★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ57 > 823.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米軍部隊バビロンのスターゲイト(星間移動用入り口)が開いた後で 集團自殺
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/823.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 3 月 12 日 00:06:10: xsXux3woMgsl6
 

(回答先: 火星に存在してゐると云ふ太陽系デイフエンス・システムは、1943年にスイツチが切られたと云ふ 投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 3 月 12 日 00:04:18)

 
 
 
 
    逃げよ逃げよ
    すべてのジュネーブから逃げ出せ
    黄金のサチュルヌは鉄に変わるだろう。
    巨大な光の反対のものがすべてを絶滅する
    その前に大いなる空(天)は前兆を示すだろうが
 
 
 
 
 
 
 
 
良い宇宙人と悪い宇宙人
(天使のつぶやき)天空編
NO10611
米軍部隊バビロンのスターゲイト(星間移動用入り口)が開いた後で 集団自殺
http://slicer93.real-sound.net/0-hl-space-10611.html
 
 
千成記

米軍部隊バビロンのスターゲイト(星間移動用入り口)が開いた後で 集団自殺

2008年9月10日
米軍部隊バビロンのスターゲイト(星間移動用入り口)が開いた後で 集団自殺

【ソルチャ ファールから彼女の西側の購読者へ】

今日、非常に奇妙な情報が クレムリンに寄せられた。
米陸軍の716陸軍警察大隊と 101空挺師団の 20名以上の米兵が 集団自殺を遂げたというのである。
彼らの任務は、古代のイラクの 都市バビロンの保安であった。
彼らはイラクのヒラ市に基地を置いていた。
彼らはCERNの 大型ハドロン衝突型加速器と 古代のスターゲイト(星間移動用入り口)とリンクさせようとした後で集団自殺を遂げた。
その時、大型ハドロン衝突型加速器を 使って人類史の上で、もっとも 衝撃的な科学実験の一つが 始まろうとしていた。
以下にその情報があります。
世界の歴史上で最も偉大な実験が明日行われる予定である。
しかしそれを実施すると 世界が破滅するという 奇妙な申し立てによって 中止されています。
世界中の科学者が スイスで大型ハドロン衝突型加速器 を稼働させる準備をしています。
その加速器の目的は ビッグバンの条件を再び作ることであり、宇宙の最も基本的な疑問に答えるものなのです。
しかし科学者や陰謀論者から同様に 疑念が出ており日増しにその疑念が 増幅しつつあります 。
過去二週間の間に、 アメリカとヨーロッパでその実験計画を停止するように訴訟が起こされました。
その加速器が地震や津波を起こして世界を破滅させるのではないかと心配した大衆が大量のメールや電話をかけてきたのです。
スイスとフランスの地下深くに建造された大型ハドロン衝突型加速器 は27キロの長さの 丸いトンネルです。
その中を高エネルギーの プロトンビームが反対方向に 向かって飛び出すのです。
プロトンは互いに衝突し合い 今まで成し遂げられたエネルギーの7倍ものエネルギーを 生み出すのです。
科学者は衝突によって生み出される亜原子の破片を 観察するでしょう。
そして 偉大な実験が宇宙の誕生以来 目撃されたことのない状況を 発生させるのです。
米兵の集団自殺に関しては、 イランのPress TV News Serviceが以下のように伝えています。
イラクの保安部署が 21名の米兵が27日前に イラクの空軍基地で集団自殺をしたと報じている。
Fars News Agencyは月曜に以下のように伝えた。
情報筋によると 21名の米兵は 病院で治療を受けた。
しかしたった5名が 蘇生したが彼らは重篤である。
保安担当部員によると 彼らは 自殺するために 強力な麻薬を使用したとのこと。
米兵の死体は、5000年前のミイラのように変形していたと 目撃者は述べている。
ロシアの情報分析官たちは、 以前から、西洋の国々が 彼らの古代の神々と 連絡をとろうとしていると 報じていたことは注目に値する。
これについてはわれわれの 2006年の4月16日の 報告で述べてあります。
不思議な儀式を米軍がバビロンでとりおこない イスラム教徒や ロシアの正当派の 宗教指導者の間に 不安を呼んでいた。
それについては、 これらの人々の真相を詳述し彼らに警告を発してきた。
羽の生えた蛇を使ったこの最も奇妙な儀式がアメリカ人によって実施されたのは、 羽の生えた蛇 の姿はバビロンの古代の地下室で 発見された地下の埋蔵物であり、歴史学者はアメリカの実際の名前は、ペルーにある アメリカの名前、つまりアマルカと 呼ばれたものからとられたと言っていることと関係があることが 推察される。
アメリカの歴史でもっとも 知られている説明は、 アメリカの名前の由来は イタリアの探検家の、アメリゴ  ベスプッチから採られたと いうものです。
これによってアメリカの名前の起源を隠蔽しており、 原住民のアマルカの起源を 曲げているのである。
アマルカというのは、以下のように翻訳出来るのです。
偉大な羽毛(はねげ)を 持った蛇の土地、という意味なのです。
このことは、アメリカの起源として 正当なものだと、最終的に学者の間で信憑性を 獲得するかもしれません。
ペルーでは最近発見された 遺物があり、それが北と南に いる土着のアメリカ人の関係について決定的な 証拠となるでしょう。
古代のインカの都市が 掘り起こされているので アマルカについての神秘的な 起源について 述べて部分がきっと 発見されるでしょう。
インカの人々は、過去に彼らの町や都市を放棄しています。
最後のインカの指導者がコンキスタドールにつかまってTupac Amaruが1572年に つかまって処刑された時に、宝狩をするスペインの 侵略者から逃れたのです。
都市のいくつかは、その後 再発見されています。
しかし、密林の中にはもっと 多くが隠されていると信じられています。
羽の生えた蛇を使ったこの最も奇妙な儀式に 対する回教徒やロシアの宗教指導者にとって一番の関心事は、それが 行われたタイミングです。
古代のバビロンの宗教が 崇拝するイースターの時だったのです。
 
