余地もなかったから可能でした。

では、今回はDSは何を利用するつもりだったのでしょうか。
それは、生物兵器だと言えます。

だからプーチン大統領は、特殊軍事作戦で一番最初に破壊を行ったのは
軍事施設と生物兵器研究所(製造所)だったのです。
その証拠文書やファイルサーバーなどをすでにロシア軍が押収しており
プーチン大統領の手中にあるのです。

チェルノブイリ原発の地下にも生物兵器施設があったので優先して
制圧しました。さらに最後にアゾフが立てこもったアゾフスターリ製鉄所
の地下にも同様の施設があったのです。

さらに、その施設の運営と資金源は、英米DSによるものなのです。
だから英米の軍関係者や生物学者などの人物がウクライナに駐留して
いたのです。その証拠入手や人物の確保をロシア軍はすでに完了して
おり、プーチン大統領はDS掃討の切り札として保持しているのです。
(だから、その情報は絶対公表されないと思われます。)

トランプ氏にも逐次報告されており、DS掃討の計画を綿密に遂行して
いるのです。もちろん中国、インド、北朝鮮、ブラジルなどロシアと
共に同調国として協力し、DSと戦っているのです。

今後の世界情勢の動向を上記の観点で見守っていくと合点がいくと思います。
真実は、いずれ公表されます。DSの情報プロパガンダに騙されないよう
注意してください。

トランプ氏とプーチン大統領の動静に注目です。


142. 2022年5月21日 15:47:00 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[515] 報告

【速報】・・・
「アゾフスタルにいたNATO将校は、アゾフによって殺され、
切断された可能性がある」(プラウダ)

https://pravda.ru/world/1710979-oficery_nato_v_azovstali/

(機械翻訳です。ご了承ください。ちょっと長いです。)

ピッツバーグ大学(米国)のマイケル・ブレナー国際関係学教授は、
マリウポルのアゾフスタルで、アゾフ民族反乱軍に殺された
NATO将校が数人いて、「西側諸国の政府を困惑から救う」ために
その死体を切断したことを否定していない。

ブレナー教授は、『Veterans Today』の編集者であるケビン・バレット氏
とのインタビューで、自身の意見を述べました。
彼によれば、アゾフスタルには外国人傭兵部隊だけでなく、
「各国政府からキエフを支援するために送られた」部隊全体があったと
考える根拠があるという。

「個人のボランティアの場合、何もかもがシンプルで、誰も出自を気にしない。
しかし、いきなり全部隊があることが判明すれば、ウクライナ国内でも
ロシアと西側諸国との間でも、今後の外交関係に終止符が打たれることになる」
とブレナー教授は説明した。

そして、なぜ彼らを殺すのか?
ブレナー教授は、「アゾフスタルの守備隊」の大量降伏という選択肢は、
長い間考慮されなかったと強調した。おそらく「NATO幹部」による暴露を、
西側諸国政府や同盟指導部が恐れたからにほかならない。
「面目を潰したくない」という思いがあったのでしょう。

降伏する必要があることが明らかになったとき、つまり、ロシアは出てきた
人々をふるいにかけて、NATO部隊の存在を示す反論の余地のない
「生の」証拠を得ることになるが、それがモスクワの切り札になるだろう」
と教授は言い、「西側の軍人がアゾフスタル工業団地に隠れていようと、
彼らはおそらく死んでいる」と示唆している。

アゾフ旅団やその他の関連ネオナチグループによって殺害され、
遺体が発見・特定できないような方法で処分された。
教授の見解では、このような命令は「西側諸国政府が紛争に交戦していた
ことが証明された場合に生じるであろう政治的コストを避けるため」
であった可能性が高い。

「いずれにせよ、無能な西側補佐官を排除する決定は、ゼレンスキーの
キエフのキャラクターの意向を無視して、アゾフスタルを動かしていた
冷酷なファシスト指導者が下したのだろう 」という。
もし、教授の説が正しければ、アゾフスタルのダンジョン(難問)の謎は
解ける見込みのないまま尊重された(終わった)ことになる。

「ロシアが残骸を調べれば 西側軍人の存在を証明できるのでは? 
ありえない。これらの死体はおそらく破壊され、モスクワは西側軍事施設の
DNAデータベースにはアクセスできない」とピッツバーグに本拠を置く
国際派は考えている。

アゾフスタルでの出来事に関する彼の説明として、
彼は「バンデル派は感傷主義者ではなく、プーチンとの戦争でウクライナ人を
冷血に使っているバイデン派と同じだ」と念を押している。

以上です。


143. 2022年5月22日 03:30:22 : Z91ixal8pM : eVM3dElMOUxsdFE=[5] 報告
統一教会に洗脳されて半島の田舎の嫁にされた日本人女子、7000人を返せ。政府なぜやらない、自国民だぞ!。
144. 2022年5月22日 14:12:02 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[516] 報告

2022.5.21【米国】パウエルFRB議長再任!
米政府とロスチャイルドの通貨発行権の戦い
【及川幸久−BREAKING−】

https://youtu.be/KkotqfPNhss

ロスチャイルド家 ・・・
(参考表記)
Wikipedia
ロスチャイルド家は、フランクフルト出身のユダヤ人富豪で、
神聖ローマ帝国フランクフルト自由都市のヘッセン=カッセル方伯領
の宮廷ユダヤ人であったマイアー・アムシェル・ロートシルトが
1760年代に銀行業を確立したことで隆盛を極めた。

当然にDSローマに通じるわけです。だからバチカンは
DS、KMの本拠地ということです。

今回、ご紹介する上記動画は、米国FRBについて分かりやすく
解説されていますので、是非ご覧になってください。

FRBは民間銀行でロスチャイルドの所有銀行です。
米国政府はFRBからお金を借りて利子を払っているのです。
利子はロスチャイルドに入るわけです。
そんなバカなことはないですよね。

通貨発行権を巡って米政府とロスチャイルドの戦いの歴史が
分かりやすく解説されています。

余談ですが、トランプ氏のアライアンス側は、米国FRBを
国有化して通貨発行権を政府に戻すことをやりました。
それは、すでに完了し、かつ金本位制に移行する準備がされて
います。(ドルの終焉)

ロシア、中国を中心としたCIPSも金本位制ですから世界通貨制度
は当然に実物資産に裏付けされた信用経済を支えるのです。

ロシアのウクライナへの特殊軍事行動やその他の国際的重大事象
は、すべて世界通貨制度を含めた地球改革に繋がっているのです。
輝かしい未来は、すぐに到来するでしょう。


145. 2022年5月22日 14:45:36 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[517] 報告

歴史的な規模の投降に・・・
アゾフスタルから約2500人の投降が完了!

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12744043927.html

投降後の彼らの運命は?

ロシアとの人質交換を期待していた兵士もいるかもしれませんが、
ロシア国家院ではアゾフの戦犯の交換を禁止する方向ですでに動いています。

アゾフスタルから出てきたNATOの高官たちについても、
すでにモスクワに輸送されたようですが、ロシアは絶対に
外国からの交換や交渉には断固として応じなさそうな勢いです。

また、ロシア中央政権やドネツク・ルハンスクなどの代表者たちなどは、
アゾフが残酷な犯罪を犯し続け、ロシアと違って死刑制度のある
ドネツク・ルハンスク共和国で戦争裁判を受けるべきだと主張する人が多く、
そうなる可能性が高そうです。

裁判についてですが、先日すでに、2019年の爆破事件で起訴された
アイダー過激派の一人の裁判が始まっています。

アゾフも尋問を受け、戦争犯罪者については裁判を順次受けることに
なるでしょう。そのプロセスで、さらにゼレンスキー政権の犯した犯罪が
さらに明らかにされるものと思われます。


146. 2022年5月22日 15:59:39 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[518] 報告

ちょっと息抜きコメントです。

【公式】金与正 김여정(Kim Yo-jong) 朝鮮民主主義人民共和国, DPRK

https://twitter.com/KimYojong09261

2022/5/22のツイート
「揺れてしまいましたね。ご迷惑おかけして申し訳ございません。」
2022/5/21のツイート
「近々ICBM。」

北朝鮮大使館【公式】

https://twitter.com/NorthKoreaJAPAN

2022/05/22のツイート
「人民達こんにちは。居眠りしてたら地震きました。
ミサイルパワーで止めたので安心してください。」

上記ツイートは、
福島県で最大震度5弱を観測した今昼の地震のことを
言っているのですが、どうやらDS側が準備していた
人工地震装置を破壊してくれたようです。
やはり原発ねらいですかね。

それと近々ICBM発射するそうです。
今日の夕方か明日かもしれないですね。
バイデンさんのそっくりさんが来るタイミングでしょうね。
そう言えば、核実験も準備万端だそうですよ。

余談話ですが・・・
横田にトランプさんが来ているみたいですね。
基地で花火が上がっているそうです。
バイデンで上がるワケないので・・・。

何か面白くなりそうですね。
ここ数日の間にびっくりポンな出来事があるかもしません。


147. 2022年5月23日 20:25:51 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[519] 報告

