★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02 > 808.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
宮崎口蹄疫騒動を検証する 第21回  (一部転載) 口蹄疫そのもので死んだ家畜はゼロ? 
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/808.html
投稿者 寅蔵 日時 2010 年 10 月 09 日 09:53:19: 8X/teMCB5Xc.E
 

宮崎口蹄疫騒動を検証する 第21回         

発症率と死亡率にみる驚きの数字(農水省国外向け情報から)
まさか信じられない! 口蹄疫そのもので死んだ家畜はゼロだった!?

URL:http://www.melma.com/backnumber_90715_4968038/
より


ーーーーーー転載ーーーーーーーーーーーー
(改行と「(中略)」あるので、全文は上記のURLを参照してください。)ーーーーーーー


宮崎口蹄疫騒動を検証する                原田 和明

第21回 「宮崎口蹄疫禍」の発症率

国際獣疫事務局(OIE)のホームページに、農水省が提出した「宮崎口蹄疫禍」
フォローアップレポートが掲載されています。その中に、日本では公表されな
かった発症率(=有病率※そのとき異常が認められた家畜の割合)、死亡率、
致死率が牛、豚、水牛、ヤギの種別ごとに表記されています。

フォローアップレポートは発症が確認された4月20日の速報から始まって、7月
28日の第15報まで、計16報が公開されています。そのうち、患畜の報告は第10
報までです。
http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9155

農水省が OIEに報告した、豚と牛に関する発症率、死亡率、致死率を以下に示
します。
 
Report No.(報告日)   豚            牛
        (発症数/飼育数)     (発症数/飼育数)
        (発症率/死亡率/致死率) (発症率/死亡率/致死率)
No.1(4月23日)   0/2          12/326 
          (0%/0%/0%)      (3.68%/0%/0%)
No.2(4月28日)   5/486        13/2021
          (1.03%/0%/0%)    (0.64%/0%/0%)
No.3(5月5日)  25/31839       9/515
          (0.08%/0%/0%)    (1.75%/0%/0%)
No.4(5月12日)  45/46237      64/3375
          (0.1%/0%/0%)     (1.9%/0%/0%)
No.5(5月19日)  31/39040      76/2879
          (0.08%/0%/0%)    (2.64%/0%/0%)
No.6(5月26日)  44/22920     132/13661
          (0.19%/0%/0%)    (0.97%/0%/0%)
No.7(6月2日)  11/8628       57/9210
          (0.13%/0%/0%)    (0.62%/0%/0%)
No.8(6月10日)  22/15072      30/1404
          (0.15%/0%/0%)    (2.14%/0%/0%)
No.9(6月15日)  10/9908       18/3708
          (0.10%/0%/0%)    (0.49%/0%/0%)
No.10(6月23日)      −         4/281
                        (1.42%/0%/0%)
****************************************************************
合計      238/220369    479/40755
         (0.11%/0%/0%)    (1.18%/0%/0%)
 
ここで、致死率と死亡率とは何が違うの?という疑問がありそうです。死亡率
はその期間に死亡した割合、致死率は百科事典マイペディアの解説では、「致
命率とも。ある病気の罹患(りかん)者中,その病気で死亡する者の割合(百分
率)。伝染病統計では,1年間の患者数に対するその年の死亡者数の割合で示
す」とあるところから、ここでは、口蹄疫の患畜、疑似患畜と判定された家畜
の中で死亡した割合ということになります。死亡率は飼育されている家畜の中
で死亡した割合。

    
フォローアップレポートでは、


家畜伝染病予防法に基づいて殺された家畜は26万頭余りにのぼるけれども、

口蹄疫そのもので死んだ家畜は 1頭もいないという事実が語られているわけですが、

★このことは国内では公表されていません。

     

