★阿修羅♪ > 豚インフル02 > 560.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
第2弾、 これさえ理解できれば「一切のワクチ予防接種は不必要」と解る。ホメオパシー版免疫論!?
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/560.html
投稿者 寅蔵 日時 2010 年 4 月 21 日 22:32:52: 8X/teMCB5Xc.E
 

(回答先: これさえ理解できれば「一切のワクチ予防接種は不必要」と解る。本当の免疫理論!? 投稿者 寅蔵 日時 2010 年 4 月 20 日 06:25:24)

   【予防接種は果たして有効か?】
トレバー・ガン  ホメオパシー講義録   ホメオパシー出版
より、一部抜粋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下引用ーーーーーーー

予防接種が免疫低下を招く理由(抗体=免疫という嘘)

<トレバー・ガン>
予防接種が私たちの体にどのような影響を及ぼすかということを、もっと広い概念見ていきたいと思います。そのためにまず最初に生理学的なことについてお話ししたいと思います。とてもシンプルなことですが、分かりますか?

これは人体です。ます。外側にあるものが人体の口から入ってくると考えましょう。

摂取された外側のものが食道に取り込まれます。その後胃に到達します。
その腸を通過します。その後大腸を経て、最後に月工門から出ていきます。コインを飲
込んだと考えましょう。
飲み込んでから一日経過した頃、トイレに行きます。便器コインがチンと音を立てて落ちるのが聞こえます。ですから、コインは体の中に人たのですけれども何の影響もないわけです。
内に取り込まれるためには体外と体内を隔てている皮膚もしくは粘膜を通過しな
紛ればなりません。
ですから外から体内に取り入れるためには、注射などによって
庸を通過します。もしくは消化される途中で消化器官を通じて体内に取り込まれ
ます。こういった消化器官も外側と考えていいわけですね。
これと同じことが肺で
も行われています。肺の中に空気が入ったり出たりしていますけれども、その肺の申の膜を通過しないことには取り入れたことにはならないのですね。
勝胱や腎臓に
関しても同じことが言えます。そこの勝胱や腎臓の外側の空間に外部との境界面があるのですね。
粘膜を通過してはじめて内部に入った、取り込んだといえるわけです。おそらく私たちが持っている免疫系の80%以上は外側にあると考えられます。このことについても後ほど詳しく見ていきたいと思います。まずこれだけは申し上げておきたいのですが、不特定免疫がありますね。


もしも私たちの免疫系に毒素が入ったとしますと、その内部に取り込まれる前に、私たちの体は排除しようとします。
麻疹とか水痘癒、風疹、そういった病気を考えたときに、まず発疹というものがあらわれてきます。それは皮膚の上にあらわれます。ウイルスによって引き起こされた疾患というのは、その結果できた発疹というのはウイルスが排出される過程と言われています。ですから子どもが罹るたくさんの感染症というのは、その病気が起こるうえでは子どもの免疫系の中でさまざまなレベルの反応が起こっているのです。まず毒素が血流の中に入り込む。
そして血液に取り込まれた毒素が今度は体外に排出される、その過程です。ですから普通なら、病気の原因となるものが血流の中にずっと留まっているわけではないのですね。
抑圧しなければ、ですが…。

さて質問です。ます。誰かが予防接種を受けます。そうするとその人の中で何が起こるでしょうか?

くRAH学生>腕が腫れる。

<トレバー・ガン>
ウイルスの毒はどうなっていますか、そのとき?