 
・羽毛を持った蛇

古代アメリカで「羽毛の蛇」とはケツァルコアトルと呼ばれる太陽を創造した最高神です。 アステカやマヤでは生贄になった者の心臓を生きたまま胸を切り裂き心臓を取り出す独特の人身供養が行われていましたが、これは、太陽は消滅するという終末信仰から、新鮮な心臓を神に捧げることで太陽の消滅を先延ばしにすることが可能になると信じられていたためで、太陽崇拝と深い関係があります。

(maomaoさん)
 
 
しかしそのイースターの日にも 西洋のキリスト教は彼らの主が 復活した日だという 理由を当てはめています。
しかし実際は、世界の力の一番の闇を 祝うものなのです。
それについては以下のような 説明があります。
彼らの信じる復活の一部として日曜日に隠されたイースターの卵に 色づけすることが行われていますが、ほとんどの 子供達や家族は、これらの伝来の 起源を知りません。
イースターの卵の行事は 西洋文化の一部になっています。
そのしきたりの起源を 知ったら、多くの人々は、 驚いたり当惑したりするでしょう。
卵は、バビロンの人々の 聖なるシンボルだったのです。
彼らは天からユーフラテス川に落ちてきたと思われた びっくりするような巨大な 大きさの卵についての寓話を 信じていました。
古代の物語によると、この素晴らしい卵から アスタルテ(イースター)という女神が 生まれたのです。
卵は孵りました。
そこで卵が女神イースターのシンボルとなったのです。
神秘的な卵の考えが世界各地に バビロンから拡がっていったのです。
ローマでは、その神秘的な 卵は、母なる女神ローマンの 行列より先に存在したのです。
その卵は、 酒の神であるバッカスの神秘の 聖なる儀式の一部なのです。
ドルイド教は、彼らの聖なる 紋章として卵を使いました。
北ヨーロッパや中国や 日本では、彼らの聖なるお祭りのために卵には色が塗られました。
卵は又肥沃の象徴でもありました。
セミラミス(イースター)は 肥沃の女神なのです。
イースターの卵は 異教徒の母なる女神の象徴なのです。
 
 
・セミラミス

セミラミスとはニムロデの妻であり、フランスのフリーメーソンからアメリカ(ニュー・バビロン)に贈られた「自由の女神」はセミラミスの像です。 ニムロデについてユースタス・マリンズ著「カナンの呪い」から引用しますと、
 
