★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02 > 597.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
HPVワクチン「ガーダシル」を巡って 千早@オーストラリアさんの主張に対する反論
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/597.html
投稿者 ダイナモ 日時 2010 年 5 月 20 日 22:41:51: mY9T/8MdR98ug
 

もう無視しようかと思いましたが、千早@オーストラリアさんが軽率で重大な投稿を度重ねているので、ここではっきりさせましょう。

千早@オーストラリアさんが提示されている米国FDAの文書は、2007年3月7日に発行されたものです。そして、問題の核心となっているのは、当該文書の9ページ目に記述されている以下の文章です。

The introduction of the type-specific Gardasil HPV vaccines among the sexually active women also requires genotype monitoring of the HPV infections before and after immunization to develop prevention strategy for the individual patients . Based on a "Background Document" submitted to the FDA by Merck & Co ., Inc . [14], injection of HPV vaccines into women who have concurrent vaccine-relevant HPV type infections may increase the risk, by 44 .6%, of developing high-grade precancerous lesions in the cervix . Therefore, it would be prudent to perform a sensitive HPV detection assay with accurate genotype determination on the patients to be vaccinated if prior HPV infection is suspected .

この文章の意訳は以下の通りです。

「性的に活発な女性に対して、HPVワクチンの『ガーダシル』を接種する場合は、事前にHPV感染症の検査が必要とされるということを、Merck & Co., Inc がFDAに文書で提出しました。HPVワクチン(ガーダシル)に関連するタイプのHPVに感染している女性に、HPVワクチン(ガーダシル)を投与すると、高度な『前癌病変』が44.6%増加するリスクがあります。従って、既にHPV感染が疑われる場合は、HPVワクチン接種の前に、(HPVの)正確な遺伝子型を決定するHPV検出分析を行なうことは賢明なことでしょう。」

つまり、「ガーダシル」に関連するタイプのHPVに感染している女性に「ガーダシル」を接種すると、高度な前癌病変に悪化するリスクが44.6%増加する、ということです。「関連するタイプ」が具体的にどのタイプのHPVを指しているのかはっきりしませんが、おそらく「ガーダシル」が感染防止対象としている4種類のHPV(HPV6型、11型、16型、18型)のうちのHPV16型と18型を意味しているものと思われます。HPV6型、11型には発ガン性はなく、尖圭コンジローマという疾病を引き起こすウィルスです。なお、HPVワクチンには「サーバリックス」もあり、こちらが感染防止対象としているHPVは、HPV16型、18型の2種類です。

この文書を提出したのは、Merck & Co., Inc という製薬会社であり、『MSD』という社名で広く知られた製薬会社です。この会社が開発したHPVワクチンである「ガーダシル」は、日本では100%子会社の万有製薬が2007年12月に、厚生省にHPVワクチン承認申請を行なっています。ただし、承認はまだ得られていないようです。もうひとつのHPVワクチンである「サーバリックス」は、日本ではグラクソ・スミス・クライン社が既に承認を得て、発売されています。「サーバリックス」は少なくとも世界100カ国以上で承認され、約30カ国でワクチン接種に公的扶助が提供されています。

先ほどの文章をどのように受け止めればよいか理解する前に、HPVと子宮頸癌についての基礎知識を確認しておきましょう。

(1) HPVはありふれたウィルスであり、女性のほとんどが少なくとも一生に一度は感染しています。
(2) HPVのタイプには約100種類あり、子宮頸癌を誘発する可能性のある高リスクタイプのHPVはおおよそ4種類ほどに限られます。この4種類のHPVによって、子宮頸癌の約80%が引き起こされています。
(3) HPVの感染経路には、粘膜接触と皮膚接触の2つがあります。
(4) 高リスクタイプHPVの感染経路は粘膜接触のみです。
(5) 粘膜接触で感染するケースは性交渉がほとんどです。妊娠中のHPV感染による母子感染の可能性があります。
(6) 一度HPVに感染したからといって、ずっと感染したままというケースは非常に少なく、ほとんどは自然免疫の力でHPVは死滅します。
(7) 感染→死滅→感染→死滅 のサイクルを繰り返す場合もあります。自然免疫の力が弱い場合などに、持続感染となります。
(8) 高リスクタイプのHPVに持続感染すると、前癌状態に進展する場合があり、治療を受けずにいた場合、そのうちのごく僅かで十数年後に子宮頸癌を発生します。
(9) 日本では、年間8000人が新たに子宮頸癌に罹患し、毎年約2,400人が子宮頸癌で死亡しています。
(10) 子宮頸癌に罹患すると、命はとりとめても、子宮摘出などの治療を受けなければならないケースが多く、女性の身体に大きなダメージを与えます。
(11) 日本においては、子宮頸癌の約60%は2種類のウィルス HPV16、HPV18 から引き起こされています。海外においては約70%となります。
(12) 現在のHPVワクチンはHPV16、HPV18に対して感染を防止する効果が証明されています。