<RAH学生>
血液の中に入っています。

<トレバー・ガン>
入ったウイルスというのは血の中にあるんですね。
体の中に留まるのです。こういった、血液の中に留まるというのは、自然のプロセスで起きる病気では起こりえないことです。ですから私たちは血液の中にどれだけ抗体ができたか調査するわけですね。

でもそこではウイルスの排出というのは起こっていません。
抗体の生成=ウイルスの排出とはならないのです。

ですから、これまでされてきた予防接種の是非の議論というのはすべて、私たちの取した血流の中に抗体があるかどうかを見ているだけで、体の中に入った毒素、イルスが排出されるというプロセスは見ていないのですね。

これは、自然に起る病気とは似ても似つかないものです。私たちが、自然から生じる病気に罹って学んでいる間は、他の病気に罹ることはないのです。他の病気に罹りやすい感性というものが低くなるのですね。
これは、今まである一般的な医学の世界では解されていないところなのです。ですからある意味で免疫の作用というのは、病気が入ってきて、それに対していろなことを学んでいく、そのプロセスともいえます。私たちは抗体を作る必要はありません。
というのは病原というのはすでにそこら中にあるからです。
たとえば自転車に乗ることを考えてみましょう。
初めて自転車に乗って、どうやったらに曲がれるか、そういうことを学びます。すると、どんな角度にでも左側に曲がれようになってきますね。
次の角も左に曲がれますし、その次の角も左に曲がれま
なぜならば、そこでおこなわれるプロセスというのは同じだからです。
左を学んだところで、次に右に曲がるときに問題が起きるわけです。なぜならば左曲がるのと右に曲がるのではプロセスが違うからです。でも一旦右に曲がる曲がり方を覚えてしまえば、どんな角度でも右に曲がることができるわけです。
ですから人の免疫系があることを学んだとしたら、どんなものが来ても一回学んでいるのですから対処ができるわけですね。


予防接種を作り出した人の過ちというのは、そのときに彼らがこの世に存在するすべての細菌に対応する抗体を作っていかなければならないと思い込んだことにあるのです。そう考えてきた帰結として、一つのワクチンを作ってそれを接種する。
そうすると、その人はまた別の病気を作ってしまう。
そうしたらまたその病気にあったワクチンを作って、また別の病気に罹って、そうしたらまたその病気に対応するワクチンをつくり・・・・という風にきりがなくなってきたのですね。
ここで、予防接種が潜在的にかかえている問題というものを見ていきたいと思います。まず第一の問題というのは、接種したワクチンの80%は免疫系を迂回してしまうということです。生理学的にはすぐにその反応を体に作り出します。問題なのは私たちの体がワクチンを接種したことによって外部から防御するレベルを低くしてしまうということなのです。なぜ私たちの体はこうなるのでしょうか?

 本来持っていた免疫力が、なぜワクチンを接種することによって低下するのでしょうか?
ちょっと手がかりをあげましょうか?
 ご飯をたべたとします。そのあとすぐに非常に速く走ったとします。皆さんの体は消化機能を抑制します。そんなことをするとひょっとしたら吐き出すかもしれません。
どうしてこのような反応をするのでしょうか?

<RAH学生>
体のエネルギーを走る方に向けて、消化の方に向けないで、頑張って走れるようにするため。

<トレバー・ガン>
そうですね。
私たちはエネルギーを持っていますけれども、その量は限られていますから、一度にそのエネルギーを別々の活動に100%向けることはできないのです。では先ほどの質問なんですけれども、なぜ私たちの体は免疫系を抑制するのでしょうか?

<RAH学生>
体の中にある菌に常に対抗することによって、外から入ってくるものに対抗することができなくなった。

<トレバー・ガン>
そうですね。
なぜならば接種したウイルスというのは私たちの血流の中にずっと留まり続けますから、外側に対して反応できなくなるのです。外側の不特定のものにではなくて、全部自分の血液の中にあるものに対しての反応にエネルギーが向けられてしまうのですね。

ですから外部に対する免疫力が非常に抑制されてしまいます。ですから、熱があるときや他の病気に罹っているときに予防接種を受けると
危険だよ、というのはそのためです。たとえばインフルエンザに感染して、インフルエンザウイルスを持っている人に予防接種をしたら、その人の身にどんなことが起こるでしょうか?

