★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ57 > 822.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
火星に存在してゐると云ふ太陽系デイフエンス・システムは、1943年にスイツチが切られたと云ふ
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/822.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 3 月 12 日 00:04:18: xsXux3woMgsl6
 

(回答先: 映畫化されてゐた「フイラデルフイア實驗」とヘリオス航空522便墜落事故 投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 3 月 12 日 00:01:37)

 
 
 
 
   「諸君、近い将来、我々は『究極兵器』を持つようになる。
    かつて私は、それを細菌かウイルスだと考えて諸君に話したことがあったが、
    今では、もっと強力なものが見えている。
    『心理兵器』や『意志兵器』がそれだ。
    『特殊な電磁波』を媒体として、我々自身の意志をそのまま兵器にする。
    それは敵に命令し、少なくとも敵を無力化させ、我々の望む通りに動かす。
    軍隊に限らず、人類全体をそのようにできる。

    今、『アーネンエルベ』と『AHS』でその研究をさせており、目鼻はすでについている。
    それさえ完成すれば、べつに毒ガスや核兵器など使わなくても、
    戦わずして我々はあらゆる敵を、人類全体を支配できるようになるだろう。」
 
 
   「ミステリーサークルは人力で拵えたものとプラズマ自然現象でできたものと
    そして善玉悪玉双方のエイリアン勢力が
    それぞれにアトランティス系のメスバウアー・ガンマ光線で作成したものとがありますが、
    上のは、悪玉の金髪碧眼白人ファチマインベーダーらと
    R卿ナチスーシオニスト英米闇権力側が光線で描いたミステリーサークルで、
    『911テロ他の自作自演でFEMA支配か、
    木星や土星で作り出した彗星をUFOに纏わせて地球に接近させて
    ブルービームでイエスキリストの幻影等の信仰対象系を地球人類に見せて
    ローマ法王の抱き合わせ声明でキリスト教統一世界化で家畜奴隷にならないならば、
    それはそれでこんな彗星爆弾でやっちゃうから別に良いよ』という意味です。」
 
 
   「しかも見よ、そのあと、わがナチスの栄光、ラストバタリオン……。
    それが真のハーケンクロイツの日だ。
    カギ十字の日だ。
    そのときラストバタリオンが現われる。
    ユダヤを倒す。
    世界を支配する。
    永遠に……そしてナチスは甦る。
    真のヒトラーの時代が来る。
    必ずだ。

    甦ったナチスの軍団とその強力な同盟がそのとき来る。
    宇宙からの復讐のカタストロフィとともに来るぞ。
    それからが真の究極だ。
    真の終わりで真の始まり、真の淘汰、天国の地獄、
    21世紀のその年に、
    人類の驚くべき究極の姿……ではそれを明かそう。
    諸君、それは人類……」
 

   「ドイツ国民にあてた
    「ヒトラー最後のメッセージ」
    の完全なものは、
    ロシア軍が持ち帰り公開していないので、
    その断片を繋いだものしかないと説明してあります。
    もし、ロシア軍が持ち帰り、その内容を分析していれば、
    秘匿された情報を理解していると思われます。
    従って、ロシア政府・軍の不可解な行動があれば、
    関連があるのでは?
    と云う目で見ても良いとおもいます。」
 
 
    太陽の法と金星はきそい
    予言の霊を使い
    どちらも聞かれることなく
    大いなるメシアの法は 
    太陽によって残存するだろう
 
 
 
 
 
 
 
 
事實は小説より奇也 時空を超え、歴史を改竄せんとする勢力有り
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/677.html#c2
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/677.html#c4
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2010 年 1 月 10 日 19:24:45: xsXux3woMgsl6
 
 
02. そこちょっとつんつく 2010年1月11日 21:06:27: 8EItFG7yGzQIA

歴史の改竄をする必要性のあったのは誰か?
人類の偉大なルーツを自分達白人系に変えたいアシュケナジーユダヤならば、ただ人類のルーツの太古火星へと金髪碧眼を大量に送り込みさえすれば良かった。
しかし、金髪碧眼を大量に太古火星文明に送り込んだだけでなく、太古火星文明が設置していた太陽系ディフェンスシステムのスイッチをこの太陽系に侵入する為に切らなければならないという事は?......
ここにグレイが協力活動していて、何らかの目的で金髪碧眼を大量に太古火星文明に送り込まなければならなかった黒幕存在が浮かび上がって来るのです。
彼らは地球に入植(引っ越し)したかったが重力等の理由で地球人類とのハイブリッドを試みてすらそれが叶わなかった......そこで、太古火星文明が何らかの理由で地球に移住する際に遺伝子操作をした時点のそれ以前の人種を改竄する為に、カモフラージュとシンクロニシティーを招き改竄された歴史のシナリオを活性化する為に、自身等と同じ金髪碧眼の地球人類を大量に太古火星文明に送り込みその中に本当の自身等の種族を混ぜて送り込んだのではないでしょうか。
もはや闇の権力の真の黒幕はユダヤなどではなくユダヤ陰謀論者の中にはこの恐るべき事態から目を逸らさせる為のプロパガンダもある事が分かります。
映画『トータルリコール』でもありましたね。「太古火星文明の(太陽系ディフェンス)テクノロジーを復活させよ」というメッセージが。
魂の移植テクノロジーはオウム信者等の生きている日本人を北朝鮮工作員の魂とすり替えて行く事もできるし生きている地球人をインベーダーの魂とすり替える事も、また未来や過去そして遠い星や異次元の魂を生きている人間の中に入れる事も可能なようです。
 