ここであげた要点は以下の文書ほかを参考にしています。

http://www.jsog.or.jp/statement/pdf/HPV_20091016.pdf
http://glaxosmithkline.co.jp/medical/cervical/index.html
http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5909-265.pdf
ウィキペディアの「子宮頸癌」のWebページ

さて、千早@オーストラリアさんの主張を少し長いですが、以下にそのまま引用します。

--------------------
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/577.html

この子宮頸癌ワクチンは世界中で
多くの女性や女の子を死なせたり
重度の障害などの犠牲者にしています。

そうした報道は何も出ていないし、
米国のFood and Drug Administration
食品医薬品局の文書にも、この原因
とされているヒトパピロマウィルスは
子宮頸癌とは関係ない と記載されて
いることも知られていません。

加えて、みんなどこでも
「性交で感染する」と偽っていますが
フィンランドでの研究で、このウィルス
は皮膚感染することがわかっています。

つまり、すでに感染しているかもしれない
女子にこのワクチンを受けさせると、
将来子宮頸癌になる可能性が45%
近くも高くなるのです。*

これは明らかに現在進行中の詐欺兼薬害事件です。

私の言うことを否定する前に、どうぞ
ご自分たちで(英語になりますが)
調べてください。

とにかくこのお母さんにこのメール
を転送して、できることならば貴紙にも
掲載して広くこのワクチンの危険性
を知らせてください。

そして、必要なことはワクチンではなく、
全般的な免疫力を高める努力をすると
同時にある程度の年齢になったら子宮
検診を受けることだとお伝えください。
--------------------

以上の主張の要点を箇条書きにまとめてみます。

1. 子宮頸癌ワクチンは世界中で多くの女性や女の子を死なせたり、重度の障害などの犠牲者を出しています。
2. 米国FDAの文書に、HPVは子宮頸癌とは関係ないと記載されています。
3. 「性交で感染する」とされていますがフィンランドでの研究で、HPVは皮膚感染することがわかっています。
4. ガーダシルが感染予防の対象としている2種類のHPVのいずれかに感染している(原文はママ)女子にHPVワクチンを受けさせると、「高度な前癌状態になる確率」が45%近くも高くなります。
5. このことは、明らかに現在進行中の詐欺兼薬害事件です。
6. 広くこのHPVワクチンの危険性を知らせてください。
7. 必要なことはワクチンではなく、全般的な免疫力を高める努力をすると同時に、ある程度の年齢になったら子宮検診を受けることです。

それでは、千早@オーストラリアさんの主張に反論していきます。

1について
 根拠が示されていません。HPVワクチンに限らず、すべての医薬品には、非常にまれですが、アナフラキシーショックという、死亡につながる重度の副作用を引き起こす場合があります。その意味では、死亡者がいるかも知れませんが、「多く」とは到底いえません。「重度の障害」が何を意味するのか不明です。治療効果のある医薬品にはすべて何らかの副作用があります。

2について
 問題の文書が示されていないので直接の反論はできませんが、HPVワクチンの承認にあたって、日本を含む各国で薬理効果が調べられ、子宮頸癌を引き起こす主な要因となるウィルスHPV16、HPV18の感染を防止する効果が、HPVワクチンにあることが臨床試験も行なって確かめられており、日本をはじめとする各国でHPVワクチンとしての承認を受けているのです。「いや、そんな試験はすべてまったく信用できない、FDAに文書があり、それに書かれていることだけが真実だ」と言われれば、この時点で私の話は終わりです。

3について
 基礎知識の(3)で示した通り、既知の事実です。

4について
 この主張は冒頭に示した、HPVワクチンの1つである「ガーダシル」を販売している薬品メーカー MSD が2007年3月7日に米国FDAに提出した文書の中の記述を根拠としています。FDAに提出された文書をもとにすると、「ガーダシル」が感染予防の対象としている2種類のHPVのいずれかに感染している女子に「ガーダシル」を接種すると、『高度の前癌状態になる確率』が45%近く高くなる危険性があるということです。ここで注意してもらいたいのは、2種類のHPVのいずれかに感染している女子に「ガーダシル」を接種すると、そのうちの45%近くが「高度の前癌状態になる」ということを意味しているのではないということです。そして留意しておいてもらいたいのは、「ガーダシル」が発ガン性のある高リスクタイプのHPVに対して100%に近い感染防止効果があるということです。