くRAH学生>
外から入ってきたインフルエンザウイルスに対抗して免疫が頑張っているところに、ワクチンで血液中にも毒をいれてしまうと、中に対する免疫と、外からの方への免疫と両方にエネルギーを向けなければならなくなり、体が対応しきれなくなって、ヘタをれば死んでしまう。

<トレバー・ガン>
普通インフルエンザに罹ると、インフルエンザというのは外側にあるものですね。
でもそこでワクチンを接種されますと、今度は毒素が体の中にもできるわけです。つまりそこでは予防接種も毒なんですね。
毒も体の中にあります。ですから体はそのとに、インフルエンザのウイルスを優先して対処するべきか、それとも体の中に人った毒を優先して対処するべきなのかの判断をしなければなりません。
そういうときに、身体は内部にある毒の方を選ぶのです。なぜならそっちの方が自分の臓器により近いところにあるからです。ですから、予防接種を受けると外側にあったインフルエンザウイルスには対処しなくなるのです。そうすると、それまで大したことがなかったかもしれないインフルエンザウイルスが、もっと危険でより進入が強くなったものとなります。
ですから、もしもインフルエンザに罹った人に予防接種をした場合、もともとあったイフルエンザが、より危険な病気に変わります。発熱した人やインフルエンザに罹った人に予防接種はいけないというのは、そのことなんです。同じように、予防接種をけた後は通常、外側にあるウイルスに対して、より感染率が高くなります。予防接種によって落ちた免疫系のために、また別の病気を発現する、ということを後に話します。

予防接種で抗体が作られる本当の理由


くトレバー・ガン>
特定の免疫、不特定の免疫についてお話ししたいと思います。
予防接種の抱えている大きな問題というのは、予防接種のワクチンの中に毒があるということなんですね。
予防接種の中にはアジュバント(抗原性補強剤:水酸化アルミニウムや水銀などが含まれている)というものが含まれています。これは毒素なんですけれども、理由があってワクチンの中に加えられているものなのですね。
私たちがワクチンを接種するというのは、体の中にウイルス、微生物を取り込む行為なんですね。
そして、抗体を作ります。しかしそれは本当ではありません。
微生物の中に十分な量の毒素があったときに私たちの体は抗体を作るようになっているのです。ですから、微生物そのものは病気としては認識されません。
ですから微生物に反応するというわけではなくて、毒のくっついた微生物やウイルスなどを認識するのですね。
予防接種の注射の中にそういった毒を入れるのはそういった理由からなのです。

ただの微生物だけでは体は反応して抗体を作らない。
毒素と一緒になって反応して抗体を作るのです。

以上のことからも分かると思うんですけれども、病気というのは微生物が起こすのではないのですね。

体に入り込んだ毒素と非常に大きな関係があるのです。


く由井学長>
私たちは、細菌やウイルスに対して抗体を形成すると教えられてきたけど、そうではなくて、毒と結びついて初めて抗体というものが作られる。

そして細菌やウイルスというものは、もともと自分の体の中にあるものだということですね。


くトレバー・ガン>
ワクチンと一緒に接種されるアジュバントの代表的なものにアルミニウムがあります。これは重金属ですね。
この重金属のアルミニウムが血流の中に入りますと、そのアルミニウムが神経系に影響を与えて脳にも影響を与えます。たとえば、アルツハマーなんかがそうですね。
老齢者で過去に5回も6回も予防接種を受けた人は、そうでない人の10倍もアルツハイマーに罹る率が高いです。それはもちろんお年りだけじゃなくて、子どもでもそういうことが起きます。た、ワクチンの中には水銀も含まれています。これはワクチンを保存するために防剤のような働きをする抗生物質として入れているものです。このワクチンに含まれている水銀というのは普通ここまでで良いという限度を10倍から100倍超えている量が含まれています。たとえば他にもワクチンを無菌状態にするためのホルムアデヒドのようなものが入っています。これは発ガン性の高い物質です。予防接種注射に使われるワクチンは不思議なことに、これまでに一度も発ガン性の調査がされたことがないのです。