 
04. そこちょっとつんつく 2010年1月12日 18:15:40: 8EItFG7yGzQIA
先生...もしかしてご性格ちょっと意地悪??
ご引用して頂いたリンク先の拙投稿をした折りには、問題意識の鋭い阿修羅読者の皆様に何とかこのモントーク実験周辺の歴史改竄者云々の問題の存在に気付いて頂けないものかとうまい婉曲的な投稿に苦慮した覚えがあります。
まあ誰かが1度でもこの金髪碧眼の外宇宙からの侵入者の母星を、この侵略者が生まれる前の過去に破壊でもすればそれでこの金髪碧眼インベーダーについての問題は排除できてあとはやっぱりその空いた席を同様にユダヤとグレイの同盟がやっている歴史になって行くのかそれとも、更にその金髪碧眼インベーダーの母星破壊について逆にまた歴史改竄をし返して来られるにしても良い方向への歴史のシナリオが開け活性化するには違いない事でしょう。
金髪碧眼インベーダーもグレイも自分達では地球に同化する遺伝子操作は行えずにわざわざ過去に自分達の遺伝子を送り込んでわれわれ日本人を始めとするアジア人種の祖先であるシュメール−太古火星文明人に操作して貰う手続きを経なければならなかった訳ですし人間のホルモンや血液を必要としてそれを我々のようには科学的に何とかできずにいちいちアブダクションするくらいです、また間抜けな事にあちこちでこうした情報も洩れてしまうへまをやるような不完全な情報統合性ですから、彼らを信奉し彼らの為にせっせと新技術を開発するイルミナティーの方がむしろ手強くて金髪碧眼インベダーやグレイは余り大した事はなく我々に本気で戦う気があるなら決して勝てない相手ではないでしょうけれども、できればヤハウェとか太古火星に太陽系ディフェンスシステムを設置したようなわれわれのルーツ超文明知性とか金星人の魂等を我々の側も召還して味方について貰って共に事態の解決に当たって頂く方が頼もしいとは思うのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
以前から疑問だつた事。
なにゆゑ聯中のど眞ん中にゐる、
デーヴイツド・アイクと云ふ人物は無事でゐられるのか、
と云ふ拭い去れない疑問。
其れは、聯中の手の者か、
乃至意圖してか或いは意圖せざるかは定かでは無いが、
聯中にとつて都合の良い情報を發信してゐるか、
若しくは聯中にとつて知られたく無い情報の部分がすつぽり拔け落ちてゐるか。
同じく聯中のど眞ん中にゐたステイーブン・ナイトは殺された。
彼、デーヴイツド・アイクの著作には、
此のモントーク・プロジエクトに關する既述は一切無い。
(少なくとも個人的に目を通した範圍では無かつた)
そして彼は火星文明を興した存在は、
金髪碧眼のアーリア人型地球外知的生命體、
と云ふ視點で話を展開してゐる。
彼が無事でゐられる最大の理由は何か。
其れは此のモントーク・プロジエクトの問題と、
火星の問題に盡きる。
畢竟、意圖してかせざるかは不明だが、
彼の説を擴散して貰ひたいと考へてゐる存在から、
其の役割を擔はされてゐるのだらう。

個人的にはアイクと云ふ人物に對しては、
此の人は古代に於ける日本人の世界的規模の文明展開、
日本文明を發見する事はまづ無いだらうと感じたゆゑ、
二度目の來日講演以降、急速に興味を失つた。
所詮、西洋人的視點でしか觀る事が出來んのだな、
此れ以上、此の人の發信する情報に拘る必要は無いなと、
此の問題(モントーク・プロジエクト及び火星文明歴史改竄問題)
について全く知識が無い状態だつたのだか、
其のやうに感じた。
 
 
 
 
モントークプロジェクト
http://www.asyura2.com/sora/bd5/msg/262.html
投稿者 ライチュウ 日時 2000 年 1 月 24 日 20:52:00:

聖書の神は未来に行ったナチス超人アーリア人?−−911前後に現場周辺に現れていたUFOとナチス製UFOの奇妙な類似
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/608.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2007 年 4 月 27 日 21:52:58: 8EItFG7yGzQIA

探検者達への参考情報付記
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/650.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2007 年 4 月 30 日 09:54:28: 8EItFG7yGzQIA
 
マニアの皆さんへ☆タイムマシン火星プロジェクトとアーリア少年の謎の答え☆ずばりココッ!↓
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/664.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2007 年 5 月 02 日 21:26:42: 8EItFG7yGzQIA

レプティリアンの正体とヨハネの黙示録13章
http://www.asyura2.com/08/bd52/msg/539.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2008 年 4 月 06 日 14:31:36: 8EItFG7yGzQIA

火星幻想】モントーク実験と次元の狭間に棲息する爬虫類人/遺跡調査というイラク侵攻の隠された目的
http://www.asyura2.com/08/bd54/msg/250.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2008 年 9 月 27 日 20:44:08: 8EItFG7yGzQIA

Kazumoto Iguchi's blog
009年 12月 10日
ノルウェー上空の奇妙な現象:これは何だ?
http://quasimoto.exblog.jp/11752634/

Kazumoto Iguchi's blog
2009年 12月 13日
ノルウェーの怪現象はCERNのブラックホール実験の予備実験だった!?
http://quasimoto.exblog.jp/11767093/

ロスト ワールド
2009年12月11日
神『天国』への攻撃は、ノルウェーの空を照らす。@
http://higasinoko-tan.seesaa.net/article/135309407.html

ロスト ワールド
2009年12月11日
神『天国』への攻撃は、ノルウェーの空を照らす。A
http://higasinoko-tan.seesaa.net/article/135334268.html
 
 
 
 
トータル・リコール = 累計して思ひ出す
全ての記憶を取り戻す。
人類が星の記憶を取り戻す時。
クウワトーとは、
カトウ = 加藤さんの事?
 
 
トータル・リコール 予告編


 
 
 
 
 
 
 
 
モントーク・プロジエクトは當初、
フイラデルフイア實驗の延長線上の研究を出發點とし、
其のプロジエクトの研究成果を議會に報告した際に、
以降の繼續豫算を何故か獲得する事が出來ずにプロジエクトは解散と成り、
有る組織が此の重要なプロジエクトを引き繼いだと云ふ。
其の組織はだうやらナチスのやうであり、
ドイチエス・アーネンエルベ、アドルフ・ヒトラーシユーレの延長としての、
MKウルトラ等に見られるマインド・コントロール實驗としての要素を、
此のプロジエクトの研究内容に盛り込んだやう。
其處にフイラデルフイア實驗と、
ウイルヘルム・ライヒ博士の氣象操作實驗(現在のHAARPに通じる技術)、
フエニツクス・プロジエクトが合體してモントーク・プロジエクトは發展して行つたやう。
そして次第にフイラデルフイア實驗の副産物である、
タイム・ワープ實驗が研究の中心を占めるやうになり、
(現在のノルウエーの怪光現象に見られる)
其れがやがて主目的と成つたやう。
電磁波によるステルス實驗
マインド・コントロール實驗
氣象操作實驗
タイム・ワープ實驗
と云ふ相互にそれぞれの實驗を補完しながら變遷を辿つてゐつたやう。
そしてそれぞれの實驗に共通する重要な技術的要素は、
電磁波と云つた具合に。
そしてナチスの意思である、
アーリア人に據る世界一極支配構築の爲に、
タイム・ワープ技術を驅使し、
歴史に干渉、改竄すると云ふ暴擧に及んだと云ふ事のやうだ。
そして其のタイム・ワープ技術を驅使し、
火星に有ると云ふ太陽系デイフエンス・システムのスイツチを切り、
敵對的な存在の地球外知的生命體を招來する事こそ、
此の一聯のプロジエクトに於ける究極の目的であつたと云ふ事のやうだ。
そして現在のCERNこそが、
此のモントーク・プロジエクトを引き繼いで活動してゐるのではないか、
と云ふ疑惑が濃厚である。
 