5について
 この後で詳しく説明しますが、千早@オーストラリアさんの誤解です。

6について
 5と同じです。

7について
 「ある程度の年齢になったら子宮検診を受けること」については同意します。ただし、合わせてHPVワクチンの接種も受けた方が子宮頸癌に罹るリスクを大幅に低下させることができると言えます。


以上の項目のうち、重要なのは4です。そこでこの意味することを明確にするために、プラセボ(偽薬)を接種したグループと「ガーダシル」を接種したグループを仮想的に設け、各グループでの子宮頸癌に罹患すると予想される割合を求めてみます。いずれもグループ全体における割合を示します。

プラセボを接種したグループでは、5%が高リスクHPVに感染し、0.5%が持続感染して前癌病変を形成し、0.005%が子宮頸癌に罹患するものとします。

同じ条件を「ガーダシル」を接種したグループにも適用します。ここでは「ガーダシル」が「高度の前癌状態になる確率」を50%高めるものとします。

「ガーダシル」を接種したグループでは、1%が高リスクHPVに感染し、0.15%が持続感染して前癌病変を形成し、0.0015%が子宮頸癌に罹患することになります。

以上の仮想試験では、「ガーダシル」の接種により、高リスクタイプのHPVに感染するリスクが80%低下するものとしています。実際にはより高い効果が認められていますが。しかし、100%感染を防止することはできないので、接種を受けた人でも定期的に子宮頸癌の検診を受ける必要があります。この場合、接種を受けていない人よりも長い周期で検診を受けてもよいことになります。実際には、「定期的に子宮頸癌の検診を受ける」人は数少ないだろうと思います。

以上の仮想試験の結果から、「ガーダシル」を接種したグループではプラセボを接種したグループと比較して、子宮頸癌に罹患するリスクが30%になります。つまり、「ガーダシル」が「高度の前癌状態になる確率」を50%高めるものであっても、接種を受けない場合に比較して、子宮頸癌に罹患する可能性が70%低下するということです。

以上で私の反論は終わります。千早@オーストラリアさんの反論をお待ちしております。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年5月21日 00:01:48: 8NvuI3SnF6
特別レポート HPV(子宮頸癌)ワクチンの大インチキを暴く
2009.12.27 Sunday
http://wakuchin-iran.jugem.jp/?eid=931#sequel

これを読んで見てください。


統計数字のトリックは世界医薬産業体の得意な手口ですね。
いままでの安全だとか効果が大だとか言って認可された薬の末路はを見るといつも当てにならない「薬の効能書き」でしょうね。
失礼ながらその様な製薬企業にとって都合のよい様につくられた統計数字を鵜呑みにする時代は終わったと思います。

これはダイナモさんであるとか、千早さんであるとかいう様な個人的な問題とは関係ありません。世界医薬産業というものの正体を知ってしまった者にしか分からないでしょうけど。

「世界医薬産業の犯罪」はその実態を明かしてくれています。もう古い本ですが今になっても全く変わっていない医療の闇世界ですから一度読まれたらどうでしょうか。
「医療殺戮」でも良いです。

日本の戦時中の大本営発表と似たようなものですよ。ガーダシルとか言う薬に限りません、そもそも医薬産業体は五角形で繋がっている様ですから、まさか騙されているとは思いませんよ、普通の人は。


02. ダイナモ 2010年5月21日 00:21:56: mY9T/8MdR98ug: oz3zVsEkfw
FDAの文書をもとに「FDAは2003年3月31日の報道機関発表で、1988年以降の医学と技術の発達の成果として、「(HPVによる)大半の感染は長続きせず、子宮頸癌と関連性がない」ことを認めている。」との主張ですが、FDAが言っているのは、「HPVの感染は大半では長続きしないため子宮頸癌との関連性がない」ということですよね。ごく一部は持続感染し子宮頸癌に関連する、と言う意味を含んでいます。

これは私の主張と一致していますが、私の主張と同じことを言われても余り意味がないと思いますが。


03. 2010年5月21日 00:26:38: D6Hwv4KCI2
おお、リンクありがとうございます。
ワクチンはいりません、のkiriです。

日本のトーケーでは、子宮頚癌ワクチンは100%効くそうですよw?
ああ、トーケー万歳。トーケー信者はトーケー信じていればいいよ、ただ、ひとりでね。
そういえばそうだ、サンタ教では数字に重要な意味があるんですよね。トーケー不可侵の教理とでもいうのか。
もう肉体ごと数字にコンバートされちゃってください><
計器類を信じ、どこの馬の骨が書いたかも分からん理屈を盲信し、社会正義という暴威をもって、
でもできればお一人で。