予防接種を受けることによって免疫性が抑制されますし、同時に毒素を体内に摂り込むということがあります。

私たちの体の中にはウイルスの粒子がずっと留まっています。
私たちの血液系の中ずっと存在し続けます。ここに入っているウイルスの粒子というのは体の外に排出されません。
私たちの抗体がウイルス、微生物とくっつきます。この抗体と微生物がくっついたものを<免疫性の混合物>と呼びます。

いいですか?
正常な状態では体外に排出されるのですが、予防接種によってじるウイルスと抗体がくっついた混合物は高い濃度で血流の中に存在します。
そして私たちの特定の組織や部位にウイルスと抗体がくっついたものがずっと存在続けます。たとえば私たちの関節、腎臓、肝臓、ときどきは心臓にもこういうもが存在します。その結果、腎臓病、肝臓病、リウマチ性関節炎、そういったものが生まれてきます。

また、ワクチン中にある、他のウイルス汚染というものもあります。とても有名なウイルスに「SV40」があります。このウイルスは猿から伝染するウイルスなんですけれども、ポリオのワクチンがこれによって汚染されているんです。実際に、汚染されたポリオのワクチンを接種した人の多くが悪性の腰痛などを発生させています。ですけれども、ここに挙げたのはただ一つの汚染ですね。


ワクチン製造会社で働いていた人が自分の知っている限りのどのワクチンが何に汚染されているかのリストを送りつけてきたのです。被いわく、「あらゆるワクチン製造に関わっている人はこれを秘密にしている、外に漏らしてはいけないことだ」と言っていました。

いかに彼が知っていることを秘密にしなければいけないのか、いかにそういった秘密を漏らしてははならないというふうに抑圧されているか、お分かりになると思います。他にもまだ問題があります。ます。ウイルスというのは自己増殖能力がありません。

ウイルス自体では増殖できないのです。ウイルスは人体にある細胞の一つにベタリとくっつきます。人体の細胞にウイルスの遺伝子を注入するのです。つまり一つの細胞がハイジャックされてそのウイルスが増殖するためのハイジャック機みたいなのになってしまうのです。ですから皆さんのもともとの細胞がウイルスの侵入によって、もともとの細胞とは違う細胞を生み出していくわけです。このようにしてウイルスというのは増殖していきます。そういったものを血流の中に持っておきたくないですよね。

ウイルスが吐き出した遺伝子の化学的性質というものは、自分が侵入した細胞の遺伝子をハイジャックしていくのですね。
しかし、予防接種で体に入ったウイルスはこんな感じで増殖することはできません。

あらかじめ殺されたような状態で入ってくるからです。しかし、こうした化学的な特性を持った物質というのは、ずっとそれを接種した人の血流の中に留まるのです。予防接種で入ってきたウイルスは、皆さんのもともとの遺伝子をごく僅かですが変質させていくのです。このときのウイルスは増殖したりしません。

しかし、増殖はしませんが、くっつかれた細胞が分裂するときに、もともとの細胞とはちょっと違った細胞分裂をして増えるのです。こういった、元とはちょっと違う細胞を作っている、ということに対して、私たちの体はどう反応するでしょうか?


くRAH学生>
形の変わった細胞を排出しようと免疫システムが攻撃します。

くトレバー・ガン>
そうですね。
私たちの免疫系はそれを攻撃しようとします。それはどういった病気として発症しますか。

くRAH学生>
自己免疫疾患。

くトレバー・ガン>
つまり自分自身の免疫系を攻撃するわけです。こうなったときには私たちの免疫系は間違った方向に進んでいます。
でも本当は間遠った反応ではないのです。なぜならば新しくできた細胞というの、もともとあなたがもっている細胞とは違うものなのですから、免疫は間違ったとはしていないのです。自己免疫疾患というのも先ほど私があげた項目、免疫が複雑化していることの結果として生じている一つなのです。