軍がトム・ヴィルサックを絞首刑
By Michael Baxter -2022年5月22日(Real Raw Newsより翻訳)

https://realrawnewsj.blogspot.com/2022/05/blog-post_22.html

バイデンの前農務長官、トム・ヴィルサックは、先週月曜日、軍事委員会が
彼をアメリカ合衆国に対する反逆罪で絞首刑に処し、その最期を遂げた。

グアンタナモ湾の死刑執行の典型的な例として、ダース・E・クランドール
副提督とホワイトハットの幹部が、ディープステートのチェス盤の消耗品の
駒となった男の死刑執行を監督するために立ち会った。
彼は、ジョセフ・R・バイデンやバラク・"フセイン"・オバマが我が国の
食糧供給を無秩序に破壊したことに一度も関与せず、その剣に倒れた。
そして、他のディープステートの囚人と同様に、彼は、ヴィルサックを
破滅に追いやる死刑執行の前に悔い改めることを拒否したのである。

ヴィルサックの死に詳しいGITMOの情報筋がReal Raw Newsに語った
ところによると、反省していないディープステートに機知に富んだ皮肉を
述べた経歴のあるクランドール副提督は、処刑までの間、いつもと違って
沈んでいた。ヴィルサックが、最後の言葉や悔恨の表明をするか尋ねられ、
「私はただ一人、合衆国大統領ジョセフ・バイデンに答える」
と述べたのに、である。

「クランドール副提督はディープ・ステート組織への彼らの献身を不思議に
思っています。それは献身なのか恐怖なのか、あるいはそれらが入り交じった
ものなのか? 死に直面しても、彼らは何も悪いことはしていないと言い、
合法的な命令に従ったのだと言います。 現在進行中の捜査と、現在拘留中の
人物の間で、多くのディープステートがまもなく倒されるでしょう。

副提督は、犯罪者たちが自分の命を守るために口を割ることを期待していた
のでしょうが、そうなっていないのです。
アニタ・ヒルも、宗教に希望を見出したようだが、いわばチームのために
一肌脱いだのです。告白はカタルシスになると思うだろうが、彼らはむしろ
滅びの中で生きて死にたいのです」と我々の情報筋は語った。


148. 2022年5月23日 20:27:36 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[520] 報告

スウェーデンとフィンランドのNATO加盟
本当の「脅威」はアメリカだった
NEW!2022-05-23 20:03:38

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12744360970.html

NATO加盟するしかなかったスウェーデンとフィンランドの
「本当の脅威」とは・・・

NATOに加盟することは、自国の最善の利益のためではなく、
むしろその利益を犠牲にすることになる。
つまりこれは、十分な情報を与えられた市民による主権的な
選択ではないことは理解できるだろう。
(訳注:今回の戦争で日本が実質的に受けている被害と同じ性質)

スウェーデン・フィンランドの世論調査を根拠として引用している人がいる。
しかしこういった「世論」は、嘘や偽りの情報によって国民に自分たちの政策を
信じ込ませ、NATOに加盟しない政府がある場合は倒そうとする、まさにその
利益団体・グループが支配する西側のマスコミが市民に埋め込んだ「意図的に
作り出されたヒステリー」を反映しているに過ぎない。

また、クリミア独立宣言と違い、両国でNATO加盟に対する国民投票が
行われたわけでもなかった。

主権がなければ、民主主義を持つことはできない。外国からの大規模な
干渉を受けている場合、国家主権を持っているとは言えない。

スウェーデンとフィンランドには、この選択をする上で、真の民主主義も
真の主権もなかったのだ。

5つの重要なポイント・・・

1.NATOに加盟しないことを選んだ場合、米国によって現政府が
カラー革命などで転覆させられ、アメリカにとって操作しやすい
政府に入れ替えられてしまうため(2014年のウクライナのように)、
やむをえなかった。

2.スウェーデンもフィンランドも、ロシアはおろか、どの国からも
実質的な脅威を受けておらず、両国にとってはNATO加盟は
必要なかった。「ロシアは狂人が支配する恐ろしい国」という
イメージは単に西側がメディアで作り出した嘘に過ぎない。

3.想定される「脅威」とは、ロシアが「挑発行為なし」でウクライナに
侵攻したという嘘を前提に、ロシアが次にどこかを侵攻する可能性が
ある仮説に基づいたものだ。これは、アメリカの外交政策目標を推進
するために、何度も使われてきた「大量破壊兵器」の嘘と同じパターンだ。

4.次にNATOが自国の国境から遠い離れたところで侵略戦争を起こせば、
スウェーデンやフィンランドの軍隊はそこで死ぬために送られ、
その過程で両国の財政は空っぽになるだろう。また戦地の難民を自国で
受け入れることにもなり、治安の悪化も予想される。

5.NATOの拡大は、米国の覇権の一因である。多極化を受け入れようとせず、
一極優位を押し付け続けようとしている。そして積極的にロシアを軍事や
経済などあらゆるレベルで弱体化させようとしているだけ。


アメリカがシリアでの攻撃を始めたのも、シリアにいるロシア軍が標的である。
シリアの「反政府勢力」はアメリカが作り出したアルカイダ、ISISなどにすぎない。

アメリカの軍縮条約からの撤退は、アメリカの軍拡によってロシアも
軍拡せざるを得ない状況にさせるためであった。


149. 2022年5月23日 20:28:47 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[521] 報告

米国によるウクライナ支援の目的は植民地化すること=露大統領補佐官
2022年5月23日, 12:57

https://jp.sputniknews.com/20220523/11326979.html

ウラジーミル・メジンスキー露大統領補佐官は、米国が行っている
ウクライナへの支援について、これは米国がウクライナを財政的、
政治的な義務で支配し、植民地化しようとするものだとの見解を明らかにした。

まさにそのとおりです。
DS,KMの視点から言えば、植民地主義は、全世界支配戦略なのです。
自分たちの支配下にある西洋キリスト教諸国が、他の地域をすべて
植民地として支配すれば、全世界支配戦略の完成です。

あとは宗主国同士を戦わせて植民地の奪い合いを行わせながら、
永遠に戦乱が続く世界を作っていけばいいわけです。

本当に悪魔です。日本も実質は米国(DS)の植民地です。
働けど働けど、くらし楽にならず・・・です。
そんな植民地でも平和で放し飼いしてくれるのなら幸せだと
いう人もいるでしょうが、本当に「羊」でいいのでしょうか?


150. 2022年5月24日 11:25:41 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[522] 報告

プーチン氏、自分自身と「真剣に話す」、
西側の経済危機めぐりジョーク
2022年5月24日, 07:01

https://jp.sputniknews.com/20220524/11333583.html

ロシアのプーチン大統領は、西側諸国が自国の経済問題について
「プーチンが悪い」と主張していることに対して、自分自身と
「真剣に話し合う」とジョークを飛ばした。
23日に露南部ソチで行われたベラルーシのルカシェンコ大統領
との首脳会談で述べた。

会談でルカシェンコ大統領は「西側諸国は自国で起こっていることを
過小評価している。彼らは自分たちのマスメディアを読みながら生活し、
インフレなどの事態を被った。
彼らはすべてにおいて『プーチンが悪い』と言っている」と西側諸国の
反応を揶揄した。

これに対してプーチン大統領は笑みを浮かべながら
「彼(プーチン大統領自身)と真剣に話し合いますよ」と冗談で答えた。

流石、プーさんです。自信満々です。

さて、プーさんの登場する映像を観ていつも思うのですが、
私は「距離」に注目しています。
対面による会談やミーティングでの相手方との距離です。

信頼している相手方とは近くで接し、そうでないと思われる相手方とは
5メートル以上離れているようです。(笑)
長〜〜〜いテーブルを挟んで会話をしています。

これからは、そういう観点で映像をご覧になると合点がいきますよ。


151. 2022年5月24日 17:03:48 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[523] 報告

西側が独裁的立場をとる中、露中の結びつきはさらに加速=露ラブロフ外相
2022年5月24日, 09:47 (更新: 2022年5月24日, 10:56)

https://jp.sputniknews.com/20220524/11335704.html

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、西側諸国が独裁者な立場を取っている今、
ロシアと中国との経済的関係はさらに急速に発展するとの見解を述べた。

ラブロフ氏は、次のように語った。
「経済的な面では、お互いにメリットがある。西側諸国が独裁者な立場を
取っている今、中国との経済的な結びつきはさらに強まるだろう。
これは、国家予算への直接的な収入に加え、極東・東シベリアの強化計画を
実現する機会となる。」

また、ラブロフ氏は、ロシアはさらなる発展のためにユーラシア地域の
同盟国に頼るべきだと述べ、これが正しい道であるとの確信を表明した。
「今、世界の発展の中心はユーラシアに移っている。現在、我々には
ユーラシア地域において最も広範なパートナー・ネットワークがある。
我が国のさらなる発展、交通、輸送、物流能力において、彼らに頼る必要がある。
私はこれが正しい道だと確信している。」

ロシアを中国が支えます。もうやっています。
ロシアをインド、サウジアラビアその他の中東諸国も助けます。
ブラジルもメキシコも助けます。
今や新興大国になったインドネシアも助けます。 

ラブロフ氏がロシアはさらなる発展のためにユーラシア地域の
同盟国に頼るべきだと述べた真意がそこにあります。
私もこれが正しい道であると思います。

世界の潮流は、今、大変革を起こそうとしています。
それは、輝かしい未来に通じるものだと確信しています。

152. 2022年5月24日 21:43:15 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[524] 報告

ここでちょっと息抜きコメントです。

誰もが一瞬で幸せになれる、「10倍の法則」・・・

誰もが一瞬で幸せになれる、「10倍の法則」を知っていますか?
https://news.yahoo.co.jp/articles/17e95f30668a0795b7cbf652f9cdbb550661e294?page=1

(記事より引用します。)