僕はただワクチンにはステルスウィルスが入っているというだけの理由で、ノーセンキュー。


04. 2010年5月21日 00:37:14: 0HYk0A3CLI
(ダイナモさんの反論に関して若干の訂正情報)

2. 米国FDAの文書に、HPVは子宮頸癌とは関係ないと記載されている事。
以下の文書 1 page の 終わり〜 2 page の最初。
http://www.fda.gov/ohrms/dockets/dockets/07p0210/07p-0210-ccp0001-01-FDA-News-vol3.pdf

3. フィンランドの研究結果は、高リスクHPVに関するものです。
但し、皮膚感染したとは述べられていません。
以下の文書 3 page の Table 2 参照。
http://jcm.asm.org/cgi/reprint/43/1/376.pdf

4. 45%云々は、ワクチンの有効性(-44.6%)の事です。
以下の文書 13 page の Table 17 です。
http://www.fda.gov/ohrms/dockets/ac/06/briefing/2006-4222B3.pdf

多分、千早さんはこの3つの文書を読んでいないはずです。
読んでいたとすれば、何も理解していないという事です。


05. 2010年5月21日 06:58:56: DtmrQjtWO2
私はHPVワクチンに関して、基本はどちらにも組みしません。
もっと実際の傾向や、手抜きじゃない母性保護を考えるべきだ。
まめな検診で防御できるのなら、わざわざ高い金と
リスク=どんな薬にも存在する副作用を考えたら
母性保護を考えたらワクチン接種はしないほうが良いと考えています。
もともとは、殆んどの方々はHPVに感染しても自然治癒する。
また、まめに検診していて初期状態で発見されれば、治癒確率が高いのが
実証されている。
個人的にワクチン接種をしたい人は、したらよい!
ワクチン接種をしたくない人や疑問を提示している人を
さも悪人をでっち上げるような印象の投稿はいかがなものか?

罹感率と治癒率と副作用による障害が検証されていない
または、隠蔽されているワクチンなど、真っ平御免だ。

更にいえば、HIVと違って何故女性側の負担を最初に求めているのか?
性交渉で感染するのなら、男性側の陰茎がん等との関連も明らかにして
尚且つ、男性のワクチン接種も同時進行で行われるべきだ。
この点も、子宮頸がんワクチンの胡散臭いところだ
バランス感覚が欠如している。

乳がんと同じように、女性側特有の問題であるかのような風潮は
胡散臭いと、人が生きていくうえで重要な直感を大事にするべきだ。
直感をいい加減な感情論と捕らえる反論があるが
この直感はバカにできない、昨年のインフルエンザ騒動が証明している。

日本で認証されている子宮頸がんワクチンは
HPVの番号16番18番について効果があると言われているが
是非ご教授願いたいが、変性は起こらないのか?
また、女性器や子宮の防御システムと
生殖器粘膜に感染する他のHPV番号の影響はいかようになっているのか?
ワクチン肯定派の方々に説明してもらいたい。
更には、個人で差がある免疫力を一様な条件で接種を推進する訳
システムや根拠を明示してもらいたい。


06. 2010年5月21日 07:00:53: PSYHwOOcg2
医療産業界の統計数字とかエビデンスは自己都合のよい様に操作されている事は常識ですね。
わたしはこの感染症に限らず、「すべての予防接種は必要ない」という考えです。

感染症とは自己浄化作用促進のひとつの形ですから。

現代医学はパスツールの呪縛にかかったまま進歩発展(本当は退歩が真相だが)したものです。

つまり、出発点は病気外因説が土台となって予防接種というものが成り立っているのです。 自然界の真実は病気内因説の方だと思っています。
現代医学教は自然界を否定しているのですよ!(と言っても信じられないか・)

よって、何パーセント有効だのどうだのって言う話しにはまったく興味ありません。
だいいち予防接種そのものがナンセンスなのですから。

病源内因説とは「自然発生説」を認めなければなりません。

現代医学教ではその教義の中心的なひとつに「微生物の自然発生を否定する」事がありますから、これを取り除かない限り永久に予防接種だ、ワクチンだと突っ走るわけです。

突っ走ってゆく先は断崖絶壁、もしくは超分厚い鉄壁となるでしょう。
そんな突っ走る現代医学教列車から飛び降りないと、「アナタ、タイヘンナコトニナリマスヨ!」


07. 2010年5月21日 08:10:44: 1xDyCaoeyw
05さんの発言
「更にいえば、HIVと違って何故女性側の負担を最初に求めているのか?
性交渉で感染するのなら、男性側の陰茎がん等との関連も明らかにして
尚且つ、男性のワクチン接種も同時進行で行われるべきだ。
この点も、子宮頸がんワクチンの胡散臭いところだ
バランス感覚が欠如している。