もう一つ重要なポイントがあります。私たちの体の中に毒素がありますと、その体内ある毒素を外に排出できなくなります。ワクチン成分のいくつかは、他のたんばくが含まれています。たとえばポリオのウイルスを作ったとしますと、そのウイルスをやしていかなくてはいけません。
他の組織の上で増殖が行われます。
たとえばウイルスの増殖のためにどんなものが使われるかと言いますと、卵、鳥肉、蛙、ときには何かの胎児、そのような組織を使います。人間以外の哺乳類の胎児、組織が使われるのです。そういったものが接種されたワクチンに含まれるのですね。

ですからたんばく質の分子が私たちの体の中にいっぱい流れているわけです。普通はこのように流れているたんばく質の分子というのは内臓の中に摂り込まなくてはいけないのですが、私たちの体はそういう分子が私たちの体に侵入してくるものだと考えてしまいます。ですから、私たちの体はそういうものに対してとても感受性が高くなってしまうのです。なぜならばそれは本来そこにあるべきものではないからです。

ですから私たちの体はワクチンに含まれているたんばく質と同じ分子が二度と入ってこないように見張っており、もし入ってきたら強く反応しろ、と命令するのです。

そういったものがアレルギーとして出てきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー以上ーーーーーーーーーーーーーー
全文を読むと上記の内容が理解できるでしょうから、本書を買って読んでください。
1400円で質的にも大変お得な価格となっています。
(ただし、こことの関係は一切ありません。またホメオパシー治療の是非も判りません。岡田式治療法と同様治療方法を推薦するものではありません。ここでは免疫理論と予防接種の真実のみに関してです。)

第一弾、岡田茂吉の医学論の免疫理論に続いて、第2弾として、より現代にマッチしたホメオパシー版免疫学を読むと、やはり予防接種というのは病気予防と言うよりも「病気の溜め込み」「病気の予約」となるのが予防接種の真実でしょう。

予防接種の目的は「抗体をつくって免疫を上げる」という趣旨で作られるようですが、【抗体=免疫では無い」とあります。

むしろ人為的に作り上げた抗体は本来の免疫をかく乱させるというのです。
予防接種の真実は「予防の目的の病気に罹りやすくなる」、「もっと悪い別の病気を引き起こす」というものでした。

また免疫が反応しているのはウイルスそのものというより、毒素に反応するものであって、ウイルスと毒素がくっついた状態に反応して抗体を作るというものです。

それをウイルスが反応しているかの様に錯覚しているのか、毒素の方はすっかり陰に隠されているわけでして、主役と脇役の関係が逆転しているわけですから、毒素が主犯なのにウイルスを主犯にすり替えた理屈でできた医学論だと判りました。

ウイルスは最近はもともと身体の中にあるもの。そこに外から入ってきた毒素と結びついて抗体反応が起きる。
しかし、毒素の方はどこかへ追いやられてしまい、ウイルスの方だけを犯人に仕立ててしまった。

ここがミソでしょう。岡田の免疫理論ではウイルスや細菌は初期は体内から発生するとされています。現代医学はこの「自然発生説を否定」のため、外側からだけの侵入としています。
しかし、その外側からの侵入であっても毒素が無いと免疫反応は起こらない。するとやはり本来の免疫の役割は「ウイルスさえも味方につけた働き」であるわけでしょう。

そして、細菌というもっと大きな「味方」も同じ意味を持っていると言うことです。

それは「毒素」でしょう。
「毒素あっての抗体反応」です。その毒素の排泄という身体の働きに共同作業をしているのがウイルスであり病原菌と言われる細菌です。

細かく説明されているホメオパシー免疫学ですが、もっと詳細に研究されるには本書を読むとして、簡単に結論は出されるわけです。

予防接種は毒素混入されている。その毒素に反応して抗体ができる。しかしその抗体は不自然なものだから、本来の自然免疫とはならない。
したがっていつか発病、もしくは他の免疫疾患に転化する。