 
 
 
ナチスの狂気
ナチスの科学力の実態
〜 MAD SCIENCE ? 〜
ヒトラーの「究極兵器」と「マインド・コントロール」の謎
〜 「ナチス」と「オウム」を結ぶ黒い影 〜
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha666.html#01
 
 
  「諸君、近い将来、我々は『究極兵器』を持つようになる。
   かつて私は、それを細菌かウイルスだと考えて諸君に話したことがあったが、
   今では、もっと強力なものが見えている。
   『心理兵器』や『意志兵器』がそれだ。
   『特殊な電磁波』を媒体として、我々自身の意志をそのまま兵器にする。
   それは敵に命令し、少なくとも敵を無力化させ、我々の望む通りに動かす。
   軍隊に限らず、人類全体をそのようにできる。

   今、『アーネンエルベ』と『AHS』でその研究をさせており、目鼻はすでについている。
   それさえ完成すれば、べつに毒ガスや核兵器など使わなくても、
   戦わずして我々はあらゆる敵を、人類全体を支配できるようになるだろう。」
 
 
 
 
    餘談だが、先の衆議院議員選擧期間中の或る日、
    仙臺驛前にて公明黨の誰だつたかまでは記憶してゐないが演説をしてゐた。
    其の會場にて恐らくマインド・コントロール用と思はれる電磁波を、
    聽衆に對して照射してゐるのを個人的に其の會場に偶然居合はせた際に直に感じた。
    もともと創價學會に興味も無いのと、
    其のやうな良からぬ電磁波が照射されてゐたので其の場を直ちに離れた。
    (電磁波に對して敏感な體質なのであの獨特の不快感はすぐに解る)
    此れは恐らく朝鮮カルト創價學會に限つた事では無く、
    今後、ありとあらゆる勢力が此の技術を驅使して來ると思つた方がいいだらう。
    私の場合、適々朝鮮カルト創價學會黨である公明黨の演説會場で、
    其れを體驗したと云ふだけに過ぎない。
    こんな事が最早日常に成つてゐるのを日々感じるがゆゑに、
    ケムトレイルと携帶電話から吐き出される電磁波に曝されるがゆゑに、
    人ごみの中に居るのが嫌で嫌で堪らない今日此の頃。
 
 
 
 
AHS(アドルフ・ヒトラー シューレ) 超人は人工的に創造される
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/539.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2007 年 4 月 22 日 21:22:44: Gsx84HOp6wiqQ

未来のテクノロジーの秘密を握る黄金の台座とナチスの超人思想
http://www.asyura2.com/07/bd48/msg/578.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2007 年 4 月 25 日 22:13:44: 8EItFG7yGzQIA

モスクワの上空で目撃された謎の三角物体! 動画2ヶ。
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/632.html
投稿者 kokopon 日時 2009 年 12 月 20 日 15:07:03: uXlXC.2gGTbTg

誰かさんのように禄でもない朝鮮カルト・暴力団が多いせいで遂に任務に失敗、人類を食料とするオリオン系の勝利ですね
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/633.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2009 年 12 月 20 日 17:25:40: 8EItFG7yGzQIA
 
 
 
 
2032年に小惑星が地球に衝突 ロシア宇宙庁 毎日
http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/340.html
投稿者 倉田佳典 日時 2009 年 12 月 31 日 08:42:36: eahs5MlcSyO0.

「地球衝突回避せよ」 露が小惑星対策協議へ 産経
http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/342.html
投稿者 ピノキ 日時 2010 年 1 月 02 日 01:07:51: /cgEbzQ/iEx0c
 
 
 
 
ファチマ金髪碧眼侵略者の土星衛星を彗星爆弾化計画/私達ごみくず地球人類は“誇り高き絶滅”か“家畜奴隷の生”か2つに1つし
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/207.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2009 年 8 月 20 日 08:22:55: 8EItFG7yGzQIA
 
 
>そして此れです。此の情報を見た時から氣に成つてゐました。
>彼等の彗星爆彈でせうか。
>此れは彼等からの警告のやうな氣がします。
>あくまでも敵對するやうなら貴樣等を滅ぼす事も厭はないと云ふ。
 
 
>木星に地球サイズの衝突跡!
>http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/161.html
>投稿者 ピノキ 日時 2009 年 7 月 21 日 17:42:19: /cgEbzQ/iEx0c

>木星に何らかの物體が衝突、巨大な閃光が觀測(テクノバーン)
>http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/169.html
>投稿者 ダイナモ 日時 2009 年 7 月 22 日 19:30:20: mY9T/8MdR98ug

>木星にできた黒い跡、調整中のハツブル望遠鏡で異例の觀測 (CNN)
>http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/173.html
>投稿者 ピノキ 日時 2009 年 7 月 26 日 12:56:56: /cgEbzQ/iEx0c
 
 
Crop Circle at Windmill Hill, Nr Avebury Trusloe, Wiltshire. Reported 6th August 2009
http://www.cropcircleconnector.com/2009/windmillhill2/windmill2009b.html
 
 


 
 
ミステリーサークルは人力で拵えたものとプラズマ自然現象でできたものとそして善玉悪玉双方のエイリアン勢力がそれぞれにアトランティス系のメスバウアー・ガンマ光線で作成したものとがありますが、上のは、悪玉の金髪碧眼白人ファチマインベーダーらとR卿ナチスーシオニスト英米闇権力側が光線で描いたミステリーサークルで、
『911テロ他の自作自演でFEMA支配か、木星や土星で作り出した彗星をUFOに纏わせて地球に接近させてブルービームでイエスキリストの幻影等の信仰対象系を地球人類に見せてローマ法王の抱き合わせ声明でキリスト教統一世界化で家畜奴隷にならないならば、それはそれでこんな彗星爆弾でやっちゃうから別に良いよ』という意味です。

たとえば上から4枚目の画像では下方が中心部(全6重円内で、外側から3重円め以下の内側)に描かれた彗星爆弾の向かう方向になっておりますが、その向かう先の下方中心部に書かれた外側から2重円めの軌道上の円が唯一衛星を伴う天体が描かれたものとなっておりまして、これが地球とその衛星である月を表しております。

即ち大きさがこの比率のをぶつけるぞと彼等は仄めかしているのです。
因みに一番内側の6重円内の縦に3つに区切られたその両はじの区切り内にそれぞれに描かれた同じ図はこの彗星爆弾の進行方向を固定する推進装置です。