  
人類の歴史上、悪および悪魔的行為の代名詞としてニムロデに匹敵する者はいない。彼はフリーメーソンを創始し、さらには神に逆らって伝説的なバベルの塔を建設したとされる。ニムロデは最初の世界的支配者となり、未聞の邪悪の限りを尽くしたニムロデ以降、バビロンは堕落の象徴となる。ニムロデは白い肌のシェムの子孫たちを殺し、食したのみならず、怒りと憎しみを込めて焼き殺した。このような殺人と人肉食の御供は、彼の叔父「カナン」と邪心「バアル」からの合成語で「カニバル(カーニバル)」と呼ばれる。ニムロデ伝説的なシンボルは「X」であり、このシンボルの使用は必ず黒魔術を意味する。よって「クリスマス」を「X」で短縮すると、実際の意味は「ニムロデの祭りを祝う」となる(この他にも、1ドル紙幣に印刷されているピラミッドの印は「全てを見通す目」と呼ばれるイルミナティのシンボルマークです)。
 
 
ニムロデが現れる原因となった「カナンの呪い」については、同書で次のように述べられています。
カナンにかけられた呪いは、彼の名で呼ばれる土地、カナンの地(現在のイスラエル)に対しても拡大された。この地の住民、カナン人は人類最悪の呪いとなり、今日に至る。彼らは悪魔崇拝、秘密宗教儀式、幼児犠牲、人肉食を始めたに留まらず、国外に散るについてこの忌まわしい行為を行く先々の国にもたらした。彼らは悪魔信仰をエジプトにもたらし、紀元前1200年以降、フェニキア人と改名しては各時代で文明を悪魔化し、中世にはベニス人として偉大なビザンチン・キリスト教文明を破壊し、その後は「黒い貴族」になりすまし、ヨーロッパ各国に侵入して権謀、革命、金融の手品を通して次第に勢力を増大させた。

以上のことから、羽毛の蛇、太陽崇拝、ニムロデ崇拝、カナン人、バアル神(=ルシファー=サタン)崇拝、イルミナティ・フリーメーソンは密接な関係があると言えます。世界は既にこのような者達によって支配されており、アメリカ(ニュー・バビロン)が残虐な行為を繰り返しているのも彼等の神へ生贄を捧げるための儀式であると考えられます。彼等は同胞を犠牲にしてまで、イスラエル・米国とイスラム原理主義の間に第3次世界大戦を起こそうとしています。

(maomaoさん)
 
 
西洋人が暗闇を意味する古代の神々への 献身のために心を暗闇に向けている ことに 対してわれわれは何度も言及してきました。
しかし今日バビロンで起こっているこれらの新しい出来事 のために、全世界は震え上がらねばなりません。
われわれの古代の時代の それらの残酷な悪魔が もう一度われわれ総ての 上に アメリカ人の行為によって解放されるかもしれないのです。
われわれの古代の時代でさえ、 これらの恐ろしい暗闇の主人は 天使たちによってさえも 恐れられてきたのです。
そしてイランのペルシャ人との 戦争がまもなく起こることに なっているので、その戦いは 疑いもなく最大の戦争となるでしょう。
われわれ総てがダニエル書の [10:20]を思い出すことは 良いことです。
それにはこの最大の獣について 述べています。
以下を読んで理解してください。
しかし私は、ペルシャの天使と 戦争するために戻るつもりです。
そしてわたしが去った時、ギリシャの天使がやってくるでしょう。
そしてわたしのそばには、貴方の天使であるミカエル以外には、これらに対抗する者はだれもいません。
さらにこれらの出来事を もっとよく理解するために、 以下のことに注意すべきです。
2004年の6月18日に 異常に新しい物が CERNのところでベールを脱いだ。
それはジュネーブにある分子物理学のヨーロッパ研究センターのところに存在します。
インドの神でダンスの主であるシバ ナタラジャ の2mの像のことなのです。
その像はシバ神の宇宙での創造と 破壊の踊りを象徴しています。
この像がインドと研究センターとの 長いつきあいを祝うためにインド政府によってCERNに 贈与されたのです。
これらの出来事でもっと 気がかりなことは、 米国から多くの報告が来ていることです。
それは彼らの国の WebBot情報が 今月の末までに米国の破滅的な崩壊を 予言していることです。
そして2008年の10月7日が特に恐い日になると言っていることです。
実際われわれには分からないのですが、 ただ、分かることは、米国と西洋連合が神のように 振る舞い初めていることだけです。
おかげで、われわれの世界は 崩壊するか生き残るか どちらになるか危機的状況にさしかかっているのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
ノルウェー怪現象とブッシュとナチス魔術を結ぶ点と線
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/627.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2009 年 12 月 17 日 20:52:26: 8EItFG7yGzQIA
 