以上、後は各自の自由選択という段階ですので、受け入れるも拒否するもどうぞ御勝手に。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年4月22日 07:31:30: YG3XdRivAE
「予防接種は果たして有効か?」
再び読んで見ましたが、これは読みかえすほど素晴らしい内容です。いや、ホメオパシー療法をどうこういう話しではないです。経験したこともないのですし。
しかし、現代医学の基礎とはまったく異なる視点で人間の病気を解明しています。

千島博士の理論の自然観察から得られたものでしょうし、皆同じことを同じ側の視点でみたものでしょう。現代医学の基礎となっている視点とは180度違う。
その180度違うと言うことは行き先がまったく異なることになるわけです。

かたや、抑圧方向。
かたや、解放の方向

抑圧の究極は・・・・・生命活力の終焉
解放の究極は・・・・・・・生命活力の自由存続


02. 2010年4月22日 22:12:46: SLbb8QGfCk
こんなニュースが・・・

ソース ABC News
http://www.abc.net.au/news/stories/2010/04/22/2880521.htm?section=justin
2010/4/22

"Flu shots suspended after kids hospitalised"
『ワクチン接種後の相次ぐ入院により、子供用インフルエンザワクチンを停止』

The Western Australian Government has suspended all flu vaccinations for children under five while it investigates a spike in admissions to Princess Margaret Hospital in Perth.
西オーストラリア政府は、インフルエンザの予防注射を受けた子供がパースのプリンセス・マーガレット病院に入院するケースが急増したことを受け、調査の間、5歳未満の子供へのワクチン接種を停止すると発表した。

The Health Minister, Kim Hames, says 45 children have been taken to hospital suffering high temperatures and febrile convulsions after receiving the vaccination.
キム・ヘイムズ厚生大臣によると、ワクチン接種後に高熱や熱性けいれんで入院した子供は45人に上るという。

Dr Hames says the program will be suspended until the department finishes its investigation.
厚生省の調査が終わるまで、ワクチンプログラムは停止の予定。

He says parents who have had their children vaccinated should take precautions.
子供にワクチンを接種した親は注意が必要だと大臣は言う。

"If it's longer than 12 hours ago then there is no risk," he said.
また大臣は、「接種後12時間経過していれば大丈夫です」と言う。

"But if it's in the last 12 hours they should make sure that they give their child paracetamol and then take every effort to make sure that the temperature of their child is settled."
そして、「しかし12時間以内であれば必ずパラセタモール(鎮痛剤として利用される医薬品)を服用させ、どんなことがあっても必ず体温を安定させてください」と。


03. 2010年4月22日 22:32:58: KI30coSvZA
>かたや、抑圧方向。
>かたや、解放の方向
>抑圧の究極は・・・・・生命活力の終焉
>解放の究極は・・・・・・・生命活力の自由存続

これって、エネルギーを扱う手法でも生じてしまうんですよね。


04. 2010年4月22日 22:44:37: F0VvsppuZs
「エネルギー医学」が「解放」の方向へ作用する時は、その個体が生きる時なら死の淵からの回復もあるし、死ぬ時ならたとえ元気な状態が続いていても眠るように死んでいきます。
治癒=苦しみの消失(イキイキした生を取り戻す時もあれば、自然な死という形をとる時もある)

05. 2010年4月22日 22:53:28: F0VvsppuZs
エネルギー医学の見地からみると、抑圧がおきた体は「終わってない」。心理カウンセリングでも霊能者のお祓いでも鍼でもホメオパシーでもありえます。

>抑圧の究極は・・・・・生命活力の終焉
それでも「終わってない」。死んだはずだよお富さん、の世界かな(笑)