完全に滅ぼすつもりですね、食料用か他のエイリアンを征服する各種実験にか等以下奴隷家畜生物に看做されておりまして、彼等に取りまして地球人類は虫けら同然ですね、はい。


この手の彗星爆弾の誕生地帯の1つとしてやはり土星があります。
悪玉の金髪碧眼白人ファチマインベーダーらとR卿ナチスーシオニスト英米闇権力側が何やらぐるぐると土星の回転を緩めてそうして土星の輪の中にある天体を土星の引力から取り出し易くして土星の輪の中から引っ張り出すのです。

『NASA - Animation Descent Through Clouds to Surface』
http://www.nasa.gov/mission_pages/cassini/multimedia/pia07234.html
(こちらの動画の87コマ目を一時停止してよく見てみると、このヘキサゴンの中には更にハーケンクロイツが見えます。)

『NASA - Cassini Images Bizarre Hexagon on Saturn』
http://www.nasa.gov/mission_pages/cassini/media/cassini-20070327.html  


そこちょっとつんつく:インターネットが苦手だという知人霊能者の代理投稿でした。
統一協会工作員が真似をする為にこれらの投稿の著作権的内容にかかる無断転載を禁じさせて頂きます。
 
 
 
 
   四行詩
   第5章 53節

    太陽の法と金星はきそい
    予言の霊を使い
    どちらも聞かれることなく
    大いなるメシアの法は 
    太陽によって残存するだろう
 
 
 
 
 
 
 
 
ナチスの狂気
ヒトラーの闇の謎
〜 「光」と「闇」の闘い 〜
ヒトラーの予言
■■■第7章:ドイツ国民にあてた「ヒトラー最後のメッセージ」
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html#07
 
 
   「しかも見よ、そのあと、わがナチスの栄光、ラストバタリオン……。
    それが真のハーケンクロイツの日だ。
    カギ十字の日だ。
    そのときラストバタリオンが現われる。
    ユダヤを倒す。
    世界を支配する。
    永遠に……そしてナチスは甦る。
    真のヒトラーの時代が来る。
    必ずだ。

    甦ったナチスの軍団とその強力な同盟がそのとき来る。
    宇宙からの復讐のカタストロフィとともに来るぞ。
    それからが真の究極だ。
    真の終わりで真の始まり、真の淘汰、天国の地獄、
    21世紀のその年に、
    人類の驚くべき究極の姿……ではそれを明かそう。
    諸君、それは人類……」
 
 
 
 
良い宇宙人と悪い宇宙人
天空編
(天使のつぶやき)
NO3656 
{ヒトラーの予言}の分析(その3)
http://slicer93.real-sound.net/0-m-space-3656.html
 
 
ドイツ国民にあてた
「ヒトラー最後のメッセージ」
の完全なものは、
ロシア軍が持ち帰り公開していないので、
その断片を繋いだものしかないと説明してあります。
もし、ロシア軍が持ち帰り、その内容を分析していれば、
秘匿された情報を理解していると思われます。
従って、ロシア政府・軍の不可解な行動があれば、
関連があるのでは?
と云う目で見ても良いとおもいます。
 
 
 
2−2. どんでん返しがある

{ しかも見よ、そのあと、わがナチスの栄光、
 ラストバタリオン(最後の最大の大軍団)が地球に現れる。
 それが真のハーケンクロイツの日でありカギ十字の日だ。
 そのときラストバタリオン(最後の最大の大軍団)が現われる。
 そのラストバタリオン(最後の最大の大軍団)は
 ユダヤを倒し世界を支配する。}
 
 
★ この場合、ラストバタリオン(最後の最大の大軍団)は
「あいつと呼ばれる存在」
が仕込んだ大軍団ということになりますので、
地上の人類の軍団でなくて宇宙からと考えられます。
ここで、二つの軍団が考えられます。
一つは 神サタンの軍団
二つ目は 天使達の軍団
となりますが、次ぎの予言の内容から見ると、二つ目となりそうです。
地上でのナチスは、破れたが、
「最後の最大の軍団があらわれて、
そのような人類の超大虐殺を神と約束したユダヤ人達を討ち滅ぼし、
新しい世界を建設する」
と云うようなことを予言しています。
 
 
2−3. ラストバタリオン(最後の最大の大軍団)

{ 永遠に続く、そして、ナチスは甦る。
 真のヒトラーの時代が来る。
 必ずだ。
 甦ったナチスの軍団とその強力な同盟がそのとき来る。
 宇宙からの復讐のカタストロフィ(大崩壊)とともに来るぞ。}
  
 
★ ここで説明しているラストバタリオン(最後の最大の大軍団) とは、
どうやら
「天使達の軍団」
ということになりそうです。
なぜなら、
「宇宙からの復讐=天使達の復讐」
と考えられるからです。
ここで注意しなければならないのは
「真のヒトラーの時代が来る」
とありますので
「あいつと呼ぶ存在」
の世界が現れる、と云うことになります。
それも
「あいつと呼ぶ存在」
は、ラストバタリオン(最後の最大の大軍団)を引き連れて、
ということになりますし、
ヒトラ−が説明しているような世界になると予言しています。
ただ、現時点では
その説明しているような世界の姿・構造が判らないのが難点でして
研究課題となります。
 
 
3−7. ラストバタリオン(最後の最大の大軍団)の時期とは

{ それからが真の究極だ。
 真の終わりで真の始まり、真の淘汰、天国の地獄、
 21世紀のその年に、人類の驚くべき究極の姿なのである。
 ではそれを明かそう。}
 
 
★ 「真の究極」の予言の山場は、2039年ですから、
ラストバタリオン(最後の最大の大軍団)が現れるには
その前でなければなりません。
そのときから、人々が真実・事実を知り、
人類の驚く未来へと転移していくということです。
そのことについても説明・予言する予定であったようですが、
現在、ありません。
ただ、説明によればロシア軍が持ち帰っているそうですから、
その内に公開するかもしれません。
 
 
 
  此處で述べてゐる内容は個人的には逆だと思ふ。

  「この場合、ラストバタリオン(最後の最大の大軍団)は
   「あいつと呼ばれる存在」
   が仕込んだ大軍団ということになりますので、
   地上の人類の軍団でなくて宇宙からと考えられます。
   一つは 神サタンの軍団
   二つ目は 天使達の軍団
   となりますが、次ぎの予言の内容から見ると、
   二つ目となりそうです。」
 
  一つ目、bサタンの軍團ではないかと、
  個人的には思ふ次第。
  「あいつと呼ばれる存在」は、
  モントーク・プロジエクトの眞の目的と、
  以下の情報、
  あいつはルシフアーだと云ふ事ならば尚更かと。
 