乳がんと同じように、女性側特有の問題であるかのような風潮は
胡散臭いと、人が生きていくうえで重要な直感を大事にするべきだ。
直感をいい加減な感情論と捕らえる反論があるが
この直感はバカにできない、昨年のインフルエンザ騒動が証明している。」

全く同感です。なぜ男の方を無視しているのか不思議でならない。
乳ガン検診にしてもマンモグラフィーを盛んに受けようという報道が多いですが、これもnatural newsなどではマンモグラフィーを受けると逆効果になるといっていますしね。


08. 2010年5月21日 08:41:55: aqvqSMGJaA
>>07
その「natural news」が、元々のガセネタ発信元なんだけどね。

09. 2010年5月21日 08:45:45: Dc5dvqplBc
ダイナモさんの本文中
>(6) 一度HPVに感染したからといって、ずっと感染したままというケースは非常に少なく、ほとんどは自然免疫の力でHPVは死滅します。
と書いてあるので、根本的な解決方法は自然免疫を高めるのが一番ですね。

10. 2010年5月21日 09:47:26: PSYHwOOcg2
09さんの言われる通りなのですが。

残念ながら「現代医学という辞書には「自然治癒」という言葉は無い」というじゃありませんか?

「放っておいたら大変なことになる」という筋書きが既にきまっている現代医学の教典には「必ず薬(ワクチンの含め)を飲まないといけない」

「そうしないと最後には死んでしまう」という筋書きですね。

だから論争はいつも不毛に終わるのです。ずっとレールは並行進行です。

決して交わらない。なぜなら現代医学の禁句に違反しちゃうから。

「放っておいても自然治癒する」という言葉。

タブー中のタブーですよね、これって。
伝道師 たけしも言っているじゃないですか。


11. 2010年5月21日 11:52:36: b2AoG1r08Q
上っ面のタケシですか。裏金貰ったんやろうか?

>>05 賛成です! 直感は、案外当たる。

医者と製薬会社が、臨床試験結果をゴマカスのは、よくあること!?


12. 2010年5月21日 13:38:39: l8bnKxPn32
>もっと実際の傾向や、手抜きじゃない母性保護を考えるべきだ。

私もこの考えに同意します。
女子どもを薬漬けにして、儲けようとする男社会。
DVの拡大版にみえてしまいます。


13. ダイナモ 2010年5月21日 18:30:26: mY9T/8MdR98ug: oz3zVsEkfw
>>04
情報提供、ありがとうございます。
おかげでさらに正確な情報を得ることができました。

14. ダイナモ 2010年5月21日 18:52:56: mY9T/8MdR98ug: oz3zVsEkfw
コメントをすべて読ませていただきましたが、私の投稿の内容を理解しようとして読んでいただいているのか、少々疑問に感じました。

頭から間違っていると決めつけている方が大部分のようです。これも全てか無か、白か黒かの二分思考のなせる業だと思います。まあ、そうして決めつけてしまう方が楽ですからね。キモチは分かります。

私は「ガーダシル」については、高度な前癌病変に発達することを抑制する効果が、すでにHPVに感染中の女性では約50%低下するという事実を認めています。その上で、ガーダシルを接種しなかった場合と、接種した場合とでのモデルを設け、このモデルをもとに子宮頸癌に罹患するリスクを算出しました。このモデルに用いた数値は、適当に決めたのではなく、具体的な裏付けがあります。

http://glaxosmithkline.co.jp/medical/cervical/hpv0101.html
のWebページの最後にある「図:HPV感染と子宮頸部病変の発生割合」で記載されている数値の比率にできるだけ合うようにモデルの数値を決めています。

実は、私が設けたモデルで、ガーダシルを接種したグループでの、HPVに感染する割合を1%としていますが、これは間違いです。間違いを指摘するコメントがなかったので、理解しようとして私の投稿内容を読んでくれた人はかなり少ないようです。

残念なことです。

引き続いて、千早@オーストラリアさんからの反論をお待ちしています。


15. 2010年5月21日 22:33:04: DtmrQjtWO2
5番で書き込みしたものです
子宮頸がんのワクチンが全然効果がないとは思っていませんよ。
効果も少しはあるかな?程度ですがね。
でも、免疫異常から発症するといわれる
ギランバレー症候群になる副作用の可能性があるとすれば
効果も何もあったものではない。