農水省は国内では恐ろしい伝染病のようにアピールする一方、外国向けの発表
では「今回の口蹄疫は口内炎程度の軽い病気」であることを認めているように
思われます。

そういうと、口蹄疫で死ぬ前(重症になる前)に殺処分をしたから、死に至ら
なかっただけではないか?という反論がありそうです。

しかし、今回の宮崎口
蹄疫禍は殺処分数が多すぎて、順番待ちの間に症状が回復したという話は何度
も紹介しました。49頭の種牛の殺処分が遅れていることを知って山田農相が激
怒したり、仙谷官房長官 名で「6月20日までにメドをつけろ」との文書が出て
いたことが明るみに出たりと、決して殺処分は迅速に進んだわけではありませ
んでした。それでも、口蹄疫で死亡した例はないことを農水省は正式に認めた
と考えられます。

フォローアップレポートでは発症率は豚で0.1%、牛で1.2%ということですが、
PCR検査は各農場で3〜5検体しか実施していませんから、ここでいう発症数は、
獣医が見た目(臨床判定)で異常を認めた家畜の数を示していると考えられま
す。この数値も国内では公表されていません。ここでは、フォローアップレポ
ートがいう「発症率」とは、風邪や下痢なども含めた「口蹄疫類似症状」が見
られた家畜の割合と考えることにします。

では、どれくらいの家畜が口蹄疫に罹っていたのかはわからないのかというと
そうでもありません。8月25日に 農水省の疫学調査チームが、それまでまった
く隠されたままだった抗体検査の結果の一部を、中間概要の中で公表したので
す。公表された抗体検査の結果から、宮崎県の家畜が口蹄疫に罹っていた割合
を推算してみます。疫学調査チームの中間概要から以下引用。(全文は末尾に
添付)

   (中略)


となりました。

つまり平均して考えれば「0.2〜0.3%の家畜がこの春宮崎で口
蹄疫を含む類似の症状を発症したが、2〜3%の家畜は既にかつて口蹄疫に罹っ
たことがある」というのが今回の「宮崎口蹄疫騒動」の実態だったと推測され
ます。おそらく、これは 宮崎だけが 特別だというわけではなく、他府県でも
PCR検査や抗体検査をすれば同様の結果になるのではないかと推測されます。

今回これほどの大惨事になったのは、まず、(1)農水省が宮崎を口蹄疫ワクチ
ンの実験場に指定したこと、そして、(2)農家と獣医師が正直に報告したこと
で、農水省の想定外の規模に膨れ上がってしまったのではないかと考えられま
す。

宮崎がワクチンの実験場となった特段の理由は見当たらず、「10年前の口蹄疫
騒動も宮崎だったから」くらい程度の理由ではないかと思われます。

当然、「農水省が宮崎をワクチンの実験場にした」という説を陰謀論で片付け
る向きもあるでしょう。しかし、農水省によって宮崎が実験場とされたための
口蹄疫禍ではなかったとすると、農水省疫学調査チームは、最終報告において、
口蹄疫ウイルスがなぜ宮崎県にだけ侵入して、なぜ宮崎県から外に出なかった
のかを合理的に説明しなければなりません。

(参考)--------------------------------------------------------------

 口蹄疫の疫学調査に係る中間的整理(概要)
  (中略)


中間概要全文は以下参照。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/pdf/100825_1-01.pdf


ーーーーーーーーーーー以上ーーーーー
DATE:2010/10/09
URL:http://www.melma.com/backnumber_90715_4968038/
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月09日 15:40:01: AKOOsmy9yI
口蹄疫そのもので死んだ家畜は一頭もいなかった!

これはおかしいですね。
どっちが本当なのか、嘘なのか?

口蹄疫版の過去記事やそのコメントを読んでいると、どうもこの記事は嘘っぽい。
いや、
本当にウソっぽいのは農水省が海外向けに発表していたレポートなのだが。

さあ、どっちだ。新聞記事が嘘なのか、農水省の海外向けレポートが嘘なのか。
嘘のつきあい方にも限度があるというものだが

http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/651.html
 我が家の豚に感染が確認されてから今朝までに119頭の子豚が死にました。我が家の畜舎ではウイルスが爆発炎上しています。お願いです。一日でも早く消火してください。

【写真】<上>「免疫力のない子豚はあっという間に肺をやられるのでしょう。血性の泡(あわ)を吹いて死んでいきます」<下>「生まれたばかりの13頭の子豚。たっぷりオッパイを飲みスヤスヤ眠る。明日から明後日(あさって)には死に絶える」(撮影・文は森本さん)


