★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02 > 810.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
宮崎口蹄疫騒動を検証する第23回 欧州畜産協会の提言書(転載)
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/810.html
投稿者 寅蔵 日時 2010 年 10 月 09 日 19:48:47: 8X/teMCB5Xc.E
 

(回答先: 口蹄疫対策で殺処分に狂奔した官の大罪(転載)  異論は排除されるニッポンの事情? 投稿者 寅蔵 日時 2010 年 10 月 09 日 10:06:11)

 宮崎口蹄疫騒動を検証する                原田 和明

下記本文より(全文は下記URLにて読めます)

URL:http://www.melma.com/backnumber_90715_4981330/
より
ーーーーーーーーーー以下一部のみ引用ーーーーーーー


第23回 欧州畜産協会の提言書

農水省が国際獣疫事務局(OIE)に提出したフォローアップ レポートの作成者
は、川島俊郎・農林水産省消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室長でした。
その川島室長宛に欧州畜産協会(ELA)は6月7日に「できるだけ家畜を殺さ
ないやり方がある」との提言書を送付しています。

これに対し、農水省はどう
対応したのでしょうか?

「できるだけ家畜を殺さないやり方」は山内一也・東大名誉教授が朝日新聞の
インタビューで答えていましたが、残念なことに、新聞に掲載されたのは 7月
23日で、薦田さんの種牛が殺された後でしたので、すべてが終わったという喪
失感の中では、国民の間で議論になることはありませんでした。

私はこの掲載
日に疑問をもっていて、国民の間で議論にならないように掲載のタイミングを
見計らっていたのではないかと考えています。(第14回 GEN767)

それは疑惑の段階に留まっていたわけですが、欧州畜産協会から出された6月7
日付の提言書が見つかったことで、
農水省は「できるだけ家畜を殺さないやり
方がある」ことを知りながら、それを無視して全頭殺処分の道を突き進んだこ
とが明らかになりました。


欧州 畜産協会(ELA)のホームページ(http://www.ela-europe.org/)のトッ
プに、川島俊郎医師宛に送付したELAの提言書がPDFファイルの形で掲示されて
います。(以下引用)

  (中略)


提言は、「日本はイギリスの失敗を繰り返すべきではない」とはっきり指摘し
ています。
農水省はそれを無視して29万頭あまりの家畜を殺戮したことになり
ます。


ELAはオランダのNPOのようですから、もちろん、農水省が必ずしもその提言に
従わなければならないわけではありません。

しかし、宮崎の畜産農家に対する
補償の財源が十分にないという状況(第12回 GEN765)なのですから、本来な
らば、かなり有望な選択肢として検討されるべきではなかったかと思います。

しかし、農水省はまったく逆の対応をしたのはなぜでしょうか?


ワクチン接種開始時期は豚が5月22日、牛は翌23日ですが、早くも5月26日には
ワクチン接種を受けた農場で発症例が見つかり、5月28日以降に 見つかった発
症例はすべてワクチン接種を受けた農場でした。

「ワクチンが感染源」という、
農水省にとっては想定外?の事態が発生していたのですから、何とか早く「感
染源を取り除く」必要があります。


もし、騒動が宮崎県外に出ることになれば、
全国各地でパニックが起こり、その未来は誰にも予想不可能でしょう。
農水省
にとって、この時期に「できるだけ家畜を殺さないやり方」など受け入れられ
るわけがありませんでした。

農水省が「自らまいた種は、自ら刈らねばならない」というわけです。
そうい
う意味では農水省は責任を果たした? ただし、責めは宮崎県に、負担は宮崎
県の各農家にという極めて官僚的ご都合主義の割り振り方ではありますが。と
にかく、農水省にとって、この時点で全頭殺処分以外の選択肢はなかったと言
えるでしょう。

そんなときに、「できるだけ家畜を殺さないやり方がある」と
アドバイスされても、迷惑以外の何者でもなかったと思われます。

【ELA 提言書原文】
  (以下略)

ーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーー
DATE:2010/10/09
URL:http://www.melma.com/backnumber_90715_4981330/
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年10月09日 20:06:50: R5yPjEjswY
>「ワクチン接種開始時期は豚が5月22日、牛は翌23日ですが、早くも5月26日には
ワクチン接種を受けた農場で発症例が見つかり、5月28日以降に 見つかった発
症例はすべてワクチン接種を受けた農場でした。

「ワクチンが感染源」という、
農水省にとっては想定外?の事態が発生していたのですから、何とか早く「感
染源を取り除く」必要があります。」

ここが味噌八丁、嘘八丁の始まりなのか?