子宮頸がんに罹って、人に言えぬ苦労をした経験者からは
早く子宮頸がんワクチンをとの考えもわかります。
また、千早@オーストラリアさんからの情報発信からは
女性として母性としての決定的な器官の病気に関わる
ワクチンに少しでも疑念がある、命に関わる危険性があるワクチンは
女子児童に絶対接種させたくないとの熱い思いもわかります。

ダイナモ氏は情報の正確さを盛んに論点にしたいようだが
ワクチンの肯定派・否定派の接点はこの投稿の題名からは出てこないですよ。
>>10殿のコメントのように平行線のままです。

私の個人的な意見です。効果を完全否定するつもりはないが
ギランバレー症候群の副作用はないとの正確な決定的なデータがあれば
ワクチン接種もひとつの選択肢になるでしょう。
選択肢の一つになりえても、自分の娘には無条件に接種はさせない
正しい性知識と、まめな検診を(主に母親からだが)教えるのがまず先だ。
それと同時に自分の息子に女性を守る正しい性知識を教えるだろう。


16. 2010年5月21日 22:49:07: xB3FlFtLys
 スレ主さんが書いているのは、ブラックボックスを通った後の
”結果”であり、”エビデンス”ではない。 分かりますよね。

 エビデンスを知りたいものです。


17. 2010年5月21日 22:59:08: HkmYDwQp22
こわいのは、子宮頸がんにしか目が行かなくて
それをなんとかすることばかりにとらわれて
その人の生き方とかの選択の余地さえ奪われることです。
しばしば、自信家の医者、科学者にみられることです。
ぞっとします。

18. ダイナモ 2010年5月22日 01:29:09: mY9T/8MdR98ug: oz3zVsEkfw
コメントの中で、ワクチン接種よりも、定期的に検診を受けることが重要だ、と主張されている方が何人かおられます。

私としても、定期的に検診を受ける必要性を認めます。例えワクチン接種を受けたとしても、高リスクタイプのHPVに感染する確率を、ワクチン接種を受けなかった場合と比較して、60%低下させるだけであり(これは日本の場合です。海外では70%低下です)、必ずしも高リスクタイプのHPVに感染しない訳ではないからです。この理由は、HPVワクチンの効果として感染を防止するHPVのタイプが2種類に限られているためです。高リスクタイプのHPVはこの他にもいくつかのタイプが知られています。

とは言え、女性の方が子宮頸癌の検診(子宮頚部の細胞診)のために婦人科を受診するには、心理的にハードルが高いと想像されるため、果たして、2年ごとに子宮頸癌の検診のために婦人科を受診される女性の方がどれほどいらっしゃるのか、少々心もとない思いが致します。子宮頸癌に罹患する人は年間8000人程度にとどまるため、なおさら定期的に検診を受ける女性の方は少ないと思います。

きれい事では済まない問題だと思います。言うだけは簡単ですが、実際に行動に移すことは別だと思うのです。

定期的に検診を受けていれば、前がん病変のうちに、子宮頚部の周囲を切除することで完治することができます。ただ女性の方には検診を受けたくないと考える方も多いと考えられます。その場合、HPVワクチンの接種さえ受けていれば、子宮頸癌に罹患する確率を60%低下してくれるのですから、やはり、受けておいた方が良いと思います。何らかの副作用はあり得ますが、それでも女性の大半がワクチン接種を受ければ、まったく定期検診を受けなかったとした場合でも、年間に子宮頸癌に罹患する人を8000人から3200人に減少させることができ、死亡する人を2400人から1000人弱に減少させることができます。つまり、ワクチン接種だけで1400人強の命を救うことになります。

不運にしてアナフラキシーショックなどの、重篤な副作用で死亡する人が出るかも知れませんが、そうしたリスクを考慮しても、ワクチン接種の効果が優っていると考えられます。その理由は、既に世界30カ国でワクチン接種への公的扶助制度があり、多くの国民が既にワクチン接種を受けているという実績があるからです。

以上です。


19. ダイナモ 2010年5月22日 01:40:35: mY9T/8MdR98ug: oz3zVsEkfw
コメントされた人の中では、女性だけがワクチン接種を受けるのは問題だとして、男性もワクチン接種を受けるべきだと主張されている方もおられます。