もっともこの時点では「死んだとは書いてないなあ・・・)でも、これ読んだ人は「口蹄疫でバタバタと死んでいるんだなあ・・と思いこむだろうな。
だから、口蹄疫狂想曲などと揶揄すると真剣になって非難される。

あるコメントではこれが「世界で行われてきた先人の知恵なのだよ」と。
ふううん、イギリスで大失敗したのが世界中に知れ渡り、いまじゃ全頭殺処分なんてのは愚か者の国がするだけらしいけどねえ。

新型インフルエンザでコロリと騙され、今回は豚や牛が処分され、また近々怒るかも知れない季節性インフルエンザで、再び愚かな事を繰り返すのかな?

根底には医学上の根本に誤りがあるんだけど、それを言うと目を貧向いて怒られるから黙っていよう。



02. 2010年10月09日 15:55:53: AKOOsmy9yI
上のコメント書きっぱなしなので、かなり漢字がおかしい。しかも小学生レベルの文章だなこりゃ。

それはともかくとして・・
この後の続きが非常に政治色が強くなっているので、今の総理や官房長官名まで飛び出しているし、政治版の方に出張せなイカンらしい。
カンさんもド素人、センゴクさんもド素人、ヤマダさんもド素人、よく言えば専門家(官僚)の言うことを善く聞くひとなんだろうから、人が好いのかな?


どなたか続きの方をよろしくお願いします。

それにしても、官僚というか専門家集団というか、どこか「教え込まれた医学知識」に振り回されているようだ。その「医学知識」という学問自体に重大な欠陥が潜んでいるとしたら、やることなす事に矛盾が起こるのは当たり前。

ここで悪意に見てしまうと、農水官僚と民間の癒着などという「こじつけ」まで出てくるので止めておきましょう。
しかし、ちょっとの嘘がここまで発展拡大しちゃうと、隠すのにたいへんだろうなあ。国内向けには秘密主義を通さないといけないらしい。

それにしても、政治家なんぞは官僚の意のまま。それはショウガナイ、小学生レベルなのは無理もない。専門家に任せているしかないのだが、その専門家が振り回されて、さらにその振り回されている専門家にまた政治家が振り回されている。

むかしあった薬害エイズ問題で厚生省の幹部が「厚生省は素人集団ですよ」と発言したのは有名(知らないか?)だが、今回も「農水省は素人集団ですよ」などという言い訳発言はないだろうなあ・・

これじゃあ、「どうにもならん!」
世の中に頭の良い人はごまんといるけど、本当に知恵のあるひとはひとかけら。

学問だけじゃ分からんという事を認めたひとが本当の智慧者なんだけどね。
とバカ丸出しのくせにいっちょまえに書いている輩(愚)


03. 2010年10月09日 23:55:20: Jw1UOfJ1ts
>まさか信じられない! 口蹄疫そのもので死んだ家畜はゼロだった!?

同じ「口蹄疫」板の投稿を読んだけで家畜が死んだ現場の記事が読めるのに、本当に寅蔵さんて馬鹿なんですね。

口蹄疫で死んだ家畜
川南町農家からの手紙/読者の声(上)(下)|激震 口蹄疫:宮崎日日新聞
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/651.html
投稿者 上葉 日時 2010 年 5 月 27 日 20:53:12

> 我が家の豚に感染が確認されてから今朝までに119頭の子豚が死にました。我が家の畜舎ではウイルスが爆発炎上しています。お願いです。一日でも早く消火してください。

> 「口蹄疫ウイルスに抵抗力のない生まれたばかりの子豚が、毎日40頭ずつほど血のあわを吐きながら死んでいきます」。養豚業森本ひさ子さん(60)=川南町川南=は、豚1200頭の殺処分が決まった今も、毎日豚舎に通い世話を続ける。

> 死んだ子豚は21日までに140頭を数える。腐らないように冷蔵庫で保管しているのは、せめて殺処分された母豚と一緒に埋めてやるためだ。


04. 2010年10月10日 08:08:51: BWspwhRUXY
「フォローアップレポートでは、


家畜伝染病予防法に基づいて殺された家畜は26万頭余りにのぼるけれども、

口蹄疫そのもので死んだ家畜は 1頭もいないという事実が語られているわけですが、
★このことは国内では公表されていません。」

というところを読んで、レポート提出したのは農水省でしょ?
宮崎にちにち新聞読んで、対決させたら?

