★阿修羅♪ > アジア13 > 710.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ETV特集「アフガニスタン 永久支援のために〜中村哲 次世代へのプロジェクト〜」
http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/710.html
投稿者 gataro 日時 2010 年 11 月 14 日 20:16:05: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.nhk.or.jp/etv21c/

戦火の続くアフガニスタンの復興を目指し、26年間の長きにわたり支援活動を続けてきた医師・中村哲さん。今年、彼が心血を注いだ全長25キロの用水路が完成した。このマルワリード用水路により潤される大地は3500ヘクタール。干ばつに苦しむ15万人を飢えから救うことができる。「明日の民主主義より今日のパン」。国民が満足に食べられるようになればテロはおのずと無くなるという、中村さんの信念の結晶である。実際、用水路の水により緑がよみがえった地域の治安が安定するなど、その成果が注目されている。国中に水が巡るようになることを構想している中村さん。武力を用いないで平和を回復させようという地道な活動は、アジアのノーベル賞と言われるマグサイサイ賞を受賞するなど、高く評価されている。
しかし中村さんは、いま大きな懸念を抱えている。自分たちがアフガニスタンを去った後に、この用水路を誰がどのように維持するかという問題だ。用水路は適切な維持管理がなされなければ、たちまち壊れ、流れが滞り、無用の長物と化してしまう。 試行錯誤の末、中村さんは、用水路の最下流の荒野にひとつの村を創ることを思い立った。新しい村に、用水路建設に携わったアフガニスタン人を入植させ、子々孫々の代まで水路のメインテナンスをしてもらうという。水路と運命を共にする現地の人々を残しておくことで、資金も期間も有限の外国人による支援の限界を超えようというのだ。
この夏、日本に一時帰国した中村さんは、積極的に各地を訪ね歩いた。アフガニスタンの現状を伝えるため全国で講演を行い、政府が新たに設置した支援対策室にも参加した。そんななか、江戸文化研究の第一人者・田中優子さんと出会い、用水路建設を可能にした江戸時代の水利技術や、共同体を維持する村落の知恵を巡り対話を重ねた。また、ともに昆虫採集が趣味で旧友の解剖学者・養老孟司さんとは、アフガニスタンとの関係を通して見えてくる日本のありようを語り合った。
アフガニスタンでの支援活動の集大成として取り組み始めた“あたらしい村”の建設を追いながら、26年間、平和回復に必要な海外支援とは何かを問い続けた中村さんの思索の旅を伝える。

========================================

【関連投稿】

アフガニスタン農業用水路25.5キロの完成式 ペシャワール会が建設
http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/774.html
投稿者 妹之山商店街 日時 2010 年 2 月 08 日 22:15:21: 6nR1V99SGL7yY

米軍の蛮行を照らし出す鏡:アフガニスタン農業用水路25.5キロ完工式 ペシャワール会が建設
http://www.asyura2.com/10/warb3/msg/103.html
投稿者 妹之山商店街 日時 2010 年 2 月 17 日 09:45:21: 6nR1V99SGL7yY

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. gataro 2010年11月14日 20:34:02: KbIx4LOvH6Ccw : 6Qifi87kmQ
放映時間を書き忘れていた。

11月14日(日)午後10時00分〜11時00分 NHK教育テレビ



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > アジア13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > アジア13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