良い宇宙人と悪い宇宙人
天空編
(天使のつぶやき)
NO5183
フリーメーソンはルシファーを崇拝するサタニストだった
http://slicer93.real-sound.net/0-jn-space-5183.html
 
 
   「この堕天使「ルシファー」を私は、“神サタン”と呼んでいますので、
    予測を裏付ける情報とも言えます。
    蛇足ですが、
    「ヒットラーの “あいつ”」
    とは、この堕天使
    「ルシファー」=神サタン
    ですから、第二次大戦の陰の演出者の
    「ユダヤ人たちの陰の世界政府」
    とヒットラーは
    「同じ穴の狢(むじな)」
    ということになります。」
 
 
  其のbサタンの軍團とは、
  畢竟、ナチスのレツト・バタリオンの部隊と、
  其れに與する金髪碧眼アーリア人型地球外知的生命體の、
  UFO聯合部隊だと。
  其の後に此處で述べられてゐる天使の軍團が訪れるのではと思ふ。

  惡を使うて惡を祓う元つbのb仕組み

  だと火水傳文でも述べてゐる譯だから、
  此の順番ではなからうか。
 
 
 
 
  其れにしてもヒトラーさん、
  ハーケンクロイツの日とは此れの事なんだね。

  此の、眞のハーケンクロイツの日、
  カギ十字の日と云ふのは、
  星々の配列がさうなるとかではなく、
  あの螺旋光、ハーケンクロイツ、渦卷きに據つて、
  次元の壁をぶち破り、
  「甦つたナチスの軍團と其の強力な同盟」
  と云ふ事から、
  其處からナチスが育成したアーリア人戰鬪部隊「レツト・バタリオン」と、
  金髪碧眼アーリア人型地球外知的生命體のUFO聯合部隊が出現し、
  全てを撃破し支配すると。

  マヤの暦の終り、2012年12月22日以降から、
  ヒトラー生誕の五十年周期である2039年以内の、
  恐らくは近々勃發させるであらう第三次世界大戰の終盤に、
  此の部隊が出現するのだらうが、
  然し、ヒトラーの豫言情報だけでは、
  其の具體的な日附まで突き止める事は無理であり、
  他の豫言書等から其の具體的な日附を突き止めねば成らない、
  と云ふ事なのだらう。
 
 
 
 
 
 
 
 
ジヨン・アレクサンダー大佐と言へば、マインド・コントロール兵器。UFO問題と大衆洗腦工作は、密接不可分の關係
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/475.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2009 年 10 月 24 日 00:22:32: Gsx84HOp6wiqQ
 
 
キツシンジヤーはかう述べてゐる。

  「今日、秩序を恢復するために國聯軍がロサンジエルスに入つたりすれば、亞米利加は激怒するだらう。
   だが、將來は歡喜するやうに成る。
   まして宇宙からの外的脅威があると聞かされれば、其れが本物でも宣傳によるものでも、
   自分たちの存在自體が脅かされると成れば、特にさうなるだらう。
   其のときにこそ全世界の人間は、此の邪惡から救ひ出して呉れと、世界の指導者に懇願するのだ。
    どんな人間も恐れるもの、其れは未知のものだ。
   此の筋書きどほりにことが運べば、
   誰もが個人の權利など喜んで抛棄して、安寧の保證を求めるだらう。
   そして其れは、ワン・ワールド政府が與へて呉れる。」
 
 
 
  
”V” Visitor Remake
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/638.html
投稿者 卍と十と六芒星 日時 2009 年 12 月 22 日 23:14:24: xsXux3woMgsl6
 
 
"V" ABC TV Series Extended promo


 
 
 
 
 
 
 
 
良い宇宙人と悪い宇宙人
ひふみ神示黎明編
『世界の民の会』(三)
NO4201
「彼らは一体何者?」とロシア人の科学者は太陽の近くに存在する惑星サイズの未確認物体に関して大騒ぎ
http://www51.tok2.com/home/slicer93190/10-4201.html
 
 
「彼らは一体何者?」とロシア人の科学者は太陽の近くに存在する惑星サイズの未確認物体に関して大騒ぎ
 
 
千成記

【ソルチャ ファールから彼女の西側の購読者へ】情報です。
太陽のそばに不思議な物体がいるのを発見して、ロシアの科学者が大騒ぎしているようです。
 
 


 
 
2010年2月10日
「彼らは誰?」と ロシアの科学者が太陽近くの 不思議な物体に関して質問しています。

【ソルチャ ファールから彼女の西側の購読者へ】

不思議な報告が プーチン総理に 提出されました。
提出したのは、アナトリ  ペリミノフ博士 であり、博士は、ロシア連邦 宇宙省(FKA)の長官です。
報告書の題名は「彼らは誰?」でした。
博士によると “未確認の”の惑星サイズの “物体”が太陽付近に 存在しており(写真左上)、その物体から意図的に“発射された”小惑星が地球に向かって突入してくることは “とてもありうる可能性”があると警告しました。
そのような場合には、小惑星の軌道を反らせる計画を “今すぐ進めるべき”であると 更に 警告しました。
ペルミノフ博士は 以前に地球は小惑星の 攻撃に備えなければならないと 述べていました。
博士によると 「人々の命は風前の灯火である」
「そこで、われわれは 数億ドルを かけて 小惑星との衝突を 避けるためのシステムを構築しなければ ならない」
「人類は座して小惑星が衝突し 数十万人が死亡するのを待っていては いけない」 とも言っています。
ペリミノフ博士は ロシアの科学者たちは、 彼に「850フィート のアステロイド99942 アポフィスが2030年代に 地球に衝突すること必然であると 彼に報告している」と 述べている。
地球に対してこの脅威が 最近存在することについては ペリミノフ博士は 「最近二つの惑星サイズの“未確認”物体が太陽の周辺に存在していることをNASAの SOHO探知衛星が 発見している。」(写真左上)
「そしてその物体の軌道は、太陽系内部に ある」
「ロシアの科学者たちも その存在を確認した」と報告しています。
ロシアの科学者たちは、それが火星と木星の間に存在する 小惑星のベルト地帯内部の“不思議な”小惑星の衝突 (写真左二番目) の原因であると発見しています。
それは2009年の11月に 起こったことで、 その小惑星の一つにはP/2010 A2 という名前がつけられています。
シドニー モーニング ヘラルド 誌はこの出来事を 以下のように報告しています。
 