私には1番効いた、感謝で幸せになる方法

幸せになる方法は無限にあります。でも少なくとも私自身は、
この「10倍感謝」が1番効いたと確信しています。
結局のところ、人を幸せにすることが、自分を幸せにすること。
ただ“何かしてあげる”のではなく、ただ“感謝すればいい”と言うところが、
なんともウェルビーイング。

あくまでも、自分の心の有りようが、幸せ不幸せを決定すると言うことで、
人間の心の仕組みをあまりにも端的に示していると言えないでしょうか。

しかも極めて具体的に「ありがとう」と言うだけなのだから、
方法があまりに明快。
だからこそ最も簡単で最も効果的な方法と言えるのです。

さらには、単に気持ちの上で幸せを感じるだけでなく、形としての幸せが
みるみる出来上がっていく、こんな方法は他にないと思うのです。
だから今日からやって欲しい「10倍感謝」。

何を持って10倍というか?  
感謝に1%も100%もない、常に100%の感謝を伝えましょう
と言うことなのです。
自分のためにも、自分たちが丸ごと幸せになるためにも。

(引用ここまで)


153. 2022年5月24日 21:46:40 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[525] 報告

>>152 つづきです。

なるほど・・・。
確かに常に100%の感謝で「ありがとう」と言うだけで
自分の心の有りようが変化するのでしょう。

さらに、日本語の「ありがとう」は言霊とも言われています。
感謝の気持ちをはっきり言えるとういうことは、
すでにあなたは幸せになっているのだと思います。

ありがとうございます。


154. 2022年5月25日 09:05:41 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[526] 報告

北朝鮮が断続的に計3発の弾道ミサイルを発射

https://news.yahoo.co.jp/articles/a260395b3ada64e00dfa8cc7ae64263c30dc416c

(以下コメントは個人的推察です。)

実は、昨日の中国とロシアの爆撃機計6機が、
日本列島に沿う形で編隊飛行したことと関連があります。

中露爆撃機が日本列島沿い飛行・・・
https://news.yahoo.co.jp/articles/22773e3e3e66a694377b23d2644bb02abb225504

いわゆる偵察飛行です。
日本列島を周回したということは、米国DSおよび韓国DSによる
極東地域での不穏な動きに対する情報収集と警戒です。
特に中国とロシアの極東地域に対する動きと日本に対する人工災害
起動(地震や原発事故など)に警戒したと思われます。

その結果、北朝鮮に情報提供(位置情報など)がされて、ミサイル
発射による牽制が行われたもようです。

中国、ロシア、北朝鮮による連携プレーでしょう。
DS側はウクライナでのロシア攻略に失敗していることから
極東地域での挑発行為に移行する兆候を事前に中国、ロシア側が
察知したと思われます。
(中国と台湾、日本との戦争勃発を計画している可能性)

DS側は、やはり崖っぷち状態で、今後何を仕掛けてくるか
わかりません。そういう意味からも中国とロシアは共同行動を
顕著化させているのです。

中国の習近平氏が、2月4日にロシアのプーチン大統領と会談し、
「中露は両国の根本的利益を守る努力を断固として支持する」
と述べていたとおりの行動がされているのです。


155. 2022年5月26日 16:18:18 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[527] 報告

北朝鮮 ミサイル発射発表せず “異例の沈黙”コロナで自制か
5/26(木) 11:54配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/86910153f7ba47794c27b260a03989bc6c5b6f69

これは、>>119 でコメントしたとおり、
今月中に予定されている「核実験」の一環だからです。

金与正氏の下記ツイートにもそれが伺えます。

「昨日のミサイル発射実験でとても大きな成果が得られました。
これで準備は完了です。」

【公式】金与正 김여정(Kim Yo-jong)朝鮮民主主義人民共和国, DPRK
https://twitter.com/KimYojong09261

北朝鮮は、今月中には「核実験」をやると言っていましたから
31日までには実行すると思います。

今月の一連のミサイル発射は、25日も含めて
ICBMもSLBMも準備万端だと言っているのです。
「戦略核」も「戦術核」もいつでも発射できるぞという
DSに対する最後の牽制が今月中予定の「核実験」
だということです。


156. 2022年5月26日 21:16:21 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[528] 報告

ここで,またまた息抜きコメントです。
(息抜きではないかもしれませんが・・・)

次は、「サル」で行くんだってさ・・・(笑)

今週、スイスのダボスで世界経済フォーラムと会合が
開かれました。DSの年次総会ダボス会議です。
開催地はずっとスイスなんです。
何でスイスなのか分かる人には分かってますよね。

今回の会議で人類奴隷化及び人口削減計画を実行する
最終段階の計画が周知確認されたということです。

次に何が起こるか?
DS一味がこの最後の攻撃のために何を計画しているのか?
それが「サル」なのです。

サル痘が研究所で作られたことを裏付ける圧倒的な証拠が
あるそうです。プーさんにも報告されているようです。

水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいてんぼうそう)を利用する
計画らしいです。
要するに、ワクチン被害者の中に帯状疱疹のような副作用に
苦しんでいる人がかなり出て来たので、「サル痘」は恐怖を煽る
そのカバーストーリーではないかと思います。

あらかじめ準備していたと思います。
病原体の標本がいるので武漢で機能獲得研究をしていたのでしょう。
今回のウクライナでのロシアの特殊軍事作戦でその証拠がすでに
押収されているようです。

それでなんで「機能獲得研究をしていた」なのかって思うのですが、
DS一味が新たなパンデミックを起こしたいのであれば、
空気感染・5G・ケムトレイルで感染しないサル痘なんかを
選択するはずはなく、恐怖を煽ってさらにワクチンを接種させる
ための計画ではないかと思うからです。

すでに欧州では「サル痘」の感染者が出ていると報道されていますし
順次拡大傾向にあるとDSメディアが煽っています。

それに応じるように日本ではマスク不要報道がなされ、岸田さんは
外国人観光客受け入れを表明しました。

外国人観光客「来月10日から受け入れ」岸田首相が表明
5/26(木) 19:24配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/570af773a6cda9134c4e32f319e8bd194130fbff

やがて、日本でも「サル痘」感染報道がされるようになるでしょうね。
そして、さらにワクチン接種政策を推進することでしょう。
(どんなワクチンでも打たないほうがいいと私は思います。)

DS側は、またまた新たなパンデミックで人口削減をやるようです。
「核爆弾」で人口削減できないからでしょうね。
やはり、悪魔としか言いようがないです。

・・・ということで、「サル」のお話でした。


157. 2022年5月27日 10:44:13 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[2366] 報告
安倍一味と手を切った北朝鮮のミサイルは、どこを向いているのか?

金正恩というのは、かつて日本にあった南北朝の北朝、
つまり、京都の新羅人天皇の末裔だと思うんです
対して、今の日本の天皇は高句麗(百済の源流)の、人食い野蛮人の系統(女真族)

この南北朝(南は奈良、北は京都)は、半島に置いては、百済vs新羅であった
この戦いが始まるのではないか


新羅には中国と親和性が高かった
そしてロシアからミサイルを得た
トランプによって安倍一味と手を切ることができた

そうすると消去法でも日本が標的でしょう
それも日本人を開放するためのミサイル

日本国内には、今の天皇の系統の反対勢力である北朝系が大勢いる
警察組織ですら白派(しらぎ)・黒派(くだら)がある
だから安倍一味の重要施設は北朝鮮に把握されているはずだ
そもそも、ちょっと前まで北朝鮮は安倍一派の一部だったのだから
そしてその情報は中露とも共有しているはず

だからピンポイントで狙える
これしか日本を正す方法はない

そして日本と台湾の寄生虫駆除が成功したなら
皇居を充分消毒してから江戸城再建となるわけです

158. 2022年5月28日 13:38:57 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[529] 報告

CDCはサル痘の否定派を静かに解雇する・・・
By Michael Baxter -2022年5月26日(Real Raw Newsより翻訳)

https://realrawnewsj.blogspot.com/2022/05/cdc.html

(転載開始)

疾病予防管理センター (CDC)の内部告発者がReal Raw Newsに
語ったところによると、CDCは、当局のサル痘のシナリオに従わない
職員を静かに解雇し始めている。

この内部告発者は、国立新興人獣共通感染症センター(NCEZID)の
終身雇用の研究科学者で、同部長のクリストファー・ブレーデン博士は、
5月16日から、米国における現在のサル痘患者の真偽を問うために
終身雇用のウイルス学者と実験助手2名を解雇したという。
この解雇は、CDCが政治的利益のためにサル痘患者の存在を人為的に
誇張しているのではないかと疑問を持った職員が数日後に行ったものである、
と彼は付け加えた。

「Covidの間、CDCで働く何人かは非常に疑い深くなり、何かがおかしいと
思ったのです。ロッシェル・ワレンスキーが架空の活動事例を発表し、
コビットつま先のように存在しない症状を作り上げていたのです。
私たちの多くは、このようなことが二度と起こらないようにと思っていますし、
何人かは声を上げて問題になりました」と内部告発者は語っている。

RRNは、CDCが退職金を受け取る条件として、解雇された従業員に
秘密保持契約と非開示契約に署名させたので、その身元を隠すよう依頼された。

最初に解雇されたのは、CDCで17年間働いていたウイルス学者である。
5月16日、彼は海外渡航歴のないマサチューセッツの男性で、サル痘の
症状である水疱、腫れ物、膿疱で手が覆われているサル痘患者の写真を
見せられた。CDCはすでにこの男性をサル痘陽性と発表していたが、
ウイルス学者に診断のサインを求めようとした。