しかし、よく考えてみて下さい。実際にガンに罹患するのは女性だけなのです。男性にとってはHPVに感染しても何ともありません。

女性の立場で考えてみましょう。ワクチン接種を受けた女性が、男性に対してもワクチン接種を要求するでしょうか? するはずがありません。それは無意味なことだからです。

ワクチン接種を受けない女性が、男性に対してワクチン接種を要求する、ということは論理的にはあり得ます。 が、あまりに非効率ですね。


20. 2010年5月22日 02:00:08: DtmrQjtWO2
定期健診を受けにくいのはわかります。
だからこそ定期健診の啓蒙と教育が必要なのだ
基本は親や家族からの教育だ。
2年もほったらかしで、そのままだとの話は肯定できない
健康診断は1年に1回が基本です。

世界30カ国でワクチン接種に対して公的扶助制度がある実績が根拠のひとつ?
では、その公的扶助制度を決めた各国の医療・保険当局の
責任ある方々の娘やパートナーは(大統領や首相でも良い)
当然ワクチン接種をした実績があり
効果があったとのデーターはあるのですね?
ワクチンを開発した開発者自身の娘やパートナー
製薬会社の重役や株主、一般従業員の対象婦女子の接種率は100%ですか?
ダイナモ氏の親族の女子児童やパートナーもワクチン接種済みか?
最近やたらとTVなどに出てくる医者や女優の親族一族郎党も
ワクチン接種済なワケだ。
もしくはこれからワクチン接種をするのですね。
ワクチン接種後のデーターを提示してくれるのをお待ちしています。


21. ダイナモ 2010年5月22日 10:35:29: mY9T/8MdR98ug: oz3zVsEkfw
千早@オーストラリアさんへの伝言

ダイナモです。以下の投稿であなたは書きましたね。

ダイナモさん、そんなに私の書くことが間違っているというのなら - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/583.html
投稿者 千早@オーストラリア 日時 2010 年 5 月 18 日 19:58:08: PzFaFdozock6I


「ダイナモさん、

どうぞ、出るべきところへ訴え出てください
私が「嘘を書いている」と
『インチキな情報をネットで流して、大事な命を殺している』と。

望むところです。

法廷なり大手メディアなりを舞台にすべてを明らかにできるなら
それが一番すっきりハッキリするでしょうからね。

どうぞやってください!!

私は何も間違ったことは言っていないので、阿修羅さんを通じてだろうが
私のブログを通じてだろうが、警察に訴えなさいよ。
コトを大っぴらにして対決いたしましょう。

みんなまとめてバラして、日本の女の子たちを助けることができるから
本当に望むところですわ。
全国ネットにしてね。

よろしく〜。」

「警察に訴えなさいよ」と書かれていますが、私としては、そこまでしなければ理由が理解できません。これは私の想像に過ぎませんが、千早@オーストラリアさんは、一時の激情にかられてこの投稿をしたのではないかと思っています。もう何日も経過したのですから、冷静な議論ができるのではないでしょうか?

私は、あなたの要求に応じて、阿修羅を場にしてですが、この反論を投稿しました。しかし、いつまでたっても、千早@オーストラリアさんからの反論がありません。どうも私の反論は無視されているようです。

このまま、あなたが私の反論を無視し続けるならば、あなたは、自分の言っていることに責任を持たない人なのだ、と見なさざるを得ません。

やっぱり、あなたの要求を真に受けて反論を行なった私が、あなたを買いかぶっていたようです。

もう、あなたからの反論は期待しません。

それでは失礼します。


22. 2010年5月22日 12:40:30: aqvqSMGJaA
千早氏は、Mike Adams(NaturalNews)のガセネタを孫引きしているだけなので、まともに議論できないのだろう。
Trutherって言っても、こんなものかぁ。

23. 2010年5月22日 17:39:07: 5KY6TZpRHc
ダイナモさん

千早さんが反論しないのは、これ以上反論しても無駄だ!と思っているからでしょうね。

>以上の項目のうち、重要なのは4です。そこでこの意味することを明確にするために、プラセボ(偽薬)を接種したグループと「ガーダシル」を接種したグループを仮想的に設け、各グループでの子宮頸癌に罹患すると予想される割合を求めてみます。

しかし、この仮想的、ってナンデスカね?

ガーダシル摂取後の具体的な数値が欲しいところです。新しいワクチンなので
当然数値なんてないですよね。


>僕はただワクチンにはステルスウィルスが入っているというだけの理由で、ノー>センキュー。

私も同感。ワクチン保存のために、水銀も含まれているとか・・そんな異物が身体に入るなんて生理的にぞっとします。

ノーサンキュー派でーす。恐怖に基づいた支配なんてまっぴらごめん。


皆で免疫強化に励みましょう!もっと人間本来持っている自然治癒力を信じましょう!

予防はいりませんっ。

ちなみにManly P Hallのいってたルシファーのダイナモなんかノーサンキューです!