 
P/2010 A2と命名された 物体は1月6日に 観測されました。
観測したのは、リンカーン  地球付近小惑星探知プログラム です。
そして天文学者たちは それは彗星だと考えました。
しかし1月25日と29日に撮影されたたハッブル望遠鏡の画像 によると、それは彗星とはずいぶん違った特徴を 示しました。
彗星は、カイパー ベルトとオールト雲の中の遠方の小惑星帯から出て内太陽系に 出現する冷たい天体です。
それは太陽に接近すると暖まるので、太陽の圧力によって、 彗星から押しのけられる粒子と水蒸気を 尻尾のように噴出させます。
しかし、スペクトルを調べると、今回の彗星は、本体の後ろにガスが全く無くて、水が存在しないことを示しています。
P/2010A2の本体は、直径約180mである物体です。
そして本体と尾っぽとは別々になっています、
そして、尻尾自体は大きいX形をしていて珍しいフィラメント様構造物の状態 を示しています。
カリフォルニア大学ロサンゼルス校の実験責任者デヴィッド ジェウイットは、最もありそうな説明を するなら 2つの小さくて以前に未知の小惑星が最近衝突したということであると言いました、
衝突によって残骸のシャワーが出来たのでしょう
日光によって衝突現場から小惑星の後ろに尾っぽ状態となったのでしょう。
彼は「尻尾の長さが約16万900キロメートルであることから、衝突は多分、わずか数カ月前に 起こったのだろうと言いました。」
 
 
注目すべき重要事項としては米国がP/2010A2の軌道を新しく計算したところによると、 それは6千5百万年前に 地球上のすべての恐竜を 絶滅させた第三の絶滅事件を 起こした 小惑星を生み出した “Flora家族”として 知られているグループ に所属しているというのです。
これらの“不思議な”物体がわれわれの太陽に与える衝撃は、 今世紀の太陽活動低下 から一転して太陽を目覚めさせてしまい、地球に影響するMやXクラスのフレアを作りだし2012年までに “壊滅的な太陽フレア”を 地球に照射してくる可能性があるとNASAが警告していることです。
このタイプの天体事件については 彗星や小惑星の起源や組成については、ロシアの科学者は西洋の科学者の言う “雪玉理論”と全く違った理論を 立てていることを知るのは 重要です。
ロシアの科学者たちは“電気的理論”を支持しているのです。
これによって過去に起きた地球の壊滅的な 事件の説明がもっとうまくできると言うのです。
この報告 について非常に興味深いことは誰がこれらの“不思議な”物体を コントロールしているかと いう問題です。
それらの物体が“知性体による コントロール”を受けている可能性があるということです。
地球の太古の歴史を ひもとくとわれわれの惑星は 攻撃を受けたことは疑うことが 出来ないのです。
それについては以下のような 情報があります。
 
 
サマリア人はアヌンナキを “神々”と呼んだことは 一度も無い。
それらはディン ギルと 二つの音節の語句で表現されました。
“ディン”は“正義の、純粋な、 明るい”を意味しました。
そして“ギル”は “鋭いとがった物体”を 意味しました。
つまりアヌンナキとは “まぎれもなく明るい尖った物体” を 意味したのです。
サマリア人の記録によると 歴史は「大洪水」つまり 「聖書の言う大洪水」によって二つの時代に 別れます。
水が引いた後で 運命を決める偉大なアヌンナキは神々は 人類にとっては、あまりにも 高潔であるとしました。
アッカドの'elu'は、まさに以下のことを意味します。
つまり'高まいな者たちという意味です。
バビロニア語、アッシリア語、ヘブライ語、およびウガリット語のElはその 高邁な者たちという語に由来します。
その語にギリシア人が'神'という意味を与えたのです。

創世記から:
その当時、神の息子たちが 人間の女性を妻にした後に 地球上には巨人が生まれました。
そして、また、神の息子たちが 人間の娘を妻にして 彼女たちが子供を生んだ後 に、彼らの息子たちは 強くて、名声のある男性 となりました。
神の息子がアダムの娘と共に同棲して、彼女らが子供を生んだとき ネフィリムがが地球にいることになりました。
彼らは不死の力強い 者のたちでした。
シェムの人々を意味する “ネフィリム”という語は セム語に語源を持つNFLから 出来たのです。
しかしこれらの太古の物語は 西洋のエリートには 単なる神話として拒否されました。
しかし、それにもかかわらず、 それは興味深い事実なのです。
数千の巨大な構造物や 都市が地球には残されています。
それらはこれらの“神々”によって建造されたものであると言われています。
それらの建造物は 現在の人類でも説明できないし作る技術を持ち合わせていない のです。
その中にはレバノンにある 千トンもあるバールベック の巨石があります。
又ペルーのマチュペチの“インカの失われた都市”も 含まれています。
そこでは建造するのにコンクリートは使われていないのです。
それにもかかわらず千年近く 倒れずに建っているのです。
将来地球に小惑星や彗星が 衝突するかどうかは、われわれの 知るところではありません。
しかし明らかな事実を指摘することは出来ます。
過去に起こったことは将来も再び 起こる可能性があるということです。
そして古代の“神々” がわれわれの地球に 戻ってくることに 関しては、 世界の全ての古代の物語が 神々には戻ってくる意志があると 伝えているのです。
繰り返しますが、 以前に起こったことは、 神の意志として再び起こるという ことです。
それは“空の精霊たち”がそう 言ったのです。
そして、おそらく、これらの「空の精霊たち」として知られている者たちの中にキリストが います。
彼についてはイギリス人の作家であり劇作家でりミュージシャンであったダグラス・アダムスが一度以下のように 語っています。
「2,000年前に、1人の男性が、皆がお互いに親切であったなら、それがどれくらいすばらしいことか と言って十字架にかけられました。」
私たちが皆、次の時代がめぐってきたらより上手に振る舞うことができるように 希望することにしましょう。
 
 
千成の粗訳終わり
 
 
 
 
機械翻訳

2010年2月9日

「彼らはだれですか?」と ロシア人の科学者は太陽の近くに存在する神秘的な物体に関して尋ねます。

【ソルチャ ファールから彼女の西側の購読者へ】

プーチン首相のために医師兼科学者Anatoly Perminovによって作成された奇妙なレポート(「彼らはだれですか?」と題をつけられたロシア連邦宇宙局(FKA)の代表)は、ロシアが彼が故意に写真左上が最近私たちの日曜日の軌道で見つけたまだ「未確認」の神秘的な惑星サイズ「物」によって「十中八九」地球に向かって「撃たれている」と言う入って来る小惑星から向きをそらす計画を「すぐに、加速するべきである」という警告です。

Perminov博士は、以前に私たちの地球が小惑星攻撃の用意をしなければならないと警告して、「民族の人生が危機にひんしていて、私たちは、座っているよりむしろ衝突を防いで…、それが起こって、殺されるのを待つシステムに、数1億ドル支払って、何十万人もの人々を建てるべきです。」と述べました。