もっともマスコミ版を読むと、新聞も信用できない、政治版読むと官僚役人も信用できない、ということで、メルマガ書いた人も?
さあ、どうなのか? 本当のところは?


05. 2010年10月10日 10:24:57: gBJfBVXpME
子豚毎日40頭犠牲 森本さん切実に訴え(宮崎日南新聞の魚拓)
http://megalodon.jp/2010-0527-2043-43/www.the-miyanichi.co.jp/special/kouteieki/index.php?id=117&paging=6

上記より引用
 「口蹄疫ウイルスに抵抗力のない生まれたばかりの子豚が、毎日40頭ずつほど血のあわを吐きながら死んでいきます」。養豚業森本ひさ子さん(60)=川南町川南=は、豚1200頭の殺処分が決まった今も、毎日豚舎に通い世話を続ける。

 口蹄疫に感染し、熱が出たり、足の水疱(すいほう)が破れて立てない親豚たち。豚舎で日に日に感染が広がっていくのが分かる。感染した豚はとにかくのどが渇くらしく、「少しでも楽にしてやり、喜ぶ顔が見たい」と、水ではなくスポーツ飲料を与える。口蹄疫ウイルスは「見えない敵」だが、森本さんら畜産農家には現実のものとして、いままさに目の前に見える。

 敷地内に埋却地を確保した。だが、獣医師ら人材の数が現場の数に追い付かず、補償のための評価がまだ受けられない。殺処分や埋却の予定は立っていないという。

 死んだ子豚は21日までに140頭を数える。腐らないように冷蔵庫で保管しているのは、せめて殺処分された母豚と一緒に埋めてやるためだ。

 38年間、豚とともに生きてきた。「豚は気の小さい動物で、ブラッシングなどで温かく接することにより人を信用するようになる」。森本さんは、今後殺処分を行う獣医師に「できるだけ怖がらせないように殺してください」と頼んだ。

 このままでは児湯地区だけでなく宮崎、日本の畜産が崩壊すると危機感を強くし、今回、手紙や写真を宮崎日日新聞社に速達で送った。「口蹄疫は生やさしいものではない。口蹄疫の勢いを実感している者として、そのことを伝えたい。一刻も早い対策と終息を願う」
© Miyazaki Nichinichi Shimbun All Rights Reserved.

引用終わり


06. taked4700 2010年10月11日 17:26:30: 9XFNe/BiX575U : lGNDKvYXUp
実際に口蹄疫で病死した家畜は少ないだろう。なぜなら、病死する前に処分したからだ。もともと、口蹄疫は多くの家畜の場合、治癒してしまう。ただ、その過程で肉質が落ちたりして経済動物として価値をなくしてしまうので問題となる。

新聞で口蹄疫で死んだとされる例は、処分が遅れてしまった例。

最近、非常に悪質な単に世論操作を目的としたとしか思えない投稿が目立つ。

事実に基づかない投稿は単に問題解決を遅らせるだけ。事態がますます悪化する。


07. taked4700 2010年10月11日 17:50:50: 9XFNe/BiX575U : lGNDKvYXUp
>農水省が OIEに報告した、豚と牛に関する発症率、死亡率、致死率を以下に示
します。

となっているが、この報告は速報であり、農場主から感染報告があった時点での数値。当然、発症直後の状態での数値だから病死している家畜はまずいない。

>今回これほどの大惨事になったのは、まず、(1)農水省が宮崎を口蹄疫ワクチ
ンの実験場に指定したこと、そして、(2)農家と獣医師が正直に報告したこと
で、農水省の想定外の規模に膨れ上がってしまったのではないかと考えられま
す。

 このメルマを書いている方は基本的に勘違いをされている。「今回これほどの大惨事になった」と分かっているのだから、前回との比較、つまり、何が違ったのかを調べないといけない。