24. 2010年5月22日 17:58:42: GcRTQA1yBw
http://www.barks.jp/news/?id=1000060079

※子宮頸がんについて
日本では年間約8000人(上皮内癌を含めると約15000人)が子宮頚がんに罹患し、
2500人の命が失われている。

千早さんが、正しいと思う信念を主張し続ける事は自由だと思います。
しかし人には、夫々の立場と事情があって、日本人の死者が年間2500人ということは
亡くなった方を身近に知っていたり、病と闘う惨状を目の当たりにしていれば
簡単に賛同する気にはなれないと言う場合も十分にあり得る事ですので
応援してくれないからと、被害者意識が生じるくらいなら、主張するほどのものではないと受け止められても仕方ありません。
正しいと言う信念が持続するなら、一人でも精力的に投稿を続ければよいのです。
小数意見であっても、正当な主張であるなら、尊重されなければならないでしょう。
それを押し通す事で、ようやく闘って安心を得た人々の平和を壊すような方法ではなく、
そのような問題点の部分が明記されて、その点に注意が促せる事になれば
ワクチン投与の、注意点として加えられる事になり、安全性を高める事にも
繋がるでしょう。
少数意見が尊重され、その真意が理解される為には
挑戦的姿勢ではなく、注意を促がし問題点を明確にするという理性的な主張が
継続され続けることが必要不可欠な条件ではないでしょうか。
小数切捨ての姿勢ではなく、正当な部分は取り上げて制度の必要部分に反映されるよう、
一般市民の健康対策には、正確さを期す姿勢が求められていると考えます。
 


25. 2010年5月22日 19:24:39: 5KY6TZpRHc
>千早さんが、正しいと思う信念を主張し続ける事は自由だと思います。

おっしゃるとおりです。何故ダイナモさんがこうも常軌を逸する反論をするのか、理解しかねます。何か意図があるのではないか、ワクチン接種で利害関係があるのではないかと勘ぐってしまいます。

ダイナモさんもそろそろ、何故、これほど大勢の人々が現代の医療にこうも不信感をいだいているのか、冷静になって、考えてみてもよいのではないでしょうか。

これは日本だけの傾向ではなく、世界的な現象だと思います。

何か現代医学はおかしな方向に突っ走ってしまっている・・と感じている方々が増えていると思います。インターネットが普及して、今までマスコミが報じなかったさまざまな情報を得ることができるようになったことも大きいと思います。

皆が疑問に思うことは自分で調べてみて自分で決断をすればいいのであり、ワクチンなどは強要されるべきものではないと思います。


26. 2010年5月25日 21:40:57: D6Hwv4KCI2
ガンで死んだっつってもさぁ、3大療法で殺されてるんだと思うよ。
年数千人?
本当にほったらかしにしていてぽっくり逝った方だけで年数千人?
違うよね。
治療すると決まった人が年数千人。
じゃなきゃ数えられないでしょうよ、誰が「子宮頚がんです」って判断すんのさ。
医者が見て「ああ、子宮頚がんだ」ってわかって、ほったらかしにしてもさ、死んだとき他のガンかもしれないから解剖しなきゃだよね。

ねぇ。本当に「子宮頚がんで年数千人死んでいると思ってるの?」
医者がストライキすると病気で死ぬ人の数は減るんだよ?

あと、マイク・アダムスがガセだっつってる奴は理由を書け。
便所の落書きやめれ


27. 2011年6月03日 04:31:40: ENlSyuekyY
ダイナモって船井でいいんだっけ?

28. 2011年7月05日 00:13:53: 8CYXkeIcJE
ダイナモはこいつ
http://www.fujimaki-japan.com/

29. 2013年5月04日 14:46:31 : kZH4PUBT6k
ダイナモ最低、人間性を疑うわ

30. 2013年5月19日 12:45:34 : 9t6fgaZzRs
ダイナモ、John Mung  一見味方のふりしてて、信用を得ておいて
本当に大事な問題では、(このワクチン問題とか、不正選挙とか)
 豹変して正しい情報を流している人を執拗に攻撃する役に変わる役の人。

もうバレテルヨ。。いい加減にしな、おじさん。

ダイナモ、また財務省ですか。。公務員上がり? 官僚の下向?
 飛びだす霞が関!!プロジェクトK!! さんですね?。。

厚生省、財務省は狂ってる。


31. 2013年5月19日 12:50:54 : 9t6fgaZzRs
あっ、間違えた。
豹変して正しい情報を流している人を執拗に攻撃する役目の人。ですね。

プロジェクトK の 部下だな・・・。

優秀な仲間を仰ぎ見る、あこがれいっぱいの僕。だね。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