Perminov博士は、ロシア人の科学者が、99942Apophisの850フィートの小惑星が「確実に、2030s.の地球と衝突すること」を彼に知らせたとさらに述べました。

このレポートには、現在、私たちの太陽の周りの軌道のNASAのSOHO太陽観測衛星(ソーホー)によって見つけられた2個の「未知」の惑星のサイズ物の最近の発見がPerminovが警告している私たちのEarth博士へのこの最新の脅威への写真左上と私たちの太陽系を通した経路であると書かれています; ロシア人の科学者によって後方に追跡されると、彼らがP/2010A2としてこの前の11月(2009)に火星と木星の間の小惑星帯の中の小惑星について2番目に残っている「神秘的な」衝突写真とそれらの1つの命名に原因となる掘り出し物です。

「小惑星衝突は科学者をスターに魅せられた状態でおく」と題をつけられたそれらのレポートのシドニー・モーニング・ヘラルドがこの出来事に関してさらに以下を述べます。

「P/2010A2と呼ばれる物は、1月6日に最初にリンカーンNear-地球Asteroid Researchプログラムで観察されました、そして、天文学者はそれが彗星であると考えました。」 しかし、1月25日と29日に取られたハッブルイメージは、はるかに何か異なったものを示しています。

彗星は、カイパーBeltとオールトCloudの遠方の貯水池からの内太陽系になる冷たいボディーです。 暖まるので、太陽の圧力に従って、彼らは滑らかなテールの中に彗星から押しのけられる粒子と水蒸気をはじきました。

しかし、水が全くないのを示して、P/2010A2のスペクトルは物に関連しているどんなガスも見せていません。 直径約180mである物の本体が「テール」から別々の状態であります、そして、テール自体は大きいX形をしている部分を含んでいる珍しいフィラメント様構造物を見せています。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の実験責任者デヴィッドJewittは、最もありそうな説明が、2つの小さくて以前に未知の小惑星が最近衝突したということであると言いました、日光の存在による衝突サイトからテールの中に後ろに位置されている残骸のシャワーを作成して。 「彼は、テールの長さに基づいて約16万900キロメートル、衝突がわずか数カ月前にたぶん起こったと言いました。」

注意するために重要であるのは、P/2010A2の軌道を示している新しい米国の計算が、#Cretaceousに責任があると信じられている小惑星と8211を生産した「植物相科」で知られている小惑星のグループにそれに関連しているということです; 6500万年以上前に私たちの地球で恐竜のすべてを殺した第三のExtinction Event。

このレポートが、私たちの太陽がこれらの「神秘的な」物がオンに持っている影響力に、中の最も深いSolar Minimumが1世紀に、それらの「破壊」であることによって明白、そして、今日レポートが目立つポイントにそれに「目を覚まさせ」続けている、「巨獣太陽黒点1045」は、現在、私たちの地球でMとX-クラス揺らめく炎を解き放つことができて、2012年までに「壊滅的な太陽の嵐」を私たちに浴びせることができましたどのNASAが、警告した。

それによって、ロシア人の科学者が熱烈に彗星と小惑星の起源と構成の彼らの西洋の対応者と意見を異にして、それらの「雪玉理論」に加入しないのを理解するために重要ですが、彼らが信じている「電気理論」に私たちの地球の壊滅的な過去がこのタイプのすべての天の出来事において、より完全にわかります。

最もおもしろさ、このレポートに関して、だれに関する不在(少なくとも私たちの目への)かそれらが下の「インテリジェント制御」であるという見込みを述べるのを除いたこれらの「神秘的な」物を制御しているかもしれないことが、そうです。

しかしながら、私たちの地球の最も古来の話に変わるのにおいて、攻撃される私たちのPlanet、私たちが以下を一部読むことができるので、彼らがだれを言うかは、責任があるという疑問が全くありません。

「Sumeriansは、決してアヌンナキ、'神'と呼びませんでした。」それらはdin.gir、2音節の単語と呼ばれました。 '騒音は公正で、純粋で、明るく'意味した''; 'gir'は、鋭く斜めに進んでいる物について説明するのに使用される用語でした。 アヌンナキのための形容語句として、'dingir'は'明るい先鋭な物の公正な1つ'を意味しました。

シュメールのテキストはすばらしいDelugeが割られた2回の時代まで歴史を終えます--Biblical Flood。 水域が後退した後に、運命を命じる偉大なアヌンナキは、人類には、神が高潔過ぎると決めました。 使用という用語(アッカドの'elu')は、まさに以下のことを意味します。 '高まいなOnes'; それから、バビロニア人、アッシリア語、ヘブライ語、およびウガリット語Elは来ています--ギリシア人が含蓄'神'を与えた用語。

創世記から:

神の息子が人間の妻を連れて行った後に、その頃、巨人が地球の中にいました。 そして、また、それ、神の息子がいつ男性の娘に入ったか、そして、および彼らが彼らの子供を剥き出した後に、同じくらいはそうする古いことの強力な男性になりました、名声の男性。 その頃、その後、また、Nefilimが地球にあります、神の息子がアダムの娘と共に同棲して、彼女らが彼女らに子供を生んだとき。 '彼らはEternityの強力な1つでした--shemの人々'。「Nefilimは、'低下する」ためにセムの根のNFLに由来します。'

これらの古来の話はただ「神話」として西洋エリートによって捨てられますが、それはそれにもかかわらず、おもしろい事実であり、私たちには自分達のために彼らを建てるための技術がまだないので、説明できないまさに今日まで私たちの地球に残されて、これらの「神」によって建てられたと言われた何千もの、巨石建造物と都市があります; Baalbeckストーンがレバノン、および「Incasの無くなっている市」、ペルーのマチュピチュで見つけた巨大な1,000トンがそれほどまさにコンクリートを全く作らなかったとき、そのようなものはそれを建てる際に使用されました、そして、それはおよそ1,000年間立っています。

私たちが知るのにおいて小惑星か彗星によって忘却に打ち込まれる私たちの地球の未来まで、それがありません、何かが過去に起こったなら将来再び起こるという隠れもない事実を指摘するのを除いて。 そして、Worldの古来の話のすべてが、するつもりであると言うので、私たちの地球に戻る古代の「神」に関して? 一方、私たちは、何が以前起こったことがあるかが再び起こると言うことができるだけです… .theは前述のそうに「空では、生気を与えさせます」。

そして、おそらく、これらの「空のスピリッツ」が知られている大部分の1つはイギリス人の作家、劇作家、およびミュージシャンのダグラス・アダムスが一度そのキリストに関して言ったイエスでした: 「2,000年前に、1人の男性が、皆が珍しくお互いに親切であったならそれがどれくらいすばらしいかを言うために木に打ち付けられました。」

私たちが皆、より上手に次のおよそ時間をすることを望みましょう
 
 
 
 
February 9, 2010

“Who Are They?” Russian Scientists Ask About Mysterious Objects Near Sun

By: Sorcha Faal, and as reported to her Western Subscribers

A bizarre report prepared for Prime Minister Putin by Doctor-Scientist Anatoly Perminov, the head of the Russian Federal Space Agency (FKA), titled “Who Are They?”, is warning that Russia should “immediately accelerate” its plan to deflect incoming asteroids he says are “in all likelihood” being deliberately “shot” towards Earth by an as yet “unidentified” mysterious planet size “objects” [photo top left] recently found in the orbit of our Sun.