06. 2010年4月24日 11:32:46: WGd80bxlQn
子どもの予防接種はすさまじい。生後すぐから、接種を受けるように、じゃんじゃん促される。「するのが当然」「しないのは怠慢、いえ虐待」という程に押し付けられる。とても強圧的である。しないと幼稚園にいれない、という園がほとんどではないだろうか?国が後押しする商売である。

こんな話を知らず促されるまま、泣きじゃくる子どもを騙しだまし、予防接種を受けさせていたが、注射の後、必ず熱を出していた子ども、、、。次の日、当然幼稚園はお休み、、、。

ばかばかしい。。。。デービッドアイクの子どものうち一人は、たしか予防接種を一切受けていないそうだ。健やかでかしこいという。昔は日本でも医者の子は、親が受けさせない、という家庭が結構あったという、、、。


07. 2010年4月24日 20:14:15: Zu2J9wWoLI
幼児の時期はまさに「直観力」のかたまりです。
理屈とか理論などが通らない幼児の反応こそ、それを失ったおとなが学ぶところでしょう。
理論、理屈など本当はいらないのでしょうが、物質文明には必要。
しかし生命世界は物質文明とは違って進歩も退歩もない。

08. 2010年4月24日 20:26:08: Zu2J9wWoLI
>>「エネルギー医学」が「解放」の方向へ作用する時は、その個体が生きる時なら死の淵からの回復もあるし、死ぬ時ならたとえ元気な状態が続いていても眠るように死んでいきます。
治癒=苦しみの消失(イキイキした生を取り戻す時もあれば、自然な死という形をとる時もある)

まさに良寛さんの達見のごとしですね。

災難に遭うときは遭うがよかろう。死ぬときは死ぬがよかろう。
それが唯一災難と死から逃れられる妙法なり。

まあ、この語句通りじゃないでしょうが、意味深長ですね。

「その時」にならないといくらもがいても死ぬこともない・・・・大安心。
「その時」になったらいくら素晴らしい効果のある治療であっても、それを越える・・・やっぱり大安心?

本当は治療法じゃないのかも。
99パーセントは「その時」かも。
だとしたら、よけいな事としても苦しむだけ、もしくはもっと短くなる?いや、それも無いのかな?

どちらで満足して死ぬか、貴方ならどちらを選ぶのか? それが問題だ。

ガン治療で死ぬほど苦しんで・・死ぬ、という選択肢もある意味では大切な体験として必要なのかな?


09. 2010年4月27日 22:47:51: lkIEH5IujA
ここで「療法」についてちょっと考え(へたな考え休むに似たり)を。

どんな病気も治せる療法はない。
誰にも聞く療法はない。
もしあったとしたら、最後には元の木阿弥に引き戻されるのでは?

死ぬべき時は同じではない。
この当たり前の事がいつか「統制」されているのでは?
つまり「長生きこそ正しい人生」とか言われて。
平均寿命というなんだか得体の知れない統計数字に合わせて正否を決めてしまう。

死ぬときには死ぬのだ。治るときには治るのだ。しかも治らない時には治らないのだ。
すると○○療法ってなんなんだ。
現代西洋医学の治療法が世界一だなんて誰が決めたんだ。
また民間でも○○治療法とか○○健康法などと言ってこちらが唯一と言うけど、どれかたったひとつなのかどうか?
治療法はあくまで外からだ。内からの主役を忘れちゃあね。脇役ばかり脚光をあびて、長生きは○○のせいだとか、短命だったのは○○に効果がなかったとか。