これが事実だとすると、あわくっちゃいますよ、さすがの農水省幹部たちも。
こりゃいかん、早急に終息させなくては!
燃えさかる火の粉を消すには、水をかけるという消火活動じゃ間に合わない?
燃える家を全部壊してしまえ。そうすれば延焼することもなくなる?
うん、それはそうだ。単純明快だけど。
でも、それには真実を知られてはならない、口蹄疫がいかに危険で感染が強力であるかを強調しておかなければ、世間様は認めてくれない。

それにしても、ワクチン接種の家畜が感染源になるとは思いもしなかったでしょうね。
考えてみれば、これは家畜だけでない、人間にも当てはまるのでは?
もしもそんな事が発覚したらトンデモナイ大事件になるでしょうけど、人間はかなり丈夫にできているから。動物は反応が早いけど、人間は遅い。

口蹄疫狂想曲が医学の根本に迫るというのは、ここには「ワクチン神話」が厳然として存在して対策方法に影響を与えているのではないかと。
もっとも担当官僚や学者さん達にちょくせつ事情を聞いてみないと判りませんけど。獣医学と言っても根本思想は現代西洋医学でしょう。
基をただせばやはりジェンナー、パスツール思想にたどり着くというか・・

新型インフルエンザ騒動の時も、学者さんや官僚さんがそういう学説を教え込まれていた感がありますし、どちらも、「医学教育」に含まれている感染症理論に欠陥があるからと見ています。

これについては専門家といわれる玄人衆にはかなり理解しにくい話しでしょうが。
素人衆はかなり直感的な、いわゆる科学的根拠無しで、本質を見抜くこともありますので。


02. 2010年10月10日 10:40:17: gBJfBVXpME
この文を書いた、原田和明っていう人

宮崎口蹄疫騒動を検証する(転載) 第19回 ー口蹄疫はなぜ宮崎限定だったのか?
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/797.html
投稿者 寅蔵 日時 2010 年 9 月 04 日 09:38:24

で、ろくすっぽ調べもしないで、デジタル画像は霞ヶ関に送られるが、検体そのものは動物衛生研究所へ直送されているのに

>検体は現場から直接、動物衛生
>研究所(小平市)へ送られるのではなく、農水省(霞ヶ関)を経由しているこ
>とが記されています。(以下引用)
> 宮崎から夕方航空便で口蹄疫感染の疑いのある牛、豚の検体が送られてくる。
> それを動物衛生研究所に届けて、すぐにPCRの検査を始める。10年前に 口蹄
> 疫が日本に発生したときには、検査に4,5日はかかったそうだが、今では5時
> 間ほどで口蹄疫に感染しているか、そうではないかの検査結果がわかる。
> (引用終わり)
>感染拡大を阻止するためには、口蹄疫だったかどうかの判定は一刻を争う大事
>のはずです。5時間ほどで判明するものを、あえて霞ヶ関経由にして1-2時間を
>無駄にするのはなぜでしょう?

なんて、馬鹿丸出しの文を書いた人でしょう。
所詮、この程度の人が書いた文です。例によって調べもしないで、空想を書いただけでしょ。


03. 2010年10月10日 15:40:39: u00vsK8nb6
>ワクチン接種開始時期は豚が5月22日、牛は翌23日ですが、早くも5月26日には
>ワクチン接種を受けた農場で発症例が見つかり、5月28日以降に 見つかった発
>症例はすべてワクチン接種を受けた農場でした。
>「ワクチンが感染源」という、
>農水省にとっては想定外?の事態が発生していたのですから、何とか早く「感
>染源を取り除く」必要があります。


原田和明っていう人本当に馬鹿なんですね。
口蹄疫の潜伏期間とか、ワクチンが効果を出すまでの期間とかを、全く知らないらしい。
こんな馬鹿に効く「ワクチン」は無いものですかね。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 口蹄疫・新型インフル02掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