Dr. Perminov had previously warned that our Earth must prepare for an asteroid attack and stated, “Peoples' lives are at stake, we should pay several hundred million dollars and build a system that would ... prevent a collision, rather than sit and wait for it to happen and kill hundreds of thousands of people.”

Dr. Perminov further stated that Russian scientists had informed him that the 850-foot asteroid 99942 Apophis “will surely collide with the Earth in the 2030s.”

To this latest threat to our Earth Dr. Perminov is warning about, this report says, is the recent discovery of 2 “unknown” planetary size objects spotted by NASA’s Solar and Heliospheric Observatory (SOHO) currently in orbit around our sun [photo top left] and whose path through our Solar System, when tracked backwards by Russian scientists, finds their being responsible for a “mysterious” collision [photo 2nd left] of asteroids in the asteroid belt between Mars and Jupiter this past November (2009) and the naming of one of them as P/2010 A2.

The Sydney Morning Herald in their report titled “Asteroid collision leaves scientists starstruck” further states about this event:

“The object, called P/2010 A2, was first observed on January 6 by the Lincoln Near-Earth Asteroid Research program, and astronomers thought it was a comet. But Hubble images taken on January 25 and 29 show something far different.

Comets are icy bodies that fall into the inner solar system from distant reservoirs in the Kuiper Belt and Oort Cloud. As they warm, they shed particles and water vapour that are pushed away from the comet in a smooth tail by solar pressure.

But spectra of P/2010 A2 show no gases associated with the object, indicating there is no water. The main body of the object, which is about 180 metres across, lies separate from the ''tail,'' and the tail itself shows an unusual filamentous structure that includes a large X-shaped portion.

The most likely explanation, said principal investigator David Jewitt of the University of California Los Angeles, is that two small and previously unknown asteroids recently collided, creating a shower of debris that is being swept back into a tail from the collision site by the presence of sunlight. He said that based on the length of the tail, about 160,900 kilometres, the collision probably happened just a few months ago.”

Important to note are that new US calculations showing the orbit of P/2010 A2 are relating it to the group of asteroids known at the “Flora Family” that produced the asteroid believed responsible for the Cretaceous?Tertiary Extinction Event that killed all of the dinosaurs on our Earth over 65 million years ago.

To the impact these “mysterious” objects are having on our Sun, this report continues, is evident by their “destroying” the deepest Solar Minimum in a century and “awakening” it to the point where today reports are showing the “behemoth sunspot 1045” is now being capable of unleashing upon our Earth M and X-Class flares, and which NASA has warned could unleash “catastrophic solar storms” upon us by 2012.

In all celestial events of this type it is important to understand that Russian scientists vehemently disagree with their Western counterparts on the origins and makeup of comets and asteroids and do not subscribe to the “snowball theory” of them but to the “electrical theory” they believe more completely explains our Earth’s catastrophic past.

Most interestingly about this report is the absence (at least to our eyes) of whom or what may be controlling these “mysterious” objects other than stating the likelihood of their being under “intelligent control”.

In turning to our Earth’s most ancient stories, however, there is no doubt who they say is responsible for our Planet being attacked, and as we can, in part, read:

“The Sumerians never called the Anunnaki, 'gods.' They were called din.gir, a two-syllable word. 'Din' meant 'righteous, pure, bright;' 'gir' was a term used to describe a sharp-edged object. As an epithet for the Anunnaki 'dingir' meant 'righteous ones of the bright pointed objects.'

Sumerian texts break up history into two epochs divided by the Great Deluge - the Biblical Flood. After the waters receded the great Anunnaki who decree the fate decided that the gods were too lofty for mankind. The term used - 'elu' in Akkadian - means exactly that: 'Lofty Ones;' from it comes the Babylonian, Assyrian, Hebrew, and Ugaritic El - the term to which the Greeks gave the connotation 'god'.

From Genesis:

After the sons of God took human wives there were giants in the Earth in those days; and also after that, when the sons of God came in unto the daughters of men, and they bare children to them, the same became the mighty men which were of old, men of renown. The Nefilim were upon the Earth, in those days and thereafter too, when the sons of the gods cohabitated with the daughters of the Adam, and they bore children unto them. They were the mighty ones of Eternity - the people of the shem.' Nefilim stems from the Semitic root NFL, 'to be cast down.”

Though these ancient stories are dismissed by Western elites as nothing more than “myths”, it is an interesting fact, nonetheless, that the thousands of megalithic structures and cities left upon our Earth and said to have been built by these “gods” are to this very day unable to be explained as we still do not have the technology to build them for ourselves, such as the giant 1,000 ton Baalbeck Stone found in Lebanon and “The Lost City of the Incas”, Machu Picchu, in Peru so exactly made no concrete was used in building it, and it has stood for nearly 1,000 years.

To the future of our Earth being struck into oblivion by an asteroid or comet it is not in our knowing, other than to point out the obvious fact that if something has happened in the past it will happen again in the future. And as to the ancient “gods” returning to our Earth as all of the World’s ancient stories say they intend to do? Again, we can only say that what has happened before WILL happen again….the “Spirits in the Sky” said so.

And, perhaps, one of the most known of these “Sky Spirits” was Jesus the Christ of whom the English writer, dramatist, and musician Douglas Adams once said about: “2,000 years ago one man got nailed to a tree for saying how great it would be if everyone was nice to each other for a change.”

Let’s hope we all do better the next time around.
 
 
 
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年3月13日 09:51:22
それで、一体何を言いたいのですか???
惑星なり、何かが地球に衝突して、人類が滅亡したとしても、それが、何の問題なのか?いつかは、この宇宙も破壊される。早いか遅いかだけですよ。
循環宇宙なのですよ。創造、維持、破壊、これの繰り返しです。
ブラックホールに吸い込まれれば、すべての宇宙は、破壊される。つまり、死ぬ。
そして、新たに、創造される。あなたが、体験すれば、理解できる。
知識と体験は、違うのだ。あなたが、全宇宙なのだ。分かるかな?

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ57掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ57掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