乱暴な思想だから、休むに似たり。


10. 2010年4月29日 06:36:03: r0qoKBBKOA
以前こういう記事があり音声読み上げしておいたものがありました。

ホメオパシーというのは詳しくは知りませんが、この講演内容は自然療法派にとって、とても重要ですね。

感染症、予防接種、ワクチン、ウイルス、抗体、抗原反応・・・

生物学者が解明する人と微生物との関係など、現代医学では教えられていない事実を知ると今の予防接種問題の本質がわかります。

前編の生物学者のお話より音声読み上げ

http://yuwa.cocolog-nifty.com/blog/files/home1.mp3
以下引用です
予防接種とホメオパシー

* 講演者:ハーネマンアカデミー ホメオパシー研究所主任研究員 松本丈二(当時)
* 講演者:ハーネマンアカデミー学長 永松昌泰
* 講演日:2001年12月8日
* 会場:中野ZEROホール(東京)


URL:http://nihon-homeopathy.net/archives/seminar/yobousessyu.htm

より


11. 2010年4月29日 12:20:57: bFnLOkB7Mc
>>08
あなたは私、私はあなた。
そう思いながら、その時の自分にできること、したいと思ったことをする。
それしかないと思いますよ。

>ガン治療で死ぬほど苦しんで・・死ぬ、という選択肢もある意味では大切な体験として必要なのかな?

あなたは私、私はあなた。
今のわたしにできることはしたいし、今わたしがしたいと思うことはこれこれだけど、決めるのはあなた。
誰もあなたの選ぶ体験を邪魔することはできません。
誰もわたしの選ぶ体験を邪魔することはできません。


12. 2010年5月09日 15:58:03: 3QGV93IV7I
人生は選択の醍醐味を楽しむ?

しかし、選択するにはひとつの選択肢だけでは出来ませんね。
正と負とかプラスとマイナスとか善と悪とか、相対するものが必要です。
だから、
体験するものには両方の道を示さなければゲームになりません。
「決める主導者はあなた(わたし)」ということで、
だれも邪魔してはいけません。
たとえそれが国家の法律であっても。

けど、法律はそうなっていませんね。一方的な方が多い。もしくはそうせざるを得ない要に誘導する。

はやく真の自由選択の場になって欲しいものです。


13. 2010年5月22日 09:53:57: 8Nb7lcIiX6
やはり中心課題に「菌の自然発生」の肯定否定が大きく関わってきそうです。

自然発生を認めないと、「菌やウイルスは常にどこからかやってくる」事になります

かならずどこかに存在していると言うことにもなります。

周りは菌やウイルスに囲まれていると。

でも、なぜか普通は発症しないという事実。

自然発生説は条件が整えばいつでも内に発生する

否定説では、いつでもどにでもいる可能性がある、既に存在しているのだから、
という事で

結局はどちらも「防ぎようがない」という事ではないでしょうか。

すると、感染は防ぎようがない
けど、
必ずしも発症はしない。

となりませんか?

これを医学の方では「感染イコール発症」と無条件的にしているのでは?

免疫力があるから打ち勝ってというけど、やっている施策は全然ちがっているのです。
混乱の現代医学の免疫と細菌の関係ですね。


14. 2010年8月27日 15:56:46: ikGWUyzR12
ホメオパシーは「ビタミンK」を投与しないで、ビタミンK欠乏性出血症で女児が死亡したとして訴えられています。

ビタミンK欠乏性出血症は長い歴史の中で原因が解明されて、予防法は確立されてきたものです。
こんなものまで否定する「ホメオパシー」とその信者は異常としか言いようがない。


15. 2013年3月13日 09:29:13 : tb1KOsC3dY
>>14ビタミンKだけで人が死亡するわけではない。これは都合のよいデータだけを出して医療体制側でない方を攻撃するだけのこと。目的はインチキが本物を潰す為だ。そえが分かっていない。裁判所も医者もほとんど分かっていない。だから訴えれば勝つ。ただそれだけのこと。真実と全然関係ない。
あなたは医療の内側を全然知らない素人だから、そう思うだけのこと。催眠にかかっているのと同様。大本営発表に提灯ぶら下げて行進した、我らの大先輩達と同様。踊らされているのも知らない。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
コメントの2重投稿は禁止です。
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 豚インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 豚インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