 
 阿修羅の皆さん、暫くご無沙汰しております。
 【黄金の金玉を知らないか?】というブログを拝見させて頂きました。
 今回のノルウェーでの怪実験に連動してバビロンでの方でも悪魔教的な何かが行われた結果、数千年を経たミイラとなった米兵が出たという事、そしてブッシュが「バビロンを救え」と発言していた事等を書かれていました。

 バビルの塔の伝説とは皆様ご存知のように大昔に、現代風に言うといわゆるNWO(世界統一政府)を作ろうとした人達がいたけれどそれに神の意思が敵対して挫折させられたというお話です。

 ブッシュの「バビロンを救え」とは大衆には様々な知識やテクノロジーを隠しているイルミナティー達にとっては「バビルの塔の伝説の時代に、神(アヌンナキ達)がNWOを妨害したまさにその時(代)のバビロンを、神の妨害から救(って今度こそNWOを達成しよう)」という意味だそうです。

 これらはモントーク実験の影響を受けていなかった本来の元の世界にて(そこは日本民族は世界中から尊敬されていて日本人の優れた武術やテクノロジーが他国に漏れる事はなく、他の民族は容易に日本に立ち入る事は許されないという俄には信じがたい世界だったそうですが)日本人の直系ルーツでもある神アヌンナキ達と直に会い話までした事があるという霊能者(超能力者)である知人に聞いた話なのですが、
嘗てのモントークプロジェクトによって太古火星ー太古エジプトラインの人類の歴史に変化が生じてアヌンナキ達の中でも比較的時代が新しいしかしそれまでの冷酷で邪悪なアヌンナキ達とは違って徳が高く慈愛深い、現行地球人類の創世主であるアヌンナキ達が歴史から消えた。
 そして次に今回のプロジェクトによってバビルの塔NWOが妨害される歴史も消えた。

 即ち、彼らイルミナティーは,幾つかあった未来のシナリオ(可能性)のうち、NWOが樹立成功する未来をこれによって活性化し確固化したと。

 ナチス流の未来の特定シナリオ活性化については下記をご参照ください。↓
尚これに対抗して元の世界に戻すには同様のテクノロジーによって、モントーク実験当時他のイルミナティーの計画を阻止したり逆の活性化を日常的またテクノロジー的に行う等しかないとの事です。

『マニアの皆さんへ☆タイムマシン火星プロジェクトとアーリア少年の謎の答え☆ずばりココッ!↓』
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/664.html


▽参考
『火星幻想】モントーク実験と次元の狭間に棲息する爬虫類人/遺跡調査というイラク侵攻の隠された目的』
http://www.asyura.com/08/bd54/msg/250.html
 
 
 
 
 
 
 
 
   諸世紀
   第9章 44番

    逃げよ逃げよ
    すべてのジュネーブから逃げ出せ
    黄金のサチュルヌは鉄に変わるだろう。
    巨大な光の反対のものがすべてを絶滅する
    その前に大いなる空(天)は前兆を示すだろうが
 
 
 
 

 
 


 
 
 
 
ノストラダムスの大予言を解読! プリウス大好き/ウェブリブログ
http://www-prius.at.webry.info/200809/article_3.html
 
 
ストラダムスの大予言を解読!
<< 作成日時 : 2008/09/18 17:05 >>

今から約10年前世界中の話題をさらったノストラダムスの大予言…だが…!