ウイルス学者も何かおかしいと思ったようで、CDCの過去のサル痘患者の
データベースと画像を比較したところ、2012年に東アフリカでサル痘に
かかったアメリカ人宣教師の画像と完全に一致することを発見したのだ。
その人はマサチューセッツに住んでいたことはなく、実はもう亡くなっていた。

「このウイルス学者がブレーデン博士に報告したところ、このケースは
詐欺であり、善意で書類にサインすることはできないと言われました。
彼は、センター内の誰かが古い写真を再利用して、現在の活発な症例として
発表していると言った。ブレーデンは『矛盾』を発見してくれたことに感謝し、
この件をロッシェル・ワレンスキーに知らせると言いました」
と内部告発者は語った。

翌朝、出社すると、このウイルス学者が即座に解雇された。
その理由は「非倫理的行為」と「会社財産の不正使用」であった。
内部告発者によれば、CDCはこのウイルス学者に、サル痘や解雇の
理由についてマスコミに話さないという秘密保持/非開示契約に
サインする代わりに、健全な退職金を提供したとのことである。
CDCの警備員は、ウイルス学者が私物をまとめるのを見届けた後、
ドアから追い出すように案内したという。

「彼は、直接、マスコミを避けるように言われ、給料と健康保険が
キャンセルされると脅された。また、NDAには、それに違反した場合、
訴訟を起こされる可能性があると規定されていた。
この情報をお伝えするのは危険ですが、公共の重要な問題です」
と内部告発者はRRNに語った。

その2日後、ブレーデンはこのウイルス学者の実験助手2人を解雇した。
彼らもまた、積極的な秘密保持契約書にサインした後、退職金を受け取った。

この内部告発者は、「実際にサル痘が発生した証拠はないし、米国で
1人の患者も発生していないのに、サル痘に脚光を浴びせようとする
努力が続いている」と述べた。

(転載ここまで)


159. 2022年5月28日 13:40:30 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[530] 報告

ウクライナ生物学実験所で米国のインストラクターが
天然痘の緊急対応を指導 露軍が証拠
2022年5月27日, 23:56

https://jp.sputniknews.com/20220527/11375319.html

ウクライナの生物学実験所内で、米国人インストラクターが
天然痘発生時の緊急対応を指導していた証拠が、ロシアによる
特殊軍事作戦で裏付けられた。
27日、ロシア軍放射能化学生物防衛部隊を率いる
イーゴリ・キリーロフ中将が明らかにした。

現在、世界の複数の地域でサル痘のヒトへの感染件数が
日を追うごとに増えている。
「特殊軍事作戦の中でウクライナの生物学実験所内で米国人
インストラクターがウクライナ人専門家に対して天然痘発生時の
緊急対応を指導した資料が見つかった」キリロフ中将が明らかにした。

キリロフ中将はさらに、米国防総省がウクライナにおいて、
特に危険性が高く、経済的に重要な感染症の病原体を扱う作業を
想定していた、数十に上る軍事生物学関連のプロジェクトを
組織していた証拠をロシアがつかんでいると補足している。

やはりDSは準備していたのです。
さて、プーさんはどう暴露するのでしょうか。
米国DSというのは、本当に「悪魔」です。


160. 2022年5月28日 14:36:07 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[531] 報告

ここでちょっと日韓関係についてコメントします。

現在、日本も韓国も英米DSと中共DSの巣窟となっており
両国ともうまく支配されている状況です。

それで簡潔に日韓関係を言えば、
韓国は、日本から金をむしり取ること。
さらに隙あらば、領土をかすめ取ろうということです。

しかし、米国DSは、日本の富を韓国DSに奪われることは
面白くないし、米国に貢がせねばならないので、日韓関係が
良好であることは都合が悪いということです。

それで下記に日韓関係の歴史が分かりやすく紹介されたブログ
記事を転載しますので、興味のある方はお読みになってください。

(転載開始)

■朴正熙の土下座外交
日韓関係の基礎を築き、同時に日韓関係を良くも悪くもこじれにこじれた
状態にした原因となった人物は、1961年から1979年まで
第5代〜第9代の大統領を務めた朴正熙です。

彼は軍事クーデターによって、朝鮮戦争後のどんぞこの経済状態にある、
韓国の政権を手にしました。ここで彼が取った作戦は、

 「日本の金によって韓国経済を復興させよう」というものでした。

朴正熙の日本名は高木正雄です。彼は、戦前は日本人として満州国軍官学校を
優秀な成績で卒業し、日本の陸軍士官学校に入学し、ここでも優秀な成績を
収めて日本軍の将校としてアメリカと戦っていた人です。

朴正熙の作戦はきわめてシンプルかつ有効なものでした。
彼の持つ旧日本軍内の人脈をフル活用し、当時日本の指導者となっていた
かつての同僚、上司、部下に土下座をしまくり、日本から韓国への補助金を
出してもらおうという企画です。

■日韓基本条約の締結
この朴正熙の政策の集大成が、1965年6月25日に締結された日韓基本条約です。
この条約は終戦直後の1926年から実に7回の会談の後に締結されました。

朴正熙以前の韓国の指導者たちは結局日本と条約を結ぶことが出来ずに
終わっていましたが、朴正熙は彼の日本国内に持つ人脈をフル活用し、
土下座に告ぐ土下座の末、締結に成功したわけです。

この条約はみなさんご存じの通り、第2次世界大戦時の朝鮮半島への
賠償を行った条約です。それに加えて締結後10年間で有償・無償併せて、
当時の金額で1800億円、現在の価値に直すと7800億円もの援助を韓国に
供与する規定も定めています。

これは事実上、日本からの補助金ということになります。
これは当時の韓国の国家予算の2倍以上の金額です。

またこれは日本の朝鮮への補償問題が
「完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。」
という記述もあります。

つまりこの条約で、日本の韓国への賠償は、完全かつ最終的に
解決されたとなっているわけです。

この補助金を用いて、朴正熙は韓国国内に投資をし、重化学工業を
発展させ、韓国の経済成長を実現します。この作戦は大成功を収め、
韓国は漢江の奇跡と呼ばれる経済成長を達成しました。

しかし彼は、日本から補助金を貰ったことを国民に公表せず、
あくまで自分の指揮の下で、韓国国民自身が経済成長を成し遂げた、
と国民に伝えました。これが後で両国関係において致命的な齟齬を
引き起こす原因となります。

また、彼は北朝鮮に住む朝鮮人の分の補償も、この時の日韓基本条約で
一緒に受け取りました。自国民の分だけでなく、北朝鮮の人々がもらうべき
補償も使い込んでしまったわけです。

さらにこの事実を、北朝鮮はもちろん、韓国の国民にも公表しませんでしたので、
いまだに話がややこしくなっているというわけです。

■反日教育と歴史捏造の始まり
日韓併合から2次大戦にかけて、日本が朝鮮人にどんなにひどいことを
したかを強調し、日本に謝罪と賠償を要求し続けるべきだという思想を
学校教育に組み込み、韓国人に教え込む、いわゆる反日教育を始めたのも、
朴正熙です。

また自国の歴史を改ざんし、韓国は古代から独立国であったが、
日韓併合によって、はじめて他国の植民地支配を受けた、朝鮮戦争は、
日本からの独立を達成した戦争であった、という歴史観を学校教育に
取り入れたのも、朴正熙です。

どちらもとんでもない大ウソなのはお分かりになると思います。

(転載ここまで)

反日も歴史観も、韓国という国はウソで造り上げられている
国になってしまっているのです。

日本も韓国も善良な国民に何も罪はありません。
巧妙に情報操作され、DS一味に洗脳されているのです。
だから覚醒しないといけないのです。

笹原シュン ブログ・・・日韓関係
https://shunsasahara.com/entry/2020/07/13/012716


161. 2022年5月29日 11:14:51 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[532] 報告

ウクライナは事実上の降伏か・・・
外務大臣は交渉を指示される  2022年05月28日

http://takahata521.livedoor.blog/archives/14170896.html

プーチン大統領が6月12日を「ロシアの日」とする発言を
していることから、ウクライナ政府は近々、「降伏」を
申し出ると推察します。

以下、上記ブログの記事を一部転載します。

▼ウクライナ軍が崩壊し、
ゼレンスキーが「現実を直視しなければならない」と発言

ウクライナ軍は戦場で崩壊しており、敗北は非常に速く、
広範囲で起こっています。
今日、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、
「ウクライナはロシアのプーチン大統領と話すことを望んでいないが、
戦争を終わらせるために必要だろうという現実に直面しなければならない」
と述べました。

ゼレンスキーは、ウクライナはいかなる領土も譲らず、ロシア軍に
「勝利する」と発言したわずか1週間前とは、かなりの転換点である。

この2週間で、ウクライナの状況はほとんど悲惨なものになっている。
その軍隊は、ほとんどすべての戦場で壊滅的な打撃を受けている。
ロシアの長距離砲は何千人ものウクライナ軍を粉砕し、まだ生きている
人たちを降伏させている。