 2000年の時と今年のもっとも大きな違いは2000年の時は積極的発生動向調査をやり、1例目以外は全て発症前に処分ができたということだ。今年はほとんど立入検査をせず、農場関係者が発症を確認するまで放置をした。この結果、感染から発症までの間にウイルスの吐出しがされ、それが感染を促進させたのだ。


08. 2010年10月11日 21:49:10: J2xz8gepg2
このメルマガを書いている「原田和明」っていう人は、根本的に畜産の現場を知らないで空想を書いているだけです。
2010年の宮崎の口蹄疫は基本的に、牛の肥育農家と養豚業が被害に遭っている。
和牛の場合、肥育農家が生後6ヶ月以上経った、素牛(もとうし)を購入して育てているので、口蹄疫に感染しても直接口蹄疫が原因で死ぬ確率は非常に低い。
もし、繁殖農家、素牛農家に広がっていれば、相当数の仔牛(幼獣)が死んだものと思われます。

養豚業の場合は繁殖、飼育が同じ農場で行われるのが多く、口蹄疫に感染した子豚(幼獣)が多く死んだのです。
また、口蹄疫で死んだ子豚(幼獣)は補償の対象とならず、カウントされていないのです。


09. 2010年10月12日 00:23:34: M9BxEzbdGA
そもそも口蹄疫という病気自身、伝染病だというだけで、詳しい事は殆ど知られてないんでしょう。
人間に感染する病気じゃないから、それほどシャカリキに研究されてないだけに、最悪の伝染病を想定した対応しか出来ないってことなんでしょう。

いつも言われている事だけど、よその国での出来事と思って、真剣に対策研究をしてこなかった事が、今回の騒ぎって事でしょう。
このまま、「喉元過ぎれば...」なんて事にならなければ良いんですけどねえ。


10. 2010年10月15日 13:55:06: v1DlMAWz4g
こういうニュースがあります。
ご参考までに。


モンゴル東部で口蹄疫拡大
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101012-00000008-jij-int
時事通信 10月12日(火)1時22分配信

 【北京時事】ウランバートル発の新華社電によると、モンゴル政府は11日、同国東部で家畜の
口蹄(こうてい)疫感染が拡大、既に2万頭以上が発病しており、感染拡大防止のため、隣国や
国際組織にワクチン提供の支援を求める方針を決めた。
 東部地域では9月17日から感染地域での警戒を強めていたが、ワクチン不足などで効果が
上がっていないという。 


11. taked4700 2010年10月15日 15:21:53: 9XFNe/BiX575U : lGNDKvYXUp
08さんの

>口蹄疫で死んだ子豚(幼獣)は補償の対象とならず、カウントされていないのです。

は事実でしょうか?子豚も補償対象になっていると読んだ覚えがあるのですが。


12. 2010年10月24日 21:54:40: uI595KyE6A
結論はわかっているのです。
脳衰症の起こした自爆事件です。

それに誰も気づかないから、知事が脳足りんだの、大臣が脳足りんだの、いろいろな突っ込みがありますが、そんなちんけな問題じゃない、
そもそも、最初から分かっていることなんです。

感染症に対する医学理論が土台まちがっている。

ここから来ている口蹄疫対策、それは人間にも当てはまるのです。
いいですか、
豚や牛に対して行われた感染症対策は、人間にも適用されるんですよ。

いやすでにライ病で実際におこったこと。
国益に反する異分子は排除する。

戦争国家とすれば反戦士病?
非国民です。

感染症となれば、感染者は非国民あつかいされても不思議でもなんでもない。

それは「国家全体を守るために」犠牲になって貰うしかない。

究極はこうなんですよ、あなたがいま健康だって他人事のように思っていても、明日その感染症にかかれば、即非国民です。

極端に書いていますが、それが本質なんです。

全体を守るために

「あなたは犠牲になって貰う」

これが口蹄疫狂想曲の奏でる狂気の沙汰というものでした。

それに対して、いや、清浄国だの、防止対策上だの、人類の経験上でだの・・

こういう理屈を言っているひとたち

明日は我が身という事をすっかり忘れているのです


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