当時、1999年の7の月、恐怖の大王がやって来て人類は滅亡する・・・16世紀の占星術師であるミシェル・ノストラダムス師であるが、その予言の中でヒットラーの出現やケネディ大統領暗殺など的中率の高いことで有名だった。

のど元過ぎれば…のたとえで、今その話題を口にする人は誰もいなくなった、それは1999年と言う年号が外れたからでは無いだろうか!

前回の自己ブログでも紹介したが、現在ジュネーブの地下で実験している大型ハドロン衝突加速器の実験で懸念されている内容があまりにも予言の中に出てくる地名や名前そして現象が怖いくらいに的中しているのはとても偶然とは思えない。

予言9章44番「逃げよ逃げよ、すべてのジュネーブから逃げ出せ黄金のサチュルヌは鉄に変わるだろう。巨大な光の反対のものがすべてを絶滅するその前に大いなる空(天)は前兆を示すだろうが」の以上を解読。

  <内容>      <意味>
1、ジュネーブ    = スイス・ジュネーブ
2、サチュルヌ    = 同位元素分離装置・プロトン加速器の別名(左クリック=内閣府レポート文中:主要装置の2、)
3、鉄         = 兵器のたとえ
4、光の反対のもの = ブラックホール
5、すべてを絶滅   = 人類の滅亡
6、空は前兆を示す = 装置がフル稼働する時点で空間に歪が生じる
(強力な電磁波によりこれから生じる気象変化・ブラックホールと大気との核融合反応)

今頃500年も前に予言された文章の意味を解読して心配しているのは私だけでしょうか!
学者が計算した5000万分の1の確率で起こりうる最悪の事態は…予言内容の的中で暗示するものは…!
 
 

●黄金のサチュルヌ(大型ハドロン衝突加速器の一部)

 
 
あと書き:この実験において、プランク質量が1TeV程度なら1年間に100万個〜1000万個のブラックホールが発生するという…下手な鉄砲も数打てば当たるのたとえで、その内の一個が地球上で育ち始めてもおかしくない計算になります…科学者も計算して置きながら、無責任じゃ無いでしょうか!
 
 
 
 
 
 
 
 
此の映畫の監督は、
「インデイペンデンス・デイ」、「アルマゲドン」、
そして最新作「2012」で有名な、
獨逸人であるローランド・エメリツヒ。
そしてプロデユーサーが、
レバノン系米國人のマリオ・カサール。
(其の名も「カサール」。
 此のプロデユーサーは、
 「トータル・リコール」や「スター・ゲイト」等、
 非常に重要と思はれる映畫に悉く關與してゐる)
 
 
Stargate movie trailer


 
 
 
 

 
 

 
 
 
  
そもそも「天岩戸」とは一體何なのか 映畫「スターゲイト」に其れをみる
http://www.asyura2.com/09/bd55/msg/163.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2009 年 2 月 01 日 22:21:03: Gsx84HOp6wiqQ
 
 
 
 
矢張り日本人がケリを點けなければ成らないやう。
 
 
時の回廊の守り手= 「オスロの怪光=セルン実験」?
http://www.asyura2.com/09/eg02/msg/182.html
投稿者 Orion星人 日時 2009 年 12 月 16 日 23:47:00: ccPhv3kJVUPSc

此の映畫が一番近い感じがします「ハワード・ザ・ダツグ」
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/624.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2009 年 12 月 14 日 22:59:07: xsXux3woMgsl6

表と裏はひとつの者 ケリを附ける事を宿命づけられてゐるb國日本
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/643.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2009 年 12 月 24 日 22:55:43: xsXux3woMgsl6
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月03日 21:59:23: dr2LSw8Tik
私が出て来ると思いましたか?そうでしょうねぇ。
ミイラの様な姿とは、電波火傷の症状でしょう。
ハドロン実験はスピントロニックな影響を発生するかも知れません。インパルスが核と同じなら、影響下の物質は「JAL123の金属片」のように成るでしょう。
宇宙から降りてきた卵は面白いですね。SRVネタの火星に降下したグレイのオバハンが火星人連れてそのまま・・・?

  電磁推進機研究者談


02. 2011年11月04日 22:54:08: EXJyphWW0s
でも、もしかしたら、ブラックホールは発生せず、「極端な温度降下」が観測され、宇宙の多層性が証明されるかも知れませんね。

  電磁推進機研究者談


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ57掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ57掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