実際、降伏するウクライナ軍の数は非常に多くなっており、
ウクライナ議会は、大量の降伏を止めるために、軍人が降伏した軍人を
撃つことを許可する法案を採決した。

戦場の現実はウクライナ軍にとってあまりにも悲惨で、
多くの熟練したオブザーバーは、ウクライナ軍はあと2週間も
生き延びることができないと見ている。

さらに、一般市民の意見は非常に大きく変化しており、
ロシアに有利になっている。

ほとんどすべての西側諸国の市民は、ウクライナの政府、警察、
軍にナチスがいることを知るようになり、もはやウクライナを
それほど素早く支援することはない。 そして、同じ西側諸国の市民が、
ウクライナのゼレンスキー大統領がテレビで、一日中エネルギーを
与えてくれるからコカインを使用していると認めているビデオを見ると、
ウクライナは、(薬物によって)実際に現実から切り離された、
おそらく狂人のような人物によって運営されていると理解するのです。

▼ウクライナ 外務大臣、ロシアとの「交渉」を指示されたことを認める

ウクライナのクレバ外相が交渉に応じると言っています。

今朝のウクライナ軍崩壊のニュースの後、私たちは今、ウクライナの
クレバ外務大臣自身から、戦争を終わらせるためにロシアと交渉を
始めるように言われていることを公式に確認した。

以上です。


162. 2022年5月29日 11:15:37 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[533] 報告

金(GOLD)についてコメントします。
(個人的推察です。興味の無い方はスルーしてください。)

2022年5月18日付けで田中貴金属工業(株)が下記のとおり
資産用貴金属商品の決済手段の変更を通知しました。

直営店店舗における資産用貴金属商品の決済手段の変更について
https://gold.tanaka.co.jp/info/payment_change.pdf

田中貴金属の主張によれば、マネーロンダリングによる犯罪防止
のためだと言っています。
まあ、それもそうですが、100 万円を超える取引は現金決済を廃止し、
金融機関口座へのお振込みに変更するということは、取りも直さず
日本政府の金売買の規制強化の兆候と考えられます。

現在、金売買は200万円以上の取引は、本人確認資料の提示が必要
であり、かつ、支払調書が提出されます。
それなのに現金取引は100万円以下しかダメですよ。というのは
金売買の規制強化の兆候だと思います。

いずれ世界的な金融恐慌の前触れが有って、日本政府の統制で、緊急の
政府命令で、「金(GOLD)の売買停止」となる可能性はあるでしょう。
金本位制復活の潮流もありますし、金価格高騰によるGOLD需要の
逼迫が考えられるからです。

現況、中国、ロシアなどドル体制からの脱却をしている国々は、GOLD
の備蓄に注力しています。

私は、個人的に推奨したいのは、今のうちに金現物を購入して
おくべきだということです。
100グラムでも200グラムでもいいです。金地金の現物を
手元におくべきです。(資産の保全ということです。)

手持ち保有のお金の許す限りでいいかと思います。
まあ、最大でも1キログラム程度でいいです。
200グラムのバーなら5本。100グラムなら10本。
一つの取引が200万円を超えないのと、保管するのに
便利だからです。(盗難や紛失に注意が必要ですが・・・)

もし、規制で金売買ができなくなっても、個人間売買は自由
です。だから現物で、かつ、売買しやすい金額、大きさなどが
必要です。

GOLDのお話でした。


163. 2022年5月31日 21:00:28 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[534] 報告

西側の崩壊・・・

https://youtu.be/t2aHRdZkuiw


164. 2022年5月31日 21:01:52 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[535] 報告

ウラジミール・プーチン大統領・・・

「いくつもの国を完全に崩壊させている人たちに、
民主主義や自由に生きることのありがたさなどを
私たちに教える権利はない」

「世界政府」に抵抗できるのはウラジミール・プーチンだけ

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12745586277.html

上記記事のイギリス人司教は、英米DSのことを的確に
捉えています。


165. 2022年5月31日 21:02:47 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[536] 報告

極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況を一変させうる
5/31(火) 18:39

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e01be1f652a51eb544b8239f19cb9cc1faac550

迎撃は不可能だそうです。

さらに、下記の【動画】・・・
一発でイギリスを消滅させるサルマート大陸間弾道弾

https://youtu.be/iSs88fn-CXg

核弾頭搭載されたら本当に消滅します。


166. 2022年6月01日 07:19:36 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[537] 報告

真実に気付いた人・・・

Mom,what’s a conspiracy theorist?
Somebody who figures out the truth before most people, dear.

「ママ、インボー論者ってどういう人のこと?」
「それはね、みんなより先に真実に気付いた人よ。」


167. 2022年6月03日 14:52:47 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[538] 報告

WHOパンデミック条約否決(2022年5月30日)

とりあえず、この条約が否決されてよかったと思います。

下記にパンデミック条約の内容についてまとめた記事を
一部引用します。ご参考までに興味のある方はどうぞ。

https://k-doujou.com/choice-184/

(一部引用開始)

<パンデミック条約と憲法改悪はセット>
2022年3月1日、ジュネーブで『パンデミック予防と制御に関する
国際条約』の第1回交渉が始まり、もしこれが締結されれば全加盟国
194カ国を拘束することになります。

しかし、この条約は加盟国にとって非常に大きな潜在的危険を孕んでいます。
というのも、WHOは各国政府に対してこれまでのように勧告を行うのではなく、
法律と見なされる決定を下すことが可能になり、個々の加盟国の憲法より
上位に位置するとされているからです。

問題は、WHOがその資金を受取るのはもはや主に加盟国からではなく、
民間のスポンサーや財団からであり、従って彼らの利益をも代弁することです。
この条約が成立すれば、グローバルな緊急事態に際して、民主的な正当性を
持たないWHOが一種の世界政府として機能することが可能となります。
これは、健康保護やパンデミック対策だけでなく、環境政策や個人情報の
収集にも影響します。

WHOを通じて何かを支持するグローバリストに全てのコントロールを
奪われない方法は、オランダの政治家Pepijin van houwelingen(FVD)
によれば出来るだけ早くWHOを脱退することしかありません。

WHOに対する資金拠出額順位(予算に占める割合)
1位 米国 14.7%
2位 ビル&メリンダ・ゲイツ財団9.8%
3位 GAVIアライアンス 8.4%
4位 英国 7.8%
5位 ドイツ 5.7%
日本は10位で2.7%

2位のビル・ゲイツはマイクロソフト創業者で世界中のワクチンの
開発で暗躍している。
つまり、パンデミック条約を締結すると、WHOの決定が指示として
日本政府に出され、政府はそれに拘束される。
パンデミックに際してロックダウンなどの行動制限が、国民の意思に
かかわらず世界共通で行われることを意味している。

ワクチン接種を第一選択として、それ以外のものを認めない、或いは
排除することが可能。
東京にCDCを設置することと並んでパンデミック条約の必要性が
あるのかどうか。日本で憲法改正議論が進んでいますが、パンデミックに
際し緊急事態条項を設けて国民に対し行動制限、ワクチン接種義務を
課すことが出来ます。全てが一律に同じ政策を実施し、それ以外のものを
排除しようとする動きです。国家の主権、民主主義に対する完全な否定。

(一部引用ここまで)

なお、GAVIアライアンスというのは、The Vaccine Alliance(Gavi)で
2000年に開催された世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で
発足したグローバル・パートナーシップ機関です。

予防接種を受ける機会がないため予防可能な感染症によって命を落とす
子供たちが多くいる低所得国と, 予防接種支援のための出資国,
世界保健機関(WHO), 国際児童基金(UNICEF), 世界銀行,
ビル&メリンダ・ゲイツ財団, ワクチン業界, 研究・技術機関や
市民社会団体等をひとつに結びつけることで, 子供たちが予防接種を
受ける権利の公平性を高め, 世界のワクチンギャップを改善することを
目指した活動を行っている機関です。要するにDS機関です。

WHOが、ワクチンを世界中の人に打ち込むための国際機関である
理由がよく分かります。
WHOのロゴにヘビが描かれているのも、これで納得できますね。
DSそのものと言えるでしょう。


168. 2022年6月03日 15:45:22 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[539] 報告

天然痘復活シナリオまでも準備していたとは・・・

ロシア国防省 ウクライナの生物学研究所に関する資料の分析結果
Analysis of Biological Labs in Ukraine by MoD Russia 2022/05/27

https://youtu.be/q4lE1K5-Ceo

ナイジェリアにある生物学研究所も米国DSにとって
ウクライナと同水準のものであることが分かります。

ロシア国防省のウクライナの生物学研究所に関する
資料の分析結果をいつも拝見しますと米国DS勢力が
いかに世界各国で生物兵器の研究、製造で暗躍しているか
分かります。

「核」の使用が困難な現代では、やはり「生物兵器」が
DS側の戦略と言えるでしょう。

サル痘もパンデミック計画が準備されていたと言えます。
そのような状況下で先般のWHOパンデミック条約否決が
あったことは朗報でしょう。

DSに牛耳られていた世界が、DSの思うように動かなくなった
証左と言えます。恐ろしい「悪魔」の計画が少しでも回避され
ることを願って止みません。


169. 2022年6月03日 15:46:12 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[540] 報告

やはり悪意に満ちた罠でした・・・

ロシア国防省 アゾフスタリ製鉄所でウクライナ兵の
遺体152体を発見 Briefing by Russian Defence Ministry 2022/05/31

https://youtu.be/br5f7X_ukSg

英米DSが裏でやることは、まさに「悪魔」の仕業。
これらの「悪意」の所業は、数え切れないほどです。
DS勢力をやはり殲滅するしかありません。


170. 2022年6月05日 17:37:25 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[541] 報告

本日、北朝鮮の弾道ミサイル“8発”発射についてコメントします。

北朝鮮 日本海に向け弾道ミサイル“8発”発射〜韓国軍
6/5(日) 10:42配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/5b0f1ac51e956cb01bf74c285d9c2b71ad1e18d9

結論から書きます。

英米DSによるウクライナでのロシアへの挑発計画が頓挫し、
プーチン大統領の抹殺が失敗したことにより、次の計画である
極東での戦争勃発計画阻止のための牽制であると考えます。

中国と台湾・・・ロシアとウクライナ・・・同じ構図での
DSによる戦争勃発計画です。
さらに、中国とロシア対する米国との核戦争のシナリオまでもが
計画されていると思われます。

北朝鮮の今回「8発」という弾道ミサイル発射は、日本海と
沖縄近海に潜伏する米・韓・中共・台湾の各DS勢力への
大牽制と考えられます。


171. 2022年6月05日 17:38:20 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[542] 報告

2022.6.4【ウクライナ】ウクライナ情勢、
トルコ仲介案で急転和平になるか?【及川幸久−BREAKING−】

https://youtu.be/mbf4Zv1QqS0

和平は英米DSにとって都合が悪いのですが・・・
さて、どうなりますでしょうか。

英米DSがウクライナを諦めるのでしょうか。
個人的には「諦めない。」と思います。
巧妙に、また約束を反故にするでしょうね。
そこまでプーさんは読み切ってやるのでしょうか。

和平が実現したら、早々にプーさんは英米DSの
卑劣な悪意の数々を証拠付きで暴露、公表するかも
しれませんね。

個人的には、DSの悪事をプーさんが暴露、公表すると
推察します。


172. 2022年6月05日 21:44:56 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[543] 報告

本日の金与正氏ツイート・・・

「本日、ミサイルを日本海上にミサイルを発射させて頂きましたが、
それでも我々を支援してくれる日本はとても大好きです。」

【公式】金与正 김여정(Kim Yo-jong) 朝鮮民主主義人民共和国, DPRK

https://twitter.com/KimYojong09261

これまでの「北朝鮮の真実」のコメントをお読みになっている方は
上記の金与正氏ツイートの内容が明確に理解されていることと
察知申し上げます。

金与正氏の日本に対する本当の心の内が滲み出ています。
いつも日本を護ってくださり有り難うございます。

【北朝鮮の真実】・・・

https://shunsasahara.com/archive/category/%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE


173. 2022年6月06日 17:52:31 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[544] 報告

「鉄のカーテン」、露側からは下ろさない=露外務省報道官
2022年6月6日, 09:01

https://jp.sputniknews.com/20220606/11456210.html

露外務省のマリア・ザハロワ報道官は、「『鉄のカーテン』を
下ろすつもりはない。
下ろそうとしているのはEU(欧州連合)側である」と述べた。

ロシア周辺をカーテンで覆っているのはEUである。
「欧州諸国側の過ちはあまりにも利己主義的である点であり、
自分たちが世界の中心にいて、まるで他の民族が存在しない
かのように考えていることだ。
あなた方に、誰かに何かを教育する道徳的権利はない」

まさにそのとおり。
DS勢力に対する本意だと思います。
ロシアは今回のウクライナへの特別軍事行動で
DS掃討の決断をしたと考えます。

だからロシアは、完全遂行するまで止まらない。


174. 2022年6月07日 10:05:09 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[545] 報告

米軍、マイケル・サスマンを逮捕
By Michael Baxter -2022年6月6日(Real Raw Newsより翻訳)

https://realrawnewsj.blogspot.com/2022/06/blog-post_6.html

(記事より引用転載します。)

米軍は日曜日、ワシントンDCの連邦陪審がドナルド・J・トランプ大統領と
ロシアについてFBIに嘘をついたとして「無罪」としたわずか1週間後に、
元クリントン陣営の弁護士マイケル・サスマンを国家反逆罪で逮捕した。

サスマンの連邦裁判は、FBIの特別顧問の仲間であるジェームズ・ベーカーと
2016年に会ったことが中心で、サスマンは、トランプの大統領選を頓挫させる
ための根拠のない噂やまやかしの嘘を共有したのである。サスマンは起訴され、
裁判を受けたが、6時間に及ぶ陪審員の審議の結果、犯罪的悪質性は免責された。

「裁判は最初からインチキだった。裁判は最初から偽物だった。自分たちの仲間を
有罪にするはずがないと思っていたが、結果が出るのを待った」と米海軍法務官
(JAG)関係者はReal Raw Newsに語った。

ホワイト・ハットは、長い間サスマンの活動を監視しており、軍の調査で、
サスマンがベイカーに会う2日前に140万ドルの未申告所得を受け取って
いたことを突き止めたと彼は言う。
この支払いは、2004年6月に設立されたアメリカの怪しげな非営利技術団体
「アクト・ブルー」からで、左派系非営利団体や民主党候補、進歩的団体に
オンライン資金調達ソフトウェアを提供し、インターネット上で個人寄付者
から資金調達できるようにするものだった。アクト・ブルーの元役員には、
同組織の匿名かつ秘密のパートナーであった故ウィリアム・ジェファーソン・
クリントンを含む多くのディープ・ステーターが含まれている。

米海軍法務総監団は、サスマンがトランプ、トランプ組織、ロシアに関する話を
捏造するのと引き換えに賄賂を受け取ったと主張しており、これらはすべて、
今では否定されている「ロシアの共謀」疑惑に関わるものである。

さらに、JAGが陪審員の経歴を徹底的に調べたところ、3人がヒラリー・クリントン
の2016年大統領選挙に相当額の現金を寄付していたことが判明した。
1人はクリントン夫妻と親しい友人、マーサズ・ヴィニヤードでしばしば一緒に
休暇を過ごしていた。

「裁判は明らかにサスマンに有利に偏っていた。陪審員は決して座るべきでなかった。
彼らは、サスマンに対する訴訟が真剣に取られていなかったことを証明した。
彼らが彼を無罪放免にしたとき、我々は行動を起こした」と、この情報筋は語った。

その行動とは、サスマンが偽名で借りていたロードアイランド州の海辺の賃貸住宅に
米軍の特殊部隊が侵入することだった。サスマンが身を隠したのは、「怒れるMAGA」
が彼と彼の家族に対して死の脅迫をしていると証拠もなく主張したからだと、
情報筋は言った。

日曜日の午前3時に、未知数の特殊部隊の工作員が、敷地のビーチフロント側から
こっそり邸宅に近づき、そこで半自動小銃で武装した3人のボディガードに
遭遇したと伝えられている。特殊部隊はサスマンの警備員を驚かせて制圧し、
家の鍵や警報システムのコードを聞き出したという。

サスマンはベッドで眠っていたが、兵士が結束バンドで縛ろうとすると目を覚まし、
もがいたという。

「こんなことしていいのか。私は陪審員によって無罪になった。私は弁護士だ」と
サスマンは兵士に向かって足をばたつかせながらぼやいたと伝えられている。

兵士はライフルの銃床でサスマンのこめかみを殴り、彼は意識を失った。

「彼は、次に直面する陪審員を買収することはできないだろう」と、この情報筋は言った。

明らかに贈収賄か恐喝のケースで、JAGはどうやって反逆罪の容疑を立証するのか、
という質問に対して、我々の情報筋は、「暴動法は反逆罪の定義を拡大しており、
特に大統領選挙を妨害する問題でそうなっている」と答えた。

(転載ここまで)

トランプ側アライアンスに忠実な米軍側の動きは水面下で着々とDS掃討の
オペレーションを遂行しています。
大量逮捕をなぜやらないかと言うと、現状、DS配下にあるメディアがまだ
フェイクニュースを日々、垂れ流していることから、大量逮捕に踏み切っても
国民は何が起きてるのか全く理解出来ないと思われるからです。

プーチン大統領は、DSの大量逮捕にGOサインを出していると言われて
いますが、トランプ氏は慎重に掃討行動をやらないと非常に危険だという
認識にあるようです。現在、DS側は必死であり、何を仕掛けてくるのか
複雑怪奇だからです。

米・中・露・北朝鮮の「核」は、DS側の支配下にはないので、地球規模
での核戦争にはなりませんが、局地的に核兵器を使用されたり、原発
破壊のおそれもあることからトランプ氏はあくまでも慎重にという
ことだと考えられます。


175. 2022年6月07日 21:26:32 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[546] 報告

驚き、驚き、驚き、ロシアゲートの真相はなんとこれなの?

https://youtu.be/FNP0EqJAkac
(張陽チャンネル)

この張陽さんの動画内容は素晴らしい。痛快です。
陰謀論でも何でもない事実だけが暴露されています。

DSのやることは、本当に悪魔的思考で恐ろしくなります。
トラさんもプーさんもそんなDS勢力を排除するために
戦っているのです。

私たちは、真実を自分で得なければならないのです。


176. 2022年6月08日 17:22:00 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[547] 報告

ウクライナ軍 撤退中にスヴャトヒルシク大修道院に放火=ロシア国防省
2022年6月7日, 23:01

https://jp.sputniknews.com/20220607/11477712.html

ウクライナ軍は、同国東部ドネツク州のスヴャトヒルシク市から
撤退する際、現地の生神女就寝スヴャトヒルシク大修道院の
木造聖堂に火を放った。ロシア国防省がこのように発表した。

西側メディアとウクライナ政府は例によって例のごとく
ロシアの蛮行だと非難しています。

「何も神聖に思わないロシアの蛮行」木造聖堂の炎上を
ウクライナ大統領顧問が非難【画像・動画】
https://www.huffingtonpost.jp/entry/svyatogorsk-lavra_jp_629b61dfe4b0b1100a654532

もちろんロシアは否定しています。
例のタルタリア様式の建造物です。(タマネギ頭の構造物)
だからタルタリアの本拠地であったロシアが放火する
理由などありません。

DSがウクライナ軍に命令したのでしょう。
本当に悪魔です。


177. 2022年6月08日 20:44:45 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[548] 報告

露日関係、日本の現政権のせいで悲惨=ロシア外務省報道官
2022年6月8日, 16:13

https://jp.sputniknews.com/20220608/11487692.html

「露日関係は、日本の現政権・与党の行動のせいで悲惨な
状態にある。現政権は完全に西側寄りの姿勢で、あり得ない
速さで両国関係を崩している」

的を射る発言です。
日本政府は、米国DSの指示で動くのです。
政財界、官僚組織、法曹界など、ほとんどが日本DSという
哀れな国になってしまっているのです。

ロシアも北朝鮮もDSではない善良なる日本国民に対して
早く真実に目覚めよ・・・と言っているのです。


178. 2022年6月08日 21:10:42 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[549] 報告

本日の金与正氏 김여정(Kim Yo-jong)のツイート

「原子炉稼動完了。」

【公式】金与正 김여정(Kim Yo-jong) 朝鮮民主主義人民共和国, DPRK

https://twitter.com/KimYojong09261

いよいよですかね・・・。


179. 2022年6月09日 17:43:50 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[551] 報告

ロシアと日本、協力の余地はあるが、
すべて日本次第=駐日ロシア大使
2022年6月9日, 14:56 (更新: 2022年6月9日, 15:19)

https://jp.sputniknews.com/20220609/11497806.html

ロシアと日本は互恵的協力を発展させる可能性をもっている。
しかし両国関係の未来は日本の立場次第であり、日本は米国の
反ロシア路線に従っている。
ミハイル・ガルージン駐日ロシア連邦大使が9日、「ロシアの日」
記念レセプションで見解を示した。

「実務的、平等、相互に有益な対日本協力の空間は確保してある。
そのための大きなポテンシャルがある。日本の安定したエネルギー
資源確保におけるロシアの大きな役割を思い出すだけで十分だろう」

日米DSの掃討が終わればロシアと互恵的協力ができます。
それ以上に日本がロシアにとっても必要な国になります。
それは、すぐ目の前にあります。


180. 2022年6月09日 17:44:40 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[552] 報告

ドネツク軍兵士とウクライナ軍兵士が涙の(?)ご対面 2022/06

・・・と言うか、平気でやれるその残虐性が恐ろしい。

https://youtu.be/oCNNC4XGCAI

動画のコメントから引用します。

「何とも言えない、凄まじい動画です。九死に一生を得た
ドネツク兵の冷静沈着さが神々しくて涙を誘います。」

「衝撃的な映像ですが、そのまま起きている事を知る事は
必要不可欠な事ですね。」


181. 2022年6月10日 22:09:14 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[553] 報告

プーチン大統領がウクライナの港湾の安全を保証したことで、
穀物価格が10%下落・・・

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12747205961.html

西側諸国はロシアが輸出を妨げていると非難していたが、
モスクワは繰り返し、自分たちに非はなく、キエフ軍によって
設置された水中用地雷のためにウクライナの穀物を運ぶ船が
港から出られないのだと表明し続けてきた。
プーチンは金曜日、出荷を妨げているのはロシアの責任ではない
と再び述べ、船の通行を支援することを約束した。

ロシアとトルコは、世界的な穀倉地帯であるウクライナから
小麦など穀物を黒海経由で船舶で中東アフリカなど食料難の地域に
輸出する計画を、国連とともに開始しています。

ロシアはすでにマリウポリの港をウクライナから奪い、
ウクライナ軍が米国の指示でマリウポリ港に設置した
12,000個の機雷を露軍が除去して港湾を再開し、
ウクライナ東部の春小麦などの穀物を黒海経由で
中東アフリカなどに輸出し始めています。

ロシアは穀物を奪っているのでなく、ウクライナの農民や
穀物会社による輸出を助けているのです。


182. 2022年6月10日 22:36:43 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[554] 報告

トランプ大統領は北朝鮮の真実をすべて把握している!? 
米朝首脳会談の裏舞台・・・

https://shunsasahara.com/entry/2021/03/14/170755

トピックス

・米朝首脳会談の実現
・2018年までの朝鮮半島情勢
・トランプ大統領の認識の変化
・2度目の首脳会談
・トランプ大統領北朝鮮に入国
・文在寅の横槍
・朝鮮半島におけるアメリカの外交スタンスの変更
・今後の朝鮮半島

もう一度、北朝鮮の真実が分かる上記記事をご覧ください。


183. 2022年6月11日 10:11:17 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[555] 報告

日本人は対露制裁の結果に不満、関係悪化は一時的=露専門家
2022年6月11日, 06:01

https://jp.sputniknews.com/20220611/11520201.html

ウクライナ情勢を背景とする日本の対露制裁について、
ロシア・アジア太平洋地域研究センターのセルゲイ・サナコエフ所長は
ラジオ・スプートニクの取材に対し、
「日本人はその影響について不満を持っている」と指摘する。
露日関係はソ連崩壊以来最悪のレベルまで冷え込んでいるものの、
この現象は「一時的」なものだという。

ロシアは日本の本当の国民の真意を理解しています。
日本DSが掃討されない限り、米国DSの指示で動き
続ける属国にすぎません。

善良なる真実を知る日本国民は、よく理解しております。
唯々、忍耐する国民性に言葉に詰まる思いです。
DSに洗脳された歴史は罪深く、日本人よ早く行動せよ!!
・・・と、ロシアも北朝鮮も言っているのです。


184. 2022年6月11日 10:12:04 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[556] 報告

JAGが執行方法を改正

https://realrawnewsj.blogspot.com/2022/06/jag.html

By Michael Baxter -2022年6月9日(Real Raw Newsより翻訳)

(一部転載します。)

米海軍法務官団(JAG)は、今後のディープ・ステートの処刑方法を
修正したと、JAG関係者がReal Raw Newsに語った。
過去2年間、2人の有罪判決を受けたディープ・ステーター以外は、
死ぬまで首吊りにされていたが、JAGは現在、このプロセスは
うんざりするほどで時間がかかり、誤作動を起こしやすいと述べている。
その結果、死刑を宣告された者は脳天に銃弾を受けることになる。

(転載ここまで)

大量逮捕に備えての改正です。(合掌)


185. 2022年6月11日 10:12:55 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[557] 報告

ここでちょっと気になった記事を紹介します。

サンシャイン60は東条英機の墓だった!? 
池袋サンシャインシティの真実とは?

https://shunsasahara.com/entry/2022/06/09/194528

(トピックス)

・戦犯が収監された巣鴨プリズン
・戦犯たちの処刑場
・遺骨はどこに!?
・世界最大の墓はどこ!?
・だれが作ったの?
 (一部転載)

サンシャイン60の正式名称は「国土池袋ビル」です。建設したのは、
当時世界一の大富豪だった、堤義明率いる、西武鉄道グループの親会社
「国土計画」です。

サンシャインシティ内にプリンスホテルがあることからもわかりますね。
 
堤義明は、海軍を母体とする日本DSの一員で、その背後には当時の
日本DSの指導者、中曽根康弘がいました。

海軍は、天皇と共謀し、アメリカに降伏して太平洋戦争を勝手に終わらせ、
戦後の主導権をとるとともに、陸軍の幹部たちを一掃しました。

東京裁判で処刑された軍人はすべて陸軍で、海軍は一人もいないのです。

その罪滅ぼしのために、処刑された陸軍の軍人たちの慰霊のために、
旧海軍勢力である日本DSが、総力を結集して、世界最大のお墓を
建設したものと思われます。

このお墓が、長きにわたって、アジア最高峰だったことからも、これはわかります。

自分たちが滅ぼした相手の墓を建て、それを国内最高峰にする、
というのは、日本人独特の感覚で、過去に何度も例があります。

古代において、大和朝廷が、国譲りの名目で出雲を滅ぼし、併合した時、
処刑された出雲の国王、大国主尊のために巨大な出雲大社を建立しました。

これは実に地上96メートルの高さを誇り、建て替えられて通常の寺社
になるまで、奈良の大仏殿や京都御所を抑えて、1500年以上、
国内最高峰を誇りました。

自分が滅亡させた国の人々の慰霊のために、高い建物を建て、それを
国内最高峰にするというのは、神話の時代から日本人がやっていたことなのです。

その後、85年に123便事件が起きて、91年に、バブル崩壊後、新宿に
DS都庁ビルが建てられ、これがサンシャイン60を抜いて、国内最高の
高さとなりました。

これは戦中の民衆派から戦後に日本DSに覇権が移り、
ついにグローバルDSが覇権を握ったことを象徴していると、
言えるのではないでしょうか。

(転載ここまで)

東池袋中央公園は、私もよく例のベンチに座って休憩していました。
「なんでこんな変な形なんだろう」って、私も思っていました。

詳細を興味のある方は、上記URL記事を参照ください。


186. 2022年6月11日 22:11:26 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[558] 報告

「ロシアは我々の敵ではない 我々の敵はお前だ!」
ウクライナ軍捕虜からゼレンスキーへのメッセージ

https://youtu.be/-8NisP_aNkY

(元動画)
"Россия не наш враг, наш враг - это ты!" –
пленные солдаты ВСУ обращаются к Зеленскому
https://youtu.be/wnTvNSKAvZU

ウクライナも含めて
早く地球上からDSが排除されますように・・・


187. 2022年6月12日 21:05:48 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[559] 報告

【速報】「ロシアの日」金正恩総書記がプーチン大統領に“祝電”
6/12(日) 8:08

https://news.yahoo.co.jp/articles/b6eeebfde8ae2f330ca3a8ef4f12ef130842057b

「プーチン大統領の指導の下、ロシア国民は国の尊厳と安全、
発展権を守る正義の偉業実現のために、直面するあらゆる挑戦と
難関に果敢に打ち勝ち、大きな成果を収めている」

まさに、そのとおりです。(拍手)


188. 2022年6月12日 21:06:51 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[560] 報告

DSについて分かりやすく解説されている著書を紹介します。
下記URLで特別に<note.com>で公開されていますので
興味のある方は、是非お読みになってください。
(世界の動向の真実を垣間見ることができます。)

そして第三次世界大戦が仕組まれた 刊行前特別公開
(及川幸久氏新刊)

https://note.com/businesssha/n/ne6ff345e9c30

目次
・ディープステートとは、いったい何者なのか?
・ロシア軍がウクライナ東部に向かった本当の理由
・ディープステートDSによるDSのためのDSの錬金術
・インフレを終息させる気などないバイデン政権
・インフレの元凶はバイデン流「ばらまき政策」
・騒乱を裏から操るネオコン女闘士ビクトリア・ヌーランド
・そもそもネオコンとはいったい何なのか?

あなたに「覚醒」の次元上昇が有らんことを
お祈りいたします。


189. 2022年6月12日 21:44:35 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[561] 報告

ウクライナのジャーナリストがロシアのラブロフ外相に質問
トルコ訪問中 2022/06/09

https://youtu.be/3jpFTvihYPs

ラブロフ氏の冷静な応答が全てを表しているように思います。
真実はひとつです。


190. 2022年6月13日 20:33:54 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[562] 報告

ウクライナの子供たちの証言
「橋が爆撃された時、僕たちは走って地下に逃げたんだよ」

https://youtu.be/lg59FPbLENk

一番真実の証言だと思います。

191. 2022年6月13日 21:07:59 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[563] 報告

北朝鮮は韓国をミサイル斉射で攻撃する準備を進めているのか?
2022年6月12日, 15:15

https://jp.sputniknews.com/20220612/11526428.html

2022年6月5日に行われた8発ミサイル斉射は、
短時間での韓国へのミサイル斉射を想定したものだろう。
同時に韓国DSに対する牽制でもありました。

これらのミサイルは韓国国内の目標物への攻撃を目的と
したものだと考えられる。理論的にこれらのミサイルは中国、
ロシア、韓国領内の目標物を破壊することができるが、
日本にまで到達することはほぼない。

平壌地区から670キロ飛行したミサイルは、対馬海峡の東側に
到達するが、これらのミサイルがそれ以外の国に到達することはない。
しかし、中国は北朝鮮のもっとも有力な同盟国であり、ロシアも
北朝鮮にとっては友好国であることを考えれば、残るは韓国だけである。
ミサイルの射程距離は、北はソウル、南は釜山までの目標物を
攻撃するに十分である。

第2の日本である北朝鮮が日本に斉射する訳はありません。
韓国(DS)だけが標的です。


192. 2022年6月14日 10:59:27 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[564] 報告

2022.6.13【米国】DeepState 日銀が円安止めない理由
【及川幸久−BREAKING−】

https://youtu.be/x2rwctxrNDg

ドル安円高=円高金(GOLD)高

日銀が円安止めない理由は、単純明快です。
米国DSから「金利上げるな」と命令されているから。(笑)
よく言われている<日本は米国DSのATM>なのです。
日本DSは米国DSに頭が上がらない。完全に隷属関係です。

善良なる日本国民(DSではない)は、
まさに「耐え難きを耐え」の状況下に置かれているのです。
働けど、働けど、我が暮らし楽にならざる理由です。

実は前にもコメントしましたが、現在、米国DSは資金が
枯渇状態にあります。理由は、私設FRBが米国政府機関に
なったからです。だから財務省の支配下にあるのです。
従って、これまでのように勝手にドルを印刷するすることが
できなくなりました。

それで頼みの綱は日本しかないのです。円安にしてドルが
本国に環流すると同時に米国債を買わせることによって資金が
潤沢になります。

でも考えてみてください。米国内のインフレは止まらず株式
市場も続落中です。いずれ大暴落となり破綻します。
着実にドル終焉に向かっているのです。

安くなったら、再度高騰しないうちにGOLDは買うべきでしょう。
これも前にコメントしたとおりです。


193. 2022年6月15日 20:01:10 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[565] 報告

副島隆彦氏が、また真実を暴露しています。
(一部転載します。ちょっと長文ですが興味のある方はどうぞ。)

(転載開始)

副島隆彦が、かつて書いたように、キッシンジャーが、この2014年に、
プーチンのところに飛行機で飛んで行って、「ウラジミールよ。
古代バビロニアの death cult 死のカルト集団が、地獄の底から、
甦(よみがえ)ったぞ。気を付けろ。戦争をさせられるぞ」と言った。

丁度そのとき、マイダン暴動と同時に、シリアとトルコが、これも仕組まれた、
ロシアの戦闘機撃墜で、開戦、一触即発だった。それをキッシンジャーが、止めた。

だが、同じ2014年の6月10日に、北イラクのモスルに、7・5万人の
IS[イスラム国](バグダディという元イラク兵の若者たちをヒラリーたちが、
サウジの砂漠の中の米空軍基地で育てた)が、突如、出現した。 

これもずべて、ヒラリーや、マケインや、バイデンたち、ディープステイトが、
仕組んで作った、「イスラム原理主義運動で、多くのイスラム教の若者たちを
狂わせて、引き寄せた、サラフィーヤ、聖戦主義の原理主義の過激派に、扇動、
洗脳した凶悪な計画と、、ウクライナ暴動は、これと全く同じ時なのだ。

キッシンジャーは、2016年から、何とか政権を握った、ドナルド・トランプにも、
それから、習近平のところにも飛んで行って、「5千年前の、古代バビロニアの
デス・カルト、悪魔たちが、地上に復活したぞ。気を付けろ」と教えに行った。

だから、私、副島隆彦は、この時、「急いで、3帝会談を開け。ヤルタ2.0を
さっさと行え」と、自分の本たちに書いた。だが、このあと、トランプが、
2020年11月に、巨大な不正選挙(fraudulent election フロージジュレント・
エレクション)をやられて、(8千万票の 郵便投票(笑い)と、遠隔操作での
ドミニオン・ソフトによる得票数の改竄)、無理やり引きづり下ろされた。

そして、バイデンと息子のハンターの、幼児虐待、大量殺害の、ペドフィリアの
異常幼児性愛の現場も、ウクライナだ。彼らは、カトリック教徒だ。

ローマ・カトリック教会(ヴァチカン)の坊主(神父、司教ビショップ、教皇まで)
たちが、女性との性交を禁じられたので、それで、この1500年間(440年、
教皇レオ1世がローマ主教座を確立した)に、カトリックの坊主(モンク、monk
神父、修道僧)たちが、おかしくなって、我慢できなくなって、発狂した。
この巨大な偽善の戒律が、実に1500年間、続いた。

それで、今の、世界中のキリスト教国家(主に欧米の白人国家)で、数百万人の
子供たちを、犠牲者とする、ペドフィリアの事件を起こした。
だから、このカトリックの坊主たちは、100万人単位で、おのれの深い罪を償って、
自殺しなければいけない。こいつらが、人類(人間)の諸悪の根源だ。

だから、プーチンが、ロシア国民と共に、この諸悪の根源どもとの戦いに、
ついに立ち上がったのだ。このことを理解し、支持しなければ、人類(人間)の
未来は来ない。もうひとつ、私が、いつも書く通り、英国だ。大(だい)宰相の
ウオルポール以来、英国が、ドイツを裏から操(あやつ)り、嗾(けしか)けて、
必ず、フランス、ロシア、とケンカ(戦争)をさせた。
このヨーロッパの大きな政治の流れに、気づかないといけない。

そして、やっぱり、ローマ教会と並んで、英国国教会(アングリカン・チャーチ)を
滅ぼさないといけない。それとオランダのハーグの国際司法、刑事、両裁判所だ。
ここも内部は、判事たちはカトリックだ。ペドフィリアの実行犯の凶悪な犯罪者
たちだ。この人類の正義((justice ジャスティス)を、握りしめている、と宣言
している、巨悪たちに、己の罪の深さを自覚させて、静かに自殺させないといけない。 

それが出来ないのなら、プーチンに、まとめて処罰してもらわないといけない。

だから、プーチンは、今、地上に、現れた 哲人王( philosopher king
フィロソファー・キング。古代アテネの賢帝ペリクレス、との26歳下の
ソクラテス の再来だ)として、この悪魔たちに、天罰を食(く)らわす。

(転載ここまで)

http://www.snsi.jp/bbs/page/1/


194. 2022年6月17日 17:23:46 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[566] 報告

【お知らせ】・・・

<I3QUOKUWqw>のコメントをお読みに来られるみなさまへ

本スレッドのコメント数が多くなりましたので、スレッドの
移動をいたしました。

下記のスレッドURLで飛べます。

http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/139.html

(Re: 北朝鮮ミサイル発射と横田めぐみ(姜美淑))

よろしくお願いします。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。